show episodes
 
製造業の「海外シフト」に完全対応。 全体を9章に分けて、51のテーマを掲げ(各項見開き2ページ立て)、現場で交わされる(頻度の高い)英会話表現を6つずつ紹介します。さらに各章の最後に付した「コラム」では、様々なすぐに役立つアドバイスを展開します。 本ポッドキャストでは書籍に対応する音声を配信します。
 
「サッカーはなんどでも楽しい!!!」そんな思いを込めたニュース&コラム的なサッカー・ポッドキャストです。MCが舌戦を繰り広げつつ、独自の視点でFootballの情報と魅力を語ります。そして時には各種結果速報・移籍情報もいち早くお届け。サッカーライフをさらに充実させる放送をぜひお楽しみください。
 
Loading …
show series
 
「【5月17日プロ野球公示】ソフトバンク・デスパイネ、オリックス・吉田正尚、巨人・吉川尚輝ら登録」 日本野球機構は5月17日の出場選手登録、登録抹消を公示した。株式会社グラッドキューブ による
 
「ノーノ―達成のソフトバンク・東浜巨が中5日で西武と再戦 故郷沖縄で與座海人と先輩後輩対決」 西武とソフトバンクは今日17日から、沖縄のセルラースタジアム那覇で2連戦を戦う。初戦の先発は西武が與座海人、ソフトバンクが先週11日の同戦でノーヒットノーランを達成したばかりの東浜巨。沖縄出身投手同士の対決となったこの試合、故郷に錦を飾るのはどちらか注目の一戦となる。株式会社グラッドキューブ による
 
「ドラフト下位指名から逆襲した選手たち、阪神・中野拓夢、小川一平らが活躍」 2021年に盗塁王のタイトルを獲得した阪神・中野拓夢は2020年ドラフト6位入団だ。また、中継ぎで活躍する湯浅京己も2018年ドラフト6位、クローザーとして活躍する岩崎優も2013年ドラフト6位と下位指名選手が活躍している。阪神の主なドラフト下位指名選手を紹介する。株式会社グラッドキューブ による
 
「パ・リーグ球団別週間MVP、楽天・島内がリーグNo.1 オリックス・伏見、日本ハム・松本剛が大暴れ」 先週のパ・リーグは、最下位・日本ハムがソフトバンクを3タテするなど4連勝で、5位ロッテに1ゲーム差と肉薄。主将・近藤健介が不在の中、徐々にチーム状態は上がってきている。SPAIAでは5月10日から5月15日までのwRAAを集計。本塁打数や安打数も含めて打撃面で貢献度の高い選手を「週間MVP」として球団別に紹介する。株式会社グラッドキューブ による
 
「セ・リーグ球団別週間MVP、中日マルティネスが12球団トップ、巨人ポランコも上昇」 セ・リーグは混戦模様に拍車がかかってきた。先週は首位ヤクルトが2勝2敗1分け、2位・広島が2勝1敗1分け、3位・巨人が3勝2敗と抜け出すチームはなかった。SPAIAでは5月10日から15日までのwRAAを集計。本塁打数や安打数も含めて打撃面で貢献度の高い選手を「週間MVP」として球団別に紹介する。株式会社グラッドキューブ による
 
「【5月16日プロ野球公示】DeNA・東克樹、阪神・浜地真澄、西武・平井克典ら抹消」 日本野球機構は5月16日の出場選手登録、登録抹消を公示した。株式会社グラッドキューブ による
 
「【楽天】7月に「イーグルスフェスティバル」開催 音楽×アート×アウトドアで楽天生命パーク彩る」 楽天は16日、ファン・選手・スタジアムが一体となって楽しむことができる「イーグルスフェスティバル」を、7月7~ 9日の3日間、楽天生命パーク宮城にて開催することを発表した。メインビジュアルには、作家・土屋康一氏の鮮やかな色彩が特徴的な作品「祈願」を起用。株式会社ヘラルボニーとの初のコラボレーション作品で、コラボグッズも展開する予定だ。株式会社グラッドキューブ による
 
「西武ファンの新川優愛さんが始球式登板、自身プロデュースの「獅子女ユニフォーム」で」 西武が「ライオンズ獅子女デー」と銘打った15日の楽天戦(ベルーナドーム)で、女優の新川優愛さんが始球式に登板した。埼玉県出身で西武ファンの新川さんは「獅子女」の代表として、自身がプロデュースした「獅子女ユニフォーム」を身にまとって登場。地元ファンの前で無事に大役を務めた。株式会社グラッドキューブ による
 
「【5月15日プロ野球公示】DeNA宮﨑敏郎が一軍復帰、巨人は菊地大稀と廣岡大志を抹消、畠世周と北村拓己を登録」 日本野球機構は5月15日の出場選手登録、登録抹消を公示した。株式会社グラッドキューブ による
 
