show episodes
 
天使のモーニングコールは、幸福の科学が提供するラジオ番組です。家庭や職場の悩み解決、成功の秘訣、スピリチュアルな話題まで様々なテーマで、幸福の科学 大川隆法総裁の仏法真理をお届けしています。
 
Loading …
show series
 
【今回のポイント】 ◇呪いというのは「相手を不幸にしたい」という思い ◇生きている人も霊となって「悪想念の矢」を飛ばす―? ◇生霊対策は「緩やかな善念を放射している」こと ◇世界は鏡のように映し合っている 今週お届けするのは、月刊「幸福の科学」2022年10月号に掲載されている、大川隆法総裁書き下ろしの詩篇、心の指針「呪いに対処する」です。心の指針から呪いに対処する心構えを学んで、世界を呪いではなく愛に満ちたものにしていきたいですね。番組後半では映画『呪い返し師-塩子誕生』挿入歌『あなた』(作詞作曲・大川隆法 歌・川村静香)もお届けします!お楽しみに♪ ★紹介御法話:「奇跡を起こす力」より抜粋(書籍『鋼鉄の法』所収)…
 
【今回のポイント】 ◇あなたは、焦っていないか ◇「蛇縄麻(だじょうま)」のたとえから学ぶ仏教の教え ◇問題を一度に解決しようとしていないか ◇希望は、その人にふさわしいかたちで達成される 「こうなりたい」という夢や目標を持っていても、なかなか思うようにいかず、時間が過ぎていくと、次第に不安や焦りを感じ始めますよね。そういう状態でもがいていると、ますます空回りして、次第に夢や目標を失う人も少なくありません。こうした悩みの解決策のヒントを幸福の科学の仏法真理からお届けいたします!夢の実現の後押しへとつながっていければ幸いです♪番組後半では楽曲『私のパンセ』(作詞作曲・大川隆法 歌・篠原紗英)もお届けします!お楽しみに^^ ★紹介御法話:「希望について」より抜粋(書籍『希望の法』所収)…
 
【今回のポイント】 ◇完璧な自分のみを求めてはいけない ◇私たちは魂を向上させるために生まれてきた ◇あたたかくあなたを見守り続けている存在がいる ◇「自分を許す勇気」が必要 様々な環境の中でストレスを抱えながら、疲れ果ててしまうことありますよね。そんなときふと、「自分って何の価値があって存在しているのだろうか」とぼんやり考えることありませんか。一生懸命頑張っていたけど、仕事も生活も無力感を覚えてしまう、そんな生きるエネルギーがなくなった人に届けたい放送回です。番組後半には「子守唄」(作詞作曲・大川隆法 歌・日比野景)もお届けします。心安らぐ時間となりますように。 ★紹介御法話:「罪を許す力」より抜粋(書籍『大悟の法』所収)…
 
【今回のポイント】 ◇“夢”は人生の設計図 ◇「夢をいだく」ことで周りに起きる様々な変化とは ◇夢の神秘的な作用-守護・指導霊たちに通じる ◇「夢を描く能力」は人間が持つ偉大な能力 皆さんは、将来の夢や目標はありますか?文部科学省の調査によると、最近の小中学生の将来の夢や目標を持つ割合が年々減っているようです。でも、夢を持たないということは、実はすごくもったいないことなんです!夢には叶うかどうかに関わらず、持つこと自体に人生を変える大きな力があります。今回は書籍『太陽の法』を紐解きながら「夢」について学んでみましょう♪番組後半には「夢人間」(作詞作曲・大川隆法 歌・TOKMA)もお届けします♪お楽しみに! ★紹介御法話:「夢を持とう」より抜粋(書籍『アイム・ハッピー』所収)…
 
【今回のポイント】 ◇霊的な世界に無知な人ほど、霊的な現象に恐怖心を持ちやすい ◇「天国と地獄」「神と悪魔」は拮抗する勢力ではない ◇死とは肉体と魂が分離すること ◇正しい霊的知識は、正しい宗教から学ぶことができる 今週お届けするのは、月刊「幸福の科学」2022年9月号に掲載されている、大川隆法総裁書き下ろしの詩篇、心の指針「幽霊の条件」です。皆さんは「幽霊」を信じているでしょうか?「幽霊の存在なんて怖いから信じたくない!」と思っている人ほど、今回の放送を聴いていただきたいです。霊的知識を得るほど、恐怖心は薄らいでくると思います。番組後半には「不思議の世界」(作詞作曲・大川隆法 歌・篠原紗英)もお届けします♪お楽しみに! ★紹介御法話:「大悟の瞬間」より抜粋(書籍『大悟の法』所収)…
 
【今回のポイント】 ◇バブル世代・就職氷河期世代・ゆとり・さとり世代のギャップ ◇「生かす愛」は他の人々を導く愛 ◇叱るのも愛―教導(きょうどう)の怒り ◇責任感のある人を育てるには―? 近年、ダイバーシティ、多様性の時代という言葉をよく耳にします。多様な価値観を認めるというのは、とても大事なことだと思いますが、一方で、多様性の時代に、世代間ギャップで部下の指導に悩む30代・40代の中堅層のリーダーが増えてきているそです。本当の意味で多様性を認めるというのはどういうことなのでしょうか。幸福の科学の教えの一つ、「生かす愛」の観点から学びを深めていきましょう。番組のはじまりには『THE THUNDER -コロナウィルス撃退曲-』(作曲・大川隆法)を祈りを込めてお届けします。 ★紹介御法話:「大人…
 
