谷 佳織 公開
[search 0]
もっと

Download the App!

show episodes
 
リハビリからパフォーマンス向上まで、人間の身体とマインドの健康を向上させることに関わる全ての人達が共に理解し、学び、深化することができるコミュニティーを作ることを目指すキネティコスがお届けするポッドキャスト。身体に関わる様々なジャンルで活躍する皆さんからの情報をキャッチしてください。
 
Loading …
show series
 
キネティコスポッドキャスト、今回は福岡県筑後市で活躍するコンディショニングトレーナーの江上猛さんをゲストにお迎えしました。江上さんにインタビューをさせていただきたいと思っていた理由は、SNSの投稿などを介して、ご家族への愛が溢れているのをずっと感じていたからなのですが、今回のインタビューでも、私達が運動指導者や治療の専門家であることのその前提として、人間としていかにあるかということを再確認させてくれるお話を伺うことができたと思います。ぜひ聞いてみてください。 ボランティア活動で出会った障害者の男性の言葉がきっかけで 高齢者の指導の現場を学ぶために特養ホームで4年間 様々なニーズを持つ人達のために自分にできることは何だろう? 障害を持つ息子のことを地域の皆に知ってほしい…
 
キネティコスポッドキャスト、今回はConditioning Room Sのコアメンバーから、代表の杉林貴宏さんと平山達也さっb、山本真之さんの3名にオンラインで集結していただいてお話を伺わせていただきました。理学療法士や、鍼灸士、柔道整復など様々な資格を有する皆さんが動くことを通してより人生のクオリティを向上させるために、そして学びを共有して努力する人たちが認められる職場環境を実現するために集まったコンディショニングルームSの情熱とビジョンについて、そして始まったばかりのワクワクする活動の数々についてお話を伺わせていただきました。 誰かの役に立てる仕事に就きたいという思い 湿布と安静で2ヶ月!? 頑張っている人が評価される仕組みを ライスワークとライフワーク…
 
キネティコスポッドキャスト、今回は株式会社アージュ代表取締役であり、シンタックスのファウンダーである井上トキ子さんをゲストにお迎えしました。20代で始めたグループフィットネスの指導から、指導者の育成事業に関わり、大手のフィットネスクラブでのアドバイザーとしての経験を経て、50代で企業を決意したトキ子さんに、現在までの経験の中で学んだことや気づきの数々をシェアしていただきました。しなやかに強いトキ子さんの姿勢から、新たなチャレンジに踏み切る勇気をもらえるのではないかと思います。 つやつや綺麗の秘訣は有酸素運動(とファンデーション) ANA勤務からエアロビクスインストラクター、指導者を育成する立場へ 失敗することは学びのチャンス 「捨てる」ことを恐れない…
 
キネティコスポッドキャスト、今回はプライベートジム エミライズ代表である林大地さんをゲストにお迎えしました。学生時代の自分自身の怪我と十分とは言えなかったリハビリでの悔しかった経験が機動力となった大学での進路について、理学療法士としての経験について、そしてコロナ禍に独立を決意したきっかけと具体的な準備に関してなど、様々なお話を伺いました。これから独立を考えているという皆さんにも参考になる具体的な経験談をお話いただいています。 足首の捻挫からのリハビリの無念さ 大阪での仕事の経験 死ぬ前に理学療法士になっておきたかった 金沢に欠けていることを補うために
 
キネティコスポッドキャスト、今回はアメリカNY州政府認定マッサージセラピストであり、マッサージセラピーインスティチュート学長である國分利江子さんをゲストにお迎えしました。病弱だった子供の頃から人間の身体感覚に関心を持ち始め、デザインの仕事からアフリカでの海外援助の仕事など様々な職業を経験する中で辿り着いたマッサージセラピストという天職について、強く影響を受けたネルソン・マンデラとの1分間の出会いについて、マッサージセラピーインスティチュートで目指すことについてなど、じっくりとお話を伺わせていただきました。 身体感覚で遊んでいた子供時代 生まれてきた自分の命を全うするために何ができるのか? 未発達な人間が地球にとってより良い存在になるために 「私もマンデラみたいになる!」…
 
キネティコスポッドキャスト、今回は、筋膜ケアで自律神経を整えるサロン、トリガー広島店代表である中村雄一さんを2回目のゲストにお迎えしました。1回目にゲストにお迎えした際には東京赤坂のトリガーでお仕事をされていた中村さんが、昨年10月、3年ぶりにぶりに広島へ戻りトリガー広島店をスタートされてから数ヶ月。御家族の待つ広島に戻ってからの活動の様子や、自律神経系のバランスを取るアプローチについて、そして人間のレジリエンスを高めることの重要さについて興味深くお話を伺いました。 家族との時間が増えて最も変わったこと:スケジュール管理能力 締め切りがあることは超ありがたい 自分の腕一本で仕事ができるという自信を構築 「もっと早くケアができていたらよかった」を減らすためのセルフケア…
 
