×
株式市況 公開
[search 0]
×
最高の 株式市況 ポッドキャストが見つかりました。 (アップデートされました 2月 2020)
最高の 株式市況 ポッドキャストが見つかりました。
アップデートされました 2月 2020
百万人のPlayer FMユーザーに参加してオフラインのときでも、いつでも に関するニュースや詳細情報を把握することができます。 妥協なし無料のPodcastアプリでPodcastをスマートに。 聴きましょう!
世界最高のPodcastアプリに参加し、お気に入りの番組をオンラインで管理し、AndroidおよびiOSアプリでオフラインで再生します。 無料で簡単です。
More
show episodes
Loading …
show series
 
 27日の東京市場は日経平均が2万1948円23銭(▲477.96)、TOPIXは1568.06(▲38.11)。  前日の欧州市場はまちまち。米国市場はダウとSP500が小幅安、ナスダックが小幅高でした。  東京市場は日経平均が171円安でスタート。トランプ大統領が新型コロナについて「米国でのリスクは低い」と述べたものの、米国疾病対策センター(CDC)がカリフォルニア州で感染者を確認すると、ダウ先物が下落。それに歩調を合わせ、東京も全面安となりました。日経平均は昨年10月11日以来4か月半ぶりの2万2000円割れ。  東証1部売買高は18億1141万株、売買代金は3兆1651億円。値上がり銘柄数は77、値下がり銘柄数は2059。TOPIX業種別騰落率は全業種が下落。下落率上位は、空運、証券…
 
 26日の東京市場は日経平均が2万2426円19銭(▲179.22)、TOPIXは1606.17(▲12.09)。  コロナ感染拡大による世界同時株安は前日の欧米市場でも止まらず、英、独、仏が2%近い下げ。米国でもダウ、SP500、ナスダックが3%近い大幅安でした。  東京市場は日経平均が231円安でスタート。一時478円安まで売られましたが、その後は戻り歩調。韓国、香港も下げ渋りました。  東証1部売買高は16億7717万株、売買代金は3兆96億円。値上がり銘柄数は620、値下がり銘柄数は1464。TOPIX業種別騰落率は全業種が下落。下落率上位は、鉱業、不動産、サービス、空運、ゴム、薬品など。  個別銘柄では、コロナ絡みで国際オリンピック委員会(IOC)高官が「東京五輪中止も検討」と発言…
 
25日の東京市場は日経平均が2万2605円41銭(▲781.33)、TOPIXは1618.26(▲55.74)。 前日の海外市場は米国、欧州、アジアとも軒並み安。新型コロナウイルスの感染者が韓国、イタリアなどで急増していると伝わり、ダウ平均は終値で1031ドル61セント安。2018年2月以来の下落幅となりました。 これを受けた連休明けの東京市場は開始から全面安。日経平均は一時1051円安まで売り込まれました。上海、香港、韓国が比較的落ち着いた動きをみせ、東京も下げ止まったものの、終値では昨年10月以来4カ月ぶりの安値となりました。 個別銘柄では、トヨタ、ソニー、NTT、三菱UFJなど主力銘柄が総崩れ。海外投資家の日本離れが進むとの見方から、野村、大和など証券株の下げがきつくなりました。半面、…
 
21日の東京市場は日経平均が2万3386円74銭(▲92.41)、TOPIXは1674.00(▲0.48)。  前日の米国市場は3指数とも冴えず。東京市場は日経平均が52円安でスタート。その後、プラスに浮上する場面もありましたが、週末とあって動きは鈍く、ほどなくマイナス転落。為替が1ドル=112円に乗せたものの、あまり買い材料にはなりませんでした。  東証1部売買高は11億5539万株、売買代金は2兆968億円。値上がり銘柄数は946、値下がり銘柄数は1094。TOPIX業種別騰落率は保険、情報通信、石油石炭、金属、自動車など9業種が上昇。紙パルプ、農林水産、サービス、精密、食品など24業種が下落。  個別銘柄では、コロナウイルスへの警戒感からか、ファナック、コマツ、安川電など中国関連が弱含…
 
 20日の東京市場は日経平均が2万3479円15銭(△78.45)、TOPIXは1674.48(△2.62)。  前日の米国市場は3指数ともしっかり。東京市場は日経平均が266円高でスタート。1ドル=111円40~50銭という円安を背景に一時は406円高しましたが、国内で新たにコロナ感染者や死者が出たと伝わり、買い意欲が減退。上げ幅を大きく縮小しました。  東証1部売買高は11億7403万株、売買代金は2兆1810億円。値上がり銘柄数は744、値下がり銘柄数は1298。TOPIX業種別騰落率は、鉱業、自動車、紙パルプ、その他金融、保険など21業種が上昇。小売、鉄鋼、陸運、空運、農林水産など12業種が下落。  個別銘柄では、円安を好感しトヨタ、SUBARU、ホンダなど自動車株がしっかり。みずほ…
 
Loading …
Google login Twitter login Classic login