クラシック音楽 公開
[search 0]
×
最高の クラシック音楽 ポッドキャストが見つかりました。 (アップデートされました 3月 2020)
最高の クラシック音楽 ポッドキャストが見つかりました。
アップデートされました 3月 2020
百万人のPlayer FMユーザーに参加してオフラインのときでも、いつでも に関するニュースや詳細情報を把握することができます。 妥協なし無料のPodcastアプリでPodcastをスマートに。 聴きましょう!
世界最高のPodcastアプリに参加し、お気に入りの番組をオンラインで管理し、AndroidおよびiOSアプリでオフラインで再生します。 無料で簡単です。
More
show episodes
 
= Classical Music Sound Library =Classical Music Free License MP3 DownloadsJ.S.バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン…クラシックの名曲を高音質mp3でダウンロードできる無料音楽配信です観賞用としてまたライセンスフリーの音楽素材としてご使用いただけます最新のデジタル技術で制作した、リアルでクリアなサウンドをお楽しみください
 
Loading …
show series
 
♪最晩年のチャイコフスキーが遺した人生をかけた一大傑作 交響曲第6番ロ短調 作品74は、チャイコフスキーが作曲した6番目の番号付き交響曲にして、彼が完成させた最後の交響曲。『悲愴』(ひそう)という副題でも知られています。 チャイコフスキー最後の大作であり、その独創的な終楽章をはじめ、彼が切り開いた独自の境地が示され、19世紀後半の代表的交響曲のひとつとして高く評価されています。 弟のモデストはこの曲のテーマとしていくつかの証言を残していますが、チャイコフスキー自身は「人生について」としか語っていません。リムスキー=コルサコフの回想によれば、初演の際、演奏会の休憩中にチャイコフスキーに「この交響曲には何か表題があるのでしょう」と確かめると彼は「無論あります。しかし何と言ってよいか説明できかねま…
 
♪2つの美しい主題が織りなす感動的な音楽模様 交響曲第5番ホ短調 作品64は、チャイコフスキーが1888年に作曲した交響曲。チャイコフスキーの数ある曲中でも交響曲第6番『悲愴』と並ぶ人気曲となっています。 チャイコフスキーは1877年に交響曲第4番を作曲したあと、『マンフレッド交響曲』を作曲したほかは、交響曲から遠ざかっていました。しかし、1886年にヨーロッパに演奏旅行し、当地で好評を得たことや、マーラーやリヒャルト・シュトラウス、グリーグら作曲家との交流が刺激となり、意欲を取り戻したといわれます。作曲者48歳、1888年の5月から8月にかけて作曲されました。 同年11月、作曲者自身の指揮によりサンクトペテルブルクで初演されました。初演では、聴衆は好意的でしたが、「チャイコフスキーは枯渇し…
 
♪美しい冒頭の主題で知られる物憂げな楽章 ピアノソナタ第8番『大ソナタ悲愴』は、ベートーヴェンの創作の初期を代表する傑作。ピアノソナタ第14番(月光)、第23番(熱情)と合わせてベートーヴェンの三大ピアノソナタと呼ばれることもあります。 正確な作曲年は特定されていないものの、1798年から1799年にかけて書かれたと考えられており、スケッチ帳には作品9の弦楽三重奏曲と並ぶ形で着想が書き留められています。楽譜は1799年にウィーンのエーダーから出版され、早くからベートーヴェンのパトロンであったカール・アロイス・フォン・リヒノフスキー侯爵へと献呈されました。 本作は作曲者のピアノソナタの中で、初めて永続的に高い人気を得た作品で楽譜の売れ行きもよく、気鋭のピアニストとして、また作曲家としてのベート…
 
♪ワーグナーと並び定番の堂々たる結婚行進曲 『真夏の夜の夢』は、フェリックス・メンデルスゾーンが作曲した演奏会用序曲(作品21)及び劇付随音楽(作品61)です。いずれもシェイクスピアの戯曲『夏の夜の夢』が元になっており、中でも『結婚行進曲』は結婚式の定番曲として有名です。 メンデルスゾーンが1826年に17歳で作曲した序曲に感銘を受けた、プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム4世の勅命により、1843年に序曲の主題も再利用して『夏の夜の夢』上演のための付随音楽作品61が作曲されました。 作品61の劇付随音楽は、全12曲で構成されています。ここから「スケルツォ」「間奏曲」「夜想曲」「結婚行進曲」を抜粋し、序曲と組み合わせて組曲の形でも演奏されています。 結婚式用の音楽は、1858年1月25日、…
 
