show episodes
Loading …
show series
 
ある資産家の遺児たち と幽霊が見えるという事実を共有することになった「私」。 そんな中、彼らの親が残した遺産を巡る闇に気づき、ある疑いを持った「私」は密かに雇い主である彼らの叔父に連絡を取ろうとするが…。 名作ゴシックホラーのラジオドラマ完結編! ※こちらは後編になります。 ■出演 私     山川琴美 マイルズ  真一涼 フローラ  五十嵐由佳 グロース  大島由莉子 雇い主   呉圭崇 ジェセル  尼子真理 クイント  中澤まさとも ☆脚本:吉岡平きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
19世紀終わり、怪談パーティが上流階級で盛況だった。 主催者は変わり種の話として、ある資産家の子供として生まれた兄妹の話を語りだして…。 フローラとマイルズ、幽霊が見えるという2人に家庭教師として雇われた「私」。 そこで日常と非日常の境を彷徨う内に私の精神は徐々に擦り減って…。 かつて実写化もされた古典ホラーとして名高い名作を前後編でラジオドラマ化!! ※こちらは前編のみです。 ■出演 私     山川琴美 マイルズ  真一涼 フローラ  五十嵐由佳 グロース  大島由莉子 雇い主   呉圭崇 ジェセル  尼子真理 クイント  中澤まさとも ダグラス  出先拓也 ゲスト男  平居正行 ゲスト女  藤本教子 ☆脚本:吉岡平…
 
1929年7月号「文藝春秋」初出。 頭脳もよく、相当に教育もある女性が悩まされる「黒猫の怪異」。 この物語の主題は、ゼームス教授の心理学書に引例された、一実話である。 【出演】 語り:出先拓也 ウォーソン夫人:山川琴美 老博士:呉圭崇 ※出演者それぞれが別の場所・機材で録音した作品です。 きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
■作品紹介 時は安永年間(1775年ごろ) 夜な夜な動き回り、幾人もの持ち主を切ったという妖刀・斑猫丸。 それが縁あって町与力・篤木家の手元に届いた。 刀が動くなど迷信だ、 と強気の若侍・篤木半十郎だが実際にその様子を目の当たりにして…。 どうしてもその事実を受け入れられない彼のもとへある日、風来山人と名乗る老人が訪れて…。 ■出演 篤木半十郎  真一涼 篤木半兵衛  中澤まさとも 松本出雲守  呉圭崇 弥太八    内海祐紀 根岸肥前   平居正行 四方木三之助 柏士文 風来山人   出先拓也 語り手    尼子真理 ☆脚本:吉岡平
 
パーシバルは、ガウェイン、ランスロット、ガラハドらと共に、円卓の騎士を代表する一人で、聖杯探索の物語で最も有名な人物。 彼がアーサー王と出会い、騎士となるまでの旅を描く。 【出演】 パーシヴァル:中澤まさとも 母親+乙女:山川琴美 ケイ:呉圭崇 ガウェイン:内匠靖明 語り:出先拓也 ※※出演者それぞれが別の場所・機材で録音した作品です。 …
 
■作品紹介 「私」は家だと仕事がはかどらない為、他で部屋を借りた。 しかし、その部屋は女性が住んでいる部屋で、彼女が仕事で不在の間だけ、仕事部屋として拝借している。 ある時、深酒しすぎて帰れなくなったとき、その女性がいるにもかかわらず、泊まらせてもらう事に…。 女性問題を多く抱えていた太宰が女性と二人きりで過ごした夜の葛藤を描いたともいわれる晩年の隠れた名作。 ■出演 私   内匠靖明 キク  内海祐紀 客   平居正行
 
コズミックホラー「クトゥルフ神話」より。 怪奇小説家ラブクラフト自身がモデルとされるランドルフ・カーター初登場話。 【出演】 ・ランドルフ・カーター:出先拓也 ・ハリイ・ウォレン:中澤まさとも きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
■作品紹介 党によって常識が改変された社会でジュリアとの密かな交際を始めたスミス。 彼女との触れ合いに安らかさを感じながらも不安をぬぐい切れない日々が続く二人のもとにある人物からコンタクトがあり…。 自由とは?幸せとは? 隷従し続ける社会に生きる彼らの明日は…。 近未来SF最高峰傑作のオーディオドラマ化! ※こちらは後編になります。 まだ前編を未聴の場合は、そちらからお楽しみください。 ■出演 スミス  中澤まさとも ジュリア  山川琴美 オブライエン  平居正行 チャリントン  出先拓也 パーソンズ   内匠靖明 パーソンズ夫人 藤本教子 パーソンズ息子 真一涼 パーソンズ娘  五十嵐由佳 声 スミスの母 大島由莉子 ☆脚本:吉岡平
 
全ての常識が「党」によって作られたディストピア社会に生きるウィンストン。 毎日のように命じられるまま歴史を改ざんする日々に疲れ切っていた彼は、現状への疑問を抱き、密かに日記を書き始めて…。 今なおベストセラーとして映像化もされている名作をきくドラでオーディオドラマ化 ■出演 スミス  中澤まさとも ジュリア  山川琴美 オブライエン  平居正行 チャリントン  出先拓也 パーソンズ   内匠靖明 パーソンズ夫人 藤本教子 パーソンズ息子 真一涼 パーソンズ娘  五十嵐由佳 声 スミスの母 大島由莉子 ☆脚本:吉岡平きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
