show episodes
 
ニュースの見出しの向こう側を覗いてみましょう。TEDカンファレンス、TEDxイベント、世界中の提携イベントのステージから、政治家、ジャーナリスト、研究者たちが鋭い洞察を伝えてくれます。これらに加え、たくさんのビデオが、英語のスクリプトや最大80の言語から選んだ字幕を付けてTED.comから無料でダウンロードできます。TEDは「広める価値のあるアイデア」を追い求める非営利組織です。
 
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。 誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。 YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか? YES!ささやかに、小文字で、yes!明日への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお聴きください。
 
2005年から本格的に始めた全国を巡る私の「人物記念館の旅」は800館を越えるところまでになってきました。 この「聖人巡礼」では、主に近代現代日本を創った偉人たちの崇高な人生を観察し、そこから絞り出された珠玉の名言を蒐集してきました。 「偉人の名言366 命日編」では、その日に亡くなった偉人の名言を音声で紹介し、私の感想などを簡単に記した文章も配信いたします。 偉人の名言は人生百年時代の人生観を磨き上げるためのソフトインフラです。 一日一言を深く味わうことによって、充実した日々と、その集積である素晴らしい生涯を実現される一助になれば幸いです。 【久恒啓一】 図解Web:http://www.hisatune.net/ プログ:http://k-hisatune.hatenablog.com/ Facebook:https://www.facebook.com/keiichi.hisatune note:https://note.mu/hisatune メルマガ:http://www.mag2.com/m/0000272218.html ■Produced by KOELAB h ...
 
Loading …
show series
 
2021年7月22日(木)OA『奥井規晶のニュース言いたい放題』ポッドキャスト 出演:奥井規晶 パーソナリティ:町亞聖AM1422kHzRadioNippon による
 
2021年7月21日(水)OA ラジオ日本「岩瀬惠子のスマートNEWS」 日本共産党 政策委員長 田村智子さん出演 ※文字をクリックするとポッドキャスト版をお聴きいただけます。 出演:日本共産党 政策委員長 田村智子さん パーソナリティ:岩瀬 惠子 <日本共産党 政策委員長 田村智子さん>AM1422kHzRadioNippon による
 
第一線で活躍をされておられる政治家、学者、ジャーナリスト、文化人等をゲストにお招きし、ゲストが今あるその原点となった出来事等の物語を語っていただく番組。ゲストは、現代中国研究家の津上俊哉氏。進行は・東海大学教授の葉千栄さんと放送作家の梅原由香さん。尚、この配信では、実際のオンエアー時間より長く、オンエアーでお聞きいただけなかった部分も含めお聞きいただけます。番組では、皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。宛先は、〒105-8565 ラジオNIKKEI「私の原点」係 まで または、番組のホームページ右欄にある、番組宛メール送信フォームからも、ご投稿できます。尚、この配信は放送日前の事前収録をしている関係で、その後の動向が変化している可能性がありますことをご了承ください。…
 
昨年、生誕100年を迎えた日本の女性科学者の草分け、猿橋勝子(さるはし・かつこ)。 彼女の名が世界的に知られるようになった研究は、海における放射能汚染です。 ビキニ環礁の水爆実験で降った「死の灰」を分析し、核兵器による放射能汚染に警鐘を鳴らしました。 その成果は、1963年に成立した「部分的核実験禁止条約」につながったのです。 「科学技術は、人類の幸せのために役立てなければならない」。 その確固とした信念は生涯変わることなく、女性科学者を顕彰する「猿橋賞」の創設で、女性に活躍の場が拡がるよう、心を砕きました。 その背景には、彼女自身が体験した、女性科学者として歩みを続けることの難しさがあります。 当時、女性は大学に入ることを許されず、高等女学校のあとの専門学校が、女性の最高学府でした。 芝・…
 
2021年7月15日(木)OA『奥井規晶のニュース言いたい放題』ポッドキャスト 出演:奥井規晶 パーソナリティ:町亞聖AM1422kHzRadioNippon による
 
2021年7月14日(水)OA ラジオ日本「岩瀬惠子のスマートNEWS」 立憲民主党 衆議院議員 馬淵澄夫さん出演 ※文字をクリックするとポッドキャスト版をお聴きいただけます。 出演:立憲民主党 衆議院議員 馬淵澄夫さん パーソナリティ:岩瀬 惠子 <立憲民主党 衆議院議員 馬淵澄夫さん>AM1422kHzRadioNippon による
 
