珈琲ラジオ 公開
[search 0]
もっと

Download the App!

show episodes
 
珈琲ラジオへようこそ。 パーソナリティは、総合商社で働くケイスケ(趣味でBorderless Cafeというコーヒーブログを執筆)と、コーヒー業界で働くタツミ(大手コーヒー製造販売会社勤務)。 三度の飯よりコーヒーをこよなく愛する2人が、業界内外それぞれの視点を組み合わせた珈琲ラジオ独自のスタイルで、週1回コーヒーにまつわる様々なトピックにふか〜く切り込んでいきます。 皆様の声を取り入れながらお送りしたいので、coffeeradiojp@gmail.comにご感想・ご意見お待ちしております。 珈琲ラジオとケイスケとタツミのInstagramはこちら。 珈琲ラジオ @coffeeradiojp → https://www.instagram.com/coffeeradiojp/ ケイスケ @borderlesscafe → https://www.instagram.com/borderlesscafe タツミ @tatsumi0606 → https://www.instagram.com/tatsumi0606/ #コーヒー #coffee #珈琲
 
Loading …
show series
 
2020年5月25日、米国・ミネソタ州ミネアポリスでジョージ・フロイド氏が3人の警官によって殺害された事件は記憶に新しいと思います。重要ではないもの(lives don’t matter)として扱われてきた黒人の方の命も重要なんだというメッセージを訴えるBlack Lives Matter(BLM)運動が全米のみらず日本でも盛り上がりました。 この問題、白人の方々の責任なんでしょうか? そもそもコーヒーと人種差別問題とは根深い繋がりがあります。奴隷制に始まり、ニューヨークの先物取引市場で決まる国際相場、黒人の方の少ないコーヒー消費量、全て見逃せない事実です。アメリカから遠く離れた日本にいるからといって、このような事実に目をそむけていいのでしょうか。コーヒーが生活に不可欠なコーヒーラバーである…
 
日曜の朝9時よりstand.fmでゆるりとライブ配信始めます! 以下のコーナーで、最大1時間お送りしていく予定です。 1週間の出来事の振り返り リスナーからのお便り Standart Japanのニュースレター "Weekend Brew"で気になったトピックを深掘り リスナーの方々とコミュニケーションとりながら、本編でカバーしきれない内容をゆるりと話せればと思っています。 お便り是非お待ちしております(gmail, twitter, Instagram, stand.fm等の媒体問いません)!
 
タイ、ミャンマー、ラオス、インドネシア、中国... 実は殆どの国でコーヒーを生産しているといっても過言ではない、アジア。 同じアジアの国に身を置きながらも何となく馴染みの薄い存在ですよね。 しかし、侮ることなかれ。人口増加と経済成長をエンジンにそのポテンシャルは計り知れません。 今回は、そんなアジアのコーヒー生産国のイマに迫ります。 ゲストにお迎えするのは、海ノ向こうコーヒーの産地担当としてアジアのコーヒー生産に精通する、安田さん。 アジア10カ国と取引を行い、常日頃から生産者の方々と一緒に仕事をしている安田さんならではの視点で、アジアのコーヒーに感じる期待と、一方で現場に直面しているからこそ感じる葛藤の双方を赤裸々に語っていただきます。 今回のエピソードを通して、より多くの人がアジアのコー…
 
タイ、ミャンマー、ラオス、インドネシア、中国... 実は殆どの国でコーヒーを生産しているといっても過言ではない、アジア。 同じアジアの国に身を置きながらも何となく馴染みの薄い存在ですよね。 しかし、侮ることなかれ。人口増加と経済成長をエンジンにそのポテンシャルは計り知れません。 今回は、そんなアジアのコーヒー生産国のイマに迫ります。 ゲストにお迎えするのは、海ノ向こうコーヒーの産地担当としてアジアのコーヒー生産に精通する、安田さん。 アジア10カ国と取引を行い、常日頃から生産者の方々と一緒に仕事をしている安田さんならではの視点で、アジアのコーヒーに感じる期待と、一方で現場に直面しているからこそ感じる葛藤の双方を赤裸々に語っていただきます。 今回のエピソードを通して、より多くの人がアジアのコー…
 