キネティコスポッドキャストインタビュー、今回は、人間の可動性を開放するスポーツカルチャーブランド、グリッドネーション代表である林周一郎さんをゲストにお迎えしました。ラガーマンとしてスポーツに関わり、そして12年間商社マンとしてビジネスに関わっていた林さんが、動くということを通して人々に関わる事業を立ち上げることになったきっかけについて、そして、より機能的な身体作りを目指すという、一般的なマーケットには伝わりづらいメッセージをいかに伝えるかについて、新しい事業展開の背景にあるビジョンについてなどしっかりとお話を伺わせていただきました。 慶應でのラグビーと商社マンとしての人生前半戦 トップレベルのコーチとの出会い:自身が価値を感じられることを仕事に! わかりにくいことをわかりやすく伝えるために …
 
キネティコスポッドキャスト、今回は元巨人軍の岡崎郁さんをゲストにお迎えいたしました。人生の半分以上である33年間を巨人軍の選手として、そしてコーチとして関わってきた岡崎さんが巨人軍を離れてフリーな立場に立って今考えていること、これから実現していきたいこと、今関心があることなどについて様々なお話を伺いました。岡崎さんのワクワク感が伝わってくるインタビューになったと思います。是非チェックしてみてくださいね! アスリート・アカデミアが目指すこと 脳が覚えているスピードで突然動くと身体がついていかない現象 Innochiグラスの不思議:目から入る色の情報で身体感覚が変化する 岡崎さんって怖い人なの?
 
キネティコスポッドキャスト、今回は(株)ラフィット所属のパーソナルトレーナーであり、スウェーデンの女子サッカーチームで活躍するプロサッカー選手である佐藤比香理さんをゲストにお迎えしました。7歳の頃に始めたサッカーがとにかく好きで好きで「プロのサッカー選手になる!」という夢を実現すべく高校、大学とサッカー推薦で進学した彼女が、愛媛県の愛媛FCリーグでプレーすることをきっかけにパーソナルトレーナーとしての学びを深めることに。自らの怪我とリハビリの経験かな学んだことを活かして、今後もプロサッカー選手としてのみでなくトレーナーとしての活動を続けていきたいと語る比香理さんに、スウェーデンでの活動に関してもお話を伺いました。 4歳年上のお兄さんの影響で始めたサッカーが楽しくて なでしこリーグ愛媛FC ト…
 
キネティコスポッドキャスト、今回はアキュラ鍼灸院院長である徐大兼さんをゲストにお迎えしました。20年近く前に、青山で友人たちとシェアしていたオフィススペースから私が抜ける代わりに誰かシェアしてくれる人はいないかな?と出した情報誌のアドに反応してくれたことから繋がったご縁のTaikenと私は、普段英語で会話したり日本語で会話したりする、インターナショナルスクールの生徒みたいな妙なノリですが、今回はちゃんと全編日本語でインタビューをさせていただいております。周りの人たちを助けたい、何かをしてあげたい、という気持ちが成長と発展を引き起こす。私たちが忘れてはいけない大切なことを改めて確認させてくれる良いお話を伺えました。 ビジネスプランもビジョンもなく始めた鍼灸治療 シェアオフィスの家賃は月額¥35…
 
キネティコスポッドキャスト、今回は一般社団法人バレエセラピスト協会代表理事である灰方淑恵さんをゲストにお迎えしました。アメリカでの解剖実習クラスで過ごす時間の中でも、淑恵さんの学ぶことへの熱意は伝わってきていましたが、今回のインタビューでは、バレエダンサーのケアに特に注目をするようになったきっかけや、学び続けることの必要性、バレエダンサーの治療や運動指導に関わる際に理解しておきたい重要なポイントなどについてしっかりとお話を伺わせていただきました。 大学3年の時の交通事故:胸椎圧迫骨折を見逃されて3週間 一般の急性期病院での理学療法士としての仕事で学んだこと 「頑張らないことを頑張りなさい」の言葉で始めたバレエ 日本のバレエ人口は35,800人!…
 
キネティコスポッドキャスト、今回はヨガ指導者である峯岸道子さんをゲストにお迎えいたしました。1980年代にジャザサイズを日本に拡めることからスタートし、障害を持った息子さんのケアと指導の両立、そしてヨガとの出会いから現在に至るまで、指導者を指導する立場で活躍し続ける道子さんの情熱と愛と強さが伝わるお話を伺うことができました。ぜひ前半後半しっかりと聞いてみてください。 ジャザサイズのマニュアルを手書きで翻訳しながら解剖学を学ぶ 障害をもって生まれた長男のケアと仕事の両立 ヨガのアシュラムのようなカナダの島でグルジにもらった「自由」という言葉 目の前にいる人たちの笑顔を見るのが最高の幸せ
 
