オーディオブック 公開
[search 0]
×
最高の オーディオブック ポッドキャストが見つかりました。 (アップデートされました 7月 2020)
最高の オーディオブック ポッドキャストが見つかりました。
アップデートされました 7月 2020
百万人のPlayer FMユーザーに参加してオフラインのときでも、いつでも に関するニュースや詳細情報を把握することができます。 妥協なし無料のPodcastアプリでPodcastをスマートに。 聴きましょう!
世界最高のPodcastアプリに参加し、お気に入りの番組をオンラインで管理し、AndroidおよびiOSアプリでオフラインで再生します。 無料で簡単です。
More
show episodes
 
「話題の本や新刊を耳で立ち読み!」新刊JPが平日毎日お送りするポッドキャストラジオ番組。ブックナビゲーター矢島が、ドラマを交えつつ新刊書籍の紹介をします。
 
夢を叶える【宝地図】の望月俊孝(著書累計55万部突破)が贈る成功と幸せのメッセージ。聴くだけであなたは「成功指定席」のチケットを手に入れられる!☆リスナーの方には望月から【「シークレット・セミナー」の「指定席」(または)を無料ご招待】。【セミナーにお越しいただけない方も特別音声で無料プレゼント】いたします。◎申込方法/番組内に配信されている【PDF】「リスナー特典『宝地図シークレットセミナー』ご招待お申し込み」をご覧ください。※特典のキーワードは番組の最後にお知らせしています。ポッドキャストプロデューサー/早川洋平(KIQTAS)制作協力/和金HAJIME
 
Loading …
show series
 
みなさんこんにちは。ブックナビゲーターの南雲希美です。皆さんは普段の生活で、ぶっちゃけ、なんか疲れてるな~、仕事のらないな、とか、自分の人生、これでいいんか…とか、原因はわからないけどなんか不調だな~って思うことはありませんか?そう思うのって特に現代人、多いんですって。自分もすごくわかるんですけど、いつも何か不安だったり、よくわからない疲れに悩まされたりして、そのうえで自分を責めちゃう人が、特に多いんですって。仕事が終わらないのは自分の作業が遅いから悪いんだ、とか、太ったのは私の意志が弱いせいだとか、過去の自分にグッサグサささってましたが、でも、そこで、悪いのは自分だ、と思うのは違うのですと!そもそも、人類の文明をさかのぼって考えればそう思うのは当然なんだよ、って根拠を述べつつ教えてくれるん…
 
 2011年の録音のものであろう。増税と悪政に苦しんだ農民たちが直訴におよんだ。  そんな歴史的な背景のある話を兄と妹の喜劇的なエピソードを交えて描いた作品である。 このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら ★著作のお求めは『斎藤隆介童話集』(角川書店)所収「ベロ出しチョンマ」渡辺知明 による
 
現金とキャッシュレスの未来みなさんこんにちは。ブックナビゲーターの南雲希美です。「キャッシュレス」という言葉がなじみ深くなっているこの頃、皆さんは支払いや決済にどんな方法を使っていますか?現金、クレジットカード、スマホ決済…様々なやり方がありますよね。私はキャッシュレス可能な店舗であれば現金を使わず決済してしまいます。なぜならポイントを貰えることが多いから!今回は、そんなキャッシュレス決済に関して詳しく書かれた一冊となっています。著者の美崎さんご自身が1年間実践した「キャッシュレス生活」の経験をもとに、おすすめの決済アプリ、キャッシュレス時代のクレジットカードの選び方など、これからの時代に役立つ情報がたっぷり詰め込まれています。1年間のキャッシュレス生活で見えてきた、現金とキャッシュレスの未…
 
今、わたしは夏目漱石の代表作といったら、「吾輩は猫である」と「坊っちゃん」だと思っている。(2020/02/02) リンクの切れている「坊っちゃん」をまとめてアップしておくことにする。 その一「親譲りの無鉄砲で…… このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら その二「ぷうと言って汽船がとまると…… このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら その三「いよいよ学校へ出た。…… このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら その四「学校には宿直があって…… このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら その五「君釣りに行きませんかと…… このブラウザでは再生できません。 再…
 
2003年3月1日(日)渡辺知明第3回表現よみ独演会。 アントン・チェーホフ「ワーニカ」(松下裕訳) このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら渡辺知明 による
 
