経営コンサルタント 公開
[search 0]
×
最高の 経営コンサルタント ポッドキャストが見つかりました。 (アップデートされました 8月 2020)
最高の 経営コンサルタント ポッドキャストが見つかりました。
アップデートされました 8月 2020
百万人のPlayer FMユーザーに参加してオフラインのときでも、いつでも に関するニュースや詳細情報を把握することができます。 妥協なし無料のPodcastアプリでPodcastをスマートに。 聴きましょう!
世界最高のPodcastアプリに参加し、お気に入りの番組をオンラインで管理し、AndroidおよびiOSアプリでオフラインで再生します。 無料で簡単です。
More
show episodes
 
会計がちょっと苦手という中小企業経営者のために、中小企業診断士と税理士が、数字に強くなって業績アップするためのアドバイスを配信中。中小企業診断士試験 税理士試験 受験生の方にも、実践的事例として受験対策に役立つ内容です。お問い合わせ・取材の申し込みは こちらのメールフォーム または rokkaku@yuushi-zaimu.net までどうぞ。
 
国内8冊・海外5冊の著書を持ち、18歳で起業して5社の社長を歴任した、実業家出身の経営コンサルタントであり、全国各地から1,400名以上の塾生が通う「中井隆栄経営塾」塾長の中井隆栄が、これまでに経営相談・人生相談に答えてきた、「脳科学」・「心理学」と「マーケティング」を活用した独自のノウハウで、「ビジネス」と「人生」のバランスのとれた『幸せな成功』の実現をお手伝いします。
 
Loading …
show series
 
オープニング〜コンタクトメッセージまでの8つのパートを目的別に順を追って作成すると伝わるコンテンツができます。 講演会とユーチューブバージョンで解説します。 MP3ファイル
 
この番組は、数字がちょっと苦手な中小企業経営者の方が、数字に強くなって業績をばりばりあげてもらうための応援番組です。今回も、中小企業診断士の神谷俊彦先生にお越しいただき、神谷先生の新刊、「すぐに役立つ!問題解決手法の基本と活用法」( https://amzn.to/2BOiQHk )に関し、問題解決とはどういうことか、ということについてお尋ねしました。神谷先生によれば、問題解決に関する書籍は、すでに多く出版されていますが、それらは、論理的な解決方法と、直感的・創造的な発想による解決方法を説明している本に分けられるそうです。そのうち、論理的な解決方法については、体系的に書かれているものの、発想による解決方法については体系的な説明が書かれているものがないそうです。そこで、神谷先生は、論理的な解決…
 
号外 「図解でわかる経営の基本いちばん最初に読む本」発売のお知らせこの番組の制作者の六角明雄の新刊「図解でわかる経営の基本いちばん最初に読む本」が29年3月に発売されました。お求めはお近くの書店か、こちらからどうぞ!→【Amazonで注文する】起業することが容易になり、経営に関心をもつ人も増えてきましたが、その一方で「経営とは何か?」という問いに答えられる人は意外と多くありません。そこで、本書が助け舟。経営理論の基礎知識や、経営者の役割、会社組織のしくみから、経営管理の手法や..六角 明雄 による
 
この番組は、数字がちょっと苦手な中小企業経営者の方が、数字に強くなって業績をばりばりあげてもらうための応援番組です。今回は、中小企業診断士の神谷俊彦先生にお越しいただき、コロナ禍において、中小企業はどのような対応をしていけよいのかということについてお伺いします。神谷先生によれば、神谷先生のお知り合いの中小企業経営者の方たちからきいたお話によると、経営者の方たちは、総じて、コロナ禍に対応した新たなビジネスモデルをつくっていかなければならないと感じているそうです。また、中小企業の現在の状況は、報道されているよりも悪化しており、売上が90%減少したり、まったくなくなったという会社もあり、リーマンショックや、東日本大震災のときよりも、大きな影響を受けている会社も多いと、神谷先生は感じているそうです。…
 
この番組は、数字がちょっと苦手な中小企業経営者の方が、数字に強くなって業績をばりばりあげてもらうための応援番組です。今回も、「時短と成果が両立する仕事の見える化記録術」の著者の、谷口和信さんにお越しいただき、同書の内容に関し、夢や目標の見える化についてお伺いします。まず、谷口さんに、夢や目標を見える化するとは、どういうことなのかということをお尋ねしました。谷口さんによれば、夢や目標は、やる気を起こすスイッチになるということです。そして、例えば、仕事で課される売上目標などは、会社から与えられた課題ですが、一方で、夢や目標は、わくわくして自発的に達成のために活動できるものということです。そこで、いわゆる、ビジョンマップや宝地図というものがありますが、それを作って、毎日、それを見ることで、夢や目標…
 
