show episodes
 
Loading …
show series
 
【今回のポイント】 ◇長生きするほどさらに幸せになって、生涯現役ライフを目指す ◇「言い訳をしない」「年齢をハンデにしない」「人とのつながりを大切にする」 ◇看護師から転身し、綿花栽培を始めた山本さんの声 ◇「夢の力」は年齢に関係なく、誰でも引き出せる 9月20日は敬老の日。多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う国民の祝日とされていますが、最近では60歳なんてまだ働き盛りで、70歳、80歳になっても元気な方も多く「何歳から老人?」と思うことも多いかもしれません。幸福の科学では「定年後の第二の人生をどう生きるか」という指針もたくさん説かれています。今回は、シニア向け情報誌「夢人間」の編集をしている田中美智子さんに、生涯現役で過ごしている方々について伺ってみました。番組後半には、…
 
【今回のポイント】 ◇一千億年の昔…創造主が宇宙を創られたときの念い ◇すべての者よ、無限の向上を目指せ ◇なぜ私たちは、この地上に生命を持つのか ◇幾転生を繰り返し、魂を向上させる 幸福の科学では様々な教えが発信されていますが、仏法真理のスケールの大きさや深淵さを魅力の一つとして挙げる人もいるかもしれません。根本仏が大宇宙を創られた意図やこの地上に私たちが存在する意味など…創造主にしか語れない内容が数多く説かれています。今回は改めて、仏法真理の広さと深さに心を委ねてみませんか。番組後半には、映画『宇宙の法―エローヒム編―』の主題歌「エローヒムのテーマ」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・竹内久顕)をお届けします♪…
 
【今回のポイント】 ◇たいていは「主観」のままに生きている―? ◇反省の方法―八正道の「正見」 ◇“霊的な存在の目”を意識する ◇死んだあと「照魔の鏡」で人生が映し出される。 今週お届けするのは、月刊「幸福の科学」2021年9月号に掲載されている、心の指針「自己の客観視」です。たいていの人たちは「主観」のままに生きがちですが、本当の意味での自己の客観視とは一体どういうことなのか。心の指針を紐解いてみましょう。番組後半には、映画『夢判断、そして恐怖体験へ』の挿入歌「はかなくて、つたなくて」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・恍多)も紹介します♪
 
【今回のポイント】 ◇なぜ、幸福の科学がホラー映画を作るのか ◇実際に起きた霊体験とその真相がわかる ◇この映画に使われた5つの楽曲は、映画のメッセージそのもの ◇死んでからあとのことを知れば、どう生きるかが変わるはず 先週に引き続きお送りするのは、8/27(金)から公開の映画『夢判断、そして恐怖体験へ』の特集回、第2弾です!ゲストには、監督の奥津貴之(おくつ・たかゆき)さん、主演の青木涼(あおき・りょう)さん、ヒロイン役の山岸芽生(やまぎし・めい)さんをお呼びして、お話を伺っています。なぜ宗教がホラー映画を作るのか?役作りで大変だったことや、楽曲の魅力も伺いました♪イメージソング「不思議の世界」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・篠原紗英)もお届けします♪お楽しみに!…
 
【今回のポイント】 ◇「事実」をもとにした映画―。 ◇「心」を見つめながら取り組んだ役作り ◇山岸芽生さんが体験した「不思議な夢」 ◇身近な「夢」を通して、霊的世界を垣間見る 今週・来週と二週にわたってお送りするのは、8/27(金)公開予定の映画『夢判断、そして恐怖体験へ』の特集回です!ゲストには、監督の奥津貴之(おくつ・たかゆき)さん、主演の青木涼(あおき・りょう)さん、ヒロイン役の山岸芽生(やまぎし・めい)さんをお呼びして、お話を伺いました。一体どんな物語なのか。この映画がつくられた経緯とはー?番組後半には、主題歌「夢判断」もお届けします♪お楽しみに!
 
【今回のポイント】 ◇1億5千万年ほど前に地上に下生した神・エローヒム ◇エローヒムの時代・エローヒムの役割とは―? ◇現代の世界情勢についての善悪 ◇信仰を持ち、神の言葉を聴く 今週は、7月11日に幸福の科学 総本山・正心館で行われた大川隆法総裁先生の「御生誕祭」での御法話の模様を、ダイジェストでお届けします。タイトルは「エローヒムの本心」です。映画『宇宙の法 ーエローヒム編ー』が10月8日に公開となりますが、映画に登場する「エローヒム神」とは、いったいどのような御存在なのか。そして、混沌とした現代社会における「未来の指針」が示されます。今回は、特別にオープニングからお聴きいただけます!オープニングでは、楽曲「主なる神を讃える歌」を紹介します。ぜひ、お聴きください!…
 