 書き出しは次の通りだ。 「私は虎狩の話をしようと思う。虎狩といってもタラスコンの英雄タルタラン氏の獅子狩のようなふざけたものではない。」  タルタランとは、ドーデー『陽気なタルタラン』(昭和8年の岩波文庫小川泰一訳)の内容を踏まえたものだ。(2001年録音) このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちらsQ4 による
 
2014年11月9日(日)渡辺知明第26回表現よみ独演会にて録音。 「ネウリ部落のシャクに憑きものがしたという評判である。」 このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら渡辺知明 による
 
 2019年6月2日(日)第35回渡辺知明表現よみ独演会での録音である。最初に読んだkのは、2007年6月3日(日)第11回の独演会である。そのときから12年ぶりの読みになる。  散文詩である梶井基次郎の作品のことばのリズムや感情がどこまで表現されているだろうか。 このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら渡辺知明 による
 
50代からでも遅くない! 会社を辞めて新しいスタートを切る方法とは?みなさんこんにちは。ブックナビゲーターの南雲希美です。今回は、フリーランスにまつわる一冊です。昨今「人生100年時代」と言われていますが、それはつまり最低70歳までは働く時代だと本書では述べられており(!)、将来の働き方やキャリアの作り方も今までと同じようにはいかなくなっていく…高田さん曰く、そんな時代に生きる私たちにとって、「50 代半ばというのは、自分自身の「未来」を左右する、大変重要なタイミングなのだ」とのこと。本書では、50代で会社を辞めるための心得、独立する前にやっておくべき行動、そしてフリーランスとして生きるための知恵、それぞれが章ごとにまとめてあり、長年企業に勤めてきた高田さんならではのノウハウが詰まっています…
 
粗利70%も夢じゃない!? 自分で価格を決める「輸入ビジネス」とは?みなさんこんにちは。ブックナビゲーターの南雲希美です。みなさんは「輸入ビジネス」をご存知でしょうか?海外で仕入れた商品を日本で売る、というシンプルなもので、本書における「輸入ビジネス」は「BtoB 輸入ビジネス」、つまり企業を相手に行うものになります。自分が海外で仕入れたものを、有名百貨店や大手通販会社へ卸す立場になるということですね。自分で仕入れて企業に卸すなんて難しいのでは?と思うかもしれません。しかし、大須賀さん曰く、BtoC(個人を顧客とするビジネス)よりも、BtoB(企業を顧客にする)方がずっと簡単で手間もいらないとのこと。そして「輸入ビジネス」で重要なのは、タイトルの通り「価格を自分で決める」こと。それこそ難しい…
 
新人時代にやっておくべき「チャンス」をつかむ方法とは?みなさんこんにちは。ブックナビゲーターの南雲希美です。今回ご紹介するのは、紫垣さんの前著「伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人の10の違い」をマンガ化した一冊です。主人公の新入社員・野口美由希の視点から、新人時代における仕事への姿勢やチャンスのつかみ方など、社会人として大切なことがわかりやすく描かれています。 ところで、皆さんは「伝説の新人」と聞くと、どんな人を想像しますか?フレッシュなやり手営業マン、クールで仕事の早いキャリアウーマンのような 女性…とにかく抜群に仕事ができる人というイメージでしょうか。自分が「伝説」だなんて、ハードルが高い…と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが……ご安心ください!紫垣さん曰く「この本を手…
 
30年後、日本は、人類はどのような変化を迎えているのか?みなさんこんにちは。ブックナビゲーターの南雲希美です。今回ご紹介する本のテーマは「未来予測」。本書の前作にあたる、1989年から2018年の30年間を描いた『分断した世界』の後編となっており、高城さんご自身が世界中の未来予測を仕事とする人々や様々な専門家・知識人との対話を重ね、2020年から2049年までの30年の未来を予測したものとなっています。第1章では、宇宙変動がもたらす人類の危機について。第2章では、今後30年のメインプレイヤーとなる国家について。そして第3章では、日本がEUに加盟する日、ということで、日本の未来に加え、ポスト国家としての「個人」と「人類の未来」について。それぞれの章で、未来の世界や人類の姿を、多くのデータと照ら…
 
