show episodes
 
Loading …
show series
 
<ままれ さんのプロフィール>様々な大道芸コンテストに参加し、大道芸コンテストでは決勝進出など好評を博す。一方で、沖縄・石垣島を一輪車で横断するなど様々なことにチャレンジ。活動は国内にとどまらず、オーストラリア・タスマニアでのフェスティバルに出演、地元新聞の一面を飾る。フィリピン・アエタでは、農業学校卒業式でパフォーマンスを行う。新聞や本『この人がかっこいい!』(キャリナビ編・日経BP社)、雑誌『ビッグイシュー』週刊誌『AERA』(朝日新聞社)、月刊誌『PHPカラット』(PHP研究所)に記事が掲載される。NHKドラマ10『コピーフェイス』、NTV『ウキキトライ』出演。
 
<辻 義和 さんのプロフィール>1981年生まれ。神戸大学工学部出身。大学時代に個別指導塾で300人の指導を経験、こどもに関わる仕事に携わりたいという夢を持つ。システムエンジニア、教育コンサルタントを経て、2012年より学童保育・学習塾が一体化した居場所・学び舎”ネクスファ”を千葉県柏市で立ち上げる。2017年4月、神奈川県逗子市でこどもたちの放課後のヒミツ基地”まなび舎ボート”を逗子にてスタート。妻と娘の3人暮らし。
 
<須藤 修 さんのプロフィール>1987年、山形県生まれ。大学在学中から古くなった家具をデザインの視点で修復する仕事をはじめる。卒業後、製品開発を通して山形の地を伝える「山の形」など、山形を軸にしたデザイン活動を開始。2016年から実家の温泉旅館である「山形座 瀧波」の立ち上げに関わり、2017年8月からブランドディレクターとして実家にプチUターン。
 
<平 真弓 さんのプロフィール>茨城県つくば市出身。24歳。千葉大学で総合政策学を学ぶも、経営学のゼミに飛び込んで卒業。大学時代にアカペラの全国大会のスタッフを務めたことで、商業施設でのイベント企画に興味を持ち、某ショッピングモールに就職。仙台店に配属され、趣味のひとり旅で東北の魅力に気づく。2016年夏に初めて訪れた紫波町に一目惚れ。その後地域おこし協力隊の募集を発見、運命を感じて転職。紫波町の地域おこし協力隊に着任し、現在6ヶ月目を迎える。
 
<星野 良太 さんのプロフィール>高校生まで父親の仕事の関係で転校を繰り返し、北は札幌、南はシンガポールまで在住経験あり。大学では心理学を学び、卒業後は大手人材業界で広告制作業務に従事。2009年業務の幅を広げるべく、中小企業向けに人材採用コンサルティングをおこなう現カケハシスカイソリューションズに入社。2014年、島おこしインターンシップ「島キャン」の設立以降、離島との関わりが深くなり始め、2016年4月より鹿児島県奄美大島に拠点を移し、現在は奄美市内で、島キャン、島内の案内サイト、高校生向け受験予備校、海外留学生向けの日本語学校と、様々な事業を展開中。奄美大島・奄美群島をはじめ、日本の離島の交流人口を増やすために試行錯誤中。…
 
<五味 仁 さんのプロフィール>1982年、山梨県生まれ。東京農業大学で醸造と経営の勉強をし、卒業後、タイの醤油メーカーに3年間勤務し、実家の五味醤油(株)に入社。こうじや味噌の仕込みをする醸造に従事する一方で、味噌づくりをはじめとしたさまざまなワークショップを各地で開催するなどの活動にも精力的に取り組んでいる。好きなもの:温泉、スケートボード、読書、松本清張、コーヒー、旅行、タイ、お酒、ラップ、味噌汁づくり
 
