中国 公開
[search 0]
×
最高の 中国 ポッドキャストが見つかりました。 (アップデートされました 4月 2020)
最高の 中国 ポッドキャストが見つかりました。
アップデートされました 4月 2020
百万人のPlayer FMユーザーに参加してオフラインのときでも、いつでも に関するニュースや詳細情報を把握することができます。 妥協なし無料のPodcastアプリでPodcastをスマートに。 聴きましょう!
世界最高のPodcastアプリに参加し、お気に入りの番組をオンラインで管理し、AndroidおよびiOSアプリでオフラインで再生します。 無料で簡単です。
More
show episodes
 
CRI・中国国際放送局発の日本語ニュース。毎日北京からお届けします。いつでもどこでも中国の情報をキャッチしてみませんか? CRI・中国国際放送局の日本語放送は日本向けのラジオ放送です。周波数は中波で1044kHz、短波では7.190MHz。ニュースの初放送は毎日北京時間18時からです。 もっと多くの情報を知りたい方は、CRIオンラインhttp://japanese.cri.cnとhttp://Japanese.china.comをぜひクリックしてください!
 
2016年から2017年の間に放送された「Dr.劉のお悩み相談室」がリニューアルして復活しました!新しいアシスタント梅田謙さんを迎えて、今を生きる中日若者の悩み相談に対して意見やアドバイスを提供して行きます。急成長を遂げていく中国、そのような社会背景で日々生活をする若者たち、いったいどのような悩みを抱えているのでしょうか、どうぞ番組をお聞きください。
 
世界の電気自動車ニュースを毎週の金曜日に紹介します。英語圏の電気自動車(EV)トップ・ニュースをピックアップして日本語で紹介します。さらに、キーワード、トッピクス、トレンドも解説します。そして、関連トッピクの再生可能エネルギー、エネルギー効率等も紹介します。
 
Loading …
show series
 
中国は今、一致団結して新型肺炎との戦いに立ち向かい、様々な措置を講じています。その効果は徐々に現れはじめ、まだ油断はできないものの、収束に向かい始めたムードも感じられます。「若者の声」のコーナーでは、日本の若者の視点からいまの中国を伝える特別企画をお届けしています。ピークとされる期間を中国で過ごした、あるいは現在も中国に残っている日本人留学生たちに、自身の体験や現状、中国の取組みへの見方などを伺います。今回、お話を伺うのは中国伝媒大学で中国語学を学ぶ木本隆さん。日本の高校を卒業後、家系に中国の人がいたことからも、馴染みある中国での大学進学を決めました。それから中国・北京で暮らすこと8年。新型肺炎の流行状況を一から北京市で見続けています。木本さんは当時を振り返ると、住んでいる部屋から街の様子が…
 
新型コロナウイルスの世界での感染拡大が背景で、感染予防に効果的な物資とされるマスクが、今、人々の思いやりを国境を越えて伝えるメッセンジャーになっています。今回のゲストは日本の中国語会議通訳の草分けで、1955年から中国語通訳として両国の民間交流に数多く携わって来られた神崎多實子さんです。この3月以降、神崎さんの手元に中国の友人から続々とマスクが送られてきました。その数は3000枚余りに。まずは神崎さんが純文学の同人誌『越後文学』に特別寄稿したエッセー「天国からのプレゼント―マスク」を紹介します。続いて、神崎さんのインタビューをお送りいたします。
 
中国は今、一致団結して新型肺炎との戦いに立ち向かい、様々な措置を講じています。その効果は徐々に現れはじめ、まだ油断はできないものの、収束に向かい始めたムードも感じられます。「若者の声」のコーナーでは、日本の若者の視点からいまの中国を伝える特別企画をお届けしています。ピークとされる期間を中国で過ごした、あるいは現在も中国に残っている日本人留学生たちに、自身の体験や現状、中国の取組みへの見方などを伺います。今回お話を伺うのは、北京大学で国際関係学を学ぶ中馬健一さん。日本の高校を卒業後、北京大学に合格し中国へ。ご両親は中国人(日本国籍を持つ華人)ですが、中馬さん本人は生まれも育ちも日本で、留学生として北京にやってきました。中馬さんが今回の新型コロナウイルス肺炎の流行のピークを過ごしたのは広東省中山…
 
「新型コロナとの戦いがつながれた中日の絆」では、2月初めに日本から中国に寄贈用のマスクを北京に持ち帰ったのに続いて、今は北京から日本にマスクを届ける呼びかけを始めた谷岡一幸さんにお話を伺います。
 
「新型コロナとの戦い」特別企画の7回目、中国各地の春便り(武漢のバーチャル花見予告&黄河全線での氷解)や日本各地から届いたリスナーさんのお便りの抜粋に続いて、新型コロナと戦う中国の最新の様子でご案内します。
 
中国は今、一致団結して新型肺炎との戦いに立ち向かい、様々な措置を講じています。その効果は徐々に現れはじめ、まだ油断はできないものの、収束に向かい始めたムードも感じられます。「若者の声」のコーナーでは、日本の若者の視点からいまの中国を伝える特別企画をお届けしています。ピークとされる期間を中国で過ごした、あるいは現在も中国に残っている日本人留学生たちに、自身の体験や現状、中国の取組みへの見方などを伺います。今回、お話を伺うのは北京大学の大学院生、青木悠さん。日本の高校を卒業後、北京大学医学部に合格し中国へ。胃腸外科を専門に、学部生としての6年間と、修士課程の2年間と合わせて8年間を北京で過ごしてきました。学生生活と並行して北京腫瘤病院に勤務し、医者の卵として研鑽を積んできました。今回、新型肺炎の…
 
Loading …
Google login Twitter login Classic login