【今回のポイント】 ◇苦しみの中でできる“節”が成長の土台になる ◇挫折や失敗からも「幸福の種」を見出す ◇竹の強さの秘訣は、節を固めながら伸びて行く“柔軟さ” ◇『小説 竹の子の時代』発刊記念対談より抜粋 まっすぐに伸びている立派な竹。その竹をよく見てみると、定期的に「節」が入っていることは皆さんご存知かと思います。竹はこの「節」のおかげで、ポキッと折れずに成長を続けているんですね。今回はこの「竹の姿」からどこまでも伸び続ける人生について学んでみましょう。番組後半では『青春の卵』(作詞作曲・大川隆法 歌・田中宏明)もお届けします!お楽しみに♪ ★紹介御法話:「『小説 竹の子の時代』発刊記念対談」より抜粋…
 
【今回のポイント】 ◇「魂の故郷」とは、この地上を去った世界のこと ◇懐かしい魂の故郷の記憶が残っているはず ◇心の奥深くで知っている「魂の親」 ◇安らぎと調和に満ちた「天上界」という世界 お盆の時期ですね。今年は里帰りしますという方はいらっしゃるでしょうか。わたしたちは人それぞれ「故郷」があるかと思いますが、実は、全員に共通した「故郷」があるんです。きっと皆さんの心の奥底で知っている懐かしい場所だと思います。心地の良い音楽と共に、安らぎの世界に心を向けてみましょう。番組後半では『四国の母―数え90歳を祝して―』(作詞作曲・大川隆法 歌・大川咲也加)もお届けします!お楽しみに♪ ★紹介御法話:「人生の王道を語る(序論)」(書籍『大川隆法 初期重要講演集 ベストセレクション(4) 人生の再建』…
 
【今回のポイント】 ◇勉強するほど“失っていく知恵”とは―? ◇「真理」は単純で簡単なところにある ◇神や仏やあの世も知らず、自らを賢いと思っていないか ◇霊的真実を知ることで、生き方が全然変わる 今週お届けするのは、月刊「幸福の科学」2022年8月号に掲載されている、大川隆法総裁書き下ろしの詩篇、心の指針「地獄も知らないで・・・」です。この世で地位や名誉、財産を得たとしても、死んでから地獄にいってしまう…なんてことは、とても空しいものです。霊的真実の重要性を、今月の心の指針から学んでいきましょう。番組の後半では楽曲「風鈴とリンカーン」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・小原ゆかり)もお送りいたします♪お楽しみに! ★紹介御法話:「沈黙の声を聞く」(書籍『自分を鍛える道』所収)より抜粋…
 
【今回のポイント】 ◇現代社会における価値観のズレ-「唯物論」 ◇ロシア‐ウクライナ戦争についての大川総裁の見解 ◇霊界での価値基準は変わっていない ◇これから必要な「Be independent and strong.」の精神 2022年7月7日、幸福の科学の二大祭典のひとつ、「御生誕祭」がさいたまスーパーアリーナで開催され、全世界3500か所に同時中継で、大川隆法総裁の大講演会が行われました。講演の演題は「甘い人生観の打破」。様々な問題を抱える現代社会において持つべき「正しい人生観」とは何か。これからの時代に必要な「Be independent and strong.」の精神とは何か。正しい価値判断と未来の指針が語られたこの法話を今回はダイジェストでお届けします!番組の中では楽曲「君の瞳…
 
【今回のポイント】 ◇どんな環境下でも、自分なりの一輪の花を咲かせる ◇この世はあくまでも魂の修行の場 ◇自分自身の霊性を見失ってはならない ◇苦しみのなかで、仏や神の「大きな慈悲の心」を感じ取る 昨今の世界情勢を見ても、国内のニュースを聞いても、なかなか未来を楽観視することはできないですよね。そんな中でも、希望があることは忘れないでください。今回は、2500年ほど前に仏陀が説いた『泥中の蓮華の花』のたとえを学んでいき、霊的に生きることの大切さを学んでいきましょう。きっと、力強く生きていくカギがそこにあります。番組後半には、『詩集 私のパンセ』楽曲シリーズ「永遠の戦士」(作詞作曲・大川隆法 歌・恍多)もお送りいたします♪お楽しみに! ★紹介御法話:「導きの光について」(書籍『救世の法』所収)…
 
【今回のポイント】 ◇語学の持つ不思議な力 ◇「コミュニケーションの学」を超えたもう一段の深い魅力とは―? ◇転生輪廻をしなくとも、生きながらにして人生を二度生きる ◇「I Can!私はできる!」と唱えて語学の世界へ飛び込んでみよう! 今回のテーマは「語学」です!日本語だけで不自由なく生活ができる日本では、日々の生活の中で語学の必要性を感じることが少なく、「そこまで無理に語学を続ける必要はない」と考えている方が多いかもしれません。でも、語学は単なる「コミュニケーションの学」だけではないんです。今回は、語学に秘められた“必要性を超えた魅力”をお届けできればと思います!語学をきっかけに、より幸福で豊かな人生へと歩めれたら幸いです♪大川総裁の英語説法もお届けしますよ★番組後半には、全編英語のエンゼ…
 
