棚田克彦 公開
[search 0]
もっと

Download the App!

show episodes
Loading …
show series
 
・ 老年期の発達課題まとめ ・ 親などの老年期の人に関わる際に大切なマインドセット ・ 老年期のカウンセリングで気をつけるべきポイントとは? ・ 年上の人をカウンセリングする前に、「自分の親との問題」を解決しておくべき理由 ・ 変化や成果をゴールにするのではなく、「死」「老化」「対象喪失」を受け入れて、今までもこれからも人生を丸ごと肯定できることを目指す棚田克彦 による
 
・ 老年期の発達課題につまずくとどうなるか?: その② ・ 老年期にガンコになったり、怒鳴ったりしやすくなる人の心の中で起きていること ・ 男性らしさ、女性らしさが失われていくことへの反動形成による老年期の性衝動 ・ 死や老化を受け入れられずに不安を抑圧することから起こる「心気症」 ・ 「対象喪失の不安や恐れ」に対する耐性が低い人の特徴 ・ 「他人の世話になり、返せない自分」をどう受け入れるか棚田克彦 による
 
・ 老年期の発達課題につまずくとどうなるか?: その① ・ 対象喪失に起因する抑うつ症状について ・ 身体に表れる症状が過度に気になる「心気症状」とその原因 ・ 「老化による落ち込みや哀しみ」に触れないよう、現実を拒否するとこうなる ・オレオレ詐欺や宗教など、「老化や死に対する不安」につけこむ人や商品 ・ 「頑張ればどうにかなる」が難しくなった時に大切なのは、「ダメな自分も含めて統合できているか?」棚田克彦 による
 
・ 成人期の発達課題につまづいた場合にプライベートや家庭で起こる問題 ・ 男女や夫婦の親密性とは、ケンカしないのではなく、深く関わりあえるかどうか ・ 成人期までにアイデンティティーが確立されていないとどうなるか? ・ 相手に飲み込まれて自分がなくなってしまいそうな不安を持つ人 ・ 果たすべき責任から逃げ回ってしまう人 ・ 異なる他者の受容が難しい人 ・ 人にものを頼めず、孤立してしまう人棚田克彦 による
 
・ 成人期の発達課題につまずくとどうなるか? ・ 成人期は親密な関係性や高い責任を要求され、プレッシャーやストレスを感じやすい時期 ・「人との距離感が分からない」「対人関係が磨かれてない」という過去の問題が成人期に表面化する ・ 成人期に「やる気ナイナイ病」やウツになりやすい人の特徴 ・ 挫折は自分の生き方に向き合う良いチャンス棚田克彦 による
 
・ 成人期(25〜40歳頃)の発達課題について ・ 「親密性 vs. 孤立」 ・ 他者と親密に関わりながら社会の中で責任を果たせるかどうか? ・ 成人期の問題は、他者と親密になれずに孤立することから起こる ・ 周囲の人や地域社会など、対人関係において責任を伴う深い関わりを要求される時期棚田克彦 による
 
・ 青年期に起きやすい問題行動について ・ なぜ、大学生が、新興宗教、学生運動、デモ活動などにハマりやすいのか? ・ カルト集団の活動にハマりやすい人とは? ・ リーダーの立場の人は、独裁的にならないよう気をつけること ・ 青年期の発達課題を乗り越えると「私」が確立し、成人期へと向かう棚田克彦 による
 
・ 青年期に起きやすい心理的問題、病理について ・治療を要するレベルの3つの問題、病理とは? ・ 青年期に発症のピークを迎える「統合失調症」とその症状 ・ 「自己破壊行為」の内容と根本原因 ・ 視線恐怖、赤面恐怖、体臭恐怖、身体醜形恐怖など、さまざま形の「対人恐怖」 ・ 病院での治療が必要な症状は、必ず病院に行くこと棚田克彦 による
 
