ピアノ 公開
[search 0]
×
最高の ピアノ ポッドキャストが見つかりました。 (アップデートされました 4月 2020)
最高の ピアノ ポッドキャストが見つかりました。
アップデートされました 4月 2020
百万人のPlayer FMユーザーに参加してオフラインのときでも、いつでも に関するニュースや詳細情報を把握することができます。 妥協なし無料のPodcastアプリでPodcastをスマートに。 聴きましょう!
世界最高のPodcastアプリに参加し、お気に入りの番組をオンラインで管理し、AndroidおよびiOSアプリでオフラインで再生します。 無料で簡単です。
More
show episodes
 
世界中を優しさで満たすことを目的に、静かで知的で優しく美しいピアノ曲を、万葉集と同じ4536曲を目標に、毎日創って世界中に公開しているサイトです。これまでに2100曲(@2019.9月)を公開し、既に世界中の人々から700万再生頂いています。是非あなたにも楽しんで頂ければと思います。
 
= Classical Music Sound Library =Classical Music Free License MP3 DownloadsJ.S.バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン…クラシックの名曲を高音質mp3でダウンロードできる無料音楽配信です観賞用としてまたライセンスフリーの音楽素材としてご使用いただけます最新のデジタル技術で制作した、リアルでクリアなサウンドをお楽しみください
 
Loading …
show series
 
♪美しい冒頭の主題で知られる物憂げな楽章 ピアノソナタ第8番『大ソナタ悲愴』は、ベートーヴェンの創作の初期を代表する傑作。ピアノソナタ第14番(月光)、第23番(熱情)と合わせてベートーヴェンの三大ピアノソナタと呼ばれることもあります。 正確な作曲年は特定されていないものの、1798年から1799年にかけて書かれたと考えられており、スケッチ帳には作品9の弦楽三重奏曲と並ぶ形で着想が書き留められています。楽譜は1799年にウィーンのエーダーから出版され、早くからベートーヴェンのパトロンであったカール・アロイス・フォン・リヒノフスキー侯爵へと献呈されました。 本作は作曲者のピアノソナタの中で、初めて永続的に高い人気を得た作品で楽譜の売れ行きもよく、気鋭のピアニストとして、また作曲家としてのベート…
 
