show episodes
Loading …
show series
 
■作品紹介 秘密クラブ「赤い部屋」では、夜な夜な、異常な興奮や刺激を求める者たちが集まっている。 そして今夜は初参加のT氏が話を切り出して…。 ■出演 T氏…内匠靖明 給仕…内海祐紀 私…出先拓也 按摩…平居正行きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
名探偵・明智小五郎は50を越えていた。 若い警官に、或る殺人事件に関する助言を求められ…。 1954年(昭和29)の作品。 【出演】 ・明智小五郎:中澤まさとも ・庄司巡査部長:内匠靖明 ・佐藤寅雄:出先拓也 ・佐藤美弥子:山川琴美 ・語り:呉圭崇 ※出演者それぞれが自宅で録音した作品です。きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
当時、ドイツ軍の捕虜だった私は脱走して大海原をボートで漂流していた。 そして偶然たどり着いた悪夢のような島で私は気が狂いそうになるほどの恐ろしい体験を…。 クトゥルフ神話の祖として名高いラブクラフトの初期作品。 【朗読】内匠靖明 ※出演者の自宅で録音した朗読作品です。きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
「お別れいたします。 私は、あなたとお別れして、私の正しいと思う生きかたで、しばらく生きて努めてみたいと思います」 時代の寵児となった画家の妻が告白する、離縁の理由とは… 昭和十五(1940)年発表。 【出演】 私:内海祐紀 画家:中澤まさとも ※出演者が自宅で録音した作品です。きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
■作品紹介 所用で信州へ訪れた富山は、旧友の根本行輔と再会すると…。 村では毎晩のように付け火があり、村の顔役でもある彼はそのことに頭を悩ませていた。 容疑者に重右衛門という男が挙げられていたが、その証拠はどこにも見当たらない。そうこうしていると、再び付け火が村を襲って…。 ■出演 富山(とみやま)…呉圭崇 根本行輔(ねもとこうすけ)…平居正行 根本の妻…尼子真理 重右衛門…出先拓也 娘…真一涼 老婆…五十嵐由佳 若い衆…内匠靖明 ☆脚本:吉岡平きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
明治大正期を代表する彫刻家で「老猿」「西郷隆盛銅像」で知られる光雲が幼き日の父との思い出を振り返る。 詩人・彫刻家の高村光太郎、鋳金家の高村豊周は、光雲の息子。 【出演】 高村光蔵:出先拓也 父:内匠靖明きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
■作品紹介 旦那の浮気を怪しんだ奥方に頼まれ浮気調査を命じられた権助。 だが、気づかれた旦那に買収を持ちかけられて…。 古典落語定番の滑稽話「権助魚」をきくドラでオーディオドラマ化。 ■出演 権助  真一涼 奥方  五十嵐由佳 旦那  出先拓也 魚屋  平居正行 落語家 尼子真理きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
「二十四の瞳」で知られる著者の短編。 終戦から数年後、ある一家は愛らしい猫を飼う。 一方、分断された朝鮮半島からは軍靴の音が聞こえ…。 【出演】 たつ子:大島由莉子 正子:五十嵐由佳 清子:山川琴美 大村:藤本教子 語り:尼子真理きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
■作品紹介 昔、ある街の下水道に棲んでいた悪魔が外に通じる道を見つけ、興味本位で飛び出してみると…。 ■出演 悪魔 内匠靖明 語り 中澤まさとも 紳士 呉圭崇 街の人々・老紳士 出先拓也 老婦人 大島由莉子 母   尼子真理 子   真一涼 女性  五十嵐由佳 女性  山川琴美 女性  内海祐紀きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
「青年の時は、だれでもつまらないことに熱情をもつものだ」 森鴎外や夏目漱石の学生小説を愛読していた或る高校生は、一高の夏帽子に憧れ、遂に手に入れるが…。 【出演】 青年:後藤ヒロキ 娘:五十嵐由佳きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
「クラムボンはわらったよ」 川に棲む蟹の視点から垣間見える水中の幻想的な世界。 聞き手の想像力を刺激する宮沢賢治の名作。 独特の言い回しやフレーズの数々をお楽しみください。 【朗読】柏士文 ※出演者の自宅で録音した … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
