あさ会話 / キャリアストーリーインタビュー 公開
[search 0]
もっと

Download the App!

show episodes
 
Loading …
show series
 
今回のゲストは理学療法士の高木恒介さんです noteにコメントをいただいたことがきっかけで実現した高木さんのインタビュー。 穏やかな印象の高木さんですが、直観と湧き上がる冒険心に素直に行動されるとってもアクティブな方です 薬剤師のお祖父さまとお父様の影響を受けて、医療関係の仕事を目指した高木さん。 その中でも、患者さんの笑顔がたくさん見れる仕事に就きたいと感じて理学療法士に。 総合病院で勤務した後、JICA海外協力隊としてスーダンへ派遣されます。 前半では海外で働きたいと思ったきっかけを伺いました。 高木さんのnote 文字を書く、人の考えに触れる事を通して自分の考え方を知りたくてnoteやってます。 1年半スーダン、半年パプアニューギニアで青年海外協力隊の理学療法士として活動。 特に統一し…
 
JICA海外協力隊としてスーダンで活動されていた高木さん。 理学療法士としての活動や、日常生活について伺いました。 現地で感じた日本との違いは? 気温45度の日も…! イスラム教の文化が日常にある生活 「派遣されたのがスーダンで良かった」 アフリカと大阪は似ている 現地の人との距離感の近さが嬉しかった 高木さんのnote 文字を書く、人の考えに触れる事を通して自分の考え方を知りたくてnoteやってます。 1年半スーダン、半年パプアニューギニアで青年海外協力隊の理学療法士として活動。 特に統一したテーマはなく、思った事考えた事を書いているnote(noteプロフィール欄より)あさ会話 / キャリアストーリーインタビュー による
 
JICA海外協力隊としてスーダンで1年半の活動を終え、 次はパプアニューギニアへ。 全く異なる環境へ行って感じたことや、今後の活動について伺いました。 スーダンへ行ったことで変化した「スピード感」 JICA海外協力隊の活動で気づいた、自分が積極的に働きかけていくことの楽しさ 理学療法士の視点から違うジャンルにチャレンジしていきたい スーダンでの活動の後はパプアニューギニアへ。 違いを感じるのが楽しい! 各国を回ってきて今感じるのは「日本を知りたい」 これまでの経験を日本の地方の医療へ活かしたい 高木さんのnote 文字を書く、人の考えに触れる事を通して自分の考え方を知りたくてnoteやってます。 1年半スーダン、半年パプアニューギニアで青年海外協力隊の理学療法士として活動。 特に統一したテー…
 
今回のゲストは、サントリーホールディングス株式会社 マーケティング部の 関島達矢さんです。 「やりたいことが何もない、平々凡々とした学生時代でした」とお話される関島さんこと「せっきーさん」 会社員をしながら希代翔さんと株式会社Re-CHを立ち上げ 2018年にはキャリアに悩む人がキャリアコンサルタントと繋がれるオンラインサービス 「CAREER PLANTS」をリリース。 国家資格キャリアコンサルタントの資格を活かして活躍されています。 せっきーさんの学生時代から現在までのキャリアストーリーをインタビューしました。 大学を選んだ理由は入学後に学科を決められる学校だったから どこの学科にも魅かれず…パソコンを触れるという理由で情報理工学科へ 心が動くものと出会えなかった就職活動…いったん就職活…
 
20~30代のキャリア(人生)に迷っている人のコンサルティング事業を担う 「株式会社Re-CH」 Re-CHを一緒に立ち上げた希代翔さんのお話や、関島さんの転職活動について伺いました。 転職活動で大変だったのは時間の捻出 起業した時のメリットを考慮して戦略系のコンサルティング会社へ 転職で広がった仕事の視野 思いがけないきっかけでサントリーへ転職することに 大企業でも比較的ベンチャーに近い社風を持つサントリーに徐々に魅かれていき… CAREER PLANTS 転職を考えている人だけでなく、キャリアにお悩みの方が自分に合うプロのキャリアコンサルタントを見つけて相談できるサービスです。 Matcher 就活生と気になる企業に勤める社会人を繋ぐOB訪問支援サービス。 関島さんには就活だけでなくキャ…
 