「巨人は今季先発初勝利目指す髙橋優貴でカード3連勝へ 中日先発は連敗の雪辱期す柳裕也」 東京ドームで行われている巨人と中日の3連戦は、1・2戦目ともに巨人が制して今日の3戦目を迎える。巨人の先発・髙橋優貴はここ2試合先発での起用も、6回途中2失点、5回途中1失点。今日は長いイニングを投げ、先発としての役割を果たしたいところだ。一方、中日先発の柳裕也は今季巨人戦2試合で防御率7.82。今日は雪辱を期すマウンドとなる。株式会社グラッドキューブ による
 
「【5月14日プロ野球公示】オリックス・山本由伸と杉本裕太郎、中日・髙橋宏斗、ロッテ・佐藤奨真ら登録」 日本野球機構は5月14日の出場選手登録、登録抹消を公示した。株式会社グラッドキューブ による
 
「3試合連続完投中の阪神・青柳晃洋がスライド先発、DeNAは防御率1位の上茶谷大河」 阪神は昨季、最多勝と最高勝率の2冠に輝いた青柳晃洋が先発する。現在、3試合連続完投を継続中で、14日も完投すれば球団では2003年井川慶以来19年ぶりの4試合連続完投。防御率1位の上茶谷大河と見応えのある投手戦が期待される。株式会社グラッドキューブ による
 
「西武が新外国人ヘレラ投手と育成契約、コロンビア出身24歳 渡辺GM「日本でさらにレベルアップして」」 西武は14日、育成選手としてジャシエル・ヘレラ投手(24)の入団が決定したことを発表した。背番号は116。育成契約での外国人選手獲得は、昨日13日に入団会見を行ったロマー・コドラド外野手に続き今季2人目となる。株式会社グラッドキューブ による
 
「【5月13日プロ野球公示】オリックス福田周平、楽天・茂木栄五郎、日本ハム・杉谷拳士ら登録」 日本野球機構は5月13日の出場選手登録、登録抹消を公示した。株式会社グラッドキューブ による
 
「【月間MVP】セは大瀬良大地と岡本和真、パは佐々木朗希と西川遥輝が受賞」 プロ野球の3、4月度「大樹生命月間MVP賞」が発表され、セ・リーグは大瀬良大地(広島)と岡本和真(巨人)、パ・リーグは佐々木朗希(ロッテ)と西川遥輝(楽天)が受賞した。株式会社グラッドキューブ による
 
「ロッテ佐々木朗希が3度目のオリックス戦先発、勝てばハーラートップタイ」 ロッテ・佐々木朗希が今季3度目となるオリックス戦(京セラドーム大阪)に先発する。オリックス戦は完全試合を含めて2戦2勝。勝てば4勝目でハーラートップに並ぶマウンドで、「令和の怪物」がどんな投球を見せるか注目だ。株式会社グラッドキューブ による
 
「自由契約から巨人で復活した選手たち 中島宏之や井端弘和、石井義人が貴重な戦力に」 巨人の補強といえばFA選手や大物メジャーリーガーの獲得がイメージされる。もちろんそういった」大型補強」もあるものの、他球団を自由契約となった選手を戦力と変えてきたパターンも多い。現役では中島宏之や田中豊樹に八百板卓丸。その他では井端弘和や石井義人がそれにあたる。株式会社グラッドキューブ による
 
「オリックス次期ブレイク候補は野口智哉と池田陵真、主力離脱でチャンス到来?」 吉田正尚が新型コロナ感染で抹消されるなど主力の離脱が相次ぐオリックスで「ピンチはチャンス」とばかりにギラギラと目を輝かせて必死にアピールする若手選手の存在は頼もしい。ドラフト2位・野口智哉と同5位・池田陵真は一軍での出場機会が増えそうだ。昨季は宮城大弥らが台頭したオリックスで、今季はルーキー2人のブレイクが期待される。株式会社グラッドキューブ による
 
「【5月12日プロ野球公示】阪神が秋山拓巳とロハス・ジュニア抹消、西武は松本航ら3選手抹消、ロッテはマーティンを登録」 日本野球機構は5月12日の出場選手登録、登録抹消を公示した。株式会社グラッドキューブ による
 
「巨人は菅野智之が復帰登板、エースで連敗ストップなるか DeNAは大貫晋一が先発」 一昨日の新潟での試合から1日空けて、今日は横浜スタジアムで行われるDeNAと巨人の一戦。巨人は菅野智之が4月29日の阪神戦以来の先発マウンドに上がる。右ひじの違和感のため登録を抹消されていたが、どの程度状態が戻っているのか注目だ。DeNAの先発・大貫晋一は、前回登板した4日の中日戦で今季初勝利、今日の登板で連勝なるか。株式会社グラッドキューブ による
 