正しい「批判のお作法」とは何か? 理不尽な日本の問題に一石を投じる一冊!みなさんこんにちは。ブックナビゲーターの南雲希美です。今回は「黙って見過ごすわけにはいかない日本の問題」ということで、日本の政治、教育、社会等に対して、同じ関西出身である前川さんと谷口さんが対談形式でビシッとツッコみ物申す!そんな一冊のご紹介となります。テレビや新聞を見ていると、正直、理不尽なニュースって後を絶ちませんよね。政治家の答弁に「?」マークが浮かんだかと思えば、国の組織で不正会計が発覚したり、はたまたどこかの学校で問題が起こったり…。そんな様々な問題に、本書では忖度なしでズバズバ意見を述べています。読んでいて凄く共感できますし気持ち良い!と同時に、このくらいはっきり自分の意見をもって生きていかないと、ただただ日…
 
お金の教育は子供のうちに? 「新しいお金教育」を分かりやすい知恵袋で徹底解説! みなさんこんにちは。ブックナビゲーターの南雲希美です。今回は「大金持ちの知恵袋」というテーマでお送りしていきます。ビットコインをはじめとした仮想通貨の登場やキャッシュレス化が進む現在、経済の世界は大きな変化の途中にあると菅井さんは述べています。この「新しい経済の世界」において、私たち、ひいては子どもたちの世代はどんな未来を生きることになるのでしょうか?ということで、本書ではこれから必要な「新しいお金教育」について、菅井さんご自身の経験をもとに詳しく解説されています。本書で紹介されている知恵袋は5種類。「大金持ち」の知恵袋、「稼げる人」の知恵袋、 「貯められる人」の知恵袋、 「増やせる人」の知恵袋、 そして「もらえ…
 
「働き方改革」を目指さないことが改革への近道?みなさんこんにちは。ブックナビゲーターの南雲希美です。今回のテーマは「個人で始める働き方改革」これまでに500社以上へヒアリングを行い、働き方改革を支援してきた実績をもとに、その方法を詳しく、そしてわかりやすく伝授してくれる一冊です。会社の成長と個人の幸せを両立させるための「働き方改革」ですが、本書によると、それに成功していると答えた企業は12%だったとのこと。多くの会社が、「働き方改革」について何らかの取り組みをしているものの、会社と社員の目標が異なり、うまくいかずに悩んでいるそうなんです。そうしたなかで、「働き方改革」を成功させるポイントとは何なのかといいますと、越川さん曰く『ずばり、働き方改革を目指さないこと』これは一体どういうことなのか?…
 
赤字続きだったレストランが「余計なこと」をやめたことで大幅業績アップ!?みなさんこんにちは。ブックナビゲーターの南雲希美です。今回のテーマは「ビジネスにおける余計な物事のやめかた」というわけで、ガトーショコラ専門店として数々のメディアにも紹介されている「ケンズカフェ東京」オーナーシェフの氏家さんが、ご自身の経験をもとに、余計なことの捨て方をはじめ、商品のブランディング法や販売戦略についても詳しく教えてくれます。現在、年商3億を実現している「ケンズカフェ東京」ですが、実は開業当初、数年間赤字が続き倒産の危機も迎えたことがあるとのこと。しかしタイトルの通り「余計なことをやめて」からは状況が一転!業績は右肩上がりに急成長、今や高級ブランドスイーツ店として多くの方に親しまれています。氏家さん曰く、「…
 
10年後、お金に困る人と困らない人の差は?みなさんこんにちは。ブックナビゲーターの南雲希美です。今回は「10年後お金に困らない人、困る人の違い」というテーマでお送りしていきます。資本主義のこの世の中、余程のことがない限り、お金があって嫌だということはありませんよね。そのお金にまつわる不安は多くの方が抱えていると思います。皆さんの中で「高収入を得るための勉強や、セミナー通いをしているのに収入が上がらない。」「今の企業で、将来満足する給料を得られるのか?」「そもそも、稼いでる人と自分は何が違うのだろう?」などなど、お金に関して悩んでいる方はいらっしゃいませんか?そこで、本書の内容に目を向けてみましょう!松尾さん曰く、お金に困らない人と困る人の違いは「まわりの評価」であるとのこと。本書では、お金に…
 