<池田 秀紀さんのプロフィール>1980年 千葉生まれ。神奈川、埼玉、東京と、引越しの多い家庭に育つ。大学在学中に独学でウェブデザインを習得。卒業後は外資系広告代理店、慶應義塾大学田中浩也研究室を経て、2006年、独立。2010年には写真家の伊藤菜衣子さんと結婚し、翌年の熊本移住を機に「暮らしかた冒険家」を名乗る。高品質低空飛行生活をモットーに結婚式や新婚旅行、住居などの「これからのあたりまえ」を模索中。100万人のキャンドルナイト、坂本龍一氏のソーシャルプロジェクトなどのムーブメント作りのためのウェブサイトやメインビジュアルの制作、ソーシャルメディアを使った広告展開などを手がける。2014年に参加した札幌国際芸術祭がきっかけで、札幌へ移住。ほどなく生まれた息子とともに、あらたな冒険が始まっ…
 
<畦地 履正さんのプロフィール>昭和39年、高知県高岡郡四万十町出身。高知市内の高知東高校を卒業、地元の通信関連企業に入社。昭和62年に四万十に戻り、十川農協(現高知はた農協)に勤務。平成6年、四万十川流域町村(旧大正町・十和村・西土佐村)の出資により設立された第3セクター『株式会社四万十ドラマ』が1名の常勤職員を全国公募し、その職員として手を上げ採用される。その後、“四万十川に負担をかけないものづくり”をコンセプトに地域と密着した自然循環型企業としての事業展開に従事する。そして平成19年、道の駅『四万十とおわ』の指定管理者として運営が始まる。同年、代表取締役に就任し現在に至る。
 
<持田陽平(hiuta)さんのプロフィール>1977年3月22日生まれ島根県大根島出身。よしととひうた、マイトリーの活動をしながら最近はソロ活動としてウクレレレッスンであちこちに飛び回ってます。神社と温泉と果物と物々交換をこよなく愛する三児(高1.中1.小2)の父。
 
<兼松 佳宏 さんのプロフィール>1979年生まれ。ウェブデザイナーとしてNPO支援に関わりながら、「デザインは世界を変えられる?」をテーマに世界中のデザイナーへのインタビューを連載。その後、ソーシャルデザインのためのヒントを発信するウェブマガジン「greenz.jp」の立ち上げに関わり、10年から15年まで編集長。2016年、フリーランスの勉強家として独立し、京都精華大学人文学部特任講師、勉強空間をリノベートするプロジェクト「everyone’s STUDYHALL!」発起者、ことば遊びワークショップユニット「cotone cotone」メンバーとして、教育分野を中心に活動中。
 
<渡辺 一馬 さんのプロフィール>一般社団法人ワカツク代表理事。宮城県出身。1997年、宮城大学へ第一期生として入学。在学中に学生ベンチャーサークル・デュナミスへ参画。2001年、卒業と同時にデュナミスを会社法人化し、代表に就任。「世界を変える人材を数多く生み出す仕組みを創る」ことを目的として、インターンシップ事業を開始した。震災後、一般社団法人ワカツクを立ち上げ、ボランティアやインターンのコーディネート事業を展開。若者たちの「問題解決」への挑戦を支援、「若者が成長できる東北」を目指している。東北学院大学 地域共生推進機構 特任准教授、NPO法人ファイブブリッジ監事、NPO法人せんだい・みやぎNPOセンター理事等。…
 
<川人 ゆかり さんのプロフィール>人材紹介会社にて約3年採用アドバイザーとして従事した後、1年半の世界旅行を経て、独立。「人と人、人とまちの幸せな出会いを作る」をコンセプトとした移住定住促進支援団体ローカルキャリアカフェ(合同会社ミラマール)の代表として、都市に住みながら日本全国の自治体や地域コミュニティ、個人のキャリア支援を行っている。その他採用コンサルタント、観光庁「若旅★授業」講師としても活動中。現在は大阪をベースに国内に複数ベースを持ち、旅する様に暮し働くスタイルを楽しんでいる。
 
<阿部 結悟 さんのプロフィール>平成元年7月、宮城県山元町生まれ。北海道大学教育学部卒業。東日本大震災をきっかけに、生まれ育ったUターン。宮城県南地域で人材育成・研修事業、コミュニティ支援事業、計画策定の事業をはじめる。地域の資源を活用し、体験プログラムやアートプロジェクトを通じ、地域内外の交流機会を創出する「まちフェス」事業や、地域課題の解決に取り組むためのマイプランを作成する「伊達ルネ塾」を立ち上げ、地域から学ぶ機会や10年後20年後のまちの担い手づくりに取り組む。2012年「日経ビジネスが選ぶ、平成生まれの30人」に選出。
 