♪短調のまま消え入るように終わる異質な最終楽章 「悲愴」の初演から4日後、チャイコフスキーはあまりに突然に死を迎えてしまいました。一般的に信じられているのは、生水を飲んだため当時、流行していたコレラにかかり亡くなったというもの。 弟のモデストによれば、チャイコフスキーは1893年10月20日の夜、アレクサンドリン劇場でオストロフスキーの劇を見た後、「レイネル」という名のレストランで甥たちと共に夕食をとりました。翌21日の朝、チャイコフスキーは腹痛を訴え、朝食には起きて来ませんでした。前日の昼食で生水を飲んでコレラにかかったのです。 また、チャイコフスキーの妹アレクサンドラの末息子でクリンの記念館の館長を務めていたユーリイ・ダビドフは、前夜のレストランでの会食の際、チャイコフスキーは皆が止める…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「彼にとってではなく、彼女のために」 いつだって穏やかで優しく美しいフランです。 ◆創作メモ: 考えてみれば自分が好きな音楽が理想なのだから降りて来てくれるものはそれ以上にはならないのだろう。静かで知的で優しくという方向性の中、美しきピアノ曲は星の数ほど存在する。ただ自分的には問題がある。皆全て長すぎるしくどい。愛すべき部分は全て冒頭の2分。で、ピアノ短歌という新ジャンル... ◆このサイトへのアクセス数が20%程度増加しているのだけど、ランキングは変わらないので、このサイトのシステムの変化なのでしょう。なので無視します。 ◆写真: 昔の写真を発掘しています。 ではでは.. ☆☆☆☆☆ ===============…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「少なくても、たいていの人はそうします」 いつだって穏やかで優しく美しいフランです。 ◆創作メモ: ピアノのすてきなところは、天から降りて来る美しい音を、10本の指で独立に鳴らすことができること。感覚のままに、右手でメロディ、左手でベース、左手と右手のコンビネーションでハーモニーやサブメロディやリズムアクセントを産みだし、自在に音の強弱を制御しペダルでサスティンを操る。美しい。 ◆このサイトへのアクセス数が昨日に急増中です。今日も続いています。理由は不明中。 ◆写真: 昔の写真を発掘しています。 ではでは.. ☆☆☆☆☆ ===================================== ■PS1:「エール」…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「9時52分を上の時計は示しています」 いつだって穏やかで優しく美しいフランです。 ◆創作メモ: こころのリズムはきっとある。理由はわからないけど自分に降りて来てくれる曲はほとんどが3拍子。きっと自分のこころがそうなのだからでしょうか。それとも自由度が高いからでしょうか。そのリズムはゆったりと揺れる。ゆりかごが風の中で揺れるように、自由気儘に、そしてあなたの気を惹くように.. (どうでも良いですが、3拍子の英訳は難しかった。どうもmeasureという英語を最初に訳した日本人が間違っていたみたいなので混乱気味ですね) ◆このサイトへのアクセス数が昨日に急増中です。今日も続いています。なんだろう。apple関連の変更です…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「とてもすてきだ。ここはとてもきれいですね」 いつだって穏やかで優しく美しいフランです。 ◆創作メモ: こころの中の想いがそのまま音になって降りて来てくれるのか思うとそれは違うようだ。言葉として想うことは無意味。イメージや手触り等の感覚としての深い想いでなければ降りて来る曲に影響することはできない。根源的な情動に密接に絡み合う想いのみが純粋な美しい音楽を創出できるのだろう。 ◆このサイトへのアクセス数が昨日に急増しました。何があったのでしょうか。アクセス分析でも良く見えません。でもまあ嬉しいことです。 ◆写真: 昔の写真を発掘しています。 ではでは.. ☆☆☆☆☆ ==========================…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「小川に架かる古い橋」 いつだって穏やかで優しく美しいフランです。 ◆創作メモ: 第3番目のライブビデオを創りました。創るのは結構面白いのですが、ちょっと他の作業が滞ってしまいます。なのでしばらくお休みにするつもりです。もし良ければ動画を楽しんで頂ければ幸いです。 ◆写真: 昔の写真を発掘しています。 ではでは.. ☆☆☆☆☆ ===================================== ■PS1:「スカーレット」終わりました。最後まで意味不明。なんやろか、脚本家の力不足ということか。「おしん」との連続放映はきつかったですね。 ■PS2:週末は外へ出てはいけないというお達しなのでずっと家にいることにして…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「独特な、動物みたいな優雅さで」 いつだって穏やかで優しく美しいフランです。 ◆創作メモ: ひとのこころの根源。生命進化が編み出した最も幸福な環境こそは母体の胎内。聴覚は早くから胎内で発達し、そこで聴いた音はこころの奥深くに記憶される。母体の心臓の音と、その母体の最高に贅沢な部屋の壁を通して聴く優しい音。これらこそは日々気づかぬひとの根源の音であり幸せの根源なのだろう。 ◆写真: 昔の写真を発掘しています。 ではでは.. ☆☆☆☆☆ ===================================== ■PS1:「ブラックミラー」という1話完結型のなんかすごい海外ドラマ。いまお姉さんの動画で進められた「しろくま…
 