下のテストです。夏目漱石生誕151年になる2018年に、もう10年前に全編録音しておいた「こころ」を上中下の3つにまとめて公開する。(ツイートした都合上、現在作業中のままで公開を続けていきます)上36章、中18章、下56章 ・下01「私はこの夏あなたから二、三度手紙を受け取りました。…… このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら ・下02「私はそれからこの手紙を書き出しました。…… このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら ・下03「「私が両親を亡くしたのは、まだ私の二十歳にならない時分でした。…… このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら ・下04「とにかくたったひとり取り残された私は、……
 
 今年は漱石生誕151年になる。2009年ごろに録音してバラバラにアップしたものを、上・中・下にまとめて公開する。 上01「私はそのひとを常に先生と呼んでいた。」 このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 上02「私がその掛茶屋で先生を見たときは、先生がちょうど着物を脱いで…… このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 上03「私は次の日も同じ時刻に浜へ行って…… このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 上04「私は月の末に東京へ帰った。…… このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 上05「私は墓地の手前にある苗畠の左側からはいって…… このブラウザでは…
 
考えるよりもすぐに行動することが重要――成功実体験に基づいた決断術!みなさんこんにちは。ブックナビゲーターの南雲希美です。今回は「3秒決断思考」というテーマでお送りしていきます。「すぐ決めてすぐやること」。これが成功をおさめるための最大にして唯一のルールであると本書では述べられています。金川さん曰く「3秒以上考えてもいい答えは出てこない」「すぐ決めてすぐ行動した方が、結局はすべてがうまくいく」とのこと。たったの3秒で?と疑問に思う方、3秒で決めるなんて無理、もっと時間がないと…と不安になる方もいらっしゃると思います。ご安心ください!なぜ3秒で決断できるのか、また3秒で決断することで本当に成功に近づけるのか、本書では丁寧に解説されています。さあ、その3秒決断のメソッドとはどんなものなのでしょう…
 
日々のストレスに悩まされている方は必聴!? 小さな工夫で「心」を癒す方法 みなさんこんにちは。ブックナビゲーターの南雲希美です。今回の書籍のテーマは「心の休ませ方」。著者のお二方の経験を基にして研究、考案された「マイクロ・レジリエンス」のフレームワークが紹介されています。そもそも、マイクロ・レジリエンスとは?本書の言葉を借りれば「一日を通してごく小さいことを少しずつ変えていく、小さな回復法」というもの。「レジリエンス」とは辞書的に「折り曲げられたり圧縮されたりしたのちにもとに戻る力」(スポンジのイメージが近いでしょうか)という意味で、本書では、その状態からさらによりよい形に戻し、それを維持する方法ということに焦点を当てています。その方法が、日頃の行動習慣や考え方をちょっとずつ変えるというもの…
 
明治日本を支えた幕末のサムライたち、そのドラマがここに!みなさんこんにちは。ブックナビゲーターの南雲希美です。今回は、2015年に世界遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」にまつわる書籍のご紹介です。明治時代、西洋技術の導入や、国の仕組みを根本から変える廃藩置県・徴兵令などの改革により、日本は大きな近代化を成し遂げました。それが今日の日本の基礎を作っているわけですが、本書では、その近代化、そして産業革命に関わった人物や出来事を詳細に記しています。 「明治日本の産業革命遺産」は日本のモノづくりの原点であり、日本経済の底力のルーツである、と岡田さんは述べており、歴史に名を残したリーダーだけではなく、数多くの無名の人に至るまで、これらの遺産をめぐる先人たちから多くを学ぶことができます。例えるな…
 
50代、60代はまだまだこれから!? キャリアを活かす『顧問』の働き方とは?みなさんこんにちは。ブックナビゲーターの南雲希美です。今回は『顧問』という新しい働き方についての一冊です。『顧問』というと一流企業の役員クラスの方が天下り的にやってきて…というイメージだと思われがちですが、そんな従来型の『顧問』ではなく、新しいかたちで企業に関わる『顧問』が増えてきているそうなんです。「ただ会社員生活を送ってきただけ」と感じる普通の会社員にこそ、その道のプロフェッショナルとして企業に求められる『顧問』となる大きな可能性が開けていると齋藤さんは述べています。これまでキャリアを積んでこられた50代、60代の方々が活躍できる職業として、『顧問』がいま注目されているんですね。ではその新しいかたちで企業に関わる…
 
