show episodes
 
時事ネタ、本、映画、音楽の話がメイン。速水健朗(はやみずけんろう)ライター・編集者。新刊準備中。著作「ラーメンと愛国』『フード左翼とフード右翼』『東京β』ほか。 mail: hayamiz_k@yahoo.co.jp 番組作りの参考のため、以下のアンケートにご協力をお願いいたします。 https://www.tbs.co.jp/radio/podcast/en.html TBS Podcastサイト:https://www.tbsradio.jp/podcast/
  continue reading
 
社会を新しい視点から眺めてみるポッドキャスト。 主なトピックは【現代芸術シーン】【テクノロジー】【時事ネタ】【音楽】【漫画・アニメ】【社会課題】など!
  continue reading
 
関西の一般女性によるpodcastです。80年代生まれがなつかしの90年代エンタメトークや芸能ネタ、その他雑談など、ゆるめに配信してます。perfume、ドラマ、時事ネタなど。物事の裏側、裏ネタ好きです。☆お引越ししました。▽radiotalk(ここだけの生配信もときどきしてます~)https://radiotalk.jp/program/7142▽ituneshttps://podcasts.apple.com/jp/podcast/id1573841216▽spotifyhttps://open.spotify.com/show/7JZ1sw2ow5a29A3NY6ZbtY?si=O1Fyjaj5SGa1oslSRmXbAA▽amazonmusichttps://music.amazon.co.jp/podcasts/02be22a2-acdd-4304-a3b4-a0d16d0ba5c4/
  continue reading
 
Artwork

1
やきやラジオ~3rd Stage~

エダ&ケイゴ

Unsubscribe
Unsubscribe
月ごとの
 
正統派社会人オタク20代の2人が、焼肉店「やきや」よりラジオ放送をお送りしますジャンル→(時事ネタ・懐かしTVゲーム・懐かしTV番組・あの頃のプロレス・映画・釣り・為替)80年代90年代のバブル黄金期を学生として満喫した2人のすったもんだ放送「コーナー」 アニメキャラクターを50音順に毎週紹介放送日時→毎週土曜深夜25時(日曜AM1時)より約1時間の生放送 生放送後1週間以内に、その回の放送をブログにアップします 10代にはわからないコアな放送をお聴きください
  continue reading
 
Artwork

1
Radio2.4km -レディオ ニイテンヨンキロ-

Radio2.4km -レディオ ニイテンヨンキロ-

Unsubscribe
Unsubscribe
月ごとの
 
本のレビューやサブカル系/時事ネタ/時には哲学まで、DJジョニーが語りつくすインターネットラジオ、「Radio 2.4km」(レディオ ニイテンヨンキロ)です♪毎週土曜日更新中☆毎月月末土曜日はUSTREAMで生放送☆
  continue reading
 
Loading …
show series
 
ライター・編集者:速水健朗。2024年2月18日録音(S-03:E -07) 信長亡き後に開催された清洲会議。誰が権力を継ぎ、天下の座を得るか。その話と朝倉未来のBreaking Downの役回り、そしてリアリティー番組とヤンキー漫画の話。 三谷幸喜監督『清洲会議』、『Breaking Down』、『代紋TAKE2』原作木内一雅、作画渡辺潤 Learn more about your ad choices. Visit megaphone.fm/adchoicesTBS RADIO による
  continue reading
 
ライター・編集者:速水健朗。2024年2月18日録音(S-03:E -06) 郵便と鉄道は、戦後世代の2大マニア、コレクターを生み出した。つまり、のちのおたくと呼ばれるようになる人たちの原点。その2つがどうしてマニアに好まれるのか、その理由について紆余曲折しながら、ポスト郵便時代の展望についてしゃべっています。 【関連作品】藤子不二雄『ドラえもん』(てんとう虫コミックス9巻「王冠コレクション」)、宇野重規『民主主義とは何か』、『地球の未来のため僕が決断したこと』ビル・ゲイツ、映画『ポストマン』(1997年、ケヴィン・コスナー監督)、ニール・スティーヴンスン『スノウ・クラッシュ』、大澤真幸『虚構の時代の果て――オウムと世界最終戦争』、松本清張『ゼロの焦点』 Learn more about y…
  continue reading
 
