×
ピアノ 公開
[search 0]
×
最高の ピアノ ポッドキャストが見つかりました。 (アップデートされました 2月 2020)
最高の ピアノ ポッドキャストが見つかりました。
アップデートされました 2月 2020
百万人のPlayer FMユーザーに参加してオフラインのときでも、いつでも に関するニュースや詳細情報を把握することができます。 妥協なし無料のPodcastアプリでPodcastをスマートに。 聴きましょう!
世界最高のPodcastアプリに参加し、お気に入りの番組をオンラインで管理し、AndroidおよびiOSアプリでオフラインで再生します。 無料で簡単です。
More
show episodes
 
世界中を優しさで満たすことを目的に、静かで知的で優しく美しいピアノ曲を、万葉集と同じ4536曲を目標に、毎日創って世界中に公開しているサイトです。これまでに2100曲(@2019.9月)を公開し、既に世界中の人々から700万再生頂いています。是非あなたにも楽しんで頂ければと思います。
 
= Classical Music Sound Library =Classical Music Free License MP3 DownloadsJ.S.バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン…クラシックの名曲を高音質mp3でダウンロードできる無料音楽配信です観賞用としてまたライセンスフリーの音楽素材としてご使用いただけます最新のデジタル技術で制作した、リアルでクリアなサウンドをお楽しみください
 
