峰町キリスト教会 礼拝メッセージ 公開
[search 0]
もっと

Download the App!

show episodes
 
Loading …
show series
 
2021.5.30 『 聖霊を受けなさい 』 ヨハネ20:19~23 1 復活=キリスト教の中心    「もし私たちが、この地上のいのちにおいてのみ、キリストに望みを抱いている のなら、私たちはすべての人の中で一番哀れな者です」(Ⅰコリント15:19) 「また、天上のからだもあり、地上のからだもあり」(Ⅰコリント15:40) 「血肉のからだがあるのですから、御霊のからだもあるのです」(〃15:44) 2 「平安があるように」    「わたしはあなたがたに平安を残します。わたしの平安を与えます。わたしは、 世が与えるのと同じようには与えません」(ヨハネ14:27) 「しかし、御霊の実は、愛、喜び、平安…」(ガラテヤ5:22) 3 「聖霊を受けなさい」    「父がわたしを遣わされたように、わた…
 
2021.5.23 『エペソにある教会へ』 ヨハネの黙示録2章1-7節 エペソにある教会 パウロの宣教によって誕生した教会(A.D.54〜57) <使徒19章>参照 賞賛 <2節>「労苦」…ギリギリまで力を使い果たして、後は何も残っていない状態 <2節、3節>「忍耐」…不屈の精神力、不動の持久力 <使徒20:29-30>私は知っています。私が去った後、狂暴な狼があなたがたの中に入り込んで来て、容赦なく群れを荒らし回ります。 また、あなたがた自身の中からも、いろいろと曲がったことを語って、弟子たちを自分のほうに引き込もうとする者たちが起こってくるでしょう。 <6節>「ニコライ派」…神と人との間に仲介者が必要と教え、自分たちこそ神の声の代弁者だと名乗る人々 叱責 <4節>「初めの」…第一の、何よ…
 
2021.5.16 『立ち返る場所』 マルコの福音書1章9-13節 1.イエスの洗礼 イエス様の洗礼の意味 ① 人々の罪を背負うために来られたことを示すため <Ⅱコリント5:21>神は、罪を知らない方を私たちのために罪とされました。それは、私たちがこの方にあって神の義となるためです。 ② 模範を示すため <マタイ3:15>今はそうさせてほしい。このようにして正しいこと をすべて実現することが、わたしたちにはふさわしいのです。 2.荒野の誘惑 石をパンに変える 身を投げてみよ 私を拝むならばすべてお前にあげよう ※十字架以外の方法でメシアの働きをしたらどうかという誘惑 3.私たちが立ち返る場所 みことば 13世紀 ローマ皇帝フリードリッヒ2世 洗礼の時 現代の洗礼の意味 内側に起こったことを体…
 
2021.5.9 『道備えをする者』 マルコの福音書1章1-8節 内容 ①時代背景と旧約聖書の預言  <2-3節>預言者イザヤの書にこのように書かれている。「見よ。わたしは、わたしの使いをあなたの前に遣わす。彼はあなたの道を備える。荒野で叫ぶ者の声がする。『主の道を用意せよ。主の通られる道をまっすぐにせよ。』 ②バプテスマのヨハネの姿とメッセージ  ・らくだの毛  ・イナゴと蜜を食べた <2節>「悔い改めなさい。天の御国が近づいたから」 ・ヨハネの洗礼の意味 適応 ①すべての人は救い主を待ち望む ・2019年4月10日「ブラックホール」の撮影に成功 ・アメリカ人作家デヴィッド・フォスター・ウォレス著書 「これは水です」 ②福音の道備えをするものとして ・1990年代、南アフリカのポルスムーア…
 
2021.5.2 『ヨハネが見た栄光のキリスト』 ヨハネの黙示録1章12-20節 1.栄光のキリストの姿 <12節>「7つの金の燭台」とは何か? <20節>「7つの燭台は7つの教会である」 <13節>「人の子」…メシヤの称号      <ダニエル7:9-10,10:5-6,10:8-9>参照 イエス・キリストの自己啓示 <17節>「わたしは初めであり、終わりであり」      キリストの永遠的統治を表わす <18節>「死んだ」…(能動態)自発的な死を表わす <ヘブル2:14-15>「そういうわけで、子たちがみな血と肉を持っているので、イエスもまた同じように、それらのものをお持ちになりました。それは、死の力を持つ者、すなわち、悪魔をご自分の死によって滅ぼし、死の恐怖によって一生涯奴隷としてつな…
 
