ごくつぶし 公開
[search 0]
もっと

Download the App!

show episodes
 
Loading …
show series
 
「パニックインスタジアム」「パニックインテキサスタワー」「殺人者はライフルを持っている」のみっつの感想です 早口でごめん 詳しくは俺もよく知らんからテキサスタワー乱射事件でググってね
 
マンガの話です  ジョジョ(00:40~)、冨樫義博(05:50~)、ワンピース(07:50~)、サイボーグクロちゃん(10:10~)、再びジョジョ(15:25~)、再びワンピース(28:10~)、ドラゴンボール(34:10~)、魔法陣グルグル(47:50~)
 
イーストウッドの「ミリオンダラー・ベイビー」の感想です。「チェンジリング」と「リチャード・ジュエル」と「運び屋」と「荒野のストレンジャー」のネタバレもしてます。
 
「マグノリアとパンチドランクラブのフィリップ・シーモア・ホフマンがよい!」 「女ガンマン皆殺しのメロディ面白い」 「スーパーマンはアメリカンニューシネマが終わりかけてた頃の映画」 「オーウェンウィルソンの映画をたくさんみた(ズーランダー、ミート・ザ・ペアレンツ)」 「カーズで泣いた」など話しました。「女ガンマン皆殺しのメロディ」の感想で僕が「女性の権利を大事にしてる映画」みたいなことを言ってますが、映画全体を通して考えると、これはもしかしたらちょっと浅い感想だったかもです。この映画をポリコレ的?に見るとどう思うかできれば感想が聞きたいです
 
湯浅政明監督のアニメ作品、マインドゲームです。スタンドFMで生放送しました。ソウルフルワールドと内容がそっくりすぎて何を話せばいいのか困っちゃった。いつもよりやや雑談多めです。
 
ディズニープラスで独占配信中のPixar最新作『ソウルフル・ワールド』の感想です。なんか最近「いいよね…」しか言ってない気がします。オマケとしてディズニーキャラの戦闘力の話もしています。お便りも2通ご紹介、いつもありがとうございます!【ディズニーキャラ強さランキング[決定版] https://note.com/muryokucinema/n/n080e36b681c4】
 
キアヌ・リーヴス主演、最高の映画「ビルとテッド」シリーズ30年ぶりの最新作を見てきた感想を語ります。映画館を出た10分後くらいに話しているので取っ散らかっててすみません…。30年前に公開された1~2作目の話も、以前しているのでよかったらどうぞ。【第23話 「ビルとテッドの大冒険」】https://podcasts.apple.com/jp/podcast/%E7%AC%AC23%E8%A9%B1-%E3%83%93%E3%83%AB%E3%81%A8%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%89%E3%81%AE%E5%A4%A7%E5%86%92%E9%99%BA/id1519034196?i=1000490540210…
 
監督スパイク・リー 主演エドワード・ノートン 刑務所にぶち込まれる前の、シャバでの最後の25時間 「暴力脱獄」のサイケなポスターぼくも欲しい
 
仲間由紀恵と中谷美紀と戸田恵梨香と綾瀬はるかが10代の心の支えでしたみたいなそんな感じです ※踊る大捜査線の監督は堤幸彦さんではなく本広克行さんでした ごめんなさい
 
ずっと前に録音したやつのあげ忘れ 1988年のオランダのホラー映画「ザ・バニシングー消失ー」のぼんやり感想です。ネタバレしています。あとリメイク版の主演はユアン・マクレガーじゃなくてキーファー・サザーランドでした、すみません…
 
ブライアン・デ・パルマ監督の「キャリー」の話です(ネタバレしてます)。9分辺りまでノイズ入ってます、すみません…10分以降は比較的安定してます。あと37:20~38:30辺りでホアキンジョーカーのネタバレを少ししています。 ・監督と作品の説明(0:00~)・簡単なあらすじ、サイコとの関係、アメリカンニューシネマとしてのキャリー(4:40~)・序盤の好きなシーン(11:10~)・中盤の好きなシーン(21:35~)・終盤の好きなシーン(30:50~)・ラストの撮影技法がすごい(45:15~)・魔女の宅急便と似てる?(49:30~)  『人も虫も夢も月も靴も街も薔薇もエメラルドも悪い人も優しいあの人も総て燃えてしまえみんな同じになれ』(筋肉少女帯、ノゾミカナエタマエの歌詞より引用)…
 
カルト映画の帝王デヴィッド・リンチの話をしました(ネタバレしてます)。リクエストありがとうございました! デヴィッドリンチ監督についての印象 (03:45~) エレファント・マン (09:30~) マルホランド・ドライブ (31:35~) ブルーベルベット (48:03~) ストレイト・ストーリー(01:02:35~)  「…『イレイザーヘッド』は明らかにハッピーエンドだが感覚は重苦しい。『エレファント・マン』は作品の99パーセントは非常に暗く、最後だけが明るく終わる。バランスはまったく逆だ。でも明らかに映画の終わりでメリックは幸せな状態にいる。彼の考える幸せだけれどね。」(「ツイン・ピークス」&デヴィッド・リンチの世界より引用、デヴィッド・リンチ本人の言葉)…
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login