令和和歌所 公開
[search 0]

Download the App!

show episodes
 
【一首一会の出会い】毎日一首、四季折々の和歌の朗読と解説をします。八代集を主な出典にしながら古代歌謡の万葉集から江戸や明治の俳句俳諧まで、さらに源氏物語などの古典文学や絵画、芸能と幅広い視野をもって日本の古典文化・文学を楽しく分かりやすく鑑賞しようという企てです。あなたと和歌の素晴らしい出会いになることを願っています。令和和歌所の和歌DJうっちーとろっこがお送りします。(令和和歌所:https://wakadokoro.com/)
 
Loading …
show series
 
※「和歌マニア」はつまらなくて、難しいとされる「古典和歌」を、おもしろ楽しく紹介する番組です。令和和歌所の「和歌DJうっちー」と、日本文化ナビゲーター兼英語講師の「ろっこ」がお送りします。 ■ご紹介した歌 「さびしさはその色としもなかりけり 真木立つ山の秋の夕暮れ」(寂蓮) 「村雨の露もまだひぬ真木の葉に霧立ちのぼる秋の夕暮れ」(寂連) 「心なき身にもあはれ知られけり 鴫立つ沢の秋の夕暮れ」(西行) 「見渡せば花も紅葉もなかりけり 浦の苫屋の秋の夕暮れ」(藤原定家) ■「令和和歌所」(和歌と古典を遊びつくせ!)  →https://wakadokoro.com/ ■「歌塾」(和歌を知り、詠むためのオンライン講座)  →https://wakadokoro.com/kajuku/ 代表的な古典…
 
※「和歌マニア」はつまらなくて、難しいとされる「古典和歌」を、おもしろ楽しく紹介する番組です。令和和歌所の「和歌DJうっちー」と、日本文化ナビゲーター兼英語講師の「ろっこ」がお送りします。 ■「令和和歌所」(和歌と古典を遊びつくせ!)  →https://wakadokoro.com/ ■「歌塾」(和歌を知り、詠むためのオンライン講座)  →https://wakadokoro.com/kajuku/ 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿和歌マニア(第104回)和歌とは? 今こそシンプルにお答えします。漢詩に対しての和歌、宮廷の文芸にして教養、日常必需品、言葉による芸術… とどのつまりは「歌」なので…
 
今回はよりマニアックに、「寿」の甲骨文字について迫ります。 またうっちーからは「寿」ならぬ「言祝ぐ」歌をご紹介しています。 お楽しみください。 ■放送でご紹介した和歌 左大臣橘卿を寿(ほ)くために預め作る歌一首 「いにしへに君の三代へて仕へけり我(あ)が大主は七世申さね」 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿和歌マニア(第103回)『寿の甲骨文字と「寿」の和歌』は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
ろっこの探求分野「陰陽五行」における「感情」について話ました。 五行それぞれに感情が設定されているって、みなさん知っていました!? 今回はなかでも「怒り」の感情がテーマです。あわせて和歌ではあまり見ない、「怒り」のある歌もご紹介しています。 古典文化に秘められた陰陽五行のエピソード、ぜひご覧ください!! ※Youtubeでは動画で配信しています ■放送でご紹介した和歌 「あさましやのどかに頼むとこのうらをうち返しける波の心よ」(道綱母) 「言挙せぬ国にはあれどもまがことのことあげこちたみ言挙す吾は」(本居宣長) 「富人の家の児どもの着る身みなみ腐し棄つらむ絹綿らはも」(山上憶良) 「白妙の袖の別れに露おちて身にしむ色の秋風ぞ吹く」(藤原定家) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌…
 
みなさまお久しぶりです! “和歌DJうっちーと“ろっこ”がお送りする「和歌マニア」の配信を再開しました。しかも今回よりYoutubeでは動画(ZOOM収録)配信です、その名もずばり「動く和歌マニア(仮)」!! これまで以上に楽しんでいただけるよう、気分一新でがんばります。どうぞよろしくお願いいたします。 今回はおよそ一年ぶりの配信再開ということで、二人の近況報告を中心に話をしました。そういえばろっこさんは初顔出しです。声とイメージ、一致していました? 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿和歌マニア(第101回)「近況報告の巻」は令和和歌所の最初に登場しました。…
 