関島さんが国家資格キャリアコンサルタントを取得したきっかけや、 取得して感じたことなどを伺いました。 キャリアコンサルタントを勉強して改めて感じた「傾聴力」の大切さ 「キャリアコンサルタント」は相談者さんが自分の力で答えを見つけるお手伝いをする仕事 今後はRe-CHの活動をメインにキャリア相談の場づくりを。 気軽にキャリア相談が出来るカフェを作っていく予定です。 副業は自分が出来る事の幅が広がることの楽しさがある。 新しい仕事を作り出し自分でやってみる。 せっきーさんの自己肯定感の源は? 能動的だけど巡ってきたチャンスはキャッチする。 CAREER PLANTS 転職を考えている人だけでなく、キャリアにお悩みの方が自分に合うプロのキャリアコンサルタントを見つけて相談できるサービスです。 Ma…
 
今回のゲストは、アロマの学校とサロン キラキラ代表まあやさんです。 一年という期間限定で配信されていた大人気ポッドキャスト番組 おじさんの知らない魔女の話のパーソナリティでもあります。 前半は、まあやさんの幼少期や、診療放射線技師として働いていた頃のお話。 人見知りだった幼少期 診療放射線技師を目指したきっかけ ハードだった救急病院のお仕事 転職はステップアップ 放射線技師は決して人を救える仕事ではない お母様の死を経験して感じた自分の仕事に対する疑問 フリーで働く放射線技師に 抜群のタイミングでやってくるお仕事の依頼 アロマの学校とサロン キラキラ おじさんの知らない魔女の話 まあやさんのTwitter…
 
放射線技師として働いていたまあやさんでしたが、 偶然の出来事がきっかけでアロマの学校で働くことになります。 アロマとの出会い 偶然の出来事がきっかけでアロマの学校で働くことに 強みを活かしたまあやさんの「自分らしい授業」 バックグラウンドを伝える事で生徒さんのスイッチが入る 自ら勉強したいと思わせたら勝ち! 人に触れることで幸福感に包まれる アロマの学校とサロン キラキラ おじさんの知らない魔女の話 まあやさんのTwitterあさ会話 / キャリアストーリーインタビュー による
 
いつも全力で仕事をやり切って 次のステップを踏み出すまあやさん 起業に対する考え方や、今後の活動についてお話していただきました。 またまた偶然が重なってアロマの学校を開業することに 起業は退路を断たなくていい 自分がやり切ったと感じてから次のステップへ 自分が持っている最大限でお客様に何のサポートが出来るかを考える やってきたことはすべて無駄じゃない やりたいことをやっていたらたどり着いた起業家(高級フリーター)という働き方 今後の活動について アロマの学校とサロン キラキラ おじさんの知らない魔女の話 まあやさんのTwitterあさ会話 / キャリアストーリーインタビュー による
 
今回のゲストはサラリーマンミヤタの学べるラジオのミヤさんです。 サラリーマンミヤタの学べるラジオは、意識高い系サラリーマンに憧れるミヤさんが 話題のビジネス本や自己啓発本などから学んだことを5分で解説! iTunesおすすめにもピックアップされた注目番組です! あさ会話では、ミヤさんがなぜビジネス本を読むことに夢中なのか、 そのモチベーションについてお話していただきました。 人の評価を気にしなくなった 影響を受けたのは「7つの習慣」 最近は「モテたい」よりも「学びたい」 番組を始めたきっかけは? ビジネス書を読んで楽しいと感じるのはどんな時? 何を目指しているのか…? マンモス倒したい サラリーマンミヤタ、ダイエットを決意! あさ会話 第54回ミヤさん出演回 ミヤさんのブログ 最寄りのスタバ…
 
今回のゲストはストーリーエディターの栃尾江美さんです。 人の価値観や哲学を、心に届くストーリーとして描く「ストーリーエディター」。 Webや書籍の執筆のほかストーリーテリングシリーズを通して、採用や事業PRにも携わっています。 「クリエイティブの反対語」や「コルクラボ」など、人気ポッドキャストのパーソナリティでもある栃尾さん。 前半は、他のポッドキャストではあまり語られない栃尾さんの子ども時代をお話していただきました。 優等生タイプだった子ども時代 小学生からやっていたバレーボール部のお話 情報工学部を選んだ理由は…? ものづくりに感じた「ロマン」 文学が好きで子どもの頃から物語を書いていた 小説を書きたいという思いについて 栃尾さんのアウトプット相談はTwitterまたはHPから 栃尾さん…
 
