Download the App!

show episodes
 
天使のモーニングコールは、幸福の科学が提供するラジオ番組です。家庭や職場の悩み解決、成功の秘訣、スピリチュアルな話題まで様々なテーマで、幸福の科学 大川隆法総裁の仏法真理をお届けしています。
 
Loading …
show series
 
【今回のポイント】 ◇『メシアの法』の教えは、幸福実現党の使命そのもの ◇危機の時代だからこそ、救いの手が差し伸べられている ◇日本の流れている情報は世界のなかでは「お花畑」―? ◇神の愛の流れは一度も止まったことはない 4月29日(金・祝)にハッピー・サイエンス・ユニバーシティ未来創造・東京キャンパスにて「天使のモーニングコール」公開録音が行われました!その模様を2週にわたってお届けします♪今回は第1部でお届けした、幸福実現党 党首 釈量子さんとのトークをお送りします。世界が混迷を極める中、私たちはどのように生きていけばいいのかを一緒に探求していきましょう。番組後半には「水の革命」(作詞作曲・大川隆法 歌・恍多)をお届けします♪お楽しみに! ★紹介御法話:「メシアの愛」より抜粋…
 
【今回のポイント】 ◇『仕事をしたい』という気持ちは人間の天分である ◇神仏から与えられた「創造性の発揮の場」 ◇役立つ仕事は、“愛”に裏打ちされている ◇他の人々への愛を込めた仕事は、決して疲れない ゴールデンウィークはどのように過ごしていますか?新年度の疲れも癒されたでしょうか?でも、長い休暇の後ほど仕事モードに変えるのは一苦労ですよね。仕事っていやだなぁとつぶやきたくなることもあるでしょう。今回は、そんな人ほど知ってほしい、霊的人生観から見た仕事の本質をお伝えいたします♪聞いた後に「仕事」というものが輝いて見えれば幸いです^^番組後半には、5/8の母の日にお送りしたい楽曲「四国の母―数え90歳を祝して」もお届けします♪お楽しみに!…
 
【今回のポイント】 ◇田舎のトンボやチョウチョは、窓ガラスにぶつかる ◇教育、経験、年齢は、自然界にもあるらしい ◇若い人は「メカ」には強いが… ◇年を重ねて磨かれて、練られていく人生の智慧 今週お届けするのは、月刊「幸福の科学」2022年5月号に掲載されている、大川隆法総裁書き下ろしの詩篇、心の指針です。タイトルは「年齢の壁」。人は年齢を重ねては、知識と経験を通して人生の智慧を得ていきます。若者の中にはメカに強く優秀な方も多いですが、若さだけでは得られない強固な「年齢の壁」について、心の指針から学んでみましょう。番組後半には、「花束のようなあなた」(作詞作曲・大川隆法 歌・田村祥子)も紹介します!お楽しみに♪ ★紹介御法話:「人として本物となるには」より抜粋…
 
【今回のポイント】 ◇私たち人間の本質は肉体ではなく「魂」 ◇天才のツボを刺激する人気企画『集まれ、エジソンの卵たち!』 ◇「ユー・アー・エンゼル!」の活動に参加されている方々の声 ◇障害ではなく『強い個性を持っている人間』と信じる 『障害があっても、魂は健全』という理念で、障害のある子どもたちと親御さんを支える活動を展開している一般社団法人「ユー・アー・エンゼル!」。活動を始めて今年で10周年とのことです。今回は、「ユー・アー・エンゼル!」理事長の諏訪裕子(すわ・ひろこ)さんにお越しいただき、人間の本質であるところの、魂の部分に焦点を当ててお話を伺っていきます。「ユー・アー・エンゼル!」の人気企画『集まれ、エジソンの卵たち!』の話から、魂の輝きを発揮していった参加者の方々の声もお届けします…
 
【今回のポイント】 ◇何もしなければ、何も変わらない…! ◇最初の一歩を踏み出す努力と勇気を ◇あなたの中には「成長のエネルギー」が神様から宿されている ◇恐れていることに果敢に戦うことで恐怖は克服できる 新年度は新しいことを始めるには、最適な時期!でも、目標はあるけどなかなか始めるきっかけがつかめなかったという人もいるのではないでしょうか。何もしなければ、本当に何も変わらない…ということを痛感している人も多いはず。何も変わらない自分とはもう、おさらばしたいですよね!今回は、皆さんが春にいいスタートダッシュが切れるよう、この放送がスプリングボードになれますようにと祈りを込めてお届けします!番組後半には、楽曲「塩子恋唄」(作詞作曲・大川隆法 歌・大澤美也子)もお届けしますよ♪ ★紹介御法話:「…
 