キネティコスポッドキャスト、今回は広域医療法人明和会整形外科スポーツ栄養クリニック理事長である武田淳也先生をゲストにお迎えしました。整形外科医としての医療の提供のみでなく、ピラティスの指導と栄養指導をいち早く医療の現場に取り入れた第一人者の1人である武田先生に、包括的な医療の必要性を感じるようになったきっかけや、ピラティスとの出会いについてなど、様々なお話を伺いました。医学生時代の経験から、様々な学びと経験についてお話を伺っていると1時間の時間枠内では収まりきれず、次回の続編収録を急がなければ!という様々な情報とパッションいっぱいのインタビューとなりました。 医学生時代はスキーとウインドサーフィンと旅行代理店でのバイト 医学部在学中、新規出店のセントラルスポーツでインストラクターに 包括的な…
 
キネティコスポッドキャスト、今回は理学療法士の石井美和子さんをゲストにお迎えしました。トム・マイヤーズの日本で初めての大規模セミナーを開催するきっかけを作ってくださった石井さんご夫妻との出会いから、オンライン解剖クラスのクオリティーの高さについての話、そして股関節、骨盤底の構造と骨盤底機能不全について、昨年卒業された博士課程での研究内容についてなど、興味深いお話を沢山伺いました。次回はアゴラにゲストとしてお迎えしたいなぁ~! オンライン解剖クラスで見たい身体構造は 出産を経験している女性はほぼ何らかのレベルの尿漏れを経験している 抱えている問題を言葉にできるかできないか 整形外科的な問題で理学療法を受けたら尿漏れが改善した!?…
 
キネティコスポッドキャスト、今回は、TRXジャパンスタート時の代表であり、現在レズミルズジャパンCEOである大工大育さんをゲストにお迎えしました。幼少の頃から運動が大好きだった大工さんが、大学からのアメリカ留学の経験を経て、TRXジャパン日本代表として帰国し、フィットネスとビジネスの両側面から新しい挑戦を見つけていく中で、レズミルズのプログラムをきっかけとして、仲間と一緒に動くことを楽しむこと、人と繋がることの重要さについての再認識について語っていただきました。グループフィットネスの指導者の方にも、パーソナルで運動指導をする方にも聞いていただけたら嬉しいです。 小学3年生から始めた柔道 アメリカ留学:背水の陣で覚悟を決めて勉強した経験 ブライアン・ベッテンドルフとの出会い ドットとドットを繋…
 
キネティコスポッドキャスト、年明け最初のゲストとして、合同会社アンカー代表であり、LSP主催である黒澤陽介さんをお迎えしました。2021年12月に黒澤さん主催のLSPの企画でセミナーを指導させていただいたことがきっかけとなり、今回のインタビューの依頼をさせていただくことに。自分が学びたいと思ったことを、これはいい!と思ったことを沢山の人達とシェアしたくてセミナーの開催をスタートしたという黒澤さんの動機は、私自身の活動の動機と「同じじゃないですかぁ!」と共感しまくる楽しいインタビューとなりました。 プールでドッジボールしたかった=水球を始めることに お父さんは水球のコーチ 10歳から13年間悩まされた腰痛の経験 リハビリは自分自身で手探りで…
 
2021年最後のキネティコスポッドキャストは、キネティコス代表である谷佳織と夫でありビジネスパートナーであるトラビス・ジョンソンの2人でお届けいたします。2021年を振り返って、そして2022年に向かってのワクワクするセミナーやイベントについて、数年がかりでやっと思い通りのシステムを完成させることができたキネティコス・プロ・システム (KPS) 2.0 についてお話をさせていただいています。後半は、Zoomのスクリーンシェアビデオで、KPS2.0の簡単なツアーを提供していますので、皆さんぜひチェックしてくださいね! 2022年も、そしてこれからず~っと、キネティコスを何卒よろしくお願いいたします。 コロナ禍だから実現したオンライン解剖クラスの素晴らしさ MOVEPROウェビナーシリーズは、見…
 
キネティコスポッドキャスト、今回は(株)R&Sカンパニー代表取締役であるストレングス&コンディショニングコーチ、伊藤良彦さんをゲストにお迎えしました。伊藤さんの心からの笑顔が素敵だなぁ、と隠れファンだったのですが、今回ゆっくりとお話を伺うことができてなんだか嬉しくなりました。中学高校時代はブラスバンド部での活動が中心で、なんと打楽器を専門としていたという事実や、漫画のブラックジャックに憧れて人間の身体に興味を持つようになったこと、そして大学卒業後アメリカに留学しての大学、大学院での数年間の経験、そして日本での活動についてなど、伊藤さんのお人柄が滲み出るとてもいいインタビューになった気がします。っていうか、単に楽しかったです。ぜひチェックしてみてくださいね。 ブラックジャックに憧れて 中・公時…
 
