ハミダシミッケ 公開
[search 0]
もっと

Download the App!

show episodes
Loading …
show series
 
Show Notes・レッテル、肩書きに対する責任・こういう肩書きだからさぞできるんでしょう?・会社やってるならちゃんとした人間なんでしょう?・みたいなのがダルいときがある・ツイッターは可愛くやりたい・自己ブランディングとか向いてない・見かけだおしはやだ・前まで発信するデザイナーはダサいと思っていた・けど最近は発信することも大事だと気づいた・でもツイッターは呟こうとしても直前で下書きに保存しちゃう・いきりたくない・自分を満たすための発信は「わかってくれ投稿」になっちゃう・まずは周りの人を幸せにしたい・最初から大勢の人を相手にしたい・計画性のない奴には、ない奴なりの戦い方がある --- 今月のゲストはWantedlyでデザイナーとして働きつつ、フリーランスとして様々なデザイン・アートディレクシ…
 
Show Notes ・寿司職人に下積みはいるのか・勝てる土俵に行けばいいんじゃない・デザイナーの下積みについて・師匠に論破されまくる・悲しくないのに涙が出てくるくらい追い込まれた・そんな時、不意にメッセンジャーで以前から繋がりがあったWantedlyの人から連絡が来た・ITのインハウスのデザイナーってちょっと違うじゃないか?って思ってた、かっこいいものが作れないと思ってた・実際Wantedly社内のデザイナーに会ったらそんなことないって思った・スキルで求められるのではなく、人として見てもらえている状態・声かけてもらいやすい雰囲気・小さいことでも感謝すること・遊んでたことも無駄じゃなかった ・外に目を向けてみる---今月のゲストはWantedlyでデザイナーとして働きつつ、フリーランスとして…
 
Show Notes ・就活なんてクソ…とは言ってた割に、起業した会社を4月にはやめた・自分は戦力外だと思った・ブレてた時にインターンをしてたいた会社の代表を師匠と決めて、そこへ入ると決める・我流で頑張ることにはちょっと違和感があって、きちんと教わろうと思った・頑張り方がよく分からなかったから、がむしゃらに頑張るって効率が悪いと思った・ずっと逃げてたつもりだけど、結果的になんでもラッキーに自分の中で変えちゃう・偶然をラッキーに変えていく・チャンスはいつでも転がっている、拾えるか拾えないか・自分が落ちてる時に関わってる人が、結局大事な人だったりする・頑張るのだるいときは、人に頼ったらいい・頑張る頑張らないというか、無理しない・人間関係で損得勘定を持ってこない・損得勘定で動く方がむしろ難しい・声…
 
「1つに決めるってダルいときない?」 - Show Notes - ・ムサビの基礎デザイン学科へ・合格した人の作品が自分のテイストと合った・無事に入学できたけど、遊んじゃった・女の子と遊ぶのが楽しかった・高校が男子校→大学では八割女子・一年生の時はめっちゃ遊んだ・三年生になった時にやっとデザインに対して本腰に・起業しようとしていた先輩と一緒に仕事チックなことを始めた・なんか他ごとやりたくなるじゃん?・三年の時は映像にブレた・就活もブレた・就活が嫌だった。なんかカッコ悪い、雇われたくないという気持ち。・とか言いつつ、企業でインターンとかしていて矛盾があった・結局、就活やだったので、先輩と起業・幻想を追う人が多い・会社員はフリーランスに憧れたりとか・1つに決めるのがダルイ人は、さっとはじめてみる…
 
「進路ってダルいときない?」- Show Notes - ・小学生からデザイナーになりたかった・父親の友達にデザイナーがいて、デザイナーという職種を知る・高一の時に「美大」の存在を知る・父親はお花屋さん、母親は歯科衛生士・周りにサラリーマンがいない環境だったので、「サラリーマンにならない」ということに抵抗はなかった・「デザイナーなんか仕事ないんじゃないの?」と反対される・反対されたら学費どうするの問題・「やりたいことを見つけろ」って言われるのに、本当にやりたいことを言うと反対される問題・大学行く時に、その先が見えてない人も多い気がする・才能があっていいよねって言われるけど…・ついに親がが折れた・明確にやりたいことがあったし、逆に「俺営業とか絶対できない」って思った・消去法で進路を選ぶのはアリ…
 