2020年の東京オリンピック、経済はその後どう変わっていくのかみなさんこんにちは。ブックナビゲーターの南雲希美です。今回ご紹介する本のテーマは、「これからの経済予測」。タイトルにもあるように、「乱高下」そして「バブル」…波乱万丈な経済状況が待ち受けているのでしょうか。本書では、そんな経済状況を、渡辺さん独自の視点で詳しく解説しています。海外の動きや、株価・金利の変動など、様々な要因を詳しいデータと照らし合わせながら、これからの日本経済について考えていく内容となっております。それと共に、経済の大きな流れをくみながら、企業に対してはもちろん、個人の経済状況にも濃やかなアドバイスが随所に述べられており、投資する側、される側どちらの立場からも有益な情報が詰まった一冊です。といったところで、今回はスタ…
 
 文字の霊というものがあるかどうか。人間は文字を知ることによってどんなことになったのか。  (2015年11月8日(日)第28回渡辺知明表現よみ独演会の録音) このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら渡辺知明 による
 
夏目漱石「吾輩は猫である」に落語のパロディが出てくる。「できごころ」は泥棒騒動に出てくる。「花色木綿」という題目で演じられる。 (2016年11月6日(日)第30回渡辺知明表現よみ独演会のお話しつき) このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちらy1H による
 
トランプとロシアは本当につながっているのか? 今、世界を騒がせている「ロシアゲート」を徹底的に追いかけた話題作!! みなさんこんにちは。ブックナビゲーターの南雲希美です。今回ご紹介するのは現在、各国を騒がせている「ロシアゲート」問題。この問題は、ロシアが2016年のアメリカ大統領選挙に介入していたのではないかということ。そして、トランプ大統領はロシアとの共謀を隠蔽するために司法妨害したのはないかというの二つの疑惑のことを指しているのですが、本書は、実際にその裏側に潜入したイギリス秘密情報部の工作員による調査報告をもとに、トランプ氏とロシアの黒い人脈を浮き彫りにしていく衝撃の内容となっています。今回は詳しい話をお聞きするため、本書の解説をされている上智大学総合グローバル学部教授の前嶋和弘さんを…
 
 夏目漱石「吾輩は猫である」鼻子の訪問の巻。鼻子が寒月の見合い話を持ち込んでくる。 (2017年11月5日(日)第32回渡辺知明表現よみ独演会の録音) このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 渡辺知明の表現よみCD販売中!全編20時間収録吾輩は猫である () 夏目 漱石 でじじ発行/パンローリング発売 2016-07-16 売り上げランキング : 384914 Amazonで詳しく見る by G-Tools渡辺知明 による
 
ココナッツオイルブームの火付け役となったママ起業家が語る「働き方」とは?みなさんこんにちは。ブックナビゲーターの南雲希美です。今回ご紹介するのは、子育てと仕事を両立しながらも様々なメディアで注目されている『ママ起業家』が送る一冊です。なんと、私たちの生活にも今や馴染んでいるあのココナッツオイルのブームを巻き起こした方!ということで、本書ではその背景や現在に至るまでの経緯が、荻野さんの人生を振り返りつつ語られています。タイトルにもあるように、荻野さんはご自身のことを「こじらせている」と述べており、特に20代の頃には職を転々とし、その結果履歴書1枚では書ききれないほど多くの経歴を持つことになったというエピソードも。そんな荻野さんがどのように自分と向き合い、子育てをしながら会社を成長させていったの…
 
 わたしの考える「文鳥」のテーマが明確になるように構成した。 (2016年11月6日(日)第30回渡辺知明表現よみ独演会の録音) このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちらKLXDfI による
 
 梶井基次郎の代表作である。その4は「昼と夜」と「雨」。独演会での中間の解説もつけたままである。 (2015年6月7日(日)第27回渡辺知明表現よみ独演会の録音) このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら渡辺知明 による
 
梶井基次郎の代表作を4つに分けてアップする。(2004年11月9日(日)第26回渡辺知明表現よみ独演会での録音) 「病気」「勝子」 このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら渡辺知明 による
 
 これぞ梶井基次郎の代表作である「城のある町にて」の第2弾「手品と花火」 (2014年6月1日(日)第25回渡辺知明表現よみ独演会) このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら渡辺知明 による
 