【今回のポイント】 ◇品性や徳が欠けている、社会的知性が足りない人 ◇「人にバレなければいい」という悪知恵-? ◇社会的知性を身に着けるには ◇社会的知性と宗教的知性は大いに関係している 今週お届けするのは、月刊「幸福の科学」2021年8月号に掲載されている、心の指針「社会的知性」です。人を教える立場や、リーダー的立場にある人に求められる「社会的知性」とは一体どのようなものなのか。倫理・道徳・宗教教育の大切さ、さらには霊的人生観にまで踏み込み、その実体に迫っていきましょう。番組後半には、7/30発売の楽曲『愛の星』(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・恍多)を紹介しますよ!お楽しみに♪
 
【今回のポイント】 ◇孤独は、神の中に潜む青年の部分 ◇孤独な時間が生み出す『智慧』 ◇「雌伏の時」があればこそ「雄飛の時」がある ◇楽曲『私のパンセ』(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・篠原紗英)紹介 誰しも「孤独」を感じることはあるでしょう。未来が見えず不安になったり、自分の実力が理想に追い付かず、自分を見失って、無力感や疎外感を感じたり。しかし、その孤独はときには「宝」となることがあります。今回は「孤独」に負けず、一歩前進できるような仏法真理を皆様にお届けします!
 
◇AIが発達していく現代だからこそ、心の価値が重要になってくる ◇AIが苦手な3つの分野とは? ◇人間は0から1を作り出す創造性を持っている ◇AIにはできない「精神的価値」のある仕事 今、「人工知能(AI)」の進化と普及が目まぐるしいですよね。将棋や囲碁の世界ではAIがプロ棋士に勝ったり、車では自動運転などの活用の場が広がったりと、人間に匹敵するような判断を行うようになってきました。一方、大量の個人情報を扱うプライバシーの問題や、人間の仕事をどこまで奪うのかなど、新たな問題も浮上しています。今回の放送で、AI時代に人間が担うべき仕事のあり方を模索し、心の価値を再発見していきましょう。
 
【今回のポイント】 ◇祈りとは、一つの電話と同じ行為 ◇正しい祈りは、光の天使が応えてくれる ◇祈るとは「仏神の前に威儀を正して、お願い事をする」ということ ◇御法話「お祈りの大切さ」抜粋を放送 7月7日は、七夕でしたね。短冊に書かれた願いを見ると、ほっこりしたり、応援したくなる気持ちが湧いてきますよね。皆さんならどんな願い事を書きますか?また、幸福の科学では7月7日は大川総裁の生誕の日として感謝を深めて祈る日となりました。さて、今回は「祈り」をテーマとして、皆さんに番組をお届けします。祈るとはなんなのか、正しい祈り方とはどういうことなのか学びを深めていきましょう。この放送を聴いた後に「ちょっとでも神様に祈ってみようかな」と思っていただければ幸いです。番組後半には、楽曲「THE THUNDE…
 
【今回のポイント】 ◇「グルグル思考」に陥る人の特徴 ◇本当の頭の良さとは―? ◇警戒心や猜疑心からくる「疑いの心」 ◇シンプルに生きる 今週お送りするのは、月刊「幸福の科学」2021年7月号に掲載されている大川隆法総裁書き下ろしの詩篇「心の指針」。タイトルは「グルグル思考」です。人生の途上で出会う難しい問題にあたると、ああでもない、こうでもないとグルグル思考に陥ることありますよね。今回は、そんなグルグル思考の原因や悩みの断ち切り方などを詩篇から学んでいきましょう。胸に手をあてて、よく考える機会となれば幸いです。番組後半には楽曲「四国の母―数え90歳を祝して」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・大川咲也加)をお届けします。…
 
【今回のポイント】 ◇リスナーさんからの「不思議な夢」を紹介! ◇「夢」には2種類ある ◇霊子線(魂の緒・シルバーコード)がつながったまま霊界に行く ◇睡眠時に「霊的エネルギー」を補給している 今回のテーマは、寝て見る「夢」です。皆さんは「夢」を覚えていますか?空を飛ぶ夢、追いかけられる夢、白黒やカラーの夢などなど、いろんな種類があるかと思います。実は、この「夢」は「霊的世界」とつながっているんです。今回は「夢」を通して、人間の霊的秘密を解き明かします。番組後半には、8月27日(金)公開予定の映画『夢判断、そして恐怖体験へ』の主題歌『夢判断』をお届けします!お楽しみに♪ ↓引き続き、夢や不思議な体験、恐怖体験など募集しています! <投稿フォーム>…
 
【今回のポイント】 ◇暴力・トラウマ・人格否定による自信喪失―。 ◇仏法真理が、自分の仏性を取り戻すカギとなった ◇元夫との再会で言われた「感謝の言葉」とは ◇幸福の道に入るための「悪役」を演じている―? 今週の天使のモーニングコールは「家庭問題」がテーマ。その中でも、DV=ドメスティックバイオレンスについて取り上げます。今回は夫からのDV・離婚を乗り越えたミユキさんの体験談を通して、仏法真理による救いの光をお届けします。DVや離婚などの問題解決は一筋縄では行かないと思いますが、悩んでいる方の救いの一助となれば幸いです。番組の後半には「青春詩集 愛のあとさき」楽曲シリーズ「無心」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・川村静香)もお届けします。 <自殺防止サイト>悩み解決◇DV・家庭内暴力 →with…
 