♪ワーグナーなど後世の作曲家たちに多大な影響を及ぼした歌劇 『魔弾の射手』は、カール・マリア・フォン・ウェーバーが作曲した全3幕のオペラ。 台本はヨハン・アウグスト・アーペル、フリードリヒ・ラウンの『怪談集』を元にヨハン・フリードリヒ・キーントが書きました。 初演は1821年6月18日にベルリンの王立劇場にて行われました。 原題はドイツの民間伝説に登場する、意のままに命中する弾(Freikugel)を所持する射撃手(Schutz)の意です。この伝説では7発中6発は射手の望むところに必ず命中するが、残りの1発は悪魔の望む箇所へ命中するとされています。 舞台は1650年頃のボヘミアと設定されています。当時のボヘミアはドイツ=神聖ローマ帝国支配下にあり、ドイツ人も多数住んでいた地域(14世紀には帝…
 
♪ロッシーニが最後に作曲したオペラの有名な序曲 ロッシーニは、多数のオペラを作曲したことで知られるイタリアの作曲家です。『セビリアの理髪師』『チェネレントラ』などのオペラの定番をはじめ、『タンクレーディ』『セミラーミデ』などのオペラ・セリアも作曲しました。 人生の半ばに相当する37歳の時に、フランスに移ってグランド・オペラ『ウィリアム・テル』を作曲した後は、オペラ作曲はせずにサロン風の歌曲やピアノ曲、宗教作品を中心に作曲を行いました。 オペラの作曲から離れた後半生は、料理研究に没頭したほどの美食家としても知られています。ある時、ドイツの作曲家ワーグナーがイタリアのロッシーニを訪ね、オペラの作曲について話を聴こうとしたところ、食材の話ばかりで一向に作曲法に触れなかったため、ワーグナーを憤慨させ…
 
♪宇宙の悠久の時の流れを表したかのような雄大なシンフォニー シューマンの交響曲第3番変ホ長調作品97「ライン」は、1850年に作曲され1851年2月6日にデュッセルドルフにおいてシューマン自身の指揮によって初演されました。 シューマンが完成した4番目の交響曲で、実質的には最後のものにあたります。しかし、2番目のものが後年改訂出版されて「第4番」とされたため、第3番に繰り上がりました。「ライン」の副題はシューマン自身が付けたものではありません。 日本初演は1927年9月25日、日本青年館にて近衛秀麿と新交響楽団によって行われました。シューマンの交響曲のなかで最も早く日本で演奏されています。 1850年、デュッセルドルフの管弦楽団・合唱団の音楽監督に招かれたシューマンは、9月に同地に到着すると夫…
 
♪アカデミー賞受賞映画『スティング』のテーマ曲として一躍有名に スコット・ジョプリンはアメリカ合衆国のアフリカ系アメリカ人の作曲家、ピアノ演奏家。ラグタイムで有名な演奏家・作曲家であり、「ラグタイム王」(King of Ragtime)と呼ばれています。 「ジ・エンターテイナー」(The Entertainer)は、1902年に作曲されたピアノのためのラグタイム。後に、1973年のアカデミー賞受賞映画『スティング』のテーマ曲として使用され、1970年代のラグタイム復興に影響を与えました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); マーヴィン・ハムリッシュによる編曲版は、翌1974年のビルボード Hot 100で3位、イージー・リスニ…
 
♪あたかも歌曲のような琴線に触れる名旋律 4つの即興曲 作品90はフランツ・シューベルトが晩年の1827年頃に作曲したピアノ独奏曲。構成的な追求よりも自由な旋律美を優先させています。 同時期に作曲された4つの即興曲 作品142、D935がひとつのソナタに見たてられるのと異なり、それぞれが自由に彩りある個性を見せています。 作曲年に第1・2曲のみ出版され、1857年に後半の2曲が出版されました。表題はトビアス・ハスリンガーの出版社により与えられたものです。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 第3曲、変ト長調のアンダンテは、無言歌風の落ち着いた和声に、中声部の三連符アルペジオが装飾を施す構造。2分の2拍子を表す記号が2つ並べられ…
 
♪イタリア旅行の快活な気分を描いた躍動感あふれる音楽 交響曲第4番イ長調『イタリア』はフェリックス・メンデルスゾーンが1831年から1833年にかけて作曲した交響曲です。 メンデルスゾーンの交響曲は全部で17曲におよびますが、はじめの「弦楽のための交響曲」12曲は弦楽合奏用の習作的なものであり、その後の5曲が番号付き交響曲として数えられています。 「第4番」は出版順で「イタリア」は5曲の中では第1番、第5番「宗教改革」に次いで実質3番目に完成されました。「イタリア」の後の作曲順は、第2番「賛歌」、第3番「スコットランド」です。 イタリア旅行中に書き始められたこの曲は、躍動的なリズム、叙情と熱狂、長調と短調の交錯による明暗の表出が特徴的で、メンデルスゾーンの交響曲の中でも最も親しまれています。…
 