♪最晩年のチャイコフスキーが遺した人生をかけた一大傑作 交響曲第6番ロ短調 作品74は、チャイコフスキーが作曲した6番目の番号付き交響曲にして、彼が完成させた最後の交響曲。『悲愴』(ひそう)という副題でも知られています。 チャイコフスキー最後の大作であり、その独創的な終楽章をはじめ、彼が切り開いた独自の境地が示され、19世紀後半の代表的交響曲のひとつとして高く評価されています。 弟のモデストはこの曲のテーマとしていくつかの証言を残していますが、チャイコフスキー自身は「人生について」としか語っていません。リムスキー=コルサコフの回想によれば、初演の際、演奏会の休憩中にチャイコフスキーに「この交響曲には何か表題があるのでしょう」と確かめると彼は「無論あります。しかし何と言ってよいか説明できかねま…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「どうして私はどういたしましてと言えないのか」 いつだって穏やかで優しく美しいフランです。 ◆創作メモ: 2回目の自分のピアノ演奏をビデオで撮影しました。ビデオ撮影側で少し努力したので画像品質は少し向上しました。 考えてみれば、このビデオは貴重です。天から私に音楽の元となる何かが降りて来てくれたその瞬間を捉えているのですから。私はそれを音に変換し、音の組み合わせに変換し、そして音楽に変換していくのです。その瞬間が手の先だけですけどこのビデオには録画されています。考えてみれば不思議なことですよね。いつものように、ただ風のように、雲のように、川の水の流れのように、自然な即興演奏です。もしこのビデオをあなたに喜んで頂ければ…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「このとき初めて、彼女は彼の目をまともに見た」 いつだって穏やかで優しく美しいフランです。 ◆創作メモ: ひとのこころの根源。生命進化が編み出した最も幸福な環境こそは母体の胎内。聴覚は早くから胎内で発達し、そこで聴いた音はこころの奥深くに記憶される。母体の心臓の音と、その母体の最高に贅沢な部屋の壁を通して聴く優しい音。これらこそは日々気づかぬひとの根源の音であり幸せの根源なのだろう。 ◆写真: 昔の写真を発掘しています。 ではでは.. ☆☆☆☆☆ ===================================== ■PS1:Netflixで「マーシャル・法廷を変えた男」という映画を見た。まだ黒人が差別を受けて…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「ただ、その情熱が何に注がれているのか、彼にはよくわからなかった」 いつだって穏やかで優しく美しいフランです。 ◆お知らせ: 自分のピアノ演奏をビデオ撮影してみました。良ければ下記を見てみて下さい.. (^o^)// ◆創作メモ: 聴こえてくる音楽が魅力的で美しいければ、こころは刺激を受け、続く音の連鎖は衝撃を与える。蓄積された刺々しい気持ちや凍りついた記憶を、融解し浄化し純化することで、懐かしく穏やかで優しい想いに戻してくれる。遺伝子に刻まれたひとの本質の太古の本能。原初化する想い。いつだって出逢える.. ◆写真: 昔の写真を発掘しています。 ではでは.. ☆☆☆☆☆ =======================…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「あまり着飾るのは良くないわね」 いつだって穏やかで優しく美しいフランです。 今日初めて自分のピアノ演奏をビデオ撮影してみました。良ければ下記を見てみて下さい.. (^o^)// ◆創作メモ: 私は自分のピアノ演奏を初めてビデオで撮影しました。 私のピアノ演奏のビデオの品質は良くありません。でももうこの音楽は降りて来てくれないので、ビデオの撮り直しはできませんでした。なのでちょっといろいろと映像を追加しました。まあこれがもし好評であればまた新たなビデオ撮影に挑戦したいと思います。驚いたのはビデオ撮影することについてちっとも緊張しなかったことです。 もしこのビデオをあなたに喜んで頂ければ私は幸いです。 ◆写真: 昔の写…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「なかなか思い出せないこともある」 いつだって穏やかで優しく美しいフランです。 ◆創作メモ: なんか流れでトムクルーズ主演の「アウトロー」を見る。トムクルーズという役者さんは稀有な役者さん。常に面白い映画に確実に出演している。というかプロデュースもしていますからね。役者さんにとってひとつの役にイメージが固定してしまうことは本当にリスクなのですね。すばらしい役者さん。「マグノリア」は強烈な映画でしたね。評価不明なのだけど結構好きなのは「オール・ユー・ニード・イズ・キル」。日本の漫画が原作だけど好きやな。他にもたくさんある。今度の「トップガン2」も楽しみです。 ◆写真: 昔の写真を発掘しています。 ではでは.. ☆☆☆☆…
 