この番組は、数字がちょっと苦手な中小企業経営者の方が、数字に強くなって業績をばりばりあげてもらうための応援番組です。今回も、「時短と成果が両立する仕事の見える化記録術」の著者の、谷口和信さんにお越しいただき、同書の内容に関し、行動の見える化についてお伺いします。まず、谷口さんに、行動を見える化することのメリットについてお尋ねしました。谷口さんによれば、家計簿をつければ、お金の無駄遣いが減るように、時間についても記録すれば、無駄遣いを減らせるようになるということです。この考え方と同様に、食べたものを記録する、いわゆるレコーディングダイエットも、食べすぎをしているということに気づくことができるので、食べすぎを減らすことができると考えられるということです。時間の使い方についても、家計簿をつけるとき…
 
まず、谷口さんに、予定通りに行動できるようにすればよいのかお尋ねしたところ、多くの人は、予定表に、他の人との約束(会議、打ち合わせ、アポイントメントなど)を書いていますが、さらに、自分のタスクリストに書かれているタスクも書くようにするとよいということです。例えば、ドライブをするときは、カーナビゲーションシステムで、目的地までの生き方を確認してから出発しますが、それと同様に、1日の行動も、学校の時間割のように、書いておくことで、始業の時点で、その日の行動をシミュレーションできるそうです。さらに、行動計画を紙の上に書くと、その日の行動を視覚的に把握でき、空いている時間があれば、そこに未着手のタスクを組み込んで行くこともできるようになるので、より効率的な計画が作れるようになるそうです。つぎの工夫と…
 
この番組は、数字がちょっと苦手な中小企業経営者の方が、数字に強くなって業績をばりばりあげてもらうための応援番組です。今回も、「時短と成果が両立する仕事の見える化記録術」の著者の、谷口和信さんにお越しいただき、同書の内容に関し、タスクとTODOの見える化についてお伺いします。まず、谷口さんに、タスクとTODOの違いについてお尋ねしました。谷口さんによれば、両者に明確な定義はないものの、タスクは、企画書やプレゼン資料の作成など、明確な期限があるものと考えているそうです。一方、TODOは、本やノートを買いにくとか、誰かに電話をするなど、期限がそれほど明確なものではないものと考えているそうです。でも、谷口さんは、TODOであっても、早晩、やらなければならないので、両者を分けて書いてはいないそうです。…
 
この番組は、数字がちょっと苦手な中小企業経営者の方が、数字に強くなって業績をばりばりあげてもらうための応援番組です。今回は、「時短と成果が両立する仕事の見える化記録術」の著者の、谷口和信さんにお越しいただき、同書の内容を中心に、仕事の効率化についてお伺いします。まず、谷口さんに「見える化」とはどういうことかということについてお伺いしました。谷口さんによれば、見える化とは、もともとは工場などでの生産管理のために使われていた管理手法でしたが、谷口さんのお仕事である、建設会社の設計業務のように、製造業以外の仕事でも使える手法だそうです。具体的には、頭の中にあること、すなわち、やらなければならないこと、仕事の期限、ひらめいたことなどを書き出して、目の前に表すことと考えているそうです。その書き出す方法…
 
この番組は、数字がちょっと苦手な中小企業経営者の方が、数字に強くなって業績をばりばりあげてもらうための応援番組です。今回も、この番組の管理者である、中小企業診断士の六角が、事業活動に、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている中小企業への、資金繰支援策についてご説明いたします。今回は、政府系金融機関の劣後ローンについて説明します。令和2年度第2次補正予算では、中小企業向けの資本性資金供給・資本増強支援に、約1.2兆円が計上されています。具体的には、「日本政策金融公庫及び商工組合中央金庫が、中小企業に対し、金融機関が資本とみなすことができる長期⼀括償還の資本性劣後ローンを供給することで、民間金融機関からの金融支援を促し、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている事業者の成長・再生やスタートアッ…
 
プロインタビュアー早川洋平さんが中井隆栄をインタビューする特別企画。 第3回は、人生最大のターニングポイントとなった18歳。 初めて起業した当時の苦悩や葛藤などについてお話します。 MP3ファイル
 
人は商品が良いから買うのではなく、「売り手が信頼できるから」「商品が良さそうに聞こえるから買う」もの。努力より、セルフ・イメージとUSPの言語化の精度が売り上げを決める。 MP3ファイル
 
プロインタビュアー早川洋平さんが中井隆栄をインタビューする特別企画。 第2回は、「NO MUSIC NO LIFE」。 プロミュージシャン中井隆栄の素顔に迫ります。 MP3ファイル
 