慶応三年、大政奉還。 薩長の者たちを恐怖せしめた新撰組も徳川幕府という大廈の崩るるに際しては、一本の木に過ぎなかった。 その時、局長・近藤勇、副長・土方歳三は――? 【出演】 永倉新八:内匠靖明 近藤勇:出先拓也 隊士:呉圭崇 官軍の将:中澤まさとも ※出演者それぞれが別の場所・機材で録音した作品です。 きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
■作品紹介 長くて寒い冬、野原の木はさびしいのを我慢しながら、過ぎ去った春、夏、秋のことを思い出していました。 「早く春がきてくれればいい…」 そんなある日、一羽の小さなウグイスが、この木のこずえにやってきました。 初出 … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
■作品紹介 その昔、見回りが終わった街の旦那衆が番小屋にこっそりと持ち込んだ酒を飲み始めて…。 古典落語の定番。 6代目春風亭柳橋、8代目三笑亭可楽が有名。 ■出演 月番    出先拓也 黒川先生  平居正行 惣助    … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
のちの怪盗紳士 巨大犯罪組織を率いる大盗賊ルパン。 彼が青年時代に企てた、とある犯罪計画。 【出演】 ルパン:内匠靖明 リュドビック・アンベール:呉圭崇 ジェルベーズ・アンベール:山川琴美 ルパンの相棒:中澤まさとも ※ … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
■作品紹介 まもなく寒い冬が訪れようかという頃、一匹のちょうが卵の産卵地を求めてさまよっていました。 それを土の下からみていた一匹のガマカエルは…。 初出:1934年(昭和9年)1月 ■出演 ちょう   真一涼 がまがえ … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
孔子の編纂とも伝わる歴史書「春秋」の解釈書より、有名な「無用の情け」を表す「宋襄の仁」の語源エピソード。 本書は、君子のあるべき姿、生きる上での示唆に富み、西郷隆盛や「三国志」の名将関羽も愛読したと言われる。 【出演】 … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
一攫千金を夢見るケアウェはある男から「小鬼の入った瓶」を買い取った。 これを手にしたものはどんな願い事もかなうというが、そこにはあるルールが…。 ■出演 ケアウェ   中澤まさとも コクア    五十嵐由佳 最初の売り主 … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
終戦後、満州から帰った新太郎は、焼野原となった東京を見た。 金に不自由しなくなった彼は、昔、世話になった旦那に会いに行くが…。 1879年(明治12年)に生まれ、高度成長直前の1959年(昭和34年)まで戦後を生きた作家 … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
■作品紹介 コダマの国でもめ事を無事に解決した虹猫。 今度はユタカの国というところへ向かったのですが…。 そこで国の人々から「大女」と言われる魔女が国を荒らしているという話を聞いて…。 初出:「赤い鳥」1927(昭和2) … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
第一次世界大戦後のドイツ。 古美術商を営む私は、戦後恐慌のインフレで値崩れする美術品を安値で買い叩いていた。 そんな時、過去の顧客が購入した美術品を譲り受けようとドレスデン近郊の町へ降り立った。 そこで起きた奇妙な出来事 … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
慶応三年正月。 新撰組幹部、永倉新八・斎藤一・伊東甲子太郎 隊規違反であわや…?の巻。 【出演】 永倉新八:内匠靖明 伊東甲子太郎:中澤まさとも 斎藤一:平居正行 近藤勇:出先拓也 土方歳三:呉圭崇 芸妓:大島由莉子ほか … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
なまけ者のアラジンは、悪い魔法使いにそそのかされ、宝探しに出かける。 そこで古ぼけたランプを手に入れ…。 魔法と冒険がつまったファンタージ古典。 【出演】 アラジン:中澤まさとも 魔法使い:呉圭崇 指輪・ランプの精霊:内 … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
■作品紹介 クリスマスまでもう一週間。 みっちゃんは、いっぱいプレゼントが欲しくて、お母さんに頼んで、サンタさんへ手紙を書いてもらいました。 それを隣の二郎君にも教えてあげると…。 ■出演 みっちゃん   山川琴美 かあ … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
