ボイスタレント 公開
[search 0]
もっと

Download the App!

show episodes
 
ヴォイスプロデュースカンパニー「VoiceVoice」の新人タレントたちが配信するUST番組「VVnetTV」の反省会の模様や、代表・益田真里子が朗読したい本などを紹介する番組「マリコノメセンデ」を配信しま〜す♪
 
Loading …
show series
 
Podcast「マリコノメセンデ」、いつもはPodcastの師匠と本や朗読、その周辺のお話をしていますが、今回と次回はスピンオフヴァージョンで配信。 8月のCesta朗読ライヴにゲスト出演してくれたVoiceVoiceのかやりんかちゃんとライヴの話をしております。 かやたちゃん、実は怪談が大嫌いで、「怪談朗読やろうよ」と言ったら「ひいいいいいっっ」と悲鳴を上げていましたが、 最後は「お客様を怖がれせちゃうぞ〜〜!!」と思うほどになりました。むふふ。 次回は、同じく怪談朗読にゲスト出演してくれたつかさんこと赤塚えりなと朗読の話をしま〜す♪ seesaa_tablet_audio_player('http://voicevoice0701radio.up.seesaa.net/image/E7A…
 
ずいぶんご無沙汰してしまいました。 マリコノメセンデ第29回は「詩とその周辺のお話」です、 7月に開催した朗読ライヴは、このPodcastでお馴染み、師匠の足立さんを演出とゲストにお迎えして、 「詩の朗読ライヴ」を開催しました。 番組の中でも話していますが、「詩の朗読は敷居が高い」と思っていたのが、この朗読ライヴのおかげで、 ぱあ〜〜っと霧が晴れたように楽になりました。 詩だけでなく、難しいな〜と思っていたエッセイの朗読も、「物語」だと捉えれば朗読が難しいわけではない、 という気持ちにもなりました。 今回は本の紹介はありませんが、その詩の朗読ライヴのお話とその周辺のお話をしております。 次回の朗読ライヴは9月28日(日)19時から、「月」をテーマにVoiceVoiceのあぼともこをゲストに迎…
 
ま〜〜暑いね、名古屋の夏は!! 梅雨は明けたけど、じめっとしとるでいかんがね〜〓 収録したときは秋葉原の朗読ライヴがまだ終わっていなくて、「ちゃんとおわってるかな〜」と ドキドキ半分ワクワク半分の頃だったわけですが、秋葉原朗読ライヴからもう1ヶ月も経ってしまったなんて〓 今はもうクリスマスライヴの準備を始めています〜〓 暑いけどね^^;。 さてさて今回の「マリコノメセンデ」はマンガをご紹介。小学館はビックスピリッツで連載中の片山ユキヲ作「花もて語れ」です。 マンガ?なんて言わないで、ぜひ一度お手に取っていただきたいです!! いまだかつてこんなに「朗読」を緻密に表現した本はありません!!(小説も含め・多分ね^^;)。 読み終わる頃には「朗読やってみようかな?」と思う人、続出のはずです〓 (今回…
 
久しぶりの更新です。 マリコノメセンデ第27回は、村上春樹「中国行きのスロウボート」より「午後の最後の芝生」です。 夏・芝生・ジンライム(だった気がする)・・・夏になると読みたくなる作品。 真夏の庭で、じりじり焦げるような暑さの中、一心に芝生を刈る男の子と、アメリカ人のマムみたいに太った女と、 微かに甘いアルコールの匂い。 師匠は村上春樹を結局読んだ・・・のかな? 第27回「午後の最後の芝生」.m4avocievoice による
 
私の独断と偏見で選んだ本の事とその周辺の事を、Podcastの師匠とうだうだと喋るマリコノメセンデ第26回は、 5月30日に、覚王山の古本カフェバーCestaさんで開催した定期朗読ライヴ「VV Apertment別館・メセンデ嬢の部屋」で読んだ W村上のうち、村上龍の短編「空港にて」についてお話しています。 村上龍ファンの師匠のトークが炸裂し、30分強の番組になっておりますので、お時間のあるときにでもお聴きくださいませ♪ また6月27日(金)にせまった秋葉原での朗読ライヴ「VV Apertment」についての告知と、7月のCestaさんでのライヴのお話もしています。 7月は13日(日)20時から、初の師匠演出で「詩を読みます。声に出して」を開催。 ちょっとしたサプライズがあるかもかもかも・・…
 
ちょっと間が空いてしまいましたが、マリコノメセンデ第25回は田辺聖子の短編集「孤独な夜のココア」から「おそすぎますか?」をご紹介します。 4月上旬に収録したので、ちょっと季節感のずれた話題が入っていますが、ご容赦くださいませ。 「感情の貯金はできないんだなぁ。特に男の人は」というお話です。 ちなみに、朗読ライヴではこの短編の中の「春告げ鳥」を読みました。この短編は、不倫がテーマですが、主人公が色々あったであろうと想像しつつも、清々しくしていて、読み終わってからちょっと驚きました。 この短編集はどれも短いですが、女性が優しすぎて(師匠が言うには、男の理想の女性、だそうです)、そんなに甘やかせられないわと思う半面、女性の方がたくましいから、結構平気なのかな、と思ったりしています。 seesaa_…
 
GW最終日、いかがお過ごしでしょうか〜? 約1ヶ月前に収録したので、少し季節感などずれたお話になっていますが、 マリコノメセンデ第24回は、谷崎潤一郎「刺青(しせい)」をご紹介しています。 本編最後にちらりとお話ししていますが、6月27日(金)秋葉原での朗読ライヴに先駆け、 名古屋で朗読ライヴ「VVアパートメント」公開リハーサルをします。 6月19日(木)19時〜21時 千種文化小劇場練習室 入場無料 時間は少しずれるかもしれませんが、だいたいこんな時間帯です。 またあらためて、VoiceVoiceのHPやFacebookなどで告知していきますが、ぜひぜひお越しくださいませ。 seesaa_tablet_audio_player('http://voicevoice0701radio.up.…
 
