show episodes
 
スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える情報メディア「SPAIA」からプロ野球のニュースとコラムをお届けします。プロ野球のニュースやコラム、スタッツ情報、雑学などの記事をお楽しみいただけます。
  continue reading
 
製造業の「海外シフト」に完全対応。 全体を9章に分けて、51のテーマを掲げ(各項見開き2ページ立て)、現場で交わされる(頻度の高い)英会話表現を6つずつ紹介します。さらに各章の最後に付した「コラム」では、様々なすぐに役立つアドバイスを展開します。 本ポッドキャストでは書籍に対応する音声を配信します。
  continue reading
 
関西の一般女性によるpodcastです。80年代生まれがなつかしの90年代エンタメトークや芸能ネタ、その他雑談など、ゆるめに配信してます。perfume、ドラマ、時事ネタなど。物事の裏側、裏ネタ好きです。☆お引越ししました。▽radiotalk(ここだけの生配信もときどきしてます~)https://radiotalk.jp/program/7142▽ituneshttps://podcasts.apple.com/jp/podcast/id1573841216▽spotifyhttps://open.spotify.com/show/7JZ1sw2ow5a29A3NY6ZbtY?si=O1Fyjaj5SGa1oslSRmXbAA▽amazonmusichttps://music.amazon.co.jp/podcasts/02be22a2-acdd-4304-a3b4-a0d16d0ba5c4/
  continue reading
 
妖怪&ふしぎな話マガジン【幻燈怪奇】のサポートブログです。主に作品のPodcast配信を行なっています。 ※ 本家サイトはこちら!→http://gentou-kaiki.tumblr.com 【幻燈怪奇】
  continue reading
 
Loading …
show series
 
「西武と「JUNON」がコラボ 髙橋光成ら5投手によるワチャワチャトークなど「イケ獅子たちに恋をする。」特集」 西武は20日、「JUNON」2024年4月号(2月22日(木)発売)内で、ライオンズの特集誌面が掲載されることを発表。栗山巧のソロインタビューのほか、髙橋光成・隅田知一郎・佐藤隼輔・武内夏暉・今井達也の5投手による企画も掲載される。株式会社グラッドキューブ による
  continue reading
 
「ソフトバンク野村勇が「左坐骨疲労骨折」 リハビリ組へ移管、全治は未定」 ソフトバンクの野村勇に「左坐骨疲労骨折」が判明。球団発表によると、復帰時期は「未定」だという。株式会社グラッドキューブ による
  continue reading
 
「DeNA「ガルフェス」恒例のスペシャルユニお披露目 山本祐大「今までになかった明るい柄」」 DeNAは恒例イベント「YOKOHAMA GIRLS☆FESTIVAL 2024 Supported by ありあけハーバー」で女性来場者にプレゼントするスペシャルユニフォームのデザインをお披露目した。今年で10回目を迎える「ガルフェス」は4月12日からのヤクルト3連戦で実施される。株式会社グラッドキューブ による
  continue reading
 
「2024年度プロ野球出身大学ランキング 明治大がトップ、亜細亜大が続く」 2024年の日本プロ野球界に最も多くの現役選手を輩出している大学は明治大が26人でトップ、亜細亜大が22人で2位、慶応大と法政大が16人で3位となっている。出身大学をランキング形式で紹介しよう。株式会社グラッドキューブ による
  continue reading
 
「2024年度プロ野球出身高校ランキング 最多は大阪桐蔭も勢力図に異変?」 2024年のプロ野球界に最も多くの選手を輩出している高校はどこだろうか。現役選手の出身高校ベスト10をランキングで紹介しよう。株式会社グラッドキューブ による
  continue reading
 
「憧れの「11」背にさらなる飛躍を オリックス・山下舜平大が突き進むエース道」 オリックスの山下舜平大が14日に実戦形式のライブBPで登板。昨年8月末以来となる打者相手の投球を実施した。昨年はシーズン最終盤とポストシーズンで登板が叶わなかった右腕だが、2年連続の開幕投手に向けて順調な仕上がりぶりを披露している。株式会社グラッドキューブ による
  continue reading
 