■作品紹介 友人のつてで手に入れた「猿の手」 どんな願いも3つだけかなえられるという話を疑いつつも、試しに一つ願ってみると…。 古典ホラーとして多くの作家に影響を与えた名作。 初出:1902年 ■出演 ホワイト氏  出先 … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
昔々、一代で財を成した長者が雷神が雷を落とした時に残す「雷神の珠」という宝物があると話を聞き…。 【朗読】呉圭崇 ※出演者の自宅で録音した朗読作品です。きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
剣聖・宮本武蔵の青年期から死までの求道を吉岡一門との一乗寺決闘、巌流・佐々木小次郎との心理戦などを通して描く。 「直木賞」は直木三十五死後の昭和10年、文藝春秋社長・菊池寛により設置。 【出演】 宮本武蔵:内匠靖明 語り … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
新撰組二番隊組長・永倉新八が維新後、小樽新聞社の記者に口述した回顧録より、新撰組の名を轟かせた死闘「池田屋事件(元治元年)」。 近藤勇、土方歳三、沖田総司、原田左之助、藤堂平助ら幹部たちの姿が生々しく語られる。 【朗 … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
■作品紹介 幼かった頃、私は話し上手の姉からいろんな話を聞かせてもらっていた。 今回のお話は、町から五里ほど離れた医王山というお山のお話で…。 初出:1922(大正11)年 ■出演 私:内海祐紀 姉:山川琴美 幼い頃の私 … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
昔、ある国に有名な陶器師がいました。 彼は殿さまへ茶わんを献上する為、薄く軽く美しい茶碗を作りました。 すると、それを見た殿さまは「良い茶碗とは何なのか…?」と家来に問いかけて…。 【朗読】中澤まさとも ※出演者の自宅で … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
この手記を書き綴った狂人を、私は、直接には知らない。 作家と思われる男は、船橋の喫茶店で、3冊のノートと写真を渡される。 それは「人間失格」の本編にあたる「手記」であった。 過去作品「人間失格(前・後編)」はコチラ 【出 … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
1912(明治45)年発表。 「夢に見たのか、生れぬ前に見たのか、或は本当に見たのか」 鏡花が幼い頃に出会い、再会に胸躍らす、ある少女との心象風景。 【朗読】中澤まさとも ※出演者の自宅で録音した朗読作品です。きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
上京して勉学に励む若者・秀夫と故郷の母との往復書簡を通して日々の移り変わりが描かれた物語。 著者は川端康成との親交も深く文学雑誌「文芸時代」を共に創刊した。 ■出演 秀夫 真一涼 母  尼子真理 ★脚本:吉岡平きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
ある場所にとても不精な親子がいました。 とにかく、とてもとても不精で寝たばこで家事を起こしても面倒がって全く逃げようとせず…。 【朗読】出先拓也 ※出演者の自宅で録音した朗読作品です。きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
騎士ガウェインは、アーサー王の甥であり、円卓騎士団の中で最も賢明で名高い騎士の一人でした。 また、朝から正午まで力が3倍になるという不思議な能力を持っていました。 そして、彼の妻にも不思議な過去がありました。 【出演】 … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
私(芥川)が母から聞いたのは大通である大叔父・細木香以の話であった。 彼が吉原の玉屋で禅超という僧侶と会った事から物語は始まり…。 ※大通とは…遊興に詳しい、ほんとうに通の人、など。 【朗読】出先拓也 ※出演者の自宅で録 … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
円卓騎士団において最も騎士と乙女達に賛美された「湖のランスロット」。 夏目漱石も小説『薤露行』で書いた、美しい姫とのエピソード。 ランスロットは漫画「七つの大罪」でも描かれたバン王の息子にあたる。 【出演】 ランスロット … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