♪現世での激しい闘争の果てに天上界から射すひと筋の光 ベートーヴェン、ワーグナー、ブルックナー、ブラームスなど、ドイツ・オーストリア系の偉大な管弦楽曲の系譜を継ぐ名作です。 この曲には上記の作曲家たちの最良の部分が濃縮されており、それでいながら巨大な管弦楽を巧みに駆使したシュトラウス自身の力量も示されています。 シュトラウスには優れた交響詩が多くありますが、そのどれとも違う異質な次元の音楽です。 題材はシュトラウスをワーグナーに開眼させたマイニンゲンのヴァイオリニスト、アレキサンドル・リッテルの詩に基づくとされますが、実際はシュトラウスの音楽をリッテルがあとから詩に置き換えたとも言われています。 ― ひとつの灯火しかない淋しいみじめな部屋に病人が寝ている。 死が沈黙のうちに彼の元へと近づいて…
 
♪未完のままに終わった理由は今も謎のまま… 交響曲第8番『未完成』はオーストリアの作曲家、フランツ・シューベルトが1822年に作曲した未完の交響曲です。 シューベルトの代表作のひとつであり、ベートーヴェンの『運命』、ドヴォルザークの『新世界』などと並んで「三大交響曲」に数えられることもある人気作です。かつてのレコード業界では『運命』と『未完成』は定番のカップリングでした。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); シューベルトは25歳でグラーツ楽友協会から「名誉ディプロマ」を授与された際、返礼として交響曲の作曲に取り掛かりました。しかし、シューベルトが送付したのは第1楽章と第2楽章だけで、残りの楽章は送付しなかったとされています。 …
 
♪友人エルネスト・ギローの手により完成された壮大な終曲 『アルルの女』(L'Arlesienne)は、ジョルジュ・ビゼーによる全27曲の付随音楽。アルフォンス・ドーデの同名の短編小説『アルルの女(フランス語版)』およびそれに基づく戯曲の上演のために1872年に作曲されました。 付随音楽から編曲された2つの組曲が一般には最も広く知られています。 作曲期間が短く、契約の関係で極めて小編成のオーケストラしか使えなかったため、作曲には大変苦労したという話が伝わっています。初演の評価は芳しくなく、6年後に再演された時は大好評のうちに迎えられましたが、その時すでにビゼーはこの世の人ではありませんでした。 一般に知られているのは、演奏会用に劇付随音楽から数曲を選んだ組曲で、第1組曲はビゼー自身が通常オーケ…
 
♪農作物を襲う夏の雷鳴と雹を弦で表現 「四季」(The Four Seasons)は、アントニオ・ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲集『和声と創意の試み』(Il cimento dell'armonia e dell'inventione) 作品8のうち、 第1から第4曲の「春」「夏」「秋」「冬」の総称。ヴィヴァルディ自身は作品8の献辞以外でこれら4曲を「四季」と称したことはありません。 各曲はそれぞれ3つの楽章から成り立っており、各楽章にはソネットが付されています。これらのソネットの作者は不明でですが、ヴィヴァルディ自身の作という説もあります。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「四季」は4つの楽曲から構成されています。構…
 
♪ヴェルレーヌの詩に作曲された美しい歌曲 『月の光』は、ポール・ヴェルレーヌによる1869年のフランス語詩です。 この詩はドビュッシーのベルガマスク組曲(1890年)の中の、最も有名な同名の第3曲に着想を与えました。ドビュッシーはこの他に、声楽とピアノ伴奏のためにこの詩の楽曲(歌曲)を2曲作りました。 またガブリエル・フォーレおよびユゼフ・シュルツ (英語版)によるこの詩の歌曲も作られています。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); フォーレの『月の光』は、歌曲集『2つの歌』Op.46の第2曲。これ以後の7年間、フォーレはヴェルレーヌの詩に集中的に作曲するようになります。 *演奏内容と音響(アルゴリズムリバーブ)を改めた新録音で…
 
四街道高校定期演奏会、ボリショイバレエ、アルチュニアンのトランペット協奏曲などについて喋りました。 四街道高校吹奏楽部第30回定期演奏会6/24(土) ボリショイ・バレエ日本公演 ボリショイ劇場 スヴェトラーナ・ザハーロワ 白鳥の湖 トランペット協奏曲(アルチュニアン) トランペット奏者 坂本祐希さん貝瀬永治(かいせえいじ) による
 
ピアノの発表会、マイメロディ、白鳥の湖などについて喋りました。 ピアノソナタK.545 米寿 誕生日ケーキ オトメロディ 白鳥の湖 Tchaikovsky: Swan Lake – シャルル・デュトワ & L’Orchestre Symphonique de Montréal Tchaikovsky: Swan Lake – マリインスキー劇場管弦楽団 & ワレリー・ゲルギエフ チャイコフスキー:バレエ音楽「白鳥の湖」全曲 – アンドレ・プレヴィン & ロンドン交響楽団 Rhapsody – German Brass カッチーニのアヴェ・マリア貝瀬永治(かいせえいじ) による
 