日曜の朝9時よりstand.fmでゆるりとライブ配信始めます! 以下のコーナーで、最大1時間お送りしていく予定です。 1週間の出来事の振り返り リスナーからのお便り Standart Japanのニュースレター "Weekend Brew"で気になったトピックを深掘り 今回は以下のトピックを話しました。 オンラインコミュニティ「珈琲ラバーズ」の活動報告 Podcast番組「港町ピーナッツ」さんの勝手にPodcast Awardで表彰いただきました! Weekend Brewより、生産国でコーヒー消費を増やすためには? Weekend Brewより、コーヒー業界の多様性について リスナーの方々とコミュニケーションとりながら、本編でカバーしきれない内容をゆるりと話せればと思っています。 お便り是…
 
#20,21でゲストにお呼びしたアフリカ・ブルンジのコーヒー生産者Benさんにリスナーから頂いた質問を投げかけてみました! 質問1:ブルンジでのコーヒー豆の輸送事情ってどうなってるの? 質問2:ブルンジの国策としてコーヒー産業を盛り上げていこうという取り組みってあるの? 質問3:ブルンジのコーヒーって、ルワンダやタンザニアのコーヒーとどう違うの? 出演いただいたゲストの方々への質問はいつでもお待ちしております! 是非coffeeradiojp@gmail.comまでお寄せ下さい。Twitter、Instagram でもお待ちしております!
 
コーヒーの魅力って? シンプルな問いかけですが、いざ答えを探してみると難しいですよね。 「難しく考えないで楽しもうぜ!」という意見もあれば「ちゃんと知るべきことは知るべき!」という主張もある。 考え方は十人十色だと思いますが、コーヒーの世界に入ると沼にハマる、とよく言われる所以かもしれません。 今回は、生豆/焙煎豆の卸から出張バリスタ、コンサル活動まで幅広く活躍される岩崎泰三さんをゲストに迎え、コーヒーの魅力について深く掘り下げていきます。泰三さんのあまりにも多彩な活動は取材者泣かせですが、サプライチェーンの随所に接点を持たれている方だからこその視点が盛り沢山で、業界内外全ての人に新たな気づきを与えてくれること間違い無しのエピソードになっています! エピソードは前後編の二部構成となっておりま…
 
コーヒーの魅力って? シンプルな問いかけですが、いざ答えを探してみると難しいですよね。 「難しく考えないで楽しもうぜ!」という意見もあれば「ちゃんと知るべきことは知るべき!」という主張もある。 考え方は十人十色だと思いますが、コーヒーの世界に入ると沼にハマる、とよく言われる所以かもしれません。 今回は、生豆/焙煎豆の卸から出張バリスタ、コンサル活動まで幅広く活躍される岩崎泰三さんをゲストに迎え、コーヒーの魅力について深く掘り下げていきます。泰三さんのあまりにも多彩な活動は取材者泣かせですが、サプライチェーンの随所に接点を持たれている方だからこその視点が盛り沢山で、業界内外全ての人に新たな気づきを与えてくれること間違い無しのエピソードになっています! エピソードは前後編の二部構成となっておりま…
 
“No Borders” 生産者と消費者の間の境界なんて取っ払って、生産者の生の声を届けよう。 インタビュー形式で、一杯のコーヒーに込められた思いやストーリーについて生産者の方に語ってもらおうという企画です! 前回に引き続き、アフリカ・ブルンジよりLong Miles Coffee Projectを立ち上げられたコーヒー生産者のBen Carlsonさんをゲストにお迎えします。 前編ではBenさんがブルンジに移住してからの激動の10年間を語ってもらいましたが、後編では「ブルンジでコーヒーを作るということ」の現在そして未来についてフォーカスしていきます。コロナ禍でも政府の援助は見込めない、GDPの7,8割を占めるコーヒーを作らないという選択肢はない等、日本にいる自分たちの当たり前が世界のアタリ…
 