・ 青年期における3つの発達課題のおさらい ・ 青年期に起こりやすい「アイデンティティー・クライシス」 ・ 向かい合うべき健全な悩みか、治療を必要とするものかの見極めが大切 ・ 青年期に見られる代表的な問題「スチューデント・アパシー(やる気ないない病)」について ・ 男性や頑張り屋さんが「スチューデント・アパシー」になりやすい理由棚田克彦 による
 
・ 青年期の発達課題について ・ 青年期は本格的に大人になる準備期間 ・ 棚田と白川の青年期(大学時代)についての雑談 ・ 青年期における3つの発達課題とは?棚田克彦 による
 
・ 思春期後期(高校生)の発達課題のまとめ ・ 思春期後期(高校生)の子どもと関わる方に向けて ・ 不安と葛藤を抱え大人と子どもを行ったり来たりの時期ゆえに、幅を持って受け止める ・ 親からの分離がうまくいかない時、3歳未満の愛着形成を疑ってみる ・ 頭ごなしに抑えつけるのではなく、適度に反抗の対象になる ・ 性的アイデンティティの受け入れ拒否が、拒食症や異性への同化につながる場合がある ・ 自分の人生は自分で決めて自分で責任をとれる大人になれるよう促す棚田克彦 による
 
・ 思春期後期(高校生)の発達課題その②「友人や異性との対人関係づくり」につまづくとどうなるか ・ 「友人や異性との対人関係づくり」が、なぜ思春期後期(高校生)に重要なのか? ・ 思春期後期(高校生)にイジメなどで心に深い傷を負うと対人恐怖症になりやすい ・ 思春期後期(高校生)の発達課題その③「性的アイデンティティの確立」につまづくとどうなるか ・ 男女差別の話題等に過剰反応してしまう人 ・ 大人の自分を受け入れられないことで起こる摂食障害やPMS棚田克彦 による
 
・ 思春期後期(高校生)の発達課題のひとつ、「親からの分離-個体化」につまづいたときどうするか? ・ 3歳前後に経験した見捨てられ不安がこの時期に再び現れる ・“ボーダーライン(境界例)”に見られる特徴 ・“ボーダーライン(境界例)”の2つ原因:生育歴と遺伝 ・ カウンセリングでは親との「愛着」「分離」の問題を解決する棚田克彦 による
 
・ 思春期後期(高校生)の発達課題について ・ 親から自立し人格がつくられる最後の分離-個体化期 ・ 高校生の子どもを持つ親に知っておいて欲しい3つのこと ・ 親や権威に反発することは、自我の確立に大切なプロセス ・ 同性の仲間づくりから、さらに異性との関係性が強まる時期 ・ 性的アイデンティティの確立と、その時期にあらわれやすい2つ心理的障害棚田克彦 による
 
・ 思春期前期(中学生)の子どもに対して、大人はどう関わったらいいか? ・ 自立心を尊重する: 思春期前期(中学生)に大人や権威に反発するのは正しい成長 ・ 身体症状や行動の真意を汲み取り共感を示す: 心が未完成で不安や戸惑いが強い時期 ・ ブレない冷静さや客観性をみせる: お手本となる同一化の対象を探している ・ 棚田家のペットの犬と子育てにまつわる小話棚田克彦 による
 
・ 思春期前期(中学生)に、心のストレスが心の症状(神経症)としてあらわれる場合 ・ 思春期前期(中学生)に起きやすい2つの代表的な神経症とは ・ 「対人恐怖症」の症状と、なりやすい人の特徴 ・ 「強迫性障害」の症状にみられる2つのパターンと、なりやすい人の特徴 ・ 性的な事柄に罪悪感を感じさせる家庭に育つとこうなる棚田克彦 による
 
・ 思春期前期(中学生)は、心のストレスが行動や身体症状といった別の形であらわれやすい ・ 不登校の原因は、(物理的または心理的な)父親の不在と母親との過剰な密着 ・ 不安な人は他人をいじめる ・ 父性的な厳しいルールを与えてくれる集団に所属したくなる心理 ・ 摂食障害や過敏性大腸炎など身体にあらわれる問題と、その心理的原因について ・ 行動や身体症状にあわられる問題の根本にある、心の問題解決の必要性棚田克彦 による
 
