show episodes
 
時代とともに、様々な変化を続けるJ-POPシーン。今までに、たくさんの人の努力によって、今の日本の音楽業界が作られてきました。この番組では、いろんな時代の最前線で日本の音楽シーンを動かしていた音楽メーカー、プロダクション、プロモーター、アーティストなどの様々な立場のMUSIC MASTERに登場してもらい、J-POPシーンを検証していきます。
 
「ツアー・オブ・ジャパン」副イベントディレクター。宇都宮ブリッツェン」テクニカルアドバイザー、「J SPORTS」サイクルロードレースレース解説者、の栗村修がお届けする”ロードレース”を中心とした自転車に関する様々なニュースをお届けする自転車情報チャンネルです。
 
Loading …
show series
 
皆さん、あけましておめでとうございます。 2019年もよろしくお願いします!!。 さて新春1回目の番組は・・・ いきなり届いたFRESH LIVE!の事実上サービス停止のお知らせが?? どうなる”サイクリングチャンネル”!? 紆余曲折のあった、ライブストリーミングプラットフォーム。 沢山のスポーツの競技団体の引っ越し先は・・・ インターフェイスを気に入ったので勿体ない(涙。 明らかになった2020年のUCIルール変更。 チームの最少人数、ランキング、レースのカテゴリなどが大きく変わります。 悩ましいTOJのカテゴリ。 1週間のステージレースの集客のデメリット。 サッカーJ3のガイネーレ鳥取の強化費獲得のスキーム。 ロードレースにはない開催地とのマッチングをする仕組みは”ガイネーレ鳥取”のこの…
 
今週は・・・・ カルロス・ゴーン氏の報道に見る日本の報道。 ワイドショー報道(??)の怖さ。 安田さんや体操協会騒動の報道にみるワイドショーの方法。 UCIから訂正のあった2019年シーズンのロードレースのポイント制度を改めてもう一度。 個人のポイントとチームのポイントの関係。 新ルールではどうなる?? ヨーロッパのチームがアジアのレースを走るメリットが出て来る?? 見えないUCIの将来像。 複雑なポイント制度はどこから来るのか?? 個人競技でありながら、団体競技という不思議な枠組み。 ツールドおきなわで感じた、”プロレース”と”"ホビーレース"の違い。 チームの戦い方と個人での戦いの違い。 ロードレースという競技の根源的な魅力は何?? 新たに必要だと感じる”価値観”。 などなどをお届けして…
 
今週は・・・・ テニス全米オープンで女子シングルスで大坂なおみ選手が快挙!! 世の中は”大坂なおみ”一色になってます。 日本とコスタリカをルーツにもつ大坂選手へ感じる羨ましさ。 サーシャコーチのコミュニケーション能力。 学ぶべきコミュニケーション能力。 プロスポーツ選手と国籍の違和感。 テニスのグランドスラムの1回戦に出場すれば賞金が平均300万円 ツール・ド・フランスのステージ優勝が160万円(驚愕。 ツール・ド・フランスが近代スポーツではない経済構造になっている。 スポーツ仲裁機構のJSAA-DP-2018-001号骨子発表問題。 ドーピング違反が起こった場合にはどのような順番で、選手、チーム、レース、協会に伝わるのか?? 知ってるようで知らないドーピング検査と発覚後のタイミングや通達順…
 
今週は・・・ 対馬に行ってきました!!。島1周200Kmあります(驚。 BJは対馬に行った事がありません。 ロードレースと観光PRのマッチング。 Amazonプライムビデオで公開されている”食べて 走って 勝って~レースに勝つための食事~”を見ました。 昨年のツール・ド・フランスに参戦したオリカ・スコットのシェフの目線からのドキュメンタリー。 海外スポーツメディアの表現力の多様さ。 実は10年前にBJもやっていた”ベルタ=エスパーニャ取材”の建て付け。 ロードレースファンではない層に支持されていました。 レースを主題にしない事でレースに興味を持ってもらう。 レースのダイジェストやレポートは実は見ない?? 体操協会が揺れています。 メディアの悪人叩きの表現が酷い。 体操協会の問題を別の視点で見…
 
今週は・・・ 週末は栗村さんもBJもシマノ鈴鹿へ・・・ シマノ鈴鹿で色々テストしながら中継技術を改良してきました。
将来的には5Gになるけれど。 技術とともにスポーツを魅せる技術が変わる。 野球でセンター側からピッチャーを映すのは予算のない所から始まったらしい。 自転車界の将来的な組織を妄想してみる。 プロチームと切り離した地域ブロック制が望ましい。 ロードにかかわらず自転車競技への幅広い間口が必要。 サイクルイベントのシンクタンク機能。 自転車競技は”球技”みたいなくくり。 地域によって自転車文化の違いの対応。 ロードレースに限らない事が重要 山口県自転車競技連盟のバランスの良い取り組み などなどをお届けしています。…
 