メンタルの不調で会社を退職したことをきっかけに、4か月間ハワイへ行くことに。 帰国後は編集プロダクションに入社し、ライターとしての活動をスタートします。 大学卒業後はSEの仕事に。 メンタルを壊してしまったことがきっかけで退職を決意 英語コンプレックス解消とフラを学ぶためハワイへ ハワイはずっと居続けたいと思うほど素敵な場所 小説家ではなくライターを選んだ理由 「自分が書いたものは唯一無二」という喜び ライターの仕事とは…? これまでのキャリアを捨てることが出来た強さ 辞めてもいいんだと思った瞬間に世界がバラ色になった 栃尾さんのアウトプット相談はTwitterまたはHPから 栃尾さんのHP 栃尾さんのTwitter アウトプット/ライティング相談 ~「書きたいけど書けない」人へ~…
 
インタビュアーとしての栃尾さんの美学や言葉に対する哲学をお話していただきました。 自分を消すという「美意識」 インタビューイーの魅力をどれだけ透明度をもって映し出せるか わかり合いたいという気持ちについて 恥ずかしいを避けて生きると自己肯定感が減っていく 流行に乗ってしまうと自分の好きがわからなくなってしまう 植物から「本当のこと」を知りたい 自分の弱みを知っておくことで大事なことがわかる 言葉やストーリーに考えを固定化されてしまうと本質を見失ってしまう 言葉が大好きだけど信じすぎちゃいけない ❝根っからのアウトプットフェチ❞ 栃尾さんのアウトプット相談は栃尾さんのTwitterまたはHPから。 ☟こんな方におすすめ 文章力を上達させたい エッセイがうまくなりたい SNSで発信したい 継続の…
 
今回のゲストは、ドイツでエンジニアとして働いているKennyさんです。 ドイツから「自分も出てみたいです!」と出演希望のメッセージを頂きました♪ 宮城県仙台市出身のKennyさん。 時にはDJ、ヨガのインストラクターやプログラミングなど、幅広く活動されています。 野球少年だった少年時代。高校からはラグビー少年に 勉強しなさ過ぎて(?)一浪して北海道の大学へ 夏はバイク、冬はスノーボード!でもすぐに達成してしまい、気持ちは海外へ… タイ、ベトナム、ラオス、カンボジアなどへバックパッキングに 母国である日本の事について、あまり知らない自分を恥ずかしく思い、日本の理解を深めるため日本ヒッチハイクへ 日本ヒッチハイクのスタートは沖縄から 旅先で出会う人それぞれのバックグラウンドを知ることが楽しみに …
 
Kennyさんはドイツで自動車関連R&Dエンジニアとして勤務されています。 大学院修士課程で経験した海外インターンが、ドイツで働きたいと思った大きなきっかけに。 ドイツの某工科大学でのインターンに ドイツのライフワークバランスに魅了され、ドイツで働くことを決意 出来るだけ若いうちに海外でエンジニアとしての経験を積みたかった。 将来的にはAIエンジニア、経営やコンサルもチャレンジしていきたい。 全然出来ないものだからこそ悔しくてチャレンジしたくなる 出来なかったものが出来るようになることを体感する経験が大切 苦手を克服することも大切。強みを生かすだけではない戦い方 何でも挑戦して、その中から楽しみを見つけ出すことが得意 全く違う分野も、どこかで繋がるのが楽しい ドアを開けるのは自分。 Kenn…
 
いつもあさ会話を聴いてくださっているKennyさん あさ会話出演をきっかけにStay Hungry FMをスタート!ぜひ購読ボタンを♪ あさ会話毎週配信はさすがに難しいのです… ドイツで働くエンジニアや、色々な人をゲストに招いてお話しするStay Hungry FMを配信します! 自分のためより人のためのほうが充実感がある。 自己満足はとても大切な要素。 一方的に主張するだけでなく、調和の価値観を大切に 好きなことをやる「裏側」もきちんと見て KennyさんのTwitter Stay Hungry FM ビジネス、趣味、人生、に対してハングリーに生きている方々と、好きな事をお話しする番組です。 Podcastで聴く Spotifyで聴く Stay Hungry 番組Twitter mixcl…
 