ライター・編集者:速水健朗。2024年2月12日録音(S-03:E -05) 50年間の逃亡生活を送っていた桐島聡は、1954年生まれ。学生運動の世代のど真ん中ではなく、およそ4、5才下の世代。彼が音楽バーで聴いていた音楽とは何だったのか。桐島は、ジミ・ヘンドリクスは好きだったのか、スライ・アンド・ファミリーストーンだったのか、サンタナだったのか。なぜジョン・コルトレーンではなかったのか。もし平岡正明が生きていたなら問うたであろうエッセイの内容の話から、村上龍『69 sixty nine』など学生運動と音楽の話。明るいテロとジメジメとした革命の違いについて。 Learn more about your ad choices. Visit megaphone.fm/adchoices…
  continue reading
 
ライター・編集者:速水健朗。2024年2月7日録音(S-03:E -04) 週刊誌嫌悪の空気が高まる昨今。この話と結びつけて考えてみたいのは、国内同士の足の引っ張り合いで誰が得をし、誰が損をするのかという問題。西洋目線のマイクロアグレッション(自覚なき差別)、カタールW杯、東京五輪でちらちらと見えていた、"帝国"とは何か。週刊誌の販売部数が減っていく中でかけてくる最後の戦い。そこにインプレッション・エコノミー、キャンセル・カルチャーがどう関わるのか。 Learn more about your ad choices. Visit megaphone.fm/adchoicesTBS RADIO による
  continue reading
 
時事ネタを得意とする漫才師エル・カブキによるラジオ番組。 質問等はtwitterで#エルラジ このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちらエル・カブキ による
  continue reading
 
ライター・編集者:速水健朗。2024年1月30日録音(S-03:E -03) 舐達磨の『FEEL OR BEEF BADPOP IS DEAD』と芥川賞受賞作「東京都同情棟」(九段理江)を重ね合わせて考えた強すぎる作家主義と失われた「作者の死」のこと。 Learn more about your ad choices. Visit megaphone.fm/adchoicesTBS RADIO による
  continue reading
 
ライター・編集者:速水健朗。2024年1月12日録音(S-03:E -02) 年齢とともにファッションや見た目が変わっていく人々。体を鍛え、いつしかTシャツ姿がトレードマークになった松本人志、いつしかハイネックの黒ニットとリーバイス501で統一していたけど、元々そうではなかったスティーブ・ジョブズ。40歳を迎えた男性が自らのイメージの変化を試みる理由に迫る。 Learn more about your ad choices. Visit megaphone.fm/adchoicesTBS RADIO による
  continue reading
 
ライター・編集者:速水健朗。2024年1月5日録音(S-03:E -001) 「週刊文春ですけど、お話伺えますか」と電話を受けたときの話。聞かれたことをしゃべるとどうなるか、しゃべらないとどうなるか。そして、2023年末の過去イチ大きな文春砲が話題になっているが、それが出たタイミングには2023年の冒頭に起きた話題からのつながりがあるという話の解説と、週刊文春が5年前に世論を敵に回したある報道の話。 Learn more about your ad choices. Visit megaphone.fm/adchoicesTBS RADIO による
  continue reading
 
ライター・編集者:速水健朗。2023年11月29日録音(S-02:E -027) ドラマ版『三体』30話見終わって、その感想。そして、人が陥る派閥分派の構造と、80年代における聖子派、明菜派。「工藤静香は堅実な中森明菜」問題。 Learn more about your ad choices. Visit megaphone.fm/adchoicesTBS RADIO による
  continue reading
 
ライター・編集者:速水健朗。2023年12月23日録音(S-02:E -026) 歌舞伎町で増えた初回無料ホスト。その無料の仕組みを大真面目に考えてみる。参考にする書籍は、2009年に刊行されたクリス・アンダーソンの『フリー 〈無料〉からお金を生みだす新戦略』。ホストの初回無料の仕組みは、「内部相互補助」? では、それは一体誰が払っているのか。この本が流行らせた「フリーミアム」はその後のネット世界でどう広まっていったか。いろいろ検証しながら、本の刊行から14年経った世界から答え合わせをしてみます。 Learn more about your ad choices. Visit megaphone.fm/adchoices…
  continue reading
 