プロインタビュアー早川洋平さんが中井隆栄をインタビューする特別企画。 第1回は、「心の筋トレ」になるある本との出会いについてお話します。 MP3ファイル
 
事業を成功に導くために、経営理念が最も大切な土台ですが、経営理念はミッション・ヴィジョン・バリューの3つのパートから策定する必要があります。 MP3ファイル
 
施術のスクール事業をスタートするためには、施術のクオリティやサービス・システム・価格などの統一化が必要ですし、そのためのサービスのコンテンツ化やテキストも大切です。 MP3ファイル
 
アフター・コロナに景気がほぼほぼ回復して安定するまで1年半から2年くらいかかると個人的に予想しています。 その間に何をするべきなのか?ヒントになればと思います。 MP3ファイル
 
アフターコロナでは、日本中で働き方や仕事のやり方が大きく変わります。 また、今回の天災で自分が本当に大切にしなければいけないものも分かったと思います。 アフターコロナにむけて、今できることを精一杯やりましょう。 MP3ファイル
 
Q:「トラウマについてアドラー心理学など様々な考え方がありますが、中井先生は、どのように解釈されていますか?」 A:「脳科学的にいうと、強烈にネガティブな出来事が起こった時に、扁桃体が激しく活性化して、海馬の中にある出来事に関する記憶が増幅されてできているものです。記憶は出来事と感情が1セットになっているので、感情の部分だけ書き換えることは可能です。」 MP3ファイル
 
Q:「よい歯科衛生士さんを募集して採用するにはどうすればよいでしょうか?」 A:「パーフェクト歯科衛生士さんのペルソナを作成することと、募集媒体にミッションと、現在、働いている歯科衛生士さんの声を掲載すると良いでしょう。」 MP3ファイル
 
Q:「ネットの情報発信コンサル会員を増やしていくにはどうすればよいでしょうか?」 A:「10分程度の説明動画を作成し、毎回のメルマガにバナーを貼ることと、月に1回か2回メルマガでプッシュすればいいでしょう。」 MP3ファイル
 
Q:「プレセミナーの成約率が上がる人数はどれくらいですか?」 A:「アメリカの統計で、1人の講師が最も影響力を与えられる人数は、8人、次が16人、マックスが32人と出ています。」 MP3ファイル
 
Q:「セミナーの受講生で、未来をイメージするのが苦手な方への対応を教えてください。」 A:「NLPの表彰システムVAKでいうと、KAVタイプの方にその傾向が強いです。K(体感覚)→A(聴覚)→V(視覚・イメージ)の順番で細かく質問していくとイメージできると思います。」 MP3ファイル
 
Q:「新規客にリピートしてもらうためには、どのタイミングで何をすればいいですか?」 A:「新規客を固定客化するには、初回来店時から海馬の中に記憶が残っている21日以内に3回接触するといいです。この場合は、商品の納品の1週間後に再度、満足度を確認するメールを送るとなおいいでしょう。」 MP3ファイル
 
Q:「セミナー集客にどのような方法があるのか?教えて下さい。」 A:「集客には、自分と他人、リアルとWEBの4つの切り口があります。それぞれに解説します。」 MP3ファイル
 
脳の3つのシステムを利用した、ラポール(架け橋)を活用することで初対面の人でもすぐに打ち解けることができます。ラポールは1対多人数でも遠隔でも使うことができます。 MP3ファイル
 
Q:「忙しくて一人で手が回らなくなったので人を採用したいのですが、いきなり正社員という訳には行きません。どうすればいいでしょうか?」 A:「在宅秘書のエージェントで、元一流企業に勤めていた子育て中のママなどが登録しているところがいくつかあります。まずは、そこを試してみてください」 MP3ファイル
 
Q:「3人で会社を設立して共同経営をするのですが、その時に気をつけるべきポイントを教えてください」 A:「感情的には、気持ちの問題・ビジョンの問題。金銭的には役職・責任分担と役割分担がポイントになります」 MP3ファイル
 
Q:「メンタルブロックを外して、スムースに成功する方法をおしえてください。」 A:「スケーリング・クエッションで、ビフォー&アフターを出して、2つのミラクル・クエッションを使って、リフレーミングしてください。」 MP3ファイル
 
Q:「中井先生の1日の過ごし方を教えてください」 A:「朝は、毎日、7:30に起きて、掃除から始めます。そのことで側坐核の中でドーパミンが分泌され、作業興奮が起こリ、1日がスムースにスタートできます」 MP3ファイル
 
Q:「たまに仕事に対して、酷評やクレームをもらうとテンションが下がります。対処法はないでしょうか?」 A:「頻繁に酷評やクレームが来るわけではないなら、気にしなくていいです。世の中には一定の割合で、そういうことをいう人がいるものです。」 MP3ファイル
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login