show episodes
 
経営のヒントプラスは、経営コンサルタントの石原明先生がスタートし、累計ダウンロード数6000万回を超える。2021年2月に石原先生が永眠されたため、石原先生の長年の友人であり、会員制の勉強会“新経営戦略塾”の講師も務める小島幹登社長が石原先生の遺志を引き継ぎ、毎週金曜日に配信。 【創設者】石原 明 (いしはら あきら) 経営コンサルタント。経営ノウハウやマーケティングを学ぶ「新経営戦略塾」には約1200人が登録。著書に、累計30万部を超える『営業マンは断ることを覚えなさい』(三笠書房)、『「成功曲線」を描こう。』(大和書房)など。 【講師】小島 幹登(こじま みきと)連続起業家 (株)イーメディック代表取締役及び下記を初めとする30社以上の企業オーナー 化粧品通販(年商10〜20億円を3社、内2社は会社売却)、医薬品通販、美容クリニック(年商8億円で、2019年に大手に売却)、歯科クリニック(事業譲渡)、泌尿器科クリニック(全国6医院まで拡大し事業譲渡)、瞬読事業(速読教室。書籍は2冊で13万部)、株式投資などの投資家向け情報提供サービス(会員約3000名)、不登校支援スクール ...
 
輸入参謀(貿易プロデューサー)大竹秀明の公式サイト。個人でも年商1億円以上のビジネスが構築できるひとり貿易を伝授。6年間で1800名の指導実績。セミナー・コンサルティング・海外展示会アテンド・出版・ブログなど、最新情報を公開しています。一般社団法人まじめに輸入ビジネスを研究する会 代表理事。Makuake公式エバンジェリスト。
 
「99%無理」と言われたらあなたはどう考えますか? 「伝説の新人」はこう考えます。「99%無理なら1%は成功するということ。1万人のうち100人も成功する」と。この番組では毎回、20代で圧倒的な実績を残し、今なお社会の第一線で活躍しているゲストを招き、20代で突き抜けるヒントを聞き出していきます。伝説を残してきた方々に共通する思考習慣、行動原則を聴き盗み、あなたも伝説の新人の仲間入りをしてください。
 
夢を叶える【宝地図】の望月俊孝(著書累計55万部突破)が贈る成功と幸せのメッセージ。聴くだけであなたは「成功指定席」のチケットを手に入れられる!☆リスナーの方には望月から【「シークレット・セミナー」の「指定席」(または)を無料ご招待】。【セミナーにお越しいただけない方も特別音声で無料プレゼント】いたします。◎申込方法/番組内に配信されている【PDF】「リスナー特典『宝地図シークレットセミナー』ご招待お申し込み」をご覧ください。※特典のキーワードは番組の最後にお知らせしています。ポッドキャストプロデューサー/早川洋平(KIQTAS)制作協力/和金HAJIME
 
この番組は、聞き上手である「あげまんコンサルタントの宮 弘智」が本音トークで、リスナーからのメッセージにお答えして、”男女関係のコミュニケーションの違い” ”恋愛” ”結婚” そして、”あげまんになりたい女性” ”あげまんの女性に関わりたい男性”になるためのヒントをお伝えする番組です。 「聞き上手」「質問上手」「気づかせ上手」の宮 弘智だからこそ語れる言葉をお伝えしてまいります。 人生を素敵なパートナーと過ごすヒントを探してみてください! あげまんラボラトリィーへの、お悩み相談、疑問、質問、お問い合わせはこちら→http://www.miyacoach.com/blog/love-contact 【日本あげまん研究所Facebookページ】https://www.facebook.com/ageman.laboratory.japan 【宮 弘智Facebookページ】 https://www.facebook.com/coachi.miya 【あげまんコンサルタントの宮 弘智 公式ブログ】 http://www.miyacoach.com/blog/ 《2016年 ワークショ ...
 
