Download the App!

show episodes
 
国内ラグビー、日本代表、世界のラグビーなどの情報を、トークと取材音声でわかりやすくお伝えします。すてきなゲストも登場。ほかでは聴けない、楕円球にまつわるヒューマン・ストーリーや試合の解説もあります。 ラグビー情報番組と称した、藤島大のラグビー・ワールドをお楽しみください。
 
G'day, G'day ダグのラグビーポッドキャストへようこそ! 現在三菱重工相模原ダイナボアーズので通訳をしている、 ピックンダグラスです。 私の母国、ニュージーランドで大人気のスポーツ、ラグビーについて、様々なゲストをお迎えし語り合っていきます。 自身の日本語力を上げながら、ラグビーの魅力を日本中の人々に伝えたいという思いからこのポッドキャストを始めました。 未熟な日本語で恐縮ですが、楽しんでいただけると嬉しいです! #dougsrugbypodcast #ダグのラグビーポッドキャスト #ラグビー
 
Loading …
show series
 
Kia Ora! Welcome to Doug's Rugby Podcast Season 3! シーズン 1 と2 を聞いてくれてありがとうございます!まだまだ日本語は勉強中ですがさらにいいラグビーポッドキャストにできるように頑張りたいと思います! シーズン 3 からはインタビューの編集が終わった次の金曜日にエピソードをリリースします! 今シーズン1st ゲストは横浜キヤノンイーグルス新加入の元選手会長、川村慎選手です!しんさんと一緒にラグビーライフについて話しましたのでぜひお聞きください! Thanks for listening. Enjoy the show. Doug's Rugby Podcastウェブサイトはこちら↓ https://www.podpage.com/doug…
 
フットボール中継の実況者と解説者の目線で ラグビーをみると、なんて話です。 7月の代表戦を思い出しながら さらにファンを増やすために テレビ中継を利用した競技理解度の上げ方はいかに? なんて話をしています。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
今回のベンさんのシリーズは6回分あります(わお) 深夜の中継を終え、DAZNでフリークスをまとめ撮りしてから来てくれて 打ち合わせなしに僕の提案したテーマを4本、ベンさん持ち込みの話題で2本。 いつオンエアしてもいい話だ、と油断していたら もう少し前のタイミングで紹介すべきエピソードが(つまり今回の)1本あって しまった、と思ったのですが、なんとか自分達でオチをつけていたようです。 転ばぬ先の杖 そして、いつでもジョーカーを一枚隠し持っている印象の ベンさんはさすがのオールマイティ。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message…
 