1905年ドイツで出版。 著者の自伝的要素を含めた短編集。 14歳の腕白少年の恋と大人達との対立を描く。 ※原作を一部脚色したストーリーとなっています。 【出演】 俺:中澤まさとも 校長:出先拓也 先生:藤本教子 娘:五 … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
■作品紹介 働き者の農夫・パホームは、ひょんなことから土地を手に入れ、農場主となるが、それだけでは満足できなかった。 際限ない彼の欲望は、どんどんエスカレートしていき…。 ■出演 パホー ム…内匠靖明 妻…五十嵐由佳 姉 … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
1300年4月7日。 ダンテは大詩人ウェルギリウスに導かれ、地獄、煉獄、天国を巡る。 「七つの大罪」を浄化させ初恋の人と再会する「煉獄篇」。 【出演】 ダンテ:内匠靖明 ウェルギリウス:出先拓也 天使:中澤まさとも ベア … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
■作品紹介 秘密クラブ「赤い部屋」では、夜な夜な、異常な興奮や刺激を求める者たちが集まっている。 そして今夜は初参加のT氏が話を切り出して…。 ■出演 T氏…内匠靖明 給仕…内海祐紀 私…出先拓也 按摩…平居正行きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
名探偵・明智小五郎は50を越えていた。 若い警官に、或る殺人事件に関する助言を求められ…。 1954年(昭和29)の作品。 【出演】 ・明智小五郎:中澤まさとも ・庄司巡査部長:内匠靖明 ・佐藤寅雄:出先拓也 ・佐藤美弥 … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
当時、ドイツ軍の捕虜だった私は脱走して大海原をボートで漂流していた。 そして偶然たどり着いた悪夢のような島で私は気が狂いそうになるほどの恐ろしい体験を…。 クトゥルフ神話の祖として名高いラブクラフトの初期作品。 【朗読】 … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
「お別れいたします。 私は、あなたとお別れして、私の正しいと思う生きかたで、しばらく生きて努めてみたいと思います」 時代の寵児となった画家の妻が告白する、離縁の理由とは… 昭和十五(1940)年発表。 【出演】 私:内海 … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
■作品紹介 所用で信州へ訪れた富山は、旧友の根本行輔と再会すると…。 村では毎晩のように付け火があり、村の顔役でもある彼はそのことに頭を悩ませていた。 容疑者に重右衛門という男が挙げられていたが、その証拠はどこにも見当た … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
明治大正期を代表する彫刻家で「老猿」「西郷隆盛銅像」で知られる光雲が幼き日の父との思い出を振り返る。 詩人・彫刻家の高村光太郎、鋳金家の高村豊周は、光雲の息子。 【出演】 高村光蔵:出先拓也 父:内匠靖明きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
■作品紹介 旦那の浮気を怪しんだ奥方に頼まれ浮気調査を命じられた権助。 だが、気づかれた旦那に買収を持ちかけられて…。 古典落語定番の滑稽話「権助魚」をきくドラでオーディオドラマ化。 ■出演 権助  真一涼 奥方  五十 … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
「二十四の瞳」で知られる著者の短編。 終戦から数年後、ある一家は愛らしい猫を飼う。 一方、分断された朝鮮半島からは軍靴の音が聞こえ…。 【出演】 たつ子:大島由莉子 正子:五十嵐由佳 清子:山川琴美 大村:藤本教子 語り … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
■作品紹介 昔、ある街の下水道に棲んでいた悪魔が外に通じる道を見つけ、興味本位で飛び出してみると…。 ■出演 悪魔 内匠靖明 語り 中澤まさとも 紳士 呉圭崇 街の人々・老紳士 出先拓也 老婦人 大島由莉子 母   尼子 … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
「青年の時は、だれでもつまらないことに熱情をもつものだ」 森鴎外や夏目漱石の学生小説を愛読していた或る高校生は、一高の夏帽子に憧れ、遂に手に入れるが…。 【出演】 青年:後藤ヒロキ 娘:五十嵐由佳きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
「クラムボンはわらったよ」 川に棲む蟹の視点から垣間見える水中の幻想的な世界。 聞き手の想像力を刺激する宮沢賢治の名作。 独特の言い回しやフレーズの数々をお楽しみください。 【朗読】柏士文 ※出演者の自宅で録音した … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