<須田 紘彬 さんのプロフィール>秋田県出身。株式会社リクルートにて新卒、中途採用のコンサル ティング法人営業を北東北担当として経験。 30歳までに起業することを目標に逆算し退職、海外経験を積むためにニュージーランドで1年間過ごし た後、都内の人材系ベンチャー企業にてキャリアコ ンサルタントとして就職。そのベンチャー企業にて営業、法務も兼任し統括 マネージャーとして経営全体に携わる。秋田就職総合 研究所を2013年10月に設立。2016年12月に株式会社へ法人化。
 
<塩満直弘さんのプロフィール>1984年、山口県・萩市生まれ。大学在学中に、海外に渡る。帰国後、スポーツメーカーと旅館に勤務した後、萩市で2013年に萩ゲストハウス「ruco」をオープン。
 
<白須靖之さんのプロフィール>1974年生まれ、山梨県富士吉田市出身。埼玉県飯能市在住。飯能市役所土木技師。《子供の頃》とにかく体を動かし、人前に立っていた。野球、スキー、スケート、陸上。高校時代は、「カイワレ」と呼ばれるもラグビーに没頭。○○長とかいう役職がいつもついていた。《大学時代》中学までやっていた競技スキーがしたくて体育会スキー部に入部するも、体育会特有の空気になじめず冬を待たずして退部。一緒にやめた仲間と同好会を設立。いつの間にか結構強くなる。《建設会社時代》2年半過ごした天草での生活と、都会とのギャップに会社を辞めたくなるもやめられず。10年間コンクリートと土いじりに明け暮れ、結婚を機に埼玉県飯能市に居を構える。《飯能市役所》2008年に飯能市役所へ転職。何となく役所では浮く。…
 
<かいはたみちさんのプロフィール>編集者、ライター。雑誌や書籍、絵本を制作する、編集&絵本スタジオ「アコークロー」代表・主筆。雑誌『沖縄スタイル』、新聞社「沖縄タイムス」を経て現職。著書に『みんなの沖縄美ら海水族館』(マガジンハウス)、『ていねいに旅する沖縄の島時間』(アノニマスタジオ)など。http://akoukurou-no-sora.jp
 
<篠原幸子さんのプロフィール>ファシリテーター、特定非営利活動法人 場とつながりラボhome’s vi 理事、特定非営利活動法人 京都子どもセンター副理事長、京都(^0^)/にこわくリーダー フリーペーパー「どろんこ」スタッフ、京都府ソーシャルビジネス推進員、京都府ハンズオン支援員、京都府子育て支援審議会委員、京都雇用創出活力会議ワーク・ライフ・バランス推進戦略本部委員。「子どもの給食を考える会・京都」スタッフ 雑貨キュレーター 1970年佐賀県生まれ、福岡県そだち。市役所臨時職員、生花店、会計ソフトメーカーの事務・営業、雑貨店店長を経て35歳で結婚・37歳で出産。2010年から場とつながりラボhome’s viのスタッフとなる。 場とつながりラボhome’s vi(以下、home’s vi…
 
<長坂泰之さんのプロフィール>独立行政法人中小企業基盤整備機構 震災復興支援部 復興支援課 商業支援・販路担当課長テニスに明け暮れた大学時代を経て、中小企業事業団(現在の中小機構)に入団。入団以降~現在に至るまで、全国各地の中心市街地・商店街、ショッピングセンターの活性化・再生、阪神淡路大震災・新潟県中越地震・東日本大震災において、市場、商店街、中心市街地の復興に携わる。また、全国各地で中心市街地活性化、地域再生等に関する講演を行っている。中小企業診断士。地域活性化伝道師(内閣府)。
 
