show episodes
 
■就活、面接合格には「面接官の心をつかむパワーUPメソッド」で勝つ!■就活、面接では、口頭試験レベルでは合格しない。正解を話しても不合格になる。これが就活の面接試験だ。面接役員はプロ中のプロである。あなたのチャレンジ精神、やり遂げる意志が、言葉だけの回答か、精神、脳細胞から絞り出されているものかを見破る。■あなたが共感できる「営業思考」の論拠を探し出し、身体から醸し出せるまで、何回も読み込んで脳細胞に叩き込む。この「トップ営業脳メソッド」をススメル!
 
Loading …
show series
 
ネガティブな履歴がある場合、面接でそれを避けようとするのではなく、過去との向き合い方、現在の自分との繋がりを意識して正面から説明することが大事です。
 
どのような面接対策をとるべきかは、応募先とのマッチングを意識した自己分析によって決まります。単なる自己分析ではなくマッチ度を意識して対応を考えるのです。
 
採用選考で不利になりそうな履歴を気に病む人は多くいます。しかし過去を嘆いても未来は変えられません。大切なことは現在(いま)の行動を起こすことです。
 
面接の逆質問はネットで言われているほど重要なのでしょうか。答えは否です。しかし、「特にありません」とそっけなく述べるのではなく、少しの工夫をすると良いでしょう。
 
内定獲得50日間コース・100日間コースは、ご好評の中、リリースして1年を迎えようとしています。この1年を振り返って、どのような方が利用されているのか、有効活用の方法などについてお話しします。
 
コロナ禍でガクチカがないと悩んでいる人もいると思いますが、ガクチカは「派手なトピック」である必要はありません。日常的な小さな積み重ねでも十分ガクチカになり得ます。
 
当番組「面接が怖くなくなるラジオ」がAmazon Musicでも聴けるようになりました。他にもApple Podcasts、Spotify、Google podcasts をはじめとするほとんどの配信プラットフォームでお聴きいただけます。
 
新しく「内定獲得50日間コース・100日間コース」を開講しました。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で就活・転職市場が厳しさを増す中、リーズナブルに必要十分な対策をしていただけるように設定しています。
 
面接で回答すべき特筆した経験がないと悩んでいる人に向けて、「何を経験したのかではなく、どう経験したのかが大切だ」というお話をしています。
 
面接で不利になりそうな聞かれたくない質問にどう回答すべきでしょうか。多くの人は「どう言い訳するか」に腐心しますが大事なポイントは他にあります。悪い例と良い例を挙げながら説明します。
 
新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず緊急事態宣言が発出されている現状で、就活生は面接に向かうべきか、体調不良がない場合とある場合とに分けて説明しています。この非常時は企業価値を見極める機会にもなるでしょう。
 
新型コロナウイルスで導入企業の増えているWEB面接では、採用側の面接実施満足度を意識すると通過しやすいという話をしています。
 
新型コロナウイルス感染拡大に対応するため政府は非常事態宣言を発出しました。これが就活や公務員試験に与える影響や就活生・受験生がどう考えて行動すべきかを改めてお話しします。
 
以前お話しした面接におけるマスク着用の是非について、新型コロナウイルス感染拡大中の現在に応じた内容を追加しました。ブログの方では【追記】として記載しています。
 
最近は選考方法として動画選考を導入する企業が増えてきました。そこで、動画選考を突破するコツとして撮影時の注意点と内容面での注意点を説明します。
 
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染が国内で拡大している影響で、企業説明会中止やオンライン面接への変更など就活は変化をしています。準備をしておきましょう。
 
今回は面接対策の中身の話ではないのでご了承ください。話題のブレイン(Brain)に記事を投稿したので、その事情と、この新しいコンテンツ販売プラットフォームの特徴や課題などについてお話ししています。
 
面接でマスクを着用したままというのはダメなのかについてお話ししています。現在(2020.1.30現在)のように新型コロナウイルス感染症拡大が懸念されている状況ではどう考えるべきかについても説明しています。
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login