「月やあらぬ春や昔の春ならぬわが身ひとつはもとの身にして」(在原業平) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(二月三日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「今日ごとに今日や限りと惜しめどもまたも今年に会ひにけるかな」(藤原俊成) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(二月二日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「おのづから言わぬを慕ふ人やあるとやすらふほどに年の暮ぬる」(西行) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(二月一日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「嘆きつつ今年も暮れぬ露の命生けるばかりを思ひ出にして」(俊恵) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(一月三十一日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「一年ははかなき夢の心地して暮れぬる今日ぞおどろかれける」(俊宗) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(一月三十日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「過ぎぬれば我が身の老いとなるものをなにゆゑ明日の春を待つらむ」(肥後) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(一月二十九日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「うばたまのこの夜な明けそしばしばもまたふる年の内ぞと思はむ」(源実朝) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(一月二十八日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「もののふの八十宇治川をゆく水の流れて早き年の暮れかな」(源実朝) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(一月二十七日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「木の葉なきむなしき枝に年暮れてまた芽ぐむべき春ぞ近づく」(京極為兼) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(一月二十六日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「おのづから垣根の草も青むなり霜の下にも春や近づく」(伏見院 ) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(一月二十五日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「入方の影こそやがて霞けれ春にかかれる有明の月」(宗尊親王) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(一月二十四日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「降る雪の雨になりゆく下消えに音こそまされ軒の玉水」(藤原為家) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(一月二十三日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「梅か枝に降りつむ雪はひととせに再び咲ける花かとぞ見る」(藤原公任) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(一月二十二日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「雪ふれば木ごとに花ぞ咲きにけるいづれを梅とわきて折らまし」(紀友則) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(一月二十一日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「梅の香の降りおける雪にまがひせば誰かことごと分きて折らまし」(紀貫之) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(一月二十日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「雪ふれば冬ごもりせる草も木も春に知られぬ花ぞ咲きける」(紀貫之) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(一月十九日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「冴ゆる夜の真木の板屋の独り寝に心砕けと霰ふるなり」(藤原良経) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(一月十八日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「星清き夜半の薄雪そら晴れて吹きとほす風を梢にぞきく」(伏見院) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(一月十七日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「風の音の激しくわたる梢より群雲さむき三日月の影」(永福門院) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(一月十六日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
古典和歌の朗読と解説~ 「雲居より散りくる雪はひさかたの月の桂の花にやあるらむ」(藤原清輔) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(一月十五日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「冬枯れの森の朽葉の霜の上に落ちたる月の影の寒けさ」(藤原清輔) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(一月十四日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「冴えわびてさむる枕に影みれば霜深き夜の有明の月」(俊成卿女) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(一月十三日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「志賀の浦や遠ざかりゆく浪間より凍りていづる有明の月」(藤原家隆) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(一月十二日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「冬の夜は天ぎる雪に空さえて雲の浪路に凍る月影」(宜秋門院丹後) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(一月十一日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「秋はなほ木の下影も暗かりき月は冬こそ見るべかりけれ」(よみ人知らず) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(一月十日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「霜おかぬ袖だに冴ゆる冬の夜に鴨の上毛を思ひこそやれ」(藤原公任) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(一月九日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「水鳥を水の上とやよそに見む我もうきたる世を過ぐしつつ」(紫式部) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(一月八日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「飛びかよふ鴛の羽風の寒ければ池の氷ぞ冴えまさりける」(紀友則) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(一月七日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「はかなしやさても幾夜かゆく水に数書きわぶる鴛のひとり寝」(飛鳥井雅経) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(一月六日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「このごろの鴛のうきねぞあはれなる上毛の霜よ下の氷よ」(崇徳院) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(一月五日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「人目さへ霜かれにける宿なればいとど有明の月ぞ寂しき」(具平親王) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(一月四日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「久木生ふる小野の浅茅におく霜の白ろきを見れば夜やふけぬらん」(藤原基俊) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(一月三日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「かささぎの渡せる橋におく霜の白きを見れば夜ぞ更けにける」(大伴家持) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(一月二日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「浦人のひもゆふぐれになるみ潟かへる袖より千鳥なくなり」(源通光) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(一月一日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「浦松の葉ごしに落つる月影に千鳥つま訪ふ須磨のあけぼの」(守覚法親王) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(十二月三十一日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「夕凪にとわたる千鳥浪まより見ゆる小島の雲に消えぬる」(徳大寺実定) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(十二月三十日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「須磨の関有明の空になく千鳥かたぶく月はなれも悲しき」(藤原俊成) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(十二月二十九日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「思ひかね妹がり行けば冬の夜の川風寒み千鳥なくなり」(紀貫之) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(十二月二十八日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「待つ人の今も来たらばいかがせむ踏ままく惜しき庭の雪かな」(和泉式部) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(十二月二十七日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「雪ふりて人も通はぬ道なれやあとはかもなく思ひ消ゆらむ」(凡河内躬恒) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(十二月二十六日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「かきくもり天ぎる雪の古里を積もらぬ先に問ふ人もがな」(小侍従) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(十二月二十五日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「駒とめて袖打ち払ふ影もなし佐野の渡りの雪の夕暮れ」(藤原定家) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(十二月二十四日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「ゆく先は雪の吹雪に閉じ込めて雲に分けいる滋賀の山越え」(京極為兼) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(十二月二十三日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「雪ふれば谷の架け橋埋もれて梢ぞ冬の山路なりける」(源俊頼) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(十二月二十二日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「見わたせば松の葉白き吉野の山幾夜積もれる雪にかあるらむ」(平兼盛) 代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中! 「歌塾」(オンライン) 投稿『一首一会』(十二月二十一日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login