<西村治久さんのプロフィール>1971年生まれ、埼玉県出身。新潟県十日町市在住。iPadひとつで全国を旅するノマドワーカー型Webプランナー。コワーキングスペース、シェアハウス、ゲストハウス等のプロデューサーとしても活動中。住み開きの古民家シェアハウス『ギルドハウス十日町』運営。世界的な起業家コミュニティのStartup Weekendから生まれ全国27都道府県45エリアに広まっている、まちの支えあいを増やすアプリ「まちかどギルド」CEO&Founder。http://melike.info/article/560/
 
<山田崇さんのプロフィール>「空き家から始まる商店街の賑わい創出プロジェクト nanoda(なのだ)」を2012年4月より開始。(http://www.shiojiring.jp/空き家プロジェクト-nanoda/)2014年1月「地域に飛び出す公務員アウォード2013」大賞を受賞。(http://t-k-award.sakura.ne.jp/2013/index.html)TEDトークでの動画「元ナンパ師の市職員が挑戦する、すごく真面目でナンパな「地域活性化」の取組み」が話題に。(http://logmi.jp/23372)「信州移住計画」2015年6月スタート(https://www.facebook.com/shinshu.iju.keikaku/)…
 
<北村ななみさんのプロフィール>1987年生まれ、長野県出身。京都女子大学卒業後、2011年に島根県海士町に移住。海士町役場で3年間の公務員生活を経て、新宮市に移住。2015年4月の統一地方選挙で新宮市議会議員選挙に立候補、初当選。現在1期目。パパ・ママが働きやすく、暮らしやすい環境づくりと、新宮の歴史と文化を生かしたまちづくりの両立を目指している。
 
<村澤雄大さんのプロフィール>天龍村公認の村PRヒッチハイカー。長野県飯田市出身。大学は名古屋へ進学。旅行中財布を盗まれたことにより始まったヒッチハイクにはまる。卒業後はタイのNGO団体にて2年半の間タイの山の中でタイ人と暮らす。同時に日本の学生を対象にしたボランティアツアーを企画。帰国後は、テレビ番組制作の仕事を半年間行う。その後、実家で見た地元紙の「天龍村地域おこし協力隊制度導入」の記事がきっかけで天龍村の地域おこし協力隊になる。2014年4月から、天龍村の地域おこし協力隊は「天龍村の人たちにいつも協力していただきありがたい(隊)です」略して「あっぱれ!天龍村ありが隊」に正式に改名して活動。…
 
<松橋拓郎さんのプロフィール>秋田県大潟村に農家の長男として生まれるも、教師を目指し教育学部へ進学。在学中に農業に目覚め、ヨーロッパ農業遊学、北海道農業研修を経て2011年に大潟村で大潟村松橋ファームとして就農。「人と人が繋がる農業」をコンセプトに、農業を通したコミュニティー作りを目指す。農家がつくる日本酒プロジェクト 代表。シェアビレッジ町村 大名(農家民宿部門担当)。
 
<榎本英剛さんのプロフィール>よく生きる研究所、代表。人の可能性を引き出すコミュニケーションとして知られるコーチングを日本に紹介。今や日本有数のコーチ養成機関となった(株)CTIジャパン(現・㈱ウエイクアップ)の創立者。また、持続可能な未来を市民の手で創るための世界的な活動であるチェンジ・ザ・ドリームおよびトランジション・タウンを日本に紹介し、それぞれNPO法人を設立して全国に展開中。現在は神奈川県の藤野という町を拠点に上記の活動を展開している。著書に『本当の仕事』(2014年、日本能率協会)、『部下を伸ばすコーチング』(1999年、PHP研究所)、訳書に『バーチャル・チーム』(1998年、ダイヤモンド社)、共訳書に『コーチング・バイブル』(2002年、東洋経済新報社)、監訳書 に『アクティ…
 
<藤井靖史さんのプロフィール>会津大学准教授、CODE for AIZU Founder。1977年生まれ。京都府出身。国内企業、外資系企業、海外ベンチャーと渡り歩き、帰国のタイミングで現在の奥さんと結婚するために東北へ移住。仙台にて株式会社ピンポンプロダクションズを設立。代表取締役就任。2012年にKLab株式会社とのM&Aを行い、EXIT。現在は、会津大学に招聘して頂き現職。
 