小澤さんの心のクラブ、バレンシア 心のクラブとの出会いって ラブストーリーは突然に、で 予期できないものです。 偶然であり、必然のようにも感じられます。 なぜ、好きになったのか?も知りたいのですが それよりも なぜ、好きでい続けるのか? こちらの方がより興味深いですね。 さて、日本を代表するバレンシアニスタのひとりに 新監督はどう受け止められているのでしょうか? --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
ベンジャミン・メイブリーさんは勉蛇眠・明武理偉と漢字表記するのだそうです。 センスいいですね。 メイブリーさんという素敵な苗字の由来も教えてもらいました。 素敵なクラブ名や通りの名前が多いイギリスですが 背景にはローマ帝国などに侵略された歴史もあるのだそうです。 いつも知的なベンさんだから またしてもフットボールトークのような、 そうでないようなトークをお楽しみください。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
小澤さんはスペインで生活していた時代に サッカーの見方をどう学んできたのか 帰国してからライバルのジャーナリスト達と競うために 独自性をどう取って、どこを捨てたのか それからバルサの話 求められる現代の『9番』のスタイルとは? なんて話もしています。 カンプノウは観客が楽しそう それが一番大事なこと デンベレ、ガビ、ペドリはどう見えているか? それが今、一番聞きたいことでした。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
景色しかない!!(素敵なベンさんの表現)ウェールズのパブの話から。 パブ=パブリックハウスの定義は ドリンキングオンリーのスペースがあるか、ないか だそうです。 そしてイギリスのエール文化についてなど 今回のトークはパブオンリーですが面白いと思います。 ラジオ・クラッキーはいつも 打ち合わせをしないのですが 引き出しの多い ベンさんだから、聞き手はとても楽ちんです。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
今は我が家の一番幸せなひととき も少しこのままいさせてと 祈っていたのでしょう さだまさしさんの名曲『親父の一番長い日』のフレーズです 今がこの家族で暮らす日々で一番幸福な時じゃないかな? なんて感覚は なそこはかとなく感じるもののようです。 父や母と暮らした時代にそんなことを思ったことがありました。 そんな話からフットボールトークへ カゼミーロの去ったマドリーのこれからのサイクルについて 小澤さんとトークしてみました --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
こうすべきだけど、できない 地上波の中継は影響力が大きいから できるならこう演出したい、とか 人材はどう揃えていくべきか、とか 元局アナというもどかしい立場の二人が 解決策をあれこれ模索しています。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
多くの取材を受ける下田さんですから これはよくされる質問だと思います。 僕は回答がコロコロ変わるのですが 下田さんいつも2012年味スタでの試合を選ぶのだそうです。 世界が注目するビッグマッチが必ずしも一番にはこないのも 実況あるあるです。 『一番は?』シリーズの質問は安易ですが 解答者が優れている時は どんなレベルの話をしてもらえるのか、 興味深くて、ついつい窺いたくなるものなのです。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
絵物語や短いコマの少女マンガしかなかった時代に 闘う少女を主人公にした最初の作品と言われる 手塚治虫先生の『リボンの騎士』。 少女の瞳の中で輝くキラキラした星は この作品から生まれたのだそうです。 いたずら好きの天使チンクの仕業で 男の子と女の子の両方の心をもって生まれた 王女サファイア 男子しか王になれない王国で 王子として振る舞いますが 疑惑をあばこうとする悪大公一味が。 サファイアは恋もします。 作品を読む楽しみとあわせて 矢野さんの解説をどうぞ。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
前回の続き。 下田さんストーリーと実況論、やってます。 どれだけ振ったか? 何のはなし? 野球じゃなくてボールホルダーを追う話です。 空振りも怖いけど 打率10割を目指したいと思う実況者としての煩悩。 それでもゴール前での正確さがズバ抜けている下田さん 作り出すエネルギーとその管理が知りたくて いろいろと伺ってます。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
細江さんとまず回文をお題に他愛ないトーク 収録している時にはまだはじまっていなかった韓流ドラマ ウ・ヨン・ウの話ができていないのはとても残念。 さて、発売中のナンバープラスで 細江さんが改めて辿った『オシムさん』とは? 本質を求めて取材という旅をした細江さん そして見つけた ペップやクロップという現代のトレンドとオシムさんの示した本質の違いは?! と言う話です 面白いです。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
南野選手が移籍したモナコについて 中山さんに伺いました。 僕もバカンスにでかけたことがある都市なので いろいろと口を挟んでワイワイ話してます。 南野選手を応援にいずれモナコに出かけようとお考えの方に 旅のお供になりそうな モナコミニミニ情報をまず中山さんと話しています。 それからフットボールな話へというお品書きの一本です。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
今回は細江さんからお題を頂きました。 好きなことを仕事にすることについて話してください と言われて あやふやさが好きだという話を大真面目に話しています。 アナウンサー受難の時代に何を思ったか?なんて話です。 そして、 なるほど細江さんはこのように取材をする方なのだと 勉強にも刺激にもなりました。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
このPodcastを始めるきっかけは 下田さんとご一緒したnoteイベントでした。 それからだいぶ経ってしまいましたが やっとラジオ・クラッキーにお招きできました。 現在のトップランナーである実況者に 話を伺うにあたって 四回に分けてテーマを構成したのですが 武士は相身互いというか 分かり合えることが多くて ひとつも話し終えていない印象です。 まずはそろそろとプロフィールパートから どうぞ。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
プレシーズンマッチでは日本のファンを大いに沸かせたPSG スポーツやサッカーのジャンルに留まらず 本物はいつの時代でもたくさんの関心を集めるものです さて、まもなく開幕 監督も変わり PSG今季の本音はどこにあるのか? どんな目標を選んだと推察できるか? リーグアンにあかるい中山さんに伺いました。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
