Cri Japanese 公開
[search 0]
×
最高の Cri Japanese ポッドキャストが見つかりました。 (アップデートされました 8月 2020)
最高の Cri Japanese ポッドキャストが見つかりました。
アップデートされました 8月 2020
百万人のPlayer FMユーザーに参加してオフラインのときでも、いつでも に関するニュースや詳細情報を把握することができます。 妥協なし無料のPodcastアプリでPodcastをスマートに。 聴きましょう!
世界最高のPodcastアプリに参加し、お気に入りの番組をオンラインで管理し、AndroidおよびiOSアプリでオフラインで再生します。 無料で簡単です。
More
show episodes
 
CRI・中国国際放送局発の日本語ニュース。毎日北京からお届けします。いつでもどこでも中国の情報をキャッチしてみませんか? CRI・中国国際放送局の日本語放送は日本向けのラジオ放送です。周波数は中波で1044kHz、短波では7.190MHz。ニュースの初放送は毎日北京時間18時からです。 もっと多くの情報を知りたい方は、CRIオンラインhttp://japanese.cri.cnとhttp://Japanese.china.comをぜひクリックしてください!
 
中国国際放送局(CRI)の日本人向け中国語講座です。2016年4月にスタートしたこの講座では、「日本で中国人と出会ったときに使える中国語会話」をテーマに学びます。基礎編から始まるので、初心者の方も安心してお聴きいただけます。
 
いままでにない新しい中国語講座。 日本を訪れる中国人、日本に留学する中国人が多くなり、気がついたら隣に中国人がいる、お客さんとして突然中国人がやって来たという場面も増えてきたのでは、ないでしょうか。日本人が中国に行って使う中国語から、日本に来た中国人をおもてなす目線でおとどけします。、発音記号や文法は最低限にとどめ、講座というよりも番組として楽しんでもらえれば、と思います。
 
「あっ、これは日本にもある!」、「これはちょっと言い方が違うけど…」日本人にも親しまれる中国の著作や、歴史上の人物、四字熟語などなど、東洋人の思想の源流となる中国の古典から、内容を厳選。正直言って、古典があまりわからない中国人女性と日本人女性の2人が熱くトークします。
 
中国映画の最新情報を日本語で発信中!新作トレーラーと共にお楽しみいただけます。新作の見所、キャストやスタッフの情報もたった5分でGET!ナビゲーターは閔亦氷(ミン・イヒョウ)アナ。中国映画ファンならぜひお見逃しなく!
 
5千年の歴史と13億の人口、最先端のライフスタイルから昔ながらの懐かしい暮らしまで、ありのままの中国を紹介する番組。中国人の暮らしに関するホットな話題や中国の世相を語るキーワードにスポットを当てて、躍動の中国を身近に感じていただきます。ナビゲーター:劉叡琳(りゅう・えいりん)、志摩悦二郎(しま・えつじろう)、吉野綾子(よしの・あやこ)
 
ようこそ、テツヤの部屋へ!公私共に中日交流で活躍中の大先輩・山下哲弥さんとホノボノ系アナウンサー・閔亦氷(ミン・イヒョウ)くんがお送りする「しゃべり放題」トーク番組。中国の政治・経済・文化・社会など気になる話題を徹底的にCHECK!時には、プライベート・トークにも花を咲かせますよ。「テツさん×ミンくん」の異色コンビにご注目ください。
 
Loading …
show series
 
前半は「旬な話題」、中国が自主開発した衛星測位システム「北斗3号」が完成したことにフォーカスします。後半はリスナーさんからの投書コーナー、<コロナ禍の戦後75周年、私が今思っていること>。日本からの投書から、今日は二通をご紹介します。北海道石狩市在住の上田知晴さんに、広島ゆかりの音楽活動をしている作曲家の山本加津彦さんのメッセージです。
 
