Politics 公開
[search 0]
×
最高の Politics ポッドキャストが見つかりました。 (アップデートされました 3月 2020)
最高の Politics ポッドキャストが見つかりました。
アップデートされました 3月 2020
百万人のPlayer FMユーザーに参加してオフラインのときでも、いつでも に関するニュースや詳細情報を把握することができます。 妥協なし無料のPodcastアプリでPodcastをスマートに。 聴きましょう!
世界最高のPodcastアプリに参加し、お気に入りの番組をオンラインで管理し、AndroidおよびiOSアプリでオフラインで再生します。 無料で簡単です。
More
show episodes
 
ニュースの見出しの向こう側を覗いてみましょう。TEDカンファレンス、TEDxイベント、世界中の提携イベントのステージから、政治家、ジャーナリスト、研究者たちが鋭い洞察を伝えてくれます。これらに加え、たくさんのビデオが、英語のスクリプトや最大80の言語から選んだ字幕を付けてTED.comから無料でダウンロードできます。TEDは「広める価値のあるアイデア」を追い求める非営利組織です。
 
第一の家、第二の職場・学校とともに、個人の生活を支える場所として都市社会学が着目する“サードプレイス”。そこは一個人としてくつろげる場所。この番組をリスナーの皆さんの「とびきり居心地のよい場所」にしていきたい。政治、経済から生活文化、スポーツ、健康、趣味・遊びに至るまで、世の中の関心が集まっているテーマについて、各分野の専門家が登場。話題のど真ん中を解説し“知的武装”“健康長寿武装”を提案していきます。
 
Loading …
show series
 
中国の一人っ子政策は2015年に打ち切られましたが、私達はその政策の下で生きる事がどんなものだったのかを理解し始めたばかりです。TEDフェローでドキュメンタリー映画製作者であるナンフー・ワンは、そう語ります。彼女の映画『One Child Nation』のシーンと共に、これまで語られなかった話をする中で、この政策のもたらした複雑な影響を明らかにし、忍び寄るプロパガンダの力をあらわにします。ナンフー・ワン による
 
女性警官は暴力事件を適切に鎮める能力があること、また女性警官の存在が武器の使用頻度の抑制につながることが証明されているにもかかわらず、米国の警官に占める女性の割合は13パーセント足らずです。巡査や本部長としての20年以上の経験に基づき、TEDフェローであるイヴォンヌ・ローマンが、ポリスアカデミーの身体能力検査を変えるという単純なことが、地域社会のためにも警官のためにもなるバランスのとれた警察組織を形成することにいかに役立つか語ります。イヴォンヌ・ローマン による
 
私たちが陥っている混乱から抜け出すために必要なのは、今を説明し未来を指し示してくれる新しい物語だ、と作家のジョージ・モンビオは言います。心理学、神経科学、そして進化生物学における発見を引き合いにして、彼は、利他行動と協力行動という私たちの本質的な能力を中心とした新しい社会のビジョンを提供します。巻き込まれるような前向きさにあふれたこのトークを通じて、私たちみんなの未来の可能性についてあらためて考えてみましょう。ジョージ・モンビオ による
 
難民と移民の人権を専門とする弁護士メラニー・ネザーは、アメリカ南部の国境地帯で起きている難民危機を捉えるために今必要な歴史的な視点について語り、国民が政府に対して責任を持って弱者を保護するよう求める方法を示します。彼女はこう主張します。「国家はその力を、暴力と恐怖ではなく、思いやりと現実的な対応を通じて示すべきなのです」メラニー・ネザー による
 
アメリカにおいて黒人が食事し、歩き、何であれ「黒人として生きる」行為を犯罪視した白人が警察に通報するという現象を、バラトゥンデ・サーストンが追求します。時に笑いを誘いつつ考えさせる奥深い講演を通じ、彼は心に傷を残すような話を癒される話に変える言葉の力を示し、私たちみんなにレベルアップすることを求めます。バラトゥンデ・サーストン による
 
