show episodes
 
ちょい文化(カル)オヤジの裏話をテーマに『江戸文化(カルチャー)通の老舗主人』が語る珍しい話と番組毎に作る『新和楽』&『祭り情報』、雑学書にもない知的好奇心を満足させるレア話が盛りだくさん。手軽に江戸東京通になれる講座。それが『江戸東京人セミナー2.0』です。番組の中で取り上げた話題を中心にサイトや当番組を取り上げる雑誌等の記事からも情報を入手できます。『江戸東京人セミナー2.0』が提供するメディアミックス型の情報を通じて、より深く、そして身近に“江戸東京”に親しんで頂ければ幸いです。
 
Loading …
show series
 
今回の江戸東京人セミナーは「屋号が印象的な老舗の特徴を学ぶ」という14年目の年間テーマでお話して頂くのにふさわしい方を満を持してお招き致しました。その方は江戸屈指の商業地と言われていた大伝馬本町通りに店を構える東京で最も古い刷毛とブラシの専門店・江戸屋の12代目、濵田捷利さんです。まず今回、300年以上続く江戸屋の歴史や由緒ある屋号の由来について当番組キーワード「知商」老舗の知識をテーマにお話していただきます。また番組後半では取り扱っている刷毛の特徴や若いリスナーの皆様にも参考になるブラシについてのお話などを当番組キーワード「知道」生活道具の知恵をテーマに伺いたいと思います。更に毎年お祭りの魅力をお伝えしている祭り特集号として今回は濵田さんが関わっているお祭りについてもお話していただきます。…
 
今回は「屋号が印象的な老舗の特徴を学ぶ」という14年目の年間テーマで 新春号としてお届けする番組に ふさわしい方をお招き致しました。 その方は、初詣客が多く訪れる浅草寺のある浅草を中心に大学芋などのサツマイモ菓子を販売している 「おいもやさん興伸」の齊藤浩一さんです。この芋菓子専門店を経営しているのが 東京で唯一の甘藷問屋・川小(かわこ)商店で、齊藤さんは、その会社の5代目ということになります。 まず今回番組では、川小商店の歴史や老舗芋問屋がサツマイモ菓子の小売りを始める事になった話を伺うと共に 屋号の由来も教えて頂きます。また、サツマイモを広める為に齊藤さんが行っている活動や 新たな試みなどについても伺いたいと思います。 そして、大学芋についての基礎知識を伺いながら「おいもやさん興伸」の味…
 
今回は「屋号が印象的な老舗の特徴を学ぶ」という14年目の年間テーマで年末年始の手土産を用意する季節にふさわしい方をお招き致しました。 その方は現在、日本で唯一楊枝を専門に取り扱っている「日本橋さるや」の九代目当主・山本亮太さんです。 まず今回、番組では「日本橋さるや」の屋号の由来や主な歴史を伺うと共に江戸時代の人々と楊枝との関係性についても教えて頂きたいと思います。 また、日用品として使われていた楊枝を時代背景を考慮して縁起の良い贈り物にした話など伺いたいと思います。 更に「日本橋さるや」を象徴する楊枝の材料である黒文字の特性を生かして山本さんが手掛けた新たな商品の話もして頂きたいと思います。 そして粋な江戸の名物とも言われている「日本橋さるや」の楊枝が入っている桐箱のデザインや個性的な定番…
 
今回の江戸東京人セミナーは「屋号が印象的な老舗の特徴を学ぶ」という14年目の年間テーマを象徴する番組として最初にお話して頂くのにふさわしい方をお招き致しました。その方は日本橋人形町の交差点近くにある刃物専門店「うぶけや」の八代当主・矢﨑豊さんです。まず今回、番組キーワード「知商」老舗の知識をテーマに235年以上続く「うぶけや」の歴史や屋号の由来についてお話して頂きます。また番組後半では「知道」生活道具の知恵という番組キーワードをテーマに「うぶけや」が主に取り扱っている包丁や鋏、そして毛抜などの歴史や特徴なども教えて頂きます。更にリスナーの皆様にとっても日常生活に欠かせない刃物のお手入れ方法についても矢﨑さんに伺いたいと思います。…
 
