峰町キリスト教会 礼拝メッセージ 公開
[search 0]
もっと

Download the App!

show episodes
Loading …
show series
 
2020.9.27 『バビロン哀歌』 詩篇137篇 「主治医だけが知る権力者」 タニア・クラスニアンスキ著 <3節>「余興に」=「からかって、楽しみのために」 C.586バビロン帝国が南ユダを滅ぼす C.538ペルシャ帝国キュロス王がバビロンを滅ぼす 神は何故試練をお与えになるのか? 試練は神の愛の訓練である 試練は私たちの信仰を深める 試練は人生で本当に大切なものを教える 試練は私たちを正しい方向に導く ◎ミニチャーチでの分かち合い ・「人は皆、弱さを抱えている」ということをどう思いますか? ・人生の試練には、どんな積極的な意味がありますか? このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら…
 
2020.9.20 『イエスとは?』 ヨハネ10章30-33節 1.イエスは歴史上の人物か イエスの存在はクリスチャン以外の人が書いた古代文書の中にも記されている ヨセフス(ユダヤ古代史)、タキトゥス(年代記) 他 新約聖書の信頼性 ⑴原典が書かれた年代から、現在見つかっている写本の年代の隔たりが少ない ⑵写本の数が多い イエスが実際に活動した時期から原典が描かれた時期が近い 2.イエスはどんな人物だったのか ⑴イエス自身の証言 イエスは神としてのアイディンティティーを持っていた 自分が神と言う人の3つの可能性 嘘つき ②正気ではない ③本当 ⑵イエスの教え
 
2020.9.13 『神の恵みはとこしえまで』 詩篇136篇 1.創造主である神 本庶 佑(2018年ノーベル医学・生理学賞受賞) ティム・ホワイト(UCLA教授) <創世記1:1> 「はじめ」…時間  「天」…空間  「地」…物質 2.歴史の支配者である神 <創世記15:13-14>主はアブラムに言われた。「あなたは、このことをよく知っておきなさい。あなたの子孫は、自分たちのものでない地で寄留者となり、四百年の間、奴隷となって苦しめられる。しかし、彼らが奴隷として仕えるその国を、わたしはさばく。その後、彼らは多くの財産とともに、そこから出て来る。 <出エジプト12:31-36>参照 3.人の心をつくり変える神 モスタファさん(エジプト人・元イスラム教徒)の体験 ティングさん(中国人・元シャ…
 
2020.9.6 『主の御名をほめたたえよ』 詩篇135篇 「まことに」…キー(ヘブライ語)理由を示す接続詞 1.神のいつくしみ深さ <3節>原文「主・まことに・良い方」 2.神の選び <8-12>「出エジプトの出来事」 <ヨハネ15:16>あなたがたがわたしを選んだのではなく、わたしがあなたがたを選び、あなたがたを任命しました。それは、あなたがたが行って実を結び、その実が残るようになるため、また、あなたがたがわたしの名によって父に求めるものをすべて、父が与えてくださるようになるためです。 3.神の偉大さ 4.神の永遠性と愛 <14節>まことに、主はご自分の民を弁護し、そのしもべたちを愛してくださいます(別訳) 『ふしぎなキリスト教』(講談社現代新書)橋爪大三郎・大澤真幸 <1,3節>「ほめ…
 
2020.8.30 『あなたのその力で』 士師記6章11節-14節 1.力ある勇士 主がともにおられる人   おめでとう、恵まれた方。主があなたとともにおられます<ルカ1:28> 潜在的可能性をご覧になる神   あなたはヨハネのシモンです。あなたはケファ(言い換えれば、ペテロ)と呼ばれます<ヨハネ1:42> 2.あなたのその力 (1)今持っている力・現有の状態、能力 私たちは、この宝を土の器の中に入れています。それは、この測り知れない力が神のものであって、私たちから出たものではないことが明らかになるためです<Ⅱコリント4:7> 「こんなつまらない男なのに 30年間親身になって手伝ってくれた女性がいた   こんなつまらない男なのに 親父と呼んで、大切にしてくれた息子たちがいた   こんなつまら…
 