貝瀬門下生の発表会、宿題のホルンアンサンブル、小組曲などについて喋りました。 エピソードの最後には恒例の(?)罰ゲームあります。 誕生日の話 貝瀬門下の発表会 F.シュトラウス Rossini / Dauprat / Gallay: Czech Philharmonic Horn Section – Zdenek Tylsar Louis François Dauprat Jacques François Gallay 次回の宿題:Tchaikovsky: Swan Lake – シャルル・デュトワ & L’Orchestre Symphonique de Montréal 小組曲(ドビュッシー)…
 
吹奏楽指導者の鈴川晃平さんをゲストに迎えた3部作のフィナーレです。 好きな作曲家、吹奏楽指導、音楽作りなどについて話しました。 君は薔薇より美しい 【逃げ恥】星野源「恋」の恋ダンス振り付け解説、覚え方【フル動画あり】 – NAVER まとめ P.I.チャイコフスキー エクストリームメイクオーバー(デ・メイ) 白鳥の湖(チャイコフスキー) ドミートリイ・ショスタコーヴィチ 交響曲第5番 (ショスタコーヴィチ) 祝典序曲 (ショスタコーヴィチ) 交響曲第9番 (ショスタコーヴィチ) ロバート・W・スミス 海の男達の歌 (うみのおとこたちのうた)とは【ピクシブ百科事典】 ジョン・マッキー (作曲家) トーマス・ドス 鴻陵楽団(国府台高校吹奏楽部)…
 
前回に引き続き吹奏楽指導者の鈴川晃平さんをゲストに迎え、鈴川さんイチオシのオススメCDについて話しています。 ニュー・ウィンド・レパートリー 1997 交響曲第3番 (バーンズ) 小組曲 (ドビュッシー) スピリット・オブ・セントルイス 天野正道:交響曲第1番「グラール」 天野正道貝瀬永治(かいせえいじ) による
 
今年の4月からフリーの吹奏楽指導者としてキャリアをスタートさせた鈴川晃平さんをゲストに迎えて、吹奏楽、マーチング、尚美ミュージックカレッジなどについて話しました。 千葉県吹奏楽Bot 小さいTuba スーザ・フォン 尚美ミュージックカレッジ 幕張総合高校シンフォニックオーケストラ部 スプリングコンサート2017貝瀬永治(かいせえいじ) による
 
幕張総合高校シンフォニックオーケストラ部の演奏会、Final Fantasy、ウィントン・マルサリスとキャスリーン・バトルのアルバム「Baroque Duet」などについて話しました。 写真は先日合奏指導でお邪魔した学校の近所にあるラーメン屋さんにいたパンダさんです^^; 君は薔薇より美しい 蝋人形の館 幕張総合高校 シンフォニックオーケストラ部 ザナルカンドにて 片翼の天使 交響曲第5番 嬰ハ短調(G.マーラー) Baroque Duet – キャスリーン・バトル, ウィントン・マルサリス, セント・ルークス管弦楽団 & ジョン・ネルソン キャスリーン・バトル ウィントン・マルサリス アレッサンドロ・ストラデッラ Trumpet Recital: Reinhold Friedrich – …
 
千葉県市民吹奏楽団フェスティバル「サウンド・フェスティバル」、上原ひろみのアルバム「Place to Be」などについて喋りました。 セロリ サウンド・フェスティバル 白鳥の湖(P.I.チャイコフスキー) 福山雅治 福のラジオ Place to Be(上原ひろみ) ALIVE(上原ひろみ) カノン(パッヘルベル) プリペアド・ピアノ さまぁ~ず 三村マサカズと小島瑠璃子のみむこじラジオ!貝瀬永治(かいせえいじ) による
 
ブラス・ユナイテッド東京公演、ブランデンブルク協奏曲などについて話しました。 TOPの写真はサイン会でステファン・ラベリさんとともに。 エピソードの最後、貝瀬の罰ゲームがありますので、お聞き逃しなく! ブラス・ユナイテッド ブラス・ユナイテッド【東京公演】 ヨルゲン・ファン・ライエン ステファン・ラベリ コーエンクソ(コーエン・プレティンク) 東京文化会館 Brandenburg Concertos (freiburger barockorchester) 6 Brandenburg Concertos: Bwv 1055 1060 (Karl Richter / Munich Bach Orchestra) 苦虫茶…
 
