show episodes
 
6さんとソケッチによる雑談トーク番組。ブラジルのカポエイラをこよなく愛する二人で、笑いあり、ええ話あり、ちょっぴり為なり、ほぼどうでも良い話を放送します。聞いて頂きました皆様ありがとうございます!
 
B
BousanDayori

1
BousanDayori

Bousan / ぼうさん

Unsubscribe
Unsubscribe
ウィークリー+
 
この番組では、現在技術営業として働くぼうさんが、所属組織とは無関係に、個人の意見として、日々のよしなしごとを話します。 例えば、技術営業、セキュリティ、コミュニティ活動、地政学、映画、システム開発や運用、格闘技、ラジオ、勉強会、音楽、キャリア、語学、戦略や戦術、アニメ、資格、古典、podcast、転職、名言、SF、Twitter、プレゼンテーション、マンガ、トラブル対応、組織論、前向きデータ整備人、などなどです。 Spotifyで聴いて頂けると、オススメ曲も聴けると思います。
 
Loading …
show series
 
 12月4日、2年ぶりにセンダイガールズプロレスリングが、マスク越しの声援も解禁となってエディオンアリーナ大阪第2競技場に還って来た。メインイベントではセンダイガールズの頂点の座を巡り王者・橋本千紘と挑戦者・朱祟花が互いに命を削りあう18分47秒の死闘を展開、朱祟花が橋本を破り宿願の最強の女越えを果たした。 試合は橋本が太い腕で朱祟花を絞り、グラウンドでも圧倒すると足攻めが続く。だが朱祟花も場外へのケブラーダで反撃の狼煙をあげ、コーナー上からの投げ合いになるがこれはパワーのある橋本が投げ勝ちラストライドからオブライト。ファールを返したあすかが延髄にハイキックからムーンサルトプレスでフォールし、返した橋本を朱祟花が渾身の力を振り絞って紅花衣(=変形キャプチュード)でマットに沈めてすりーかうんと…
 
 4日、千葉県・幕張メッセにてスターダム『第12回ゴッデス・オブ・スターダム~タッグリーグ優勝決定戦~』が開催され、【7Upp】高橋奈七永&ゆうが優勝を果たした。 スターダムの初冬の風物詩となっているタッグリーグ『GODDESSES おぶ STARDOM』。今年はレッドゴッデス、ブルーゴッデスの2リーグで各8チーム、全16チームが出場。 この日の大会開始時点では、レッドゴッデスは【meltear】中野たむ&なつぽい、ブルーゴッデスは【舞ひめ】舞華&ひめかが単独トップ。 まず戦局が動いたのはブルーゴッデス。 第3試合で舞ひめが前タッグ王者の【FWC】葉月&コグマに敗れて得点を伸ばすことが出来ず、2位に着けていた【7Upp】高橋奈七永&ゆうが第4試合で【BMI2000】刀羅ナツコ&琉悪夏に勝利し…
 
 ニューヨーク州バッファローのキーバンク・センターにて行なわれたスマックダウンが日本時間11月13日に配信され、イヨ・スカイらダメージCTRLがリブ・モーガン、復帰したティーガン・ノックスと乱闘となるとベイリーはティーガンのシャイニングウィザードで沈んで新たな遺恨が勃発した。 イヨらダメージCTRLがリングに登場するとベイリーは「SDで私たちに挑んでくる奴はいない。皆が尊敬すべきは私たち3人だ」と自画自賛した。するとそこへ話を遮るように1人で現れたリブに襲撃されるとイヨ&ダコタが鉄製ステップやバリケードに叩きつけられて一蹴されたが、3人で一斉に襲い掛かってリブを圧倒。 そこへ今度はWWE復帰となったティーガンにも襲撃されたが、再び3人がかりで反撃して返り討ちに。しかし、リブの竹刀攻撃で状況が…
 