・ 思春期前期(中学生)の発達課題について ・ 第二次性徴期による男女の身体的変化と「男らしさ」「女らしさ」の折り合い ・ 自分のめんどうは自分でみる「境界線」の意識 ・ 親がこの時期の子どものプライバシーに踏み込み過ぎない方がいい理由 ・ 自意識過剰なガラスの10代棚田克彦 による
 
・ 児童期後期(小学4〜6年生)の発達課題についてのまとめと振り返り ・ 児童期後期の心身の成長と、それに伴う「不安」「葛藤」 ・ 子どもの中に原因を探る「ミクロな視点」と家庭や社会環境に原因を探る「マクロな視点」の両方を持つ ・ 子どもに対する正しい関わり方の基本姿勢とは? ・ 子どもの幸せや、良い親になりたいと願う人に最も大切なこと ・ 子どもの相談に来た親に対してのカウンセラーの在り方について棚田克彦 による
 
・ 児童期後期(小学4〜6年生)の発達課題をマクロな視点でとらえた場合 ・ 子供を中心に、親、家庭、社会、国家との関係から考えてみる ・ 子供の発達課題のつまずきが、養育者へのアプローチで解決する理由 ・ 児童期後期の子供に対して親が大切にするべきことは、「自立」と「所属感」のバランスを保つこと ・ 孤立して追い込まれないよう社会とつながり、困った時には相談する棚田克彦 による
 
・ 児童期後期(小学4〜6年生)の発達課題をミクロな視点でとらえた場合 ・ 児童期後期の心の中は、「まわりからどう思われるか?」いう不安がベースにある ・ 精神的、身体的にあらわれる症状の例 ・ 行動にあらわれる症状の例 ・ ミクロな原因とアプローチの事例棚田克彦 による
 
・ 児童期後期(小学4〜6年生)の発達課題の特徴 ・ 児童期後期に見られる身体的な発達について ・ 児童期後期の内面的な発達について ・ 小集団の中での規律を学ぶギャング・エイジ ・ 「自信や勤勉性を身につけられるか?」「劣等感を持ってしまうか?」に関わる大切な時期棚田克彦 による
 
・ 児童期前期(小学1〜3年生)の発達課題についてのまとめ ・ 親の権威が相対化し、「理性的な大人の自分」が芽生える時期 ・ 親から社会的ルールを取り込み損ねるとこうなる ・ 客観性が育ち、現実と空想の区別がつくようになる時期 ・ 現実と空想の区別が付かないとこうなる ・ 自尊心と劣等感のバランスを学ぶ時期 ・ この時期に大切なのは、仲間の中で発達課題に直面して乗り越えること棚田克彦 による
 
・ 発達課題の観点から見た「小学校へ入ること」の重要な意味 ・ 親を絶対化せず、多様性を尊重できる子になるには? ・ 空想と現実の区別がつけられるようになる児童期前期 ・ 自信と劣等感のちょうどいいバランスを身につける ・ ほどほどの挫折と成功体験があってこそ、社会に出た時に役立つチャレンジ精神や諦めない心が育つ ・ 学校は行かずとも、同世代の友達と集団行動することが大切棚田克彦 による
 
・ 児童期前期(小学1〜3年生)の発達課題について ・ 身体の大きな変化がいったん落ち着く「潜伏期」 ・ 児童期前期は「超自我(良心、道徳)」が形成されはじめる時期 ・ 心理的発達課題から見た「学校に行くこと」の本当の意味 ・ 「友達との遊び」を通して集団生活のルールを学ぶ ・ 子どもの発達は個々にバラつきがあるので、大きな気持ちで見守る棚田克彦 による
 
・児童期前期(小学1〜3年生)に見られる特徴 ・父子家庭のお父さんと小学生の息子のお話「ミラクル」について ・幼児期のその場しのぎの態度から、社会的規範を取り入れるという変化 ・集団の中で上手くやっていくために戦略を持ち始める児童たち ・棚田家の参観日の話棚田克彦 による
 
