岩本秀雄 公開
[search 0]
×
最高の 岩本秀雄 ポッドキャストが見つかりました。 (アップデートされました 7月 2020)
最高の 岩本秀雄 ポッドキャストが見つかりました。
アップデートされました 7月 2020
百万人のPlayer FMユーザーに参加してオフラインのときでも、いつでも に関するニュースや詳細情報を把握することができます。 妥協なし無料のPodcastアプリでPodcastをスマートに。 聴きましょう!
世界最高のPodcastアプリに参加し、お気に入りの番組をオンラインで管理し、AndroidおよびiOSアプリでオフラインで再生します。 無料で簡単です。
More
show episodes
Loading …
show series
 
 10日の東京市場は反落。TOPIX業種別騰落率は、全業種が下落。下落率上位は、鉱業、証券、不動産、その他金融、紙パルプなど。  前日の米国市場はダウ、SP500が下落。ナスダックは上昇し、連日で史上最高値を更新。東京市場は日経平均が5円高でスタート。小幅安で推移し、前場は何とか値を保ちましたが、後場に「都内感染者が240人超」と伝わると下げ幅を拡大。ほぼ一日の安値で引けました。  個別銘柄では、トヨタ、パナソニック、三菱UFJなど主力株が冴えず。決算が弱かったファストリも売られました。半面、米国のゲーム開発会社への出資を発表したソニーに買いが先行。STOCKVOICE Inc. による
 
 9日の東京市場は反発。TOPIX業種別騰落率は、情報通信、電力ガス、電機、証券、非鉄など9業種が上昇。空運、不動産、鉄鋼、金属、海運など24業種が下落。  前日の米国市場は3指数とも上昇し、ナスダックは史上最高値を更新。東京市場は日経平均が4円高でスタート。前場は膠着状態でしたが、上海が強く、東京も後場序盤は一段高。ただ、都内のコロナ感染者が220人超と伝わり、終盤は上げ幅を縮小しました。  個別銘柄では、ソフトバンクGが4%超の大幅高で日経平均を58円分押し上げ。伊藤忠によるTOBが発表されたファミマもストップ高でした。半面、3~5月期が過去最大の赤字だったイオンが急落。STOCKVOICE Inc. による
 
 8日の東京市場は続落。TOPIX業種別騰落率は、全業種が下落。下落率上位は、電気ガス、薬品、鉄鋼、ガラス土石、農林水産など。  前日の米国市場は3指数とも反落。コロナ感染が止まらず、ニューヨーク州がデラウェア、カンザス、オクラホマ3州からの移動者の隔離を発表し、嫌気されました。  東京市場は日経平均が133円安でスタート。プラスに浮上する場面もありましたが、日米の感染者増や国内の土砂災害被害の拡大を受けて市場心理が悪化。後場は断続的に売られ、日経は安値引けでした。  個別銘柄では、トヨタ、みずほ、ソフトバンクGなど主力株が冴えず。災害絡みの保険金支払いを警戒したのか、SOMPO、MS&ADなど保険株も売られました。半面、アップルの有機EL採用報道でサムコ、保土谷化学など関連株が強い動き。…
 
 7日の東京市場は反落。TOPIX業種別騰落率は、その他製品、情報通信、サービス、精密、電機など9業種が上昇。陸運、薬品、電機、鉱業、鉄鋼など24業種が下落。  前日の米国市場は3指数ともしっかり。米ISM非製造指数が4カ月ぶりの高水準となり、ポジティブに取られたようです。  東京市場は日経平均が65円安でスタート。序盤にプラスとなる場面もありましたが、その後は弱もちあい。8日、10日に指数連動ETF分配金基準日を迎えるため、分配金絡みの換金売りが警戒されたようです。  個別銘柄では、JR東、東急、京成など電鉄株が軟調。九州豪雨の影響が懸念されるJR西は年初来安値でした。半面、第1四半期決算が好感された薬王堂は3%超の大幅高。…
 
 6日の東京市場は続伸。TOPIX業種別騰落率は、全業種が上昇。上昇率上位は、証券、海運、鉄鋼、非鉄、機械など。  前週末の米国は独立記念日の振替休日で休場。休日中にトランプ大統領は「過激な左翼を打ち負かす」「コロナは99%無害」などと演説しました。  週明けの東京市場は日経平均が35円高でスタート。中国国営メディアが強気相場を促す報道を行い、香港、上海が大幅高。これに連動したのか、東京も買われました。 個別銘柄では、東京エレク、SUMCO、アドバンテストなど半導体株がしっかり。大和、野村など証券株も買われました。半面、中外、協和キリンなど薬品株の一角が冴えず。STOCKVOICE Inc. による
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login