刑務所から出所する数週間前、ジャレル・ダニエルズは服役囚と検察官が机を並べて学ぶ授業を受講しました。一緒に座ってフランクに対話をするうち、服役囚たちの口から、刑事司法制度に関する驚くべき事実が明かされ、そして真の改革を生み出すアイデアが提案されました。現在、大学で学び、活動家でもあるダニエルズが、裁く者と裁かれる者が共に教え合うことがいかに司法制度を改革し、社会全般の問題を解決することにつながるのかについて語ります。ジャレル・ダニエルズ による
 
なぜ私達は時に手遅れになるまで、金融危機や気候変動のような大問題から目を背けるのでしょう? 政策ストラテジストのミシェル・ウッカーは、稀で予測できず避けがたい惨事を指す「ブラックスワン」という俗説を、私達が敢えて無視している回避可能な危険である「灰色のサイ」という現実に置き換えるよう訴えます。そして私達が予測可能な危機に驚かされる理由を説明し、あなたの人生の中で今まさに突進してくるサイがいるかもしれない兆候を示します。ミシェル・ウッカー による
 
ジャーナリストのキャロル・キャドウォラダーが、最も不審な近年のニュースを掘り下げた見逃せないトークです。2016年、イギリスでの国民投票で僅差の末に欧州連合(EU)を離脱することが決定されました。このニュースを辿った末に浮かび上がったのは、誤解を招くようなFacebookの広告が、無防備なブレグジットの浮動層をターゲットに大量投下されていたという事実です。2016年のアメリカ大統領選にも、同じ黒幕と同じ戦術の関わりが見られます。キャドウォラダーは、これは歴史的な過ちだとして、名指しで「シリコン・バレーの神々」に問いかけます。自由かつ公正な選挙はもはや過去のものなのでしょうか?キャロル・キャドウォラダー による
 
UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)によると、気候変動や経済危機、政治的な不安定により、毎分20人が住む所を失っています。そうした人が新しい人生を始める際に立ちはだかる壁を乗り越えようとするとき、どうすれば力になれるでしょうか。TEDレジデントのムハンマド・イドリスは、技術者や研究者、難民の仲間を率いて、史上初のAIを使った仮想難民支援者である「アタール」を開発しています。アタールは、人権と尊厳を取り戻すことを助けつつ、住む所を失った人々を再定住に至るまで導いてくれます。「正しいリソースと情報に手が届くか否かが生死を分けることになり得る」とイドリスは語ります。ムハンマド・イドリス による
 
セザー・ヒダルゴが、今の壊れた政治システムを正すためのラディカルな提案をします――システムを自動化するというのです。この刺激的なトークで彼が紹介する大胆な構想は、政治家を介さずに、個々の市民に合わせて作られたAIの代表者を民主主義的決定に直接参加させるというものです。集団的意思決定の新たな方法について考え、民主主義の理解を深めてください。セザー・ヒダルゴ による
 
死刑制度が文化に根付き当たり前のように容認されている町で育ったリンディ・ルー・アイソンフッドは、ある死刑裁判で陪審員を務め、有罪に賛成票を投じました。その後、彼女の中に変化が起きます。「私は人殺し?」—裁判から25年、ずっと自分に問いかけてきた質問を振り返り、自身の経験をもとに語ります。リンディ・ルー・アイソンフッド による
 
アメリカの選挙システムは控えめに言っても複雑ですが、投票は私たち一人一人が地域のコミュニティ形成に携わるための最も身近な手段の一つ。どうしたらこのシステムをもっと現代的で誰にでも使いやすく安全なものにできるのでしょうか? アメリカの投票システムを21世紀型にアップデートし、全ての有権者に投票してもらうために必要なこととは何か、市民社会参画を推進するティアナ・エップス=ジョンソンが説明します。ティアナ・エップス=ジョンソン による
 
シビリティ(礼節・民度)とは厳密には何でしょう?それには何が必要でしょう?政治理論家テレサ・べジャンは、シビリティがいかに寛容な社会の基盤となったか、また政治における派閥がシビリティを、反対意見を無視し口を封じる手段としていかに用いたかを説明します。べジャンは「最低限シビリティ」、すなわち「共存する可能性を壊すことなく根本的に異なる意見を持つ」という美徳を試そうと提案します。テレサ・べジャン による
 