【今回のポイント】 ◇中道とは「正しさ」という意味 ◇自分も他人も害さない「中道」は、無限の進化の道 ◇自分の個性を生かしつつ、他の人の幸福につながるものへ ◇御法話「中道に入る易しい考え方」抜粋 人は誰しも心の“クセ”ともいえる「心の傾向性」を持っています。自我が強すぎたり、逆に自己卑下したりと両極端にそれが出ると、他人を害し、自分をも害するようになってしまいます。今回の放送で、現代における「中道」の生き方とはどうあるべきかを学んで、幸せへの道を探求していきましょう!番組の後半には楽曲「四国の母-数え90歳を祝して-」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・大川咲也加)を紹介します。お楽しみに! 「四国の母-数え90歳を祝して-」のデジタル配信はこちらから!⇒<デジタル配信>…
 
【今回のポイント】 ◇時間を奪っている人は無自覚―? ◇かまって欲しい心に隠された「自己憐憫」の思い ◇「忙しい」という人ほど仕事ができない ◇"ちはやふる"の仕事術 今週お送りするのは、月刊「幸福の科学」2021年6月号に掲載されている大川隆法総裁書き下ろしのことば「心の指針」。タイトルは「人の時間を奪うな」です。この詩篇の理解を深めた先には「自己中」からの脱却が待っているはず。番組後半には、青春詩集『愛のあとさき』楽曲シリーズから、『愛』(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・市原綾真)を紹介します♪お楽しみに!
 
◇今、ミャンマーで起きている軍事クーデターについて ◇香港のウイグル化?! ◇米大統領が変わり、世界の問題が噴出してきた ◇日本は自国を守りつつ他の国も守る主導権を 番組では、宗教的な心の教えをはじめ、教育、政治、経済など、人々が幸福な人生を送るための指針をお伝えしていますが、今週のテーマは「国際政治」です。オピニオン誌の月刊「ザ・リバティ」編集長 小林早賢さんをゲストに、鋭い視点から最新の国際政治のお話を伺っていきます!5月28日発売の「ザ・リバティ」最新号を片手にぜひお聴きください!水の革命 英語版の「The Water Revolution」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・恍多)もお届けします♪お楽しみ! ザ・リバティwebはこちらから!⇒https://the-liberty.com/…
 
【今回のポイント】 ◇コロナで、運動のあり方が変わってきた? ◇収入の一割を健康生活のために費やす ◇運動をしたら、知的吸収力が高まる ◇心と身体は一体である「色心不二」 さわやかな5月は運動にも適した季節。健康のために運動が効果的なのは重々承知ですが、毎日忙しくて「そんな時間とれないよ」と、つい運動を後回しにしてストレスや疲れを貯めがちになりませんか。今回はそんな人に向けて、運動を始めるきっかけや、運動を続ける意外なコツについてお届けします!番組本編のはじめには、絶賛公開中の映画『美しき誘惑―現代の「画皮」―』挿入歌「若さの哀しみ」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・恍多)もお届け!番組に寄せられたお便りも紹介しますよ~! 映画の上映館については<こちらをクリック>…
 
【今回のポイント】 ◇『Selfish Love』(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・長谷川奈央) ◇『法力』(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・市原綾真) ◇二つの曲を比較して聴いてほしい ◇御法話『法力を身に着けるには』抜粋を紹介 映画『美しき誘惑―現代の「画皮」―』が5/14(金)から全国の映画館で公開されました。先週に引き続き、映画のW主演・長谷川奈央さんと市原綾真さんをゲストにお話を伺います。なんと二人は、イメージソングも歌唱しています!今回は楽曲という観点から、映画の魅力について紐解いていきましょう♪この二曲はなかなか奥深いですよ!お楽しみに! 映画の上映館については<こちらをクリック>
 
【今回のポイント】 ◇天国と地獄。そして、表と裏の世界。 ◇役どころから映画のストーリーを垣間見る ◇映画の本質・妖魔の実相を掴むために考え抜いた ◇二人の映画撮影秘話 5/14(金)公開予定の映画『美しき誘惑―現代の「画皮」―』。今週は、その映画のW主演・長谷川奈央さんと市原綾真さんをゲストにお招きして映画の魅力を伺いました!映画撮影の裏話も聞いちゃいます♪本編冒頭には主題歌「美しき誘惑」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・竹内久顕)を紹介!裏霊界の諸相、そして「本当の美しさ」とは一体何なのかを知れるこの映画。公開も待ち遠しいですが、ラジオで一足早くどんな内容なのかを少しだけ垣間見てしまいましょう!お楽しみに♪…
 