 ニューヨーク州バッファローのキーバンク・センターにて行なわれたスマックダウンが日本時間11月13日に配信され、“ハイフライヤー”リコシェ(アメリカ)がサントス・エスコバー(メキシコ)とのSDワールドカップ決勝戦を制してあいしー王座挑戦権を奪取した。 リコシェがゼリーナ・ベガのゲスト解説の中でエスコバー(withクルス・デルトロ&ホアキン・ワイルド)とのあいしー王座挑戦権をかけたワールドカップ決勝戦に挑むと、ミサイルキックやトペ・スイシーダを繰り出して攻め込んだ。 さらにレフェリーが介入を狙うセコンドのデルトロ&ワイルド、解説のゼリーナを退場処分にすると邪魔する者がいなくなって1対1の熱戦を展開。リコシェがスープレックス2連打からスプリングボードムーンサルトを叩き込めば、続けて放ったシューテ…
 
 12月4日12時より、町田シバヒロで開催された「町田プロレス 復活!第5戦」に、FMWEの大仁田厚が参戦した。会場は、町田市役所が移転し、跡地を市民に解放している芝生広場。 「まち元気プロレス」と銘打った町田プロレスは、地元の有志により結成された。代表の杉浦隆さんは、「こどもの頃から父親に連れられてプロレスを見に行っていた。プロレスは老若男女、全世代みんなで楽しめる。まちおこしにピッタリなんです。」と、リングも購入したと意気込みを語った。 町田プロレスには、個性豊かなマスクマンが揃う。町田市はシルクメロンの水耕栽培に力を入れている。そのためメロンをモチーフにした「シルクメロン侍」を筆頭に、町田の市の花サルビアをモチーフにした「サルビアン・レッド」など、地元にゆかりあるキャラクターが多数登場…
 
 3日、東京みやこ・新木場1stRINGにてTTTプロレスリングが『INNOVATION 10』を開催し、【REAL HIPSTAR】政岡純&きのしたこうへいがTTT認定インディー統一タッグ王座戴冠を果たした。 TTT(TOTAL TRIUMPH TEAM)とは、故・ターザン後藤さんに薫陶を受け、ミスター雁之助を師に持つ黎明期インディープロレスの後継者的存在であるガッツ石島が2020年1月に“インディープロレス統一”を掲げてはたあげげした団体であり、PWC、FMW、IWA JAPANなどの流れを汲むベテラン選手たちがあまたく参戦中。90年代インディープロレスの“おもちゃ箱をひっくり返したようなプロレス”の魂を令和の世に伝え続けている団体だ。 TTT認定インディー統一タッグ王者として盤石の政権…
 
 3日、東京みやこ・新木場1stRINGにてTTTプロレスリングが『INNOVATION 10』を開催し、同団体の絶対的エース・TORUの退団を発表した。 TTT(TOTAL TRIUMPH TEAM)とは、故・ターザン後藤さんに薫陶を受け、ミスター雁之助を師に持つ黎明期インディープロレスの後継者的存在であるガッツ石島が2020年1月に“インディープロレス統一”を掲げてはたあげげした団体であり、PWC、FMW、IWA JAPANなどの流れを汲むベテラン選手たちがあまたく参戦中。90年代インディープロレスの“おもちゃ箱をひっくり返したようなプロレス”の魂を令和の世に伝え続けている団体だ。 TORUは、フリーランスであった2018年には全国のプロレスラーの中で最も多くの団体に出場し、常に全国を飛…
 
 DDTプロレスが12月2日、東京・渋谷区のAbemaTowersで記者会見を開き、シングル最強決定リーグ戦『D王 GRAND PRIX 2022』優勝決定戦(同4日、東京・後楽園ホール)に向け、うえのゆうきと納谷幸男が火花を散らした。 上野は「開幕前から、もっと言うと、去年準優勝が決まったときから、今年は優勝しか狙ってない。その目標があと一つで叶いそうなところまで来れた。僕は無差別を獲って、その先にDDTを背負っていろんなことをやっていきたい。無差別のDDT、自由な(DDT)UNIVERSALのチャンピオンとして、もっといろんなものを広げていきたい。何をもって、この優勝決定戦にいくか、いっぱい考えて、いろんな想像してきましたけど、僕が今一番したいのは、納谷をぶっ潰して、D王GP優勝して、D…
 