【今回のポイント】 ◇宗教が政治について言及する理由 ◇裏表のない、徳ある政治家を選んでいく ◇政治参加における「自由と平等」 ◇あなたの一票が、神仏の理想実現のお手伝いとなる 7月10日は参議院選挙の投開票日です。 近年は投票率が50%台に下がってきていますが、納税の義務や男女関係なく平等に選挙権が与えられたのもそう遠い過去でもありません。 今回は政治参加バックアップ企画として、なぜ私たちが政治に参加することが大切なのか、学びを深めていきたいと思います。 番組後半には、「翼を下さい~幸福実現党応援歌~」(作詞作曲・大川隆法 歌・大川咲也加)もお届けします♪お楽しみに! ★紹介御法話:「水平権力の時代」(書籍『政治の理想について』所収)より抜粋…
 
【今回のポイント】 ◇自分の自由が広がるのが勉強の価値 ◇努力即幸福-努力の過程を楽しむのが大事 ◇本来の学問に取り組むためのコツとは―? ◇手段としての学問を超えた、学問の本質に迫る 今週お届けするのは、月刊「幸福の科学」2022年7月号に掲載されている、大川隆法総裁書き下ろしの詩篇、心の指針「手段としての学問」です。私たちは一体何のために学問をするのでしょうか。手段としての学問や目的としての学問とは―?今回は、幸福の科学学園 関西中学校・高等学校 校長の冨岡無空(とみおか・むくう)さんにお越しいただき、一緒にこの心の指針を紐解いていきます。番組後半では、幸福の科学学園・校歌『未来をこの手に』(作詞作曲・大川隆法)にのせて、幸福の科学学園関西校のインフォメーションもお届けします♪お楽しみに…
 
【今回のポイント】 ◇閻魔大王は架空の存在ではなく、あの世に実在する ◇白黒をはっきりさせて、善悪を判断する「あの世の裁判官」 ◇天国地獄の別れ目は、心の中を人に見せられるかどうか ◇閻魔様は仏に仕え、信仰心が絶えないようにしている 「お天道様が見ている」「嘘をついたら閻魔様に舌を引っこ抜かれる」なんてことは、AI時代の今、信じる人はどれだけいるでしょうか―?先日、書籍『江戸の三大閻魔大王の霊言』も発刊されましたが、今回はこの書籍を紐解きながら“閻魔大王”の役割や天国地獄を分ける基準などの霊的知識を学んでいきましょう。あの世の真実を知らず、「バレなければ大丈夫」と考えている現代人に霊的目覚めの一喝のような内容です!番組後半では、『詩集 Leftover―青春のなごり―』楽曲シリーズ「愛とあな…
 
【今回のポイント】 ◇3000書突破記念講演会の当日の様子について ◇今、大宇宙の秘密が解き明かされている ◇地獄でも、天国でも、仏法真理は学べない?! ◇佐藤社長の人生を変えた一冊とは―? この度、大川隆法総裁の著作が3000書を突破しました!天使のモーニングコールも、仏法真理を伝え続けて30年1600回を超えました。今回は、幸福の科学出版 代表取締役社長の佐藤直史さんをお招きして「仏法真理とは何か」を原点に立ち返ってお話を伺います。リスナーさんから頂いた「人生を変えた一冊・仏法真理」も紹介いたします!お楽しみに♪ ★紹介御法話:著作3000書突破記念講演会「なお、一歩を進める」より抜粋
 
【今回のポイント】 ◇不幸を愛すれば、不幸を引き付けていく ◇“みじめな自分”で居続けるメリット―? ◇「幸福になろう」と決意をする ◇一人が幸福になれば、その分だけ闇は明るくなる 梅雨入りする地域が多くなってくる頃でしょうか?太陽が隠れてしまうこの時期、心までジメジメしている人いませんか?今回は、なんとなく不幸感覚が拭えないという方に向けてお届けします。もし「自己憐憫」で苦しんでいるなら、ぜひ聞いていただきたいです。番組後半には、楽曲「光る空」(作詞作曲・大川隆法 歌・大澤美也子)もお届けします♪ ★紹介御法話:『ダイナマイト思考』(書籍『理想国家日本の条件』所収)より抜粋
 
【今回のポイント】 ◇体力の壁を乗り越えるには、こまめな努力あるのみ ◇生・老・病・死の四苦と諸行無常の世の中で… ◇生きがいや、使命感の問題もある ◇原因結果の法則は、希望の原理でもある 今週お届けするのは、月刊「幸福の科学」2022年6月号に掲載されている、大川隆法総裁書き下ろしの詩篇、心の指針です。タイトルは「体力の壁」です。年を取ると、なにかと億劫になりますよね。それは、年齢と共に体力が落ちてくるのも原因の一つかもしれません。今回の心の指針から、体力の壁を乗り越えていく心構えを学んでいきましょう♪楽曲「夢人間」(作詞作曲・大川隆法 歌・TOKMA)にのせて、幸福の科学のシニア向けのインフォメーションもお届けします! ★紹介御法話:『「サクセスNo.1」の精神』(書籍『「サクセスNo.…
 