「ソフトバンク長谷川威展、現役ドラフトでブレイクした大竹耕太郎の再来なるか」 2022年度から始まったプロ野球の現役ドラフト。2023年度の移籍選手で期待の大きい一人が、日本ハムからソフトバンクに移籍した長谷川威展だ。昨季イースタン・リーグで最多勝に輝いた変則左腕がソフトバンクの救世主となるか。株式会社グラッドキューブ による
  continue reading
 
「再起をかけた「2.15ヤクルト戦」リベンジも。ロッテ・二木の今季初登板は2回5安打4失点」 ロッテの二木康太が15日のヤクルト戦で先発登板も、2回4失点とアピールできず。2021年には開幕投手も務めた背番号18だが、昨季はルーキーイヤー以来となる一軍登板ゼロ。1年前に負傷した嫌な記憶の残る「2月15日のヤクルト戦」で逆襲への弾みをつけたいところだったが、厳しい船出となった。株式会社グラッドキューブ による
  continue reading
 
「【中日】大野雄大と大島洋平のベテランコンビは現状維持、岡林勇希が急上昇 2024年俸ランキング」 昨季は球団史上初となる2年連続の最下位に終わった中日。2024年の年俸トップは大野雄大と新加入の中田翔の3億円となった。小笠原慎之介は年俸9300万円で大台に惜しくも届かず。昨季自身初のフルイニング出場を達成した岡林勇希が3300万円アップで8位に浮上した。株式会社グラッドキューブ による
  continue reading
 
「糸井嘉男氏がキャンプで見つけたイチ押し選手【北海道日本ハムファイターズ編】」 糸井嘉男SPAIA公式シニアアンバサダーが北海道日本ハムファイターズの春季キャンプを視察し、目に留まった選手をピックアップした。万波中正外野手(23)の名前を挙げ、「3割40発を打てる素材」と絶賛。昨季25本塁打を放ったスラッガーのさらなる飛躍を予言した。株式会社グラッドキューブ による
  continue reading
 
「糸井嘉男氏がキャンプで見つけたイチ押し選手【阪神タイガース編】」 糸井嘉男SPAIA公式シニアアンバサダーが阪神タイガースの春季キャンプを視察し、目に留まった選手をピックアップした。名前が挙がったのは前川右京外野手(20)、野口恭佑外野手(23)、門別啓人投手(19)の若手3人。糸井氏は「タイガースは層の厚みを増しています」と2年連続日本一を目指す古巣の若手が成長している状況に目を細めた。株式会社グラッドキューブ による
  continue reading
 
「不振続くソフトバンクのドラフト1位。成長待たれる高卒3人衆」 ソフトバンクと言えば、千賀滉大や甲斐拓也、石川柊太、周東佑京ら育成出身選手の活躍で知られる。その一方で、あまり目立たないのがドラフト1位入団の選手だ。ここ10年のドラ1で今年も戦力として計算できるのは松本裕樹くらい。井上朋也、風間球打、イヒネ・イツアらの成長が待たれる。株式会社グラッドキューブ による
  continue reading
 
「FAで17人を獲得したソフトバンクホークス、移籍選手の「その後」は?」 西武からソフトバンクに移籍した山川穂高。FAには賛否両論あったが、過去の栄光は忘れて今一度、真摯に野球に取り組む以外にないだろう。これまでFA選手を17人獲得したソフトバンク。歴代の移籍選手と移籍後の成績を振り返る。株式会社グラッドキューブ による
  continue reading
 
「【ヤクルト】守護神・田口麗斗が3位に浮上、青木宣親が大幅ダウン 2024年俸ランキング」 昨季リーグ連覇からまさかの5位に沈んだヤクルト。2024年の年俸トップは不動の4番・村上宗隆の6億円となった。国内FA権を行使せず残留し、3年総額5.5億円で新たな契約を結んだ守護神・田口麗斗がトップ3入り。1億円プレーヤーは昨年より1人増え8人となった。株式会社グラッドキューブ による
  continue reading
 