 ついたち、東京みやこ・国立代々木競技場第二体育館にて、ドラディションがふじなみたつみデビュー50周年記念大会『ざ NEVER GIVE UP つあー FINAL レック株式会社 Presents DRAGON EXPO 1971』を開催し、ないとう哲也が約17年前のふじなみたつみとのエピソードを明かした。 1971年5月9日に日本プロレスでデビューしたふじなみたつみは昨年より50周年記念大会ツアーを開催しており、東京・大阪と合わせた今回の6回目でついにFINAL。藤波の晴れ舞台に華を添えるべく11団体+おおぜいのフリー選手がこの大一番に駆けつけた。 この日のセミファイナルでは、船木誠勝&ザック・セイバーじゅにあ&ジェイク・リーvsないとう哲也&鷹木信悟&長井満也の6人タッグマッチが実施。 …
 
 ついたち、東京みやこ・国立代々木競技場第二体育館にて、ドラディションがふじなみたつみデビュー50周年記念大会『ざ NEVER GIVE UP つあー FINAL レック株式会社 Presents DRAGON EXPO 1971』を開催し、LEONAと高橋ヒロムがシングルマッチで対戦した。 LEONAは“炎の飛龍”ふじなみたつみの長男であり、2013年にプロレスデビュー。イギリスでランカシャースタイルを学び、国内ではU.W.F.スネークピットジャパンで修行。さらには父直伝のドラゴンさっぽうも身につけた若きいぶし銀となった。 NOAHやどらごんげーと、ひーとあっぷ等多数の団体に参戦していたが、2018年に左足首の距骨を骨折。約1年半の欠場期間を経て2019年10月に復帰したものの、同年12月…
 
 ついたち、東京みやこ・国立代々木競技場第二体育館にて、ドラディションがふじなみたつみデビュー50周年記念大会『ざ NEVER GIVE UP つあー FINAL レック株式会社 Presents DRAGON EXPO 1971』を開催し、ふじなみたつみと棚橋弘至が約20年ぶりのシングルマッチを行った。 藤波は1971年5月9日に日本プロレスでデビューし、新日本プロレスで活躍。現在は自身の団体であるドラディションを率いているが、1プレイヤーとしても衰えを見せることなく、2021年にはプロレスリングひーとあっぷにてひーとあっぷユニバーサル王座&PWL WORLD CHAMPION王座のシングル二冠王を戴冠。68歳になった今も一線級の実力を保持している。 半世紀にわたってプロレス界を支えてきた…
 
 日本時間12月ついたちにNXTが配信され、ショーン・マイケルズが『NXTデットライン』を前にWWE殿堂者4人とアイアン・サバイバー・チャレンジ出場者を決める会議を開き、男子ではカーメロ・ヘイズ、JDマクドナ、グレイソン・ウォーラー、ジョー・ゲイシー、女子ではロクサーヌ・ペレス、コーラ・ジェイド、ゾーイ・スターク、キアナ・ジェームスの男女それぞれ4人が決定した。タレント育成開発部門の上席執行役員マイケルズがWWE殿堂者ロードドッグ、アランドラ・ブレイズ、Xパック、モーリー・ホーリーと『NXTデットライン』のアイアン・サバイバー・チャレンジ出場者5人を決める会議を開いた。この会議でマイケルズは「NXTデットラインは今年最後のNXTプレミアム・ライブ・イベントだ。年間を通して活躍したベストな5人…
 
 日本時間12月ついたちにNXTが配信され、NXT女子王者マンディ・ローズが自身のツイッターでNXT女子王座保持400日達成を報告し、里村明衣子、イヨ・スカイら10人の女子スーパースターの写真と共に「次は誰だ?」と投稿した。 トキシック・アトラクション(マンディ&ジジ・ドリン&ジェイシー・ジェイン)がNXTメイン戦の6人タッグ戦でカタナ・チャンス&ケイデン・カーター&ニキータ・ライオンズと白熱の攻防を展開すると、終盤にジジ&ジェイシーが試合前のゾーイ・スターク襲撃で右膝にダメージを負ったニキータにハイ&ローキックを決めて勝利を収めた。 試合後には王者マンディがベルトを掲げて勝利をアピールすると、自身のツイッターでは昨年10月に『NXTハロウィン・ハボック』で戴冠してから王座保持400日を達成…
 