【今回のポイント】 ◇人類の歴史は人びとの集合想念によってつくられていく ◇コロナの収束や、戦争で苦しむ人々の安全と平和を願う―“祈り” ◇天使たちも地上に祈り続けている ◇未来を信じつつ、今日も着実な一手を指す 近年、コロナ・パンデミックに始まり、ロシアのウクライナ侵攻など、連日、暗いニュースが流れ、心も暗い気持ちに染められる感じがしますよね。でも、未来は人々の集合想念によってつくられるということはご存知でしょうか。「暗い未来を描けば暗い未来に、明るい未来を描けば明るい未来がやってくる」という引き寄せの法則があります。今回は、明るい未来を皆さんと一緒に祈りあって、引き寄せていけるような仏法真理をお届けします!番組後半には楽曲「愛の星」(作詞作曲・大川隆法 歌・恍多)も紹介しますよ♪お楽しみ…
 
【今回のポイント】 ◇人の心の弱さからでる、自己顕示欲と自己保存欲 ◇近ければ甘え、遠ければひがむ―? ◇信仰心とは“物理的な距離”ではなく“心の距離” ◇出世で、過去の悪さや失敗が帳消しになったわけではない 今週お届けするのは、月刊「幸福の科学」2022年4月号に掲載されている、大川隆法総裁書き下ろしの詩篇、心の指針です。タイトルは「出世を責任逃れに使うな」。出世と言えば「重い責任を負うもの」と思いますが、タイトルから新たな視点を与えられました。一体どういうことなのでしょうか。一緒に詩篇を紐解いていきましょう。ミニコーナーでは、女性誌「アー・ユー・ハッピー?」編集長の吉川枝里さんをお呼びして、「アー・ユー・ハッピー?」最新号の見どころや、先日発刊された書籍「パングルへの変身」(大川紫央・著…
 
【今回のポイント】 ◇桜の花は散るからこそ、美しい ◇この世のものは全て移り変わっていく―諸行無常 ◇桜も命も時期が巡れば、また咲き誇る―転生輪廻 ◇一日一生から来る、儚くとも力強く美しい生き方 春は桜の季節ですね。もう咲いている地域はあるでしょうか。日本人の心を動かす桜の花には、咲き誇る美しさと散ってしまう儚さが両方備わっていますよね。人生もこの桜に通じるものがあります。人間も必ず死を迎えますが、それがあるからこそ人生が輝くものです。桜も命も儚いからこそ美しさがあるもの。そして、桜は季節が巡ればまた咲き誇るように、人間も時期が巡ればまた生まれ変わるという霊的真実があります。今回は桜の花に託して、諸行無常や永遠の生命に思いをはせてみましょう。楽曲「木花開耶姫のテーマ」(作詞作曲・大川隆法 歌…
 
【今回のポイント】 ◇この世とあの世の架け橋となる「来世幸福事業」 ◇この世の生き方、心のあり方が死んでから後の世界を決める ◇正しい供養の仕方とは―? ◇子孫が正しい生き方を示すことが重要 3月21日は春分の日。春のお彼岸で、供養される方もいらっしゃるでしょうか。近年では、AIロボットの読経や宅配僧侶なども話題になり、宗教の存在意義がわかりづらくなってきました…。しかし、宗教は人が死んでからも困らないよう正しい世界観、生き方を教える存在です。番組でも繰り返し、魂の存在やあの世の真実について伝えていきたいと思います。今回は、幸福の科学で来世幸福事業を担当している出家者の山本和荘(やまもと・かずたか)さんをゲストにお呼びして、霊的真実や供養についてのお話を伺います!番組後半には、「春のうた」(…
 
【今回のポイント】 ◇一つの扉が閉まれば、また別の扉が開く ◇河原に落ちたダイヤモンドは必ず人の目につく ◇永遠の生命として、いかに自分は生きるべきか ◇法話「苦しみの世界」の一部を紹介 3月も半ば。新年度の準備をしている人もいらっしゃるでしょうか。自分の目標としていた環境に行きます!という人もいれば、逆に試験や競争に敗れたり、人事の采配であったりで、自分が望んだような環境でないところに行くことになった…という人もいるでしょうか。今日は、「なんでこんな環境にいるのだろうか…」と悩んでいる方に向けて、この放送回をお届けしたいと思います。番組の始めには、この季節にぴったりの「スプリング・ハズ・カム」(作詞・作曲:大川隆法 歌:小原ゆかり)もお届けします♪おたのしみに!…
 
【今回のポイント】 ◇「こんなに○○なのに認めてくれない―。」と考えていないか ◇他人に認められたいという心も、一種の「奪う愛」 ◇あなたは他人の何かを認めたことがあるか ◇他人の愛に対する感謝も「与える愛」の出発点 今週お届けするのは、月刊「幸福の科学」2022年3月号に掲載されている、大川隆法総裁書き下ろしの詩篇、心の指針です。タイトルは「他人の愛に対する感謝」。「こんなに頑張っているのに、認めてくれない。」なんてこと、たくさんありますよね。人は、だれかから認めてほしいという欲求はあるものです。しかし、その欲求は認められたい人にとっては逆効果。一体なぜなのでしょうか。「ウーン」と考え込むある言葉にも注目です!番組後半では「幸福の卵」(作詞・作曲:大川隆法 歌:篠原紗英)もお送りいたします…
 