【今回のポイント】 ◇「魂の歓喜」を体験したことありますか? ◇「魂を奪われる」ほど感動する一冊の書物との出会い ◇本の起源は、人々の心を救う神仏の教えを多くの人に伝えるため ◇リスナーから集まった『心や人生を変えた仏法真理・真理の書籍』を紹介! 皆さんは、魂が揺さぶられるような本に出会ったことがありますか?良書に出会った際の感動は、何とも言えない喜びですよね。今回は読書の魅力に迫り、皆さんが「魂の喜びを得る読書」と出会う橋渡しになれれば幸いです♪番組後半には楽曲「三大誓願」(作詞作曲・大川隆法 歌・伊藤純)をお送りいたします。お楽しみに! ★紹介御法話:「光ある時を生きよ」(書籍『大川隆法 初期重要講演集 ベストセレクション③情熱からの出発』所収)より抜粋…
 
【今回のポイント】 ◇成人式が中止・延期の中で行った与える愛のサービス ◇「利益の追求」ではなく「利他の追求」を ◇お客様の“ために”ではなく、お客様の“立場”で考える ◇お二人に共通する座右の書とは―? 4月29日(金・祝)にハッピー・サイエンス・ユニバーシティ未来創造・東京キャンパスにて「天使のモーニングコール」公開録音が行われました。今回は第2部でお届けした、お二人の経営者のお話をお送りします。ゲストは、株式会社 ウェディングボックス 代表取締役 松本徳太郎さん、ナップ賃貸保証株式会社 代表取締役会長兼社長の坂口頼邦さんです。コロナによって大打撃を受けた衣装レンタル業界と不動産業界。そんなコロナ禍の中でも負けない戦いをしてきた「利他の経営」とは―? ★紹介御法話:「商売繁盛のコツ」より…
 
【今回のポイント】 ◇『メシアの法』の教えは、幸福実現党の使命そのもの ◇危機の時代だからこそ、救いの手が差し伸べられている ◇日本の流れている情報は世界のなかでは「お花畑」―? ◇神の愛の流れは一度も止まったことはない 4月29日(金・祝)にハッピー・サイエンス・ユニバーシティ未来創造・東京キャンパスにて「天使のモーニングコール」公開録音が行われました!その模様を2週にわたってお届けします♪今回は第1部でお届けした、幸福実現党 党首 釈量子さんとのトークをお送りします。世界が混迷を極める中、私たちはどのように生きていけばいいのかを一緒に探求していきましょう。番組後半には「水の革命」(作詞作曲・大川隆法 歌・恍多)をお届けします♪お楽しみに! ★紹介御法話:「メシアの愛」より抜粋…
 
【今回のポイント】 ◇『仕事をしたい』という気持ちは人間の天分である ◇神仏から与えられた「創造性の発揮の場」 ◇役立つ仕事は、“愛”に裏打ちされている ◇他の人々への愛を込めた仕事は、決して疲れない ゴールデンウィークはどのように過ごしていますか?新年度の疲れも癒されたでしょうか?でも、長い休暇の後ほど仕事モードに変えるのは一苦労ですよね。仕事っていやだなぁとつぶやきたくなることもあるでしょう。今回は、そんな人ほど知ってほしい、霊的人生観から見た仕事の本質をお伝えいたします♪聞いた後に「仕事」というものが輝いて見えれば幸いです^^番組後半には、5/8の母の日にお送りしたい楽曲「四国の母―数え90歳を祝して」もお届けします♪お楽しみに!…
 
【今回のポイント】 ◇田舎のトンボやチョウチョは、窓ガラスにぶつかる ◇教育、経験、年齢は、自然界にもあるらしい ◇若い人は「メカ」には強いが… ◇年を重ねて磨かれて、練られていく人生の智慧 今週お届けするのは、月刊「幸福の科学」2022年5月号に掲載されている、大川隆法総裁書き下ろしの詩篇、心の指針です。タイトルは「年齢の壁」。人は年齢を重ねては、知識と経験を通して人生の智慧を得ていきます。若者の中にはメカに強く優秀な方も多いですが、若さだけでは得られない強固な「年齢の壁」について、心の指針から学んでみましょう。番組後半には、「花束のようなあなた」(作詞作曲・大川隆法 歌・田村祥子)も紹介します!お楽しみに♪ ★紹介御法話:「人として本物となるには」より抜粋…
 
【今回のポイント】 ◇私たち人間の本質は肉体ではなく「魂」 ◇天才のツボを刺激する人気企画『集まれ、エジソンの卵たち!』 ◇「ユー・アー・エンゼル!」の活動に参加されている方々の声 ◇障害ではなく『強い個性を持っている人間』と信じる 『障害があっても、魂は健全』という理念で、障害のある子どもたちと親御さんを支える活動を展開している一般社団法人「ユー・アー・エンゼル!」。活動を始めて今年で10周年とのことです。今回は、「ユー・アー・エンゼル!」理事長の諏訪裕子(すわ・ひろこ)さんにお越しいただき、人間の本質であるところの、魂の部分に焦点を当ててお話を伺っていきます。「ユー・アー・エンゼル!」の人気企画『集まれ、エジソンの卵たち!』の話から、魂の輝きを発揮していった参加者の方々の声もお届けします…
 