Loading …
show series
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「やがて、彼はあの光に気づいた」 いつだって穏やかで優しく美しいフランです。 ◆創作メモ:ここに載せてみます。 もっともっとひとつひとつの音が美しくなってくれないといけない。特に複数の音を重ねたときのひとつひとつの音の大きさのバランス。それぞれ適正な強さでなければならない。でもなかなかそうはなってくれない。こころの中ではもっと綺麗に澄んだ音のはずがだんごになって濁ってしまう。それは嫌だ..それは想いとは違う..だけど広げなければ未来はない..あと2200曲の流れの中で奇跡に出逢えることを願っている。そしてあなたは涙を流す.. ◆写真: 昔の写真を発掘しています。 ではでは.. ☆☆☆☆☆ ■PS1:古本屋へ行ったけど…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「不思議な成り行きの中で」 いつだって穏やかで優しく美しいフランです。 ◆創作メモ:ここに載せてみます。 不思議なものでこころの状態によって降りて来てくれる曲は全く変わってしまう。こればかりはしかたがないのでしょう。今は毎日を穏やかに静かに暮らしているので完全にそういう曲調になります。これは大変にありがたいことですが、曲としていつも同じようだと聴いて頂くかたからするとどうなのだろうかなとは思います。でもまあテクニックとかあるわけではないので自分ができることは限られているのですが。 「わたしのこころ」という曲があります。これは本当に嬉しい気持ちに溢れて想いがそのまま出てきた曲なのです。こういう曲がまた降りて来てくれると…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「気をしずめ、心をひらいて耳を澄ませば、聞こえます」 いつだって穏やかで優しく美しいフランです。 ◆創作メモ:ここに載せてみます。 自分のこころの中の想いをそのままリアルタイムで音楽の中に閉じ込めてあなたのもとへと送り届けられる。作為的にあれこれ考えることはしない。またやればすぐに底が知れてしまう。ありのままのその瞬間のこころの中の想いが音へとリアルタイムに変換される。自然の中の、おだやかな滝の流れ、風の通り道、雲の影..それを眺めて涙する世界にあなたを導きたい。自分の想いで満たされたその世界へあなたを誘う。そしてあなたのこころに届いてほしい。涙してほしい。こころをやすめてほしい..愛を感じてほしい.. ◆写真: 昔…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「どこかに魔法使いがいる」 いつだって穏やかで優しく美しいフランです。 ◆創作メモ:ここに載せてみます。 人間にとってもっとも心地よい場所は生まれる前の母親の胎内なのでしょう。これは根源的で本質的なもの。そしてそこは母親の愛情の満ちた世界。胎児にとってこの世界の記憶としては外界からの情報は音が支配的。産まれた後は視覚から多くの情報が後付的に入力されるのですが、最初は音です。それもたぶん母親の心臓の鼓動。こう考えると、人間にとって、純粋に素朴に美しいと感じられる音楽は無意識ではあるが胎内環境と同じ気持ちとなる音楽なのでしょう。自分が胎児だったころの記憶はないのですが、自分が美しいと感じる音楽はきっとその時のものなのでし…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「そこに戻ろうとしている別の場所から」 いつだって穏やかで優しく美しいフランです。 ◆写真: 昔の写真を発掘しています。 ではでは.. ☆☆☆☆☆ ■PS1:なんもない。 ■PS2:ようやくの下のちびさんの誕生日会。嬉しい時間でした。 ■PS3:困りました。ですが、最新の生まれた日の曲を3回聴いてもらえればわかります。Chair House による
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「彼は自分がつくりあげた世界に住んでいるんです」 いつだって穏やかで優しく美しいフランです。 ◆写真: 昔の写真を発掘しています。 ではでは.. ☆☆☆☆☆ ■PS1:ようやっと岸恵子さんの「わりなき恋」が届きました。ちょっと厚い文庫本で驚きましたが、これから毎日少しずつ読めていけたらなと思います。でも映画とかないのですかね。かなり妖しい映画なのでしょうけど。 ■PS2:ラグビートップリーグ面白い。4試合をダゾンで見る。注目はパナソニックVS東芝。東芝はかなり頑張って最初リードしていましたが、結局はパナソニックの勝ち。すごい試合でした。神戸も順当に勝ちました。見ていると体力がある前半はあまり大きな点差にはならないのだ…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「それから、いきなり話し出した」 いつだって穏やかで優しく美しいフランです。 ◆写真: 昔の写真を発掘しています。 ではでは.. ☆☆☆☆☆ ■PS1:今日はラグビートップリーグで重要な試合がたくさんあります。ダゾーンは3試合程度しか中継してくれない。テレビはBS中心に1~2試合程度は中継してくれる。良く調べてたくさん見れるようにしなければ。すごい試合が続きます。世界中の名選手がたくさん死にもの狂いで頑張ってくれているのだから見なければなりません。あれ、今日は秩父宮であるかな。調べようっと。 ■PS2:ペットボトルのお茶が好きで困ります。「生茶」がお気に入り。「綾鷹」は美味しすぎて飲みすぎてしまうのでちょっと避けてい…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「自分にだけ聞こえる遠くの声に耳を澄ました」 いつだって穏やかで優しく美しいフランです。 ◆写真: 昔の写真を発掘しています。 ではでは.. ☆☆☆☆☆ ■PS1:谷崎潤一郎が松子さんの送った手紙の中に松子女神様を崇拝していることが良くわかる表現があります。それをちょっと並べてみます。 「私には崇拝する高貴の女性がなければ思うように創作が出来ないのでございますが それがようよう今日にあって始めてそういう御方様にめぐり合うことが出来たのでございます」 「私に取りましては芸術のためのあなた様ではなく、あなた様のための芸術でございます。もし幸いに私の芸術が後世まで残るものならばそれはあなた様というものを伝えるためと思召して…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「彼に興味をもっていただいてうれしく思っています」 いつだって穏やかで優しく美しいフランです。 ◆写真: 昔の写真を発掘しています。 ではでは.. ☆☆☆☆☆ ■PS1:「クローザー」という米国の2005年頃からの古いロス市警ドラマ。CIA仕込みの容疑者への尋問技術をマスターした女性敏腕殺人特捜班班長の物語。古いからなのだけど、毎回の話が素朴で力強くアイデアに満ちていてそら興味深い。こういうドラマが過去に存在しているので、現在では刑事ドラマとかはやはり創りにくいでしょう。とても面白いドラマ。 ■PS2:昨日頑張った。ちょっと料理したりもした。ちびさん食べてくれました。今日は確定申告の実行日。まあ資料創ってあるので大丈…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「それでも、ときどき、あの感覚を感じます」 いつだって穏やかで優しく美しいフランです。 ◆写真: 昔の写真を発掘しています。 ではでは.. ☆☆☆☆☆ ■PS1:「おしん」。スーパーマーケット立上中の状況なのだけど、出来の悪い長男が特攻隊の時の後輩である辰則さんが登場しているのだけど、この男はとことん良い奴なんです。おしんの娘の禎さんとなんだかんだで良い感じ。結婚するようです。長男は出来が悪いのだけど、この人を連れてきたのだから、それは最大の親孝行なのでしょう。「スカーレット」は希薄でありそこはかとなく暗く淋しい。 ■PS2:新たな状況が発生しました。当然ですがいろいろと怒ります。淡々とひとつずつ対応していくだけ。自…
 