■作品紹介 友人のつてで手に入れた「猿の手」 どんな願いも3つだけかなえられるという話を疑いつつも、試しに一つ願ってみると…。 古典ホラーとして多くの作家に影響を与えた名作。 初出:1902年 ■出演 ホワイト氏  出先 … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
昔々、一代で財を成した長者が雷神が雷を落とした時に残す「雷神の珠」という宝物があると話を聞き…。 【朗読】呉圭崇 ※出演者の自宅で録音した朗読作品です。きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
剣聖・宮本武蔵の青年期から死までの求道を吉岡一門との一乗寺決闘、巌流・佐々木小次郎との心理戦などを通して描く。 「直木賞」は直木三十五死後の昭和10年、文藝春秋社長・菊池寛により設置。 【出演】 宮本武蔵:内匠靖明 語り … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
新撰組二番隊組長・永倉新八が維新後、小樽新聞社の記者に口述した回顧録より、新撰組の名を轟かせた死闘「池田屋事件(元治元年)」。 近藤勇、土方歳三、沖田総司、原田左之助、藤堂平助ら幹部たちの姿が生々しく語られる。 【朗 … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
■作品紹介 幼かった頃、私は話し上手の姉からいろんな話を聞かせてもらっていた。 今回のお話は、町から五里ほど離れた医王山というお山のお話で…。 初出:1922(大正11)年 ■出演 私:内海祐紀 姉:山川琴美 幼い頃の私 … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
昔、ある国に有名な陶器師がいました。 彼は殿さまへ茶わんを献上する為、薄く軽く美しい茶碗を作りました。 すると、それを見た殿さまは「良い茶碗とは何なのか…?」と家来に問いかけて…。 【朗読】中澤まさとも ※出演者の自宅で … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
この手記を書き綴った狂人を、私は、直接には知らない。 作家と思われる男は、船橋の喫茶店で、3冊のノートと写真を渡される。 それは「人間失格」の本編にあたる「手記」であった。 過去作品「人間失格(前・後編)」はコチラ 【出 … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
1912(明治45)年発表。 「夢に見たのか、生れぬ前に見たのか、或は本当に見たのか」 鏡花が幼い頃に出会い、再会に胸躍らす、ある少女との心象風景。 【朗読】中澤まさとも ※出演者の自宅で録音した朗読作品です。きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
上京して勉学に励む若者・秀夫と故郷の母との往復書簡を通して日々の移り変わりが描かれた物語。 著者は川端康成との親交も深く文学雑誌「文芸時代」を共に創刊した。 ■出演 秀夫 真一涼 母  尼子真理 ★脚本:吉岡平きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
ある場所にとても不精な親子がいました。 とにかく、とてもとても不精で寝たばこで家事を起こしても面倒がって全く逃げようとせず…。 【朗読】出先拓也 ※出演者の自宅で録音した朗読作品です。きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
騎士ガウェインは、アーサー王の甥であり、円卓騎士団の中で最も賢明で名高い騎士の一人でした。 また、朝から正午まで力が3倍になるという不思議な能力を持っていました。 そして、彼の妻にも不思議な過去がありました。 【出演】 … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
私(芥川)が母から聞いたのは大通である大叔父・細木香以の話であった。 彼が吉原の玉屋で禅超という僧侶と会った事から物語は始まり…。 ※大通とは…遊興に詳しい、ほんとうに通の人、など。 【朗読】出先拓也 ※出演者の自宅で録 … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
円卓騎士団において最も騎士と乙女達に賛美された「湖のランスロット」。 夏目漱石も小説『薤露行』で書いた、美しい姫とのエピソード。 ランスロットは漫画「七つの大罪」でも描かれたバン王の息子にあたる。 【出演】 ランスロット … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
日本三大随筆の一つ。 無常観、脱俗世を綴った鎌倉時代の隠者文学の代表作。 主に山中の草庵での閑居生活を語った後半部分を朗読。 【朗読】呉圭崇 ※出演者の自宅で録音した朗読作品です。きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login