キネティコスポッドキャスト、今回は自然派の赤ちゃんの体幹トレーナーである露木由美さんをゲストにお迎えしました。エアロビクスのインストラクターとしてフィットネス業界で4年間の指導、そして芸能関係での様々な仕事の経験を経たのち4人のお子さんたちの子育てに突入した由美さんが、ご自身の経験と学びを基に、赤ちゃんの体幹を整えるための環境づくりについて本を出版し、指導の現場で活躍されるようになった道のりを情熱あふれるエネルギーでシェアしてくださいました。是非チェックしてくださいね。 和太鼓クラスでの出会い エアロビクスのインストラクター、そして芸能界での仕事 4人の子供たちの子育ての中で 自分自身が学んだ素晴らしいことをどんどんシェアしたくて…
 
キネティコスポッドキャスト、今回は日本初のATCであり、現在日本コアコンディショニング協会会長、日本ペップトーク普及協会代表理事である岩崎由純さんをゲストにお迎えしました。80年代、当時日本にはアスレチックトレーナーという職業が確立していなかった頃にアメリカに留学することを決意した強い想いと夢の実現について、ペップトークとは何か、信頼関係の構築において大切なこととは、聞き取る力:傾聴力の重要さについてなど、人と関わる立場にいる皆さんには、是非是非聞いていただきたい宝石のようなメッセージを沢山いただきました。 バレーボールでオリンピックに行くぞ!という夢 怪我の経験とテーピングとの出会い 計画的偶発理論とは バルセロナオリンピックにATCとして帯同…
 
キネティコスポッドキャスト、今回は株)サワキジム代表取締役である澤木一貴さんをゲストにお迎えしました。運動指導の現場経験30周年目を迎える澤木さんにトレーニングを始めるようになったきっかけから、楽しい人生を生きるために心がけていること、書籍出版を成功させるコツ、サワキジムアカデミーについてなど、様々なお話を伺いました。お話を伺っているだけでも何だか元気がもらえるインタビュー、ぜひチェックしてくださいね。 中学、高校時代までは運動が苦手で体重は48kg フィジークの大会に初挑戦して学んだこと 楽しい人生を送るために 書籍出版の鍵は優秀なライターさん
 
キネティコスポッドキャスト、今回はキネティコスラボのコーチであり、私達にとっては唯一無二の頼れる仲間である大室泰三さんを1年ぶりにゲストに迎えました。一緒に仕事をしている仲間でも、改めてインタビューをしてみると見えてくる変化ってありますね。単に頑張るだけでなく、効率よくパフォーマンスを高めるための回復の重要さについて、ウェアラブルの計測機器をいかに利用するかについて、感染症罹患後の回復の過程についてなど、具体的にお話をしていただきました。 頑張っても回復しなければメリットは受け取れない オンラインとライブの両方から得られるもの コロナ感染の経験と回復過程について 駅の階段もアシスト付き自転車さえも辛かった…
 
キネティコスポッドキャスト、今回はJ-Workout COO兼ヘッドトレーナーである谷野雅紀さんを3年ぶり2回目のゲストにお迎えしました。脊髄損傷者が再び歩行することができるように、そして更に目指すことが実現できるような機能回復を目指したトレーニングの提供を続けるJ-Workout のコミュニティ構築について、クライアントとの関わり方について、再生医療との協働についてなど、情熱あふれるお話を沢山伺うことができました。11月27&28日にオンライン開催(東京のみ28日ライブ会場参加も可能)で提供される、脊髄損傷者のリハビリ成果発表イベントであるKnow No Limit も是非ご参加くださいね。 壁を取り払ったスペースでのトレーニング 脊髄損傷者と家族、そしてトレーナー達のコミュニティ構築 ク…
 
キネティコスポッドキャスト、今回はコンディショニングコーチであり、「ストレッチ&コンディショニングめんてな」代表である倉持江弥さんをゲストにお迎えしました。ご自身が子供の頃から怪我ばかりしていたという倉持さんから、怪我から好きなスポーツへの復帰を橋渡しすることを目指しての学びの過程について、自分の学びのためのスケジュール確保について、論文の読み方について、バイオメカニクスの魅力についてなど様々なお話を伺いました。目の前にある仕事のみでなく、目指す目標のために何ができるのか?ヒントをもらえるインタビューだと思います。 セミナーや勉強の時間を優先的にブロックすること 解剖クラスでの志高い同士達との出会い 小学2年生で両肩脱臼以降の怪我の連続 アメリカでの経験から学んだこと…
 
キネティコスポッドキャスト、今回はつい数ヶ月前にインタビューさせていただいたばかりの灰谷孝さんに、もっともっと伺いたいことがあって再度インタビューをさせていただきました。Innochi グラスとは?メガネに関わる3つの変数とその影響とは?周辺視と中心視について、そして世界のコダックからリリースされたフィジカルサポートカラーとInnochiグラスについてなど、ワクワクいっぱいのお話を沢山伺いました。私も眼鏡作ってもらおう!と思っています。 Innochiグラスとは、Innovation + Child =生命輝く眼鏡 日常生活の中に発達がある 色と左右バランスとプリズム 好きな色と安定する色は同じ?異なる?…
 