木村和司さんを追いかけていた少年時代の細江さん 誰でもアイドルを追いかける時期があり その周りにあった風景、光景のお話を伺うのは 楽しい時間です。 というわけで 渡辺満里奈さん デル・ピエロ 少女時代 シルヴィ・ギエムなどのお話を。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
スペインでの代表中継と日本との違いを伺いました。 試合のビフォー&アフターなど 中継の違いはどこから生じるのか UEFAや FIFAの映像の作り方、 リプレイの数、分析の仕方、 思い入れが強い話題なので 結構突っ込んで話しています。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
バカボンのパパをマジメに研究するのだ。 昭和47年、最初はホームコメディのテイストだった天才バカボン 連載も少年マガジンだったり少年サンデーだったりする時期があります。 ライバル誌での移籍は禁断ではなかったのでしょうか? パパって何者? そして声優の 雨森 雅司(あめのもり まさし)さんが原作に与えた 影響の大きさとは 矢野透さんの研究レポートです。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
エンバペは何故PSGに残ったのか? 長くリーグアンを取材している中山さんに ずっとラヴコールを送っていたレアル・マドリーを袖にして PSGと再び契約したエンバペをめぐる大騒動について伺いました そこにはカタール資本とワールドカップという 理由があったとか… --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
フリーのライターは会社員の時より寂しい、とまず一言。 ジャンルを問わずインタビューを引き受けている細江さん。 なかなか勇気がいることです。 根掘り葉掘りは調べない 依頼主の狙いを優先させる 元々編集者としてのアプローチが影響しているそうです。 自分の取り組み方に自信を与えてくれた テレビ番組の話もしてくれました。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
馬の背を分けるような夕立でもボールを蹴っていた少年だった小澤さん。 今もシニア選手として、そしてパパコーチとして、 サッカーをプレーする喜びを子供たちと共有しています。 どんな線引きをしながらコーチングをするのか? 集団で学ぶべきことは? 習い事として考える親御さん達とどう向き合って いるのでしょうか? 親子で交わっていく大切な時間 取り止めもない質問にも真摯に答えてくれました。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
愛ゆえに人は苦しまねばならぬ 21−22シーズンのマンチェスター・ユナイテッドについて 粕谷さんは言いたいことが山のようにあるようです。 何が起こったシーズンだったのか ラングニックはどこで間違えたのか 背景とこれからの希望について伺いました。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
21節終了時での定点観測 10月23日で終わってしまう今季のJ2は特殊なシーズンです。 ジェフのオフィシャルライターである細江さんは 今季の傾向をどうみているのでしょうか。 さらに他の国のリーグのセカンドディビジョンとは どんな違いがあるのでしょうか? 伺ってみました。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
日本のメディアはサッカーにおいて この国で最も人気のあるチームは代表チームだと考えています。 スペインの場合はどうでしょうか? 「ルイス・エンリケ監督はリップサービスをしないので郷土愛を産まない。 だからNO1の人気チームとは言えない」と小澤さんは分析します。 W杯で優勝した歴史があっても人気の持続は難しい。 贅沢な悩みです。 現在の実力についても伺っています。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
もういくつ寝ると、 と開幕を楽しみにされている方も多い イングリシュ・プレミアリーグなのですが コンテンツホルダーがめまぐるしく変わり 視聴者にとっては環境がひとところに落ち着きません。 いいことだとは思えませんね。 そんな国内の話題はひとまずおいて 国際社会にも大きな影響力を持つコンテンツであるこのリーグに このところどんなことが起きているのか? 粕谷さんに伺いました。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
視聴者の数ほど一時期よりは減ったかも知れませんが イタリアセリエAは変わらず面白いです。 大きな変化はユヴェントスの連覇が潰えて ここ2シーズンはミラノ勢へと優勝チームが変わったこと。 その背景にあるものは何でしょう? 細江さんが気になっているクラブと合わせて 振り返って頂きました。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
マルセロが別れを告げたレアルマドリー。 一方、バルサの力になりたいと シーズン途中に帰って来たダニ・アウヴェスも二度目のお別れ。 つい感傷的になってしまうファンも多いでしょうね。 21−22シーズンのラ・リーガを小澤さんはどう見たのでしょうか? 雑感で!とお願いしてまとめて頂きました。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
「今季のリヴァプールには敬意を払わざるを得ません! ただ、働き者ゆえに来季のスケジュールは油断できませんよ」 なんて褒め称えながらも、粕谷さんらしい一言。 クロップはいかにして口煩いOB達を納得させたのか、とか いろいろ聞いてみました。 それから正しくは ルイス・フェルナンド・ディアス・マルランダ えっ?何のことかって? それは聞いていただければ… --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
隣の芝生はどう見える? 時々プレミアリーグ中継をお手伝いしている 気紛れな質問者があれこれと伺いました。 優勝はシティ! リヴァプールとのマッチレース 明暗を分けた要因は? といったオーソドックスな質問から 重箱の隅を突ついたり‥。 なんでも答えてくれるから ホント、ありがたいです。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
Kia Ora! Doug's Rugby Podcast へようこそ!今シーズンから新しい企画を始めました。新しくなったリーグのDiv2をメインとしたレビューをお送りします。 でも僕の未熟な日本語でお伝えするのは心もとないのでプロのアナウンサーでもある三菱重工相模原ダイナボアーズの広報の長澤彩子さんをお招きします。 あやさんと一緒にD1への昇格について話しましたのでぜひお聞きください。 Thanks for listening. Enjoy the show. あやさんのTwitter↓ https://twitter.com/nagasawayako あやさんのInstagram↓ https://www.instagram.com/ayako_nagasawa/ Doug's Rugb…
 