今回は2018年8月の末配信号の江戸東京人セミナーから2019年4月の末に配信した祭り特集号までの4回の番組を通じて私、内田彩が生徒で進行役として学んだ事の中から印象的な話を改めて聞きながら、その感想を“ノートにまとめる”ような気持ちでお届け致します。この特別企画の第1回目は11年目の江戸東京人セミナー2.0が配信した番組の“まとめ”として2017年、6月の末に配信しました。そして今回は「江戸東京の伝統的な“娯楽”に触れる」という13年目の年間テーマで配信した番組を「内田彩ノート・其の二」として振り返っていきたいと思います。更に当番組ならではの「新和楽のコーナー」の中から私がオススメの曲をお聴き頂きたいと思います。今回は、このような内容で江戸東京人セミナー2.0が1年間に配信した番組のハイラ…
 
今回の江戸東京人セミナーは「江戸東京の伝統的な“娯楽”に触れる」という13年目の年間テーマを親しみやすい内容で配信するのにふさわしい方をお招き致しました。その方は日本で最も古い遊園地と言われている浅草花やしきを運営する株式会社花やしきの代表取締役社長・弘田昭彦さんです。まず今回番組では浅草花やしきの165年以上もの歴史の中から特徴的な事柄について当番組キーワード「知商」老舗の知識をテーマにお話して頂きます。また番組後半では日本を代表する観光地の浅草にある遊園地の個性的なアトラクションの魅力について当番組キーワード「地遊」地域を遊ぶをテーマに教えて頂きます。更に浅草花やしきの新たな展開である多目的ホールのお話もして頂きます。そして下町の祭り情報をお伝えしている祭り特集号として今回は浅草花やしき…
 
今回の江戸東京人セミナーは「江戸東京の伝統的な“娯楽”に触れる」という13年目の年間テーマで江戸の粋な遊びについて、この季節に配信する番組にふさわしい方をお招き致しました。その方は江戸時代から高級料亭街として有名だった柳橋で夏の季語でもある舟遊びの伝統を継承している舟宿 小松屋の四代目・佐藤勉さんです。まず今回番組では、この小松屋が古くから船を使って商売をしていたという話や舟宿としての歴史について当番組キーワード「知商」老舗の知識をテーマにお話して頂きます。また番組後半では「地遊」地域を遊ぶという番組キーワードをテーマに時代背景を踏まえながら屋形船と舟遊びの変遷について佐藤さんから伺いたいと思います。更に小松屋の所有する屋形船の特徴やオススメの舟遊びのコースについて教えて頂きます。そして神社…
 
今回は「上野を象徴する老舗の食文化に触れる」という江戸東京人セミナー2.0の12年目の 年間テーマを前提に生徒で進行役の私、内田彩が10年目を迎えたことを記念して内田彩リポート第9回をお送り致します。このリポート番組の第1回目は2009年の5月の末に配信しました。 その時は浅草の老舗料亭について学んだ後だったので、この料亭で三社祭の日に開催された行事をリポートしました。このように番組で学んだことを実際にリポートするのが当番組の特徴です。そして今回は「1年間で学んだ上野の老舗の味を楽しむ」というコンセプトで12年目の番組の中で 私が特に興味を持ったことを確認してきました。まず最初に伺ったのは2017年8月の末配信号でお話をして下さった、うさぎやの4代目・谷口拓也さんの所でした。ここでは看板商品…
 
今回の江戸東京人セミナーは「上野を象徴する老舗の食文化に触れる」という12年目の年間テーマを前提として若いリスナーの皆様と近い感覚でお話して頂くのにふさわしい方をお招き致しました。その方は上野の地で創業して100年以上の歴史を持つ「洋食 黒船亭」の四代目・須賀利光さんです。 今回は当番組キーワード「知商」老舗の知識をテーマに初代が上野公園下に料亭「鶏鍋」を開業してから現在の「洋食 黒船亭」に至るまでの変遷を伺います。また「地食」江戸の食文化という当番組キーワードをテーマに家族連れから観光客まで幅広い層の方々に親しまれている黒船亭の料理への“こだわり”について教えて頂きます。更に老舗として上野の魅力を発信する為に行っている貢献活動についてもお話して頂きます。そして下町の祭り情報を伝える事が恒例…
 