【今回のポイント】 ◇「愛している」のか「愛している"つもり"」なのか ◇あなたは、“選ぶ愛”をしていないか ◇諸行無常の中で「移りゆくもの」と「変わらないもの」 ◇利己心を利他心に変える 今週お送りするのは、月刊「幸福の科学」2021年5月号に掲載されている大川隆法総裁書き下ろしのことば「心の指針」。タイトルは「他人を本当に愛するには。」です。映画『美しき誘惑―現代の「画皮」―』にも通じるこの詩篇。「画皮」や「妖狐」などのワードも出てきます。唯物的な世の中に警鐘を鳴らし、神仏の目から見た「本当の愛とは何か」を心の指針を通してお伝えします。本編のはじめには、映画『美しき誘惑―現代の「画皮」―』キャンペーンソング『女の悟り』(作詞作曲・大川隆法 歌・大川咲也加)もお届けします! 映画『美しき誘…
 
【今回のポイント】 ◇「隠れ失業」など、数字に出てこないコロナ禍の問題 ◇人生の生き方も「発明」する ◇「希望」や「勇気」を与える人が必要 ◇ニーズの"創造" まだまだ世界的に広がりを見せている、中国発・新型コロナウィルス。感染のリスクだけでなく、経済的ダメージも深刻ですよね。しかし、ただ座していても道は拓かれません。未来を切り開いていくために、考え方の転換や発想のポイントを仏法真理から学んでいきましょう!番組後半には「THE THUNDER-コロナウィルス撃退曲-」(作曲・大川隆法総裁)を紹介!また最新曲「翼を下さい-幸福実現党応援歌-」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・大川咲也加)も、一部お届けします♪お楽しみに! THE THUNDER-コロナウィルス撃退曲-デジタル配信は<こちらをクリッ…
 
【今回のポイント】 ◇言葉なくして愛なく、愛なくして言葉はない ◇言葉は、極めて霊的なもの ◇「悲観的な言葉」の霊的な影響とは ◇あなたが生まれて、世界は美しくなったか 言魂(言霊・ことだま)というように、言葉そのものに霊的なものが宿り、力を発揮するというのは聞いたことがある人もいるでしょうか。今回は、言葉の力の霊的なパワーを学び、あなたや周りの人々を輝かせるポイントをお伝えいたします!番組後半には『青春詩集 愛のあとさき』楽曲シリーズより「子守唄」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・日比野景)をお送りいたします♪お楽しみに!
 
【今回のポイント】 ◇物事は「基礎」ができているかが肝要 ◇努力の過程こそ成功と呼ぶ ◇人生は山登り―? ◇縁起の理法は眩ませない 4月になり、新年度が始まりました。新顔として迎えられる側もいれば、迎え入れる側もいらっしゃることでしょう。今回は、新たな環境でスタートを踏み出すためにも、大切な心構えをお伝えいたします!どこまでも成長していける大事な心掛けですので、全世代必聴です♪番組前半には番組に寄せられたお便りも紹介!後半には幸福の科学のインフォメーションと『水の革命』の中国語バージョンもお届けします!お楽しみ♪
 
【今回のポイント】 ◇あなたは天動説型?それとも地動説型? ◇自己中人間との戦いは、魂の主戦場 ◇「自己中」は、裏側の存在も通じる。 ◇幸福とは、「パイの取り合い」ではない。 今週お送りするのは、月刊「幸福の科学」4月号に掲載されている大川隆法総裁書き下ろしのことば「心の指針」。タイトルは、「自己中」です。地獄の世界にも裏の世界にも通じる「自己中」についての探究を、心の指針を通して深めていきましょう。今回は特別にラジオで放送しましたオープニング部分も公開♪映画『美しき誘惑-現代の「画皮」―』挿入歌「偽りの成功」を紹介しますよ♪お楽しみに!
 
【今回のポイント】 ◇コロナや様々な悩みで、閉塞感を感じていないか? ◇人間は、自分の考える大きさ以上にはなれない ◇言い訳を排し、自家発電する努力をする ◇強い「思いの力」で、運命を建設する 3月も終わりになり、もう4月。2021年も4分の1が終わったと思うと、時の流れは早いものです。新年度も始まるけど、コロナもあるし、いろいろ問題も出てくるし、うまくいく予感なんてしないよ…。と感じているそこのあなた!そんな閉塞感を突破できるような心の教えをお伝えいたします!新年度から頑張る皆様にエールの気持ちを込めて、英語版「With Savior」も紹介します♪ミニコーナー「私の人生を変えた一冊」では、中国正心館の館長 筒井宏志さんにお話を伺いました。お楽しみに(^^)/…
 