 バージニア州ノーフォークのノーフォーク・スコープ・アリーナにて行なわれたロウが日本時間11月30日に配信され、ケビン・オーエンズが人生を共にしてきた“盟友”サミ・ゼインに絶縁を宣言すると、対戦したジェイ・ウーソをスタナーで沈めてザ・ブラッドラインに対して徹底抗戦を繰り広げた。 ブラッドライン(ウーソズ&ソロ・シコア&サミ・ゼイン)がリングに登場すると、ウーソズが「ウォーゲームズ戦に勝ってもう俺たちの関係に亀裂はないぞ。オーエンズは怒っているだろうな」と敵対するオーエンズに言及し、ゼインは「ジェイが俺を受け入れてくれたのはウーシィーだ」と仲違いしていたジェイとハグを交わした。 するとそこへオーエンズが現れて「ゼインとは20年の付き合いだが、対戦、タッグ、共演…お前とは何もしたくない」と決別を…
 
 バージニア州ノーフォークのノーフォーク・スコープ・アリーナにて行なわれたロウが日本時間11月30日に配信され、イヨ・スカイらダメージCTRLが『サバイバー・シリーズ』の女子ウォーゲームズ戦を制したベッキー・リンチを襲撃してグッズ売り場を破壊する大乱闘となった。 ベッキーが「復帰できて気分がいい!」と言ってロウオープニングに登場すると、観客席でWWEユニバース(ファン)とトークを展開しながら「新顔や戻って来た奴らを全員潰してやる」と意気込んだ。すると女子ウォーゲームズ戦に敗れた“ダメージCTRL”ベイリーが現れて舌戦を展開すると、会場から沸き起こった“ベッキー”チャントには「ベッキーが1試合しただけでこの扱いか。4ヶ月頑張ってきたけど誰も私をリスペクトしていない」と愚痴をこぼした。 続けてベ…
 
 DDTプロレスが11月30日、東京・渋谷区のAbemaTowersで記者会見を開き、12月4日の東京・後楽園ホールで行われるDDT EXTREME選手権(王者=ジョーイ・ジャネラVS挑戦者=秋山準)で、秋山が自身のキャリアで初となるTLCマッチに挑むことが決まった。 ジャネラは『D王 GRAND PRIX 2022』で、不参加だった秋山との対戦がなかったことに不満をもち、執ように秋山戦を要求。この意向が認められて、同王座戦が決定した。 開口一番、ジャネラは「アキヤマさんにお会いできるのは光栄です。米国に行って、エディ・キングストンの夢を叶えてあげて帰ってきて、お忙しいなかありがとうございます。ただ、俺にとっての夢はアキヤマさんと試合することではなく、ベルトを守り、また日本に呼ばれるようにし…
 
 22日、慶應義塾大学にて行われた『第64回三田祭』内にて慶應義塾大学プロレス研究会(KWA)がプロレスを開催。メインイベントでは無村架純(なしむらかすみ)の持つKWA世界ヘビー級王座に鬼留年翔が挑戦した。 KWAは設立から50年の歴史を持つ関東学生プロレスの中でも歴史ある団体。その第40代王者にして初の女性王者となった無村架純は、元地下アイドルであるという可愛さと、hideのギターをモチーフとしたコスチューム&ハーレイ・クインのようなクレイジーな出で立ちで女性やサブカル界隈からの人気も高い。さらに慶応の中でも偏差値の高い法学部に在籍しながら、成績優秀なため授業料免除となり3年での飛び級卒業が決定したほどの秀才だ。足りないのは男運と運動神経と没個性が求められる社会人気質と目される。なお“身長…
 
今すぐ聴く 延長戦! 歌舞伎俳優の尾上右近さんとの延長戦!かぶいてる2人のトークは延長戦に突入!子供の頃は内弁慶、歌舞伎を始めたキッカケ、清元と役者、転機になったワンピース歌舞伎、歌舞伎座の真ん中に立って感じたこと、歌舞伎は人間力のミュージアム、歌舞伎もプロレスも虚実混交 etc 歌舞伎とプロレスに親和性に驚く延長戦! 配信期間は2か月ほどですのでお早めにお聴きください。 番組公式ホームページは こちらをクリック1422kHzRadioNippon による
 