スマホアプリ「 やろうぜ管カラ! 」、 ケント・ナガノ&モントリオール交響楽団のCD「唱歌」などについて話しました。 「やろうぜ管カラ!」をどう練習に活かすか、ぜひ貝瀬メソッドをお試しください。 R-1ぐらんぷり ep.59、ep.60でゲスト出演していただいたリペアマンの宮崎さんの結婚式に参列してきました。 やろうぜ管カラ! – スマートデバイスアプリケーション – ヤマハ株式会社 ケント・ナガノ&モントリオール交響楽団2014年来日記念盤『唱歌~日本の子供の歌』 次回はBrandenburg Concertos (Freiburger Barockorchester)について話します ダイエット企画の経過報告 サーフィン…
 
ワンピース、ディズニーランドでの演奏、 プジェミスル・ヴォイタ公開レッスン、千人の音楽祭、モーツァルトなどについて話しました。 体調不良により、鼻声でお送りしています。ご容赦くださいm(__)m ワンピースの泣き所 ディズニー ミュージックフェスティバルプログラムに参加しました プジェミスル・ヴォイタ公開レッスンを聴講してきました ティルシャル兄弟 千人の音楽祭 和田一樹(指揮者) Wind Concertos & Serenades(W.A.モーツァルト) フルートとハープのための協奏曲_(モーツァルト) 管楽セレナード_(モーツァルト) グラン・パルティータ 偉大なるヴィーナホルン奏者達貝瀬永治(かいせえいじ) による
 
ゲスト高橋将さん(Tuba)3部作の最後を飾るのはオススメCDです! 収録が2日目だからかわかりませんが、ナチュラルハイなテンションで始まります(笑) 王道からコアな所までたくさんのCDと奏者を紹介していきます! リサイタル(ステファン・ラベリ) チューバ・リベラ(ロジャー・ボボ) カーネギーホール マスタリング・ザ・チューバ Live in Japan(Rex Martin) The Romantic Tuba(フロイド・クーリー) ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ Tuba Tracks(ジーン・ポコーニ) 魔法のテューバ(ジョン・フレッチャー)貝瀬永治(かいせえいじ) による
 
前回に引き続き、テューバ奏者の高橋将さんがゲストです。 大学時代からフリーランスの現在までのお話をして頂きました。プロオケにトラで乗った時の話や、テューバあれこれを話しました。 尚美学園大学 ロジャー・ロッコ(Tuba)Roger Rocco レックス・マーティン(Tuba)Rex Martin ジュニアフィルハーモニック東京 一指禅 上福岡店 梅もと 後藤文夫(Euph) モンケのバストランペット 若杉/都響 マーラー全集 大空と大地の中で パリのアメリカ人 アドルフ・ハーセス(Tp) ドヴォルザーク交響曲第9番「新世界より」より2楽章 YAMAHAのテューバ、ピストンとロータリー B&S テナーテューバ…
 
今回はテューバ奏者の高橋将さんを迎え、小学校から今日までの人生を振り返って頂こうと。思いましたが、当時のエピソードが面白く、高校卒業までしか辿り着けませんでした^^; 次回は大学時代からフリーランスへ!大塚さんの留学先であるアメリカでのエピソードなどにご注目下さい! 船橋吹奏楽団 SLAM DUNK 練習用マウスピース ヤマハミュージック 仙台店 マーチ「海兵隊」(フルトン) 仙台フィルハーモニー管弦楽団 YAMAHA Tuba用マウスピース Denis Wick(デニス・ウィック) 五月の風 仙台育英学園高等学校 管楽器専門店ダク DAC Tuba88 お茶の水 下倉楽器 東京音楽大学 夏期受験講習会要項(平成27年度) 尚美学園大学 鈴木浩二(Tuba) 小倉貞行(Tuba) 大塚哲也(…
 
横綱稀勢の里、藍川りのさんの結婚式、ソロコン、Gomalan Brassなどについて喋りました。 次回はチューバ奏者の高橋将さんにゲスト出演していただきます。 元朝青龍、稀勢の里の土俵入りは「少し間違えた?笑始めは緊張するよね~~」 大相撲カレンダー 藍川りのさんの結婚式に参列してきました Rhapsody for Euphonium (James curnow) 長野県のアンサンブルコンテストに参加しました 松本市音楽文化ホール Journey (Gomalan Brass Quintet) ムーヴィーブラス〜映画でおなじみのアノ曲 エンニオ・モリコーネ 祝!エンニオ・モリコーネ大先生、念願のアカデミー賞受賞!本当によかった! ウェスタン(映画) オッタヴィアーノ・クリストーフォリ(トラン…
 
新年の抱負、エコー賞クラシック2016、3大テノール、新コーナーなどについて喋りました。 今年もよろしくお願いします。 今年の目標 パンチネッロ – 金聖響&シエナ エコー賞:クラシック2016 アンドレア・ボッティチェリ Turandot, Act 3: “Nessun Dorma” (Stereo) – プラシド・ドミンゴ The Three Tenors – In Concert – ホセ・カレーラス, ルチアーノ・パヴァロッティ, プラシド・ドミンゴ & ズービン・メータ The Three Tenors – The Best of the 3 Tenors – ジェームス・レヴァイン, ホセ・カレーラス, ルチアーノ・パヴァロッティ, プラシド・ドミンゴ & ズービン・メータ パヴ…
 