「計画」がダルいときの処方箋 - Show Notes - ・Tシャツヨレヨレ事件 ・自分たちでTシャツ作ろう! ・和歌山の工場にとりあえず電話 ・効率は悪いけど、ユーザーファーストのものづくり ・品質って作り手の「想い」が出る ・自己資金で小さく作り始めた ・Tシャツ作ったはいいけど、売る場所がない問題 ・Campfireのことを知って、やってみることに ・クラファン中に会社を辞めた ・「Tシャツできた!もうこれで食ってけんじゃね?会社辞めよう!」 ・在庫できちゃったから、EC作るか ・すぐにECサイトできないから、手売り ・価値交換を繰り返しまくった結果、今世の中で必要なものってなんだろう?が見えてきた ・「出会い」は計画じゃない ・積み上げた結果が一年後の結果 ・計画 = 遠すぎるから…
 
「お金」がダルいときの処方箋 - Show Notes - - 酒を飲めたらかっこいいという価値観からの変化...? - 六本木で一人暮らしを始める友人の引っ越しを手伝い、どさくさ紛れにそのまま居候 - 1LDKで男三人暮らし - 居候仲間と副業スタート - 10YCが急に始まったと思われてるけど、お金を稼ぐことに一回振った - 蛇のアイドル化で収益化 - NAVERまとめのアフィリエイト - FXの比較サイトでアフィリエイト - 結果、お金を稼ぐために仕事するのは超つまんないと気づく - アフィリエイトも結構本気でやったけど全然うまくいかなかった - お金に嫌気がさすまで、お金に向き合った - ルームシェアをしたことで、自分の当たり前の中に少しずつ新しい感覚が生まれた - 巻き込まれ力 -…
 
「仕事がどんなにできても、飲み会に来ないのはだめ。酒を飲めるやつがかっこいい。そういう雰囲気があった。」超体育会系の会社で、上下関係に揉まれながらファーストキャリアを歩み始めた下田くん。サラリーマンとしての処世術に磨きがかかっていく中で、ツイッターで家入さんを見つけて...上下関係がダルいときの処方箋をみんなで考えました。---今月のゲストは「着る人も作る人も豊かに」をコンセプトに掲げるアパレルブランド「10YC」の代表・下田くん。全五回に渡って下田くんの人生の選択と行動を「ダルいときない?」という視点でインタビューしています。---ゲスト:下田将太twitter.com/shotarouzaemonアパレルブランド「10YC」10yc.jp---話し相手:井上 拓美twitter.com/…
 
「就活ってダルいときない?」のちに起業することになるけど、就活自体は「普通に真面目にやった」という下田くん。 「自分がやりたいと思ったことって、意外とどうでもいい」「第一志望じゃなくても人生終わらないっていうのがわかっていた」就活せずに起業した人。就活から逃げた人。就活にまともに向き合った人。3人で就活のダルさへの処方箋を考えてみました。---今月のゲストは「着る人も作る人も豊かに」をコンセプトに掲げるアパレルブランド「10YC」の代表・下田くん。全五回に渡って下田くんの人生の選択と行動を「ダルいときない?」という視点でインタビューしています。---ゲスト:下田将太https://twitter.com/shotarouzaemonアパレルブランド「10YC」https://10yc.jp-…
 
「逆算ってダルいときない?」 今月は、「着る人も作る人も豊かに」をコンセプトに掲げるアパレルブランド「10YC」の代表・下田くんをゲストにお迎えしています。下田くんシリーズ第一回目は「逆算ってダルいときない?」 受験や就職、人生には逆算して挑まないといけない局面があります。でも、プロ野球選手を目指していた下田くんは、 「好きな女の子が受ける学校を受けた」というくらい、本能的にその時行きたい方向へ動いてきたそう。それでもしっかり結果を残してこれたのは何故なのか聞いてみました。 --- 今月のゲストは「着る人も作る人も豊かに」をコンセプトに掲げるアパレルブランド「10YC」の代表・下田くん。全五回に渡って下田くんの人生の選択と行動を「ダルいときない?」という視点でインタビューしています。 ---…
 