2020.8.23 『賛美と祝福の循環』 詩篇134篇 「バーラフ」(ヘブライ語) <1節>「ほめたたえよ」 <2節>「…ほめたたえよ」 <3節>「祝福される」 1.主への賛美 <1節>「さあ」=「ヒンネー」(ヘブライ語)…「見よ」 「願い」…「〜してください」 「感謝」…「〜してくださって ありがとうございます」 「賛美」…相手の能力や性質や働きをほめたたえること 2.主からの祝福 「ヨシャファテ王の戦い」<Ⅱ歴代誌20章> 「パウロとシラスの獄中での賛美」<使徒の働き16章> <詩篇22:3>けれどもあなたは聖なる方御座に着いておられる方イスラエルの賛美です。 (口語訳)「イスラエルの賛美の上に座しておられるあなたは聖なるおかたです。」 (関根訳)「あなたは聖なる方、イスラエルの賛美の中…
 
2020.8.16 『キリスト教とは?』 ヨハネの福音書14章6節 1.道であるイエス・キリスト 神との関係がないと心が渇く  アメリカの女性歌手マドンナ フランスの数学者・哲学者パスカルの言葉 「私の心には創造者なる神にしか満たす事ができない空洞がある」 私たちは神の作品 作者と作品の関係 クリスチャン作家 三浦綾子さん 2.真理であるイエス・キリスト ①真理の絶対性 宗教多元主義 ②真理の普遍性 <ヨハネ8:32>あなた方は真理を知り、真理はあなた方を自由にします。 3.命であるイエス・キリスト 私たちと神との関係を引き離す罪 救いの条件 <ローマ6:23>しかし、神のくださる賜物は私たちの主イエスキリストにある永遠の命です。 神学校教授でマーティンマーティーさんの証 ◎ミニチャーチでの…
 
2020.8.9 『ヒネ・マ・トーブ・マナイム』 詩篇133篇 1.「ともに生きる」ことの幸い 2.「ともに生きる」ことの困難さ <ヨブ6:15>兄弟たちは水無し川のように私を裏切った。流れが去る川床のように。 <エレミヤ12:6>あなたの兄弟や、父の家の者さえ、彼らさえ、あなたを裏切り、彼らでさえ、あなたのうしろから大声で叫ぶ。だから彼らがあなたに親切そうに語りかけても、彼らを信じてはならない。 <詩篇69:8>私は自分の兄弟からのけ者にされ母の子らにはよそ者となりました。 3.「ともに生きる」ことの原動力 <使徒2:46-47>そして、毎日心を一つにして宮に集まり、家々でパンを裂き、喜びと真心をもって食事をともにし、神を賛美し、民全体から好意を持たれていた。主は毎日、救われる人々を加えて…
 
2020.8.2 『ダビデの幕屋の回復』 詩篇132篇 1.ダビデの願い <Ⅱサムエル6:11>主の箱はガテ人オベデ・エドムの家に三か月とどまった。主はオベデ・エドムと彼の全家を祝福された。 <Ⅱサムエル6:20-21>...私を選んで、主の民イスラエルの君主に任 じられた主の前だ。私はその主の前で喜び踊るのだ。 <Ⅱサムエル7:12-16>『ダビデ契約』 2.ダビデの礼拝 「巨大な天幕」 「天幕の真ん中に置かれた契約の箱」 「賛美と楽器の導入」 「感情表現が励まされた」 「異邦人が参加できた」 3.ダビデへの扱い <17節>「一つの角」「(一つの)ともしび」…メシヤの象徴 <ローマ3:25>神はこの方を、信仰によって受けるべき、血による宥(なだ)めのささげ物として公に示されました。ご自分の…
 
2020.7.26 『平安の秘訣』 詩篇131篇 神の御前における謙遜な心 <1節>「及びもつかない大きなこと」・・・神を忘れた自己中心で途方もない野心や野望のこと <創世記3:5>・・・アダムの野心(神のようになる) アメリカ大統領選挙の歴史 1972年 リチャード・ニクソン vs  ジョージ・マクガヴァン 1984年 ロナルド・レーガン  vs  ウォルター・モンデール 1992年 ビル・クリントン   vs  ジョージ・H・W・ブッシュ 2000年 ジョージ・W・ブッシュvs アル・ゴア 2016年 ドナルド・トランプ vs ヒラリー・クリントン <ローマ9:33>「見よ、わたしはシオンに、つまずきの石、妨げの岩を置く。この方に信頼する者は失望させられることがない」と書いてあるとおりで…
 