2021.4.25 『御霊に捕えられたヨハネ』 ヨハネの黙示録1章9-11節 1.ヨハネの自己紹介 殉教者ユスティノス(100-165年)   『ユダヤ トリファンとの対話』 <9節>「忍耐」=ヒュポモネー(ギリシャ語)「堅く踏みとどまる」 <9節>「パトモスという島」…エーゲ海に浮かぶ小島      陸地から90km離れ、南北15km    東面9kmの火成岩の島 2.「主の日」のヨハネの経験 <10節>「主の日」…主の栄光が輝き出た特別な日 <10節>「御霊に捕えられ」…御霊に満たされること 3.ヨハネの黙示録を学ぶ意義 ◎ミニチャーチでの分かち合い ・「黙示録」が書かれた時代背景は、どのようなものでしたか? ・「主の日」とは何ですか? ・「黙示録」から学ぶべきことは何ですか? 峰町キリ…
 
2021.4.18 『マルコとは?』 使徒の働き15章36-40節 1.マルコの人物像 家族と交友関係 母親マリア 使徒ペテロとは、師弟関係(Ⅰペテロ5:13で「私の子」と呼んでいる) 2.執筆年代と書いた経緯 執筆年代⇒紀元55−59年頃 対象⇒異邦人 特徴⇒力強さと簡潔さ 3.マルコの失敗と成長 マルコの挫折<使徒13章> それから約10年後 パウロのマルコへの評価 <コロサイ4:10>「マルコと共にいた」 <ピレモン1:24>「同労者」 <Ⅱテモテ4:11>「私の務めのために役に立つ」 マルコの成長を助けたバルナバ <エペソ2:10>「私たちは神の作品であって」 教育は英語で「エデュケーション」…可能性や能力を引き出すこと イエス様の弟子たちへの視線 観光地で小鳥を買った青年 ◎ミニチ…
 
2021.4.11 『恵みと平安を与える方』 黙示録1章4-8節 1. 「黙示録」の時代背景 第1次ユダヤ戦争(D.66〜70年) ローマ帝国 「ネロ」(在位54〜68年) 「カルバ」(68.6.10〜69.1.15) 「オト」(69.1.16〜69.4.15) 「ウィテリウス」(69.4.16〜69.12.22) 「ウェスパシアヌス」(69.7.1〜79.6.23) 「ティトゥス」(79.6.24〜81.9.13) 「ドミティアヌス」(81.9.13〜96.9.18) 「恵みと平安を与える方」 (1)<4節>「父なる神」 (2)<4節>「御霊」 (3)<5-8節>「イエス・キリスト」   ①「確かな(信頼できる)証人」   ②「死者の中から最初に生まれた方」   ③「地の王たちの支配者であ…
 
2021.4.4 『イースター 天国の希望』 コリント人への手紙第一 15章1-5節 1.罪の問題の解決 〜十字架の救い〜 <ローマ3:23> すべての人は罪を犯して、神の栄光を受けることができず すべての人は罪人である 山火事の被害 1974年2月1日ブラジルサンパウロ市 ジョエルマビルの奇跡 復活を信じる 復活の証拠 ・イエスキリストの復活の最初の目撃者が女性たちであったこと ・幻覚説 ・仮死説 ・盗難説 ・弟子たちの変化 <ヨハネ11:25>わたしはよみがえりです。いのちです。わたしを信じるものは死んでも生きるのです 天国での再会の希望 スイスの精神科医ポールトゥルニエと妻 ◎ミニチャーチでの分かち合い ・あなたは自分には罪があると思いますか ・人はどうすれば救われるのでしょうか この…
 
