show episodes
 
製造業の「海外シフト」に完全対応。 全体を9章に分けて、51のテーマを掲げ(各項見開き2ページ立て)、現場で交わされる(頻度の高い)英会話表現を6つずつ紹介します。さらに各章の最後に付した「コラム」では、様々なすぐに役立つアドバイスを展開します。 本ポッドキャストでは書籍に対応する音声を配信します。
 
関西の一般女性によるpodcastです。80年代生まれがなつかしの90年代エンタメトークや芸能ネタ、その他雑談など、ゆるめに配信してます。perfume、ドラマ、時事ネタなど。物事の裏側、裏ネタ好きです。☆お引越ししました。▽radiotalk(ここだけの生配信もときどきしてます~)https://radiotalk.jp/program/7142▽ituneshttps://podcasts.apple.com/jp/podcast/id1573841216▽spotifyhttps://open.spotify.com/show/7JZ1sw2ow5a29A3NY6ZbtY?si=O1Fyjaj5SGa1oslSRmXbAA▽amazonmusichttps://music.amazon.co.jp/podcasts/02be22a2-acdd-4304-a3b4-a0d16d0ba5c4/
 
Loading …
show series
 
「オリックスへFA移籍の森友哉の人的補償は誰? ベテランか若手かプロテクト28人を予想 」 オリックスが国内フリーエージェント(FA)権を行使した森友哉捕手の獲得を発表した。森は旧球団である西武の年俸上位3位以内に入っていると推測され、西武はオリックスに対し金銭のみの補償(旧年俸の6割)か、人的補償及び金銭補償(旧年俸の4割)を要求することができる。今回は、西武が人的補償(及び金銭補償(旧年俸の4割))を要求した場合のオリックスのプロテクトリストを予想してみたい。株式会社グラッドキューブ による
 
「オリックス森友哉が入団会見でみせた捕手へのこだわり「中嶋監督の下で」「1試合でも多くマスクを」」 西武から国内FA権を行使してオリックスへ移籍した森友哉捕手(27)が26日、大阪市内のホテルで入団会見を行った。「1試合でも多くマスクをかぶることに意味があると思いますし、できれば全試合かぶるくらいの気持ちでやっていきたいと思います」と捕手へのこだわりを見せ、捕手出身の中嶋監督の下で、さらなるレベルアップを誓っていた。株式会社グラッドキューブ による
 
「【オリックス】西武からFA移籍の森友哉が入団会見「守備面も評価してもらいたい」背番号は「4」」 西武から国内フリーエージェント(FA)権を行使し、オリックスに移籍した森友哉捕手(27)が26日、大阪市内で入団会見を行った。背番号は「4」に決まった。会見に臨んだ森は「すごく嬉しく思います。小学6年生の時にオリックスジュニアでプレーした縁もありますし、中嶋監督が捕手出身で、自分もまだまだ捕手としてレベルアップできるんじゃないかなと思い、決断いたしました」と緊張した面持ちで語った。株式会社グラッドキューブ による
 
「ソフトバンク柳田が7度目のベストナインも「数字は納得いってない」 甲斐、今宮の3選手が受賞会見」 2022年度パ・リーグのベストナインに選ばれたソフトバンクの甲斐拓也捕手(30)、今宮健太内野手(31)、柳田悠岐外野手(34)が25日、オンラインで会見を行った。株式会社グラッドキューブ による
 
「ヤクルト村上宗隆とオリックス山本由伸が2年連続MVP 村上は2013年の田中将大以来の満票受賞」 「NPB AWARDS 2022 supported by リポビタンD」が25日に開催され、2022年シーズンの最優秀選手(MVP)が発表。セ・リーグはヤクルトの村上宗隆内野手(22)、パ・リーグはオリックスの山本由伸投手(24)が選ばれた。ともに2年連続2度目の受賞。村上は2013年の田中将大(楽天)以来となる満票での受賞となった。株式会社グラッドキューブ による
 
「ソフトバンク海野、大竹耕、椎野、増田が契約更改 海野は「甲斐離れ」決意「勝っていかないと」」 ソフトバンクの契約更改交渉が25日、福岡市内の球団事務所で行われ、海野隆司捕手(25)、大竹耕太郎投手(27)、椎野新投手(27)、増田珠内野手(23)の4選手がサインした。株式会社グラッドキューブ による
 
「2022年度プロ野球ベストナイン、村上宗隆、山本由伸は満票ならず」 プロ野球の2022年度ベストナインが24日、発表された。新聞社や放送局などで5年以上現場で取材しているプロ野球担当記者の投票で選ばれ、最多得票は三冠王に輝いた村上宗隆の298票だったが、宮﨑敏郎に1票入ったため満票とはならなかった。株式会社グラッドキューブ による
 
「オリックスドラフト1位の白鴎大・曽谷龍平「来年の目標は新人王」」 オリックスは24日、今秋ドラフト1位で指名した白鴎大・曽谷龍平投手(21)と仮契約を結んだ。背番号は17。曽谷は奈良県出身で、明桜高から進学した白鴎大では通算14勝をマーク。最速152キロのスリークォーター左腕は新人王を目標に掲げた。株式会社グラッドキューブ による
 