前半は「旬な話題」。大洪水が続く中、世界から注目されている三峡ダムの現状に続いて、中国専門家が新型コロナの最新動向に関する発言をご紹介します。世界での感染者数がまだ増え続けていますが、病原性が弱まりつつあるという指摘もあります。また、半年余りも続いてきた新型コロナとの闘い、ここまでのところをどう総括するのか。中国の専門家の声です。後半は「CRIインタビュー」。先週開かれたオンライン中日青少年交流会の模様をご紹介します。本来は今年も中国から子どもたちが日本の富山県氷見市などを訪れる予定でした。新型コロナの感染で訪日は叶えませんでしたが、しかし、交流を継続させるために様々な人が奔走していました。「Withコロナ」の時代に、人と人とのつながりをウイルスで遮断されることなく、絆を保ち続け、さらにそれ…
 
先週、中国と日本を結んで開かれたオンライン青少年交流会の模様をご紹介します。本来は今年も中国から子どもたちが日本の富山県氷見市などを訪れる予定でした。新型コロナの感染で訪日は叶えませんでしたが、しかし、交流を継続させるために様々な人が奔走していました。「Withコロナ」の時代に、人と人とのつながりをウイルスで遮断されることなく、絆を保ち続け、さらにそれを強めるのにどうすれば良いのか。この大事な問題を考える上のヒントになるものをリスナーの皆さんとともに模索したく、音声で交流会の様子を再現してみます。
 
まず、リスナー参加型企画<コロナ禍の戦後75周年、私が今思っていること>に寄せられたメッセージです。今回は愛知県の株式会社「結の樹」社長の丸山隼人さん、高知県四万十市にお住いのリスナー、杉村和男さん、およびラジオネーム“大本営発表には騙されないヨ”さんの投稿を抜粋してご紹介します。その後の「旬な話題」では、中国南部の洪水被害の最新情報、新疆における新型コロナの感染状況、中国各地の生産・生活の再開に関する最新の動きにフォーカスします。
 
まずは、中国人民の抗日戦争および世界反ファシズム戦争勝利75周年に向けたリスナーのメッセージをご紹介します。続いての「旬な話題」では中国南部の洪水被害の状況と夏用の「冷感マスク」に関する専門家の意見を紹介します。後半の「CRIインタビュー」では、パンデミックという未曽有の事態の中で大学を卒業した若者たちはどのような気持ちで卒業を迎え、今後の進路をどう考えているのか、北京北西部にある国際関係学院日本語学科4年の袁珵さん、姚禹さん、操锦正さんに電話でインタビューしました。
 
夏は中国では卒業のシーズンです。北京では今学期は、新型コロナウイルスの影響で、ほとんどの大学は授業再開に至っていません。卒業学年のキャンパス復帰を始めた矢先に、6月上旬に新発地市場での集団感染が発生しました。その余波を受け、それも完全な形で実現できませんでした。そうした中で、今年の大学新卒者たちはどのような気持ちで卒業を迎え、今後の進路をどう考えているのか、北京北西部にある国際関係学院日本語学科4年の袁珵さん、姚禹さん、操锦正さんに電話でインタビューしました。
 
まずは「お便り紹介」のコーナーで、先週放送された日本人ドキュメンタリー監督・竹内亮さんのインタビューに対するリスナーの感想をご紹介します。続いて、「旬な話題」は中国の大学入試が始まったこと、新型コロナ感染が各国で始まった時間が大幅に前倒しになる可能性があることにフォーカスします。最後は「CRIインタビュー」、「コロナ禍の戦後75周年、私が今思っていること」と題して、日本の児童文学者で作詞家の大門高子さんのメッセージをご紹介します。平和を守ることと新型コロナ対策で提携することに対する大門さんの思いをぜひお聞きください。
 
「コロナ禍の戦後75周年、私が今思っていること」と題して、日本の児童文学者で作詞家の大門高子さんのメッセージをご紹介します。平和を守ることと新型コロナ対策で提携することに対する大門さんの思いをぜひお聞きください。
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login