 梶井基次郎の作品は「散文詩」である。その代表作が「城のある町にて」である。「ある午後」「手品と花火」「病気」「勝子」「昼と夜」「雨」を4つに分けてアップする。 (2013年11月10日(日)第24回渡辺知明表現よみ独演会にて収録) このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちらJE5 による
 
「冬の蠅とは何か?/よぼよぼと歩いている蠅。指を近づけても逃げない蠅。そして飛べないのかと思っているとやはり飛ぶ蠅。」                * 「1冬が来て私は日光浴をやりはじめた。溪間の温泉宿なので日が翳り易い。溪の風景は朝遅くまでは日影のなかに澄んでいる。」 前編(2010年3月7日(日)第17回渡辺知明表現よみ独演会録音) このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 「2 その日はよく晴れた温かい日であった。午後私は村の郵便局へ手紙を出しに行った。私は疲れていた。」 後編(2010年9月5日(日)第18回渡辺知明表現よみ独演会録音) このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら…
 
2007年6日3日(日)第11回渡辺知明表現よみ独演会での録音。中島敦の「わが西遊記」シリーズの一作である。作品の主人公は沙悟浄である。 このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら渡辺知明 による
 
2017年10月20日(金)川崎多摩表現よみの会のドラマリーディング。 構成と台本は渡辺知明による。 このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら渡辺知明 による
 
「四(途中) 陵が匈奴に降るよりも早く、ちょうどその一年前から、漢の中郎将蘇武が胡地に引留められていた。」 2011年6月5日(日)第19回渡辺知明表現よみ独演会で収録。 このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら渡辺知明 による
 
「三 乱軍の中に気を失った李陵が獣脂を灯し獣糞を焚いた単于の帳房の中で目を覚ましたとき、咄嗟に彼は心を決めた。」  2010年9月5日(日)第18回渡辺知明表現よみ独演会録音。 このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら渡辺知明 による
 
「二 九月に北へ立った五千の漢軍は、十一月にはいって、疲れ傷ついて将を失った四百足らずの敗兵となって辺塞に辿りついた。」 2010年3月7日(日)第17回渡辺知明表現よみ独演会録音。 このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら渡辺知明 による
 
「一 漢の武帝の天漢二年秋九月、騎都尉・李陵は歩卒五千を率い、辺塞遮虜ショウを発して北へ向かった。」 2009年11月1日(日)第16回渡辺知明表現よみ独演会録音 このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら ◎分割版 1-1「漢の武帝の天漢二年秋九月、騎都尉・李陵は歩卒五千を率い……」 このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 1-2「翌朝李陵が目を醒まして外へ出て見ると、全軍はすでに昨夜の命令どおりの陣形をとり」 このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 1-3「翌日からの胡軍の攻撃は猛烈を極めた。」 このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら…
 
新任教師が担当することになったのは、特殊な性癖を持つ生徒たち!?こんにちは、ブックナビゲーターの南雲希美です。今回はスニーカー文庫より最新作のご紹介です。タイトルから中々のインパクトを放つ本作、内容もかなり異色となっております。それではさっそく内容を見ていきましょう。物語の舞台は県下有数の進学校。就職活動に失敗してしまった伊藤真実(いとうまなみ)は、祖父が運営する学苑の教師として働くことになったのですが、赴任早々、とあるクラスを担当させられることになってしまいます。その名も『特殊性癖教室』。そこは学苑側が集めた生徒のみが入学できるエリートクラスなのですが、その名の通り、特殊な性癖を持った生徒が集まっているクラスでした。祖父曰く「将来の日本を支える、優秀で個性的なエリートを生み出すのが目的」と…
 
「逆境」から勝ち抜いていくために必要なノウハウがここに!みなさんこんにちは。ブックナビゲーターの南雲希美です。今回ご紹介するのはビジネスに関わる『リーダー』についての一冊。1996年から資産運用ビジネスに関わり、長きにわたって逆境の業界を生き抜いてきた知識や経験が書かれています。組織陣営の作り方をはじめ、小さな組織が大きい組織と戦うために必要な事業戦略のアドバイス、人材の見極め方など、ビジネスに関わっている方であればこのあたり気になる内容ではないでしょうか。大塚さん曰く、現代社会は業界トップ企業が何かをきっかけにあっという間に没落してしまう不確実性に満ちた乱世。このような状況の中、ビジネスで生きていくには戦国時代の武将のようなリーダーが必要なのだそうです。いったいどのような人材なのでしょうか…
 