SMAP×SMAP最終回、ブラス・エクシード・トウキョウ スペシャルクリスマスコンサート、今年の振り返りなどについて喋りました。 スマスマ最終回 ブラス・エクシード・トウキョウ スペシャルクリスマスコンサート vol.2 クリスマス・キャロル_(小説) グローリア(ランドル・アラン・バス) 前嶋のぞみ 津堅直弘 麻埜祐介 エンディングの割り算は間違っていますね…貝瀬永治(かいせえいじ) による
 
前回に引き続き、トロンボーン奏者の松尾光祐さんをゲストに迎え、オススメCD、トロンボーンのレッスン、トロンボーンあるあるについて喋りました。 Jacob – Howarth – Bourgeois: Trombone Concertos – Christian Lindberg, Grant Llewellyn & BBC National Orchestra of Wales Illuminations – Eric Rombach-Kendall & Joseph Alessi Visions – Robert W. Rumbelow, Joseph Alessi & Columbus State University Wind Ensemble 桑田晃 COLORS トロンボーンカルテ…
 
トロンボーン奏者の松尾光祐さんをゲストに迎え、松尾さんの音楽人生、東京音楽大学のあれこれなどについて話しました。 思い出が沢山ありすぎで、ついつい思い出話がおおくなってしまいました。 音楽大学の楽しさが伝われば嬉しいです! 次回のエピソードでは引き続き松尾さんに出演いただき、オススメCDの紹介など、音楽の話をさらに聞いて行きますので、お楽しみに! トロンボーン奏者 松尾光祐さん 日本トロンボーン学生音楽コンクールの履歴 関西トロンボーン協会 鹿児島あるある(小学校の制服) Bach 42b MBCユースオーケストラ トロンボーン奏者 岸良開城 東京音楽大学 吹奏楽定期演奏会インスペクター 東京音楽大学シンフォニックウィンドアンサンブル 台湾演奏旅行…
 
ダグラス・ボストック マスタークラス、シューベルト、ユーフォニアム奏者の大忘年会などについて話しました。 次回こそ、トロンボーン奏者の松尾さんにゲスト出演して頂きます。 牛渡克之 ダグラス・ボストック 東京指揮セミナー ダグラス・ボストック 浜離宮朝日ホール ベンジャミン・ブリテン シンフォニエッタ(ベンジャミン・ブリテン) フランツ・シューベルト 交響曲全集(フランツ・シューベルト) 甲斐誠 ユーフォニアム奏者の大忘年会 眠れる熊の伝説(E.エワイゼン) Euphonium奏者の大忘年会の集合写真貝瀬永治(かいせえいじ) による
 
Radiko、ジャーマン・ブラス、打ち上げなどについて話しました。 以前ゲストとして出演していただいた横川創さんのトランペットリサイタルの開催が12/18(日)に迫っていますので、是非足を運んでみてください! 最近Radioでラジオをよく聴きます オールナイトニッポン バナナムーンゴールド ハガキ職人 横川創 トランペットリサイタル vol.1 フェリーチェピアノサロン 【関東】54年ぶりの早すぎる初雪、24日(木)は都心で積雪の恐れ Christmas Around the World – German Brass & Windsbacher Knabenchor 見よ、勇者は帰りぬ(得賞歌) Brass Christmas(ジャーマン・ブラス) 生類憐れみの令 マジック・モーメンツ 赤ち…
 
紅の豚、風紋のオーケストラ版、アンサンブルコンテスト、YMAHA、ブルックナーの交響曲4番などについて話しました。 topの写真はマンガチック音楽会の本番中、舞台袖から撮影したものです。 紅の豚 好きなジブリ作品ランキング 風紋 管弦楽版 千葉県のアンサンブルコンテスト予選がひと段落しました EDIROLのレコーダー YAMAHAのレコーダー ヤマハが成熟市場の楽器で利益を伸ばすワケ ヤマハ(ヤマハ)【7951】株価 Bruckner: Symphonies Nos. 3 & 4 (Live) – ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 & マリス・ヤンソンス ロイヤルコンセルトヘボウオーケストラのオリジナルレーベルのCD…
 
去る11月6日に開催されたマンガチック音楽会2016の模様をカイセのカイセツを交えながらお送り致します。 紹介する曲順は本番の演奏順とは異なります。 楽器紹介の為の行進曲「エラー」 猫ふんじゃったの主題による変奏曲 組曲「FACE」〜へのへのもへじに寄せて〜 組曲「北沢楽天の絵」 ロレボ 演奏楽曲の配信に際しては、マンガチック音楽会の主催者である、さいたま市プラザノース、及びあらい太朗さん、作曲家の森亮平さんに許可をいただいております。貝瀬永治(かいせえいじ) による
 