最終回!「逃げ続けるってダルいときない?」今までいろんなことから逃げ続けてきたつもりだった柿沼さん。でも、クラウドファンディングは「覚悟を決めてやりきった」のだそう。何か真剣に向き合ってやりきるにはどうしたらいいか、逃げ続けるのがダルいときの処方箋を一緒に考えてみました。---今月のゲストは、絵本「人のセックスでご飯を食べる」作者の柿沼 茄奈さん。全5回に渡って柿沼さんの人生の選択と行動を「ダルいときない?」という視点でインタビューしています。---【番組では個人スポンサーを募集しています!】詳細はこちら---ゲスト:柿沼 茄奈twitter.com/oisigyunyuchan 絵本『人のセックスでご飯を食べる』camp-fire.jp/projects/view/97502 ---話し相…
 
今週のテーマ:「お金ってダルいときない?」 クリエイターがお金を稼ぐために創作活動するってどうなの? 創作した結果お金がついてくる方が自然じゃない? でも、お金がないと創作を続けていくのも難しいし… そんな中ではじめたクラウドファンディングを通して、お金や表現との向き合い方に変化があったという柿沼さん。お金がダルいときの処方箋を一緒に考えてみました。 --- 今月のゲストは、絵本「人のセックスでご飯を食べる」作者の柿沼 茄奈さん。全5回に渡って柿沼さんの人生の選択と行動を「ダルいときない?」という視点でインタビューしています。 --- 【番組では個人スポンサーを募集しています!】 詳細はこちら --- ゲスト:柿沼 茄奈 twitter.com/oisigyunyuchan 絵本『人のセック…
 
今月のゲストは、絵本「人のセックスでご飯を食べる」作者の柿沼 茄奈さん。全5回に渡って柿沼さんの人生の選択と行動を「ダルいときない?」という視点でインタビューしていきます。 第3週目のテーマは「器用貧乏ってダルいときない?」 これまで、写真や映像、お店のショップカード作り、造形、粘度、そして絵本...様々なことに取り組んできた柿沼さん。 「何をやっても中途半端なんじゃないか」「何か一つのこと絞ってやらないといけないんじゃないか」そんな不安との向き合い方について考えてみました。 --- 【番組では個人スポンサーを募集しています!】 詳細はこちら 【初のオフラインイベントやります!】 詳細はこちら↓ ハミダシミッケのアソビバ --- ゲスト:柿沼 茄奈 twitter.com/oisigyuny…
 
ハミダシミッケがいつものコンテンツ更新に割り込んであなたの質問に手短に答えます。題してワリコミッケ! 今回の質問 「学校とは別でどうしても行きたいところがあったらどっちを選ぶ?」
 
今月のゲストは、絵本「人のセックスでご飯を食べる」作者の柿沼 茄奈さん。全5回に渡って柿沼さんの人生の選択と行動を「ダルいときない?」という視点でインタビューしていきます。第2週目のテーマは「発信ってダルいときない?」なんとなく、最近「発信したもの勝ち」みたいな風潮ありますよね。柿沼ちゃんも自身が関わっていた映画制作の現場で、映画をプロモーションしていくことに最初は少し違和感を覚えたようです。でも、クラウドファンディングを通して「作品を人に届けること」について考え抜いて、今は少し違う意見を持っているみたい。あなたも発信することについて、一緒に考えてみませんか?---ゲスト:柿沼 茄奈https://twitter.com/oisigyunyuchan絵本『人のセックスでご飯を食べる』http…
 
今月のゲストは、絵本「人のセックスでご飯を食べる」作者の柿沼 茄奈さん。全5回に渡って柿沼さんの人生の選択と行動を「ダルいときない?」という視点でインタビューしていきます。 第1週目のテーマは「個性ってダルいときない?」 一方的に「個性的」というレッテルを貼り付けられ、いじめにあった中学生時代。どうやって「個性」を自分のものにし、いじめを乗り越えたのか聞いてみました。 --- ゲスト:柿沼 茄奈 https://twitter.com/oisigyunyuchan 絵本『人のセックスでご飯を食べる』 https://camp-fire.jp/projects/view/97502 『人のセックスでご飯を食べる』展 モテアマス三軒茶屋 https://hitonosexmoteamasu.pe…
 