【今回のポイント】 ◇「メシア」という言葉は海外ではどう捉えられているか ◇悲惨な時代に人々が心の中で求めるのは「メシア(救世主)」 ◇「羊飼いの少年ダビデ」と「3メートルの巨人ゴリアテ」のエピソード ◇人生の中でも「ささやかな戦いの勝利」で自分を救うことが出来る 地球を護る者の声として発刊された、法シリーズ最新刊『メシアの法』。書籍を読み進めると、『旧約聖書』の話や強国による侵略の歴史とメシアについての話が記されています。なぜ、今、この時代にそのような話が綴られるのでしょうか。今回は幸福の科学から、宗教家・及川幸久(おいかわ・ゆきひさ)さんをお呼びして、書籍『メシアの法』について紐解いていきたいと思います。番組後半では「A song celebrating Lord God(「主なる神を讃…
 
【今回のポイント】 ◇一番伝えたいことは「真なる武士道精神の復活」 ◇日本を守ろうとして戦ってくださった人がいたからこそ―。 ◇映画で描かれたものが一部は現実になっていることを知ってほしい ◇武士道精神の源流の「天御祖神の教え」とは 今年に入り、北朝鮮がかつてないペースでミサイルを発射。冬季オリンピックの開催をめぐっては、人権弾圧問題に世界の関心が高まるなど、ここ最近、自由と平和について考えさせられる出来事が多くありました。日本に至っては、ミサイル発射に対して「強く非難し、抗議する」と言うに留まります。そんな今の日本の状態がまさしく反映されているような映画が2月18日に公開されます。タイトルは『愛国女子―紅武士道』。今回は、この映画の総合プロデューサー、大田薫さん、俳優の千眼美子さん、田中宏…
 
【今回のポイント】 ◇今日一日が、人生の最期かもしれないと生きる ◇武士道とは「人を生かすために、死ぬことをも恐れない」 ◇霊的人生観の教えに武士道の始まりがある ◇神仏の心と一体となって「何が正しいか」を問う 2月11日は「建国記念の日」。この日は「建国をしのび、国を愛する心を養う」と、法律で定められた祝日です。言葉を換えれば「愛国心」に思いを馳せる日でもありましょう。今回は、今、甦らせるべき日本の精神として『武士道』をテーマに番組をお届けします!番組後半には『愛国女子は往く』(作詞作曲・大川隆法 歌・篠原紗英)もお送りします♪お楽しみに!
 
【今回のポイント】 ◇「嘘つきは天国に還れない」は、ホント? ◇「嘘」から地獄霊・悪魔を引き寄せる霊的メカニズムとは ◇天国は相手の心がガラス張りのように分かる世界 ◇反省によって、心の曇りを取り除く 今週お届けするのは、月刊「幸福の科学」2022年2月号に掲載されている、心の指針「噓をつくな、ごまかすな。」です。生まれてこのかた、嘘をついたことはありません!と言える人はおそらくいないでしょう。見渡しても、毎日至るところで嘘は出回っています。しかし、噓をつくこと・ごまかすことで、実は悪しき霊的影響が待っているんです。心の指針を紐解きながら、霊的事実について学びを深めていきましょう。番組後半には楽曲「悪い子はいないか―草津赤鬼さんの歌―」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・竹内由羽)を紹介します♪…
 
【今回のポイント】 ◇若き日に「シャンバラ」を目指された伊田館長 ◇『メシアの法』に説かれた「シャンバラ」の秘密とは ◇救世主と呼ばれる方々が修行される場所 ◇唯物論が流行る中、人類に霊的な目覚めを促すために秘密が明かされた―? 法シリーズ最新刊『メシアの法』で、ひときわ興味がそそられる章があります。第4章「地球の心」。ここでは、地球の秘密-シャンバラについて説かれています。神秘のベールの先にあるシャンバラは、いったいどんな場所なのか。そして、『メシアの法』にはどんなことが書かれているのか。今回は、シャンバラを目指されたこともあるという、総本山・日光精舎 伊田信光 館長にお話を伺ってみました。お楽しみに♪…
 
【今回のポイント】 ◇これまであまり見なかった部分に光を当てて、喜びを見いだす ◇自分自身の固有の人生を愛すことも「足ることを知る」ということ ◇幸福とは日々の感謝の発見 ◇真の幸福感には「心の平静」を経験することが大事 世界的なコロナパンデミックによって、私たちの生活は一変しました。変異株も次から次へと見つかり、完全な収束がいつになるかは予測が立ちません。まだまだ元通りの生活とはいかないですが、こんな今だからこそ、「今までとは違った価値観」に気づかせてくれる機会でもあります。今回は「足ることを知る幸福」をテーマに番組をお届けいたします♪番組の中では楽曲「悲しみから喜びへ」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌:恍多)も紹介します。お楽しみに!…
 