ゲスト:総本山・那須精舎 伊藤真道 館長 【今回のポイント】 ◇供養は先祖に感謝をささげ、光を手向ける機会 ◇大前提は「あの世は100%ある」ということ ◇自分が不幸なのは「先祖のせい」ではない ◇子孫の愛情や徳、光を先祖に手向ける「廻向」の考え 3月20日は春分の日。お彼岸でお墓参りに行くという方はいらっしゃるでしょうか。今回はそんな日にちなんで、総本山・那須精舎 伊藤真道 館長をゲストにお呼びし、先祖供養のお話を伺いました。霊的真実の秘密をお伝えいたします!番組後半には、この季節にぴったりの一曲「HIKARI」をお届けします♪ 総本山・那須精舎についてはこちらから⇒総本山・那須精舎
 
【今回のポイント】 ◇幼児教室「エンゼルプランV」とは? ◇10歳までに「真・善・美」を身に着けることの大切さ ◇歌詞のフレーズが子どもの「憧れ」になっていく ◇子育てで悩んでいる親御さんへ 今週のテーマは「子育て」です。幸福の科学は教育事業にも熱心に取り組んでおり、乳幼児や子ども向けにも法話や楽曲、絵本なども数多く発信しています。今回は、幸福の科学の幼児教室「エンゼルプランV」の奥田敬子さんをゲストに、幼少期の子育てのポイントを伺いました!10歳までに身に着けた方がよい、あることとは…?子ども向けの新曲「エル・カンターレの歌」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・田中宏明 with リトル・アンツ)も紹介します♪お楽しみに! エンゼルプランVについてはこちらから!⇒エンゼルプランV…
 
【今回のポイント】 ◇「自己愛」は教わらなくても自然に芽生えてくる ◇大人になるということは「与える愛」の側に立つということ ◇自己主張を良しとする現代の風潮―? ◇大人が「自己愛」にふけっているのは「醜い」 今週お送りするのは、月刊「幸福の科学」3月号に掲載されている大川隆法総裁書き下ろしのことば「心の指針」。今月のテーマは、だれもが必ず持っている「自己愛」について。自分自身の「赤ちゃん性」を見つめ、そこから脱皮する道を仏法真理から学んでいきましょう。番組後半では、映画『美しき誘惑-現代の「画皮」-』イメージソング「Selfish love」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・長谷川奈央)を放送します。お楽しみに♪…
 
【今回のポイント】 ◇「長所」と交われば悪人なし ◇相手を褒めるときの注意点とは ◇仏教でも説かれる「不綺語」 ◇人間関係の調整にも「発明・発見」がいる? 家庭や学校、職場など、社会の一員であれば、多かれ少なかれ人間関係のしがらみからは逃れられないですよね。集団生活のなかでは、人に好かれるか嫌われるかで、人生において幸・不幸が左右されることもあるでしょう。人間関係がナーバスになりつつあるこの時節ですが、心も温かくなる「人間関係向上の秘訣」をあなたにお届けします♪番組後半には映画『美しき誘惑―現代の「画皮」―』キャンペーン・ソングの「女の悟り」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・大川咲也加)を紹介します。お楽しみに!…
 
【今回のポイント】 ◇時間の「消費」「浪費」「投資」という考え方 ◇無駄は「仕事」や「勉強」の時間の中にある ◇仏から預かっている時間を投資する ◇「一日一生」で生きれば、三年で全く別の人間になれる 今回は、老若男女、お金持ちから貧乏な人、さらに飼っているペットにまで、平等に持っている「財産」について学んでいきます。その財産とは、お金のことではありません。一体、何なのでしょうか。それは、番組を聞いてからのお楽しみです!番組後半では、映画『美しき誘惑-現代の画皮-』イメージソングの新曲「法力」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・市原綾真 2/28発売予定)をいち早くラジオでお届けします!
 
【今回のポイント】 ◇過去の自分を見つめなおし、素晴らしいスタートを切る! ◇積極的な反省で、自分を飛躍させる ◇繰り返す失敗は、心の“クセ”のせい? ◇「心の傾向性」を発見できれば、運命を改善できる 2月も半ばになり、卒業式の準備をしているところはあるでしょうか?今回の天使のモーニングコールでは、新しいスタートを切ろうとするあなたに、未来を明るく拓けるコツをお伝えいたします!ポイントは、あなたの心の“クセ”です。いったいどんな内容なのかは、放送を聞いてのお楽しみです♪また、映画『美しき誘惑-現代の画皮-』イメージソングの新曲「Selfish love」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・長谷川奈央 2/28発売予定)をいち早くラジオでお届けします!ミニコーナー「私の人生を変えた一冊」では、新宿支…
 
【今回のポイント】 ◇人から『羨ましい』といわれるような人生なら幸せ? ◇あなたの「執着」とは何なのか―? ◇水面下の部分の自分こそ、自信を持つ ◇いつ死んでもいいような気持ちで生きる 今週お送りするのは、月刊「幸福の科学」2021年2月号に掲載されている大川隆法総裁書き下ろしのことば「心の指針」。今月のタイトルは「思い残し」です。この詩篇の中では、執着を去ってかろやかに生きることの大切さが説かれています。欲望や葛藤を離れて、本当の幸福を掴むためのヒントを、あなたにお届けいたします。楽曲「想い残し」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・坂野勝義)も紹介します♪お楽しみに!
 