「【巨人】戸郷翔征、大城卓三バッテリーが揃って大台突破 世代交代の気配漂う2024年俸ランキング」 昨季2年連続の4位に沈み、今季から阿部慎之助新監督が指揮を執る巨人。エースの戸郷翔征は昨年の9000万円から倍増で、球団の高卒投手としては最速となる6年目での1億円突破。大城卓三も5000万円アップでバッテリーが揃って大台に到達した。1億円プレーヤーは昨年より1人増え9人となった。株式会社グラッドキューブ による
  continue reading
 
「西武の4月2日ホーム開幕戦でクレイジーケンバンド横山剣さんが国歌独唱」 西武は4月2日(火)にベルーナドームで行うオリックスとの2024シーズンホーム開幕戦で、クレイジーケンバンドの横山剣さんが国家独唱すると発表した。また、当日は一部の座席を除く来場者全員に「ダンボールニットパーカー」を配布される。株式会社グラッドキューブ による
  continue reading
 
「【DeNA】牧秀悟が4年目の球界史上最高額更新、東克樹も約4倍増で大台突破 2024年俸ランキング」 昨季は2年連続のAクラスとなる3位に入ったDeNA。164安打、103打点をマークし、最多安打と最多打点の2冠に輝いた牧秀悟は、プロ4年目の球界史上最高額となる2億3000万円で契約を更改。伊勢大夢と東克樹の2人が1億円の大台を突破。球団では計8人が1億円プレーヤーとなっている。株式会社グラッドキューブ による
  continue reading
 
「巨人期待の秋広優人は成長曲線を描けるか?松井秀喜氏や阿部慎之助監督の現役時代と比較」 巨人・秋広優人内野手が宮崎キャンプ第2クールの8日、居残り練習中に阿部慎之助監督の直接指導を受けた。指揮官自らの指導は、言うまでもなく期待の裏返し。今後の成長を占うべく、松井秀喜氏や阿部慎之助監督の現役時代と比較してみた。株式会社グラッドキューブ による
  continue reading
 
「【広島】トップ3は菊池涼介、大瀬良大地、秋山翔吾 9選手が1億円突破 2024年の年俸ランキング」 新井貴浩監督就任1年目の2023年は2位に躍進した広島。好成績を残した選手が多かったこともあり、このオフの契約更改では坂倉将吾ら新たに3人が1億円の大台を突破。計9人が1億円プレーヤーとなった。外国人選手を除く2024年の年俸ランキングトップ10を紹介する。株式会社グラッドキューブ による
  continue reading
 
「【阪神】佐藤輝明ら3人が大台突破、1億円プレーヤーは球団最多タイ10人 2024年の年俸ランキング」 昨季は38年ぶりの日本一に輝いた阪神。オフの契約更改では、大幅アップとなる選手が続出する「暖冬更改」となった。外国人選手を除く2024年の年俸ランキングでは、3億2000万円で近本光司がトップ。佐藤輝明、伊藤将司、中野拓夢の3人が1億円の大台を突破し、1億円プレーヤーは球団最多タイの10人となった。株式会社グラッドキューブ による
  continue reading
 
「【オリックス】森友哉、宮城大弥、若月健矢がアップ額トップ3 2024年の年俸ランキング」 年俸6億5000万円で昨年球界トップだった絶対的エースの山本由伸が抜けたオリックス。外国人選手を除く2024年の年俸ランキングでは、4億円の森友哉がトップとなった。リーグ3連覇を成し遂げたこともあり、宮城大弥が8000万円、若月健矢は7200万円アップと大幅増となった選手が続出した。株式会社グラッドキューブ による
  continue reading
 
「オリックスの恒例行事「オリメン投票」開幕 今年のコンセプトは「ミュージシャン」、昨年は「アイドル」で山﨑颯一郎が1位」 オリックスの恒例行事「オリメン投票2024」が7日にスタートし、早くも話題となっている。「アイドル」がコンセプトだった昨年は山﨑颯一郎が1位に輝いた。今年のコンセプトは「ミュージシャン」。上位常連だった山本由伸や山﨑福也が退団した今年、山﨑颯一郎が連覇を果たすのか、はたまた新星が誕生するのか。結果は4月上旬に発表される予定となっている。株式会社グラッドキューブ による
  continue reading
 