今すぐ聴く お前はかぶいてるか!? 今回の挑戦者は歌舞伎俳優の尾上右近さん。初の歌舞伎界からの挑戦者が登場!歌舞伎は優しいパンク、ART歌舞伎、新しいことにも寛容な歌舞伎界、制約の中から生まれたもの、稽古時間が短い歌舞伎システム、ワンピース代役の裏側、ピンチをチャンスに変える覚悟、ライヴの微調整、相手の気持ちを考える大切さ etc 歌舞伎に猪木イズムを見た防衛戦! 配信期間は2か月ほどですのでお早めにお聴きください。 番組公式ホームページは こちらをクリックAM1422kHz RadioNippon による
 
 DDTプロレスが11月28日、東京・千代田区の神田明神内で記者会見を開き、年末のビッグマッチ『NEVER MIND 2022』(12月29日、TOKYO DOME CITY HALL=TDCホール)で、“バカサバイバー”青木真也がセンダイガールズワールドシングル王者の橋本千紘と異色のシングルマッチを行うことを発表した。 かねて橋本との対戦を希望していた青木は「待望の試合というか、試合が組まれて、今の格闘技、プロレス界で強さを見せられる試合になると思います」とキッパリ。橋本は「青木選手が対戦したという記事を夏頃に見かけて、私は断る理由はないと思っていて。女子男子、関係なく強い人間と戦うことで私自身も強くなれると思ってます。DDTのリングが私の強さに拍車を掛けてくれているんで。この戦いも強さを…
 
 東京女子プロレスが11月27日、東京・後楽園ホールで「ALL RISE '22」を開催。英国ロンドンで、現地時間13日(日本時間14日)にプロレスリングEVE王座を奪取したやましたみゆが、EVEからの刺客ミリー・マッケンジーを返り討ちにして初防衛に成功した。 両者は10月にスペインで、11月に英国で2度一騎打ちを行い、対戦成績は1勝1敗。今度は戦いの場を日本に移しての決着戦。山下は11・20新宿FACEでのタッグでの前哨戦で直接フォールを奪われているだけに、負けられない一戦となった。 開始早々、ミリーは場外で強烈なジャーマンを見舞うなど厳しい攻め。山下はスクリューキック、コブラクラッチで反撃も、ミリーのスリーパーで捕獲された。10分過ぎ、山下は蹴りの乱れ打ちにいくも、ことごとく得意技をかわ…
 
 東京女子プロレスが11月27日、東京・後楽園ホールで「ALL RISE '22」を開催。プリンセスタッグ王座を保持する“令和のAA砲”赤井沙希&荒井優希(SKE48)が愛野ユキ&原宿ぽむをしりぞけV3に成功したものの、“怪物”マックス・ジ・インペイラーとハイディ・ハウイツァの「ザ・ウエイストランド・ウォー・パーティー(WWP)」から挑戦表明が届き最大の試練が到来した。 当初、同王座には愛野&らくが挑む予定だったが、らくの欠場により、急きょ原宿が抜てきを受けた。その原宿は同24日の直前会見では感極まって号泣してしまい、王者組が警戒心を強めていた。 赤井はキック、ビッグブーツ、張り手などの打撃技を中心に戦い、荒井も愛野にエルボーを叩き込んでいった。愛野がセカンドロープからのショルダー・タックル…
 
 東京女子プロレスが11月27日、東京・後楽園ホールで「ALL RISE '22」を開催。プリンセス・オブ・プリンセス王者の坂崎ユカが弱冠17歳の“米国版JKレスラー” ビリー・スタークスをしりぞけ初防衛に成功。次期挑戦者にはやましたみゆが名乗りを挙げ、2023年のイッテンヨン(1月4日、後楽園)での王座戦が決まった。 開始早々、ビリーがエプロンでブレーンバスターを繰り出せば、坂崎は場外でのブレーンバスターでやり返した。一進一退の攻防から、ビリーがジャーマンを決めるもカウントは2。10分過ぎ、丸め込みの応酬から、エルボー合戦に発展。ビリーがスワントーンボムを放つも、阻止した坂崎は垂直落下気味にTeaTimeを見舞った。坂崎の魔法少女スプラッシュは、ビリーが剣山でカット。ビリーは牛殺し、スピン…
 