【今回のポイント】 ◇現代の地獄の鬼について ◇悪い鬼と通じてしまう「心の特徴」とは―? ◇「良い鬼」もいる―? ◇正しい信仰のもと、心を正しく見つめ直す 2021年の節分は124年ぶりに2月2日になるとのこと。「鬼は外」「福は内」。皆さん、豆まきはしますか?最近何かと話題の「鬼」。鬼上司、鬼嫁、鬼コーチなど怖い・厳しいの代名詞としても使う「鬼」。日本では身近な存在なのかもしれないですね。では、本当のところ、鬼は実際に存在しているのか、気になりませんか?今回は、幸福の科学の霊的視点から「鬼」の実像について迫ります!「THE EXORCISM (ジ・エクソシズム)-不成仏霊撃退祈願曲-」も紹介します♪…
 
【今回のポイント】 ◇あなたは、世界がどのように見えていますか? ◇この世に生まれてくる「意味」とは―? ◇楽曲「悲しみから喜びへ」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・恍多)を味わう ◇世界が美しく見える心境になると“ある力”も得ることができる みなさんは、いま、世界はどのように見えていますか?どんなに恵まれた環境に置かれても、愚痴ばかり言う人もいますし、不遇な環境で育っても、小さなことに幸せを感じる人もいます。同じ境遇に身を置いても、ものの見方や心の受け取り方で世界は変わって見えると思います。今回は幸福の科学が伝える霊的人生観で「世界は美しい」という心境を目指せるよう、音楽と共に仏法真理を味わっていきます。ミニコーナー「私の人生を変えた一冊」では、北海道正心館 杉浦満春(すぎうら・みつはる)館長…
 
【今回のポイント】 ◇霊障とは、霊的に悪しき影響を受けている状態のこと ◇普通の生活をしていても「キャパ越え」で霊障に―?! ◇完璧主義の考えを一旦、捨ててみる ◇具体的な処方箋「細分化の原理」「雪下ろし」 今回のテーマは「霊障」です。霊障とは、簡単に言うと「悪霊に取りつかれている状態」のこと。「もう無理…仕事辞めたい…」「頑張っていること、すべて放り投げたい…」「これから人生頑張るなんて、考えられない…」こんなセリフ、頭をかすめることありませんか?でも、この言葉、自分の頭で考えていると思いがちですが、実は「ニセモノの自分の声」かもしれません。あることが原因で「霊障」になって、悪い霊が囁いているのかも。今回は『秘密の法』第2章「霊障者の立ち直りについて」を紐解きながら、霊障の原因と解決方法に…
 
【今回のポイント】 ◇いつの時代も悪魔は色情問題を突いてくる ◇煩悩は人間の生命エネルギーと不可分一体 ◇水にインクを一滴一滴落としていくように染まる―? ◇欲を節した者は霊的な力が出てきやすい 今週お送りするのは、月刊「幸福の科学」2021年1月号に掲載されている大川隆法総裁書き下ろしのことば「心の指針」。タイトルは「色情の悪魔」です。大川隆法総裁 法シリーズ最新刊『秘密の法』にも、異性問題を狙ってくる悪魔の存在が詳しく説かれています。今回は『秘密の法』とも合わせて心の指針を紐解いていきます。番組後半には、映画『美しき誘惑~現代の「画皮」~』主題歌「美しき誘惑」(作詞作曲・大川隆法総裁 歌・竹内久顕)も紹介いたします!…
 
【今回のポイント】 ◇欧米では、コロナウィルスが別途撒かれた―? ◇米大統領選で暗躍する覇権主義国家の影 ◇日本だけではなく、世界のマスコミも沈黙している「ある疑問」 ◇「中道」からの正しい発展を―! 2021年最初の放送は、エル・カンターレ祭 大講演会「With Savior-救世主と共に―」のダイジェスト後半をお届けします!今や全世界でコロナウィルスが流行し、その中で政治的意図というものが隠されているかのようです。昨年12月8日(火)さいたまスーパーアリーナで開催された本講演では、大川隆法総裁が神の目から見た、世界の指針を語られました。神仏の目から見た正しい価値判断と未来の希望を提示されたこの御法話。救世主の思いをぜひ受け取ってみてください。楽曲「ウィズ・セイビア」(作詞作曲・大川隆法総…
 