Loading …
show series
 
多くの人が仮想通貨などで大損する理由とは?まずは、安全な投資の基準値を学ぶことが最重要です。そして、少額づつ投資をしていく方が結果的には投資に負けない理由が理解でき、投資の失敗で人生を棒に振らないために必要な考え方を伝授します。※Podcastの質問はこちらのメールアドレスへとお送りください。【info@m-aim.jp】件名は「ポッドキャストの質問」と明記してお送りください。たくさんの質問をお待ちしています。
 
1000人以上の面談をして分かった、起業に成功する人、失敗する人の決定的な違いとは?マーケティングを学ぶ以上に100倍大切な“成功マインド”を解説します。何度もセミナーに参加しても、なかなか一歩を踏み出せない人に必見の内容です。※Podcastの質問はこちらのメールアドレスへとお送りください。【info@m-aim.jp】件名は「ポッドキャストの質問」と明記してお送りください。たくさんの質問をお待ちしています。
 
売れる商品、売れない商品の特徴が分からないで商品開発したら、まず失敗します。売れる商品の最大の秘訣は“人間の本能”を理解することです。売れ商品、売れない企画は、ある視点で考えると一撃で売れる商品に変えることが出来るんです。※Podcastの質問はこちらのメールアドレスへとお送りください。【info@m-aim.jp】件名は「ポッドキャストの質問」と明記してお送りください。たくさんの質問をお待ちしています。
 
起業は、大学入試と全く違います。その違いを理解することが成功への第一歩。商売の天才が無意識にやっていることを、ある“誰でも出来るやり方”で真似するだけで、年商数億円の会社は誰でも作ることが出来るんです。キーワードは、“言語化”です。※Podcastの質問はこちらのメールアドレスへとお送りください。【info@m-aim.jp】件名は「ポッドキャストの質問」と明記してお送りください。たくさんの質問をお待ちしています。
 
“金持ち父さん貧乏父さん”で伝えている真実を理解することで、“資本主義社会で勝ち続けるために必要なステップ”が身に付きます。高確率で成功する方法を解説しますので、是非とも、このステップに従って確実に勝てる道を歩んでください。※Podcastの質問はこちらのメールアドレスへとお送りください。【info@m-aim.jp】件名は「ポッドキャストの質問」と明記してお送りください。たくさんの質問をお待ちしています。
 
マーケティングの勉強をいくらしても、あまり意味がありません。企業が最もお金をかけている“あるもの”を、“ある視点”から見ることで、マーケティングの達人になれます。石原さんのマーケティングの名言もご紹介しながら、習得方法を解説します。※Podcastの質問はこちらのメールアドレスへとお送りください。【info@m-aim.jp】件名は「ポッドキャストの質問」と明記してお送りください。たくさんの質問をお待ちしています。
 
成功の極意は、“ある領域の仕事”に集中すること。まず、すべての仕事をランク分けして、超効率化。ずっと結果を出す人が必ずやっている思考法です。勝っている人が、なぜ勝っているのかを理解出来る。無駄なことをやらなくなるので、ストレスフリーに。※Podcastの質問はこちらのメールアドレスへとお送りください。【info@m-aim.jp】件名は「ポッドキャストの質問」と明記してお送りください。たくさんの質問をお待ちしています。
 
小島社長が、10年以上続けている時間管理術。とてもシンプルなので誰でも今日から実行できます。仕事のモチベーションを一瞬で上げ、先延ばしをしない仕組を構築できます。30社の企業オーナーである小島社長の時間管理の極意を手に入れてください。※Podcastの質問はこちらのメールアドレスへとお送りください。【info@m-aim.jp】件名は「ポッドキャストの質問」と明記してお送りください。たくさんの質問をお待ちしています。
 
小島社長が仕事で圧倒的な評価を勝ち取る方法を解説。キャリアアップの常識を破壊する超実践的な自分ブランド構築ノウハウ公開。世の中が、「どんな人材を評価するのか?」が理解出来れば、経営者も会社員も、1000人に1人のレア人材を目指せる。※Podcastの質問はこちらのメールアドレスへとお送りください。【info@m-aim.jp】件名は「ポッドキャストの質問」と明記してお送りください。たくさんの質問をお待ちしています。
 
「確実に成功する方法」はないですが、「確実に失敗する考え方」は存在します。ですので、まずは、「失敗する考え方を学び、その間違えた考え方をしないだけ」で、成功する確率は劇的にアップします。大切なのは、「事前に失敗パターンを学び、回避する!」です。※Podcastの質問はこちらのメールアドレスへとお送りください。【info@m-aim.jp】件名は「ポッドキャストの質問」と明記してお送りください。たくさんの質問をお待ちしています。
 