キネティコスポッドキャスト、今回はアスレチックトレーナーでありA-ヨガ創始者でもある山本邦子さんをゲストにお迎えしました。身体の感覚を感じとること、そしてその感覚を言語化することの重要性について、そしてそれらの感覚をいかに伝えて受け取ることができるかについて、運動指導に関わる専門家の皆さんにとってのコミュニケーションの重要な鍵となるヒントが沢山散りばめられています。 アメリカの大学で最初に専攻したのはジャーナリズム 自分の中にある感覚を言葉として発すること 劇団四季とのご縁とA-ヨガの始まり 各個人それぞれに異なる感覚と環境に対する認識
 
キネティコスポッドキャスト、今回は「人の動きを作る会社:合同会社LODOCLAN」代表である今村泰丈さんをゲストにお迎えしました。作業療法士として身体と動きに関わる仕事に就いた今村さんがボディワークに関わるようになったきっかけ、インプットをアウトプットに書き換えるプロセスで起こることについて、具体的なSNSの活用方法についてなど、著書を出版したばかりの今村さんに、今までの経験で学んだこと、これから目指すことを根掘り葉掘り聞いてみました。アウトプットをどこから始めたらいいか迷っている方、ぜひこのインタビューをチェックしてみてくださいね。 震災後の岩手で気づいたボディワークの重要性 言語化することで自分の現状を認識できる 一般の人に伝わる言葉で伝えられているか? オンラインで「村」のようなプラッ…
 
キネティコスポッドキャスト、今回は「素浪人」安田嵩常さんをゲストにお迎えしました。昔から50歳になったら、自分のやりたいことを自由にできる素浪人のようになりたい、と考えていたという安田さんが、総合型スポーツクラブの経営を後進に譲って現在の活動に切り替えたきっかけや、運動指導や治療に関わる立場からのみでなく、人間として生きる上で大切にしている哲学についてなど、じっくりとお話を伺わせていただきました。キラキラ輝く貴重なメッセージが隠れているインタビューです。ぜひチェックしてみてください。 総合型スポーツクラブの経営を任された30代後半 強く立派な肉体を目指して錆びたプレートとダンベルでトレーニングした時代 自分自身の怪我や不調から気づいた治すことの重要さ しなやかに動ける還暦を目指して…
 
キネティコスポッドキャスト、今回は株式会社PCP代表取締役である吉田輝幸さんをゲストにお迎えしました。S&Cコーチとして様々なスポーツ選手達のトレーニング指導経験を経て、アメリカでのインターンシップ経験で明確になった自分自身の考え方と事業独立のきっかけについて、そして幅広い事業展開の中で吉田さんが目指していることについて、大変興味深くお話を伺わせていただきました。なんだかワクワクしますよ! 海外講師のセミナーデモモデルの経験 数多くの競技スポーツに関わった10年間 アスリートパフォーマンス(現 EXOS)でのインターン経験 ビジネスアスリートの再起動のために
 
キネティコスポッドキャスト、今回は元鼓童メンバーであり、現和太鼓講師&和太鼓奏者である内田依利さんをゲストにお迎えしました。16歳から太鼓サークルに入って始めた太鼓をきっかけにして新しい世界を経験した依利さんが、カナダに留学した高校時代の経験、鼓童の2年間の研修生活を経てメンバーとして活動した10年間、そして退団後の新たな気づきについて、自身にとっての太鼓の意味がはっきりと見えてきたという依利さんに、楽しく、そしてじっくりと「響き合うこと」の大切さを伺いました。心身に障害を持つ子供達や、心をもっと元気にしたい大人達に、太鼓という「響き合う」ツールを使って関わっていくことの可能性について、このポッドキャストを聞いて共感してくださる方、絶賛募集中です。 カナダ留学前に「何か日本らしいことをやって…
 
キネティコスポッドキャスト、今回は株)ルネサンスパーソナルトレーナー教育チームをはじめ、幅広く教育の現場で、指導の現場で活動をされている門間昭さんをゲストにお迎えしました。いつも輝くような笑顔が素敵な門間さんの、「仕事が楽しくてしょうがない!」エネルギーがインタビューからも伝わってくるはずです。やる気のなかった専門学校時代を経て、学ぶこと、そしてその学びをアウトプットすることの喜びに溢れる現在まで、そして10月に仙台で開催するリンクリーズフェスタのイベントに関して、様々なお話を伺いました。 グループ指導でも個人指導でも変わらない軸とは 大腿四頭筋ってどこにある?からのスタート コミュニケーションスキル、知識と技術、両方が大切 指導対象者の言葉から学ぶこと…
 