♪イタリア旅行の快活な気分を描いた躍動感あふれる音楽 交響曲第4番イ長調『イタリア』はフェリックス・メンデルスゾーンが1831年から1833年にかけて作曲した交響曲です。 メンデルスゾーンの交響曲は全部で17曲におよびますが、はじめの「弦楽のための交響曲」12曲は弦楽合奏用の習作的なものであり、その後の5曲が番号付き交響曲として数えられています。 「第4番」は出版順で「イタリア」は5曲の中では第1番、第5番「宗教改革」に次いで実質3番目に完成されました。「イタリア」の後の作曲順は、第2番「賛歌」、第3番「スコットランド」です。 イタリア旅行中に書き始められたこの曲は、躍動的なリズム、叙情と熱狂、長調と短調の交錯による明暗の表出が特徴的で、メンデルスゾーンの交響曲の中でも最も親しまれています。…
 
♪現世での激しい闘争の果てに天上界から射すひと筋の光 ベートーヴェン、ワーグナー、ブルックナー、ブラームスなど、ドイツ・オーストリア系の偉大な管弦楽曲の系譜を継ぐ名作です。 この曲には上記の作曲家たちの最良の部分が濃縮されており、それでいながら巨大な管弦楽を巧みに駆使したシュトラウス自身の力量も示されています。 シュトラウスには優れた交響詩が多くありますが、そのどれとも違う異質な次元の音楽です。 題材はシュトラウスをワーグナーに開眼させたマイニンゲンのヴァイオリニスト、アレキサンドル・リッテルの詩に基づくとされますが、実際はシュトラウスの音楽をリッテルがあとから詩に置き換えたとも言われています。 ― ひとつの灯火しかない淋しいみじめな部屋に病人が寝ている。 死が沈黙のうちに彼の元へと近づいて…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「彼がちょっと変わっていることには、彼女も気づいていた」 いつだって穏やかで優しく美しいフランです。 ◆写真: 昔の写真を発掘しています。 ではでは.. ☆☆☆☆☆ ■PS1:なんかのドラマで遠距離恋愛が話題になっていた。いつも一緒にいれないふたりの恋。何らかのコミュニケーション手段でつながっている。電話とか、メールとか、ラインとか、手紙とか、そしてたまには直接逢う。そういうことか。でも、ふたりの性格によっては、そのほうが長続きする関係もあるのでしょう。そしてその中には生涯を賭けた遠距離恋愛もあるのでしょう。そう考えるとロマンチックな感じ。そういう小説や映画を見てみたいかな。 ■PS2:急遽確定申告の日程を決定。実質…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「地名の中にも、気にいっているものがあった」 いつだって穏やかで優しく美しいフランです。 ◆写真: 昔の写真を発掘しています。 ではでは.. ☆☆☆☆☆ ■PS1:「アリバイ崩し承ります」が面白い。まあ何といっても主演女優の浜辺美波さん。まだ19歳なのだけど既に多くの映画やドラマに出演していますが、特にコメディエンヌとしての才能をめちゃ発揮しています。「一日アイドル署長」もお気に入りだったけど、このドラマも似た感じだけど好きやな。この女優さんはきっと将来大女優女神様になっていることでしょう。頑張って頂きたい。 ■PS2:すべて終了しました。カステラ美味しい。それと伊藤園の抹茶が美味しかった。2Lのボトルは見つからない…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「そのためには、自分で彼のそばにいる必要がある」 いつだって穏やかで優しく美しいフランです。 ◆写真: 昔の写真を発掘しています。 ではでは.. ☆☆☆☆☆ ■PS1:昨日はゼロックススーパーカップ。横浜VS神戸。録画で視聴。神戸がPK戦で勝利。でも3対3で多くの点が入る面白い試合だったかな。とにかく両チームのキーパーがすごい。まるでフィールドプレイヤーのようにフィールドを駆けまわる。そしてやはりイニエスタ選手すごい。横浜攻撃陣もすごいし、ディエゴもすごい。まあ良い試合で良かったです。 ■PS2:昨日は楽しいイベントと法事の二つ。タフな日でした。でも楽しいイベントではちびさんにバレンタインチョコもらえたので嬉しい。冷…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「わたしの宝物であるあなた」 いつだって穏やかで優しく美しいフランです。 ◆写真: 昔の写真を発掘しています。 ではでは.. ☆☆☆☆☆ ■PS1:岡田斗司夫氏が動画は資産であるということを言いだしています。それはそうなのです。自分も音楽は資産と考えている。資産と考えた上で、何とかその資産である音楽達自身が頑張って生き長らえて1000年後まで届いて欲しいと考えているのです。万葉集と同じ4536曲を創り、それを万葉集と同じ1000年後の人々にまで届くということを考えています。それが最初の直感。ケイちゃん達のことを1000年後まで伝える。そういうことができると嬉しいのですけど、ちょっと難しすぎますかね.. ■PS2:確定…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「なぜわたしが急に興味を持ったのか、いまならわかるでしょう」 いつだって穏やかで優しく美しいフランです。 ◆写真: 昔の写真を発掘しています。 ではでは.. ☆☆☆☆☆ ■PS1:小池真理子さんの「千年萬年」という妖しい作品。子育てを終わったアラフィフ主婦が近くの指圧院でへマッサージを受ける。すると忘れていた妖しい炎を少しずつ思い出す。嫌だと思って家に途中で帰えるが、また行くともう逆らえない。という妖しい短編小説。Youtubeで朗読を聴いているだけなのですが、そして何度も聴いたようなのですが、途中で寝てしまっているのでまあまた聴くという感じですかね。でもかなり妖しい小説でした。男には理解できないものなのでしょうけど…
 