「ドラフト下位指名から逆襲した選手たち、日本ハム今川優馬、北山亘基らが活躍」 最下位に低迷する日本ハムでドラフト下位指名選手が奮闘している。2020年ドラフト6位の今川優馬、2021年ドラフト8位の北山亘基は同期入団選手と比べても出色だ。振り返ると杉谷拳士は2008年6位、上沢直之は2011年6位だった。過去の下位指名からプロ入りして活躍した選手を紹介する。株式会社グラッドキューブ による
 
「【5月11日プロ野球公示】西武・オグレディ、中日・鵜飼航丞ら抹消 日本ハム・髙濱祐仁ら登録」 日本野球機構は5月11日の出場選手登録、登録抹消を公示した。株式会社グラッドキューブ による
 
「巨人軍・原辰徳の偉大なる足跡 ONの後継者は球史に残る名将へ」 巨人監督・原辰徳は、巨人一筋で打者としても指導者としても実績を残してきた。アマ時代は父・貢と親子で東海大学の黄金時代を築き、1980年ドラフト1位で「ONの後継者」として巨人に入団した。現役時代は、巨人の4番として1000本安打を記録。さらに、監督としては一昨年、巨人軍の監督最多勝に躍り出るなど、輝かしい実績を残している。株式会社グラッドキューブ による
 
「鯉キラー復活なるか阪神・秋山拓巳が先発、広島先発は防御率リーグ3位と好調の九里亜蓮」 甲子園で行われている阪神-広島の3連戦。昨日の初戦は、広島が先発・床田寛樹の今季初完封で、3-0と快勝した。今日先発の九里亜蓮は今季リーグ3位の防御率2.13と好調。2試合連続完封なるか注目だ。一方の阪神は開幕から広島戦6敗1分けと、苦しい戦いが続いている。今日先発の秋山拓巳は昨季10試合対戦して防御率1.97と広島を得意としていた。鯉キラーで初勝利といきたい。株式会社グラッドキューブ による
 
「【5月10日プロ野球公示】中日・石川昂弥と平田が抹消、根尾ら登録 阪神・マルテ、巨人・中田翔が登録」 日本野球機構は5月10日の出場選手登録、登録抹消を公示した。株式会社グラッドキューブ による
 
「【楽天】今年のサマーユニは「EAGLES EARTH GREEN」 銀次「グリーンがすごく好き、強いイメージ」」 楽天は10日、本拠地の楽天生命パーク宮城にて2022 SUMMERユニフォーム「EAGLES EARTH GREEN」の発表会見を行った。会見には銀次と鈴木大地が出席し、新ユニフォーム姿を初披露。銀次は「2013年優勝した年にグリーンを着ていたので、いいイメージしかない。すごく鮮やかで、東北、杜の都というところで、このグリーンがすごく自分も好きですし、強いイメージがあります」と率直に印象を語った。株式会社グラッドキューブ による
 
「11連勝狙う楽天の先発は開幕からHQS続ける田中将大 ロッテは小島和哉が今季初勝利目指す」 破竹の10連勝でガッチリ首位をキープしている楽天は、今日から本拠地・楽天生命パークでロッテと3連戦を戦う。初戦の先発は、楽天・田中将大とロッテ・小島和哉。両者は4月26日に一度対戦し、互いに譲らぬ好投で両者勝ち負け付かず、延長戦の末、楽天が勝利している。今日の再戦でも白熱の投手戦となるのか注目だ。株式会社グラッドキューブ による
 
「ドラフト最多競合ドラ1の今、年度別「目玉選手」のプロ入り後の成績は?」 アマチュア野球選手の評判や実績は、プロ入り後の成績と必ずしも一致しない。ケガに苦しんだり、指導者に恵まれなかったり、本人の練習不足だったり、原因はいろいろあるだろう。ドラフト年度別の最多競合選手のプロ入り後の成績を紹介する。株式会社グラッドキューブ による
 
「パ・リーグ球団別週間MVP 西武・山川、ソフトバンク・柳田ら上位陣の主砲が爆発、日本ハム・清宮に覚醒の兆し」 先週のパ・リーグは、首位・楽天と2位ソフトバンクがともに6連勝。楽天は前週から続く連勝を10に伸ばし、勝率は8割に迫る勢いだ。SPAIAでは5月3日から5月8日までのwRAAを集計。本塁打数や安打数も含めて打撃面で貢献度の高い選手を「週間MVP」として球団別に紹介する。株式会社グラッドキューブ による
 
「セ・リーグ球団別週間MVP、西川龍馬がリーグトップ、広島勢が大躍進」 先週のセ・リーグはヤクルトが5勝1敗と星を伸ばし、今季初の単独首位に浮上した。SPAIAでは5月3日から8日までのwRAAを集計。本塁打数や安打数も含めて打撃面で貢献度の高い選手を「週間MVP」として球団別に紹介する。株式会社グラッドキューブ による
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login