小島社長は、異業種で30個以上の新規事業に成功。しかも、「業種や業態でビジネスを考えません。全く別の視点で事業を考えています。だから、やっている全く同じです」とのことです。石原先生も、「なぜ、その視点に気が付いたのか?怖すぎる!」と驚きました。※Podcastの質問はこちらのメールアドレスへとお送りください。【info@m-aim.jp】件名は「ポッドキャストの質問」と明記してお送りください。たくさんの質問をお待ちしています。
 
小島社長が「2時間で50万円の高額な対面コンサルを数か月で300人以上も獲得」した方法を公開します。しかも、営業の達人である石原先生が「そのセールの方法は反則でしょ。」とドン引きしました。高額コンサルティングをやった裏の目的が恐ろし過ぎます。※Podcastの質問はこちらのメールアドレスへとお送りください。【info@m-aim.jp】件名は「ポッドキャストの質問」と明記してお送りください。たくさんの質問をお待ちしています。
 
2月初旬に石原先生が永眠されました。今後は、石原先生の長年の友人であり30社の企業オーナーでもある小島社長にお願いをして、講師をやって頂くことになりました。石原先生が「ぜひ小島社長と一緒にやりたい!」とおっしゃっていたのが今でも思い出されます。
 
小島社長が、2000人の勉強会を、数か月で集客した方法を公開します。しかも、アメリカから帰国した小島社長は、「アメリカは天才が多すぎる。日本なら、楽勝だ!」と考えて、日本で起業して、3か月後には月収1000万円を超えていたというから驚きます。
 
「小島社長は、僕が知り合った数千人以上の経営者の中で類まれな経営センスを持っている」と石原先生が興奮しています。しかも、小島社長は、「未経験・異業種で事業参入し、しかも、自分ではやらず、他の人に経営を任せている」ということで本当に驚きです。Podcastへの質問をLine公式アカウントから募集してます!Line公式アカウントのアカウントはこちらから繋がってください https://lin.ee/wMqVIEE
 
意外と知られていませんがコンビニ跡地は押さえておきたい場所です。そこを押さえたのは非常に素晴らしいセンスです!移転期間が短い場合のお客様のフォローについては細かくお客様に声かけをしておくといいですね! 今回は立地についてお伝えしています。Podcastへの質問をLine公式アカウントから募集してます!Line公式アカウントのアカウントはこちらから繋がってください https://lin.ee/wMqVIEE
 
ポスティングはコロナで効果が見込める媒体の一つです。なぜなら人が家にいるからです。私としても非常に注目したいものです。ポイントは大きく3つです。①制作負荷を下げる ②記事のクオリティを上げる ③顧客を開拓する です。今回はそこを詳しく解説しています。Podcastへの質問をLine公式アカウントから募集してます!Line公式アカウントのアカウントはこちらから繋がってください https://lin.ee/wMqVIEE
 
アンケートはマーケティングにおいて優秀な手法の一つです。ただ、アンケートではポイントを外してしまうとかえってお客様の反応が落ちてしまいます。コツは聞きたいことを直接聞かない、です。例えばご家族に紹介したいですか?ということを聞いた場合、YESならいいですが、NOと答えた場合お客様が離れるリスクがあります。どんなアンケートを撮れば良いか解説しました!Podcastへの質問をLine公式アカウントから募集してます!Line公式アカウントのアカウントはこちらから繋がってください https://lin.ee/wMqVIEE
 
アフターコロナとして準備していたものがwithコロナとして考えていく必要が出てきました。こうなると起こるのが価値観の再定義です。大学については今までは「学ぶ場所」だったかもしれませんが、それが大きく変わります。その価値観の変化にどう対応するかについて話しました。 Podcastへの質問をLine公式アカウントから募集してます!Line公式アカウントのアカウントはこちらから繋がってください https://lin.ee/wMqVIEE
 
決まったものを海外から輸入するおいうのはまさに資本主義的な動き方でした。それがコロナによってリスクを伴うことに気付かされた経営者が増えてきました。国内で賄えるようにするのは第一歩として素晴らしいです。番組ではその次のステップで何をしたらいいのかについて解説しています。Podcastへの質問をLine公式アカウントから募集してます!Line公式アカウントのアカウントはこちらから繋がってください https://lin.ee/wMqVIEE
 