 11月25日~27日に幕張メッセにて開催された東京コミックコンベンション(以下、東京コミコン)の最終日に、“BreakingDown6(以下ブレイキングダウン)”で勝利した八須こぶし太郎とちゃんよたが所属する『P.P.P.TOKYO(以下PPP)』が提供試合を行った。 東京コミコンとは、6万人以上が来場する日米の映画・コミックなどのポップカルチャーを扱ったイベント。ディズニーやDCコミックスなども出展する他、有名ハリウッドスターたちが来日することでも注目を集めている。 今年は『スター・ウォーズ』シリーズでアナキン・スカイウォーカー役を務めるヘイデン・クリステンセンさんや、『バック・トゥー・ザ・フューチャー』シリーズでドク役を務めるクリストファー・ロイドさん、『ストレンジャー・シングス』エデ…
 
 日本時間11月27日に配信された「サバイバー・シリーズ:ウォーゲームズ」にて、ザ・ブラッドラインが「サバイバー・シリーズ」の男子ウォーゲームズ戦に挑むと、“名誉兄弟”サミ・ゼインが関係を疑われた“盟友”ケビン・オーエンズへのローブロー攻撃で忠誠を示してチーム・ブロウイング・ブルーツに勝利した。男子ウォーゲームズ戦を前にゼインはレインズに“盟友”オーエンズとの関係性を疑われたが、4人目としてリングインすると犬猿のジェイ・ウーソと共にブッチ&リッジ・ホランドに襲い掛かった。その後もドリュー・マッキンタイア、ジミー・ウーソ、オーエンズ、ソロ・シコア、シェイマス、ローマン・レインズが時間差で檻から参戦して白熱の攻防を展開すると、ブラッドラインがチーム・ブロウイング・ブルーツに鉄槌攻撃で攻め込まれて…
 
 11月25日~27日に幕張メッセにて開催中の東京コミックコンベンション(以下、東京コミコン)2日目に、女優やグラドルなどによるアクトレスガールズたちが演じる『アクトリング』&『アクトレスリング』が参戦した。 東京コミコンとは、6万人以上が来場する日米の映画・コミックなどのポップカルチャーを扱ったイベント。ディズニーやDCコミックスなども出展する他、有名ハリウッドスターたちが来日することでも注目を集めている。 今年は『スター・ウォーズ』シリーズでアナキン・スカイウォーカー役を務めるヘイデン・クリステンセンさんや、『バック・トゥー・ザ・フューチャー』シリーズでドク役を務めるクリストファー・ロイドさん、『ストレンジャー・シングス』エディ・マンソン役のジョセフ・クインさんなど総勢12人のハリウッド…
 
 26日、神奈川県・とどろきアリーナにて『STARDOM in しょうWCASE vol.3』が開催され、ジュリア、テクラ、桜井まい、ロッシー小川が爆破されて消滅した。 スターダムが展開する新ブランドであり、特殊ルールの試合ばかりが並ぶ『STARDOM in しょうWCASE』。メインイベントでは、“NEO STARDOM ARMY vs Donna del Mondo”の対抗戦として、高橋奈七永&ゆう&死神マスクvsジュリア&桜井まい&テクラの“棺桶入棺即爆破マッチ”が行われた。 高橋奈七永(高橋奈苗)はスターダムのはたあげげメンバーの一人であったが、紆余曲折の末にスターダムを離れしーどりんぐをはたあげげして別の舞台で闘ってきた。その後、紆余曲折の末に2021年末を以てしーどりんぐを退団し…
 
 26日、神奈川県・とどろきアリーナにて『STARDOM in しょうWCASE vol.3』が開催され、レディ・Cが勝者髪切りマッチを制して華麗に変身を遂げた。 スターダムが展開する新ブランドであり、特殊ルールの試合ばかりが並ぶ『STARDOM in しょうWCASE』。 この日の第3試合では、大手美容室『ZEST』とのコラボマッチとして、“勝者髪切りマッチ”が上谷さやvsひめかvsレディ・Cvs向後桃の4WAYマッチにて実施。試合中にシャンプーの使用が認められ、勝者はZESTに髪をカットしてもらえる権利が与えられる。 リング上には水の張られたビニールプールが持ち込まれ、4人はそれぞれ推しのシャンプーボトルを手に取って試合開始。 相手をプールに叩き込んで濡らしてからシャンプーをぶっかけて頭…
 