風紋、マンガチック音楽会、北澤楽天などについて話しました。 風紋のオーケストラバージョンは本当におすすめです。 マンガチック音楽会の模様は、後日配信します。おたのしみに! プールに通い始めた話 ムノツィル・ブラスの演奏会でもらったポスター 風紋(保科洋) 風紋 管弦楽版 井口さんにゲストで出ていただいた会 ブラック・ダイク・バンド 日本公演 マンガチック音楽会2016 YAMAHAの指揮棒ケース 指揮棒のケースを無くしたエピソード 北澤楽天 ノック(北澤楽天) 六甲おろし 森良平(作曲家)貝瀬永治(かいせえいじ) による
 
ムノツィル・ブラスの新潟公演の話を中心に、新潟までのドライブ、鮨、チューバなどについて話しました。 ムノツィル・ブラスの新潟公演に行ってきました ゆうぽうとホール さくらホール ETC深夜割引 せかい鮨 ムノツィル・ブラス メンバー紹介 Magic Moments アルベルト・ヴィーダー(Albert Wieder) 横川創 トランペットリサイタル vol.1 ep.51、52にゲストとして出演して頂いた、トランペット奏者の横川創さんのリサイタルが12/18(日)に開催されることとなりました。 改訂版()です。少しは見やすくなったかと… 12/18(日) フェリーチェピアノサロンスタジオ(蕨駅から徒歩11分) 14:00開演(13:30開場) 全席自由 一般2000円/学生1000円 チケッ…
 
題名のない音楽会、アンドレア・バッティストーニ、体重、ズボン、金管5重奏、ボローニャ歌劇場フィルハーモニー 2015ハイライトなどについて話しました。 題名のない音楽会『バッティストーニの音楽会』 イタリアの若き天才指揮者の素顔に迫る! アンドレア・バッティストーニ氏インタビュー アンドレア・バッティストーニ 東京フィルハーモニー交響楽団 首席指揮者に就任 フォーマル&舞台衣装 マッサン カーサ・クラシカ ズーラシアン序曲 スイスの4つの民謡 ボローニャ歌劇場フィルハーモニー 2015ハイライト 「わが祖国」より モルダウ(スメタナ) スラヴ舞曲(ドヴォルザーク) 生放送中、指揮者の樫野哲也さんが教えてくださりました… #カイセのセカイ UNIQLO4Lまでありますよー。 銀座店とウェブでし…
 
先日逝去されたネヴィル・マリナーさんに関連するCDの紹介を中心に、ボローニャ歌劇場フィルハーモニーの来日公演、100チャレンジについて話しました。 100チャレンジ ネヴィル・マリナーさん逝去 バリー・タックウェル ホルン研究室 N響アワー「マリナーのブラームス4番」 ホルン協奏曲集(バリー・タックウェル ネヴィル・マリナー) ホルン協奏曲(F.J.ハイドン) ホルン協奏曲(G.P.テレマン) ホルン協奏曲(L.モーツァルト) ホルンと弦楽のためのソナタ(ケルビーニ) ホルン小協奏曲(C.M.ウェーバー) ボローニャ歌劇場フィルハーモニー来日公演を聞きに行きました 運命の力(ヴェルディ) ゲッコーモリア パバロッティの「誰も寝てはならぬ」 モーリス・アンドレのトランペット協奏曲 今年来日され…
 
エピソード65に引き続き、アルソ出版株式会社で編集長をされている宮内順子さんにゲスト出演していただきました。 今回は宮内さんのこれまでの音楽人生や、アルソ出版で仕事をするようになった経緯などについてお話ししていただきました。 音楽との出会い、いろいろなジャンルの音楽とのふれあい、そして進学、進路など、音楽とともに人生を歩んでこられたことがよくわかります。 人に歴史ありとはよく言われますが、お話ししていてとても楽しかったです! 収録後、「アルソ出版ではこれからも、音楽を楽しむ人たちの疑問や悩みに応える情報を発信していきたい」とおっしゃっていました。 これからもカイセのセカイで応援していくとともに、いろいろな企画で関わらせていただきたいと思います! ご出演いただき、本当にありがとうございました。…
 
今回は特別企画として、吹奏楽雑誌Wind-iの編集長であるアルソ出版の宮内順子さんにゲストとしてご出演いただきました。 目白にあるアルソ出版さんが提携している音楽教室a-note+さんにお邪魔して収録させていただきました。 Wind-iを中心に、アルソ出版さんが刊行している雑誌についてお話ししました。 なかなか知られていない、雑誌ができあがるまでのお話は必聴です! 10月25日発売のWind-i最新号が楽しみです! アルソ出版株式会社 貝瀬が執筆した記事 “楽譜浄書”とは 1992創刊 The Flute 1998創刊 The Clarinet István Kohán コハーン 2001創刊 The Sax 渡辺貞夫 須川展也 2004年 Wind-i 2010年 オカリナ Wind-i …
 