「トゥキディデスの罠」と呼ばれる歴史のパターンからの教訓を用い、政治学者のグレアム・アリソンが「台頭する中国と覇権国アメリカがなぜ誰も望まない激しい衝突に向かう可能性があるのか」、そして「私たちがどのようにして常識や勇気を結集させ、衝突回避できるのか」について講演します。グレアム・アリソン による
 
持続可能で長期的な安全を世界基準としたければ、私達はどうやってそれが達成できるかを、今こそ徹底的に再考すべきなのです。TEDフェローで政策分析家であるベネデッタ・ベルティはそう言います。この驚くべきトークの中でベルティは、より安全な世界の構築は、戦場の敵の制圧とはあまり関係がなく、どこの出身者であれ、どこに住む人であれ、市民を守る事と大いに関係がある事を説明します。ベネデッタ・ベルティ による
 
歴史は勝者によって綴られる、とはよく言われますが、もしそうでなく、全員によって綴られたとしたら?ジャーナリストでありTEDフェローであるミカイル・ジガールが自身の企画であるProject1917を紹介します。これは「死者のためのソーシャルネットワーク」としてロシア革命の時代に生きた3千人以上の人々によって書かれた実際の日記や手紙を投稿するというもので、レーニン、トルツキー、その他大勢の決して有名ではない人々の日々の考えを公開することで、かつての歴史に新たな光を当て、また、そうありえたかもしれない歴史にも目を向けさせてくれます。このデジタル化による過去の歴史の伝え直しについて、激動の1968年を題材にした彼の最新の企画と合わせて、もっと学んでみましょう。…
 
なぜ未成年者は犯していない犯罪について偽りの自白をしてしまうのか?どうして未成年者は大人よりも、このショッキングで、直感に反する行動を取ってしまいやすいのか?ネットフリックスのドキュメンタリー『殺人者への道』で取り上げられたブレンダン・ダシーの尋問と自白の映像を通して、発達心理学の教授、研究者であるリンジー・マロイが偽りの自白が起きてしまう科学的な根拠について説明します。そして大人を想定して作られた法制度において、子供の扱い方を変える必要があると呼びかけます。リンジー・マロイ による
 
民主主義が壊れているとお考えのあなた、こんなアイデアはどうでしょうか:「無作為に選ばれた人たちが政治家に代わって政治を行う」作家であり活動家でもあるブレット・へニッヒが「抽選制による民主主義(政治家の無作為抽出)」を提唱し、力強く主張します。これは古代アテネ発祥で、民衆の知恵を活用し、公共の利益のためのバランスの取れた決定を一般人に委ねる制度です。突飛なアイデアでしょうか? 党利党略政治のない世界を作るため、この制度をどのように活用できるか学びましょう。ブレット・ヘニッヒ による
 
マイケル・レインは、移民第一世代—育った国と生まれた国の両方と強い繋がりを持っている人たち—の話を伝える任務に就いています。このトークでは、移民に対する誤解や移民の限られた体験談を解き、彼らが属する世界の物語を共有します。「私たちは生きた文化のるつぼだ。」とレインが語ります。「もしそのつぼの中の物が、新しい、または違う匂いがしても、そっぽを向かないでください。一緒に食べよう、と言ってください。」マイケル・レイン による
 
米国で性暴力が起こった後の責任体制を当たり前のことにするために、私たちは戦術を変えなければならないと、被害者の人権を守る弁護士でTEDフェローのローラ・L・ダンは話します。組織を1つ1つ改革しようと戦う代わりに、憲法を改定し、最終的に、男女の不平等と性暴力に対する州の取り組みを求める「男女平等憲法修正条項」を成立させる必要があります。徹底的な変革を先導し、ダンは「私達の司法制度は正義の制度になり、「Me Too」運動はついに「no more」に変われるかもしれません」と主張します。ローラ・L・ダン による
 
誰かがそう信じさせようとしているように、2017年は本当に「最悪の年」だったのでしょうか? 心理学者のスティーブン・ピンカーは、殺人、戦争、貧困、汚染その他に関する最近の統計データを分析することで、今の世の中は30年前に比べ、そのいずれにおいても改善していることを見出しました。しかし、進歩というのは必然的に起きるものではなく、また常にすべてがあらゆる人にとって良くなるわけではないと彼は言います。進歩とは問題解決であり、気候変動や核戦争といったものは待ち受けている終焉としてではなく、解決すべき問題と捉えるべきなのだと。「完全な世界というものは存在しないし、そんなものを求めることは危険でさえある。しかし人類の繁栄のために知識を応用し続ければ、我々に実現できる改善に限りはない」と彼は述べています。…
 