2020.7.19 『境界線を越えて』 マルコ 1章 40〜44節 1.ツァラアトの癒しの内容 ツァラアトの癒しはメシアが現れた時に行う奇跡と考えられていた イエス様が彼に触れた意味 境界線を越えた愛 イエス様が越えられた境界線 「人々と病人」の間にあった境界線 「男女」の間にあった境界線 「人種間」の境界線 「神と人」の間にあった“罪”という境界線 インドのリバイバル(カースト制度という境界線を越えた愛) 周りの人に愛を示すものとして <1ヨハネ4章8,9,11節> 「愛のない者は神を知りません。神は愛だからです。神はそのひとり子を世に遣わし、その方によって私たちにいのちを得させてくださいました。それによって神の愛が私たちに示されたのです...愛する者たち。神がこれほどまでに私たちを愛して…
 
2020.7.12 『深い淵から主を待ち望む』 詩篇 130篇 1.「主」なる神を呼び求める 「主」…“あって在る者” “あらゆるものの存在の根源” “永遠に存在し続けるもの” 「主」の救いを阻(はば)むもの <イザヤ59:1,2>見よ。主の手が短くて救えないのではない。 その耳が遠くて聞こえないのではない。むしろ、あなたがたの咎が、 あなたがたと、あなたがたの神との仕切りとなりあなたがたの罪が御顔を隠させ、聞いてくださらないようにしたのだ。 ハンス・クリスチャン・アンデルセン デンマークの童話作家(1815-1875) 新美南吉 『ごんぎつね』 「主」を待ち望む信仰 ◎ミニチャーチでの分かち合い ・「主」なる神とはどんな神ですか? あなたとどんな関わりがあると思いますか? ・「主」との関係…
 
2020.7.5 『イスラエルの苦難と神の守り』 詩篇 129篇 過去の苦難の歴史の回顧 出エジプト(BC 14C ) 古代イスラエル王国成立(BC 11C ) 北王国 アッシリア帝国によって滅亡(BC 721年) 南王国 バビロンへの捕囚(BC 586年) ペルシャ帝国の寛容政策でエルサレム神殿再建(BC 516年) 何故ユダヤ民族は迫害されるのか ドレフュス事件(1894年) 「ポグロム」の原因となった事件(1881年) 「反ユダヤ主義」は悪魔の働き(霊的問題) イスラエルを祝福するものの幸い イスラエルの平和のために祈る イスラム教徒の救いのために祈る イスラエルから中絶(堕胎)がなくなるように祈る ◎ミニチャーチでの分かち合い 「反ユダヤ主義」の原因は何ですか?また何故ですか?  イ…
 
2020.6.28 『神と共に生きる幸い』 詩篇 127篇 神に対する信頼 ハワイ島 マウナ・ケア山(4205m) 「すばる望遠鏡」 エヴェレスト(8848m) 酸素濃度33% <マタイ5:45>天におられるあなたがたの父の子どもになるためです。父はご自分の太陽を悪人にも善人にも昇らせ、正しい者にも正しくない者にも雨を降らせてくださるからです。 <1節>「建てる」=「再建する、回復する、建て直す、祭壇を築く」 神から来る希望 <2節>「眠り」=「安眠」 神との愛の交わり <ヨハネ3:16>神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに世を愛された。それは御子を信じる者が、一人として滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。 石川豊子(大阪芸術大学教授)「コミュニケーション学」 「伝わるコ…
 
2020.6.21父の日 『神に祝福される家族』 詩篇 128篇 <1,4節>「主を恐れる」…主を信頼し主を愛すること 夫婦がお互いに愛し合う事の祝福 1.子どもは自分のアイデンティティーを確立できる 精神科医 ジャスティス・S・グリーン博士の証言 <エペソ5:33>それはそれとして、 あなたがたもそれぞれ、自分の妻を自分と同じように愛しなさい。 妻もまた、自分の夫を敬いなさい。 2.安定した子育てができる 3.神を敬う心を育てる アリス・ピアソンの詩 “みんな家に戻ったかい?” ◎ミニチャーチでの分かち合い ・ あなたの「お父さん」はどんな人ですか(でしたか)? 感謝すべき事を考えてみましょう。 夫婦関係が子育てにどんな影響を与えるか考えてみましょう。 このブラウザでは再生できません。 再…
 