♪2つの美しい主題が織りなす感動的な音楽模様 交響曲第5番ホ短調 作品64は、チャイコフスキーが1888年に作曲した交響曲。チャイコフスキーの数ある曲中でも交響曲第6番『悲愴』と並ぶ人気曲となっています。 チャイコフスキーは1877年に交響曲第4番を作曲したあと、『マンフレッド交響曲』を作曲したほかは、交響曲から遠ざかっていました。しかし、1886年にヨーロッパに演奏旅行し、当地で好評を得たことや、マーラーやリヒャルト・シュトラウス、グリーグら作曲家との交流が刺激となり、意欲を取り戻したといわれます。作曲者48歳、1888年の5月から8月にかけて作曲されました。 同年11月、作曲者自身の指揮によりサンクトペテルブルクで初演されました。初演では、聴衆は好意的でしたが、「チャイコフスキーは枯渇し…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「それからその日の残りの時間を過ごした」 いつだって穏やかで優しく美しいフランです。 ◆創作メモ: ピアノを弾くという行為は指で触る行為。どこをどう触れるとどういう音が反応して創出されるのかをその本質として知っている。自分のこころの中を想いで満たしてそれを音楽として創出する瞬間に、指が触れるという動きも一緒に想いと共にある。けっして耳だけではないし、こころだけでなく、自分のからだの一部もしっかりと主張していました。創造の秘密の中の重要な要素をひとつ明確にすることができました。まじょなかんじのおかげです..世界中に響き渡ってほしいものです.. ◆写真: 昔の写真を発掘しています。 ではでは.. ☆☆☆☆☆ ======…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「わたしの宇宙をこえて」 いつだって穏やかで優しく美しいフランです。 ◆創作メモ: 毎日毎日続けて静かで穏やかで優しい気持ちで想い続けることができることこそがもっとも貴重なことであり、そして本当にありがたいことです。いつまで続けられるのかは神のみぞ知るわけですが、運の続く限り、深く静かに穏やかにそして優しく美しく想い続け、こころを動かす曲を創り、あなたに送り届けたいものです。そして世界中が優しさで満たされると嬉しい..まあ気張らずがんばりましょ..なので継続しての応援お願い致します。 ◆写真: 昔の写真を発掘しています。 ではでは.. ☆☆☆☆☆ ===================================…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「夕食は終わり、彼女はそこに坐っていた」 いつだって穏やかで優しく美しいフランです。 ◆創作メモ: 想いが浅いから良いメロディに出逢えないのかと考える。もっともっと強く具体的にこころの底から想うのでしょうか..そうか、もうひとつの要素もある。ゆびが触れるものの感覚..そういうものもある..その感触をもっと深くもっと具体的に想うことも直接的な要素と感じてきた。明日はそうしてみようかな..時間の共有..瞬間瞬間の映像の記憶、音の記憶、風の記憶、感触の記憶、想いの記憶、もっと深くもっと強くもっと近く.. ◆写真: 昔の写真を発掘しています。 ではでは.. ☆☆☆☆☆ ============================…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「彼のことは黙っていた」 いつだって穏やかで優しく美しいフランです。 ◆創作メモ: メロディはこれは難しい。まちがいないのは作為的なものはダメだということ。これは不思議。音符にしたものや先に決めておいたメロディとかを演奏するのは本当にへたなのです。左脳の介在があるからです。大好きな曲を丸暗記的に演奏できるものはかなりいけるように思うけど。自分のこころの中から生まれるような気がするから。エンニオモリコーネ師匠の「愛を奏でて」や「ニューシネマパラダイス」とかね。ドビッシーの幾つかの曲とか。とにかく準備されたものはダメ。神が宿っていなくて、とって付けた感じで、陳腐で、想いが込められていない..なのでまあ、即興演奏だけが自分…
 
♪ワーグナーと並び定番の堂々たる結婚行進曲 『真夏の夜の夢』は、フェリックス・メンデルスゾーンが作曲した演奏会用序曲(作品21)及び劇付随音楽(作品61)です。いずれもシェイクスピアの戯曲『夏の夜の夢』が元になっており、中でも『結婚行進曲』は結婚式の定番曲として有名です。 メンデルスゾーンが1826年に17歳で作曲した序曲に感銘を受けた、プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム4世の勅命により、1843年に序曲の主題も再利用して『夏の夜の夢』上演のための付随音楽作品61が作曲されました。 作品61の劇付随音楽は、全12曲で構成されています。ここから「スケルツォ」「間奏曲」「夜想曲」「結婚行進曲」を抜粋し、序曲と組み合わせて組曲の形でも演奏されています。 結婚式用の音楽は、1858年1月25日、…
 