ライター・編集者:速水健朗。2023年12月16日録音(S-02:E -025) 1951年、フランスの教会がサンタクロースを燃やしたのはなぜか。文化人類学者のクロード・レヴィ=ストロースの著書『火あぶりにされたサンタクロース』中沢新一(訳・解説。刊行=角川書店)に書かれているエピソード。文化人類学的に見たクリスマスとは、暴れる子どもたちを封じ込めるための大人による地鎮祭的なもの。そんな話を映画『グレムリン』などを例に取りながらしてみた。 Learn more about your ad choices. Visit megaphone.fm/adchoicesTBS RADIO による
  continue reading
 
ライター・編集者:速水健朗。2023年12月7日録音(S-02:E -024) 新しい消費の形、新しいライフスタイル、新しい世代。常に消費やブームには新しさが求められるけど、特定の価値観や消費を共有し、連帯できる存在を「新しい社会階級の台頭」と呼ぶことがある。スターバックスを利用し、Netflixを使い、ポッドキャストを録音したりする人々をスタバ階級、Netflix階級、ポッドキャスト階級といった風に考えることは可能だろうか。そんなあれこれについて。 Learn more about your ad choices. Visit megaphone.fm/adchoicesTBS RADIO による
  continue reading
 
ライター・編集者:速水健朗。2023年11月29日録音(S-02:E -023) クリスマスソングのスタンダード、マライア・キャリーの『恋人たちのクリスマス』。1994年に発売されたこの曲とフィル・スペクターの1963年の『クリスマス・ギフト・フォー・ユー・フロム・フィル・スペクター』とケネディ大統領の暗殺事件の間にある関係(少しだけと言いながら、それなりに長くなってます)。そして、松田聖子の全米進出とマライア・キャリーのつながり(本題)。 Learn more about your ad choices. Visit megaphone.fm/adchoicesTBS RADIO による
  continue reading
 
ライター・編集者:速水健朗。2023年11月21日録音(S-02:E -022) ウォルター・アイザックソン『イーロン・マスク』について。映画『リアリティ・バイツ』に描かれたX世代の特徴と、1971年生まれのイーロン・マスクの共通点。そして、カウンターカルチャーの革命者とされるジョブズとの違いとは。また、アイアンマン=トニー・スタークが、イーロン・マスクのキャラクターのどこを忠実に再現しているかについて。 リアルサウンドブックス「イーロン・マスクとスティーブ・ジョブズ、ピーター・ティールの違いは?」https://realsound.jp/book/2023/11/post-1493092.html ダグラス・ラシュコフ『デジタル生存デジタル生存競争: 誰が生き残るのか』(ボイジャー) Le…
  continue reading
 
ライター・編集者:速水健朗。2023年11月4日録音(S-02:E -021) 2023年11月3日公開の『ゴジラ-1.0』について。政府も公共も機能しない時代に日本人は、ゴジラに立ち向かうか。『ジョーズ』『白鯨』『プロジェクトX』などを踏まえながら話してみた。後半は、まるで違う議論に。 Learn more about your ad choices. Visit megaphone.fm/adchoicesTBS RADIO による
  continue reading
 
ライター・編集者:速水健朗。2023年11月02日録音(S-02:E -020) 最近読んだ『昭和50年代東京日記』泉麻人の本の話をしながら、ノスタルジーとパロディ、編集者の仕事の変化とメディアの変化についてなど、思うところについて。 Learn more about your ad choices. Visit megaphone.fm/adchoicesTBS RADIO による
  continue reading
 