<森田朱音さんのプロフィール>福岡市出身。九州大学大学院修了後、地域活性のコンサルティングを手がける株式会社マインドシェアに勤務。6年間の会社勤めを経て島根県海士町で地域づくりに取り組む株式会社巡の環の半年限定社員となる。自らがずっと暮らせる場で土地に根付いた生業をつくっていきたいという想いをもち、2015年6月より島根県美郷町の地域おこし協力隊に就任。現在は、イノシシ(おおち山くじら)を軸とした事業づくりに奮闘中。
 
<丸尾宜史さんのプロフィール>1982 年岡山県鏡野町生まれ。法政大学卒業後、学生時代から創業者である松田公太氏にあこがれ、タリーズコーヒージャパン株式会社に入社。その後ベンチャー企業を経て、2013年に故郷である岡山県北部にレプタイル株式会社を創業。地方経営者のパートナーとして継続的に売上を上げるマーケティング支援をしながら、地域を元気にするWEBサービスをリリースし、運営している。2015年7月、書籍『地方に「かえ~る人」ー自分スタイルではたらく、暮らすー(吉備人出版)』を出版。2015年10月、岡山県津山市にて、地方スタートアップ支援拠点として、城下町シェアオフィス「アートインク津山」をスタート。レプタイル株式会社 代表取締役 CEO。岡山県北(けんほく)ではたらく。くらす。「いーなか…
 
<山納洋さんのプロフィール>大阪ガス(株)近畿圏部 都市魅力研究室長/ common cafeプロデューサー。1993年大阪ガス(株)入社。神戸アートビレッジセンター、扇町ミュージアムスクエア、メビック扇町、(財)大阪21世紀協会での企画・プロデュース業務を歴任。2010年より大阪ガス(株)近畿圏部において都市開発、地域活性化、社会貢献事業に関わる。一方でカフェ空間のシェア活動「common cafe」「六甲山カフェ」、トークサロン企画「Talkin’About」、まちあるき企画「Walkin’About」などをプロデュースしている。著書に「common cafe―人と人とが出会う場のつくりかた―」(西日本出版社)「カフェという場のつくり方」(学芸出版社)がある。…
 
<坂口祐さんのプロフィール>1980年東京生まれ、神奈川県茅ヶ崎市で育つ。慶應義塾大学SFCにて、坂茂/石川幹子研究室に所属し、都市河川の研究と景観設計を学ぶ。英国に留学しロンドン大学で建築設計を学んだ後、帰国。2010年に四国に移住し、経済産業省四国経済産業局にてウェブマガジン「四国びと」を担当。2014年に独立し、島の雑誌「せとうち暮らし」や食材が届く情報誌「四国食べる通信」に関わり、自身のブログ「物語を届けるしごと」を通じて四国や瀬戸内の魅力を四国外や海外に発信している。物語を届けるしごと http://yousakana.jp 四国食べる通信 http://taberu.me/shikoku …
 
<田鹿倫基さんのプロフィール>1984年生まれ。宮崎大学を卒業後、リクルート事業開発室に勤務。インターネット広告の新規事業の立ち上げを行う。その後、中国の広告会社、爱德威广告上海有限公司に転職し、中国人スタッフとともに北京事務所の立ち上げを行う。2013年からは宮崎県日南市のマーケティング専門官として着任し、地域のマーケティング事業を行う。ベンチャー企業との協業事業や、農林水産業の振興、日南市全体のPR,マーケティング業務を担っている。https://www.facebook.com/tomoki.tajika
 
<宮島真希子さんのプロフィール>NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ/NPO法人アイデア創発コミュニティ推進機構理事。横浜市出身。前職の神奈川新聞社には記者として22年在籍。退職後、地域情報化・当事者による発信支援を軸に活動。地域課題解決をサポートするプロジェクト「LOCAL GOOD YOKOHAMA」を運営。2015年10月から開始する、10代の発達障害児のサポート事業を軸としたソーシャルインクリュージョン事業も担当する。青山学院大学学校教育法履修証明プログラム修了認定ワークショップデザイナー。
 