江戸時代後期に活躍した、名前に「東京」という字を持つ戯作者がいます。 山東京伝(さんとう・きょうでん)。 本名は、伝蔵。京橋に住んでいる伝蔵だから、京伝。 あるいは、屋号である京屋の伝蔵だから、京伝と呼ばれた、など諸説あります。 戯作者の戯作とは、もともと位の高い知識人、たとえば武士が名前を隠し、戯れに書いた作品を意味します。 江戸時代初期に木版印刷が普及し、それまで貴族や武家のものだった書物が庶民の手にも渡るようになりました。 黄色い表紙が目印の黄表紙という洒落と風刺を効かせた大人向けの読み物が大流行します。 絵と文章でつづる物語。今の世でいう漫画に近いものです。 葛飾北斎や喜多川歌麿も挿絵を担当しました。 この黄表紙で大ベストセラー作家だったのが、山東京伝です。 京伝は、浮世絵師としても…
 
第一線で活躍をされておられる政治家、学者、ジャーナリスト、文化人等をゲストにお招きし、ゲストが今あるその原点となった出来事等の物語を語っていただく番組。ゲストは、元国土交通大臣、衆議院議員の馬淵澄夫氏。進行は・東海大学教授の葉千栄さんと放送作家の梅原由香さん。尚、この配信では、実際のオンエアー時間より長く、オンエアーでお聞きいただけなかった部分も含めお聞きいただけます。番組では、皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。宛先は、〒105-8565 ラジオNIKKEI「私の原点」係 まで または、番組のホームページ右欄にある、番組宛メール送信フォームからも、ご投稿できます。尚、この配信は放送日前の事前収録をしている関係で、その後の動向が変化している可能性がありますことをご了承ください。…
 
2021年7月8日(木)OA『奥井規晶のニュース言いたい放題』ポッドキャスト 出演:奥井規晶 パーソナリティ:町亞聖AM1422kHzRadioNippon による
 
第一線で活躍をされておられる政治家、学者、ジャーナリスト、文化人等をゲストにお招きし、ゲストが今あるその原点となった出来事等の物語を語っていただく番組。ゲストは、東京財団政策研究所主席研究員・柯隆氏。進行は・東海大学教授の葉千栄さんと放送作家の梅原由香さん。尚、この配信では、実際のオンエアー時間より長く、オンエアーでお聞きいただけなかった部分も含めお聞きいただけます。番組では、皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。宛先は、〒105-8565 ラジオNIKKEI「私の原点」係 まで または、番組のホームページ右欄にある、番組宛メール送信フォームからも、ご投稿できます。尚、この配信は放送日前の事前収録をしている関係で、その後の動向が変化している可能性がありますことをご了承ください。…
 
2021年7月7日(水)OA ラジオ日本「岩瀬惠子のスマートNEWS」 自由民主党 衆議院議員 稲田朋美さん出演 ※文字をクリックするとポッドキャスト版をお聴きいただけます。 出演:自由民主党 衆議院議員 稲田朋美さん パーソナリティ:岩瀬 惠子 <自由民主党 衆議院議員 稲田朋美さん>AM1422kHzRadioNippon による
 
日和下駄とこうもり傘で東京の下町をくまなく歩き、街のうつろいを40年に渡り、日記にしたためた文豪がいます。 永井荷風(ながい・かふう)。 荷風は、その日記『断腸亭日乗』を亡くなる前日まで書き続けました。 激動の世相をとらえ、戦時中は、防空壕の中でも筆を走らせたと言われています。 独特のユーモアとペーソス。 何より自由な荷風のものの見方、文体は、今も多くの読者を魅了しています。 文京区春日に生まれた彼の筆塚が、荒川区南千住の寺にあります。 通称、三ノ輪の投げ込み寺「浄閑寺」。 吉原の遊女が眠るこの寺に、荷風の詩碑があるのは、彼が花柳界を愛したことに起因しています。 『断腸亭日乗』を書き始めた37歳のときから、彼は、独身を謳歌し、自由であることを最大のテーマに掲げました。 「この世で最も強い人間…
 
2021年7月1日(木)OA『奥井規晶のニュース言いたい放題』ポッドキャスト 出演:奥井規晶 パーソナリティ:町亞聖AM1422kHzRadioNippon による
 
第一線で活躍をされておられる政治家、学者、ジャーナリスト、文化人等をゲストにお招きし、ゲストが今あるその原点となった出来事等の物語を語っていただく番組。ゲストは、参議院議員の杉尾秀哉氏。進行は・東海大学教授の葉千栄さんと放送作家の梅原由香さん。尚、この配信では、実際のオンエアー時間より長く、オンエアーでお聞きいただけなかった部分も含めお聞きいただけます。番組では、皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。宛先は、〒105-8565 ラジオNIKKEI「私の原点」係 まで または、番組のホームページ右欄にある、番組宛メール送信フォームからも、ご投稿できます。尚、この配信は放送日前の事前収録をしている関係で、その後の動向が変化している可能性がありますことをご了承ください。…
 