・ 6歳までの発達課題の最終回 : ジェンダーの獲得について ・ 生物的な男女の違い(SEX)と、「らしさ」や役割としての男女の違い(ジェンダー) ・ 女性であることを喜んだり肯定できる子にみられる家庭環境 ・ ジェンダーの獲得につまづくとこうなる ・ 発達課題のつまづきは、ずいぶん後からわかること棚田克彦 による
 
・ 異性の親を独占したいエディプス願望を諦めきれずに大人になってしまう家庭の背景 ・ 3歳頃からの重要な発達課題「自主性の獲得」と「罪悪感」とのバランスについて ・ 親が厳し過ぎると「自主性」が、躾がゆる過ぎると「罪悪感」が損なわれる ・ 最近の日本人が他人に批判的な理由 ・ 「自分のものさしを持ち自由に生きること」と「まわりに配慮する良心」のバランスが大切棚田克彦 による
 
・ 3歳〜6歳期の重要な発達課題「エディプス・コンプレックス」について ・ 異性の親を恋人にしたいエディプス願望をあきらめた後に起こる、同性の親への同一化 ・ 同性の親に同一化できないと、男らしさ、女らしさの獲得につまづく ・ エディプス願望の克服ができなかった場合、思春期以降に問題が現れる ・ シングルマザー、シングルファーザーの子育ての場合 ・ 子育てに完璧はない。やれる範囲でやる。棚田克彦 による
 
・ 3歳〜6歳で起こる変化と発達課題 ・ 3歳〜6歳期の重要な発達課題「エディプス・コンプレックス」とは何か? ・ 「異性の親」と「同性の親」。両方から愛されるために子供はこう考える ・ 棚田、白川の親子関係雑談 ・ 長男、長女よりも、下の子の方が要領が良い? ・ 3歳〜6歳は初めての集団行動を学び始める大切な時期棚田克彦 による
 
・ 乳幼児期の発達課題まとめ ・ 生後約半年で境界線の区別ができて来る ・ 1歳半〜2歳で起こる、お母さんから「離れたい」と「くっつきたい」の葛藤 ・ 「お母さんから離れても大丈夫」と思える理由 ・ 乳幼児期の発達課題でつまずくと、大人になってから・・・・・ ・ 健全に生きる上で最も必要な3つの心理的課題とは棚田克彦 による
 
・ 「基本的信頼感」や「自律性」を獲得し損ねた場合 ・ 精神疾患の大元には、生存レベルの「不信感」が存在する ・ 「不信感」からくるパーソナリティ障害あれこれ ・ セルフコントロールを要求し過ぎると、逆に「自律性」の獲得につまずきやすくなる ・ 「恥をかきたくない」「人前が苦手」が、ひどくなると「無気力」「不登校」になる ・ 子供や自分自身に対して、過剰にセルフコントロールし過ぎていませんか?棚田克彦 による
 
・ 「自律(セルフコントロール)の獲得」について ・ 「トイレ・トレーニング」:生まれて初めて経験する躾(しつけ) ・ 「自律の獲得」に成功、または失敗するとこうなる ・ 「トイレ・トレーニング」で親が気をつけるべきこと ・ 「自律」が強すぎると完璧主義に! ・ なかなか歩かなかった幼児期の棚田の話 ・ 「人前が苦手」「恥をかくのが怖い」は親の過剰な躾が原因棚田克彦 による
 
・ 世の中に対する基本的スタンスが決まる、「乳幼児期の発達課題」について ・ 乳幼児期の育児で大事なのは、とにかく、「●●して、●●して、●●すること」 ・ 世の中に対する「基本的信頼感」の有無は、追い詰められた時の選択に顕著に現れる ・ 「乳幼児期の発達課題」をクリアしていると、何度倒れても立ち上がる心の土台ができる ・ 「基本的信頼感」ができているかどうかを見極めるポイント棚田克彦 による
 