忘れられない試合は何ですか? 突然聞いたわけではないけれど あまり考える時間もない状態で行う セッション系トークって楽しいです。 中山さんはW杯2014ブラジル大会SF ミネイロンの悲劇だそうです。 僕も現場(観客席)にいました。 中山さんの(意外な?)ブラジル愛をたっぷりと。 小澤さんは2010年南ア大会決勝 すでに日本に帰国していましたが スペイン国内での熱量を知りたくて 決勝戦はマドリードで見ていたそうです。 フランスがそうであったように ワールドカップはその国の変化に影響する文化です。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message…
 
Kia Ora! Doug's Rugby Podcast へようこそ!今シーズンから新しい企画を始めました。新しくなったリーグのDiv2をメインとしたレビューをお送りします。 今週は一人でプレビューエピソードにチャレンジしたいと思います! Japan Rugby League One最終ラウンドのプレビューをぜひお聞きください! Thanks for listening. Enjoy the show. Doug's Rugby Podcastウェブサイトはこちら↓ https://www.podpage.com/dougs-rugby-podcast/ Doug's Rugby Podcast のインスタはこちら https://www.instagram.com/dougsrugbyp…
 
今回は音楽の話 若かりし日 ヤマハティーンズフェスティバルを目指した細江さんのエピソード サッカーをやりながら音楽もやりたい! しかし地区大会を突破できず どんなレベルの人たちが各地の予選を突破したのか?と 本大会を見に行くと そこにはaikoさん、 椎名林檎さんの姿があったそうです。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
Kia Ora! Doug's Rugby Podcast へようこそ!今週の入替戦に向けてNTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安の通訳、鈴木啓太ジョシュアさんと一緒に今シーズンについて振り返りました! 楽しく語り合うことができたのでぜひお聞きください。 Thanks for listening. Enjoy the show. Joshのインタビューエピソード↓ https://open.spotify.com/episode/6COQ3dlALPrVOPjyxgAI1n?si=668e8ef0804441f5 鶴谷選手のインタビューエピソード↓ https://open.spotify.com/episode/7orm04YbfcBKQzVHGqZJm5?si=c8c…
 