「西武育成ドラフト1位の野村和輝「持ち味は広角に長打を打てること」」 西武から今秋ドラフトで育成1位指名された日本海オセアンリーグ・石川の野村和輝内野手(19)が24日、石川県金沢市内で入団交渉に臨み、入団を内諾した。野村は身長183センチ、体重93キロの恵まれた体格で、東大阪大柏原高時代に高校通算27本塁打。石川ミリオンスターズでは投手としても最速151キロをマークするなど、高い野球センスと身体能力にかかる期待は大きい。株式会社グラッドキューブ による
 
「西武ユニフォーム8年ぶりリニューアル、15年ぶり「レオマーク」」 西武は23日、ベルーナドームで開催した「LIONS THANKS FESTA 2022」で、2023シーズンから着用する新ホームユニフォームの発表会を行った。15年ぶりに「レオマーク」が左袖部分にプリントされ、キャップやヘルメットの側面にも刻印されている。株式会社グラッドキューブ による
 
「中日移籍の涌井秀章にエースナンバーの背番号20、生え抜き以外で背負ったのは?」 阿部寿樹内野手との交換トレードで楽天から中日に移籍することになった涌井秀章投手の背番号が「20」に決まった。これまで杉下茂や権藤博、星野仙一らが受け継いできたエースナンバー。通算154勝右腕に与えられたのは期待の表れに他ならない。株式会社グラッドキューブ による
 
「ロッテ、アウトドアがコンセプトのボックス席「ogawaキャンプBOX」をZOZOマリンに新設」 ロッテは22日、2023年シーズンから本拠地ZOZOマリンスタジアムにアウトドアをコンセプトとしたテーブル付きのボックス席「ogawaキャンプBOX」(定員5~3名)を、フロア4(2階席)3塁側に新たに設置することを発表した。株式会社グラッドキューブ による
 
「ソフトバンク、来季「鷹の祭典」は東京、大阪などで9試合 「ファイト!九州デー」は6か所で開催」 ソフトバンクは22日、2023 年シーズンのイベント開催日程を発表した。毎年恒例の「鷹の祭典」は9試合予定されており、九州各地で開催される「ファイト!九州デー」は6試合、来年から名称が変更となる「タカガールデー」は2試合組まれている。株式会社グラッドキューブ による
 
「ロッテの通算本塁打ランキング ミスターロッテに初代」安打製造機」、3度の三冠王など多士済々」 過去には3度の三冠王を獲得した落合博満や、史上最年少となる31歳7か月で2000安打を達成した榎本喜八など数々の強打者を輩出してきたロッテ(前身球団を含む)。歴代の通算本塁打ランキングを紹介する。株式会社グラッドキューブ による
 
「オリックスドラフト3位の盛岡中央高・齋藤響介、また岩手から大投手誕生?」 オリックスは21日、今秋ドラフト3位で指名した盛岡中央高・齋藤響介投手(18)と仮契約を結んだ。背番号は26に決まった。齋藤は身長177センチ、体重72キロと細身ながら最速152キロを誇る本格派右腕。大谷翔平や菊池雄星、佐々木朗希ら好投手を輩出してきた岩手から、また大物が誕生するか。株式会社グラッドキューブ による
 
「【楽天】来季盛岡と山形で一軍公式戦 きたぎんボールパークでは初、山形県内では4年ぶり開催」 楽天は21日、2023シーズン一軍公式戦の主催試合を楽天生命パーク宮城以外に、岩手県盛岡市の「きたぎんボールパーク」、山形県山形市の「きらやかスタジアム」で開催することを発表した。盛岡市での一軍公式戦は2年連続17回目となるが、来春オープン予定のきたぎんボールパークでは初開催。山形県内では4年ぶりの開催となる。株式会社グラッドキューブ による
 
「DeNAの通算本塁打ランキング、トップは松原誠の330本塁打 現役では筒香嘉智とソトがランクイン」 2022年は最終盤まで前年覇者のヤクルトと優勝争いを演じたが、惜しくも2位フィニッシュとなったDeNA。かつてマシンガン打線として恐れられたベイスターズは、これまでに数々の強打者を輩出してきた。歴代の通算本塁打ランキングを紹介する。株式会社グラッドキューブ による
 
「阪神タイガースの歴代背番号14、岩貞祐太が継承する名選手の系譜」 阪神の岩貞祐太が背番号17から14に変更することになった。国内FA権を取得して去就が注目されていたが、残留を決断。かつて中村勝広や能見篤史らが背負った番号を継承し、今後の活躍が期待される。阪神の歴代背番号14を紹介しよう。株式会社グラッドキューブ による
 