キネティコスポッドキャスト、今回は、東京医科歯科大学スポーツサイエンスセンター副センター長である山口 "Dice" 大輔さんを、5年ぶり2回目のゲストとしてお迎えしました。アメリカのNBAサンアントニオスパーズでアスレチックトレーナーとして活躍後、帰国したDiceさんが、過去数年間の間に現場での試行錯誤の経験を通して感じていることを、率直に真摯に語ってくださっています。やっぱりグラスは「半分空っぽ」よりも「半分満ちている」見方をしたいよね!と共感できるインタビューだと思います。 通じることより通じないことが多かった:試行錯誤の中からの学び 怪我のエリアのケアのみでなく要因に働きかけること 自然の中での活動からワクワクすること楽しいことを発見する アスリート達の自主性、自立性…
 
キネティコスポッドキャスト、今回はストレングスコーチの緒方博紀さんに5年ぶり2回目のインタビューをさせていただきました。国立スポーツ科学センターでの5年間の任期を完了したばかりの緒方さんに、今回のオリンピックに向けての準備段階でのチャレンジや充実感など(話しても問題のない範囲で)をシェアしていただくとともに、アスリートたちのリカバリー手段と、リカバリーレベルの確認のための方法について、最新のリサーチ文献から情報を入手するコツについてなど、様々なお話を伺いました。文献情報を得る手段についての記事もまとめてくれるという約束もしちゃいました。皆さん、お楽しみに! ゴールの時期が不透明であるというチャレンジ 選手たちの合宿自体が難しかった準備期間 できることをやっていこうよ! 新しい競技を担当する時…
 
キネティコスポッドキャスト、今回は株)ルネサンス スポーツクラブ事業部スペシャリストリーダーであり、Better Bodies HIブランドディレクターでもある安藤誉さんをゲストにお迎えしました。大規模な会社で働いていても、自分自身が思い描いてきたことを実現させることは可能だということ、そしてその実現のためには十分な準備が必要だということを、ご自身の経験を踏まえて熱く語っていただきました。スポーツクラブでお仕事をされている皆さんにも、ご自身で事業を運営されている皆さんにも参考になるアイデアいっぱいです。 運動会で目立つお父さんが恥ずかしかったけれど筋肉は父親譲り 10代後半からマッスル&フィットネスを愛読 強い身体から強い心への到達を時間効率よくするには 新事業に5年間の準備期間…
 
キネティコスポッドキャスト、今回はパフォームベタージャパン代表取締役の石田学さんをゲストにお迎えしました。北島康介さんのマネージャーとしてスポーツに関わる仕事につくようになったきっかけから、パフォームベタージャパンの発足、サミット開催の意義について、これから実現したいことについてなど、様々なお話を楽しく伺わせていただきました。後半のボーナスセクションは、キネティコス会員の方向けのボーナスセクションですが、キネティコスに無料アカウントをご登録いただければどなたでも楽しんでいただくことが可能です。 仕事は縁だ!広告業界から北島選手のマネージャーへ 好きなことに目を輝かせる人達に囲まれて 日本のトレーナーたちが活躍できる場を提供したい 2021年9月のパフォームベタージャパンサミット開催! 202…
 
キネティコスポッドキャスト、スタート以来200回目のエピソードとなる今回は、キネティコスを一緒に運営するパートナーであり私の夫であるトラビス・ジョンソンに日本語でインタビューを決行しました。普段英語で会話をする私達が日本語でインタビューするのは、ちょっと気恥ずかしいというか、トラビスにとっては「日本語大丈夫かなぁ?」とドキドキの体験でもありましたが、沢山の皆さんに楽しんでいただけたら嬉しいです。このエピソードは、全編どなたでも聞いていただくことができます。 痛みとイブプロフェンの大瓶と共に来日してから21年 ファンクショナルトレーニングのコンセプトとの出会い 様々なシステムを学んで 痛みの科学を理解することがパズルの最後のピース HTMLもやりながら学びました キネティコスプロシステムが生ま…
 
キネティコスポッドキャスト、今回はライフパフォーマンスラボ代表である野中健志さんをゲストにお迎えしました。今年の5月から岡山県津山市で独立開業、そして7月からスタジオスペースを得て個人事業主として幅広い層の対象者に運動を指導する野中さんに、独立開業時の準備について、幼稚園年長組からおじいちゃんおばあちゃんまで、そしてラグビーアスリートの指導という幅広い対象を指導する際に心がけていること、オンラインでの継続教育の現場での活用などについてお話を伺いました。 ラグビーがやりたくて通った大学での4年間 岡山県津山市のフィットネスクラブから独立へ 地元の幼稚園リノベ物件 スタジオはお遊戯室 子供達が動くことを楽しめる教室…
 