“No Borders” 生産者と消費者の間の境界なんて取っ払って、生産者の生の声を届けよう。 インタビュー形式で、一杯のコーヒーに込められた思いやストーリーについて生産者の方に語ってもらおうという企画です! 今回は、アフリカ・ブルンジよりLong Miles Coffee Projectを立ち上げられたコーヒー生産者のBen Carlsonさんをゲストにお迎えします。 大学卒業までをアメリカで過ごしたBenさんでしたが、ご結婚後に南アフリカに移住しコーヒー関連のNGOでロースターやカフェ等のコンサルタントとして働くと、2010年に転機がやってきます。現地のコーヒー生産を調査しにブルンジを訪ねると、その土地で見たコーヒー、人、そしてとてつもないポテンシャルに一瞬で惚れ込んでしまい、何と家族で…
 
異業種の視点でコーヒーを考えていく新企画始まります! 第1回目のゲストは、日本茶業界より、青い目の日本茶伝道師ことBrekell Oscar さんです! スウェーデンご出身のオスカルさんは、日本と縁もゆかりもないところから18歳の時に日本茶に出会い、そこから日本語を一から勉強し合格率約35%と言われる日本茶インストラクターの資格を取得されます。その後お茶の世界に飛び込むと、静岡県茶業研究センターで学び外国人として初めて手揉み茶の教師補の資格を取得されるなど生産現場に対する理解も深め、現在は日本茶の魅力を国内外で発信される伝道師として活躍されています。 そんな日本茶業界の次世代を背負う存在であるオスカルさんと、日本茶の魅力や、日本茶とコーヒーの共通点や違いについて深くお話しました。味の観点での…
 
杓子定規にスペシャリティorコモディティと線引きすることは本当に正しいのか? 今回は、卸売業を行う有限会社AJUDAや(社)日本ネルドリップ珈琲普及協会の代表を務められる他、日本コーヒー文化学会の常任理事としての肩書きも持たれる繁田武之さんをお迎えし、スペシャリティが偏重されるコーヒー業界のイマに一石を投じます。 繁田さんは、1976年にブラジル含む南米を旅する中、日本が主導したことで有名なセラード地区開拓の立役者である下坂匡さんのコーヒー農園で働かれ、その後1989年にカルモシモサカというブランドで下坂さんのコーヒーの直接輸入(ダイレクトトレード)を先駆けで行われた方です。その後も世界中のコーヒー生産地を回られたり、上海で自家焙煎珈琲という概念を広めたり、と精力的に活動をされ、現在は日本特…
 
今回の番外編は、#17 We are Anchors [Ep.3] | Kohtsu Kasai from 27 COFFEE ROASTERSで未収録の葛西さんとCOE(カップオブエクセレンス)のお話です。まだ本編を聞いていない方はそちらも要チェックです! また、本編でも紹介した葛西さんの現在挑戦中のクラウドファンディングプロジェクト"Keep On Honduras Project!" は本日(8月9日)が最終日です。ページに詳しく載っていますので、是非ご覧下さい。そして、この素晴らしいプロジェクトに是非ご賛同下さい! メッセージはcoffeeradiojp@gmail.comまでお待ちしています!…
 
We are Anchors. 生産者から始まるバトンを消費者に届けるアンカー役を務めるバリスタ。コーヒー業界において彼らの役割とは?現場で活躍されるバリスタやロースターの方々をゲストに迎え、その本質を掘り下げていく企画です。 第3回目は、湘南・辻堂より27 COFFEE ROASTERSのオーナー葛西甲乙さんをゲストにお迎えします。 元々コーヒーがあまり好きじゃなかった1997年の創業当初から7,8年、スペシャリティコーヒーと出会い「180°頭を切り替えた」葛西さん。スペシャリティコーヒーに魅了され、カッピングスキルを高めCOEジャッジとしての経験も重ねると、2016年に更なる転機が! なんとホンジュラスCOEで優勝したEl Puente農園のコーヒー豆を大会史上最高価格で落札。それ以来、…
 