 26日、神奈川県・とどろきアリーナにて『STARDOM in しょうWCASE vol.3』が開催され、夏すみれが2年ぶりにスターダムに参戦して自身の過去と決別した。 スターダムが展開する新ブランドであり、特殊ルールの試合ばかりが並ぶ『STARDOM in しょうWCASE』。第5試合では、葉月&夏すみれvs刀羅ナツコ&鹿島沙希のノー・ホールズ・バードマッチ(※反則裁定無し&決着はリング内のみ)が行われた。 夏すみれは、2013年のデビュー当初は清純派として活躍していたが、他に類を見ない“ビッチ系キャラ”を確立すると『試合でも崩れない鉄壁メイク』で美容業界からも注目を浴びた。 その悪女ぶりからスターダム参戦後は大江戸隊の一員として大暴れ。2019年7月には花月&アンドラス宮城とアーティスト…
 
 11月25日~27日に幕張メッセにて開催される東京コミックコンベンション(以下、東京コミコン)で、“世界最大の女子プロレス団体”スターダムが日本初となるプロレスの試合を開催した。 東京コミコンとは、6万人以上が来場する日米の映画・コミックなどのポップカルチャーを扱ったイベント。ディズニーやDCコミックスなども出展する他、有名ハリウッドスターたちが来日することでも注目を集めている。今年は『スター・ウォーズ』シリーズでアナキン・スカイウォーカー役を務めるヘイデン・クリステンセンさんや、『バック・トゥー・ザ・フューチャー』シリーズでドク役を務めるクリストファー・ロイドさん、『ストレンジャー・シングス』エディ・マンソン役のジョセフ・クインさんなど総勢12人のハリウッドスター来日が発表され注目を浴び…
 
 25日、みやこ内某所にて、12月28日に両国国技館で開催される『INOKI BOM-BA-YE×巌流島 in 両国』の記者会見が行われた。 『INOKI BOM-BA-YE×巌流島 in 両国』は、アントニオ猪木さんのマネジメントを務めていたIGF(猪木元気ファクトリー)と、谷川貞治氏が大会プロデューサーを務める巌流島がタッグを組んで開催する猪木さんの追悼イベント。小川直也が“令和猪木軍”の総監督に就任し、“令和猪木軍vs世界の格闘技”をテーマとした異種格闘技戦が行われていく予定だ。 全9~10試合を予定している中、まずは5試合のカードが発表。その後、対戦相手は決まっていないものの、令和猪木軍での参戦が決定した選手として呼び込まれたのは、なんと木村“フィリップ”ミノル。 木村はK-1で活躍…
 
 25日、みやこ内某所にて、12月28日に両国国技館で開催される『INOKI BOM-BA-YE×巌流島 in 両国』の記者会見が行われた。 『INOKI BOM-BA-YE×巌流島 in 両国』は、アントニオ猪木さんのマネジメントを務めていたIGF(猪木元気ファクトリー)と、谷川貞治氏が大会プロデューサーを務める巌流島がタッグを組んで開催する猪木さんの追悼イベント。小川直也が“令和猪木軍”の総監督に就任し、“令和猪木軍vs世界の格闘技”をテーマとした異種格闘技戦が行われていく予定だ。 関根“シュレック”秀樹は、警察官を経て柔術家としてプロのリングに上がるようになり巌流島などで活躍。若かりし頃にUWFインターナショナルに憧れてプロレスラーを志した夢を諦めることが出来ず、盟友・佐藤ひかるの主催…
 
今すぐ聴く 延長戦! アナウンサーのケビン・ケリーさんとの延長戦!すっかり意気投合した日米実況アナ2人の話はもちろん延長戦に突入!やっぱりNWA好き、憧れのアナウンサー ゴードン・ソーリー、アナウンサーもテリトリー制、実況タッグ「THE VOICE」、ペンシルベニアの新団体構想、実況が難しいレスラー etc ペンシルベニアと麻布台に虹の架橋ができた延長戦! 配信期間は2か月ほどですのでお早めにお聴きください。 番組公式ホームページは こちらをクリック1422kHzRadioNippon による
 
