show episodes
Loading …
show series
 
今回のフレーズは、バッキングとソロを兼ねています。それぞれのパートとベースが絡み合いながら曲をサウンドするようにしてあり、全体的に独特なもの仕上がっています。まさに「ちょっと弾けるとかっこいいフレーズ」になっています。
 
今回のフレーズは、ロックですが、ファンクよりのラインをベースは弾いています。また早ノリや後ノリなど、今回はリズムの位置による効果の違いを中心に解説しています。
 
今回のフレーズは、ラリーカールトンの名曲『Room 335』のコード進行を使ったソロです。このコード進行は転調を含んでおり、細かいコードチェンジもあり、コード毎にアプローチをしたくなってしまいます。その結果、大きく捉えたソロをしずらくなりますが、今回は逆に大きいソロフレーズを主体としたフレーズに仕上げました。体感時間が短くなっておもしろいですよね。
 
今回のフレーズは、ラリーカールトンの名曲『Room 335』のコード進行を使ったバッキングです。通常、楽譜に書いてあることは細かいニュアンスを表記してあることはほとんどありません。今回は、そんな楽譜から実際の表現を考えていく上での、代表的なニュアンスを取り上げています。
 
今回のフレーズは、ポップスのコード進行でのソロです。時代によって、音色は大きく変わっていきますが、コード進行はそれに比べると 変化のスピードは早くありません。今回のソロの方法は、ありふれた方法ですが、より音楽のイメージを優先し、より簡単に捉えたものを紹介します。
 
 この番組は「ベーシストのためのお得なフレーズ仕入れ先『アマルナ本舗』」の過去の配信を再配信したものです。  この復刻版もお陰様で本編に追いつく放送回数を重ねる事ができました。これからは本編の方でお楽しみ頂ければ幸いです。本編は、iTunesで「アマルナ本舗」で検索して頂ければ試聴することできます。  御意見やご感想、または「こんなフレーズを扱って欲しい」というリクエストがあれあば下記よりお問い合わせ下さい。これからもをご愛聴頂ければうれしいです。  引き続きぜひ『アマルナ本舗』をお楽しみ下さい。     hompo@amaluna.biz
 
今回のフレーズはロックのバッキングです。非常にシンプルなフレーズですが独特なノリが感じられます。この要因はどこから来ているのでしょうか?    ポイントは、      1. ミュート      2. アクセントの位置      3. 音使い
 
今回のフレーズはソロです。今回はそれぞれのコードのキャラがはっきりしているコード進行を取り上げました。ソロをとる上で重要なアイディアを分析してみましょう。    ポイントは、      1. モチーフのくり返し      2. コード分析      3. スケールとアイディア
 
今回のフレーズはソウルのバッキングです。いろいろなノリがある中で、同じフレーズでもどう歌って行くかというのは非常に重要な事です。    ポイントは、      1. ユニゾンフレーズのニュアンス      2. 音符の歌い方      3. コード進行とその役割
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login