キネティコスポッドキャスト、今回は南浦和でピラティススタジオ「ナチュラルバランス」を運営するピラティストレーナーの大沢恵美子さんをゲストにお迎えしました。30代前半で突然罹患した難病全身性エリテマトーデスの治療と、その治療による副作用からの大腿骨骨頭壊死、複数回にわたる人工股関節置換手術など、次々と襲いかかる身体的なチャレンジに挫けることなく、現場での指導に情熱を傾ける恵美子さんの強さの源はどこにあるのか?ご本人の経験を通してお話を伺いました。皆さん、後半もぜひチェックしてくださいね。 20歳 大好きなエアロビクスのインストラクターになりたくて AMCでチャンピオン達のクラス指導代行 ある朝突然動けなくなった SLE発病 治療のためにステロイド大量投与…
 
キネティコスポッドキャスト、今回は株)トータルボディメイク代表取締役の唐澤幹男さんを4年ぶり2回目のゲストとしてお迎えしました。前回のポッドキャスト収録以降の海外での経験や、筋膜マニュピレーションの学びについて、そしてコロナ禍でスタートしたレジスタンストレーニングについてなど、唐澤さんが夢中になっていることについての様々なお話を伺いました。 Dr.ガンベルトの結合組織の映像と解剖クラス 筋膜マニピュレーションの学び:通訳の有無 ドイツでの国際筋膜学会に単独で参加 卒業後はバスケをやめて勉強と仕事だけに
 
キネティコスポッドキャスト、今回はドイツで理学療法士として、マニュアルセラピストとして活躍中の櫨山太郎さんをゲストにお迎えしました。ドイツに行くことになったきっかけやドイツでの理学療法の学び、試験の経験について、ロックダウン期間中のドイツで急増した怪我や痛みのタイプについて、そして患者さんとの関わり方について、継続教育についてなど様々なお話を伺いました。実際にお会いする機会はまだないにも関わらず、泰三さんという共通の友人がいてキネティコスを介して、なんだか昔から知っている仲間のような気がするのが妙に楽しい。世界はどんどん狭くなりつつ拡がっていく気がしてワクワクしますね。 動きの分析への関心は”ズームイン朝”がきっかけ 筑波大の研究室で出会った泰三さんの笑顔 ハンドボールのメッカであるドイツに…
 
キネティコスポッドキャスト、今回は佐藤寿樹さんとるみさんの息子さんであり、ジャングルジムで活動をスタートしたトレーナーの佐藤太紀さんをゲストにお迎えしました。ご家族全員、ポッドキャストに登場していただいたのは佐藤さんのところが今のところ唯一!5歳の時から始めた体操を、大学時代まで続ける機動力となった成功体験の重要さについて、体操競技の世界を内側から変革していくよりも、運動指導者として外側から変化を生み出すことを目指した理由について、学び続けることの楽しさと達成感についてなど、動くこと、学ぶことの楽しさを再確認させてもらえるお話を沢山伺いました。 両親の姿を見て「腹筋は割れているのが普通だ」と思って育った子供 達成感があったから厳しい練習にも耐えられた 自分で決めた目標に向かって努力することの…
 
キネティコスポッドキャスト、今回はジャイロトニック&ジャイロキネシススタジオ、ホワイトクラウドTOKYO代表である山崎悦子さんをゲストにお迎えしました。1995年、日本で初めてジャイロトニックを指導するスタジオをスタートした先駆者である悦子さんに、ジャイロトニックとの出会いについて、海外と日本を行ったり来たりしながらの学びの数年間について、そして30年以上の時を経た現在も自分自身の身体に向き合う時間を与えてくれるジャイロトニックへの変わらぬ想いについてお話を伺いました。愛と情熱が溢れるインタビューです。 自宅兼スタジオでの指導に伴うチャレンジとは 1989年NYCアップタウンのスタジオで体験した”グラウンディング”の感覚 ダンサーとしての経験とジレンマ ジュリオとのプライベートファンデーショ…
 
キネティコスポッドキャスト、今回は身体改善スタジオYAPFの代表である浅見由紀子さんに2回目のインタビューを敢行しました。常に学び続ける由紀子さんの原動力は何か?学びたいことを見つけるアンテナの張り方は?そして学ぶことによる入力のプロセスのみでなく、アウトプットの重要性を強く感じ始めたきっかけや、アウトプットの方法についてなど、運動指導に30年以上の経験を持つ由紀子さんの常に前に向かって進む力の推進力についてのお話を伺いました。ぜひチェックしてください。 学びたいことは自分に欠けていること 30代後半に経験したブレイクダウンがきっかけ ITTピラティスとの出会い 擬痛風と内部出血による膝の激痛の経験…
 
キネティコスポッドキャスト、今回は株式会社INNOCHI代表取締役である灰谷孝さんをゲストにお迎えしました。9年前に定住した淡路島について、企業での営業マンとしての経験やコミュニケーションのコーチングを通して学んだこと、発達障害を持つ子どもたちとの関わりから学んだこと、そしてイノチグラスを通して目指していることなど、ご自身の経験の中から生まれた「なぜ?」を機動力に、人間の機能を様々な側面から高めることに情熱を傾ける灰谷さんのお話、ぜひチェックしてくださいね。 淡路島行きのバスは三宮から15分に1本! ミスタードーナツ店長から掃除用品の飛び込み営業へ コミュニケーションの失敗から学んだこと 考え方や捉え方について社会人になる前に学べる機会を…
 