【概要】 今回は大切なお知らせとして、僕たちの新しい取り組み「珈琲ラバーズ」についてご紹介します。 「珈琲ラバーズ」は、コーヒーをこよなく愛する人同士がオンライン上で集まる同好会・サークルのようなコミュニティで、コーヒーに関する話をどんなことでも何時でも掘り下げていくことのできる場を作りたいという珈琲ラジオの当初の想いが形になったものです。 コーヒーラバーであれば誰でも参加できるコンセプトではありますが、より良いコミュニティを運営していくため、まずは1ヶ月間限定で活動し色々なご意見を頂きたいと思っており、一旦この期間においては人数制限や入会条件を設けさせていただきました。 詳細は以下をお読みください↓↓ 【珈琲ラバーズの基本情報】 活動期間|8/12(水)〜9/12(土) 活動場所|Slac…
 
生産国で農園を巡り、カッピングをしてコーヒーの値付けや購入契約をする。コーヒー業界で働くなら一度は憧れる職業、グリーンビーンバイヤー/インポーター。サプライチェーンの中で、生産サイド・消費サイド両面と直接関わりのあるポジション、実情はそう華やかではない? 米国のグリーンビーンインポーター・Cafe Importsの日本代理店を担う株式会社ディーシーエスよりTsujimotoさんをゲストに迎え、普段はスポットライトをあまり浴びないグリーンビーンバイヤー/インポーターについて話していきます。 メッセージはcoffeeradiojp@gmail.comまでお待ちしています! 【概要】 - どうしてインポーターに?Tsujimotoさんのコーヒーキャリア - 生豆の買付にコロナの影響は? - インポ…
 
“No Borders” 生産者と消費者の間の境界なんて取っ払って、生産者の生の声を届けよう。 インタビュー形式で、一杯のコーヒーに込められた思いやストーリーについて生産者の方に語ってもらおうという企画です! 今回は、初のアジアからのゲストとしてタイよりLee Ayuさんを迎えます。#14 前編の続きとなります。 Ayuさんはミャンマーやラオスとも国境を接するタイ北部・チェンライの山岳地帯に住む少数民族のアカ族出身で、Akha Ama(アカ族のお母さんという意味)と呼ぶ農園コミュニティを経営しています。Akha Amaで初めて大学教育を受けたAyuさんは、少しでも学びをコミュニティに還元しようとサステナブルにコーヒーを生産していくノウハウを追求していきます。後半は、彼の考えるサステナビリティ…
 
“No Borders” 生産者と消費者の間の境界なんて取っ払って、生産者の生の声を届けよう。 インタビュー形式で、一杯のコーヒーに込められた思いやストーリーについて生産者の方に語ってもらおうという企画です! 今回は、初のアジアからのゲストとしてタイよりLee Ayuさんを迎えます。 Ayuさんはミャンマーやラオスとも国境を接するタイ北部・チェンライの山岳地帯に住む少数民族のアカ族出身で、Akha Ama(アカ族のお母さんという意味)と呼ぶ農園コミュニティを経営しています。Akha Amaで初めて大学教育を受けたAyuさんは、少しでも学びをコミュニティに還元しようとサステナブルにコーヒーを生産していくノウハウを追求していきます。そんな彼の考えるスペシャリティーコーヒーとは?サステナビリティと…
 
We are Anchors. 生産者から始まるバトンを消費者に届けるアンカー役を務めるバリスタ。コーヒー業界において彼らの役割とは?現場で活躍されるバリスタやロースターの方々をゲストに迎え、その本質を掘り下げていく企画です。 第2回目は、長崎県よりカリオモンズコーヒーロースターのオーナー 伊藤寛之さんをゲストにお迎えします。 23歳の時にカリオモンズを立ち上げられた伊藤さん、生産者から直接コーヒーを買い付けるダイレクトトレードを始められて今年で10年目になるとのこと。巷で言われる「スペシャリティ」ではなく「健全な」コーヒーを追求しているんです、と語る伊藤さんの思いに迫ります。 メッセージはcoffeeradiojp@gmail.comまでお待ちしています! 【概要】 - 期間は1年間?! …
 
最近暑くなってきましたね、しかも梅雨真っ只中でジメジメ。 そんな季節に少し憂鬱な気分も晴らしてくれる、アイスコーヒー。 普段何気なく飲んでいるアイスコーヒーは、実はコーヒーラバーな先人達が創り出したものって知っていましたか? そんなアイスコーヒーの昔から今に至るまで、珈琲ラジオ独自の視点で深堀りしていきます。 メッセージはcoffeeradiojp@gmail.comまでお待ちしています! 【概要】 ー あなたはホット派?アイス派?そもそもホットとアイスの違いって? ー 意外なあの国から始まったアイスコーヒーの歴史を紹介 ー アイスコーヒーとコールドブリューって何が違うの? ー 拡大するアイスコーヒー市場、イマ考えたいこと 【参考】 -Grand View Research   -Tody …
 