ライター・編集者:速水健朗。2023年10月23日録音(S-02:E -019) 現代の映画ヒーローたちは、最新のテクノロジーに適応できず、レガシーシステムの逆利用で勝利を収めがちだけど、。それって少なからず機械音痴の開き直りに見えてしまう話。そんな話から機械音痴がいつ生まれ、現代の機械音痴は、それとどう違うかなどの話へ。 『007 ノー・タイム・トゥー・ダイ』『16bitセンセーション ANOTHER LAYER』など hayamiz_k@yahoo.co.jp Learn more about your ad choices. Visit megaphone.fm/adchoicesTBS RADIO による
  continue reading
 
ライター・編集者:速水健朗。2023年10月12日録音(S-02:E -018) 6、7年前、とある大女優へのインタビューのときに、相手方の態度が予想以上だった話。マネージャーがエイミー・ワインハウスのBGMを要求し、本人は2時間遅刻してきて不機嫌。そんなときに大活躍した年配のスタイルストさんんおエピソード。 Learn more about your ad choices. Visit megaphone.fm/adchoicesTBS RADIO による
  continue reading
 
【芸人ノルマ問題】30分トーク エル・カブキ 質問等はtwitterで#エルラジ 時事ネタを得意とする漫才師エル・カブキによるラジオ番組。 このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちらエル・カブキ による
  continue reading
 
ライター・編集者:速水健朗。2023年10月5日録音(S-02:E -017) この30年の日本の自動車のサイズの変化とインフラを通した未来、EV時代のサイズの話。『頭文字D』27巻「怒りのヒルクライム」。RX-7 FD、ランエボ5。 Learn more about your ad choices. Visit megaphone.fm/adchoicesTBS RADIO による
  continue reading
 
時事ネタを得意とする漫才師エル・カブキによるラジオ番組。 質問等はtwitterで#エルラジ このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちらエル・カブキ による
  continue reading
 
ライター・編集者:速水健朗。2023年9月20日録音(S-02:E -016) "エアコン"を巡る文化の歴史。いつから人類は、生活環境の温度度調整をしながら文明を築いてきたか。山下達郎『クリスマス・イブ』、ヘンリー・ミラー『冷房装置の悪夢』、H.P.ラブクラフト『冷気』、ギュスターヴ・ル・ボン『群衆』、マイルス・デイヴィス『クールの誕生』『マイルス・デイヴィス自叙伝』、マーシャル・マクルーハン『メディア論』。 Learn more about your ad choices. Visit megaphone.fm/adchoicesTBS RADIO による
  continue reading
 
ライター・編集者:速水健朗。2023年9月20日録音(S-02:E -015) 架空のラジオ番組というコンセプトで作られた楽曲たちを紹介。なぜ、番組のジングル、放送局のステーションIDなど、本物のラジオ風にした楽曲は、なぜこんなにもたくさん存在するのか。ドナルド・フェイゲン『Nightfly』からEPO『JOEPO』、The Weeknd『Dawn FM』、ロバート・グラスパー『Blacl Radio』、映画『稲村ジェーン』『波の数だけ抱きしめて』など。 「架空ラジオ番組をコンセプトにした楽曲を集めてみた」プレイリスト https://open.spotify.com/playlist/1PHM1BOdMghlXBpcvdd6mD Learn more about your ad choic…
  continue reading
 
時事ネタを得意とする漫才師エル・カブキによるラジオ番組。 質問等はtwitterで#エルラジ このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちらUSER による
  continue reading
 
時事ネタを得意とする漫才師エル・カブキによるラジオ番組。 質問等はtwitterで#エルラジ このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちらエル・カブキ による
  continue reading
 
ライター・編集者:速水健朗。2023年9月7日録音(S-02:E -014) 人生で初めて映画『トラック野郎』シリーズを見てみました。職業モノであり、ロードムービーであり、流れ者たちの物語でもあるこのシリーズ。さらに、『イージー・ライダー』とのつながり、股旅的な要素、アナーキズムやリバタリアン的な要素にふれ、現代のアメリカのリバタリアンたちの話と結びつけて論じてみたくなりました。参照=マシュー・ホンゴルツ・ヘトリング『リバタリアンが社会実験してみた町の話』『リバタリアンとトンデモ医療が反ワクチンで手を結ぶ話』。 Learn more about your ad choices. Visit megaphone.fm/adchoices…
  continue reading
 