今回は「上野を象徴する老舗の食文化に触れる」という12年目の年間テーマを リスナーの皆様と具体的に共有できる様な有名店の経営者の方をお招き致しました。 その方は上野公園内にある創業145年を迎えた西洋料理の老舗・株式会社精養軒の代表取締役社長、 酒井裕さんです。この精養軒の歴史が日本の洋食文化を語るに於いて欠かせないと言われています。 そんな精養軒の創業についての話や上野の地で開業するまでの経緯について時代背景を踏まえながら お話して頂きます。またテレビドラマの主人公になった精養軒出身のシェフの話や縁のある文豪に ついても伺いたいと思います。この様な歴史を伺うと共に現在の上野精養軒の社訓や“こだわり”に ついて酒井さんにお話して頂きます。更にリスナーの皆様に参考になる情報として上野の文化施設…
 
今回の江戸東京人セミナーは「上野を象徴する老舗の食文化に触れる」という12年目の年間テーマを前提として「地食」江戸の食文化という当番組らしいキーワードでお話をして頂くのに最もふさわしい方をお招き致しました。その方は現在の“どらやき”の形を考案した老舗として紹介されることが多い上野の“うさぎや”の四代目店主・谷口拓也さんです。この“うさぎや”は100年以上の歴史があり歴代の店主の方々は文化や芸術に造詣が深くて人脈も幅広かったということで今回番組では、創業のお話や文化人との交流などについて当番組キーワード「知商」老舗の知識をテーマに伺います。また東京を代表する和菓子の人気店が誇る看板商品の特徴や販売方法の“こだわり”についても教えて頂きます。そして谷口さんが新たな展開としてオープンさせた話題のカ…
 
今回の番組は2016年8月の末配信号の江戸東京人セミナーから2017年4月の末に配信した 祭り特集号までの4回の番組を通じて私、内田彩が生徒で進行役として学んだ事を 「内田彩ノート・其の一」として振り返っていくという新たな発想の番組です。 この11年目の江戸東京人セミナー2.0は私が個人的にも興味のある物作りや生活道具に関する事を テーマに老舗ご主人からお話を伺えたので有意義でした。そして今回、その中でも特に印象深かった お話を改めて聞きながら私が学んだ事や感想を“ノートにまとめる”ような気持ちで お届けしたいと思います。またゲストの方との収録後のエピソードなども交えながらお送り致します。 更に当番組ならではの「新和楽のコーナー」の中から私がオススメの曲をお聴き頂きたいと思います。 今回は、…
 
今回の番組は2016年8月の末配信号の江戸東京人セミナーから2017年4月の末に配信した祭り特集号までの4回の番組を通じて私、内田彩が生徒で進行役として学んだ事を「内田彩ノート・其の一」として振り返っていくという新たな発想の番組です。この11年目の江戸東京人セミナー2.0は私が個人的にも興味のある物作りや生活道具に関する事をテーマに老舗ご主人からお話を伺えたので有意義でした。そして今回、その中でも特に印象深かったお話を改めて聞きながら私が学んだ事や感想を“ノートにまとめる”ような気持ちでお届けしたいと思います。またゲストの方との収録後のエピソードなども交えながらお送り致します。更に当番組ならではの「新和楽のコーナー」の中から私がオススメの曲をお聴き頂きたいと思います。今回は、このような内容で…
 
今回の江戸東京人セミナーは「こだわりの伝統が作る生活道具を知る」という11年目の年間テーマを前提として「知道」生活道具の知恵という新しい番組キーワードでこの季節にお話して頂くのに最もふさわしい方をお招き致しました。その方は東京都指定伝統工芸品の「江戸すだれ」の職人さんで明治初期創業の田中製簾所の5代目・田中耕太朗さんです。そして現在、台東区千束に工房を構えている田中さんは東京都伝統工芸士の資格をお持ちで東京簾工業協同組合の理事長として伝統文化を守るための活動をされています。更に東京マイスターにも認定されている田中さんはまさに江戸すだれ職人の象徴とも言える方です。今回番組では、そんな田中さんから日本の風土にあった「江戸すだれ」という生活道具の基礎知識について分かりやすく伺いたいと思います。まず…
 