こち亀、吹奏楽コンクール東関東大会一般部門、P.グレイアム、ホルンアンサンブルなどについて話しました。 ※エピソードの中盤、このエピソードのタイトルになったハプニングがありますので、お聞き逃しなく! こち亀終了 昨日は一般の東関東大会でした 船橋市交響吹奏楽団は銀賞でした かずさアカデミアパーク Shine as the light(P.グレイアム) Diversions(P.スパーク) 地底旅行(P.グレイアム) 長野ホルン倶楽部の定期演奏会をやりました ホルンアンサンブルのための3つのエピソード(真島俊夫) 眠れる熊の伝説(E.エワイゼン) 金管五重奏曲Frost Fire(E.エワイゼン) 聖フーベルトミサ(K.シュティーグラー) アンサンブルの楽しさ…
 
指導している四街道高校の東関東大会のあれこれについて、すぎやまこういちさんのギネス認定についてしゃべりました。 すぎやまこういちさんのギネス認定 クレヨンしんちゃん(臼井儀人) 進撃のアリ 四街道高校吹奏楽部が東関東大会で金賞を受賞しました貝瀬永治(かいせえいじ) による
 
ep.61に引き続きゲストにコントラバス奏者の井口信之輔さんを迎えて、釣りの話、コンプレックスの話、コンクールシーズンにあったドラマについて話しました。 モリヤのおせっかいな話から派生した井口さんのコンプレックスを乗り越えて強みにした話は、コンプレックスを持つ全ての人にとって勇気付けられる話です! コントラバス協奏曲コントラバス協奏曲ニ長調(Capuzzi) 若洲海浜公園 嫌われる勇気 人はなぜコンプレックスを持つのか 金管楽器演奏に有利な歯並びは? 左利きのコントラバス奏者 吃音を自分の強みにした話 レッスンでの再開の話貝瀬永治(かいせえいじ) による
 
ゲストにコントラバス奏者の井口信之輔さんにお越しいただいて、吹奏楽コンクールシーズンにあったあれこれ、オリジナル教本などについて話しました。 次回も井口さんに出演していただいて、コンプレックスに関する深イイ話をお送ります! コンクールがひと段落しました 千葉県のコンクールを聴きに行った話 そのあと中本を食べた話 ルロットオーケストラ いろいろなワークショップ 自由曲を映画のPVとして演奏する 輪廻の八魂(やつだま) 吹奏楽でコントラバスを演奏するために必要ないくつかのこと ep.30 吹奏楽でコントラバスを弾くために知っておきたい幾つかのこと オリジナル教本を作った話 ダブルヘッダー、トリプルヘッダーの指導の話 コントラバスがアンサンブルに混じるために オーケストラ編曲もの < 邦人作品 斐…
 
最近、バグパイプ殺人事件のニュースが話題になりましたが、そんな管楽器から命を守るためのメンテナンス方法について、リペアマンの宮崎欣浩さんと話しました。 やっぱり日頃の手入れは大切です!しっかり時間を作って楽器のお手入れしましょう。 宮崎欣浩さんに聞いてみたいことがある方はお気軽にこちらからお問い合わせください。 楽器ごとによくある修理 最初のヘコみ ピストンの日常メンテナンス ジェットクリーン 金管楽器用スワブ ホルン、トロンボーンなどのロータリーのヒモの巻き方 シルキーのスライドグリス スライドの日常メンテナンス 木管楽器を割らない為に 木管楽器のメカニックトラブルを防ぐために マウスピースを洗いましょう 練習後にはきちんと楽器を片づける時間を取りましょう 交通事故に遭った楽器 スペアパー…
 
今回は管楽器リペアマンの宮崎欣浩さんにお越し頂いてます。 管楽器リペアマンとして楽器屋さんで働くに至るまでの道のりをお聞きしました。 特に将来楽器屋さんで働きたい、管楽器のリペアマンになりたい、という方にとっては貴重でリアルな話になっています。 管楽器リペアの専門学校の授業の話や、学生時代に作ってみた楽器の話なんかも聴きどころです! 宮崎さんに聞いてみたいことや相談したいことがある方は、ぜひお気軽にこちらからご連絡ください。 SMAPが解散することになったので、貝瀬が歌いつないでいくことにしました facebookのライブ配信にチャレンジしてみました チャレンジコンテストのハンダ付け部門 陸上部を諦めて吹奏楽部に入った話 清水商業高校 グローバル管楽器技術学院 バンドジャーナル パイパーズ …
 
Loading …
Google login Twitter login Classic login