♪未完のままに終わった理由は今も謎のまま… 交響曲第8番『未完成』はオーストリアの作曲家、フランツ・シューベルトが1822年に作曲した未完の交響曲です。 シューベルトの代表作のひとつであり、ベートーヴェンの『運命』、ドヴォルザークの『新世界』などと並んで「三大交響曲」に数えられることもある人気作です。かつてのレコード業界では『運命』と『未完成』は定番のカップリングでした。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); シューベルトは25歳でグラーツ楽友協会から「名誉ディプロマ」を授与された際、返礼として交響曲の作曲に取り掛かりました。しかし、シューベルトが送付したのは第1楽章と第2楽章だけで、残りの楽章は送付しなかったとされています。 …
 
♪友人エルネスト・ギローの手により完成された壮大な終曲 『アルルの女』(L'Arlesienne)は、ジョルジュ・ビゼーによる全27曲の付随音楽。アルフォンス・ドーデの同名の短編小説『アルルの女(フランス語版)』およびそれに基づく戯曲の上演のために1872年に作曲されました。 付随音楽から編曲された2つの組曲が一般には最も広く知られています。 作曲期間が短く、契約の関係で極めて小編成のオーケストラしか使えなかったため、作曲には大変苦労したという話が伝わっています。初演の評価は芳しくなく、6年後に再演された時は大好評のうちに迎えられましたが、その時すでにビゼーはこの世の人ではありませんでした。 一般に知られているのは、演奏会用に劇付随音楽から数曲を選んだ組曲で、第1組曲はビゼー自身が通常オーケ…
 
♪農作物を襲う夏の雷鳴と雹を弦で表現 「四季」(The Four Seasons)は、アントニオ・ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲集『和声と創意の試み』(Il cimento dell'armonia e dell'inventione) 作品8のうち、 第1から第4曲の「春」「夏」「秋」「冬」の総称。ヴィヴァルディ自身は作品8の献辞以外でこれら4曲を「四季」と称したことはありません。 各曲はそれぞれ3つの楽章から成り立っており、各楽章にはソネットが付されています。これらのソネットの作者は不明でですが、ヴィヴァルディ自身の作という説もあります。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「四季」は4つの楽曲から構成されています。構…
 