旅行業についてお客様の意識で変わったのが「近くに長く泊まる」というニーズが増えてきました。まずこの基準で自分がどんな立ち位置なのかをリサーチをしてみましょう。その上で大事になってくるのが「コアなファン」です。そのコアなファンをどう作るかの戦略をお話しします! Podcastへの質問をLine公式アカウントから募集してます!Line公式アカウントのアカウントはこちらから繋がってください https://lin.ee/wMqVIEE
 
今回のコロナでわかったことは「これまでの顧客化の仕組みがきちんとできていたところは強い!」ということです。今だからこそ顧客との関係性を作る重要性がわかったかと思います。実はこの展開とM&Aは賢いやり方の一つです。
 
私がいつもお伝えしている「コロナ禍中はコストを下げろ」についての質問です。コストカットして見通しが立つなら雇用をしましょう!もちろん正社員で雇うとなると固定費の面で不安な部分もあるので基本給+歩合と言う形を取るのがおすすめです。番組の中では雇用についてのことだけではなく、今後の展望を石原明流の視点で語ります!
 
まずは顧客の見直しをしてみましょう!今までサービスを提供したお客様にもう一回アプローチをすることが重要です。一度サービスを提供したお客様に対してヒアリングと教育をし直すことでお客様の人となりに深く触れると良好なお客様との関係を構築できビジネススケールをワンランクアップできます。
 
今は不安かもしれません。お客様に対してきちんとコロナ対策をしているということを伝えてお客様に安心を与えることが先決です。その上でお客様とのコミュニケーションをとると人と会いにくい今、「人と会える場所」としてお客層が見込める市場になります。
 
まずはリスク管理について考えてみましょう。日本ではコロナが落ち着いてきたように見えますが、海外は落ち着いていません。そのため、部品の供給が止まる可能性もあります。1カ所集中から分散をさせていくのがいいと思います。
 
まずご自分が刺激を与えなければいけないという考えを捨てて、その相手の方に刺激を与えられそうな人物を連れてくるのが良いと思います。その際には最低でも3年くらいはお付き合いのある人で、ご質問者とその仲の良い経営者の間くらいの年齢だといいと思います。
 
成果自体は変にコントロールしようとせず、思いっきり上げてください。 また、これまでのそのプロジェクトの歴史をしっかりと資料化し、新しく来た取締役にそれをしっかりと説明して理解してもらう事が重要だと思います。 決して敵対等はしないようにしてください。
 
まずは事務所に所属してはいるけど独立自営してやっている、という感覚を持ってください。そしてあなたが対応するクライアントは、所属する組織についているのか、 それともあなた自身についているのかを考え、少なくとも3割はあなたが居るから、 というレベルまで持って行って独立した際の感覚を体感してみてください。
 
嫌われる勇気とは、嫌われることを理解しながらも、長期的にはそれが良いと判断できる事で、私の著書はビジネスに特化したものと言えます。 また、個人にしろビジネスにしろ、これ以上はたとえ相手に嫌われてでも受け入れない、という境界線をしっかり持つという事も重要です。
 
まずはリーダークラス3~5人程度に「人称本」を読んでもらうなどしながら、 その人を中心にどう広めていくかの取り組みをし、タイムラグを設けながら下流にも広めていくのがいいと思います。 また、〝人称"が日常会話で使われるように共通言語化するのも効果的です。
 
飲食店経営はとかく料理で勝負してしまいがちですが、飲食店はコミュニケーションの場でもあるので、コミュニケーションそのものも料理に含めることで顧客の記憶にも残り易く、来店頻度の向上にも繋がります。 また、こういう状況では逆に営業しすぎない、という事も重要です。
 
日本ではタイミングが悪く根付いていませんが、生活を豊かにするライフスタイル産業というものが世界に目を向けると根付いています。ご質問者の方のビジネス自体も、これにマッチしていると見受けられますので、変にビジネスチャンスと捉え過ぎずに、大切に育てて行くのがいいかと思います。
 
瞑想とはきれいな空気を体中に取り込むことなので、実は自然と触れる農業とは親和性の高い関係性にあると思います。 ですので、ご質問者の従事する農業も瞑想の一種であると捉えて、農業を通じての瞑想体験をパッケージ化してみたり、動画系コンテンツを制作してみたりといった取り組みにチャレンジしてみると面白いかもしれません。
 
実は気付いていなかっただけで、30~40回の時点で恐らく変化は起きていると思いますし、100回以上継続したことであなたの信用度もきっと上がっているはずです。 また、定期的に読者の方達とコミュニケーションをとって内容をチューニングしながらレベルを上げていく事、「反応の大きかったモノはどれか?」を把握することも重要です。
 