・ 「発達課題」とは、具体的にどういうことか? ・ 人生は理論化できるほど単純ではないことを前提にしながらも、シンプルに整理してみる ・ 成長は、「心」「身体」「環境」が密接に絡み合いながら起こる ・ 身体的老化や心理的バイタリティが落ちてくる年齢からの発達課題 ・ 価値観の多様化によって生まれている様々な発達課題 ・ 心理学の知識を、心の準備や大きな視野を持つヒントとして役立てる棚田克彦 による
 
・ 「一生涯の大きな流れのどこにいるのか?」と人生を大局的にとらえてみる ・ どういう発達課題があるのかを知ると、よりよい人生設計がしやすくなる ・ 心理学的に「成長」とは何か? ・ 「子供の発達課題を適切に援助できるか?」は親にとっての発達課題 ・ 「何歳くらいの発達課題につまづいたのか?」という視点で考えてみる棚田克彦 による
 
・ 防衛機制としての「昇華」について ・ 心理的問題を解決する2つの方向性 ・ 欲求を「昇華」して職業選択に生かす例 ・ 衝動を個性としてとらえ、自分に合う仕事や環境を見つける ・ アスペルガー障害の人材雇用により発展している企業の例棚田克彦 による
 
・ 防衛機制としての「性欲化」について ・ 「性的エネルギー」と「攻撃性」は人間の根源的な生命エネルギー ・ 「性欲化」しやすい人の生育歴の特徴 ・ 「どういう心理・欲求を性欲化しやすいか?」の男女による違い ・ 「性欲化」を起こしやすい環境とは ・ 「性的嗜好の偏りはどこからきているのか?」を考えてみる棚田克彦 による
 
・ 防衛機制としての「行動化」について ・衝動的な問題行動である「行動化」の例 ・棚田のビビビ婚にまつわる話 ・境界線パーソナリティ障害と「行動化」 ・犯罪者に見られる「行動化」 ・行動の背後にある本当の原因に向き合うべし棚田克彦 による
 
・ 防衛機制としての「同一化」について ・ 「良い同一化」と「悪い同一化」 ・ 憧れや尊敬の対象を真似る「同一化」 ・ 「もつれ」は排除された家族メンバーを後追いする同一化現象 ・ 子どもが親を拒絶すればするほど、親に似てくるのはなぜ? ・ 両親から愛されるために同性の親に同一化する子ども棚田克彦 による
 
・ 防衛機制としての「逆転」について ・ 人を救いたい人こそ、一番救いを必要としているのかもしれない ・ 燃え尽きる対人援助職の人にありがちな「逆転」現象 ・ ダメンズ大好き、世話の焼ける男性の面倒をみたくなる女性が起こす「逆転」の例 ・ 防衛機制や心理学の知識は、他人への指摘に使わず、自己適用すべし棚田克彦 による
 
・ 防衛機制としての「反動形成」について ・ 欲動と逆のことをしてしまう「反動形成」の例 ・ 「憎い対象を大切に可愛がる」パターン ・ 「愛する対象を傷付ける」パターン ・ 「反動形成」は感情が逆転しているのではなく、そもそも両方持っている片方の表れ ・ 「反動形成」が犯罪に結びついた例棚田克彦 による
 
・ 防衛機制としての「置き換え」について ・ 無自覚な八つ当たりは「置き換え」のひとつ ・ フェチズムや恐怖症も「置き換え」が起こっている ・ 権力への反発に見られる「置き換え」の例 ・ 芸術、創作活動、生産的活動等へ昇華される「良い置き換え」の例 ・ 寂しさを「置き換え」で表現していたおばあちゃんの話棚田克彦 による
 
・ 防衛機制としての「向け換え」について ・ 親に対する怒りや非難を自分否定へと向け変える人の生育歴 ・ 「向け換え」をしてしまう理由 ・ アダルトチルドレンに多い「向け換え」のクセ ・ 自分が悪くないときに「私は悪くない」と言えますか?棚田克彦 による
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login