【今回のポイント】 ◇三万年前の日本に降臨し、武士道の源流となる教えを説いた「天御祖神」 ◇武士道的精神で語る、霊的真実への探求心 ◇神なき民主主義や軍事政権に対する見解 ◇ワールドティーチャーが語る、未来の指針とは 2021年12月14日、幸福の科学の二大祭典のひとつ、エル・カンターレ祭がさいたまスーパーアリーナで開催され、全世界3500か所に同時中継で大川隆法総裁の大講演会が行われました。講演の演題は「地球を包む愛」。今週はこちらの法話をダイジェストでお届けします。『天御祖神(あめのみおやがみ)』のご存在やその教え、また霊的真実や、世界に対する未来の指針について法話から学んでいきましょう。番組の始めには2月18日公開予定の映画『愛国女子―紅武士道』の特別テーマ曲『天御祖神の降臨』(作詞作…
 
【今回のポイント】 ◇「惜福」「分福」「植福」の考え方 ◇人の悲しみを共に分かち、人の福運を祝福する ◇自分の手柄を吹聴することもなく、他人の欠点を裁かない ◇宗教的精神を持った人に共通する「自己犠牲の精神」 今週お送りするのは、月刊「幸福の科学」2022年1月号に掲載されている大川隆法総裁書き下ろしのことば「心の指針」です。人の価値観はさまざまですが「何に価値を感じるか」によって、その人の人生観や人となりというものは見えてくるものです。今回の心の指針を紐解きながら「損得以外の価値観」とは何なのかを探究していきましょう。番組後半には『青春詩集 愛のあとさき』楽曲シリーズ「存在の愛」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・恍多)もお届けします♪…
 
【今回のポイント】 ◇家のフライパンより大きい「マス」は釣れても逃がす―? ◇物事は、小さく考えないことが非常に大事 ◇祈りは、エネルギーを増幅させるための非常に強い手段 ◇「霊的な自己」の認識が50%を超えると人生が変わる 「一年の計は元旦にあり」という言葉もあるように、2022年の目標を考えるにはとってもいい機会。また、神様に手を合わせて今後の自分の未来を祈念するのも、ぴったりな時期ですね。「今年こそは目標を達成するぞ!」とわくわくする人がいる反面「どうせ自分の能力だとこれくらいしかできないだろうなぁ」なんて諦めの気持ちを持つ人もいるのでは…。しかし、今回はせっかくの新年なので、自己限定をやめて、志大きく1年をはじめられるような番組をお届けできれば幸いです♪番組後半には映画「愛国女子―紅…
 
【今回のポイント】 ◇西暦2000年から見て、20世紀を見る ◇原爆が使われたことによって、宇宙からの本格介入が始まった ◇西暦2100年の立場で21世紀を振り返って… ◇今やらねばならないことは「香港・台湾を護れ」ということ 今週は法シリーズ最新刊『メシアの法』第2章を読み解きます。20世紀は戦争の世紀とも言われるように、二つの世界大戦を経験しました。そして日本に投下された原爆…。もし、2000年から20世紀を振り返り、人類史の転換点に戻って選択をやり直せるとしたら、どんな決断が正しかったのでしょうか。過去は変えられませんが、未来はこれからの選択で変わっていきます。現代に生まれたメシアが2100年の視点から未来への決断を迫ります。番組後半には「The Water Revolution(「水…
 
【今回のポイント】 ◇地球を護る者の声 ◇メシアが生まれる時代背景と役割 ◇救世主の愛の思い ◇「光と闇」「善と悪」を同時代において分かつ「救世主の力」 12月9日に法シリーズ最新刊が発刊されました。毎年、この時期に発刊される大川隆法総裁の法シリーズに注目している人も多いのではないでしょうか。2022年の法シリーズのタイトルは『メシアの法』。一体どんなことが書かれているのでしょうか。書籍を紐解きながら『メシア』について学びを深めてみましょう。オープニングには今の季節ぴったりの楽曲『メリー・クリスマス』(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・大澤美也子)も紹介いたします。お楽しみに♪
 
【今回のポイント】 ◇人より少しだけ重い責任を、軽々と担げる人になる ◇自分の「分」を知って、他の人々を助ける ◇「自分のための人生」から「多くの人のための人生」に変わっていく ◇成長に喜びを感じ、他者への貢献に喜びを感じる 今週お届けするのは、月刊『幸福の科学』2021年12月号に掲載されている、心の指針「大人になれない症候群」です。来年4月から民法上の成人年齢が18歳になるとのことですが、「大人」といわれる年齢に達していても精神的には「子どもみたいな大人」って結構多いかもしれません。今年一年の心の指針を振り返っても「大人になれない症候群」に入るような人たちへの戒めや嘆きのようなものが多かった気がします。本当の意味で「大人になる」とはどういうことなのか、心の指針から学びを深めていきましょう…
 