日本三大随筆の一つ。 無常観、脱俗世を綴った鎌倉時代の隠者文学の代表作。 主に山中の草庵での閑居生活を語った後半部分を朗読。 【朗読】呉圭崇 ※出演者の自宅で録音した朗読作品です。きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
5世紀から6世紀のブリトン人の王、アーサー・ペンタゴン。 聖剣エクスカリバーを携えブリテン島から侵略者たちを退けた。 絶世の美女グィネヴィアとの結婚 万能の魔術師マーリンらによる「円卓騎士団の結成」 それは、栄華の極みか … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
ある貧しい道士が梨売りの男に施しを求めたが断られてしまう。 そこで道士が見せた対応は…。 中国の怪異小説の翻訳作品。 【朗読】五十嵐由佳 ※出演者の自宅で録音した朗読作品です。きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
1929年年発表。 夢か一時的狂気か幻か。 私は不可思議な大気のレンズ仕掛けを通して、別の世界の一隅を、ふと隙見したのかも知れない…。 「うつし世は夢、夜の夢こそまこと(乱歩)」 【朗読】中澤まさとも ※出演者の自宅で録 … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
幹子は田舎から東京の学校へ入ってきた新入生でした。 そんな幹子が毎日学校へ持ってくる蝙蝠傘はとても大きく、ある日、学校中の評判となりました… 大正ロマンを代表する竹久夢二の短篇小説。 【朗読】五十嵐由佳 ※出演者の自宅で … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
少年・武ちゃんの夏休みでのある出来事。 叔父さんの村で見つけた大きな屋敷… 不思議に思った武ちゃんに、叔父さんが教えてくれたお話とは。 【朗読】尼子真理 ※出演者の自宅で録音した朗読作品です。きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
金沢三文豪の一人、徳田秋声が幼い頃、故郷で聞いた奇怪な話。 (金沢三文豪は秋声に加え、泉鏡花、室生犀星) 金沢には昔から「天狗」の噂が身近にあったという。 【朗読】出先拓也 ※出演者の自宅で録音した朗読作品です。きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
田舎育ちのネズミ・チミーがひょんなことから街に迷い込んでしまい…。 そこで出会ったまちねずジョニーに都会で生きるすべを教わるが…。 どんな場所であろうと、それぞれ住み慣れた土地で暮らすのが当人たちにとって幸せだとポターは … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
荒行に明け暮れ、旅をしていた僧がいた。 ある夜、彼が荒野を歩いていたとき ドクロを頭の上に乗せる奇妙な狐を見かけて…。 原典は、中国六朝時代の志怪小説「捜神記」と言われている。 【朗読】尼子真理 ※出演者の自宅で録音した … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
1895年発表。 80万年2千年後の世界でタイムトラベラーが出会った未来人とは? 地球最後の生命とは? タイムトラベルSF小説の先駆的作品。 【朗読】中澤まさとも ※出演者の自宅で録音した朗読作品です。きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
いつも「きくドラ」をお聴き頂き有難うございます。 2020年4月現在「きくドラ」は出演者・スタッフが集まる通常のラジオドラマ収録が難しい状況が続いているため、ポッドキャスト更新をしばらくお休みにさせて頂きます。 ですが、 … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
1914年(大正3年)発表。 一世を風靡した泉鏡花の代表作「婦系図」の一幕を戯曲化。 文京区「湯島天満宮」を舞台に主人公・早瀬と元芸者お蔦による涙の離別を描く。 当時、日本人の多くが二人の悲恋に涙し、作中の台詞を発したと … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
1925(大正14)年7月初出。 全編セリフのみで構成されたわずか数頁の掌編ミステリー小説。 とある列車の同じ車両に乗り合わせた紳士風の二人。 実は、指輪をめぐる因縁があり…? 【出演】 A:神保巴 B:呉圭崇 語り:呉 … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