【今回のポイント】 ◇何もしなければ、何も変わらない…! ◇最初の一歩を踏み出す努力と勇気を ◇あなたの中には「成長のエネルギー」が神様から宿されている ◇恐れていることに果敢に戦うことで恐怖は克服できる 新年度は新しいことを始めるには、最適な時期!でも、目標はあるけどなかなか始めるきっかけがつかめなかったという人もいるのではないでしょうか。何もしなければ、本当に何も変わらない…ということを痛感している人も多いはず。何も変わらない自分とはもう、おさらばしたいですよね!今回は、皆さんが春にいいスタートダッシュが切れるよう、この放送がスプリングボードになれますようにと祈りを込めてお届けします!番組後半には、楽曲「塩子恋唄」(作詞作曲・大川隆法 歌・大澤美也子)もお届けしますよ♪ ★紹介御法話:「…
 
【今回のポイント】 ◇人類の歴史は人びとの集合想念によってつくられていく ◇コロナの収束や、戦争で苦しむ人々の安全と平和を願う―“祈り” ◇天使たちも地上に祈り続けている ◇未来を信じつつ、今日も着実な一手を指す 近年、コロナ・パンデミックに始まり、ロシアのウクライナ侵攻など、連日、暗いニュースが流れ、心も暗い気持ちに染められる感じがしますよね。でも、未来は人々の集合想念によってつくられるということはご存知でしょうか。「暗い未来を描けば暗い未来に、明るい未来を描けば明るい未来がやってくる」という引き寄せの法則があります。今回は、明るい未来を皆さんと一緒に祈りあって、引き寄せていけるような仏法真理をお届けします!番組後半には楽曲「愛の星」(作詞作曲・大川隆法 歌・恍多)も紹介しますよ♪お楽しみ…
 
【今回のポイント】 ◇人の心の弱さからでる、自己顕示欲と自己保存欲 ◇近ければ甘え、遠ければひがむ―? ◇信仰心とは“物理的な距離”ではなく“心の距離” ◇出世で、過去の悪さや失敗が帳消しになったわけではない 今週お届けするのは、月刊「幸福の科学」2022年4月号に掲載されている、大川隆法総裁書き下ろしの詩篇、心の指針です。タイトルは「出世を責任逃れに使うな」。出世と言えば「重い責任を負うもの」と思いますが、タイトルから新たな視点を与えられました。一体どういうことなのでしょうか。一緒に詩篇を紐解いていきましょう。ミニコーナーでは、女性誌「アー・ユー・ハッピー?」編集長の吉川枝里さんをお呼びして、「アー・ユー・ハッピー?」最新号の見どころや、先日発刊された書籍「パングルへの変身」(大川紫央・著…
 
【今回のポイント】 ◇桜の花は散るからこそ、美しい ◇この世のものは全て移り変わっていく―諸行無常 ◇桜も命も時期が巡れば、また咲き誇る―転生輪廻 ◇一日一生から来る、儚くとも力強く美しい生き方 春は桜の季節ですね。もう咲いている地域はあるでしょうか。日本人の心を動かす桜の花には、咲き誇る美しさと散ってしまう儚さが両方備わっていますよね。人生もこの桜に通じるものがあります。人間も必ず死を迎えますが、それがあるからこそ人生が輝くものです。桜も命も儚いからこそ美しさがあるもの。そして、桜は季節が巡ればまた咲き誇るように、人間も時期が巡ればまた生まれ変わるという霊的真実があります。今回は桜の花に託して、諸行無常や永遠の生命に思いをはせてみましょう。楽曲「木花開耶姫のテーマ」(作詞作曲・大川隆法 歌…
 
【今回のポイント】 ◇この世とあの世の架け橋となる「来世幸福事業」 ◇この世の生き方、心のあり方が死んでから後の世界を決める ◇正しい供養の仕方とは―? ◇子孫が正しい生き方を示すことが重要 3月21日は春分の日。春のお彼岸で、供養される方もいらっしゃるでしょうか。近年では、AIロボットの読経や宅配僧侶なども話題になり、宗教の存在意義がわかりづらくなってきました…。しかし、宗教は人が死んでからも困らないよう正しい世界観、生き方を教える存在です。番組でも繰り返し、魂の存在やあの世の真実について伝えていきたいと思います。今回は、幸福の科学で来世幸福事業を担当している出家者の山本和荘(やまもと・かずたか)さんをゲストにお呼びして、霊的真実や供養についてのお話を伺います!番組後半には、「春のうた」(…
 