“No Borders” 生産者と消費者の間の境界なんて取っ払って、生産者の生の声を届けよう。 インタビュー形式で、一杯のコーヒーに込められた思いやストーリーについて生産者の方に語ってもらおうという企画です! 第2回目のゲストは、ブラジルにあるFazenda Ambiental Fortaleza(通称FAF)のオーナーであるFelipe Croceさん。 Felipeは若干32歳で約180の農園コミュニティ(Bob-o-Link)を束ねており、世界各地を飛び回ってFAFの大切にするトータル・クォリティ(コーヒーの質だけではなく、環境への配慮や労働環境の質等を表す彼らの10の指標)について講演を重ねています。彼やFAFについて特集された本も出版されており、「世界からコーヒーがなくなるまえに」…
 
“No Borders” 生産者と消費者の間の境界なんて取っ払って、生産者の生の声を届けよう。 インタビュー形式で、一杯のコーヒーに込められた思いやストーリーについて生産者の方に語ってもらおうという企画です! 第2回目のゲストは、ブラジルにあるFazenda Ambiental Fortaleza(通称FAF)のオーナーであるFelipe Croceさん。 Felipeは若干32歳で約100の農園コミュニティ(Bob-o-Link)を束ねており、世界各地を飛び回ってFAFの大切にするトータル・クォリティ(コーヒーの質だけではなく、環境への配慮や労働環境の質等を表す彼らの10の指標)について講演を重ねています。彼やFAFについて特集された本も出版されており、「世界からコーヒーがなくなるまえに」…
 
「このコーヒー美味しいね」 「あのコーヒーは苦いね」 普段何気なく使ってしまうこんな言い回しは、味のプロの中では禁句?! でも難しく考える必要はありませんでした。キーワードは、味を客観的にコトバで表現すること。 このコトバを知ることで、コーヒーの楽しみ方が数百倍数千倍にも広がるはずです! 今回は日本に数人しかいないAuthorized SCA Trainer(Speciality Coffee Association認定トレーナー)であり、Snow Beans Coffeeの代表を務めるナラさんをスペシャルゲストに迎え、コーヒーの味のヒミツに迫ります。 メッセージはcoffeeradiojp@gmail.comにお待ちしております! 【概要】 ー プロはコーヒーをどのように評価しているのか?…
 
“No Borders” 生産者と消費者の間の境界なんて取っ払って、生産者の生の声を届けよう。 インタビュー形式で、一杯のコーヒーに込められた思いやストーリーについて生産者の方に語ってもらおうという企画です! 第一回目のゲストは、グアテマラ共和国にあるFinca La Senda (ラ・センダ農園)のオーナーPaolo さんとYancy さん夫婦。 ラ・センダ農園は、2018年 WBrC(ワールドブリューワーズカップ)のチャンピオンであるFukahori Emiさん(スイスご在住)が、2019年WBC(ワールドバリスタチャンピオンシップ)のスイス大会で優勝された際に使用されたことでも有名です。 残念ながらまだ日本には輸入されていないのですが、彼らのコーヒーを日本でも楽しむことができるようにな…
 
フレーバーコーヒーについて回答しています。 ご質問・ご要望はcoffeeradiojp@gmail.com にいつでもお待ちしております! 【参考】 - カフェポンパドール - Coffee Bar Gallage - ウイスキーバレルエイジドコーヒー
 