今回は、フリーランスのプロジェクトシェアプラットフォームのTEAMKITの代表・小谷さんと「フリーランスってダルいときない?」というテーマでお話しました。会社員vsフリーランスの二項対立って意味なくない?フリーランス = 自由 と思いきや、逆に時間に縛られてるときない?フリーランス = クラウドソーシングで受託案件って思考停止してない?本当に大切なのは、「誰と、どこで、何をするか」を選べることじゃない?どうしたら本当の意味で自由になれるのか?「フリーランスってダルいときない?」の処方箋、ここにあります。---ゲスト:小谷草志https://teamkit.jp/https://teamkit.jp/@KotaniSoushi Twitterhttps://twitter.com/Kotani…
 
今回は、プロのウクレレ奏者 兼 経営者のSHINくんと「国籍ってダルいときない?」というテーマでお話しました。17年間、サイパン島で育った帰国子女のSHINくん。サイパンでは日本人、日本に帰ってきたらサイパンの人というラベリングをされていたという話から、話題は国籍にとどまらず、あらゆるラベリングのダルさの本質へと迫っていきます。アイデンティティなんて、一個じゃなくていいのかもしれない?「国籍ってダルいときない?」の処方箋、ここにあります。---ゲスト:SHINhttps://www.fullest-group.com/http://www.ninjabeatsofficial.com/Twitterhttps://twitter.com/ukulele_fullestホスト:井上拓美Twit…
 
今回は、アパレルブランド「10YC」を手がける下田将太くんと「トレンド追い続けるってダルいときない?」というテーマでお話しました。「10年着続けたいと思える高品質な服」を目指して、トレンドを追いかけるアパレル業界の常識とは全く異なるアプローチで服作りをしている下田くん。どうしてトレンドを追わないものづくりができるのか?私たち消費者が、トレンドに振り回されずにものを買うにはどうしたらいいのか?自分らしいものの買い方ってなんだろう?「トレンド追い続けるのがダルいとき」の処方箋、ここにあります。---ゲスト:下田将太10YCオフィシャルサイトhttps://10yc.jp/ Twitterhttps://twitter.com/shotarouzaemonhttps://twitter.com/1…
 
MIKKECASTは「〇〇ってダルいときない?」をテーマに、株式会社MIKKE代表井上拓美が毎回ゲストを迎えてゆるくお喋りする番組です。第2回は、東京と北海道に店舗を構えるシーシャカフェ「いわしくらぶ」を運営する磯川大地さんをお迎えして「一夫一妻制ってダルいときない?」をテーマにお話しました。奥さん一人と彼女が三人がいるポリアモリな磯川さん。そもそもどうして一夫一妻制なんだろう?時代や経済と結婚制度の関わりって?好きな人が二人以上できちゃったらどうしたらいいの?真剣に考えてみました。「一夫一妻制ってダルいとき」の処方箋、ここにあります。---ゲスト:磯川大地(いわしくらぶ)Twitterhttps://twitter.com/isokawadaichiいわしくらぶhttps://iwashi…
 
MIKKECASTは「〇〇ってダルいときない?」をテーマに、株式会社MIKKE代表井上拓美が毎回ゲストを迎えてゆるくお喋りする番組です。記念すべき第1回は、映像クリエーターの山下歩くんをお迎えして「一つのことをやり続けるってダルいときない?」をテーマにお話しました。やっぱり1つのことをやり続けなくちゃいけないの?続けるかやめるか迷ったときどうする?どうやったら何かをやり切ることができるの?「一つのことをやり続けることがダルいとき」の処方箋、ここにあります。---このpodcastはこちらの動画の撮影と合わせて収録されました。山下歩くんと井上拓美の対談動画「やりたいこと見つからないならこれを見ろ【座間味 with 井上拓美】」www.youtube.com/watch?v=tYhhbBHDww…
 
MIKKECASTは「〇〇ってダルいときない?」をテーマに、株式会社MIKKE代表井上拓美が毎回ゲストを迎えてゆるくお喋りする番組です。記念すべき第1回は、映像クリエーターの山下歩くんをお迎えして「一つのことをやり続けるってダルいときない?」をテーマにお話しました。やっぱり1つのことをやり続けなくちゃいけないの?続けるかやめるか迷ったときどうする?どうやったら何かをやり切ることができるの?「一つのことをやり続けることがダルいとき」の処方箋、ここにあります。---このpodcastはこちらの動画の撮影と合わせて収録されました。山下歩くんと井上拓美の対談動画「やりたいこと見つからないならこれを見ろ【座間味 with 井上拓美】」https://www.youtube.com/watch?v=tY…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login