【今回のポイント】 ◇優しさとは、愛の具体化そのもの ◇愛を与える人が増えれば、ユートピアができる ◇優しさは人格を飾る美徳 ◇透明な風のような「愛」 幸福の科学では「愛」の大切さを教えられていますが、今回はその具体化として「優しさ」をテーマにお届けします。なかなか点数では評価されない「優しさ」。でも、誰でも優しさは善きこととして認識しているはず。愛について思いをはせながら、優しさの価値や美徳の再発見をしていきましょう。楽曲「幸福の卵」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・篠原紗英)も紹介します♪
 
【今回のポイント】 ◇「あなたの心の状態が、霊的存在を引き寄せている」という「波長同通の法則」を知る ◇光明思想で波長を悪霊からずらす ◇悪霊は「優しさ」にいちばん弱い ◇神仏の霊流を引いて、信仰心で戦う 秋から冬へと季節が移り変わってきていますね。感性が豊かになるいい季節。でも反面、切なさや寂しさも増してきて、気分が落ち込んだり、気持ちが晴れなかったりする人もいるのではないでしょうか。気分が沈むと、体調も悪くなったり、自分も他人も神様も信じられない!となることも…。もしかしたら、それは「霊障」が原因になっているかもしれません。自分や身の回りの人の「憑依」や「霊障」から脱出するポイントを学んで、悪霊と戦う武器にしていただければ幸いです。オープニングには、この季節にぴったりの音楽、「秋の風」(…
 
【今回のポイント】 ◇あなたはもしかして“承認欲求モンスター”?! ◇本物と偽物の輝きの違いとは ◇人生の浮力となる「氷山の一角」のたとえ ◇御法話「脚下照顧(きゃっかしょうこ)」の抜粋紹介! 誰しも認められたいという気持ちは持っているものですが、SNS全盛期の昨今、即席で評価を求めようとする様子がよく見受けられます。「いいね!」を求める裏側で、実は劣等感が隠れているものもあるかもしれません。今日は、人から認められたいと思っているあなたに、本物の自信を掴んでほしいという願いを込めて番組をお届けします!番組後半には「宇宙人のヤイドロンさん」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・大川咲也加)も紹介します♪
 
【今回のポイント】 ◇人の心はプログラミングされたロボットとは違う ◇人生のどこかに必ずあるという“落とし穴” ◇自分のしゃべることの二倍、相手の言うことを聞く ◇人の気持ちを理解した分、愛の器も広がっていく 今週お届けするのは、月刊『幸福の科学』2021年11月号に掲載されている、心の指針「人の気持ちがわかるには」です。人の気持ちがわかったらどれほど胸がスッキリするだろうかと思いますよね。しかし、現実には人の気持ちがわかるのはなかなか難しいもの。今回の心の指針を通して、人の気持ちがわかるようになる心構えを学んでみましょう。楽曲「幸福新聞」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・日比野景)も紹介します♪
 
【今回のポイント】 ◇小さな悩みから大きな難題まで、種類も様々な「人生の問題集」 ◇苦しみから逃げることをあきらめ、受け入れる ◇この地上で修行をし、魂を磨き上げる ◇神仏は「人間としての成長」を願っている 「人生は一冊の問題集」といいますが、生きていると「こんな難題、自分には解けないよ…」と頭を抱えることはたくさんあるかと思います。もがいたり足搔いたりしていても、焦り心でなかなか解決できないこともありますよね。今回はそんな苦難困難・挫折で「人生の問題集」につまずいている人に、霊的真実をお届けできればと思います。楽曲「君の瞳は輝いて」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・篠原紗英)も紹介します♪ミニコーナー「愛してますか?」もお楽しみに!…
 
【今回のポイント】 ◇善悪を推定する方法がある ◇「誰が正しいか」ではなく、「何が正しいか」 ◇「大国だから正義」というわけではない ◇善悪を分けていく過程に「智慧の獲得」が成される 現在、世界には190以上の国があり、民族も言語も考え方も様々ですよね。その多様な価値観があることも神仏が認めていることでしょう。しかし、多様な価値観の中で対立や混乱が起きていることも事実です。明確な善悪の価値判断というのが何かが分かれば、未来の選択も変わっていくでしょう。今回は「何が正しいか」をテーマに番組をお届けいたします。番組後半には「堕天使のテーマ」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・TOKMA)もお届けします!ミニコーナー「愛してますか」もお楽しみに(^^)/…
 
【今回のポイント】 ◇読書瞑想で、心の針を天上界に向ける ◇読書することも、現代の座禅 ◇繰り返し恍惚感を得ることで、悟りを垣間見る ◇楽曲「本をよもうよ」を紹介♪ 緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が解除されて約半月経ちましたが、日常は戻りつつありますでしょうか?コロナで生活様式が変わりましたが、おうち時間が増えてスマホを触る時間が増えた。という人も多いかもしれません。雑多な情報の洪水に溺れ、心が雑然と疲弊してしまう…なんてこともあるでしょう。今回はそんなあなたへ心の疲れを癒す読書瞑想をお伝えいたします♪番組後半には、10/8から公開された映画『宇宙の法―エローヒム編―』のイメージソング「始まりのイエス」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・田中宏明)も紹介いたします♪ミニコーナー「愛してますか?…
 