2021.3.28 『イエス・キリストの黙示』 ヨハネの黙示録1章1-3節 1.「黙示録」を難しいと感じる理由 象徴が多く用いられているから 聖書全体を理解していないから 誤った神学を持って読むから 2.「黙示録」が明らかにしようとすること 「黙示」アポカリュプシス(ギリシャ語) 〃  ベールを剥ぎ取って中身を見せること 〃  今まで覆われていた物を明らかにすること イエス・キリストについて すぐに起こるべきこと 「すぐに」…“動き出したら速やかに”       “時が来たらただちに” 3.「黙示録」を受け取った人がするべきこと <3節>「朗読する者」(単数形)       「守る者」(複数形) <3節>「時」カイロス(ギリシャ語)= 状況的な時 ◎ミニチャーチでの分かち合い ・多くの人、ま…
 
2021.3.21 『10.聖霊の働きとは?』 コリント人への手紙第二3章17-18節 <ヨハネ14:16>「もう一人の」アロス→全く同質のもの         「助け主」パラクレイトス→援助のためにそばに呼ばれたもの 1.個人に対する聖霊の働き 祈りを助ける <ローマ8:26>…御霊ご自身が、ことばにならないうめきをもって、とりなしてくださるのです。 みことばの理解を助ける <ヨハネ14:26>…聖霊は、あなたがたにすべてのことを教え、わたしがあなたがたに話したすべてのことを思い起こさせてくださいます。 私たちを解放し、自由にする <Ⅱコリント5:17>ですから、だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。 物質主義…
 
2021.3.14 『力の限り神をほめたたえよ』 詩篇150篇 1.どこで? 2.なぜ? (1)創造の御業 (2)救いの御業 <ローマ5:9>ですから、今、キリストの血によって義と認められた私たちが、この方によって神の怒りから救われるのは、なおいっそう確かなことです。 <エペソ1:7>このキリストにあって、私たちはその血による贖い、背きの罪の赦しを受けています。これは神の豊かな恵みによることです。 <Ⅰヨハネ1:7>もし私たちが、神が光の中におられるように、光の中を歩んでいるなら、互いに交わりを持ち、御子イエスの血がすべての罪から私たちをきよめてくださいます。 <マタイ16:21>そのときからイエスは、ご自分がエルサレムに行って、長老たち、祭司長たち、律法学者たちから多くの苦しみを受け、殺さ…
 
2021.3.7 『9.教会とは?』 第一コリント12章18-27節 1.神の民の集い 教会はギリシャ語でエクレシア=「呼び出された者の集まり」 <使徒2:46> そして、毎日心を一つにして宮に集まり、家々でパンを裂き、喜びと真心をもって食事をともにし 教会の二種類の集まり 1.公の礼拝 <ローマ12:1>…あなたがたのからだを、神に喜ばれる、聖なる生きたささげ物として献げなさい。それこそ、あなたがたにふさわしい礼拝です。 2.ミニチャーチでの交わり キリストの体である <Ⅰコリント12:27>あなた方はキリストのからだであって、一人ひとりはその部分です。 <Ⅰコリント12:22>からだの中でほかより弱く見える部分がかえってなくてはならないのです。 日本の城の石垣 神の家族である <エペソ2…
 
2021.2.28 『新しい歌を主に歌え』 詩編149篇 1.賛美―贖われた者たちの歌 <ヨブ38:4,7>わたしが地の基を定めたとき、あなたはどこにいたのか。分かっているなら、告げてみよ。 明けの星々がともに喜び歌い、神の子たちがみな喜び叫んだときに。 <イザヤ14:11-15>参照 <エゼキエル28:12-19>参照 <Ⅰ歴代13:8>ダビデと全イスラエルは、歌、竪琴、琴、タンバリン、シンバル、ラッパをもって、神の前で力の限り喜び踊った。 <詩編40:3>主はこの口に授けてくださった。新しい歌を私たちの神への賛美を。多くの者は見て恐れ主に信頼するだろう。 <Ⅱコリント5:17>ですから、だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新…
 
2021.2.21 『8.イエスを伝えるとは?』 マルコの福音書16章15節 1.なぜイエスキリストを伝えるのか? 死後の希望 <ローマ6:23>罪からくる報酬は死です。しかし神の賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠の命です。 地上の人生の祝福 カナダのアーティスト、ジャスティンビーバーの証 <ヨハネ4:14>しかし、わたしが与える水を飲む人は、いつまでも決して渇くことがありません。 どのようにイエスを宣べ伝えるのか 言葉を通して 福音を伝える <Ⅰコリント15:3-4>…キリストは、聖書に書いてあるとおりに、⑴私たちの罪のために死なれたこと、また、⑵葬られたこと、また、聖書に書いてあるとおりに、⑶三日目によみがえられたこと 証を伝える 1.イエスキリストを信じる前はどうだったか? …
 