2020.6.14 『働くとは』 創世記1章26,27節 3章17〜19節 1.歴史を支配する神 「神は第七日になさっていたわざを完成し、第七日に、なさっていたすべてのわざをやめられた。」創世記2:2 「神は彼らに仰せられた。「生めよ。増えよ。地に満ちよ。地を従えよ。海の魚、空の鳥、地の上を這うすべての生き物を支配せよ。」創世記1:28 霊的回復をもたらす神 「…大地は、あなたのゆえにのろわれる。あなたは一生の間、苦しんでそこから食を得ることになる。"大地は、あなたに対して茨とあざみを生えさせ…」創世記3:17-18 仕事という偶像 ボリス・ベッカー(1980年代に活躍したテニスのスター選手)  ディビッドフォスターウォレス(アメリカ人作家)著書『これは水です』 「しかし、わたしが与える水を…
 
2020.6.7 『回復してくださる神』 詩篇 126篇 1.歴史を支配する神 B.C.931年 ソロモン王の死後に国は分裂 B.C.721年 北王国イスラエルはアッスリヤ帝国によって滅亡 B.C.586年 南王国ユダはバビロン捕囚へ B.C.604年 エレミヤが南王国の滅亡と回復を預言 B.C.516年 エルサレム神殿再建 B.C.539年 バビロニア帝国がペルシャ帝国によって滅亡 B.C.740〜700年 イザヤの活躍時期(アッスリヤ帝国の時代) イザヤがバビロンの帝国の滅亡を預言 (B.C.539年10月5日、ペルシャ王キュロスによって) <イザヤ書44〜45章 参照> 霊的回復をもたらす神 <4節>「ネゲブ」…イスラエルの南部に広がる砂漠地帯 <5節>「種」…神のことば C.458年…
 
2020.5.31 『揺るぐことのない人生』 詩篇 125篇 1.主に信頼しない人生の災い <1節>「主に信頼する」(ヘブル語)「バータハ」 …信じて完全に主に任せること イスラエルの歴史 B.C.627 エレミヤが預言者として召命 B.C.621 南王国でヨシヤ王による宗教改革 B.C.605 バビロン王ネブカドネツァルがエルサレム侵攻 B.C.598 エホヤキム王殺される B.C.586 バビロン捕囚、エルサレム陥落 エレミヤの預言 <エレミヤ33:6>見よ。わたしはこの都に回復と癒やしを与え、彼らを癒やす。そして彼らに平安と真実を豊かに示す。 A.D. 70年ローマによるエルサレム壊滅 イエス・キリストの警告 <ルカ19:41〜44>参照 A.D. 1948年5月14日 イスラエル共和…
 
2020.5.24 『神は私たちの味方である』 詩篇 124篇 1.天地を造られた神 <伝道者の書12:1>あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ。 わざわいの日が来ないうちに、また「何の喜びもない」と言う年月が近づく前に。 「エピジェネティクス」epigenetics DNAの配列は全く変わらないで、目に見える姿形だけが変わったものになること 昆虫学者 ジーン・ロビンソン博士の実験 イタリヤミツバチとアフリカミツバチ ステーブ・コール博士(UCLA教授) 「孤独は人間の遺伝子発現に強い影響を持つ」 イスラエル民族を祝福する神 <7節>「助け出された」預言的完了 まだ起こっていない事でも確実に起きる事を表す ポーランド、クラクフのユダヤ人ゲットーでユダヤ人を救出した ポーランド人、タデウス…
 
2020.5.17 『神のあわれみを求めて』 詩篇 123篇 1.神について <2節> 「神」(ヘブル語)エローヒーム “それ以上に偉大な神はいない”の意味 「主」(ヘブル語)ヤハウェ “常に存在し続ける者” “他の何者にも依存しない方” “決してなくならない方” の意味 罪について <ローマ8:33,34>だれが、神に選ばれた者たちを訴えるのですか。神が義と認めてくださるのです。だれが、私たちを罪ありとするのですか。死んでくださった方、いや、よみがえられた方であるキリスト・イエスが、神の右の座に着き、しかも私たちのために、とりなしていてくださるのです。 救いについて <3節>「あわれむ」(ヘブル語)ヘセッド “相手の心の中に入って、相手の立場で考え、相手の立場で感じ、共感すること” 頭木弘…
 