2021年6月30日(水)OA ラジオ日本「岩瀬惠子のスマートNEWS」 自由民主党 衆議院議員 岸田文雄さん出演 ※文字をクリックするとポッドキャスト版をお聴きいただけます。 出演:自由民主党 衆議院議員 岸田文雄さん パーソナリティ:岩瀬 惠子 <自由民主党 衆議院議員 岸田文雄さん>AM1422kHzRadioNippon による
 
日本初の近代演劇女優のひとりに名を連ねる、長野県出身の舞台俳優がいます。 松井須磨子(まつい・すまこ)。 最近、NHK朝の連続テレビ小説の、登場人物のモデルとして取り上げられ、話題になりました。 ドラマの中で演じていたのが、イプセンの『人形の家』。 松井須磨子は、近代女性の自立をテーマにしたこの作品で、新劇女優の地位を不動のものにしたのです。 『人形の家』を演出したのは、彼女が尊敬し、愛した演劇人、島村抱月(しまむら・ほうげつ)でした。 抱月が流行していたスペイン風邪に倒れ、命を落とすと、須磨子はあとを追い、32歳の若さでこの世を去ります。 鼻の整形手術や、二度の離婚。 妻子ある男性との恋愛や歯に衣着せぬ物言い。 スキャンダルに事欠かない波乱の人生でしたが、須磨子自身は、ただ、己が信じた芸術…
 
2021年6月24日(木)OA『奥井規晶のニュース言いたい放題』ポッドキャスト 出演:奥井規晶 パーソナリティ:町亞聖AM1422kHzRadioNippon による
 
第一線で活躍をされておられる政治家、学者、ジャーナリスト、文化人等をゲストにお招きし、ゲストが今あるその原点となった出来事等の物語を語っていただく番組。ゲストは、ジャーナリストの角谷浩一氏。進行は・東海大学教授の葉千栄さんと放送作家の梅原由香さん。尚、この配信では、実際のオンエアー時間より長く、オンエアーでお聞きいただけなかった部分も含めお聞きいただけます。番組では、皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。宛先は、〒105-8565 ラジオNIKKEI「私の原点」係 まで または、番組のホームページ右欄にある、番組宛メール送信フォームからも、ご投稿できます。尚、この配信は放送日前の事前収録をしている関係で、その後の動向が変化している可能性がありますことをご了承ください。…
 
2021年6月23日(水)OA ラジオ日本「岩瀬惠子のスマートNEWS」 日本共産党 書記局長 小池晃さん出演 ※文字をクリックするとポッドキャスト版をお聴きいただけます。 出演:日本共産党 書記局長 小池晃さん パーソナリティ:岩瀬 惠子 <日本共産党 書記局長 小池晃さん>AM1422kHzRadioNippon による
 
世界的に有名な江戸時代の浮世絵師が、再び脚光を浴びています。葛飾北斎(かつしか・ほくさい)。 先月末に公開された映画『HOKUSAI』は、青年期の北斎を柳楽優弥、晩年を田中泯が、それぞれ熱演。 謎に包まれた孤高の絵師の生涯を、スクリーンに焼き付けました。 宮本亞門演出の舞台『画狂人 北斎』も今年再演され、どんなことがあっても、くじけず、筆を置くことのない北斎の姿は、私たちの心に大切な何かを投げかけているようです。 葛飾北斎が、初めて長野県の小布施という町に足を踏み入れたのは、83歳だったと言われています。 当時はもちろん電車もクルマもなく、老体に鞭打って、命からがら遥か彼方を目指した理由。 そこには、彼の絵に対する、決して消えない情熱の証がありました。 その頃、江戸は、天保の大飢饉で混乱を極…
 
第一線で活躍をされておられる政治家、学者、ジャーナリスト、文化人等をゲストにお招きし、ゲストが今あるその原点となった出来事等の物語を語っていただく番組。ゲストは、衆議院議員の浮島とも子氏。進行は・東海大学教授の葉千栄さんと放送作家の梅原由香さん。尚、この配信では、実際のオンエアー時間より長く、オンエアーでお聞きいただけなかった部分も含めお聞きいただけます。番組では、皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。宛先は、〒105-8565 ラジオNIKKEI「私の原点」係 まで または、番組のホームページ右欄にある、番組宛メール送信フォームからも、ご投稿できます。尚、この配信は放送日前の事前収録をしている関係で、その後の動向が変化している可能性がありますことをご了承ください。…
 