「オリックス、東北福祉大のドラフト4位・杉澤龍と育成3位・入山海斗と仮契約 杉澤「球団を代表する選手に」」 オリックスは19日、今秋ドラフト4位で指名した東北福祉大の杉澤龍外野手(22)と、育成3位で指名した同大の入山海斗投手(22)と仮契約を結んだ。背番号は杉澤が「33」、入山が「032」に決まった。株式会社グラッドキューブ による
 
「【ロッテ】田中靖洋、松永昂大の引退記念グッズを受注販売 フェイスタオル、Tシャツなど4種類」 ロッテは19日、マリーンズオンラインストア限定で今季限りでの現役引退を発表した田中靖洋投手と松永昂大投手の引退記念グッズの受注販売を行うことを発表した。販売期間は11月20日から27日まで。株式会社グラッドキューブ による
 
「【ルーキー通信簿】ヤクルトは丸山和郁が新人初の優勝決定サヨナラ打、山下輝は終盤にプロ初勝利」 2022年のプロ野球も新人選手の活躍が目立った。ヤクルトの新人ではドラフト1位の山下輝投手(法政大)と2位の丸山和郁外野手(明治大)が一軍戦力となる活躍。そのほかに、投手では3位の柴田大地(日本通運)と5位の竹山日向(享栄高)も一軍デビューを飾っている。各選手の活躍度を通信簿形式で5段階評価した。株式会社グラッドキューブ による
 
「オリックスドラフト5位の富島高・日髙暖己、「山本由伸2世」目指す本格派右腕」 オリックスは18日、今秋ドラフトで5位指名した富島高・日髙暖己投手(18)と仮契約を結んだ。背番号は47。チームメイトとなる山本由伸も同じ宮崎の都城高から入団した本格派右腕と共通点は多く、偉大な先輩に続く飛躍が期待される。株式会社グラッドキューブ による
 
「【楽天】ファンクラブを「CLUB EAGLES」にリニューアル、21日より入会受付開始」 楽天は18日、2023シーズンのイーグルス公式ファンクラブを「TEAM EAGLES」から「CLUB EAGLES」にリニューアルし、11月21日(月)より順次、継続手続きおよび新規入会受付を開始することを発表した。受付開始に伴い、早期入会キャンペーンも期間限定で実施される。株式会社グラッドキューブ による
 
「DeNA・砂田毅樹と中日・京田陽太のトレードが成立 中日は阿部に続き二遊間の主力を相次いで放出」 DeNAの砂田毅樹投手(27)と中日の京田陽太内野手(28)のトレードが成立したことが18日、両球団から発表された。これで今オフのトレードは早くも6件目で、中日は15日の阿部寿樹に続き2件目、DeNAは初となる。株式会社グラッドキューブ による
 
「西武、11.23ファン感で「獅子リアンライス」最後の販売 「あったかグルメ」は全18種類」 西武は18日、11月23日(水・祝)にベルーナドームで開催するLIONS THANKS FESTA 2022にて、食べると体がポカポカ温まる「あったかグルメ」を販売することを発表した。ラーメンやぜんざい入り抹茶など、全18種類の温かい商品がラインナップ。2017年の監督就任時に辻󠄀発彦前監督がプロデュースし、ファンから大人気の「獅子リアンライス」は、この日が最後の販売となる。株式会社グラッドキューブ による
 
「オリックスが吉田正尚のポスティングを承認、「小さいときからの夢」メジャー挑戦へ」 オリックスは17日、メジャーリーグ挑戦を希望していた吉田正尚外野手(29)のポスティングシステム申請を承認すると発表した。今後、球団が申請するとMLBに契約可能選手として通知され、45日間、獲得を希望する全球団と交渉が可能になる。交渉成立すれば、晴れてメジャーリーガー・吉田正尚の誕生だ。株式会社グラッドキューブ による
 
「東京ヤクルトスワローズの18番を背負ってきた名選手、奥川恭伸が受け継ぐエースナンバーの系譜」 ヤクルト・奥川恭伸の背番号が11から18に変更される。2021年に9勝を挙げて優勝に貢献したが、2022年は3月29日の巨人戦に登板したのみ。2023年からエースナンバーを背負って心機一転を図る。これまでヤクルトの18番を背負ってきた選手を紹介しよう。株式会社グラッドキューブ による
 
「オリックスドラフト2位の日本航空石川高・内藤鵬、目標は500本塁打」 オリックスは16日、今秋ドラフトで2位指名した日本航空石川高・内藤鵬内野手(18)と仮契約を結んだ。背番号は25。 高校通算53本塁打をマークした右打ちのパワーヒッターは「通算500本塁打を目標に頑張っていきます!」と大きな目標を掲げた。株式会社グラッドキューブ による
 
「オリックスがFAの目玉・森友哉を獲得、山本由伸と黄金バッテリー結成へ」 オリックスは16日、西武からFA宣言していた森友哉捕手(27)の獲得を発表した。森は今オフFA戦線の目玉。日本一に輝いたオリックスは正捕手を固定できていないこともあり、連覇に向けて最高の補強となった。株式会社グラッドキューブ による
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login