【今回のポイント】 ◇文献もない1億5千万年前のエローヒム神の姿を霊言で解明 ◇エローヒム神が説いた地球的善悪とは? ◇スタジオには、キャラクターがスケッチされたノートが! ◇「絶対矛盾の自己同一」のパングル?! 10/8に公開となる映画『宇宙の法―エローヒム編―』。1億5千万年前の地球が舞台です。この映画では、地球侵略を目論む宇宙人たちと、それを食い止めようとする地球神エロ―ヒム、そして地球を愛する者たちとの戦いが、壮大なスケールと圧倒的な映像美で描かれています!今回は、この映画の監督を務めた今掛勇(いまかけ・いさむ)さんをゲストにお呼びし、映画の見どころなどを伺いました!楽曲「パングルのテーマ」(作詞作曲・大川隆法 歌・篠原紗英)にのせながら、パングルのエピソードも語っていただいています…
 
【今回のポイント】 ◇芦川よしみさんが語る第1回の収録現場とは ◇田中順子さんが語る当時の時勢と総裁の気概 ◇ハワイで根付いている番組と語る、矢崎千恵美さん ◇御法話「信仰からの創造」抜粋を紹介! 2021年10月6日で「天使のモーニングコール」は30周年を迎えることとなりました!30年間この番組を支えてくださったリスナーの皆様には心から感謝申し上げます。この30周年記念感謝イベントとして、今回9月18日(土)に横浜正心館にて、公開録音を行いました!なんと、歴代パーソナリティが大集合して当時のお話や番組の広がりについても語っていただきました。今回はその模様を皆様におとどけいたします!番組後半には楽曲「愛してますか?」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・Ayano)に載せて、イベント会場で募集した「…
 
【今回のポイント】 ◇後世、仏陀の悟りに誤解や不足が生じている ◇中道に入り智慧を得るとは―。 ◇悟りへの第一歩は反省 ◇御法話「沈黙の声を聞く」抜粋を紹介 今週お届けするのは、月刊「幸福の科学」2021年10月号に掲載されている、心の指針「本当の即身成仏とは」です。現代において、仏陀の教えが正しく伝わっているかといえば、実は誤解や不足が生じています。では、本当の仏陀の悟りとはどういうことなのでしょうか。正しい修行方法についても必読です。番組後半には、楽曲「愛してますか?」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・Ayano)も紹介します♪ ミニコーナー「愛してますか?」では、「人の温もり(愛)を感じたエピソード」などを募集しております!どんな些細なことでも大丈夫です。メッセージお待ちしております♪⇒h…
 
【今回のポイント】 ◇長生きするほどさらに幸せになって、生涯現役ライフを目指す ◇「言い訳をしない」「年齢をハンデにしない」「人とのつながりを大切にする」 ◇看護師から転身し、綿花栽培を始めた山本さんの声 ◇「夢の力」は年齢に関係なく、誰でも引き出せる 9月20日は敬老の日。多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う国民の祝日とされていますが、最近では60歳なんてまだ働き盛りで、70歳、80歳になっても元気な方も多く「何歳から老人?」と思うことも多いかもしれません。幸福の科学では「定年後の第二の人生をどう生きるか」という指針もたくさん説かれています。今回は、シニア向け情報誌「夢人間」の編集をしている田中美智子さんに、生涯現役で過ごしている方々について伺ってみました。番組後半には、…
 
【今回のポイント】 ◇一千億年の昔…創造主が宇宙を創られたときの念い ◇すべての者よ、無限の向上を目指せ ◇なぜ私たちは、この地上に生命を持つのか ◇幾転生を繰り返し、魂を向上させる 幸福の科学では様々な教えが発信されていますが、仏法真理のスケールの大きさや深淵さを魅力の一つとして挙げる人もいるかもしれません。根本仏が大宇宙を創られた意図やこの地上に私たちが存在する意味など…創造主にしか語れない内容が数多く説かれています。今回は改めて、仏法真理の広さと深さに心を委ねてみませんか。番組後半には、映画『宇宙の法―エローヒム編―』の主題歌「エローヒムのテーマ」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・竹内久顕)をお届けします♪…
 
【今回のポイント】 ◇たいていは「主観」のままに生きている―? ◇反省の方法―八正道の「正見」 ◇“霊的な存在の目”を意識する ◇死んだあと「照魔の鏡」で人生が映し出される。 今週お届けするのは、月刊「幸福の科学」2021年9月号に掲載されている、心の指針「自己の客観視」です。たいていの人たちは「主観」のままに生きがちですが、本当の意味での自己の客観視とは一体どういうことなのか。心の指針を紐解いてみましょう。番組後半には、映画『夢判断、そして恐怖体験へ』の挿入歌「はかなくて、つたなくて」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・恍多)も紹介します♪
 