世界中の女性たちが経験してきたことは、もはや無視できない状態まで達している、と役者であり活動家のトレイシー・エリス・ロスは言います。この率直で堂々としたトークで、彼女はより良い未来を構築しよう、と男性と女性の両方に呼びかけます。トレイシー・エリス・ロス による
 
クレメンタイン・ワーマリヤはルワンダ内戦が起きた時6歳で、故郷キガリを出て両親と離れ、姉と逃げることを余儀なくされました。このトークの中で彼女は自分がどのようにして難民になったのか、6年間で7つの国の難民キャンプを転々とした話を通して、戦争の後に起こることを伝えています。クレメンタイン・ワーマリヤ による
 
ダイアン・ウォルク=ロジャーズは、2018年のバレンタインの日に恐ろしい銃乱射事件が起きたフロリダ州パークランドのマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校で歴史を教えています。あのような理不尽な暴力は、どうすれば終わらせることができるのでしょう? この強く心に訴える講演で、ウォルク=ロジャーズは、アメリカが銃についての安全と責任という面で前進するための3つの方法をを提示し、みんなにも自分の答えを考えるように勧めます。そして何よりも、彼女の学校の活動家であり、事件の生存者であり、その活動によって何百万という人々を行動へと動かしている生徒達に見習うようにと。ウォルク=ロジャーズは言います。「本当はあの子達が自分でしなきゃいけないことではないんです。あの子達が私たちみんなに加わるよう呼びかけていま…
 
今、難民を巡る議論には、国境規制を公約する政治家から、仕事を失うことを恐れる市民まで、あらゆる人が参加しています。しかし、当の移民たちは含まれていません。彼らはなぜやって来るのでしょうか?ジャーナリストでTEDフェローのヤシン・カカンデが、彼を含む多くの人々が祖国から逃れるのを余儀なくされた理由を説明し、より開かれた議論と新しい視点を求めます。なぜなら人類の物語とは、移住の物語だからです。彼はそのことを私たちに思い出させてくれます。「どんなに厳しい制限も、我々人類の歴史を作ってきた移住の波を止められはしないでしょう」と彼は言います。ヤシン・カカンデ による
 
14歳のとき、無邪気な少年だったクリスチャン・ピッチョリーニは白人至上主義者に、そしてすぐにアメリカ初のネオナチスキンヘッド集団のリーダーになりました。では、どのように過激化し、そしてどのようにして最終的にこの運動から抜け出したのでしょうか? この思い切ったトークでは、あらゆる形の「ヘイト」(特定の集団に憎悪を向けること)について、ピッチョリーニが驚くべき、かつ反直感的な解決策を示します。クリスチャン・ピッチョリーニ による
 
ドキュメンタリー作家のイヴ・エイブラムスは次のように語ります。アメリカは世界中のどの国よりも多くの人を収監しており、刑務所にいる約1%から4%の人々はおそらく無実です。すなわち8万7千人の兄弟や姉妹、母親や父親が不必要に家族から切り離され、夢や人生の邪魔をされています。そしてその大部分はアフリカ系アメリカ人です。イヴは、投獄された人々とその家族をインタビューした際の音声を使って、大量投獄の影響を受けた人々の感動的な話を共有します。彼女が求めるのは、私たち全員が立ち上がり、全ての人のために司法制度を確実に機能させることです。イヴ・エイブラムス による
 
難民の住居としてよく紹介されるのは遠隔地の仮設難民キャンプですが、現実には全世界の難民の60%以上が都会に定住しています。TEDフェローのロバート・ハキザが都会に暮らす難民の生活の様子を紹介します。また、彼が始めた支援団体のような組織が難民に必要なスキルを与え、最終的に自立に導く様子を見せてくれます。ロバート・ハキザ による
 