今週は・・・・ BJが1週間の長期出張の為、更新日がずれ込んでしまい申し訳けありませんでした。 伊豆でのインターハイのお手伝いと、熊野へ。 ツールド熊野のリニューアル計画進行中です。 改めて熊野の観光地をまわって改めてロードレースとの親和性を考える。 10年前より明らかに増えている外国人観光客の皆さん。 水面下で進行しているツールドおきなわの取り組み。 オリンピックのコースの評判は。 オリンピックコースの決定の経緯。 リオ五輪から変わったUCIのコース設計のコンセプト。 開催時期はIOCでコース設計はUCI、JCFさんには決定権はそもそもありません。 田中光輝さんの訃報。 田中光輝さんの戦歴を振り返る。 改めて感じる過去のスポーツの映像アーカイブのあり方。 などなどをお届けしています。…
 
今週は・・・・ 先週の収録後にみた、スカパーで放送中の”Jリーグラボ”という番組から学んだ事。 スポーツをビジネスとして考えると見えてくる沢山の問題。 ロードレースを使って収益構造を生む難しさ。 ツール・ド・フランスやロードレースの収益構造を考えてみる。 何故?フルームのグッズがないのか?? プロスポーツチームの殆どは投資対象として考えられている。 放映権の分配金がチームやリーグに好影響を与える。 ロードレースの放映権の根本的な問題。 日本のロードレースのプロ化を考える。 ツール・ド・フランスでさえ世界のスポーツビジネスとしては”負け組”であるというマインドセット。 来たるべきプロスポーツチームのインフレ時代。 ツール・ド・おきなわで新たに試みしている主催者、スポンサー、実施者3者の目標設定…
 
今週は・・・ サッカーワールドカップロスに悩まされるBJが、じっくりとCSの サッカー専門チャンネル”スカサカ”チャンネルを考察。 ワールがカップがもたらす、Jリーグの波及効果。 サッカーのルールが持つ奇跡の黄金比。 サッカーのルールが少し違うだけで、もしかしたら面白くなくなるかもという思考実験 ツール・ド・フランスのルールの黄金比が崩れつつあるのでは?? ここ10年でツールで消えてしまった様々な風景。 リスクを消す事で失われた魅力。 フランドルやパリ~ルーベなどのワンデーレースには残るロードレースの黄金比。 パワーメーター禁止、1チーム6名のラポルティアン案は黄金比を取り戻せるかも。 スペクタクルがあるから人々が熱狂する、熱狂するから市場が膨らむからお金が集まる。 などなどをお届けしていま…
 
今週は・・・ 西日本豪雨で沢山の被害がでています。 大規模災害で感じる情報発信の違和感。 東京から発信される情報の限界。 大規模災害時の情報発信のあり方を考えるべきなのでは・・・ 大規模災害時のスポーツ選手、スポーツ界の情報発信のあり方。 災害ボランティアに携わるNPO法人の難しさ。 BJからの提言。大規模災害時にロードレース界として取り組むべき提言。 選手会の必要性。 ビクトワール広島が募金を開始。 ロードレース界として出来る事を考えよう。 などなどをお届けしています。 今週は大規模災害とロードレース界との関わりを栗村さんと語っていますので、全編無料で公開したいと思います。くりらじ による
 
今週は・・・ ツール・ド・フランス開幕直前に出てきたフルーム問題。 ドーピング問題の根幹である”疑心暗鬼”のループ 辛辣なBJの意見。 フランスでロードレースの地位の変化を感じた栗村さん。 未だなんら対策のない、プロコンチネンタル以下のチームのドーピング防止策は?? 改めて、FIFAワールドカップの凄さ・恐ろしさを解説。 昔はシュール・リメカップと言われていました。 ワールドカップを骨格を考えたのは初代FIFA会長シュール・リメ サッカー解説者の中西哲生氏、戸田和幸氏、小澤一郎氏が共にYOUTUBEでゴリゴリの解説番組。 岡田元代表監督がFC今治を作った理由の一つ。 サッカー小僧達の大いなる夢”ワールドカップで勝つ事”の凄さ。 ツール・ド・フランスは”ワール・ド・カップ”ではないのです。 他…
 
今週は・・・・ 先週はスケジュールの都合がつかず収録できずに申し訳けありませんでした。 栗村さんもBJも仕事を終えツールドとちぎから無事帰ってきました!!。 タイムトライアルのライブの正解はわからない。 TOJの記者発表が無事終了。 今年のTOJのライブストリーミングは”スポーツブル”配信です。 プラットフォームとしての”スポーツブル”と"フレッシュ"の違い。 今年はTOJのライブストリーミングの映像制作はrockon制作ではありません。 未だ不確定な事がありますが現状では殆ど関与しない可能性が高いです。 事情は深く話せない事が沢山ですが、原因はBJの経営者としての判断ミスです。 ビジネスの世界は色々あるので、察してください(涙。 ビジネスの枠組みで完璧に負けてしまったBJの言い分。 JKA…
 