<小松洋介さんのプロフィール>1982年7月2日生まれ。仙台市出身。2005年4月―2011年9月まで株式会社リクルート(現リクルートホールディングス)に在籍。ブライダルカンパニーにて、2008年10月青森秋田岩手グループ青森拠点長、2010年4月 北海道グループ札幌リーダーに就く。2011年9月にリクルートを退職し、東日本大震災による宮城県最大の被災地である女川町にて2012年1月、民間団体 女川町復興連絡協議会 戦略室 室長補佐、2013年4月特定非営利活動法人アスヘノキボウ代表理事、2014年4月女川町商工会職員として、まちづくり担当を兼任。国内外と女川をつなぎ、まちづくり、創業、事業開発、移住、人材育成等に関わっている。…
 
<山口覚さんのプロフィール>福岡県生まれ46歳。ハード事業による地域づくりに限界を感じ、2002年、鹿島建設からNPO法人地域交流センターに転職し全国各地の地域づくりに携わる。2005年、自ら地方に身を置いて活動しようと福岡へUターン。2009年には福津市津屋崎の小さな海沿いの集落「津屋崎千軒(つやざきせんげん)に移住。まちづくりの原点は対話だという信念のもと、対話によるまちづくりを実践。空き家の再生・活用、プチ起業塾による小さな経済の創出などの実績を残している。NPO法人地域交流センター理事、津屋崎ブランチLLP代表、LOCAL&DESIGN㈱代表取締役を務める。一級建築士、まちづくりファシリテーター。…
 
<杉山智明さんのプロフィール>青森県十和田市出身、農家のこせがれの県庁職員。土地改良事業法手続き、りんごの海外輸出、新幹線建設予算の永田町陳情、風力発電所のメンテナンス、商店街振興業務等を転々とし、情報産業振興担当を経て、現在エネルギー関連担当。
 
<黒井理恵さんのプロフィール>北海道名寄市生まれ。静岡県立大学国際関係学部卒業。大学卒業後、東京の出版社に6年半、大手企業の広報・PR編集企画会社に7年半勤務し、2014年5月にUターン。同時に北海道の活性化をテーマにした(株)DKdo(ディーケードゥー)を在京道産子4名で立ち上げ、代表取締役に就任。現在はワークショップデザイナー・ファシリテーターとして自治体のまちづくり・観光事業や、企業の組織・人材開発に携わり、年間40回以上、延べ1200人に場を提供している。現在は名寄、札幌、東京の三拠点生活中。人生のミッションは「一人ひとりが幸せに生きていける、より良い社会と世界をつくること」。
 
<大西正泰さんのプロフィール>四国徳島出身。教員→経済産業省・起業支援プロジェクト四国エリア担当→起業→製薬会社→地域再生ビジネスへと移っていった変わり者。現在、葉っぱビジネスで有名になった上勝町で、起業家育成による雇用創出を行う。日替わり店長が行うシェアカフェ、シェアバー、シェアハウス2棟、イタリアンレストラン、フィジー留学、オンライン教育など、シェアオフィスなどをこの3年間で作り続ける。この間、人口1700人の町で14もの事業が立ち上がり、うち1/3の案件を手掛ける。自生的秩序に基づく起業インフラ整備に力点を置く。池田高校で甲子園に4度、応援団として出場したことが自慢。徳島・香川大非常勤講師など。…
 
<三浦大紀さんのプロフィール>1980年浜田市生まれ。早稲田大学卒業後、国会議員秘書、国際NGO職員などを経て、江津市ビジネスプランコンテストを機に東京からUターン。地元のNPOで、店舗誘致や起業支援などを担当後、2014年株式会社シマネプロモーションを設立。コミュニティづくりの経験を活かし、まちづくりや地域・企業の魅力化事業を行う。「生きて行くために、自分のやくわりを常に探す」がモットー。
 
<前田聡子さんのプロフィール>1982年札幌生まれ。大学卒業後、財団法人日本アウトワード・バウンド協会(OBS)への就職をきっかけに、長野県、小谷村、大網集落に移住。これまでとまったく異なる環境に、次第に惹かれ、写真を撮り始める。OBS退職後、2008年、東京に場所を移し写真を学ぶ。一年後、小谷村に戻り撮影を再スタートカメラマン、写真家として活動を続ける。2014年から、夫婦二組で「くらして」を立ち上げ、集落の暮らしを残すこと、伝えることを目的に活動を開始。田んぼ、畑、山仕事、栃餅作り、炭焼き、 狩猟など、仲間と共に様々なことにチャレンジしながら、集落に今ある大切なものを(写真でも、実際にも)残していこうと奮闘中。農山村体験交流施設「つちのいえ」を宿泊施設として管理運営もしている。大網集落に…
 