社会の繋がりを絶つほどの脅威となっている人種間の緊張をなくしたいと思うなら、人種的なストレス状況下で恐れずに自分を表現する技能が必要となります。心理学者のハワード・スティーブンソンは、「状況判断、解釈し直し、解決する能力」といった人種的リテラシーを通して、子供と親が差別からくるストレスやトラウマを軽減し、うまく切り抜けられるよう支援しています。彼の静かで力強い話を聞いて、この対処法がどのようにして若者に自信を持たせ、自分たちのために行動を起こすよう役立っているのか考えてみましょう。ハワード・スティーブンソン による
 
ブー・スリニバサンは、資本主義と科学技術の進歩の関係を研究しています。スリニバサンは、資本主義を強固で不動のイデオロギーと考えるのでなく、オペレーティングシステム(OS)と考えるべきだと提案します。例えば目前に迫るドローンでの配達サービスの開始のような技術革新に対応して更新する必要があるというわけです。この簡潔で進歩的なトークで、自由市場の過去と未来、そして米国型資本主義のアイデンティティに起こりうる危機について詳しく見ていきましょう。ブー・スリニバサン による
 
ピーター・オウコは18年間をケニアのカミティ刑務所の中で過ごし、時には1日のうち23時間半、他13人の成人と監房の中に閉じ込められることもありました。この感動的なトークで彼が話すのは、自身がどのように解放されたかについて、またAfrican Prisons Projectでの現在の任務についてです。彼の任務とは、刑務所内では初となるロースクールを設立し、前向きな変化を促すために刑務所の人々を力づけることです。ピーター・オウコ による
 
1995年、悲劇の夜―プレス・フェリックスの14歳の孫は、アジム・カミサの息子を殺害しました。薬物、アルコール、偽りの一体感によるギャングの儀式に端を発したものです。この殺人事件を介した出会いにより、カミサとフェリックスは、許すため、許されるために、深い瞑想の道を辿りました。勇気と和解により二人の男は出会い、永遠の絆を築きました。彼らは共に、自らの物語を、より慈悲深く、悲劇の犠牲者が成長し立ち直る社会のために語ってきました。想像を絶する物語に感動する準備をしましょう。「平和実現は可能」とカミサは言います。「どうやって知り得たのか?なぜなら私は今平和の只中にいるからです。」アジム・カミサ、プレス・フェリックス による
 
元共和党議員ボブ・イングリスが、保守派にも気候変動や切迫する社会問題の解決を先導できる、そして自由主義経済やイデオロギーを超えた協力が解決に繋がるという楽観的なメッセージを伝えます。「このアメリカ合衆国は同じ場所に留まって待ち、後ろを振り返るのが好きな人々によって建設されたのではない。今こそ、我々が心に宿す冒険心をアメリカ国民に告げようではないか。」(J.F.K.大統領の演説より)ボブ・イングリス による
 
国連によると、世界のおよそ3人に1人が水不足に瀕する国に住んでおり、20年前より水の豊富な国に住んでいる人々は全世界の5%に満たないのです。 ラナ・マザラは、1973年以来深刻な干ばつ状態にあるヨルダンで育ち、自分の名前が書けるようになるとすぐに、節水することも学びました。この実際に役立つトークでは、水の乏しい国々から学んだ節水に関する3つの教訓を紹介し、急速に世界的危機となりつつある問題について話します。ラナ・マザラ による
 
「才能は誰もが持っていても、発揮する機会があるとは限らない」と、TEDフェローのクリストファー・アテガカは言います。このチャーミングで人に希望を与える話の中で、彼は幼い頃に児童養護施設にいた話や、養子になったことで新しい文化を知る機会を得て、教育を受けることができ、才能を発揮することができた経験を紹介しています。彼は「世界の偏見や人種差別は無くせないかもしれません。しかし、ポジティブで誰をも受け入れ、繋がりある世界を創る子供を育てることは確実にできます。その世界は共感と愛と、そして思いやりで溢れています」と話します。クリストファー・アテガカ による
 