【今回のポイント】 ◇なぜ、幸福の科学がホラー映画を作るのか ◇実際に起きた霊体験とその真相がわかる ◇この映画に使われた5つの楽曲は、映画のメッセージそのもの ◇死んでからあとのことを知れば、どう生きるかが変わるはず 先週に引き続きお送りするのは、8/27(金)から公開の映画『夢判断、そして恐怖体験へ』の特集回、第2弾です!ゲストには、監督の奥津貴之(おくつ・たかゆき)さん、主演の青木涼(あおき・りょう)さん、ヒロイン役の山岸芽生(やまぎし・めい)さんをお呼びして、お話を伺っています。なぜ宗教がホラー映画を作るのか?役作りで大変だったことや、楽曲の魅力も伺いました♪イメージソング「不思議の世界」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・篠原紗英)もお届けします♪お楽しみに!…
 
【今回のポイント】 ◇「事実」をもとにした映画―。 ◇「心」を見つめながら取り組んだ役作り ◇山岸芽生さんが体験した「不思議な夢」 ◇身近な「夢」を通して、霊的世界を垣間見る 今週・来週と二週にわたってお送りするのは、8/27(金)公開予定の映画『夢判断、そして恐怖体験へ』の特集回です!ゲストには、監督の奥津貴之(おくつ・たかゆき)さん、主演の青木涼(あおき・りょう)さん、ヒロイン役の山岸芽生(やまぎし・めい)さんをお呼びして、お話を伺いました。一体どんな物語なのか。この映画がつくられた経緯とはー?番組後半には、主題歌「夢判断」もお届けします♪お楽しみに!
 
【今回のポイント】 ◇1億5千万年ほど前に地上に下生した神・エローヒム ◇エローヒムの時代・エローヒムの役割とは―? ◇現代の世界情勢についての善悪 ◇信仰を持ち、神の言葉を聴く 今週は、7月11日に幸福の科学 総本山・正心館で行われた大川隆法総裁先生の「御生誕祭」での御法話の模様を、ダイジェストでお届けします。タイトルは「エローヒムの本心」です。映画『宇宙の法 ーエローヒム編ー』が10月8日に公開となりますが、映画に登場する「エローヒム神」とは、いったいどのような御存在なのか。そして、混沌とした現代社会における「未来の指針」が示されます。今回は、特別にオープニングからお聴きいただけます!オープニングでは、楽曲「主なる神を讃える歌」を紹介します。ぜひ、お聴きください!…
 
【今回のポイント】 ◇品性や徳が欠けている、社会的知性が足りない人 ◇「人にバレなければいい」という悪知恵-? ◇社会的知性を身に着けるには ◇社会的知性と宗教的知性は大いに関係している 今週お届けするのは、月刊「幸福の科学」2021年8月号に掲載されている、心の指針「社会的知性」です。人を教える立場や、リーダー的立場にある人に求められる「社会的知性」とは一体どのようなものなのか。倫理・道徳・宗教教育の大切さ、さらには霊的人生観にまで踏み込み、その実体に迫っていきましょう。番組後半には、7/30発売の楽曲『愛の星』(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・恍多)を紹介しますよ!お楽しみに♪
 
【今回のポイント】 ◇孤独は、神の中に潜む青年の部分 ◇孤独な時間が生み出す『智慧』 ◇「雌伏の時」があればこそ「雄飛の時」がある ◇楽曲『私のパンセ』(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・篠原紗英)紹介 誰しも「孤独」を感じることはあるでしょう。未来が見えず不安になったり、自分の実力が理想に追い付かず、自分を見失って、無力感や疎外感を感じたり。しかし、その孤独はときには「宝」となることがあります。今回は「孤独」に負けず、一歩前進できるような仏法真理を皆様にお届けします!
 
◇AIが発達していく現代だからこそ、心の価値が重要になってくる ◇AIが苦手な3つの分野とは? ◇人間は0から1を作り出す創造性を持っている ◇AIにはできない「精神的価値」のある仕事 今、「人工知能(AI)」の進化と普及が目まぐるしいですよね。将棋や囲碁の世界ではAIがプロ棋士に勝ったり、車では自動運転などの活用の場が広がったりと、人間に匹敵するような判断を行うようになってきました。一方、大量の個人情報を扱うプライバシーの問題や、人間の仕事をどこまで奪うのかなど、新たな問題も浮上しています。今回の放送で、AI時代に人間が担うべき仕事のあり方を模索し、心の価値を再発見していきましょう。
 
【今回のポイント】 ◇祈りとは、一つの電話と同じ行為 ◇正しい祈りは、光の天使が応えてくれる ◇祈るとは「仏神の前に威儀を正して、お願い事をする」ということ ◇御法話「お祈りの大切さ」抜粋を放送 7月7日は、七夕でしたね。短冊に書かれた願いを見ると、ほっこりしたり、応援したくなる気持ちが湧いてきますよね。皆さんならどんな願い事を書きますか?また、幸福の科学では7月7日は大川総裁の生誕の日として感謝を深めて祈る日となりました。さて、今回は「祈り」をテーマとして、皆さんに番組をお届けします。祈るとはなんなのか、正しい祈り方とはどういうことなのか学びを深めていきましょう。この放送を聴いた後に「ちょっとでも神様に祈ってみようかな」と思っていただければ幸いです。番組後半には、楽曲「THE THUNDE…
 