今回は「こだわりの伝統が作る生活道具を知る」という11年目の年間テーマで新春号として配信するSideB江戸東京人セミナーにふさわしい方をお招き致しました。 その方は株式会社コマチセンターの取締役・岩崎有希子さんです。この会社はコマチヘアの屋号で浅草に頭髪関係の専門店を数店舗展開している老舗です。今回番組ではコマチヘアの歴史を当時のエピソードを交えながらお話して頂きます。また看板娘として現在お父様とお兄様と共にコマチヘアの伝統を守っている岩崎有希子さんが家業に入ろうと思われた理由も同じ女性としてお聞きしてみたいと思います。そして私、内田彩が興味のあるテーマとして日本人女性の髪型の変化と“かんざし”との関係についても伺いたいと思います。更に和のテイストを若い世代に取り入れて頂くことをコンセプトに…
 
今回は「こだわりの伝統が作る生活道具を知る」という11年目の年間テーマをSideB江戸東京人セミナーらしく独自の視点と構成でこの時期に配信するのにふさわしい方をお招きしました。その方は暮らしを彩る趣味玩具として親しまれているジグソーパズルの老舗、株式会社やのまん・代表取締役社長の矢野成一さんです。この矢野さんの会社は日本でジグソーパズルがあまり知られていない時からその魅力に気づき国産第一号のジグソーパズルを開発して販売を始めたリーディング・カンパニーです。 まず今回番組では創業当初から現在に至るまで時代を意識して取り扱ってきた商品の変遷や会社の歴史を伺いたいと思います。 またジグソーパズルの基礎的な事が分かるようにお話を伺うと共に独創的な“やのまん製品”の特色も伺います。 そして東京浅草ロー…
 
「といてら・パートナー」になりたい、検討したい方は、この音声で「といてらの全体像」や「ビジネスチャンス」「ビジネスモデル」「起業ステップ」をお聞きください。パートナーの方は「何度も復習すること」で自分の言葉で話せるようになりましょう。toiee Lab による
 
「といてら・パートナー」になりたい、検討したい方は、この音声で「といてらの全体像」や「ビジネスチャンス」「ビジネスモデル」「起業ステップ」をお聞きください。パートナーの方は「何度も復習すること」で自分の言葉で話せるようになりましょう。toiee Lab による
 
「といてら・パートナー」になりたい、検討したい方は、この音声で「といてらの全体像」や「ビジネスチャンス」「ビジネスモデル」「起業ステップ」をお聞きください。パートナーの方は「何度も復習すること」で自分の言葉で話せるようになりましょう。toiee Lab による
 
「といてら・パートナー」になりたい、検討したい方は、この音声で「といてらの全体像」や「ビジネスチャンス」「ビジネスモデル」「起業ステップ」をお聞きください。パートナーの方は「何度も復習すること」で自分の言葉で話せるようになりましょう。toiee Lab による
 
「といてら・パートナー」になりたい、検討したい方は、この音声で「といてらの全体像」や「ビジネスチャンス」「ビジネスモデル」「起業ステップ」をお聞きください。パートナーの方は「何度も復習すること」で自分の言葉で話せるようになりましょう。toiee Lab による
 
「といてら・パートナー」になりたい、検討したい方は、この音声で「といてらの全体像」や「ビジネスチャンス」「ビジネスモデル」「起業ステップ」をお聞きください。パートナーの方は「何度も復習すること」で自分の言葉で話せるようになりましょう。toiee Lab による
 
「といてら・パートナー」になりたい、検討したい方は、この音声で「といてらの全体像」や「ビジネスチャンス」「ビジネスモデル」「起業ステップ」をお聞きください。パートナーの方は「何度も復習すること」で自分の言葉で話せるようになりましょう。toiee Lab による
 
# 4つの質問について答えます1. Learning Facilitator とは?2. 自分がよく知らないことでも、講座ができるのか?3. 自分の仕事と、どのようにつなげてやっていけばいいか?4. ラーファシとして講座をするときのニーズは?#00:00 - 28:15 ラーニングファシリテーターとは?- ラーニング = 学ぶ、ファシリテート = 促進する、簡単にする- ラーニングとは「個人的な出来事」、多様性がある- ファシリテートとは?どうやって促進するのか?# 28:16 - 39:08 自分がよく知らない講座では有効か?- 有効だ。その理由は何か?- 学習は「個人的なもの」という側面がある- よくできたコースなら、可能である- どのように行うのか?#39:09 - 49:58 自分の…
 