【今回のポイント】 ◇一つの扉が閉まれば、また別の扉が開く ◇河原に落ちたダイヤモンドは必ず人の目につく ◇永遠の生命として、いかに自分は生きるべきか ◇法話「苦しみの世界」の一部を紹介 3月も半ば。新年度の準備をしている人もいらっしゃるでしょうか。自分の目標としていた環境に行きます!という人もいれば、逆に試験や競争に敗れたり、人事の采配であったりで、自分が望んだような環境でないところに行くことになった…という人もいるでしょうか。今日は、「なんでこんな環境にいるのだろうか…」と悩んでいる方に向けて、この放送回をお届けしたいと思います。番組の始めには、この季節にぴったりの「スプリング・ハズ・カム」(作詞・作曲:大川隆法 歌:小原ゆかり)もお届けします♪おたのしみに!…
 
【今回のポイント】 ◇「こんなに○○なのに認めてくれない―。」と考えていないか ◇他人に認められたいという心も、一種の「奪う愛」 ◇あなたは他人の何かを認めたことがあるか ◇他人の愛に対する感謝も「与える愛」の出発点 今週お届けするのは、月刊「幸福の科学」2022年3月号に掲載されている、大川隆法総裁書き下ろしの詩篇、心の指針です。タイトルは「他人の愛に対する感謝」。「こんなに頑張っているのに、認めてくれない。」なんてこと、たくさんありますよね。人は、だれかから認めてほしいという欲求はあるものです。しかし、その欲求は認められたい人にとっては逆効果。一体なぜなのでしょうか。「ウーン」と考え込むある言葉にも注目です!番組後半では「幸福の卵」(作詞・作曲:大川隆法 歌:篠原紗英)もお送りいたします…
 
【今回のポイント】 ◇「メシア」という言葉は海外ではどう捉えられているか ◇悲惨な時代に人々が心の中で求めるのは「メシア(救世主)」 ◇「羊飼いの少年ダビデ」と「3メートルの巨人ゴリアテ」のエピソード ◇人生の中でも「ささやかな戦いの勝利」で自分を救うことが出来る 地球を護る者の声として発刊された、法シリーズ最新刊『メシアの法』。書籍を読み進めると、『旧約聖書』の話や強国による侵略の歴史とメシアについての話が記されています。なぜ、今、この時代にそのような話が綴られるのでしょうか。今回は幸福の科学から、宗教家・及川幸久(おいかわ・ゆきひさ)さんをお呼びして、書籍『メシアの法』について紐解いていきたいと思います。番組後半では「A song celebrating Lord God(「主なる神を讃…
 
【今回のポイント】 ◇一番伝えたいことは「真なる武士道精神の復活」 ◇日本を守ろうとして戦ってくださった人がいたからこそ―。 ◇映画で描かれたものが一部は現実になっていることを知ってほしい ◇武士道精神の源流の「天御祖神の教え」とは 今年に入り、北朝鮮がかつてないペースでミサイルを発射。冬季オリンピックの開催をめぐっては、人権弾圧問題に世界の関心が高まるなど、ここ最近、自由と平和について考えさせられる出来事が多くありました。日本に至っては、ミサイル発射に対して「強く非難し、抗議する」と言うに留まります。そんな今の日本の状態がまさしく反映されているような映画が2月18日に公開されます。タイトルは『愛国女子―紅武士道』。今回は、この映画の総合プロデューサー、大田薫さん、俳優の千眼美子さん、田中宏…
 
【今回のポイント】 ◇今日一日が、人生の最期かもしれないと生きる ◇武士道とは「人を生かすために、死ぬことをも恐れない」 ◇霊的人生観の教えに武士道の始まりがある ◇神仏の心と一体となって「何が正しいか」を問う 2月11日は「建国記念の日」。この日は「建国をしのび、国を愛する心を養う」と、法律で定められた祝日です。言葉を換えれば「愛国心」に思いを馳せる日でもありましょう。今回は、今、甦らせるべき日本の精神として『武士道』をテーマに番組をお届けします!番組後半には『愛国女子は往く』(作詞作曲・大川隆法 歌・篠原紗英)もお送りします♪お楽しみに!
 
【今回のポイント】 ◇「嘘つきは天国に還れない」は、ホント? ◇「嘘」から地獄霊・悪魔を引き寄せる霊的メカニズムとは ◇天国は相手の心がガラス張りのように分かる世界 ◇反省によって、心の曇りを取り除く 今週お届けするのは、月刊「幸福の科学」2022年2月号に掲載されている、心の指針「噓をつくな、ごまかすな。」です。生まれてこのかた、嘘をついたことはありません!と言える人はおそらくいないでしょう。見渡しても、毎日至るところで嘘は出回っています。しかし、噓をつくこと・ごまかすことで、実は悪しき霊的影響が待っているんです。心の指針を紐解きながら、霊的事実について学びを深めていきましょう。番組後半には楽曲「悪い子はいないか―草津赤鬼さんの歌―」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・竹内由羽)を紹介します♪…
 
【今回のポイント】 ◇若き日に「シャンバラ」を目指された伊田館長 ◇『メシアの法』に説かれた「シャンバラ」の秘密とは ◇救世主と呼ばれる方々が修行される場所 ◇唯物論が流行る中、人類に霊的な目覚めを促すために秘密が明かされた―? 法シリーズ最新刊『メシアの法』で、ひときわ興味がそそられる章があります。第4章「地球の心」。ここでは、地球の秘密-シャンバラについて説かれています。神秘のベールの先にあるシャンバラは、いったいどんな場所なのか。そして、『メシアの法』にはどんなことが書かれているのか。今回は、シャンバラを目指されたこともあるという、総本山・日光精舎 伊田信光 館長にお話を伺ってみました。お楽しみに♪…
 