今回のゲストは、メキシコ雑貨店ナダさんのイベントでお会いしたIZUTAさんです。 大学では、食品関係について学んでいたIZUTAさん。 やりたいことが明確ではなかった当時、食品関係ならずっと好きでいられるかもしれないと思い、就職も調味料のメーカーの営業に。 東日本大震災で会社が休業してしまったことを機に、いつか海外に住みたいという思いを実現させるため、日本語教師の勉強を始めます。 お互いの言語と文化的な背景を理解することの大切さや、工業通訳になろうと思ったきっかけをお話していただきました。 IZUTAさんのInstagram トップス、ボトムス: Steph Orozco(@stephorozco) ハット: Alexandra Ruiz (@alexandraruizoficial) 撮影…
 
日本に帰国して、IZUTAさんが始めたのはTwitter。 きっかけは「えらいてんちょう」さんの本を読んだことがきっかけでした。 ● Twitterを通してたくさんの出会いがありました ● まさに今日お会いしてきたのは、劇場型ウエディングを手がける こみねれい@いいなぁを叶えるウェディング屋さん ● 自分の「ドメイン」を決めたくない ● スペイン語を教えるときに大事にしていること ● ゆるキャラ「もんたろう」でモンテレイを広める活動も始めました! ● 日本茶をモンテレイで販売しています。 ● 最近はメキシコでも健康ブーム ● スペイン語を話しながらフラフラお散歩する「フラスぺ」も開催しています。最近ではオンラインの会も♪ IZUTAさんのInstagram もんたろうフェイスブックページ も…
 
今回のゲストは、ボタンを使ったアクセサリーを手がけるアーティスト・片山優子さん。 金子さんのご紹介です。 CHANELの「ベストサヴォアフェール」にも選ばれた経歴を持ち、国内外を問わず注目を集めている片山優子さん。 長年、広告や雑誌業界のスタイリストとして活躍された後、2009年にアクセサリーブランド「KOCHU KOCHU」を立ち上げます。 片山さんの幼少期のファッションに纏わるエピソードや、スタイリストをされていた頃のお話を伺いました。 KOCHU KOCHU ブランド名の「コチュコチュ」は、「コツコツ続ける」という意味から。 雑誌や広告業界でスタイリストとして活躍するなか、捨てられそうだった見本帳のボタンを組み合わせて使ったネックレスが評判を呼び、 2009年に立ち上げたアクセサリーブ…
 
センスや感性は目には見えないもの。 それをどう伝えるか、どう磨いていくか。 それは、日常の中にもヒントがありました。 スタイリストからアーティストへと活動をシフトしていった片山さん。 スタイリストの時とは異なる、アーテイストとしての視点をお話していただきました。 KOCHU KOCHU 雑誌や広告業界でスタイリストとして活躍するなか、捨てられそうだった見本帳のボタンを組み合わせて使ったネックレスが評判を呼び、 2009年に立ち上げたアクセサリーブランド「KOCHU KOCHU」。 知人の誘いでパリの展示会に出展し、イタリアの『ヴォーグ』など、海外メディアにも取り上げられたことを機に、国内外を問わず注目を集めています。 Instagram 片山さんの最新の作品やイベント情報はこちらから SIX…
 
「ボタンが素晴らしかったら、素晴らしい作品ができるのは当たり前」 今後は、名もないボタンを使った作品作りもしていきたいとお話しされる片山さん。 制作に纏わるお話や、今後の活動についてお話していただきました。 片山さんの最新作品や、イベント情報はこちらからもチェックできます。 Instagram KOCHU KOCHU 雑誌や広告業界でスタイリストとして活躍するなか、捨てられそうだった見本帳のボタンを組み合わせて使ったネックレスが評判を呼び、 2009年に立ち上げたアクセサリーブランド「KOCHU KOCHU」。 知人の誘いでパリの展示会に出展し、イタリアの『ヴォーグ』など、海外メディアにも取り上げられたことを機に、 国内外を問わず注目を集めている。 SIXIÈME GINZA MAGAZIN…
 