Podcastマリコノメセンデ。今回は穂村弘さんのエッセイ「絶叫委員会」をご紹介します。 朗読に向いている本、向いていない本、という話を以前しましたが、エッセイもまた、朗読には向いていない本だと思います。 でも、すっごく面白いエッセイだったのでこの収録のあとの4月20日、朗読してみてしまいました。 そのライヴの様子は、またyoutubeやニコニコ動画にupしますので、ぜひ観てみてください。 今回のpodcastは、ライヴをやる前に、ど〜やろうかこ〜やろうか、と師匠とあれこれ考えている感じです。 で・・・。この中で話している「詩の朗読」については、7月に師匠の演出で朗読ライヴやる!! と思います。 いつも「やれやれ」って人を焚き付けるばっかりなので、巻き込んでやる〜〜^0^ seesaa_ta…
 
桜も満開、やっと気持ちのいい季節になりましたね^^。 マリコノメセンデ第22回(配信では21回と言っていますが間違いです^^;)は、 江國香織「冷たい夜に」から「デューク」をご紹介しています。 この短編は、3月28日のスパ&フィットネス「福の湯」さんでのプレ朗読ライヴで読ませていただきました。 本編でも話していますが、すごく好きな作品だけに、朗読するのがとても難しかったです。 この短編集は、どの話も短いのに、ぐっっと心に残る作品ばかりなので、未読の方、ぜひ一度読んでみてくださいね。 seesaa_tablet_audio_player('http://voicevoice0701radio.up.seesaa.net/image/E7ACAC22E59B9EE3808CE586B7E3819…
 
こんばんは。 VVnetRadioの新コーナー「VVアパートメント」です。 1000の部屋があるVVアパートメントでは、1000の住人が、仕事の合間に、帰宅してから、はたまた早朝に、それぞれのプライベートな時間に、自室で朗読をしています。 練習中だったり、すごく読み込んでいたり・・・。 今回は0003号室に住む像の飼育員が読む、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ「星の王子様」です。 seesaa_tablet_audio_player('http://voicevoice0701radio.up.seesaa.net/image/VVE382A2E38391-E383BCE38388E383A1E383B3E383880003E58FB7E5AEA4.mp3');…
 
春らしい暖かさになってきた、日曜日の昼下がり、いかがお過ごしでしょうか〜^^。 ゆる〜く流れる時間の中で、遅めのブランチをとりながら、マリコノメセンデはいかがでしょうか? 今回は星新一「声の網」をご紹介しています。 本編でもお話していますが、この本が1970年に出版されているなんて、星新一の頭の中はどうなっていたんだろう〜と 何度読んでも驚いてしまいます。 あ、前回も言いましたが、第20回ではなく正しくは第21回です^^; seesaa_tablet_audio_player('http://voicevoice0701radio.up.seesaa.net/image/E3839EE383AAE382B3E3838EE383A1E382BBE383B3E38387E7ACAC21E59B9…
 
マリコノメセンデ第20回は、西加奈子作・「しずく」から「木蓮」をご紹介します。光文社文庫(カッパノベルズ)です(ペンギンノベルズではありません笑)。 本編では「第19回」と何度も言ってますが、20回の間違いでした、すいません^^;。 大雪の日の録音だったのですが、なぜか工事の音がうっすらずっとBGM的に入っていた!! ので、気になる方がいたらごめんなさい^^;。 今回ご紹介した「木蓮」は、3月24日(月)20時から、覚王山古本カフェバーcestaで再演朗読しますので、 お時間がありましたらぜひお越しください^^。 seesaa_tablet_audio_player('http://voicevoice0701radio.up.seesaa.net/image/E7ACAC20E59B9EE…
 
こんばんは。マリコノメセンデ第19回は新潮文庫から出ている、筒井康隆著「家族八景」より「水蜜桃」です。 筒井康隆の作品の中でも特に有名な「七瀬三部作」の中の第一作目。 最初に読んだのは中学か高校くらいだったか・・・。 人の裏側のえぐさに、思春期の頃の私は、圧倒されつつ、何度も何度も読み返しました。 三部作の中でも特に好きなのが「家族八景」です。 今回ご紹介した「水蜜桃」の他の作品も、本当にううっとえぐい作品ばかりなので、ぜひ読んでみてくださいね。 それにしても今更ながら・・・私、興奮すると早口だわ・・・^^;。 seesaa_tablet_audio_player('http://voicevoice0701radio.up.seesaa.net/image/E3808CE5AEB6E697…
 
※先日UPしたpodcast、BGMの編集がよろしくありませんでしたので、再編集いたしました。 マリコノメセンデ第18回です、こんばんは。 今年から、毎回1冊ずつ、朗読した、または、していきたい、できないけど紹介したい、という、マリコノメセンデ選んだ 「本」をご紹介していくのですが、第2回は、新潮文庫から出ている「まぶた」より「匂いの収集」。小川洋子作。 この本は、昨年末、覚王山のCestaさんで朗読させていただきました。 匂いの収集を専門とする彼女とその彼の、倒錯した恋愛小説。 ちょっとエロティックな場面もあり、ラストはドキッとするという、とても魅力的な話。 長さも調度いいので、これは折に触れ読んで進化させていきたいと思っている作品です。 ぜひ読んでみてくださいね。 seesaa_tabl…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login