野球少年からサッカー小僧へ なんと!福田正博さんと同じ中学 中2でJリーグ開幕、その頃できたFC湘南へ そこからやんちゃな人生へ ちっともこれっきり、これっきり、 じゃない細江さんのこれまでを伺ってみました。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
今年はワールドカップイヤー イングランド代表はプレミアリーグの進化と強度、 そして 才能ある若手が他の国のリーグでしなやかな成長を 続けていることなどから期待を集めています。 そこで粕谷さんに 代表チームの印象や サウスゲート監督の評価 お薦めの選手などを伺いました。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
Kia Ora! Doug's Rugby Podcast へようこそ!今シーズンから新しい企画を始めました。新しくなったリーグのDiv2をメインとしたレビューをお送りします。 でも僕の未熟な日本語でお伝えするのは心もとないのでプロのアナウンサーでもある三菱重工相模原ダイナボアーズの広報の長澤彩子さんをお招きします。 あやさんと一緒にリーグワンの話をしましたのでぜひお聞きください。 Thanks for listening. Enjoy the show. あやさんのTwitter↓ https://twitter.com/nagasawayako あやさんのInstagram↓ https://www.instagram.com/ayako_nagasawa/ Doug's Rugby P…
 
2014年から ジェフユナイテッド市原・千葉の オフィシャルライターである細江さんに 現在のJ2はどう見えているのかを聞いたところ レベルがどんどん上がっている! 一方で継続的なチーム編成に課題があると すぐに答えが返ってきました。 なるほど。では、ファンの分母を増やすには? とも聞いてみたところこれも即答。 打ち合わせをしてない収録なのに細江さんも 他の方々も凄いなあと感心します。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
サッカーならぬプロレストーク。 粕谷さんがサッカー雑誌に携わる前のお仕事は なんとプロレス。 担当していた時代はちょっと前の新日の黄金期。 佐山タイガー、そして藤波・長州名勝負数歌。 ロープに振って返ってこないUWFと違って 何をふっても返ってくる会話の心地よさ。 プロレス雑誌で活躍して頃の話なんて 滅多に聞けませんよ --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
多くの取材をされているお二人の取材の記憶は 千枚のクレープという意味の ミルクレープよろしく積み重ねられていて それが言葉やテキストの力の根拠になっています。 中山さんは94年アメリカ大会が初めてのワールドカップ取材で フィルム回収係として参加されたとか。 小澤さんは駆け出しの記者だった頃、 スペイン語のどこで苦労をしたのかなど なかなか興味深いお話でした。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
Kia Ora! Doug's Rugby Podcast シーズン2へようこそ!今年もこのポッドキャストを通じて僕の大好きなラグビーの魅力をお伝えしたいと思います!今シーズンもよろしくお願いします。 本日のゲストは三菱重工相模原ダイナボアーズのプロップ、細田隼都選手です。地元神奈川県出身のHorseは慶應幼稚舎時代にラグビーと出会いました。大学生までラグビーを続けましたが、卒業後はオファーを断り、就職を希望。しかしとある縁で再びラグビーの道へ進みます。Horseのこれまでのラグビー人生について聞くことができたので、お楽しみください。 Thanks for listening. Enjoy the show. Doug's Rugby Podcastウェブサイトはこちら↓ https://w…
 
ひとり語りお品書き・マンスリートピックス・さらばサニックス・ウクライナのミスター・ラグビー死す「ラグビーと戦争」・TMO(ビデオ判定)長すぎる・冒頭の言葉についてラジオNIKKEI による
 
サッカージャーナリストの細江さん、二回目です。 イタリアのカルチョにあかるい細江さんと 今回はイタリア、セリエAがお題にしたのですが あまりに引き出しの多い話題なので初回はざっくりと イタリアの旅の話から始めます。 そして少し懐かしい時代の話を交えながら 今季のセリアの順位などについて。 細江さんさえよかったら 来季はイタリアの話題は定点観測にしようかな。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
サッカー雑誌の編集長だった粕谷さんに 売れる本はどう作っていたのですか? と聞いてみました。 要因、勝因、数々あれど 『顔面偏差値』の話は笑っちゃいました。 『俺のプレミアリーグ』トークに移るまで 9分も話しています。 プレミアは何故、強いのか? 今後に影を落とすものは何か? なんでも即答してくれるので 聞き手の興味がつい フラフラしてしまうのです。 --- Send in a voice message: https://anchor.fm/85977/message
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login