■作品紹介 朝から晩まで働き詰めの13歳の少女・ワーリカ。 しかし夜は赤子の子守で朝まで眠れず。 そんな日々が続いたワーリカは…。 人間の三大欲求、眠りのもたらす狂気が生んだブラックユーモアが描かれている隠れた名作。 ■ … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
1902年「報知新聞」に連載された幕末維新期の回顧談集。 庶民たちが体験した時代の激変をジャーナリスト・新聞記者の篠田鉱造が記す。 【出演】 ・浮世床 ちょんまげ話:呉圭崇 ・御一新前後の肉食:朝比奈幸 ・維新前後 刀商 … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
かつて趙の邯鄲に紀昌という男がいた。 彼は天下一の弓名人を志し名手と名高い飛衛のもとに弟子入りを志願するのだが…。 「名人とは何か?」 著者が読み手に解釈を委ねた寓話的作品として評されており、又、遺作ともいわれている。 … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
登場人物、青い河童と赤い河童。 場所、魑魅魍魎も通らぬ、寂しいところ。 真っ赤な、木瓜の花が咲いている。 河童を愛した文豪によるト書きのない一幕物。 【出演】 ・青河童:神保巴 ・赤河童:後藤ヒロキ ・語り:呉圭崇きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
■作品紹介 19世紀中旬、大恐慌のアメリカでボストンへと向かう一人の若者・デイヴィッド・スワン。 道中、疲れて眠ってしまった彼の目の前を悲喜こもごもの運命たちが通り抜けていき…。 初出:1837年 そのころ、日本では大塩 … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
儒教の祖・孔子。 彼の聖人が生まれた時、麒麟が現れたと言う。 【吾未だ徳を好むこと、 色を好むが如くする者を見ざる也】(論語より) 耽美派谷崎ならではの孔子譚。 1910(明治43)年発表の初期短編。 【出演】 孔子:呉 … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
■作品紹介 ある傭兵が一攫千金を狙って様々な特技を持つ男達を仲間に引き入れた。 そして、ある街の王様と勝負をする事に…。 個性豊かな仲間たちが繰り広げる冒険活劇! ■出演 男1 藤本教子 男2 内海祐紀 男3 大島由莉子 … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
1879年の戯曲。 女性の自立を描いたフェミニズムの先駆的作品。 発表当時、主人公ノラは新しい女性像の象徴とされた。 「性の解放」が叫ばれる現代において、ますます語られる近代古典の名作。 【出演】 ・ノラ :拝師みほ ・ … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
■作品紹介 ある夫婦がとうとう子供を授かり夫が子安地蔵へ安産祈願へ参った。 そこで子安地蔵から伝えられた事とは… ■出演 父     平居正行 子安地蔵  出先拓也 地蔵    内匠靖明 息子    柏士文 娘      … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
帝都を騒がせる謎の仮面強盗。 狙うのは金持ちだけ。 奪った金品は、慈善団体や貧しい人々に寄付――。 次に狙うは、成金実業家・青木邸。 プロレタリア文学運動の理論家ならではの犯罪戯曲。 【出演】 ・東山:狭川尚紀 ・芦田刑 … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
中学を卒業後、実家の農家を手伝う次男坊・省作。 日々の生活に不満は無かったが、うっ屈としたものを抱え続けていた。 そんな彼も隣に住む嫁・おとよへ密かな想いを無自覚に抱いており…。 当時の結婚観を描いたとされる、若者たちの … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
嗚呼彼の明智光秀たるもの 豈に必ずしも「主殺しの大罪人」として唾棄すべき人ならんや。 「忠」の一字を以て、武門無二の至宝と為せる戦国時代に当り、いやしくも思慮あり、鑑識ある者、誰れか好んで罪悪の犬馬となり、不臣の門に赴く … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
成人の日を迎える皆様へ きくドラキャスト・スタッフよりお祝いの言葉に代えて。 詩人・高村光太郎が妻・智恵子との出会いから別れまで多くの想いを綴った詩集より抜粋して朗読。 ■出演 ・人に:狭川尚紀 ・あなたはだんだんきれい … 続きを読む →きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login