♪ヴェルレーヌの詩に作曲された美しい歌曲 『月の光』は、ポール・ヴェルレーヌによる1869年のフランス語詩です。 この詩はドビュッシーのベルガマスク組曲(1890年)の中の、最も有名な同名の第3曲に着想を与えました。ドビュッシーはこの他に、声楽とピアノ伴奏のためにこの詩の楽曲(歌曲)を2曲作りました。 またガブリエル・フォーレおよびユゼフ・シュルツ (英語版)によるこの詩の歌曲も作られています。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); フォーレの『月の光』は、歌曲集『2つの歌』Op.46の第2曲。これ以後の7年間、フォーレはヴェルレーヌの詩に集中的に作曲するようになります。 *演奏内容と音響(アルゴリズムリバーブ)を改めた新録音で…
 
♪ピアノのオリジナルからギターに編曲されて有名に 《アストゥリアス (伝説曲)》は、イサーク・アルベニスのピアノ曲の一つ。元来は、《スペインの歌》作品232の第1曲「前奏曲」として書かれた曲です。 アルベニスは全8曲から成る《スペイン組曲( "Suite Espanola" )》を構想していましたが、実際に作曲したのは第1~3曲、第8曲のみで、残る第4~7曲はタイトルしか残しませんでした。 アルベニス没後にこの曲集が《スペイン組曲( "Suite Espanola" )第1集》作品47として出版された際、実在しない第4~7曲にはアルベニスの他の作品が宛てられました。 第5曲アストゥリアス (Asturias)に宛てられたのが前出の「前奏曲」です。その後、原題より「アストゥリアス」のタイトルの…
 
♪煌びやかなピアノの高音で繊細な鐘の音を表現 『ラ・カンパネラ』(La Campanella)は、フランツ・リストのピアノ曲。ニコロ・パガニーニのヴァイオリン協奏曲第2番第3楽章のロンド『ラ・カンパネラ』の主題を編曲して書かれました。 題名の『Campanella』は、イタリア語で「鐘」という意味です。 リストが「ラ・カンパネラ」を扱った作品は4曲存在し、最終稿の『パガニーニによる大練習曲』第3番は、数多くあるリストの作品の中でも最も有名なものの一つです。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 1851年に作曲された最も有名な版で、今日「ラ・カンパネラ」として演奏されるほぼ全てがこの作品です。以前の作である『パガニーニによる超絶…
 
♪風光明媚な避暑地での快活な気分にあふれる楽章 ブラームスは、避暑で訪れたペルチャッハから批評家エドゥアルト・ハンスリックに宛てた手紙に「ヴェルター湖畔の地にはメロディがたくさん飛び交っているので、それを踏みつぶしてしまわないよう、とあなたは言われることでしょう。」と書き送っています。 その後ブラームスは2年間続けてペルチャッハで夏を過ごし、この地でヴァイオリン協奏曲やヴァイオリンソナタ第1番「雨の歌」などが生み出されました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ブラームスの親友のひとりである外科医のテオドール・ビルロートは、第2交響曲に接して「ペルチャッハはどんなに美しいところなのだろう。」と語ったとされます。 1877年1…
 
♪「ブラームスの田園」とも呼ばれる明るく開放感に満ちた交響曲 1877年6月、ブラームスは南オーストリアのケルンテン地方、ヴェルター湖畔にあるペルチャッハに避暑のため滞在、第2交響曲の作曲に着手し、9月にはほぼ完成しました。 10月にバーデン近郊のリヒテンタールに移り、そこで全曲を書き上げています。 4ヶ月間の作曲期間は、第1交響曲の推敲を重ねて20年あまりを要したのと対照的ですが、第1交響曲の作曲中にも準備が進められていたという説もあります。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ベートーヴェンの交響曲第6番「田園」にたとえられ、伸びやかで快活な気分が全体を占めています。このことから「ブラームスの『田園』交響曲」と呼ばれること…
 