今週は・・・・・ JBCFからのプレスリリースを見てネットがザワついておりますが(笑。 改めて栗村さんがJBCFの理事に就任されました。 理事に就任するまでの経緯。 高まっている期待値に少し戸惑っています。 栗村さんを含めた新理事の顔ぶれを見ると理事としての”新人”ですから、すぐに大改革みたいな事はありません(笑。 人が入れ替わる事での期待感はあれども、”何をやるか”が重要です。 いい人達が集まって集団を作ってもそれがいい集団にはならない事は山ほどある。 いろいろな事をずつと考え続けたからこ正直ディフェンシブになってます。(笑。 現状は、計画をつくる計画をつくらないといけない状態です。 母体が大きな大きな組織は急ハンドルはキレません。 平昌冬季五輪のメダリスト達の発する言葉の質が変わってきて…
 
今週は・・・・・ オリンピックにいちゃもんをつけた2人が深く反省。 節操なくとても感動している2人でした(笑。 カーリングの画力がハンパない(笑。 オリンピックはそもそもスポーツファンよりもスポーツに興味のない人が引き込まれる。 カーリングはコストパフォーマンスがものすごくいい。 女子ホッケーがブレイク仕切れなかった理由。 男子カーリングの現状は・・ 残すべきチームを残せない事は偉いことになると力説するBJ。 日本ではスポーツは娯楽で文化ではないと痛感。 スポーツを国が利用する理由。 IS北見に感じる地域とスポーツの新たな関係性。 海外の選手のナショナルフェデレーションの登録は地元チームで登録している。 スポーツと地域のミニマムパッケージ。 スポーツを娯楽から文化に!! スポーツの価値を見直…
 
今週は・・・・・ 風邪を引いてしまって声がなんだか、おかしい栗村さん。 周辺がインフルエンザだらけ(笑。 IOCが壮行会やパブリックビューイングを禁ずる?? 権利を主張しすぎると・・・ 寛容な運用ができなければ、窮屈な状況になる。 権利は理解できるけれど、失った物も多いのでは?? スポナビライブがサービスを停止。 DAZNへコンテンツを移管。 どうなるか、ネットの新しいスポーツ配信。 電波放送とネット配信の設備投資の違い。 日本の状況のみで、スポーツの有料コンテンツは厳しいのか?? ソフトバンクでDAZNが980円になればかなりの勢力になるのでは?? ものすごいスピードで状況の変わっていくスポーツコンテンツ界 などなどをお届けしています。…
 
018年、明けましておめでとうございます!!。 今年もよろしくお願いいたします。 というわけで新年1回目の配信は・・・ 年末年始ののスペシャル番組でスポーツ番組数が減っています(泣。 箱根駅伝は過去最高の視聴率!!。 Huluで追っかけ配信の試みも・・ 競技性とドラマ性のバランスが変わってきている?? 冬季五輪の煽り番組が極端に少ない・・・・ 様々なスポーツ団体が具体的なアクションを起こす年になるのでは?? 水面下で動いている日本トップリーグ連携機構の動きが気になる。 FC今治にみる新しい試み。 ビズリーチでの求人項目がすごいです(笑。 アメリカの自転車競技連盟はビジネス経験のある人を公募した。 サッカー界の人材が1回転した感がある。 ワクワク感が無くなってきていますが、平凡なサラリーマンは…
 
今週は・・・・ もう年末になってしまいました。 JBCFが50周年を迎えてパーティがありました。 そもそも実業団連盟はどういう経緯で設立されたの?? ライジング出版さんが実業団の50周年史を作られてます!! 過去から未来を学ぶには周年史は重要です。 日本のロードレース史を少し紐解いてみました。 そもそも宇都宮で開催された世界選手権はどんな感じの背景で開催にこぎつけたの?? 第1期の世界へ飛びだそうとした森さんから市川さんの世代はどうゆう背景があったの?? 当時の栗村少年にとって市川雅敏選手はヒーローだった。 第1期世代を伝えたライターの存在。 自転車文化センターに自転車雑誌のすべてのバックナンバーがあるよ!! 2018年度に向けてのJBCFの方向性の記者発表は色々な意味での衝撃。 プレスリリ…
 