【今回のポイント】 ◇これまであまり見なかった部分に光を当てて、喜びを見いだす ◇自分自身の固有の人生を愛すことも「足ることを知る」ということ ◇幸福とは日々の感謝の発見 ◇真の幸福感には「心の平静」を経験することが大事 世界的なコロナパンデミックによって、私たちの生活は一変しました。変異株も次から次へと見つかり、完全な収束がいつになるかは予測が立ちません。まだまだ元通りの生活とはいかないですが、こんな今だからこそ、「今までとは違った価値観」に気づかせてくれる機会でもあります。今回は「足ることを知る幸福」をテーマに番組をお届けいたします♪番組の中では楽曲「悲しみから喜びへ」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌:恍多)も紹介します。お楽しみに!…
 
【今回のポイント】 ◇三万年前の日本に降臨し、武士道の源流となる教えを説いた「天御祖神」 ◇武士道的精神で語る、霊的真実への探求心 ◇神なき民主主義や軍事政権に対する見解 ◇ワールドティーチャーが語る、未来の指針とは 2021年12月14日、幸福の科学の二大祭典のひとつ、エル・カンターレ祭がさいたまスーパーアリーナで開催され、全世界3500か所に同時中継で大川隆法総裁の大講演会が行われました。講演の演題は「地球を包む愛」。今週はこちらの法話をダイジェストでお届けします。『天御祖神(あめのみおやがみ)』のご存在やその教え、また霊的真実や、世界に対する未来の指針について法話から学んでいきましょう。番組の始めには2月18日公開予定の映画『愛国女子―紅武士道』の特別テーマ曲『天御祖神の降臨』(作詞作…
 
【今回のポイント】 ◇「惜福」「分福」「植福」の考え方 ◇人の悲しみを共に分かち、人の福運を祝福する ◇自分の手柄を吹聴することもなく、他人の欠点を裁かない ◇宗教的精神を持った人に共通する「自己犠牲の精神」 今週お送りするのは、月刊「幸福の科学」2022年1月号に掲載されている大川隆法総裁書き下ろしのことば「心の指針」です。人の価値観はさまざまですが「何に価値を感じるか」によって、その人の人生観や人となりというものは見えてくるものです。今回の心の指針を紐解きながら「損得以外の価値観」とは何なのかを探究していきましょう。番組後半には『青春詩集 愛のあとさき』楽曲シリーズ「存在の愛」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・恍多)もお届けします♪…
 
【今回のポイント】 ◇家のフライパンより大きい「マス」は釣れても逃がす―? ◇物事は、小さく考えないことが非常に大事 ◇祈りは、エネルギーを増幅させるための非常に強い手段 ◇「霊的な自己」の認識が50%を超えると人生が変わる 「一年の計は元旦にあり」という言葉もあるように、2022年の目標を考えるにはとってもいい機会。また、神様に手を合わせて今後の自分の未来を祈念するのも、ぴったりな時期ですね。「今年こそは目標を達成するぞ!」とわくわくする人がいる反面「どうせ自分の能力だとこれくらいしかできないだろうなぁ」なんて諦めの気持ちを持つ人もいるのでは…。しかし、今回はせっかくの新年なので、自己限定をやめて、志大きく1年をはじめられるような番組をお届けできれば幸いです♪番組後半には映画「愛国女子―紅…
 
【今回のポイント】 ◇西暦2000年から見て、20世紀を見る ◇原爆が使われたことによって、宇宙からの本格介入が始まった ◇西暦2100年の立場で21世紀を振り返って… ◇今やらねばならないことは「香港・台湾を護れ」ということ 今週は法シリーズ最新刊『メシアの法』第2章を読み解きます。20世紀は戦争の世紀とも言われるように、二つの世界大戦を経験しました。そして日本に投下された原爆…。もし、2000年から20世紀を振り返り、人類史の転換点に戻って選択をやり直せるとしたら、どんな決断が正しかったのでしょうか。過去は変えられませんが、未来はこれからの選択で変わっていきます。現代に生まれたメシアが2100年の視点から未来への決断を迫ります。番組後半には「The Water Revolution(「水…
 
【今回のポイント】 ◇地球を護る者の声 ◇メシアが生まれる時代背景と役割 ◇救世主の愛の思い ◇「光と闇」「善と悪」を同時代において分かつ「救世主の力」 12月9日に法シリーズ最新刊が発刊されました。毎年、この時期に発刊される大川隆法総裁の法シリーズに注目している人も多いのではないでしょうか。2022年の法シリーズのタイトルは『メシアの法』。一体どんなことが書かれているのでしょうか。書籍を紐解きながら『メシア』について学びを深めてみましょう。オープニングには今の季節ぴったりの楽曲『メリー・クリスマス』(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・大澤美也子)も紹介いたします。お楽しみに♪
 