波乱万丈な人生をたくましく生き抜いた、長野県出身のプロレタリア作家がいます。 平林たい子(ひらばやし・たいこ)。 女流文学会会長だった彼女は、姐御的な存在として後進の女性作家を育てる一方で、女傑と呼ばれ、男の論理が幅をきかす文壇に一石を投じました。 歯に衣着せぬ発言。エネルギッシュな創作欲。 さぞかし怖いイメージかと思いきや、会ったひとの脳裏に残っている彼女の印象は、皆一様に、美しい笑顔でした。 貧しい少女時代、アナーキストととの同棲、検挙。 朝鮮や満州への逃避行や病。 人生を翻弄するさまざまな出来事を、彼女は、小説にすることで前へ前へと進み続けました。 思うがままにならない人生や社会の理不尽から、目をそらさずに。 彼女の出身地、長野県諏訪市にある「平林たい子記念館」。 「郷里のために役に立…
 
第一線で活躍をされておられる政治家、学者、ジャーナリスト、文化人等をゲストにお招きし、ゲストが今あるその原点となった出来事等の物語を語っていただく番組。ゲストは、参議院議員、元厚労副大臣の大塚耕平氏。今回は、ラジオ放送に先立ち、収録時点でのお話しをノーカットでお送りします。進行は・東海大学教授の葉千栄さんと放送作家の梅原由香さん。尚、この配信では、実際のオンエアー時間より長く、オンエアーでお聞きいただけなかった部分も含めお聞きいただけます。番組では、皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。宛先は、〒105-8565 ラジオNIKKEI「私の原点」係 まで または、番組のホームページ右欄にある、番組宛メール送信フォームからも、ご投稿できます。尚、この配信は放送日前の事前収録をしている関係…
 
軽井沢をこよなく愛したアーティスト、ジョン・レノン。 昨年、生誕80年、没後40年を迎え、展覧会やイベントが数多く企画されました。 その流れは今年も続き、彼のファースト・ソロ・アルバム『ジョンの魂』が発売から50周年になることを記念して、初のマルチ・フォーマットでリリースされるなど、今もなお、ジョン・レノンは私たちの傍らにいます。 昨年出版された、藤本国彦 著『ジョン・レノン伝』は、日本人による初めての本格評伝として話題になりました。 その本の帯には、こう記されています。 ―「ジョン・レノン現象」は続いている― マスコミの至る所で叫ばれる「SDGs」のほとんども、いち早くジョンが唱えていました。 ジョンが、日本の軽井沢で過ごした時間こそ、「おうちじかん」の先駆けだったのかもしれません。 そし…
 
第一線で活躍をされておられる政治家、学者、ジャーナリスト、文化人等をゲストにお招きし、ゲストが今あるその原点となった出来事等の物語を語っていただく番組。今配信回(5月27日放送回)のゲストは、ノンフィクション作家の小松成美さん進行は・東海大学教授の葉千栄さんと放送作家の梅原由香さん。尚、この配信では、実際のオンエアー時間より長く、オンエアーでお聞きいただけなかった部分も含めお聞きいただけます。番組では、皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。宛先は、〒105-8565 ラジオNIKKEI「私の原点」係 まで または、番組のホームページ右欄にある、番組宛メール送信フォームからも、ご投稿できます。尚、今回の配信が当初予定よりおくれましたことお詫び申し上げます。…
 
童謡『シャボン玉』や『十五夜お月さん』で知られる、詩人・野口雨情(のぐち・うじょう)。 彼は、最晩年の一年あまりを、栃木県宇都宮市鶴田町で過ごしました。 61歳のときに発症した脳出血の療養と、いよいよ激化する戦争から逃れる疎開のため、妻のふるさとに移り住んだのです。 栃木百名山のひとつ、羽黒山を望む山麓で、雨情は、今までの人生では考えられないほど、穏やかで優しい時間に包まれました。 父の事業の失敗、そして死。 我が子を失い、酒におぼれた日々。 18歳で詩を書き始めますが、世の中に認められるまで、およそ20年かかっています。 全国を放浪し、仕事をしても続かず、安住の地を見つけることができませんでした。 それでも、創作には真摯に向き合い、子どもたちの心に少しでも灯りをともしたいと、童謡を書き続け…
 
第一線で活躍をされておられる政治家、学者、ジャーナリスト、文化人等をゲストにお招きし、ゲストが今あるその原点となった出来事等の物語を語っていただく番組。今配信回(5月20日放送回)のゲストは、獨協大学教授でエコノミストの森永卓郎さん進行は・東海大学教授の葉千栄さんと放送作家の梅原由香さん。尚、この配信では、実際のオンエアー時間より長く、オンエアーでお聞きいただけなかった部分も含めお聞きいただけます。番組では、皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。宛先は、〒105-8565 ラジオNIKKEI「私の原点」係 まで または、番組のホームページ右欄にある、番組宛メール送信フォームからも、ご投稿できます。尚、今回の配信が当初予定よりおくれましたことお詫び申し上げます。…
 