内向型の人間にとって、通りを行進したり、抗議デモをしたり、一軒一軒訪ね歩いたり、といった従来の形の社会運動は、ハードルが高くストレスを感じてしまうものだ―自ら内向型を公言する元・プロ運動家のサラ・コーベットは語ります。コーベットが紹介する「クラフティヴィズム(手芸+社会運動)」は、もっとおとなしい形の社会運動です。従来よりも穏やかに社会に働きかけながら、人々に歩みを緩めてもらい、気になっている問題について深く考えてもらう手段として手芸を使うのです。「刺繍入りのハンカチに世界を変える力はない」と、言い切れますか?サラ・コーベット による
 
気候変動に対処する最大の障害は、あなたの頭の中にあると心理学者であり経済学者のペール・エスペン・ストクネス氏は述べています。彼は私たちが地球の終焉について考えないで済むための自己防衛の仕組みを長年研究しており、私たちを現実否定から呼び戻す地球温暖化についての新しい語り方をみつけようとしています。終末論の物語から離れ、地球のために思いやりある行動を取ることが喜びであり個人にもできることだと感じる方法を、この楽しく有益な話から学びましょう。ペール・エスペン・ストクネス による
 
「戦闘地域であっても、誰もそれを見ていなければ、概ね平和な場所として通ってしまう」と、調査ジャーナリストでTEDフェローの アンジャン・サンダラムは言います。短く鋭いトークを通してサンダラムは、組織的な民族浄化の準備を目撃した中央アフリカ共和国の紛争の実態を紹介します。そして他者の苦しみを目撃し、それを証言することが重要な理由を語ります。「この社会でないがしろにされた人々を通して、私たち自身の本質について大切なことがわかります。だから暴力が誰の目にも、誰の耳にも届くことなく、音もなくまかり通る時こそ、証人が貴重な存在となり、彼らの眼差しが不可欠になるのです」とサンダラムは語ります。アンジャン・サンダラム による
 
果敢さと明晰さとで世界的に知られるクリスティアン・アマンプールは過去30年間、歴史を形成したビジネスやカルチャー、政治のリーダーたちをインタビューしてきました。アマンプールはTEDキュレーターであるクリス・アンダーソンとの対談で、フェイクニュース、ジャーナリズムの客観性、世界政治のリーダーシップの空白などについて議論し、彼女の知見を披露します。彼女は「どこから情報を得るかに注意して」と呼びかけます。「私たち皆が真実を尊重する世界市民として科学、経験的証拠と事実を理解して行動しない限り、私たちの行く先には大惨事が待ち構えています。」クリスティアン・アマンプール による
 
2009年3月、記者のユナ・リーとローラ・リンは中朝国境でドキュメンタリーの撮影をしているとき、北朝鮮兵に拘束されました。裁判所は労働教化刑12年を言い渡しましたが、アメリカ外交筋の交渉で2人は最終的に解放されました。この驚きと人間味にあふれるトークで、リーは拘置所で「敵」として過ごした140日間の経験を共有し、看守たちのささやかながら人間らしい素振りに支えられたことを語ります。ユナ・リー による
 
アメリカにおける人種と政治についてのこの見逃せないトークでセオ・E・J・ウィルソンが語るのは、白人至上主義者のネットユーザー、Lucius25に成りすました経験、そして自分とは意見の異なる人々と関わり合う上で得た、予想外の共感や驚くべき観点についてです。セオは我々に恐怖を断ち切り、好奇心を抱き、考え方の違う人達と勇気ある会話を持つことを勧めます。「会話が暴力を止め、国をスタートさせ、橋を架ける」というのが彼の言葉です。セオ・E・J・ウィルソン による
 
アメリカ合衆国は2008年から2016年の間に300万人を超える人々を国外退去させてきました。取り残された人々はどうなったのでしょうか?ジャーナリストのデュアルテ・ジェラルディーノは国が行った国外退去の話を集めています。母親や、地元の事業主、もしくは高校生側が突然いなくなることで、コミュニティの結びつきがどのように壊れていくかを、ジェラルディーノは説明します。強制退去の持つ広い影響について学びましょう。デュアルテ・ジェラルディーノ による
 
あなとは同じ政党を支持してない人と友達になれますか?ベスト・フレンド同士のケイトリン・クワトロマーニとローラン・アーレッジは、全く違う政治観を持っており、2016年のアメリカ大統領選挙の結末は、お互いの敵意と軽蔑につながる可能性もありました。ここで、二人がその代わりに対話することを選んだ話をお聞きください ―そして二人が「党派を超えた友情」と呼ぶ関係を保つために選んだ簡単な方策を学んでください。ケイトリン・クワトロマーにとローラン・アーレッジ による
 