高校生の時、大きい怪我をしてしまったときに支えてくれた柔道整復師の姿に憧れ、 プロの柔道の選手として自分が活躍するよりは、裏方として支える仕事がしたいと思うようになります。 選手として思うような結果が残せず、引退を決意。 柔道整復師として就職して働き始めます。 柔道を辞めた時はどんな気持ちだったのでしょうか。 引退を決意した時の心境は? 柔道整復師として、「やりたかった仕事」を始めてみて 柔道の試合中のことを何も覚えていない ブラジリアン柔術と出会ったきっかけは? 褒められるのが嬉しくてのめり込んでいったブラジリアン柔術 柔道とブラジリアン柔術の違い ひらめきを試せる。ブラジリアン柔術の魅力 奈々美さんのSNS Twitter Facebook Instagram https://www.t…
 
奈々美さんは現在タイ・バンコクで暮らしています。 普段考えすぎてしまう奈々美さんにとって、タイでの暮らしは気持ちを緩ませてくれるものになっているようです。 いろいろな人と出会い、言葉が通じなくても分かり合える。 ブラジリアン柔術を通して、柔道とは全く違う世界を感じているそうです。 今後は、人の役に立つことをしていきたいという奈々美さん。 ぜひSNSで奈々美さんと繋がってくださいね♪ 奈々美さんのSNS Twitter Facebook Instagramあさ会話 / キャリアストーリーインタビュー による
 
今回のゲストは、漆作家 Chikachankoさん。 ボタンの博物館の金子さん のご紹介です。 OLをしていた7年前に、「無趣味」が悩みだったChikaさん。 好きなこと・興味があることは何か?を自問自答し、 その1つに「職人になりたい」という想いがあることに気が付きます。 そして、2年前にOLを辞めて、漆作家として活躍されています。 漆を習い始めた経緯や、師事している先生との出会いやをお話していただきました。 ●お話に出てきたステンレスに漆を塗った作品 表に銅箔、裏に金箔を貼り、上から漆をかけたもの ChikachankoさんのInstagramあさ会話 / キャリアストーリーインタビュー による
 
「職人になることが伝統工芸を守っていく道なのでは」と感じたChikaさん。 どうしたら職人になれるのか試行錯誤を重ねていたとき、 偶然の出会いから、漆でアートを表現した作品をグループ展に出展することになります。 ●「漆でアートを作ってください」というオーダーを受けて制作。 漆に出会って驚いたことを作品にしたもの。赤と黒だけでなく、いろいろな色が出せる。 ChikachankoさんのInstagramあさ会話 / キャリアストーリーインタビュー による
 
会社員として働く自分に「これじゃない」という気持ちがあったChikaさん。 そんな中、「私には、好きでもない仕事をしているあなたのほうが、くるっているように見える」 というゴッホの言葉に出会います。 会社を退職した経緯をお話していただきました。 本来であれば捨てられてしまうものに、漆を施すことで、長く使えるものとして命を吹き込むことが出来る。 金継ぎの技術を使ったアクセサリー修復や、得意の裁縫で着物のリメイクなど、 Chikachankoさんの作品は、伝統工芸の技術を使いながらも、遊び心がある作品ばかり。 ●紙に漆を施したもの 10年、20年と長持ちするようになる。 ●こちらも紙に漆を施したコップ。 濃い目の緑茶が似合う。 ChikachankoさんのInstagram…
 
第47回に出演していただいたNORYさん。 国家資格キャリアコンサルタント×人材紹介会社のパラレルキャリアで働くNORYさんに、 働き方についてお話していただきました。 働くママが抱えている課題 面接ではどう伝えたらいい? キャリアコンサルタントと人材紹介会社の役割の違い キャリアアドバイザーとしての葛藤 オンラインセミナーの魅力 フリーランスで働くということ ココナラ NORYさんにキャリア相談をしてみませんか? Twitter ブログあさ会話 / キャリアストーリーインタビュー による
 
国家資格キャリアコンサルタント×人材紹介会社のパラレルキャリアで働くNORYさん。 1児のママでもあるNORYさんの働き方についてお話していただきました。 国家資格キャリアコンサルタントを取得したきっかけ 「会社に迷惑をかけている…」と思っているママの意識を変えたい 働くママに自信を持ってほしい 動きながら考える NORYさんが積極的に動けるようになった理由は? ココナラ NORYさんにキャリア相談をしてみませんか? Twitter ブログあさ会話 / キャリアストーリーインタビュー による
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login