環境を守るために命がけで戦った、栃木県出身の偉人がいます。 田中正造(たなか・しょうぞう)。 日本初の公害事件と言われる、足尾鉱毒問題。 明治時代、栃木県の足尾銅山では、たくさんの銅が採掘されていましたが、銅を掘った時に出る鉱毒をそのまま渡良瀬川に流していたのです。 毒はたまり、田畑を枯らし、魚や家畜が死に、ついには下流に暮らす人々にまで影響が出ました。 政治家だった田中正造は、この問題に真摯に取り組み、国会でも発言。 即刻、銅山は採掘を停止するよう、訴えました。 彼の発言で社会問題になりましたが、騒ぎが大きくなることを恐れた政府は、話し合いで収束をはかろうとします。 そんなとき、洪水が起き、川が氾濫。 鉱毒の被害は、栃木県のみならず、群馬、埼玉、東京、千葉へと拡がってしまいました。 今から…
 
『王将』『矢切の渡し』など、数々のヒット曲を生んだ、栃木県出身の偉大な作曲家がいます。 船村徹(ふなむら・とおる)。 美空ひばりや北島三郎など名立たる歌手に楽曲を提供。 手がけた曲は、5500を越え、今も歌番組で特集が組まれ、多くのひとに歌い継がれています。 日光街道ニコニコ本陣に併設された「日本のこころのうたミュージアム・船村徹記念館」を訪ねれば、彼の足跡や作曲した音楽の素晴らしさに触れることができます。 彼が紡ぎだした、深い情愛を感じる旋律は「船村メロディー」と呼ばれていますが、そのバックボーンには、ふるさと・栃木が関係している、と言ってもいいかもしれません。 18歳で東京の音楽学校に入学した船村は、自らの栃木弁に激しいコンプレックスを持っていました。 見渡せば、同級生は都会の裕福な家の…
 
第一線で活躍をされておられる政治家、学者、ジャーナリスト、文化人等をゲストにお招きし、ゲストが今あるその原点となった出来事等の物語を語っていただく番組。ゲストは、スポーツジャーナリストの二宮清純氏。今回は、ラジオ放送に先立ち、収録時点でのお話しをノーカットでお送りします。進行は・東海大学教授の葉千栄さんと放送作家の梅原由香さん。尚、この配信では、実際のオンエアー時間より長く、オンエアーでお聞きいただけなかった部分も含めお聞きいただけます。番組では、皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。宛先は、〒105-8565 ラジオNIKKEI「私の原点」係 まで または、番組のホームページ右欄にある、番組宛メール送信フォームからも、ご投稿できます。尚、この配信は放送日前の事前収録をしている関係で…
 
今も読み継がれる小説『路傍の石』を書いた、栃木県出身の作家がいます。 山本有三(やまもと・ゆうぞう)。 栃木市の文学碑には、『路傍の石』のこんな一節が自然石に刻まれています。 「たったひとりしかない自分を、たった一度しかない一生を、ほんとうに生かさなかったら、人間、生まれてきたかいがないじゃないか」 この平井町の山本有三文学碑は、有三が昭和35年、栃木市名誉市民に推挙されたことを記念して建てられました。 昭和38年3月9日の除幕式には、当時78歳だった有三本人が出席しています。 現在、「こどもの読書週間」の最中ですが、学級文庫に必ずと言っていいほど置いてある『路傍の石』は、ドイツ文学の影響を受けた有三が書いた、ビルドゥングス・ロマン、教養小説です。 主人公・吾一は、貧しい家庭に生まれたがゆえ…
 
第一線で活躍をされておられる政治家、学者、ジャーナリスト、文化人等をゲストにお招きし、ゲストが今あるその原点となった出来事等の物語を語っていただく番組。ゲストは、ジャーナリストの鈴木哲夫氏。今回は、ラジオ放送に先立ち、収録時点でのお話しをノーカットでお送りします。進行は・東海大学教授の葉千栄さんと放送作家の梅原由香さん。尚、この配信では、実際のオンエアー時間より長く、オンエアーでお聞きいただけなかった部分も含めお聞きいただけます。番組では、皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。宛先は、〒105-8565 ラジオNIKKEI「私の原点」係 まで または、番組のホームページ右欄にある、番組宛メール送信フォームからも、ご投稿できます。尚、この配信は放送日前の事前収録をしている関係で、その後…
 