「【ロッテ】中村奨吾、益田直也、澤村拓一が1位タイ、小島和哉が大台突破 2024年の年俸ランキング」 昨季はシーズン最終戦までもつれ込んだ2位争いを制したロッテ。外国人選手を除く2024年の年俸ランキングでは、2億円で中村奨吾、益田直也、澤村拓一の3人がトップで並ぶ。昨季3年連続規定投球回をクリアした小島和哉は、3700万円アップで1億円の大台を突破した。株式会社グラッドキューブ による
  continue reading
 
「イースタン二冠も一軍では防御率7.16 2019年ドラ1右腕・宮川哲はヤクルトで再起を期す」 西武からヤクルトにトレードで移籍した宮川哲が、新天地初ブルペンで髙津臣吾監督にアピールした。指揮官の目に留まったのが武器のひとつであるカーブ。スピードが速く独特の軌道を描く「パワーカーブ」を駆使して新天地での飛躍に期待がかかる。株式会社グラッドキューブ による
  continue reading
 
「【ソフトバンク】2024年の年俸ランキング 柳田悠岐、近藤健介が5億円超え 1億円以上は13人」 年俸総額では相変わらず12球団ダントツの数字を叩きだしているソフトバンク。1億円プレーヤーの数も12球団トップの13人。外国人選手を除く2024年の年俸ランキングでトップに立つのは5億7000万円の柳田悠岐。そこに5億5000万円の近藤健介、4億円の有原航平と大型契約を結んだ他球団からの移籍組が続く。株式会社グラッドキューブ による
  continue reading
 
「プロ初勝利に痛恨の満塁被弾、イースタン最多勝も経験した1年目 松井颯は新生・阿部巨人の新たな柱となれるか」 阿部新監督の下、宮崎から新たな戦いに向けた一歩を踏み出した巨人。今年は各ポジションで激しいアピール合戦が予想される中、注目したいのは先発ローテーション争いだ。かつてのエースや若手・新人がひしめくサバイバル。そこに殴り込みをかけるのが、昨季イースタン最多勝に輝いた松井颯である。株式会社グラッドキューブ による
  continue reading
 
「【DeNA】春季キャンプにダイヤモンドバックスから特別コーチを招聘、昨年に続き2年連続」 DeNAは5日、春季キャンプ「2024 SPRING CAMP Supported by マルハニチロ」にて、戦略的パートナーシップを締結しているMLBのアリゾナ・ダイヤモンドバックスより、傘下マイナーチームで投手コーチを務めるアトウェイ・メンドーサ氏、同打撃コーチを務めるマーク・リード氏を特別コーチとして招聘することを発表した。株式会社グラッドキューブ による
  continue reading
 
「楽天・渡邊佳明、二軍の首位打者は「名将の孫」から脱皮して同期生に続くか」 今江敏晃新監督が就任した楽天にとって、現有戦力の底上げは不可欠だ。期待される一人が昨季イースタン・リーグで首位打者と最高出塁率に輝いた渡邊佳明。横浜高・渡辺元智元監督の孫から、1人の巧打者として飛躍を目指す。株式会社グラッドキューブ による
  continue reading
 
「【楽天】2024年の年俸ランキング 浅村栄斗がトップ、田中将大は2年連続大幅ダウンも3位死守」 今江敏晃新監督の下、昨季4位からの巻き返しを目指す楽天。守護神の松井裕樹がメジャーへの移籍が決まった中、外国人選手を除く2024年の年俸ランキングトップは5億円の浅村栄斗。田中将大は2億1500万円の大幅ダウンとなる2億6000万円で則本昂大に次ぐ3位となった。株式会社グラッドキューブ による
  continue reading
 
「【西武】新外国人4選手が入団会見 4番候補のアギラー「目標は「ライオンズの優勝」これしかない」」 西武は4日、ジェフリー・ヤン投手、アルバート・アブレイユ投手、ヘスス・アギラー内野手、フランチー・コルデロ外野手の入団会見を行った。4番候補のアギラーは「目標は優勝しかない。個人での成績を追い求めるより、私自身がひとつでも多くの本塁打や打点をあげることで、チームの勝利に繋がっていくことが重要」と意気込んだ。株式会社グラッドキューブ による
  continue reading
 
Loading …

クイックリファレンスガイド