ライター・編集者:速水健朗。2023年9月1日録音(S-02:E -013)。 世界的な観光人口が増加し、ときにマナーのよくない観光初心者たちが有名観光地に押し寄せ、地元の生活機能が危うくなっているというのがオーバーツーリズム。日本が観光大国になる直前に起きたある価値観の変化と映画『ロスト・イン・トランスレーション』の関わり、そしてオーバーツーリズムと町中華ブームの関連について。 Learn more about your ad choices. Visit megaphone.fm/adchoicesTBS RADIO による
  continue reading
 
時事ネタを得意とする漫才師エル・カブキによるラジオ番組。 質問等はtwitterで#エルラジ マギー司郎師匠と邂逅 このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちらエル・カブキ による
  continue reading
 
ライター・編集者:速水健朗。2023年8月21日録音(S-02:E -012) 映画「バービー」のラスト。ウェブの解説記事の解釈がいまいち納得できない話。 --- Send in a voice message: https://podcasters.spotify.com/pod/show/kigengire/message Learn more about your ad choices. Visit megaphone.fm/adchoicesTBS RADIO による
  continue reading
 
時事ネタを得意とする漫才師エル・カブキによるラジオ番組。 質問等はtwitterで#エルラジ 三浦マイルドさんの単独ライブで事件は起きた このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちらエル・カブキ による
  continue reading
 
時事ネタを得意とする漫才師エル・カブキによるラジオ番組。 質問等はtwitterで#エルラジ 地上波ドラマにフリー芸人が抜擢された理由 このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 30分トーク エルカブキ.mp3エル・カブキ による
  continue reading
 
ライター・編集者:速水健朗。2023年8月2日録音(S-02:E11) 自分の本の刊行から1ヶ月が過ぎて、ちょっと俯瞰して中身について振り返ってみる。そして、意外と近いテーマをなぞっているとわかった本の話。 <参照> 『もしもし、アッコちゃん?~漫画と電話とチキン南蛮~』東村アキコ。 『1973年に生まれて: 団塊ジュニア世代の半世紀 』速水健朗 --- Send in a voice message: https://podcasters.spotify.com/pod/show/kigengire/message Learn more about your ad choices. Visit megaphone.fm/adchoices…
  continue reading
 
ライター・編集者:速水健朗。2023年8月2日録音(S-02:E10) 遅ればせながら見てきました。「インディ・ジョーンズと運命のダイヤル」について。時の流れに抗えないインディ。歴史と老人が顧みられることのない時代としての1945年と1969年について。隣で見ていた中学生は、映画のどこで飽きたのか。そして、劇中で流れる『イパネマの娘』は、なぜインディ退官の場面で流れるのか。 参照 『ゲッツ/ジルベルト』1964年 『ハリウッド映画の終焉』宇野維正 『検証 ナチスは「良いこと」もしたのか?』小野寺拓也、田野大輔 --- Send in a voice message: https://podcasters.spotify.com/pod/show/kigengire/message Learn…
  continue reading
 
時事ネタを得意とする漫才師エル・カブキによるラジオ番組。 質問等はtwitterで#エルラジ このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちらエル・カブキ による
  continue reading
 
時事ネタを得意とする漫才師エル・カブキによるラジオ番組。 質問等はtwitterで#エルラジ このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちらエル・カブキ による
  continue reading
 
2023年6月26日録音(S-02:E09) 1989年2月号『広告批評』が取り上げたテレビ局がCMを流さなかった2日間について。『1973年に生まれて 団塊ジュニア世代の半世紀』より。訂正:ラ・ムーのくだりで通りの名前まで「青山killer ストーリー」っていってますが、通りの名前はもちろんキラー通り(ストリート)です。 ライター・編集者、速水健朗。 --- Send in a voice message: https://podcasters.spotify.com/pod/show/kigengire/message Learn more about your ad choices. Visit megaphone.fm/adchoices…
  continue reading
 
Loading …

クイックリファレンスガイド