今週は・・・・ ジャパンカップが一段落して、テレビでは野球の日本シリーズをやっています。 BJは横浜DNAベイスターズと福岡ソフトバンクホークスどっちを応援してる?? 下関とベイスターズの関係。 なんだかんだ言いながらも変化してきた野球界。 BJが感じたサッカーの進化。 武田修宏のかつてのライバルが・・・・ サッカーは文化になりつつある。 Amazonプライムで配信中の『KEISUKE HONDA CAFE SURVIVE』を見て・・・ 本田選手と村井Jリーグのチェアマンの対談がハイブロー ロードレースでこの番組を作るのは不可能(笑。 さいたまクリテに甘噛みするBJ(笑。毎年の風物詩として聞き流してください(笑。 などなどをお届けしています。…
 
今週は・・・ 愛媛国体のライブストリーミングから無事帰宅!! 栗村さんは、京都、堺とTOJの打ち合わせから帰宅。 TOJのロケハンにいってきました。 修正点や改善点などの打ち合わせも・・・ 伊豆・富士山ステージの2年後は?? 伊豆での世界選手権が無くなったので・・・ TOJに関わって5年経過しましたが・・・ 大所帯にあるパンドラの箱(笑。 TOJの建て付け上、レースでレクターが全てをコントロールする事の難しさ。 5年の経験から感じる中央集権型のレース運営の可能性 栗村修だから出来るレースデレクターの役割とは?? 変化を感じる各ステージの皆さんのマインドセット。 TOJを中心にした他レースの変化 などなどをお届けしています。…
 
今週は・・・ 福井県大野市で開催された、都道府県対抗ロードのご報告。 究極の地域密着の国体というプラットフォームを使わないのは勿体ない。 ドーピング問題を再再度考えてみる。 11種類のサプリって選手間では当たり前の感覚なの?? ”メダル何個を目標とする”のような物言い サプリメントを摂取する動機とドーピングの動機は同じだから難しい。 ドーピング違反者に対してのもっと良い運用を・・・。 キャノンデール・ドラパックが資金不足 クラウドファンディングでは抜本的な解決はできない。 レース主催者のみが儲かるいびつな構造 チームの出来る事の限界。 ボーターズにはチームのオーナーではなくてもっと才能を活かせる場所があるのでは?? などなどをお届けしています。…
 
~ アーティストマネージメントから見た80年代の音楽シーンとは ~ミュージカルステーション設立からマネージメントに携わってきた立場から音楽シーンを振り返る。マネージメントにおいて権利ビジネスが最も注目を集めたのが80年代だった。JAPAN FM NETWORK による
 
~ アーティストマネージメントから見た80年代の音楽シーンとは ~ミュージカルステーション設立からマネージメントに携わってきた立場から音楽シーンを振り返る。シングル重視からアルバム重視へ、そしてコンサートに重点を置いたのが80年代だった。JAPAN FM NETWORK による
 
~ アーティストマネージメントから見た80年代の音楽シーンとは ~ミュージカルステーション設立からマネージメントに携わってきた立場から音楽シーンを振り返る。80年代に入りラジオを通じて、アーティストのキャラクターを積極的にプロモーションしていった。JAPAN FM NETWORK による
 
~ アーティストマネージメントから見た80年代の音楽シーンとは ~ミュージカルステーション設立からマネージメントに携わってきた立場から音楽シーンを振り返る。70年代はレコード会社のヒットを狙う姿勢からマネージメントととして学ぶものが多かった。JAPAN FM NETWORK による
 
~ メーカー、出版から見た80年代の音楽シーンとは ~ミディ、タワーレコードと経験した立場から音楽シーンを振り返る。月刊カドカワは当初、女性向けの小説誌だった。音楽アーティストの特集は松任谷由実が最初。JAPAN FM NETWORK による
 
~ メーカー、出版から見た80年代の音楽シーンとは ~ミディ、タワーレコードと経験した立場から音楽シーンを振り返る。80年代に入り、急激に海外の音楽情報が一般の人にも届き、輸入盤が流通され始めた。JAPAN FM NETWORK による
 
~ メーカー、出版から見た80年代の音楽シーンとは ~ミディ、タワーレコードと経験した立場から音楽シーンを振り返る。80年代、業界のポテンシャル以上の売り上げを求めて、何かを見失った時代。JAPAN FM NETWORK による
 
~ メーカー、出版から見た80年代の音楽シーンとは ~ミディ、角川書店と経験した立場から音楽シーンを振り返る。いきなり入社したばかりで「いけないルージュマジック」の大ヒットを経験。JAPAN FM NETWORK による
 
~ 流通、出版から見た80年代の音楽シーンとは ~ぴあ、タワーレコードと経験した立場から音楽シーンを振り返る。80年代の読者は情報をインデックス化する事で活用していたが、現在は、なかなか自分の好みの枠を越えてまで活用しない。JAPAN FM NETWORK による
 
~ 流通、出版から見た80年代の音楽シーンとは ~ぴあ、タワーレコードと経験した立場から音楽シーンを振り返る。80年代、ぴあ編集部内で、音楽においてカルチャーとエンターテインメントを線引きする傾向があった。JAPAN FM NETWORK による
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login