【今回のポイント】 ◇「グルグル思考」に陥る人の特徴 ◇本当の頭の良さとは―? ◇警戒心や猜疑心からくる「疑いの心」 ◇シンプルに生きる 今週お送りするのは、月刊「幸福の科学」2021年7月号に掲載されている大川隆法総裁書き下ろしの詩篇「心の指針」。タイトルは「グルグル思考」です。人生の途上で出会う難しい問題にあたると、ああでもない、こうでもないとグルグル思考に陥ることありますよね。今回は、そんなグルグル思考の原因や悩みの断ち切り方などを詩篇から学んでいきましょう。胸に手をあてて、よく考える機会となれば幸いです。番組後半には楽曲「四国の母―数え90歳を祝して」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・大川咲也加)をお届けします。…
 
【今回のポイント】 ◇リスナーさんからの「不思議な夢」を紹介! ◇「夢」には2種類ある ◇霊子線(魂の緒・シルバーコード)がつながったまま霊界に行く ◇睡眠時に「霊的エネルギー」を補給している 今回のテーマは、寝て見る「夢」です。皆さんは「夢」を覚えていますか?空を飛ぶ夢、追いかけられる夢、白黒やカラーの夢などなど、いろんな種類があるかと思います。実は、この「夢」は「霊的世界」とつながっているんです。今回は「夢」を通して、人間の霊的秘密を解き明かします。番組後半には、8月27日(金)公開予定の映画『夢判断、そして恐怖体験へ』の主題歌『夢判断』をお届けします!お楽しみに♪ ↓引き続き、夢や不思議な体験、恐怖体験など募集しています! <投稿フォーム>…
 
【今回のポイント】 ◇暴力・トラウマ・人格否定による自信喪失―。 ◇仏法真理が、自分の仏性を取り戻すカギとなった ◇元夫との再会で言われた「感謝の言葉」とは ◇幸福の道に入るための「悪役」を演じている―? 今週の天使のモーニングコールは「家庭問題」がテーマ。その中でも、DV=ドメスティックバイオレンスについて取り上げます。今回は夫からのDV・離婚を乗り越えたミユキさんの体験談を通して、仏法真理による救いの光をお届けします。DVや離婚などの問題解決は一筋縄では行かないと思いますが、悩んでいる方の救いの一助となれば幸いです。番組の後半には「青春詩集 愛のあとさき」楽曲シリーズ「無心」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・川村静香)もお届けします。 <自殺防止サイト>悩み解決◇DV・家庭内暴力 →with…
 
【今回のポイント】 ◇中道とは「正しさ」という意味 ◇自分も他人も害さない「中道」は、無限の進化の道 ◇自分の個性を生かしつつ、他の人の幸福につながるものへ ◇御法話「中道に入る易しい考え方」抜粋 人は誰しも心の“クセ”ともいえる「心の傾向性」を持っています。自我が強すぎたり、逆に自己卑下したりと両極端にそれが出ると、他人を害し、自分をも害するようになってしまいます。今回の放送で、現代における「中道」の生き方とはどうあるべきかを学んで、幸せへの道を探求していきましょう!番組の後半には楽曲「四国の母-数え90歳を祝して-」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・大川咲也加)を紹介します。お楽しみに! 「四国の母-数え90歳を祝して-」のデジタル配信はこちらから!⇒<デジタル配信>…
 
【今回のポイント】 ◇時間を奪っている人は無自覚―? ◇かまって欲しい心に隠された「自己憐憫」の思い ◇「忙しい」という人ほど仕事ができない ◇"ちはやふる"の仕事術 今週お送りするのは、月刊「幸福の科学」2021年6月号に掲載されている大川隆法総裁書き下ろしのことば「心の指針」。タイトルは「人の時間を奪うな」です。この詩篇の理解を深めた先には「自己中」からの脱却が待っているはず。番組後半には、青春詩集『愛のあとさき』楽曲シリーズから、『愛』(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・市原綾真)を紹介します♪お楽しみに!
 
◇今、ミャンマーで起きている軍事クーデターについて ◇香港のウイグル化?! ◇米大統領が変わり、世界の問題が噴出してきた ◇日本は自国を守りつつ他の国も守る主導権を 番組では、宗教的な心の教えをはじめ、教育、政治、経済など、人々が幸福な人生を送るための指針をお伝えしていますが、今週のテーマは「国際政治」です。オピニオン誌の月刊「ザ・リバティ」編集長 小林早賢さんをゲストに、鋭い視点から最新の国際政治のお話を伺っていきます!5月28日発売の「ザ・リバティ」最新号を片手にぜひお聴きください!水の革命 英語版の「The Water Revolution」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・恍多)もお届けします♪お楽しみ! ザ・リバティwebはこちらから!⇒https://the-liberty.com/…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login