♪ワーグナーなど後世の作曲家たちに多大な影響を及ぼした歌劇 『魔弾の射手』は、カール・マリア・フォン・ウェーバーが作曲した全3幕のオペラ。 台本はヨハン・アウグスト・アーペル、フリードリヒ・ラウンの『怪談集』を元にヨハン・フリードリヒ・キーントが書きました。 初演は1821年6月18日にベルリンの王立劇場にて行われました。 原題はドイツの民間伝説に登場する、意のままに命中する弾(Freikugel)を所持する射撃手(Schutz)の意です。この伝説では7発中6発は射手の望むところに必ず命中するが、残りの1発は悪魔の望む箇所へ命中するとされています。 舞台は1650年頃のボヘミアと設定されています。当時のボヘミアはドイツ=神聖ローマ帝国支配下にあり、ドイツ人も多数住んでいた地域(14世紀には帝…
 
♪ロッシーニが最後に作曲したオペラの有名な序曲 ロッシーニは、多数のオペラを作曲したことで知られるイタリアの作曲家です。『セビリアの理髪師』『チェネレントラ』などのオペラの定番をはじめ、『タンクレーディ』『セミラーミデ』などのオペラ・セリアも作曲しました。 人生の半ばに相当する37歳の時に、フランスに移ってグランド・オペラ『ウィリアム・テル』を作曲した後は、オペラ作曲はせずにサロン風の歌曲やピアノ曲、宗教作品を中心に作曲を行いました。 オペラの作曲から離れた後半生は、料理研究に没頭したほどの美食家としても知られています。ある時、ドイツの作曲家ワーグナーがイタリアのロッシーニを訪ね、オペラの作曲について話を聴こうとしたところ、食材の話ばかりで一向に作曲法に触れなかったため、ワーグナーを憤慨させ…
 
♪宇宙の悠久の時の流れを表したかのような雄大なシンフォニー シューマンの交響曲第3番変ホ長調作品97「ライン」は、1850年に作曲され1851年2月6日にデュッセルドルフにおいてシューマン自身の指揮によって初演されました。 シューマンが完成した4番目の交響曲で、実質的には最後のものにあたります。しかし、2番目のものが後年改訂出版されて「第4番」とされたため、第3番に繰り上がりました。「ライン」の副題はシューマン自身が付けたものではありません。 日本初演は1927年9月25日、日本青年館にて近衛秀麿と新交響楽団によって行われました。シューマンの交響曲のなかで最も早く日本で演奏されています。 1850年、デュッセルドルフの管弦楽団・合唱団の音楽監督に招かれたシューマンは、9月に同地に到着すると夫…
 
♪アカデミー賞受賞映画『スティング』のテーマ曲として一躍有名に スコット・ジョプリンはアメリカ合衆国のアフリカ系アメリカ人の作曲家、ピアノ演奏家。ラグタイムで有名な演奏家・作曲家であり、「ラグタイム王」(King of Ragtime)と呼ばれています。 「ジ・エンターテイナー」(The Entertainer)は、1902年に作曲されたピアノのためのラグタイム。後に、1973年のアカデミー賞受賞映画『スティング』のテーマ曲として使用され、1970年代のラグタイム復興に影響を与えました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); マーヴィン・ハムリッシュによる編曲版は、翌1974年のビルボード Hot 100で3位、イージー・リスニ…
 
♪あたかも歌曲のような琴線に触れる名旋律 4つの即興曲 作品90はフランツ・シューベルトが晩年の1827年頃に作曲したピアノ独奏曲。構成的な追求よりも自由な旋律美を優先させています。 同時期に作曲された4つの即興曲 作品142、D935がひとつのソナタに見たてられるのと異なり、それぞれが自由に彩りある個性を見せています。 作曲年に第1・2曲のみ出版され、1857年に後半の2曲が出版されました。表題はトビアス・ハスリンガーの出版社により与えられたものです。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 第3曲、変ト長調のアンダンテは、無言歌風の落ち着いた和声に、中声部の三連符アルペジオが装飾を施す構造。2分の2拍子を表す記号が2つ並べられ…
 