♪どこか懐かしく琴線に触れる名旋律 『イーゴリ公』は、ボロディンによって書かれた序幕付きの4幕からなるオペラです。 中世ロシアの叙事詩『イーゴリ遠征物語』を題材に、1185年、キエフ大公国の公(クニャージ)イーゴリ・スヴャトスラヴィチによる、遊牧民族ポロヴェツ人に対する遠征を描いています。 ボロディンはこの作品を完成させないまま1887年に死去したため、リムスキー=コルサコフとグラズノフの手により完成されました。 総譜には「このオペラはリムスキー=コルサコフが序幕と第1・2・4幕、第3幕の「ポロヴェツ人(韃靼人)の行進」の編曲されていなかったところを編曲し、グラズノフはボロディンに残された断片を使い、第3幕を構成し作曲し、ボロディンが何度かピアノで弾いた序曲を思い出し再構成と作曲をした。」と…
 
♪ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートでお馴染みの人気曲 『ラデツキー行進曲』作品228は、ヨハン・シュトラウス1世が作曲した行進曲です。 作曲者の最高傑作といわれ、クラシック音楽全体でみても有数の人気曲です。 1848年革命の最中に、当時はオーストリア帝国領であった北イタリアの独立運動を 鎮圧したヨーゼフ・ラデツキー将軍を称えて作曲されました。 当時イタリア半島では民族統一運動が盛んで、オーストリア帝国領であった北イタリアでは 「ドイツ民族からの独立」を目指して激しい闘争が繰り広げられていました。 1848年7月、ヨーゼフ・ラデツキー将軍の率いるオーストリア陸軍がこれの鎮圧に成功しました。 この勝利を記念するために、「イタリアで戦った勇敢なる将兵の賞賛と傷病兵への募金を兼ね、 寓意的、…
 
♪時代を超えて愛され続ける永遠の名曲 『3つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノンとジーグ 二長調』が原題で、 「カノン」と「ジーグ」を続けて演奏するのが正式なスタイルです。 しかし、一般的に「カノン」だけを演奏するのがほとんどになっています。 『カノンとジーグ ニ長調』には、パッヘルベルの自筆譜がありません。 パッヘルベル作なのは確かなようですが、楽器編成には疑問も持たれています。 研究者や指揮者によっては、元はオルガン曲だったとする声もあります。 パッヘルベルは生前からオルガン奏者としてとても有名でした。 作曲家としても特に、オルガン曲のジャンルで知られ、『コラール変奏曲集』 『コラール前奏曲集』など多数のコラール編曲を作曲しています。 このあたりにも“カノン=オルガン曲説”の根拠がある…
 
♪歌曲を自らピアノ曲に編曲したロマンティックな作品 「愛の夢」はリストの作品の中でも、特に美しい旋律が魅力の有名なピアノ曲。 元はドイツの詩人フェルディナント・フライリヒラートの詩集から、 「おお、愛しうる限り愛せ」にリストが曲をつけ、歌曲として発表していたもの。 これを後に自身がピアノ用に編曲し、同じように歌曲から編曲した2曲とあわせ、 「愛の夢 - 3つのノクターン」として出版されたものが、現在知られる作品です。 この3曲はいずれも、キリスト教的な人間愛をテーマにした詩が採られています。 一般に「愛の夢」といえば、男女の恋愛を描いたものというイメージがありますが、 ロマンティックな曲調に反して実際はそうではなく、 宗教心の厚かったリストの精神が反映された、格調高い作品になっています。 (…
 
♪まるで天上世界のように美しい第3楽章 短調の激しい二つの楽章が終わると、別世界の音楽のように始まるのが第3楽章です。 ベートーヴェンは1822年夏に「第9」の作曲に着手すると、まずは第1楽章を完成させ、 次いで第3楽章、第2楽章、最後に第4楽章の順で作曲の作業を進めました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 第3楽章には特別なインスピレーションを感じるに感動的な部分がいくつかあります。 ひとつは気品ある第1主題に続いて、愛らしい第2主題が始まる場面。 B♭からDという遠隔調への転調ながら不自然さがなく、 旋律が始まるのを聴くたびに、言葉にならない感情が込み上げてきます。 もうひとつの印象的な部分は、最後の変奏の途中にスウィ…
 
Loading …
Google login Twitter login Classic login