「日本のゴーギャン」と言われる、栃木県出身の孤高の画家がいます。 田中一村(たなか・いっそん)。 亜熱帯の植物や鳥、ナイーフ派の作風は、アンリ・ルソーにも似て、独自の世界を構築しています。 一村の人気は留まることがなく、今年、京都の美術館「えき」KYOTOにて、「田中一村展 奄美へとつづく道」という展覧会も開催される予定です。 その展覧会で謳われたとおり、彼は失意の中、単身50歳になってから奄美大島に渡りました。 そこで出会う、南国の景色や風、果物や野菜、植物・動物に心惹かれ、絵のモチーフにしたことで、「日本のゴーギャン」と言われるようになりました。 一村は、幼い頃に神童と言われ、絵の才能もずば抜けていましたが、なぜか絵画展には、ことごとく落選しました。 めげずに何度応募しても、また落選。 …
 
第一線で活躍をされておられる政治家、学者、ジャーナリスト、文化人等をゲストにお招きし、ゲストが今あるその原点となった出来事等の物語を語っていただく番組。この配信では、4月15、22日放送のゲスト、ラジオパーソナリティ・高嶋秀武氏、日本大学芸術学部長・木村政司氏と、進行役の東海大学教授の葉千栄さんの鼎談の模様を、まとめたものを送信します。アシスタントは、放送作家の梅原由香さん。尚、この配信では、実際のオンエアー時間より長く、オンエアーでお聞きいただけなかった部分も含めお聞きいただけます。番組では、皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。宛先は、〒105-8565 ラジオNIKKEI「私の原点」係 まで または、番組のホームページ右欄にある、番組宛メール送信フォームからも、ご投稿できます。…
 
百花繚乱の春、4月24日は、ある偉人の誕生日です。 その偉人は、高知が生んだ「日本の植物分類学の父」、牧野富太郎(まきの・とみたろう)。 彼が残したおよそ40万点とも言われる標本や観察記録は、野に咲く草花から野菜まで幅広く、世界中の植物学者から驚きと賞賛を得ました。 命名した植物も1500種類以上を数え、一生を植物学に捧げたのです。 牧野が94歳の生涯を閉じた翌年、1958年、彼のふるさとに高知県立牧野植物園ができました。 五台山の起伏を生かした、およそ8ヘクタールの園内には、3000種類以上の、牧野博士ゆかりの野生植物たちが四季を彩っています。 また牧野富太郎記念館も併設されており、遺族から寄贈された蔵書およそ4万5000冊や、直筆の原稿やスケッチなどがおさめられ、博士の功績を辿ることがで…
 
今も、多くの作家に多大な影響を与え続ける、高知県出身の小説家がいます。 倉橋由美子(くらはし・ゆみこ)。 小説『パルタイ』で鮮烈なデビューを飾り、いきなり芥川賞候補になったのが、24歳の時。 以来45年間に及ぶ作家生活で、『暗い旅』『聖少女』というフランス文学に影響を受けた小説や、シェル・シルヴァスタインの『ぼくを探しに』、サン=テグジュペリ『星の王子さま』の翻訳など、多くの作品を残しました。 『ぼくを探しに』の訳者あとがきに、彼女はこんな文章を書いています。 「いつまでも自分のmissing pieceを追いつづける、というよりその何かが『ない』という観念をもちつづけることが生きることのすべてであるような人間は芸術家であったり駄目な人間であったりして、とにかく特殊な人間に限られる」 何かが…
 
第一線で活躍をされておられる政治家、学者、ジャーナリスト、文化人等をゲストにお招きし、ゲストが今あるその原点となった出来事等の物語を語っていただく番組。4月8日放送のゲストは、ジャーナリストで映画評論家でもある角谷浩一氏。進行は・東海大学教授の葉千栄さんと放送作家の梅原由香さん。尚、この配信では、実際のオンエアー時間より長く、オンエアーでお聞きいただけなかった部分も含めお聞きいただけます。番組では、皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。宛先は、〒105-8565 ラジオNIKKEI「私の原点」係 まで または、番組のホームページ右欄にある、番組宛メール送信フォームからも、ご投稿できます。尚、この配信は放送日時を起点にした話題展開となっておりますので、その後の動向が変かしている可能性が…
 
戦前戦後の激動期、国民に寄り添い、国民に笑顔を届け続けた、高知県出身の偉大な漫画家がいます。 横山隆一(よこやま・りゅういち)。 日本の漫画史に名を刻む代表作『フクちゃん』は、『東京朝日新聞』東京版に連載された『江戸っ子健ちゃん』の脇役からスタートしました。 その腕白ぶりは多くのひとに愛され、主役となり、さまざまな活躍を経て、1956年、ついに全国紙『毎日新聞』で連載がスタートします。 以来、連載は15年間、5,534回にも及び、終了にあたっては、日本中に惜しむ声があふれました。 高知市にある「横山隆一記念まんが館」は、来年開館20周年を迎えます。 常設の「フクちゃん通り」では、ノスタルジックな昭和の世界にタイムスリップすることができます。 また、漫画を中心におよそ10,000冊以上が無料で…
 