【今回のポイント】 ◇世界中に蔓延した中国発のコロナウィルスについての見解 ◇幸福の科学の「信仰免疫」とは―。 ◇大統領選は「トランプVS反トランプ」の戦いだった ◇第三次世界大戦としてのウィルス戦争か―? 2020年最後の放送となりました。みなさんは今年一年、どんな年となりましたでしょうか。今年は、中国発のコロナ・ウィルスが世界中で広がり、日本にも大きな影響を与えました。危機の時代…と言えば、だれしも頷くこの世の中。そんな時代だからこそ、「救世主」はこの世に降りたち、さまよえる人々に光の指針を示されます。今回は2020年12月8日(火)、さいたまスーパーアリーナで開催されたエル・カンターレ祭 大講演会「With Savior-救世主と共に―」の法話をダイジェストでお送りいたします。今週は前…
 
【紹介楽曲・御法話】 ◇「ウィズ・セイビア」(歌:大川咲也加) ◇「水の革命」(歌:恍多) ◇「さよなら、香香(シャンシャン)」(歌:大澤美也子) ◇御法話「夢の未来へ」より抜粋 「ウィズ・コロナ」といわれる世の中、不安や不穏な空気が漂っていていることは否めません。世界が闇夜の中で、往くべき方向を見失っているとき、この地上に生まれ、光を指し示す存在が「救世主」です。この時代に発信される、救世主の思いとは―。今回は、「音楽」という手段を通じて、救世主のメッセージを天上界の調べと共に味わっていきます。お送りする楽曲は「ウィズ・セイビア」「水の革命」「さよなら、香香(シャンシャン)」の3曲です。いずれも作詞作曲・大川隆法総裁。救世主と共に歩めるこの時代、あなたは、なにを掴みますか―?…
 
【今回のポイント】 ◇あなたがたは救世主と共に生きている。 ◇科学の発展はどこまで未知の世界を解明できたのか―。 ◇ホラー映画は「荒唐無稽」?! ◇霊的真実を知れば、世界観が変わる With Savior-救世主と共に生きる時代とは、危機の時代であると共に、神仏や霊的世界の秘密がすべて明かされる救いの時代でもあります。そんな中、世に出されたのが大川隆法総裁法シリーズ最新刊『秘密の法』。今回はその『秘密の法』から、霊的真実の「秘密」について見ていきます!最新曲「ウィズ・セイビア」、そして「さよなら、香香(シャンシャン)」もお届けします♪
 
【今回のポイント】 ◇なぜ「宗教」が「経営」について説くのか? ◇不幸の拡大再生産を未然に防ぐために―。 ◇筒井館長が実感した、経営者の時のエピソード ◇御法話「経営者に贈る」抜粋を紹介 今週お送りするのは、月刊「幸福の科学」2020年12月号に掲載されている大川隆法総裁書き下ろしのことば「心の指針」。今年はコロナウィルスの影響を受け、倒産の危機に直面している人々が増えていることだろうと思います。今回は岡山県にある幸福の科学の精舎・中国正心館で、経営研修等などさまざまな研修を行っている筒井宏志館長をスタジオにお呼びしました。今月の心の指針から、宗教と経営の関係や、失業の危機を乗り越えるための心構えを学んでいきます。…
 
【今回のポイント】 ◇「信用」は、その人の人間性を証明するパスポート ◇自然自然に、そして積み上げていく「信用の代金」 ◇信用の基礎は、誠実さ。では、誠実さの元は―? ◇「自分を見ている神仏の目」を感じ、誠実に生きる 今週のテーマは「信用」です。信用は、まさにその人の人間性を証明するパスポートのようなもので、信用がある人は、人生を円滑に、そして自信を持って生きてゆくことができます。あなたが身に着けることが出来るその「信用」はどのような効果があるのか。そして、その基礎になっているものは何なのだろうかということについて、一緒に学んでみませんか。ミニコーナーでは、楽曲「バナナ」をご紹介!お楽しみに♪
 
【今回のポイント】 ◇あなたは当てはまる?!「天狗」の特徴を紹介! ◇「天狗」になると成長が止まる―。 ◇天狗の履いてる下駄の特徴から学ぶ失敗学とは? ◇天狗に足りないのは「神仏への信仰心」と「利他の思い」 「天狗」というと絵本や昔ばなしでは聞いたこともあるかもしれませんが、その姿を想像することはできますか?この見た目、実は天狗の傾向をよーく現わしているのです。「天狗」にはパワーはあれど、成功が長続きせず、かえって失敗を引き寄せる特徴があります。今回は「失敗学」としてその特徴を学び、転ばぬ先の杖として、あなたの人生が成功し続けるためのヒントになれば幸いです!楽曲「スーパーマンは起っきする」(作詞作曲:大川隆法 歌:なりたりな)もご紹介♪お楽しみに! 2020年エル・カンターレ祭大講演会「Wi…
 