<小林清さんのプロフィール>1955年鳥取市鹿野町生まれ。NPO法人いんしゅう鹿野まちづくり協議会設立(2001年)より参加。城下町の町並みを活かした藍染め暖簾など軒下演出や虚無僧行脚など賑わい作り。空き家を活用した食事処の整備運営や週末だけのまちのみせの開催。まちづくり合宿、神山・尾道・鹿野連携プロジェクト等、学びや交流の機会も創出している。最近は移住定住支援、農業活性化にも取り組んでおり地域の資源活用や魅力創出に携わる。
 
<丑田俊輔さんのプロフィール>大学在学中、プラットフォームサービス株式会社の立ち上げに参画。東京都千代田区の公共施設をリノベーションし、ベンチャー企業やNPOのシェアオフィス・ビジネス拠点として再生。卒業後、IBMビジネスコンサルティングサービス株式会社(現、日本IBM)にて、コンサルタントとしてグローバル戦略を担当。アジアや米国とチームで仕事をし、各国を旅する中で、世界や日本の色々な課題を実感。2010年にハバタク株式会社を創業。各国の教育機関・企業と連携し、海外渡航型の教育プログラムや、ICTを活用した英語学習プログラム「ネイティブ脳」を展開している。2014年4月、秋田県五城目町に移住。町内の小学校廃校を拠点に、地域資源を活用したビジネス開発や、教育プログラム開発を進めている。2015…
 
<長島由佳さんのプロフィール>2008年に清泉女子大学地球市民学科卒業後、3年間旅行会社にて国内旅行の販売促進業務に携わる。2011年3月に退社、4月から茨城県常陸太田市の里美地区を拠点に、地域おこし協力隊「Relier(ルリエ)」として活動を開始。「食」に関する事業、地域特産品開発、交流人口拡大事業等を通した地域内ネットワーク創出に重点を置き、地域のニーズをベースに活動を展開した。2014年3月、協力隊任期終了後も同市内に定住し、民泊コーディネーターや協力隊アドバイザーとして働きながら、2015年3月に合同会社PotLuck Field里美を設立。これまで取り組んできた事業を元に、里美地区を『地球市民を育むムラ』として教育事業を中心とした様々な活動を展開中。…
 
<祁答院弘智さんのプロフィール>大学卒業後、不動産コンサルタント会社などを経て、2008年、四国のNPO事業や地域活動の企画・プロデュース会社「リレイション」設立。現在、徳島県神山町のNPO法人グリーンバレーが主催する「神山塾」こと(地域滞在型人材研修)や「神山で地球を受継ぐ!」棚田再生事業のほか、行政、各種団体の人材研修やプロジェクトマネジメントほか、四国の暮らし甲斐を語る・くつろぐ・記録するフリーペーパー『KATALOG』の発行などに携わる。
 
<西塔大海さんのプロフィール>1984年山形生まれ、東京大学大学院 複雑理工学専攻 修士課程修了。 高校入学と同時に不登校になる。卒業後はニート、フリーター、アジア放浪を経て、医学部進学を目指すも挫折。東京理科大学と米カリフォルニア大学で物理学(素粒子理論研究)を修める。2011年3月、東日本大震災で友人が被災したことをきっかけに、震災直後から現地に入り、一般社団法人気仙沼復興協会を立ち上げる(事務局長)。のべ400名以上を雇用して復興事業にあたる。 その後、大学院修了とともに福岡県の上毛町へ移住し、地域おこし協力隊となる。移住政策「みらいのシカケ」を担当。古民家をDIYでリノベーションする教育プログラム「デザインビルド」や、大学生向けフィールドワーク企画などに関わる。現在は「ヘンタイホイホ…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login