第一線で活躍をされておられる政治家、学者、ジャーナリスト、文化人等をゲストにお招きし、ゲストが今あるその原点となった出来事等の物語を語っていただく番組。今配信回(4月1日放送回)のゲストは、獨協大学教授でエコノミストの森永卓郎さん進行は・東海大学教授の葉千栄さんと放送作家の梅原由香さん。尚、この配信では、実際のオンエアー時間より長く、オンエアーでお聞きいただけなかった部分も含めお聞きいただけます。番組では、皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。宛先は、〒105-8565 ラジオNIKKEI「私の原点」係 まで または、番組のホームページ右欄にある、番組宛メール送信フォームからも、ご投稿できます。尚、今回の配信が当初予定よりおくれましたことお詫び申し上げます。…
 
戦前の高名な物理学者でありながら、夏目漱石 門下生として文学にも造詣が深かった、いわば二刀流の賢人がいます。 寺田寅彦(てらだ・とらひこ)。 高知県高知市にある寺田寅彦記念館の建物は、寅彦が4歳から19歳まで過ごした旧宅を復元したものです。 この記念館は、昭和42年に高知市史跡に指定され、当時のたたずまいを残しています。 最近再び、彼の随筆が脚光を浴びているのをご存知でしょうか。 テーマは、災害。 今からおよそ90年前、寅彦は、こんな文章を書いています。 『津浪と人間』より ・・・「非常時」が到来するはずである。 それは何時だかは分からないが、来ることは来るというだけは確かである。 今からその時に備えるのが、何よりも肝要である。・・・ 寺田寅彦のこの一節は、昭和8年、「昭和三陸地震」が東北地…
 
第一線で活躍をされておられる政治家、学者、ジャーナリスト、文化人等をゲストにお招きし、ゲストが今あるその原点となった出来事等の物語を語っていただく番組。今配信回(3月25日放送回)のゲストは、ノンフィクション作家の小松成美さん進行は・東海大学教授の葉千栄さんと放送作家の梅原由香さん。尚、この配信では、実際のオンエアー時間より長く、オンエアーでお聞きいただけなかった部分も含めお聞きいただけます。番組では、皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。宛先は、〒105-8565 ラジオNIKKEI「私の原点」係 まで または、番組のホームページ右欄にある、番組宛メール送信フォームからも、ご投稿できます。尚、今回の配信が当初予定よりおくれましたことお詫び申し上げます。…
 
今もなお、国内外のアーティストに影響を与え続ける映画監督がいます。 相米慎二(そうまい・しんじ)。 岩手県盛岡市で生まれた彼は、1980年、薬師丸ひろ子出演の『翔んだカップル』で監督デビュー。 翌年の『セーラー服と機関銃』で興行的に大成功をおさめ、1985年の『台風クラブ』は、第一回東京国際映画祭でグランプリを受賞し、名実ともに名監督の座にのぼりました。 その徹底した演技指導は、俳優を追い詰め、時に涙を流しても、相米は容赦しませんでした。 演技経験のあまりない少年少女にも、何回も何回も繰り返し演じさせました。 彼は俳優に、自分で考えることを強いたのです。 「おまえの役なんだから、もっと他にあるだろう! もっと面白いものがあるだろう! 役っていうのはな、役者がゼロからつくるんだ!」 撮影中、何…
 
第一線で活躍をされておられる政治家、学者、ジャーナリスト、文化人等をゲストにお招きし、ゲストが今あるその原点となった出来事等の物語を語っていただく番組。今配信回(3月18日放送回)のゲストは、フジテレビ解説委員、ジャーナリストの鈴木款さん進行は・東海大学教授の葉千栄さんと放送作家の梅原由香さん。尚、この配信では、実際のオンエアー時間より長く、オンエアーでお聞きいただけなかった部分も含めお聞きいただけます。番組では、皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。宛先は、〒105-8565 ラジオNIKKEI「私の原点」係 まで または、番組のホームページ右欄にある、番組宛メール送信フォームからも、ご投稿できます。尚、今回の配信が当初予定よりおくれましたことお詫び申し上げます。…
 