【今回のポイント】 ◇人より少しだけ重い責任を、軽々と担げる人になる ◇自分の「分」を知って、他の人々を助ける ◇「自分のための人生」から「多くの人のための人生」に変わっていく ◇成長に喜びを感じ、他者への貢献に喜びを感じる 今週お届けするのは、月刊『幸福の科学』2021年12月号に掲載されている、心の指針「大人になれない症候群」です。来年4月から民法上の成人年齢が18歳になるとのことですが、「大人」といわれる年齢に達していても精神的には「子どもみたいな大人」って結構多いかもしれません。今年一年の心の指針を振り返っても「大人になれない症候群」に入るような人たちへの戒めや嘆きのようなものが多かった気がします。本当の意味で「大人になる」とはどういうことなのか、心の指針から学びを深めていきましょう…
 
【今回のポイント】 ◇優しさとは、愛の具体化そのもの ◇愛を与える人が増えれば、ユートピアができる ◇優しさは人格を飾る美徳 ◇透明な風のような「愛」 幸福の科学では「愛」の大切さを教えられていますが、今回はその具体化として「優しさ」をテーマにお届けします。なかなか点数では評価されない「優しさ」。でも、誰でも優しさは善きこととして認識しているはず。愛について思いをはせながら、優しさの価値や美徳の再発見をしていきましょう。楽曲「幸福の卵」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・篠原紗英)も紹介します♪
 
【今回のポイント】 ◇「あなたの心の状態が、霊的存在を引き寄せている」という「波長同通の法則」を知る ◇光明思想で波長を悪霊からずらす ◇悪霊は「優しさ」にいちばん弱い ◇神仏の霊流を引いて、信仰心で戦う 秋から冬へと季節が移り変わってきていますね。感性が豊かになるいい季節。でも反面、切なさや寂しさも増してきて、気分が落ち込んだり、気持ちが晴れなかったりする人もいるのではないでしょうか。気分が沈むと、体調も悪くなったり、自分も他人も神様も信じられない!となることも…。もしかしたら、それは「霊障」が原因になっているかもしれません。自分や身の回りの人の「憑依」や「霊障」から脱出するポイントを学んで、悪霊と戦う武器にしていただければ幸いです。オープニングには、この季節にぴったりの音楽、「秋の風」(…
 
【今回のポイント】 ◇あなたはもしかして“承認欲求モンスター”?! ◇本物と偽物の輝きの違いとは ◇人生の浮力となる「氷山の一角」のたとえ ◇御法話「脚下照顧(きゃっかしょうこ)」の抜粋紹介! 誰しも認められたいという気持ちは持っているものですが、SNS全盛期の昨今、即席で評価を求めようとする様子がよく見受けられます。「いいね!」を求める裏側で、実は劣等感が隠れているものもあるかもしれません。今日は、人から認められたいと思っているあなたに、本物の自信を掴んでほしいという願いを込めて番組をお届けします!番組後半には「宇宙人のヤイドロンさん」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・大川咲也加)も紹介します♪
 
【今回のポイント】 ◇人の心はプログラミングされたロボットとは違う ◇人生のどこかに必ずあるという“落とし穴” ◇自分のしゃべることの二倍、相手の言うことを聞く ◇人の気持ちを理解した分、愛の器も広がっていく 今週お届けするのは、月刊『幸福の科学』2021年11月号に掲載されている、心の指針「人の気持ちがわかるには」です。人の気持ちがわかったらどれほど胸がスッキリするだろうかと思いますよね。しかし、現実には人の気持ちがわかるのはなかなか難しいもの。今回の心の指針を通して、人の気持ちがわかるようになる心構えを学んでみましょう。楽曲「幸福新聞」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・日比野景)も紹介します♪
 
【今回のポイント】 ◇小さな悩みから大きな難題まで、種類も様々な「人生の問題集」 ◇苦しみから逃げることをあきらめ、受け入れる ◇この地上で修行をし、魂を磨き上げる ◇神仏は「人間としての成長」を願っている 「人生は一冊の問題集」といいますが、生きていると「こんな難題、自分には解けないよ…」と頭を抱えることはたくさんあるかと思います。もがいたり足搔いたりしていても、焦り心でなかなか解決できないこともありますよね。今回はそんな苦難困難・挫折で「人生の問題集」につまずいている人に、霊的真実をお届けできればと思います。楽曲「君の瞳は輝いて」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・篠原紗英)も紹介します♪ミニコーナー「愛してますか?」もお楽しみに!…
 
【今回のポイント】 ◇善悪を推定する方法がある ◇「誰が正しいか」ではなく、「何が正しいか」 ◇「大国だから正義」というわけではない ◇善悪を分けていく過程に「智慧の獲得」が成される 現在、世界には190以上の国があり、民族も言語も考え方も様々ですよね。その多様な価値観があることも神仏が認めていることでしょう。しかし、多様な価値観の中で対立や混乱が起きていることも事実です。明確な善悪の価値判断というのが何かが分かれば、未来の選択も変わっていくでしょう。今回は「何が正しいか」をテーマに番組をお届けいたします。番組後半には「堕天使のテーマ」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・TOKMA)もお届けします!ミニコーナー「愛してますか」もお楽しみに(^^)/…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login