【今回のポイント】 ◇障害児がこの世に生を受ける意味とはー? ◇誰もが「与える側」になりたいと願っている ◇作品集「小さな祈り」に表現される、障害児の豊かな心 ◇肉体を通した"表現"に困難があるだけで、”魂”は健全 今週お送りするのは、障害児支援を行う一般社団法人「ユー・アー・エンゼル」理事長 諏訪裕子さんとのトークです。「障害があっても、魂は健全!」を理念に活動する中で、不自由な肉体の奥で輝く、子どもたちの「魂の光」を感じたエピソードを語ってくださいました。「人は魂が肉体に宿り、人生修行を送っている存在」ー。番組で繰り返しお伝えしているこの霊的人生観が、改めて納得できるお話です。ぜひ、お聴きください!…
 
【今回のポイント】 ◇霊能者が受ける、様々な霊的影響 ◇悪霊や悪魔の「狙い」とは―? ◇命綱としての「信仰」をつかみ直す ◇邪悪なるものから遠ざかり「静かで透明な心」を取り戻す方法 今週お送りするのは、月刊「幸福の科学」2020年11月号に掲載されている大川隆法総裁書き下ろしのことば「心の指針」です。目に見えない霊存在から、日々様々な影響を受け続ける霊能者ー。今月の「心の指針」には、高度な霊的能力を持つ宗教家として30年以上活動を続ける大川総裁の、実感の込もった「智慧の言葉」が綴られています。私たちにとっても、人生をまっとうに生きるための大きな指針となる内容です。10月30日にリリースされた楽曲「君という奇跡」もラジオ初放送!ぜひお聞きください。…
 
【今回のポイント】 ◇ 私たちの日々の生活は、様々な「選択」の連続 ◇何かを“得る”には、何かを“捨て”なければならない―。 ◇捨てるものの中にも、大切なものはあるが・・・ ◇悩みの濁流から逃れるために「人生のポリシー」を立てよう 人生を生きる中では、折々に、大きな決断を迫られる岐路が訪れるもの。今回は、進むべき道が分からず悩みや苦しみの中にある時、一歩を踏み出す大きな力となる仏法真理の教えをお伝えします。公開中の映画「夜明けを信じて。」でも描かれているテーマー。映画の主題歌「ただ一人往く」も味わいながら、お届けします。ぜひ、お聞きください!
 
【今回のポイント】 ◇「努力ってなんで大事なの?」子どもに聞かれたら答えられますか? ◇自分が向上していくことは「魂の喜び」 ◇自分のみの努力を超えて、人助けにも勇気を出そう! ◇大川総裁が子供向けに説いた法話「自助論の大切さ」から抜粋 知っているようでなかなか上手に説明できない「努力の大切さ」について、大川隆法総裁が子ども向けに作詞・作曲された楽曲「自助論で行こうよ」を味わいながら、お送りします。大人の心にも優しく響く、歌詞とメロディーです。ぜひ、お聴きください!
 
今週も、今月16日(金)からいよいよ全国劇場で公開となる映画「夜明けを信じて。」特集として、ゲストトークをお届けします。ヒロインの一人を演じた 女優・千眼美子さんに、役柄や歌唱を担当された挿入歌「愛の償い」について、様々に伺いました。 歌に込められた、切なくも強い「愛の心」とはー? 楽曲もたっぷりとお送りします。ぜひ、お聞きください!
 
【今回のポイント】 ◇主人公・一条悟役を演じるにあたって ◇役作りの最初は「主題歌」からだった ◇天からご指導をいただいた撮影期間 ◇主題歌「ただ一人往く」(作詞作曲・大川隆法総裁、歌・田中宏明)放送! 今月16日(金)からいよいよ全国劇場で公開となる、映画「夜明けを信じて。」の魅力を2週にわたって特集します。四国の小さな町に生まれた青年が「霊的世界の真実」に目覚め、さまざまな人生経験を積み、やがて宗教家として立つまでの心の軌跡を描いたこの作品。今週放送の番組では、主人公:一条 悟(いちじょう さとる)役を演じた田中宏明(たなか ひろあき)さんとのトークをお届けします。役作りや映画に込めた想いを語っていただきました。歌唱を担当された主題歌「ただ一人往く」もご紹介します。ぜひ、お聞きください!…
 
【今回のポイント】 ◇大川総裁の「一番古い記憶」とは? ◇決して「天才性」に彩られたものではない幼少期 ◇「平凡からの出発」を垣間見る ◇「努力に勝る天才なし」の人生論 今週お送りするのは、月刊「幸福の科学」2020年10月号に掲載されている大川隆法総裁書き下ろしのことば「心の指針」。10月16日から公開の映画『夜明けを信じて。』にも通じる今回の詩編。先月お届けした『初恋の時』と題された心の指針同様、今回も、大川総裁が幼少時の記憶を懐かしみながら綴られています。ぜひじっくりとお聴きください。ミニコーナー「私の人生を変えた一冊」では、幸福の科学の出家者で、学生・青年の担当局長の鈴木豪さんにお話を伺いました。鈴木さんの人生を変えた一冊とは?ぜひ、お楽しみに!…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login