日本のポップミュージック界を牽引し、今なお多くの人々に影響を与え続けている、岩手県出身のアーティストがいます。 大瀧詠一(おおたき・えいいち)。 明日3月21日には、伝説のアルバム『A LONG VACATION』の発売40周年を記念して『A LONG VACATION 40th Anniversary Edition』がリリースされます。 このアルバムにも収められている代表曲『君は天然色』は、昨年公開され、第33回東京国際映画祭で「観客賞」を受賞した映画『私をくいとめて』の挿入歌としても話題になりました。 この『君は天然色』は、彼のふるさと岩手県のJR水沢江刺駅の発車メロディにも採用されています。 40年経った今も色あせず、さまざまな世代に支持され続ける大瀧の楽曲や歌声の魅力は、才能という…
 
第一線で活躍をされておられる政治家、学者、ジャーナリスト、文化人等をゲストにお招きし、ゲストが今あるその原点となった出来事等の物語を語っていただく番組。今配信回(3月11日放送回)のゲストは、作家の江上剛さん進行は・東海大学教授の葉千栄さんと放送作家の梅原由香さん。尚、この配信では、実際のオンエアー時間より長く、オンエアーでお聞きいただけなかった部分も含めお聞きいただけます。番組では、皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。宛先は、〒105-8565 ラジオNIKKEI「私の原点」係 まで または、番組のホームページ右欄にある、番組宛メール送信フォームからも、ご投稿できます。尚、今回の配信が当初予定よりおくれましたことお詫び申し上げます。…
 
日本初の本格的政党政治を行った、岩手県出身の偉人がいます。 原敬(はら・たかし)。 第19代内閣総理大臣として大正デモクラシーを牽引、生涯、爵位を拒み続けたことから、平民宰相と呼ばれました。 明治維新の荒波にのまれ、裕福な上級武士の家系だった原家は、一気に衰退。 父も早くに亡くした原は、経済的な逼迫の中、苦学で志を遂げます。 岩手県盛岡市にある「原敬記念館(はらけいきねんかん)」は、原の生家に隣接して建てられた記念館です。 民主政治に、文字通り命をかけた偉人の業績をたたえ、政界の貴重な資料や、日々の想いを詳しく書き綴った「原敬日記(はらけいにっき)」などが展示されています。 敷地内の12本の桜。 そのうちの1本、生家の池のほとりにある桜の木は、原の父が南部の殿様からいただいた「戴き桜」です。…
 
第一線で活躍をされておられる政治家、学者、ジャーナリスト、文化人等をゲストにお招きし、ゲストが今あるその原点となった出来事等の物語を語っていただく番組。ゲストは、フォトグラファーでノンフィクション作家の小松由佳氏。今回は、3月4日放送のノーカットバージョンの音声配信となります。進行は・東海大学教授の葉千栄さんと放送作家の梅原由香さん。尚、この配信では、実際のオンエアー時間より長く、オンエアーでお聞きいただけなかった部分も含めお聞きいただけます。番組では、皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。宛先は、〒105-8565 ラジオNIKKEI「私の原点」係 まで または、番組のホームページ右欄にある、番組宛メール送信フォームからも、ご投稿できます。尚、この配信は放送日時を起点にした話題展開…
 
『銭形平次捕物控』で流行作家になり、さらに「あらえびす」というペンネームで音楽評論家としても名を成した、小説家がいます。 野村胡堂(のむら・こどう)。 彼の生まれ故郷、岩手県紫波町にある「野村胡堂・あらえびす記念館」には、彼の著作や原稿、蒐集したレコードが数多く展示されています。 記念館の屋根は、岩手県の代表的な建築様式「南部曲がり家」。 丘の上に立つ壮麗な建物の北には、岩手山が悠然とそびえています。 彼の名を一躍有名にした『銭形平次捕物控』は、27年にもわたり書き続けられ、383編もの物語が産み出されました。 なぜ、それほどまでに銭形平次が愛されたのか。 そこには、作者・胡堂の心を投影した平次の優しさがあったのです。 「罪を憎んで、ひとを憎まず」 「行為を罰しても、動機は罰しない」。 平次…
 
第一線で活躍をされておられる政治家、学者、ジャーナリスト、文化人等をゲストにお招きし、ゲストが今あるその原点となった出来事等の物語を語っていただく番組。ゲストは、外交ジャーナリストの手嶋龍一氏。今回は、2月25日放送のノーカットバージョンの音声配信となります。進行は・東海大学教授の葉千栄さんと放送作家の梅原由香さん。尚、この配信では、実際のオンエアー時間より長く、オンエアーでお聞きいただけなかった部分も含めお聞きいただけます。番組では、皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。宛先は、〒105-8565 ラジオNIKKEI「私の原点」係 まで または、番組のホームページ右欄にある、番組宛メール送信フォームからも、ご投稿できます。尚、この配信は放送日時を起点にした話題展開となっておりますの…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login