政府がメガシティを作ろうとするとき、多くの場合、真っ先に立ち退きを迫られるのが貧困層です。オル=ティメヘン・アディグベイェ氏は、この感動的で詩的なプレゼンテーションの中で、「新しいドバイ」を作るために、憲法に違反して政府が行った土地の強奪が、どのようにナイジェリア、ラゴス市の海岸沿いのコミュニティの生活を破壊しているのか説明します。彼女は、都市が全ての人にとって安全であるように、政府や私たち自身が責任を果たすよう訴えかけます。「築く価値のある都市、そして夢見る価値のある将来とは、どんな人であろうと、自分の手でどんな家を建てようと、みんなが含まれるものだ」と彼女は言います。オル=ティメヘン・アディグベイェ による
 
テロリストや過激主義者の全員が、生来暴力的なソシオパスというわけではありません。整ったパターンに当てはまらないプロセスによって、人々は意図的に集められ、過激化しているのです。エリン・マリー・ソルトマンが、人々を過激派集団に参加させる「プッシュ」「プル」要因について議論し、そして過激化への予防と対抗に関する新機軸について語ります。エリン・マリー・ソルトマン による
 
アメリカ政府に、あなたの通話を録音したり、メールを読んだり、位置情報を監視するのをやめさせるのは何でしょう? できることはあまりない、と監視とサイバーセキュリティを専門とする弁護士であるジェニファー・グラニックは言います。政府はあなたに関するあらゆる情報を容易に、安価に、令状もなしに集めることができます。そして、抗議活動に参加したり、銃の展示会を訪れたりすれば、あなたは政府の注意を引くことになるのです。あなたの権利とリスク、そして監視の黄金時代にあって自らを守るための方法をもっとよく知りましょう。ジェニファー・グラニック による
 
孤児院を開くことによって、貧困にあえぐ子供たちを助けることは間違っているのでしょうか? タラ・ウィンクラーが、海外から資金提供する人がいるせいでもある発展途上国での孤児院の増加に反対を唱え、家族から引き離されて施設で育てられることで子供たちが受ける悪影響についても解説します。よかれと思ってしたことが悪い結果を招いたという事例を語る、目が覚めるようなトークです。タラ・ウィンクラー による
 
ハーバード大学ロースクールのロナルド・サリヴァン教授は、裁判で誤って有罪とされた人々を刑務所から解放する戦いを続けており、これまでに救い出した無実の人たちの数は約6000人に上ります。この人たちがどのようにして(そして、なぜ)身に覚えのない罪で刑務所に入れられ、彼ら自身と他の人たちの人生にどんな影響が及んだかという、心揺さぶる話をサリヴァン教授は聞かせてくれます。世界をほんの少し公正な場所にするために私たち全員が、どんな形であれできることを毎日やるべきだという根本的な義務についてのトークに耳を傾けましょう。ロナルド・サリヴァン による
 
アーティストのデイモン・デイヴィスは、2014年にミズーリ州ファーガソンでマイケル・ブラウンが警官に殺された事件の抗議活動に参加しました。そこでデイヴィスが目にしたのは、怒りだけではなく、自らと地域に対する人々の愛でした。デイヴィスの制作したドキュメンタリー『Whose Streets?』は、権力をもって恐怖と憎悪をまき散らそうとする人に立ち向かう活動家の観点から、この抗議活動を追っています。デイモン・デイヴィス による
 
2002年コロンビアのゲリラ組織コロンビア革命軍(FARC)が大統領選さなかのイングリッド・ベタンクールを拉致しました。その後6年間、ベタンクールはジャングルの収容所で人質として過ごし、コロンビア政府によって救出されるまで、マラリア、蚤、飢え、人間の残酷さに苛まれることになりました。政治家から作家となった彼女がこの深く個人的な講演で、絶えざる恐怖の中で生きるのがどのようなものなのか、そして信仰がいかに支えになったのかを語ります。イングリッド・ベタンクール による
 
Loading …
Google login Twitter login Classic login