♪イタリア旅行の快活な気分を描いた躍動感あふれる音楽 交響曲第4番イ長調『イタリア』はフェリックス・メンデルスゾーンが1831年から1833年にかけて作曲した交響曲です。 メンデルスゾーンの交響曲は全部で17曲におよびますが、はじめの「弦楽のための交響曲」12曲は弦楽合奏用の習作的なものであり、その後の5曲が番号付き交響曲として数えられています。 「第4番」は出版順で「イタリア」は5曲の中では第1番、第5番「宗教改革」に次いで実質3番目に完成されました。「イタリア」の後の作曲順は、第2番「賛歌」、第3番「スコットランド」です。 イタリア旅行中に書き始められたこの曲は、躍動的なリズム、叙情と熱狂、長調と短調の交錯による明暗の表出が特徴的で、メンデルスゾーンの交響曲の中でも最も親しまれています。…
 
♪現世での激しい闘争の果てに天上界から射すひと筋の光 ベートーヴェン、ワーグナー、ブルックナー、ブラームスなど、ドイツ・オーストリア系の偉大な管弦楽曲の系譜を継ぐ名作です。 この曲には上記の作曲家たちの最良の部分が濃縮されており、それでいながら巨大な管弦楽を巧みに駆使したシュトラウス自身の力量も示されています。 シュトラウスには優れた交響詩が多くありますが、そのどれとも違う異質な次元の音楽です。 題材はシュトラウスをワーグナーに開眼させたマイニンゲンのヴァイオリニスト、アレキサンドル・リッテルの詩に基づくとされますが、実際はシュトラウスの音楽をリッテルがあとから詩に置き換えたとも言われています。 ― ひとつの灯火しかない淋しいみじめな部屋に病人が寝ている。 死が沈黙のうちに彼の元へと近づいて…
 
♪未完のままに終わった理由は今も謎のまま… 交響曲第8番『未完成』はオーストリアの作曲家、フランツ・シューベルトが1822年に作曲した未完の交響曲です。 シューベルトの代表作のひとつであり、ベートーヴェンの『運命』、ドヴォルザークの『新世界』などと並んで「三大交響曲」に数えられることもある人気作です。かつてのレコード業界では『運命』と『未完成』は定番のカップリングでした。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); シューベルトは25歳でグラーツ楽友協会から「名誉ディプロマ」を授与された際、返礼として交響曲の作曲に取り掛かりました。しかし、シューベルトが送付したのは第1楽章と第2楽章だけで、残りの楽章は送付しなかったとされています。 …
 
♪友人エルネスト・ギローの手により完成された壮大な終曲 『アルルの女』(L'Arlesienne)は、ジョルジュ・ビゼーによる全27曲の付随音楽。アルフォンス・ドーデの同名の短編小説『アルルの女(フランス語版)』およびそれに基づく戯曲の上演のために1872年に作曲されました。 付随音楽から編曲された2つの組曲が一般には最も広く知られています。 作曲期間が短く、契約の関係で極めて小編成のオーケストラしか使えなかったため、作曲には大変苦労したという話が伝わっています。初演の評価は芳しくなく、6年後に再演された時は大好評のうちに迎えられましたが、その時すでにビゼーはこの世の人ではありませんでした。 一般に知られているのは、演奏会用に劇付随音楽から数曲を選んだ組曲で、第1組曲はビゼー自身が通常オーケ…
 
♪農作物を襲う夏の雷鳴と雹を弦で表現 「四季」(The Four Seasons)は、アントニオ・ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲集『和声と創意の試み』(Il cimento dell'armonia e dell'inventione) 作品8のうち、 第1から第4曲の「春」「夏」「秋」「冬」の総称。ヴィヴァルディ自身は作品8の献辞以外でこれら4曲を「四季」と称したことはありません。 各曲はそれぞれ3つの楽章から成り立っており、各楽章にはソネットが付されています。これらのソネットの作者は不明でですが、ヴィヴァルディ自身の作という説もあります。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「四季」は4つの楽曲から構成されています。構…
 
Loading …
Google login Twitter login Classic login