2020.5.10 母の日 『父なる神の母ごころ』 イザヤ 49:13〜20 ヴィンセント・ファン・ゴッホ (1835〜1890) “人間はこわれものである。だから大切に扱われるべきである” <15節>「乳飲み子」「胎の子」 創造者なる神によって造られた地球は宇宙の中の保育器のような存在である 酸素 気圧 バンアレン帯 オゾン層 「宇宙の人間原理」…“宇宙は人間を生かすために調整されているとしか思えない。宇宙には意志があって、人間が住み易いように働いている。だから人間が宇宙に感謝しないのなら宇宙は寂しがるだろう。” 神のことばの真実さ 神の愛の真実さ   <16節>「手のひら」 (英)My hands ◎ミニチャーチでの分かち合い ・ 天の父なる神は私たち人間をどのような思いでご覧になってい…
 
2020.5.3 『暗闇の中で』 創世記 28:10〜16 1.孤独の中神と向き合う アウシュビッツ収容所の壁に書かれた言葉 詩篇145:18 「主を呼び求める者すべて まことをもって主を呼び求める者すべてに【主】は近くあられます。」 神は共におられるという恵み ヤコブの見た夢 1つのはしごが天から地に向けて建てられみ使いたちがそれを上り下りしている。 16節「まことに主がこのところにおられるのに、私はそれを知らなかった。」 デイリーマナの配信 ライオン株式会社 創業者は小林富次郎さんの証 ヘブル12:11 「すべての訓練はその時は喜ばしいものではなく、帰って悲しく思われるものですが、のちになるとこれによって訓練された人々に義という平安の実を結ばせます」 15節「見よ。わたしは…
 
2020.4.26 『心を騒がせてはいけません』 ヨハネ 14:1〜6 1.心が騒ぐ原因 その①「罪」  イグナッツ・センメルヴェイス(1818〜1865年) ハンガリー人の医師 「手洗いの父」「母親たちの救世主」 心が騒ぐ原因 その②「死」  <2節>「わたしの父の家」とは「天国」とのこと <3節>「また来て..迎えます」とは「空中再臨」と「携挙」のこと ◎ミニチャーチでの分かち合い ・ イエス・キリストは私たちの「罪」と「死」の問題をどのように解決してくださったのでしょうか? このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら峰町キリスト教会 礼拝メッセージ による
 
2020.4.19 『地震、飢饉、疫病、そしてその後に』 ローマ 8:18〜25 「新型コロナウイルス収束の為に三つの方法」 1.全世界の大多数の人が感染して免疫を持つ 2.ワクチンの開発 3.特効薬の開発 人類の歴史を変えてきた「疫病」 「アステカ帝国」(1428〜1521年) 「インカ帝国」(1200〜1533年) ローマ帝国における キリスト教公認(313年)コンスタンチヌス帝 キリスト教国教化(392年)テオドシウス帝 多くの自然災害の発生 バッタの大発生 異常気象 多発する地震 <ルカ21:10,11>それから、イエスは彼らに言われた。「民族は民族に、国は国に敵対して立ち上がり、大きな地震があり、方々に飢饉や疫病が起こり、恐ろしい光景や天からの大きなしるしが現れます。 自然界の回復…
 
2020.4.12 イースター礼拝 『神に会う備えをせよ』 ローマ 8:34 1.死んでくださった方、イエス・キリスト ○ 「死」…(ギリシャ語)「サナトス」(分離) ○ 太宰治の信仰 2. よみがえられた方、イエス・キリスト <ルカ9:22>そして、人の子は多くの苦しみを受け、長老たち、祭司長たち、律法学者たちに捨てられ、殺され、三日目によみがえらなければならない、と語られた。 <マタイ27:62,63>明くる日、すなわち、備え日の翌日、祭司長たちとパリサイ人たちはピラトのところに集まって、こう言った。「閣下。人を惑わすあの男がまだ生きていたとき、『わたしは三日後によみがえる』と言っていたのを、私たちは思い出しました。 <ヨハネ11:25,26>イエスは彼女に言われた。「わたしはよみがえり…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login