内容の概要は、以下の通りです。### 0 - 9:23 「といてら」とは何か?- アクティブラーニングと、どう違うのか?- アクティブラーニングが目指したことを十分に含んでいる活動- アクティブラーニングよりも、もっと広範囲。はっきりとした目標がある- 学び方自体を上げながら、学んでいくこと- これらは、ラーニングファシリテーション講座で学べる### 9:23 - 16:00「といてら」のターゲットは?- ターゲット「といてら」が、自分の強み、状況、ビジョンで決めていい- 各「といてら」で、独自教材を開発してもいい- ただし、理念を体現するものである必要がある- 不安があれば、相談して、一緒に改良をしていこう、アドバイスもする- 大切なのは「受講者」だ- 我々はフランチャイズの縦の関係ではな…
 
今回の江戸東京人セミナーは「こだわりの伝統が作る生活道具を知る」という11年目の年間テーマを前提として「知道」生活道具の知恵という新しい番組キーワードでお話して頂くのに最もふさわしい方をお招き致しました。その方は日本橋の橋のたもとに古くから店を構える漆器専門店・黒江屋の12代目当主、柏原孫左衛門さんです。この黒江屋の創業は1689年で宮内庁にも漆器をお納めしている名店です。このような伝統のある老舗ご主人に漆器の特徴と魅力を若いリスナーの皆様にも分かりやすくお話して頂きたいと思います。また日本を代表する伝統工芸品である漆器と時代背景との関係についても教えて頂きます。そして今から370年以上も前に京都で呉服販売をしていた柏原家が江戸に出て来て経営の多角化を行う様になった話などを当番組のキーワード…
 
今回は「節目の年を迎えた独特な伝統に触れる」という江戸東京人セミナー2.0の10年目の年間テーマを考慮しながら生徒で進行役の私、内田彩が8年目を迎えたことを記念して内田彩リポート第8回をお送り致します。このリポート番組の第1回目は2009年の5月の末でした。この時は前の月の4月の末に配信した江戸東京人セミナーで学んだ老舗料亭での催しをリポートしました。このように番組で学んだり縁のある所をリポートするのが当番組の基本です。そして2006年に江戸東京人セミナーが始まった当初から御遷座400年を迎えた神田明神や氏子地区の老舗ご主人には度々お世話になっています。また当番組の祭り情報のコーナーで神田祭の情報を私が7年間お伝えしています。 これらの関係を前提に今回は「神田明神の特徴を独自の視点で学ぶ」と…
 
今回は「節目の年を迎えた独特な伝統に触れる」という江戸東京人セミナー2.0の10年目の年間テーマを考慮しながら生徒で進行役の私、内田彩が8年目を迎えたことを記念して内田彩リポート第8回をお送り致します。このリポート番組の第1回目は2009年の5月の末でした。この時は前の月の4月の末に配信した江戸東京人セミナーで学んだ老舗料亭での催しをリポートしました。このように番組で学んだり縁のある所をリポートするのが当番組の基本です。そして2006年に江戸東京人セミナーが始まった当初から御遷座400年を迎えた神田明神や氏子地区の老舗ご主人には度々お世話になっています。また当番組の祭り情報のコーナーで神田祭の情報を私が7年間お伝えしています。 これらの関係を前提に今回は「神田明神の特徴を独自の視点で学ぶ」と…
 
今回の江戸東京人セミナーでは「節目の年を迎えた独特な伝統に触れる」という10年目の年間テーマを前提として日本の伝統文化の魅力をお伝えしながら江戸東京から元気を発信していきたいと思います。この今回の番組に最もふさわしい老舗ご主人は慶長元年、1596年に現在の千代田区・神田橋付近で酒屋兼居酒屋として創業した豊島屋本店の16代目当主・吉村俊之さんです。この今年420周年を迎えた豊島屋本店は江戸東京で最古の酒屋であり日本の居酒屋のルーツと言われています。今回番組では豊島屋本店の歴史や420年も続く老舗企業の特徴を当番組キーワード「知商」老舗の知識をテーマに吉村さんからお伺いしたいと思います。また、この季節に配信している祭り特集号として当番組キーワード「知衣」祭り衣装を知るをテーマに江戸の名物・豊島屋…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login