2021.2.14 『すべてのものよ。主をほめたたえよ』 詩編148篇 1.全宇宙への賛美の招き<1-6節> 地のすべてのものへの賛美の招き<7-10節> <ヨブ12:7-9>しかし獣に尋ねてみよ。あなたに教えてくれるだろう。空の鳥にも。あなたに告げてくれるだろう。 あるいは地に話しかけよ。教えてくれるだろう。海の魚も語るだろう。 これらすべてのうちで、主の御手がこれをなしたことを知らない者があるだろうか。 全人類への賛美の招き<11-14節> <黙示録21:1-2>また私は、新しい天と新しい地を見た。以前の天と以前の地は過ぎ去り、もはや海もない。 私はまた、聖なる都、新しいエルサレムが、夫のために飾られた花嫁のように整えられて、神のみもとから、天から降って来るのを見た。 <黙示録21:22…
 
2021.2.7 『7.神の導きとは?』 ピリピ2章12-13節 わたし自身、あなたがたのために立てている計画をよく知っている──【主】のことば──。それはわざわいではなく平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。<エレミヤ29章11節> あなたが右に行くにも左に行くにも、うしろから「これが道だ。これに歩め」と言うことばを、あなたの耳は聞く。<イザヤ30章21節> 1.聖書の命令を通して 元日本銀行総裁 速水優(はやみまさる)さん 聖霊の強い促し アブラハムへの御声 マザーテレサの導き <ピリピ2:13>神はみこころのままに、あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、事を行わせてくださる方です。 クリスチャンの助言 <箴言12:15>愚か者には自分の歩みがまっすぐに見え…
 
2021.1.31 『速やかに走る神のことば』 詩編147篇 1.自然界と神のことば <ヘブル11:3>信仰によって、私たちは、この世界が神のことばで造られたことを悟り、その結果、見えるものが、目に見えるものからできたのではないことを悟ります。 <創世記1:3>神は仰せられた。「光、あれ。」すると光があった。 イスラエルの歴史と神のことば 鈴木大拙(仏教学者) <創世記15:13-14>主はアブラムに言われた。「あなたは、このことをよく知っておきなさい。あなたの子孫は、自分たちのものでない地で寄留者となり、四百年の間、奴隷となって苦しめられる。 しかし、彼らが奴隷として仕えるその国を、わたしはさばく。その後、彼らは多くの財産とともに、そこから出て来る。 <エレミヤ25:11>この地はすべて廃…
 
2021.1.24 『6.祈りとは?』 マタイの福音書7章7-11節 1.祈りとは何か 天の父に向かって祈る <詩篇8:3>あなたの指のわざである あなたの天 あなたが整え られた月や星を見るに 「父」…アラム語でアバ 御子イエスによって祈る <ヨハネ15:16>あなたがたがわたしの名によって父に求めるも のをすべて、父が与えてくださるようになるためです。 聖霊の助けによって祈る <ローマ8:26>同じように御霊も、弱い私たちを助けてくださいます…御霊ご自身が、ことばにならないうめきをもって、とりなしてくださるのです。 なぜ祈るのか 神との関係を深めるため。 心のうちを神様の前にさらけ出す祈り 神様の働きをするため 祈りと行動の関係 / 階段の祈り 祈りの答え 祈りが聞かれる  コスタリカの…
 
2021.1.17 『いのちある限り神をほめ歌え』 詩篇146篇 1.天地万物の創造者なる神 安藤和子(理学博士)著 『偶然ではありえない-進化論の真実』 <ローマ1:20>神の、目に見えない性質、すなわち神の永遠の力と神性は、世界が創造されたときから被造物を通して知られ、はっきりと認められるので、彼らに弁解の余地はありません。 2.霊の目を開けてくださる神 <8節>「目を開ける」 <創世記3:5>それを食べるそのとき、目が開かれて、あなたがたが神のようになって善悪を知る者となることを、神は知っているのです。 <創世記3:7>こうして、ふたりの目は開かれ、自分たちが裸であることを知った。そこで彼らは、いちじくの葉をつづり合わせて、自分たちのために腰の覆いを作った。 YouTube「カマキリを…
 