今すぐ聴く 日米プロレス実況アナサミット!! 今回の挑戦者はアナウンサーのケビン・ケリーさん。現在は「新日本プロレスワールド」の英語版実況アナウンサーとしても活躍しているケビンが麻布台NWAに登場!実はラジオ出身、子供の頃からプロレスアナ志望、新日で仕事をするキッカケ、技の名前の覚え方、技のネーミング、実況の準備、日米の実況アナの違い etc 国境を超えた実況アナタッグが結成された防衛戦! 配信期間は2か月ほどですのでお早めにお聴きください。 番組公式ホームページは こちらをクリックAM1422kHz RadioNippon による
 
今すぐ聴く 延長戦! 魚洋水産の大場メリさんとの延長戦!メリ姉さんとの居酒屋トークは延長戦に突入!最初は鉄板焼き屋、カラオケスナックに変更、そこから生バンド入りのクラブを開業、ついに銀座デビュー、お客の開拓術、名刺の力、銀座から六本木へ、生涯現役宣言 etc メリ姉さんの華麗なる経歴が聴ける延長戦! 配信期間は2か月ほどですのでお早めにお聴きください。 番組公式ホームページは こちらをクリック1422kHzRadioNippon による
 
今すぐ聴く 闘魂が愛したお店!! 今回の挑戦者は魚洋水産の大場メリさん。猪木さんが生前通ったという六本木の居酒屋の名物女将さんが麻布台マットに登場!猪木がいつも座る場所、猪木の客引き、居酒屋デビューはウチ、命日と開店記念日が同じ、猪木のファンサービス、猪木の好きな鍋、猪木からのお裾分け、実は長州も常連、猪木・長州とのスリーショット、ウチは「おかえりの店」 etc まるで「魚洋水産」で飲んでるような防衛戦! 配信期間は2か月ほどですのでお早めにお聴きください。 番組公式ホームページは こちらをクリックAM1422kHz RadioNippon による
 
今すぐ聴く 延長戦! プロレスラーの藤原喜明さんとの延長戦!組長のアントントークは延長戦に突入!山本小鉄さんが生前持ち歩いていた組長の手紙、付き人時代の苦労、道場生活、最後は力、猪木との練習、猪木の強さ、他の人にはわからないレスラー同士の関係性 etc 珠玉の昭和新日エピソードが聴ける延長戦! 配信期間は2か月ほどですのでお早めにお聴きください。 番組公式ホームページは こちらをクリックAM1422kHz RadioNippon による
 
今すぐ聴く 組長が語る闘魂!! 今回の挑戦者はプロレスラーの藤原喜明さん。"関節技の鬼"藤原組長がスポーツドリンク片手に麻布台NWA登場!猪木の話をしたくない理由、猪木さんからの深夜の呼び出し、猪木のカラオケレパートリー、裸の付き合い、付き人の勘、ペールワン戦のリング上、地獄のドイツ遠征、ローラン・ボックの真実、タッキー戦の舞台裏、コンディションの筋肉 etc 我々もスポーツドリンク飲みながら聴きたい防衛戦! 配信期間は2か月ほどですのでお早めにお聴きください。 番組公式ホームページは こちらをクリックAM1422kHz RadioNippon による
 
今すぐ聴く 延長戦! 写真家の原悦生さんとの延長戦!猪木を撮り続けて半世紀の原さんとの闘魂トークは延長戦に突入!フォトジェニックな猪木、ファインダー越しの猪木との闘い、結局は猪木の勝ち、猪木のベストショット、延髄斬りの空中バランス、好きな技、今のプロレスに感じること、1.4の猪木追悼大会に望むこと、最後の猪木の写真 etc 猪木が大好きな2人の尽きることのないアントントークを味わう延長戦! 配信期間は2か月ほどですのでお早めにお聴きください。 番組公式ホームページは こちらをクリックAM1422kHz RadioNippon による
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login