show episodes
 
音響ドラマ制作サークル「おにぎりワゴン」第21弾企画『LAST desire』(公式サイト:http://onigiriwagon.sakura.ne.jp/ld/)/2030年、ゲーム会社「MOO」から世界初の仮想空間へダイブできる「メディカル・コア」が発売された。神崎正斗はある日、義兄であり、MOO社の社長の諏訪京也から新作ゲームのテストプレイヤーをしてくれないかと頼まれる。軽い気持ちで引き受けた正斗は、そこである少女と出会うことになる/全13話(月1~月2のペースで更新予定)/いち早く企画情報を知りたい方はTwitter「@onigiriwagon」をチェック!(ハッシュタグ「#ラスディザ」)
 
戦争のシステムが実は水面下で改変されていた!?発端は五十年前、突如南極を襲った直径20kmを超える隕石の衝突。ナチュラルハザード《ダウントワイライトデイ》。この自然災害を発端に、ごく一部の人間に突然変異を引き起こした。脳に眠る潜在能力を引き出し、超人的な能力を発揮する人間の誕生、通称《following stage Persons》。略称《F/S/P》。政治、経済、戦争。今まで人間達が競い、争ってきた事柄を、各国が使役する《F/S/P》同士を戦わせ、勝利した側の国が主導権を握る《F/S/P》同士の戦争――《FSPWシステム》の誕生。そんな世界の裏側にある日突然叩き込まれてしまった三無主義のダメ人間《箕寶 涼》。『俺の堕落しつつも平穏な日常を返せ!』原作:閃谷了音楽:龍崎一 http://losstime-life.jimdo.com/【公式HP→http://fsp-following.sakura.ne.jp】
 
Loading …
show series
 
 CyberFight・高木三四郎社長肝いりの企画であるDDT10代プロジェクトによる初興行「DDTeeeen!!」が10月27日、東京・新宿FACEが開催され、セミファイナルでは福岡を拠点とするプロレスリングMY WAY所属のヴァンヴェール・ジャックとユーセー☆エストレージャが熱闘を繰り広げた。 両者はともにまだ16歳ながら、キャリア9年のツワモノだ。ジャックがトップロープを利したプランチャ、ステージから飛び込んでコルバタを決めれば、ユーセーはトペを決めるなど、ルチャリブレをベースとした2人は、それぞれ持ち味を発揮。試合は一進一退の攻防となったが、ジャックが飛びつき式のDDTから、トラロック(ダイビング・ダブルニードロップ)を決めてすりーかうんとを奪取した。 ジャックは「ギリギリの試合で、…
 
 CyberFight・高木三四郎社長の肝いり企画であるDDT10代プロジェクトによる初興行「DDTeeeen!!」が10月27日、東京・新宿FACEが開催され、中心選手のエル・ユニコーン(13歳)、イルシオン(18歳)らが躍動し、近未来のDDTに明るい希望を灯した。 今大会にはユニコーン、イルシオンを始め、プロレスリングMY WAYのヴァンヴェール・ジャック(16歳)、ユーセー☆エストレージャ(16歳)、HEAT UPの佐藤大地(13歳)、今井礼夢(17歳)と6人の10代選手が出場。 メインイベントでは、ユニコーンとイルシオンが一騎打ちで相まみえた。両者はともにデビュー戦となった8月2ついたち、富士通スタジアムでの10人タッグマッチで対戦し、ユニコーンがイルシオンからフォール勝ち。同29日…
 
“第三ブランド”とはその名の通り夢闘派プロレスの三番目のブランドであり、「1990年代インディプロレスの復活」をコンセプトとしている。今大会も1990代~2000年代初頭に活躍した選手を揃え、現代のプロレスとは異なる”狂乱のプロレス”が繰り広げられる。また前回大会で勃発した”ユニット抗争”に決着をつけるべく、ユニット対抗の6人タッグトーナメントが今大会で行われる事となった。勝ったユニットには次回大会のマッチメーク権が与えられるので、どのユニットも優勝を虎視眈々と狙っている状況である。▼オープニングマッチケン・片谷(フリー)vsヴァサライケウチ(CRAZY UNION)CRAZY UNIONの特攻隊長であるヴァサライケウチがベテランのケン・片谷に挑むシングルマッチだが、実はこの試合、ユニットの…
 
 26日、東京みやこ・後楽園ホールにて新日本プロレス『Road to ぱわー すとらっぐる』が開催され、タイガーマスク&ロビー・イーグルスがエル・デスペラード&金丸義信を破ってIWGPジュニアタッグ王座を戴冠した。 今年8月に開催された『すーぱー じゅにあ たっぐ りーぐ』にてエル・デスペラード&金丸義信が優勝を果たし、9月5日のメットライフドーム大会にて行われたIWGPジュニアタッグ王座戦にて石森太二&エル・ファンタズモから勝利して王座奪取に成功。 その後、デスペラードは自身からIWGPジュニアヘビー級王座を奪ったロビーの前に現れ「アイウォントリマッチ。でも、俺だけがお願いするのは悪い。そこでひとつ提案だ。もし俺の挑戦を受けてくれるのなら、俺はこのIWGPジュニアタッグのベルトを賭ける。だ…
 
 26日、東京みやこ・新木場1stRINGにて天龍プロジェクト『SURVIVE ざ REVOLUTION VOL.11』が開催され、こぶし剛が佐藤ひかるを下してIJ王座の2度目の防衛に成功した。 天龍プロジェクトは、天龍源一郎の個人事務所及びプロレス団体であり、2015年に天龍が引退を迎えてからはプロレス団体としての活動を休止していた。しかし、昨年11月の天龍の引退5周年記念大会の開催を機に精力的な活動を再開し、今年4月から月に2回のペースで定期的な大会開催を実現。WAR時代に創設され、天プロとともに復活したインターナショナルジュニアヘビー級王座(IJ王座)、インターナショナルジュニアタッグ王座(IJタッグ王座)の争奪戦を軸に展開している。 今や東西の一流ジュニア選手たちがしのぎを削るジュニ…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login