キネティコスポッドキャスト、今回はコンディショニングスタジオMOVES代表である竹井伯夫さんをゲストにお迎えしました。運動指導に関わり始めて早い時期に、NYCで3ヶ月間ジムやスタジオ巡りをした経験から得たこと、なんのコネクションもなかったドイツに移住することを決意して、6年間ドイツで生活をし運動指導をした経験が、今の竹井さんの生き方にどのような影響を与えているのか?人間とにかく、やらないで後悔するより、やってみて後悔する方がいいよなぁと、再確認させてもらえそうなインタビューです。 20代前半にNYCで3ヶ月の自己研修旅行 エアロジャズができなかった自分が情けなくて 再びNYCでピラティスを学ぶ ターザンに掲載されたらお客さん増えるの?…
 
キネティコスポッドキャスト、今回はアスレチックトレーナーでありキネティコスの翻訳者チームの一員でもある嶋田(近江)あゆみさんをゲストにお迎えしました。ご主人であるカイロプラクティックドクター 近江顕一さんとの間に、3才の男の子と1才の双子ちゃんに恵まれるお母さんでもあるあゆみさんに、アスレチックトレーナーを目指したきっかけや、アメリカと日本での生活を経験することで気づいたこと、子育てと仕事への意欲の間で悩むこと、発見したことなど様々なお話をじっくりと伺いました。とても真っ直ぐにご自分の気持ちを見つめているあゆみさんの話に共感を感じる方はきっと多いと思います。 何もしていないのに文句を言うってどうなんだろう? スポーツを支える職業の人たち アスレチックトレーナー 大学時代は典型的な体育会系 家…
 
キネティコスポッドキャスト、今回はジャイロトニック&ジャイロキネシスを日本で初めて紹介したスタジオである、ホワイトクラウドTOKYOで認定トレーナーとしての指導歴18年目のNaluちゃんこと、内藤愛美さんをゲストにお迎えしました。私自身、今から20年以上前に、スタジオオーナーである山崎悦子さんとのジャイロトニックセッションを経験して以来、ず~っと自分自身のために継続しているジャイロトニックセッションの担当をしてくれているのがNaluちゃん。知り合ってからの歴史の長~いNaluちゃんに、ジャイロとの出会いについて、ジャイロトニックが与えてくれる身体の内側からの拡がりについて、そしてセッションを通して感じる幸せとエネルギーについて楽しくお話を伺いました。後半のキネティコスメンバー向けボーナスセク…
 
キネティコスポッドキャスト、今回は大阪心斎橋で整体サロンIASOを運営する小池志道さんをゲストにお迎えしました。父親の描いた将来像ではない別の道を求めて学んだ整体の学校、そして卒業後仕事をした治療院での経験について、独立開業した際のビジョンや沢山の人たちに発信をするためのオンラインプラットフォームの活用の仕方についてなど、自由な発想力に溢れた志道さんの人柄が伝わる楽しいお話を伺いました。YouTube シドーチャンネルもチェックしてみてくださいね。 大学教授の父は息子を学者にしたかった 雇われ院長を殴ってしまったその理由とは 効率的な治療を提供するために 一般対象のワークショップがコミュニティを構築…
 
キネティコスポッドキャスト、今回はスポーツトレーナーとして活躍する中村望さんをゲストにお迎えしました。陸上競技の選手として、中学時代に東北大会優勝を果たし、高校時代の3年間はジャンプ系の競技全てに全力を費やした経験から、航空会社国際線勤務での経験について、そして運動指導者としてのキャリアのスタートについて、女性経営者育成塾についてなど、情熱とパワーに溢れた望さんの人柄が溢れ出すお話を伺っています。是非チェックしてくださいね。 中学、高校時代は陸上競技の東北覇者 航空会社の国際線勤務で学んだこと 大手フィットネスクラブで子供の運動指導 ゴルフアカデミーでの学び
 
キネティコスポッドキャスト、今回はNESTA副代表、(有)ウェルネススポーツ代表であり、国際予防医学協会の講師でもある斉藤邦秀さんを4年ぶり2回目のゲストとしてお迎えしました。指導対象者にとって最も大切なこと=生きがいとは何か?を見つけ出す、聞き取るためのカウンセリングプロセスの重要性から、新しく発足した一般社団法人 国際予防医学協会の目指すゴール、指導者認定システムについてなど様々なお話を伺いました。運動指導や治療に関わる私たちにとって重要なメッセージが沢山織り込まれたインタビューです。ぜひチェックしてみてください。 その人にとって一番大切なことは何か?を見つける ウェルネスという概念 国際予防医学協会の包括的な活動内容 オンライン&オフライン活用の資格認定コース 会員ボーナス: 動かない…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login