2021.1.10 『5.聖書とは?』 Ⅱテモテ3章15節-17節 1.聖書とはどんな書物なのか 1.最も読まれている書物 2.最も力のある本 人生のマニュアル <Ⅱテモテ3:16>聖書はすべて神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練のために有益です 聖書の命令は ・私たちを縛るためではなく、守るために与えられている ・私たちに本当の自由を与え、人生に喜びを与える 神からのラブレター <ヨハネ20:31>これらのことが描かれたのは、イエスが神の子キリストであることを、あなた方が信じるためであり、また信じてイエスの名によって命を得るためである ・太宰治の信仰 みことばに日々触れる中で経験すること ・イエスに似たものへと変えられる<Ⅱコリント3:18> ・人生の危機の中にあっても喜びと平…
 
2021.1.3 『近くにおられる神』 詩篇145篇 1.主なる神への賛美 <7節>「あふれるばかり」=「熱心に語り」     “心の中にあるものが口から外へあふれ出る”こと 主なる神の恩寵 「宣教の声」…北朝鮮から脱出した人の証言 ◎ミニチャーチでの分かち合い ・ダビデがどのように主を賛美したのか、その表現を味わってみましょう <1,2,4,6,7節> ・ダビデの心を圧倒したのは主のどのような点においてですか?  <3,4,5,6,7節> ・主なる神はどのような方ですか? <8,9,14,15,16,18,19,20節> このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら…
 
2021.1.1 『向こう岸へ渡ろう』 マルコの福音書4章35-41節 1.恐れの力 <40節>「どうして怖がるのですか。」 恐れは私たちの能力を制限する。 私たちの人格を歪める。 確かな方に信頼する 信仰と信頼 飛行機の少年 ペルー サクサイワマン <ヨハネの福音書14章27節>わたしはあなたがたに平安を残します。わたしの平安を与えます。わたしは、世が与えるのと同じようには与えません。あなたがたは心を騒がせてはなりません。ひるんではなりません。 神の言葉に信頼する 「向こう岸に渡ろう。」 矢部宣教師家族の召命 ◎ミニチャーチでの分かち合い ・人はどのような時に恐れますか? ・すべての恐れから解放されるためには誰を信頼すれば良いでしょうか? ・神様は私たちにどのような方法で語りかけられますか…
 
2020.12.27 『指を鍛えられる神』 詩篇144篇 1.ダビデの謙遜と神の勝利 <1節>「鍛える」=「教える」 <3節>「顧みる」=「訪問する」 <Ⅱコリント12:9>しかし主は、「わたしの恵みはあなたに十分である。わたしの力は弱さのうちに完全に現れるからである」と言われました。ですから私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで自分の弱さを誇りましょう。 ダビデの礼拝と神の祝福 <Ⅰ歴代誌28:9>わが子ソロモンよ。あなたの父の神を知り、全き心と喜びの気持ちをもって神に仕えなさい。主はすべての心を探り、すべての思いの動機を読み取られるからである。もし、あなたが神を求めるなら、神はあなたにご自分を現される。もし、あなたが神を離れるなら、神はあなたをとこしえまでも退けられる。…
 
2020.12.20 『この方こそ主キリスト』 ルカ2章11-12節 ○ マタイ1章23節「インマヌエル」=神が私たちとともにおられる 1.飼葉桶に寝ているみどりご 飼葉桶=家畜のえさを入れる木製の器 11〜12節 御使いが羊飼いに伝えたことば  羊飼いたちは当時社会の最も低い存在の一つと見なされていた <ヘブル4:15>私たちの大祭司(キリスト)は、私たちの弱さに同情できない方ではありません。罪は犯しませんでしたが、すべての点において、私たちと同じように試みにあわれたのです。 恐れの中へ来てくださる神 マリアの恐れ 「Phahad(ファハッド)」=ヘブル語で「恐れ」を意味する言葉  逆から読むと「大きく前へ進む」という意味の言葉になる ◎ミニチャーチでの分かち合い ・イエスさまはなぜ地上に…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login