コンサルティングの事業には、大きく分けて2つの道筋があります。何かの理論(私で言えば4STEPですね)をプロダクト化し、組織化して広く提供する道と、個のコンサルタントとして、より興味を持てる分野や領域に深く入って突き抜けて行く、という道です。私は完全に後者ですが、とても性に合ってますね。
 
新しく生まれたある人間関係が、成果を生んでいくまでの道筋というのがあります。最初のコミュニケーションのベースが出来ていても、その次に、"あること"を意図的に起こして、本音で会話できる信頼関係を作る、というフェーズが必要なんです。ほとんどの人がここを飛ばしてしまって、失敗しているんです。
 
資本主義社会で生きていくには、何らかの能力なり、売り物を持った上に、それを商品やサービスとして売る力が必要です。これら2つの能力を自分で身に付けるか、2つを両立させる形で、人と組めなければならないんです。このことを教育の過程で教えるべきですが、その"教える"という活動も、ビジネスとして成立させる必要があります。
 
まず、世の人に広く知られるには、正しい戦略と相当な努力が必要です。もし成功してブレイクすると、目の前の人にモノを売るような立場ではなくなりますが、例えばネットにマイナスな書き込みをするのは、まず間違いなく"匿名の身近な人間"です。つまり、「知らない人から誹謗中傷される」なんてことは、ほぼ起こらないんです。
 
「周りにショッピングモールが乱立し廃墟化。当院にも退去勧告が・・・」とのことですが、そんなご環境の中でも「患者さんに恵まれ、経営的にも無借金」ですので、かなりの実力をお持ちだと思います。資産や設備を持たずに、高単価の勤務医として他院に勤めつつコンサルもする、というのも面白いかもしれません。
 
在米35年、長く金融機関にお勤めで、「日本の若者が創業しIPOしている有望な企業をアメリカに紹介する事業をやりたい」とのことですが、まず、仕事はやめずにやりましょう。日本のベンチャーの若者側にとっても価値が大きそうです。面白いベンチャーを1社ご紹介しますので、ご一緒にビジネスできそうか、一度お話ししましょう。
 
日本の教育が世の中の変化についていけていない面があり、チーム作りの面でも、かなり誤解している所があります。特に「コミュニケーションを良くして、人と仲良くすれば良いチームになる」と考えている人が多いのですが、"あること"が理解できていなければ、団結など全く生まれませんし、チーム構成などできません。
 
求めているのが「質問しながら、その人と本当に仲良くなる」ことだとすると、質問のテクニックを覚えてもあまり効果はありません。目の前にいるお客さんや、日常的に接する人たちが何を考えているかを知り、そこに沿ったマーケットインの視点で会話ができるための情報が、自然に入ってくるようなライフスタイルを築くと良いでしょう。
 
自分の脳を活かすにも、人の脳に上手く情報を入れて動いてもらうにも、アカデミックな知識と、対人の実践を通した事実ベースの検証を繰り返して、行ったり来たりしながら身に付けることが大切です。まず人間の思考や脳科学の本を20~30冊読んでください。ポイントは、自分に意識を向け過ぎず、相手に関心を持つことです。
 
現在、税理士事務所勤務ということですが、確かにその環境ですと、時代に則した新しいビジネスに携わることが、なかなか難しいのかもしれません。勉強する時間は取れそうですので、ご自身の存在をベンチャーだと理解して、税理士事務所に籍を置いて生活を担保しながら、起業のための本格的な勉強をすると良いでしょう。
 
仕事と人材のマッチングが採用や就職活動ですが、ご経歴やスキルを伺うに、まずご自身の採用を"特殊案件"と捉えてください。一般的な採用ルートには乗らずに、こちらから直接、経営者にアプローチして自分の活かし方を提案し、交渉しましょう。うーん、しかしこの方、ぜひ一度お会いしてみたいですね。zoomでお話ししませんか?
 
単にビジネスで成功することと、資本主義社会での普遍的な成功とは、明確に違います。お金は力ですが、その力を保ち、真に活かすための、高いレイヤーの情報を得られなければ、本当の意味で成功することはできないんです。本当にちゃんと勉強したいのであれば、私が塾長として教えている『資産家成功塾』に来てください。
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login