令和和歌所 公開
[search 0]

Download the App!

show episodes
 
【一首一会の出会い】毎日一首、四季折々の和歌の朗読と解説をします。八代集を主な出典にしながら古代歌謡の万葉集から江戸や明治の俳句俳諧まで、さらに源氏物語などの古典文学や絵画、芸能と幅広い視野をもって日本の古典文化・文学を楽しく分かりやすく鑑賞しようという企てです。あなたと和歌の素晴らしい出会いになることを願っています。令和和歌所の和歌DJうっちーとろっこがお送りします。(令和和歌所:https://wakadokoro.com/)
 
Loading …
show series
 
「見渡せば紅葉しにけり山里に寝たくぞ今日はひとり来にける」(源道済) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月二十六日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「霧晴るる田の面のすゑに山見えて稲葉に続く木々のもみじ葉」(花園院) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月二十四日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「夕づく日向ひの丘の薄紅葉まだき寂しき秋の色かな」(藤原定家) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月二十三日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「いかなれば同じ時雨に紅葉するははその森の薄く濃からむ」(藤原頼宗) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月二十二日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「真木の屋に時雨の音の変はるかな紅葉や深く散り積もるらむ」(藤原実房) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月二十一日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「やよ時雨もの思ふ袖のなかりせば木の葉の後に何を染めまし」(慈円) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月二十日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「晴れ曇り時雨は定めなきものをふりはてぬるは我が身なりけり」(道因) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月十九日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「折こそあれながめにかかる浮雲の袖もひとつにうち時雨つつ」(二条院讃岐) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月十八日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「ふりはへて人も問ひこぬ山里は時雨ばかりぞ過ぎがてにする」(皇后宮肥後) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月十七日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「まばらなる真木の板屋に音はして漏らぬ時雨や木の葉なるらむ」(藤原俊成) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月十六日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「時雨のあめ染めかねてけり山城の常盤の杜の真木の下葉々」(能因) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月十五日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「雨降れば笠取山のもみち葉はゆきかふ人の袖さへぞ照る」(壬生忠岑) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月十四日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「白露も時雨もいたくもる山は下葉残らず色づきにけり」(紀貫之) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月十三日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「木枯らしに木の葉の落つる山里は涙さへこそ脆くなりぬれ」(西行) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月十二日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「いかばかり秋の名残を眺めまし今朝は木の葉に嵐ふかずは」(源俊頼) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月十一日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「山里は冬ぞ寂しさまさりける人めも草もかれぬと思へば」(源宗于) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月十日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「秋のうちはあはれ知らせし風の音のはげしさ添ふる冬はきにけり」(藤原教長) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月九日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「昨日こそ秋は暮れしかいつのまに岩間の水の薄凍るらむ」(藤原公実) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月八日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「風の音に秋の夜ふかく寝覚して見果てぬ夢の名残をぞ思ふ」(平忠度) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月七日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「初瀬山けふを限りとながめつつ入相の鐘に秋ぞ暮ぬる」(源実朝) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月六日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「目もかれず見つつ暮さむ白菊の花よりのちの花しなければ」(伊勢大輔) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月五日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「ももしきや我が九重の秋の菊こころのままに折て挿頭さむ」(後醍醐院) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月四日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「ひさかたの雲の上にて見る菊は天つ星とぞあやまたれける」(藤原敏行) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月三日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「霜をまつ籬の菊の宵のまに置きまよふ色は山の端の月」(後鳥羽院宮内卿) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月二日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「心あてに折らばや折らむ初霜の置きまどはせる白菊の花」(凡河内躬恒) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月一日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「明石潟うらぢ晴れゆく朝凪に霧に漕ぎいる海人の釣船」(後鳥羽院) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十月三十一日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「薄霧の籬の花の朝じめり秋は夕べと誰か言ひけむ」(藤原清輔) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十月三十日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「梓弓いるさの山は秋霧のあたるごとにや色まさるらむ」(源宗于) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十月二十九日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「ひとりぬる山鳥の尾のしだり尾に霜置きまよふ床の月影」(藤原定家) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十月二十八日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「千たび打つ砧の音に夢醒めてもの思ふ袖の露ぞ砕くる」(式子内親王) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十月二十七日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「まどろまで眺めよとてのすさびかな麻の狭衣月に打つ声」(後鳥羽院宮内卿) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十月二十六日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「入り方の月の空さへ響くまで遠ぢの村は衣打つなり」(藤原実兼) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十月二十五日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
秋風の袖に吹きまく峰の雲を翼にかけて雁もなくなり」(藤原家隆) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十月二十四日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「野辺染むる雁の涙は色もなしもの思ふ露の隠岐の里には」(後鳥羽院) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十月二十三日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「秋の夜の露をは露と置きながら雁の涙や野辺を染むらむ」(壬生忠岑) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十月二十二日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「秋風にはつ雁金ぞ聞こゆなる誰が玉梓をかけて来つらむ」(紀友則) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十月二十一日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「大江山かたぶく月の影さえて鳥羽田の面に落つる雁がね」(慈円) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十月二十日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「思ひかねうち寝る宵もありなまし吹きだにすさへ庭の松風」(藤原良経) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十月十九日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「身を変へて一人帰れる山里に聞きしに似たる松風ぞ吹く」(明石の尼君) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十月十八日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「いろいろに穂向けの風を吹きかへて遥かにつづく秋の小山田」(阿仏尼) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十月十七日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「秋の夜は山田の庵に稲妻の光のみこそ洩りあかしけれ」(伊勢大輔) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十月十六日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「雲きえし秋の中ばの空よりも月は今宵ぞ名に負へりける」(西行) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十月十五日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「さまざまに心ぞとまる宮城の野の花のいろいろ虫のこゑこゑ」(源俊頼) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十月十四日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「なけやなけ蓬が杣のきりぎりす過ぎ行く秋はげにそ悲しき」(曽禰好忠) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十月十三日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「鈴虫の声ふりたつる秋の夜はあはれにもののなりまさるかな」(和泉式部) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十月十二日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「来むと言ひしほどや過ぎぬる秋の野にだれ松虫ぞ声の悲しき」(紀貫之) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十月十一日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「秋くれば機織る虫のある辺に唐錦にも見ゆる野辺かな」(紀貫之) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十月十日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「小山田の庵ちかく鳴く鹿の音に驚かされて驚かすかな」(西行) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十月九日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「嵐ふく真葛が原に鳴く鹿はうらみてのみや妻を恋ふらむ」(俊恵) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十月八日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「奥山に紅棄ふみわけ鳴く鹿の声きく時ぞ秋は悲しき」(よみ人知らず) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十月七日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login