来る大学入試改革に向けて、親がやるべきこととは?みなさんこんにちは。ブックナビゲーターの南雲希美です。今回ご紹介する書籍のテーマは「不安な未来を生き抜くための子育て」ということで、本書では現在進行中の一連の教育改革、中でも特に影響の大きい2020年からの大学入試改革を前にして、どのように子どもの教育に取り組んでいけばいいのか、ということが述べられています。まず大学入試改革で何が変わるのか? 変わる受験に対応する語学力の付け方・グローバル感覚の育て方は? といったことから、どんな大学を選べばよいのか、どんな教養を身に着けるべきか、子どもの学力を伸ばす方法、そして、教育とは切り離せないお金に関する話、またこれからのAI時代を生き残るための学びや子供の自立について……。変わる社会を子どもがしっかり…
 
センター試験が終了!? 日本の教育の今後は……?みなさんこんにちは。ブックナビゲーターの南雲希美です。今回ご紹介するのは子育て中の親御さんなら誰でも気になる「教育」に関する一冊です。2020年にはセンター試験が終了し、学習指導要領の改訂もなされるということで、現在、日本の教育制度が大きな転換点を迎えていると石井さんは本書の中で述べています。そんな時代に、子どもがどう育っていくのか心配だという方も多いのではないでしょうか。教育に関して気がかりなことも沢山あると思います。例えば、学校は信頼していいのか?PTAの活動とうまく付き合うには?グローバル化の時代を生き抜くためには、英語ができないとダメなのか?幼稚園や保育園に通う子どもにはどんな教育が必要か?そもそも日本の教育の仕組みはどうなっているのか…
 
不動産投資の〝超エグい実態〟をコミカルなストーリーで展開!!こんにちは、ブックナビゲーターの南雲希美です。今回ご紹介するのはちょっと変わり種な一冊。不動産投資に手を出したサラリーマンが、大損してしまうという内容です。ちょっと内容をみていきましょう。主人公は、大手上場企業に勤める40歳のエリートサラリーマン・須藤盛史。給料は安定し、特に不自由なく暮らしていた彼ですが、勤めている会社の不適切会計が明るみになり、将来に不安を抱えることに。そんな時、オフィスにゴールデンゴール商事という聞き覚えのない企業から電話がかかってきます。明らかなセールスに早々に電話を切ろうとする須藤でしたが、相手の「大手企業に勤めている人にだけ使える収入の仕組み」という話を聞いて興味を抱き、会って話を聞くことにしました。実際…
 
KADOKAWAの小説投稿サイト『カクヨム』のラジオ番組が始動!!こんにちは、ブックナビゲーターの木村希美です。今回ご紹介させていただくのはWebラジオ番組『カクヨム放送局』。こちらのラジオは、KADOKAWAの小説投稿サイト『カクヨム』をより広めるためのラジオ番組で、パーソナリティは人気声優の羽多野渉さんと高橋李依さん。『カクヨム』の書籍化情報や、声優さんによるユニークなコーナーなど目白押しなので、新刊ラジオでも今後応援していきたいと思います。さて、実際どのような番組なのか、新刊ラジオでもお届けしましょう!どうぞ、本編の音声をお聴きください。『今月の気になる!?』にて紹介された小説・お化けロボットとロボットお化けhttps://kakuyomu.jp/works/1177354054883…
 
「12歳の文学賞」で史上初3年連続大賞受賞! 14歳で小説家デビューしたスーパー中学生の話題作が登場!こんにちは、ブックナビゲーターの南雲希美です。なんと、14歳で小説家デビューということで、あの「あさのあつこ」先生からも「鳥肌が立つような才能」と評されていて、非常に期待が高まります!さっそく内容を見ていきましょう。『さよなら、田中さん』は、5編から構成されている連作短編集。メインの登場人物は、小学6年生の女の子・田中花実と、そのお母さんの真千子。母子家庭で貧乏ですが、お母さんが底抜けに明るく、毎日楽しく笑いながら過ごしています。そんな親子を中心として、日常の様々な出来事、事件が本書に収録されています。余談ですが、本書に収録されている「Dランドは遠い」は、なんと小学4年生のころに書かれたとの…
 
Loading …
Google login Twitter login Classic login