We are Anchors. 生産者から始まるバトンを消費者に届けるアンカー役を務めるバリスタ。 コーヒー業界において彼らの役割とは?現場で活躍されるバリスタやロースターの方々をゲストに迎え、その本質を掘り下げていく企画です。 ゲストは、5年間のオーストラリア・ニュージーランド生活の中でコーヒーと出会い、現在Glitch Coffee で活躍するバリスタMiso Soupさん。 今回が後編となるので、前編も是非聴いてみて下さい。 メッセージはcoffeeradiojp@gmail.com にお願いします。 【概要】 ーMiso Soupさんの考える「バリスタ」とは? ー生産者と消費者を繋ぐ存在としてバリスタが心がけたいことを深掘り! ーコーヒーの抽出だけが仕事ではない!バリスタにイマ求めら…
 
We are Anchors. 生産者から始まるバトンを消費者に届けるアンカー役を務めるバリスタ。 コーヒー業界において彼らの役割とは?現場で活躍されるバリスタやロースターの方々をゲストに迎え、その本質を掘り下げていく企画です。 初回のゲストは、5年間のオーストラリア・ニュージーランド生活の中でコーヒーと出会い、現在Glitch Coffeeで活躍されるバリスタMiso Soupさんをお迎えします。2本立てでお届けする前編となります。後編の配信は明日! メッセージはcoffeeradiojp@gmail.com にお願いします。 【概要】   ーバリスタを始めたきっかけ   ーオーストラリアとニュージーランドのコーヒーシーン紹介   ー海外生活を終えて…
 
デカフェ・カフェインレスコーヒーについて回答しています。 ご質問・ご要望はcoffeeradiojp@gmail.com にいつでもお待ちしております! ※ エピソード内で紹介しているinnocent coffeeさんがオープンされたのは1998年となります。訂正させていただきます。
 
新型コロナウィルス感染拡大に伴う移動制限や経済への悪影響により、コーヒー産業も大打撃を受けていることは想像に難くないと思います。具体的な現状を少しでも知っていただくため、生産国と消費国それぞれがイマ直面している問題、そしてその対策について取り上げていきます。 メッセージはcoffeeradiojp@gmail.com にお願いします。 ※ このエピソードは5月9日に収録しています。 【概要】 1. 生産国への影響と対応策 Grain Pro / Anacafé / Sustainable Harvest / FNC (Federación Nacional de Cafeteros de Colombia) 2. 消費国への影響と対応策 Stumptown Coffee Roasters /…
 
#4 エルサルバドルという国を知っていますか with Yusuke Kadokawa 【後編】※先週の続編!是非前編も聴いてみて下さい。 日本ではあまり馴染みのない中米エリアにあり、さらにその中でも最も小さく四国ほどの大きさのエルサルバドル。耳にしたことがない方も多いかもしれませんが、かつては世界3位のコーヒー生産量を誇っていたコーヒー大国!しかし、内戦を経て生産量が一時半減?!量から質へと方針を転換することを余儀なくされた先にあったものは?激動のコーヒー史を辿ってきているエルサルバドルのいまについて、特別ゲストをお招きして話していきます。メッセージはcoffeeradiojp@gmail.com にお願いします。【概要】-コーヒー農家の1年って?-コーヒー農家の資金繰・インフラ事情を知り…
 
日本ではあまり馴染みのない中米エリアにあり、さらにその中でも最も小さく四国ほどの大きさのエルサルバドル。耳にしたことがない方も多いかもしれませんが、かつては世界3位のコーヒー生産量を誇っていたコーヒー大国!しかし、内戦を経て生産量が一時半減?!量から質へと方針を転換することを余儀なくされた先にあったものは?激動のコーヒー史を辿ってきているエルサルバドルのいまについて、特別ゲストをお招きして話していきます。メッセージはcoffeeradiojp@gmail.com にお願いします。【概要】ーエルサルバドルの生活ってどんな感じ?ーエルサルバドル人のコーヒーに対する考え方は?ー現地のカフェ事情は?#珈琲ラジオ #コーヒーラジオ #珈琲…
 
皆さんの中でコーヒーを飲めば飲むほど、コーヒー農家が損をしていると聞いたことがある方はいますでしょうか。今回は、コーヒーが好きな人には必ず知ってもらいたいコーヒーの価格を巡る現状について話していきます。メッセージはcoffeeradiojp@gmail.com へお願いします。【概要】 - コーヒーの価格を大解剖 - 歴史に見るコーヒー価格 - C price とは - 価格危機に対する解決策 - 明日から何ができるのか      
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login