show episodes
 
東日本大震災の復興チャリティーとして、声優の井上喜久子と田中敦子が立ち上げた団体『文芸あねもねR』が、この度Podcastを配信開始致しました。 …ここは東京、浜松町。せわしなく働く人が行き交う街に、二人の17歳が小さな喫茶店をオープン。その名も『純喫茶あねもねR』! 文芸あねもねRの魅力、朗読の魅力、そしてチャリティーのことを楽しみながら広めていきます。【毎月3日・17日更新】
 
この番組は恋愛小説家の中沢健くんと鬼畜ライターの穂積昭雪くんがなんとか頑張って運営しているポッドキャスト番組です!https://itunes.apple.com/jp/podcast/%E4%B8%AD%E6%B2%A2-%E7%A9%82%E7%A9%8D%E3%81%AE%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%B3%E9%80%9A%E4%BF%A1/id1352487169?mt=2こちらよりポッドキャストの登録できます。
 
【一首一会の出会い】毎日一首、四季折々の和歌の朗読と解説をします。八代集を主な出典にしながら古代歌謡の万葉集から江戸や明治の俳句俳諧まで、さらに源氏物語などの古典文学や絵画、芸能と幅広い視野をもって日本の古典文化・文学を楽しく分かりやすく鑑賞しようという企てです。あなたと和歌の素晴らしい出会いになることを願っています。令和和歌所の和歌DJうっちーとろっこがお送りします。(令和和歌所:https://wakadokoro.com/)
 
ちょい文化(カル)オヤジの裏話をテーマに『江戸文化(カルチャー)通の老舗主人』が語る珍しい話と番組毎に作る『新和楽』&『祭り情報』、雑学書にもない知的好奇心を満足させるレア話が盛りだくさん。手軽に江戸東京通になれる講座。それが『江戸東京人セミナー2.0』です。番組の中で取り上げた話題を中心にサイトや当番組を取り上げる雑誌等の記事からも情報を入手できます。『江戸東京人セミナー2.0』が提供するメディアミックス型の情報を通じて、より深く、そして身近に“江戸東京”に親しんで頂ければ幸いです。
 
Loading …
show series
 
「本のソムリエ」大垣書店烏丸三条店倉津拓也「わたしの一冊」「哲学の起源」著/柄谷行人岩波書店デモクラシーの理想とされるアテネの直接民主制は、実は自由ゆえに平等であった古代イオニアのイソノミア(無支配)再建の企てであった。イオニアの自然哲学をイソノミアの記憶を保持するものとして読み解き、アテネ中心のデモクラシー神話を解体する。『世界史の構造』を
 
「見渡せば紅葉しにけり山里に寝たくぞ今日はひとり来にける」(源道済) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月二十六日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
1300年4月7日。 ダンテは大詩人ウェルギリウスに導かれ、地獄、煉獄、天国を巡る。 「七つの大罪」を浄化させ初恋の人と再会する「煉獄篇」。 【出演】 ダンテ:内匠靖明 ウェルギリウス:出先拓也 天使:中澤まさとも ベアトリーテェ:山川琴美きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
「霧晴るる田の面のすゑに山見えて稲葉に続く木々のもみじ葉」(花園院) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月二十四日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「夕づく日向ひの丘の薄紅葉まだき寂しき秋の色かな」(藤原定家) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月二十三日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「いかなれば同じ時雨に紅葉するははその森の薄く濃からむ」(藤原頼宗) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月二十二日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
■今回は穂積が9月に歩いた「水木しげるの誕生の地」のレポートです! このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら中沢健・穂積昭雪 による
 
「真木の屋に時雨の音の変はるかな紅葉や深く散り積もるらむ」(藤原実房) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月二十一日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「やよ時雨もの思ふ袖のなかりせば木の葉の後に何を染めまし」(慈円) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月二十日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「本のソムリエ」大垣書店烏丸三条店倉津拓也「わたしの一冊」「鬼滅の刃22巻缶バッジセット・小冊子付き同梱版」集英社ジャンプコミックスJC鬼滅の刃22巻、缶バッジセット(38mm×6個、70mm×2個、計8個セット)、復刻版「鬼殺隊報特別報告書」小冊子価格2,000円+税
 
「晴れ曇り時雨は定めなきものをふりはてぬるは我が身なりけり」(道因) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月十九日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「折こそあれながめにかかる浮雲の袖もひとつにうち時雨つつ」(二条院讃岐) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月十八日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
■作品紹介 秘密クラブ「赤い部屋」では、夜な夜な、異常な興奮や刺激を求める者たちが集まっている。 そして今夜は初参加のT氏が話を切り出して…。 ■出演 T氏…内匠靖明 給仕…内海祐紀 私…出先拓也 按摩…平居正行きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
季節はすっかり冬ですね。秋はどこに行っちゃったんでしょう... 声優チャリティー文芸あねもねRのPodcast番組【純喫茶あねもねR】 第107回更新です♪ 文芸あねもねRとは...??? 詳しくはコチラ そして、文芸あねもねR初めてのオンラインイベントの開催が決定いたしました! どなたでも自由に視聴ができますので、ぜひご覧ください♪ 詳しくはコチラ 「わくわくどきどき♪お姉ちゃん」、「あつこのそれわかるわぁ~☆」 それぞれのコーナーへのメールや、感想お待ちしております♪ anemone-r@joqr.net 出演者 マスター : 井上喜久子 田中敦子     店  員 : 黒岩希未代 [更新 11月17日][毎月3日・17日更新]…
 
「ふりはへて人も問ひこぬ山里は時雨ばかりぞ過ぎがてにする」(皇后宮肥後) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月十七日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「まばらなる真木の板屋に音はして漏らぬ時雨や木の葉なるらむ」(藤原俊成) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月十六日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
コロナ禍によりしばらく開催されていなかったコミティアですが、 11月23日(月祝)に久々に開催されることとなり、 僕もスペースを応募し、見事当選したので出ようと思います。 ソーシャルディスタンス確保のため、 スペース数も通常よりかなり少ない中の参加なので、 せっかくだらかちゃんと新刊を作るぞと思い、 入稿済みなので、新刊出ると思います。 ダウンロード漫画帝国 による
 
「時雨のあめ染めかねてけり山城の常盤の杜の真木の下葉々」(能因) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月十五日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「雨降れば笠取山のもみち葉はゆきかふ人の袖さへぞ照る」(壬生忠岑) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月十四日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「白露も時雨もいたくもる山は下葉残らず色づきにけり」(紀貫之) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月十三日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「本のソムリエ」大垣書店烏丸三条店田阪公孝「わたしの一冊」 「真夜中のたずねびと」 著/恒川光太郎 新潮社次々と語られる、闇に遭遇した者たちの怪異譚。ゲストハウスでほんの一時関わっただけの男から送られてくる、罪の告白。その内容は驚くべきもので……(「さまよえる絵描きが、森へ」)。弟が殺人事件を起こし、一家は離散。隠れ住む姉をつけ狙う悪意は、一
 
「木枯らしに木の葉の落つる山里は涙さへこそ脆くなりぬれ」(西行) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月十二日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「いかばかり秋の名残を眺めまし今朝は木の葉に嵐ふかずは」(源俊頼) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月十一日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
名探偵・明智小五郎は50を越えていた。 若い警官に、或る殺人事件に関する助言を求められ…。 1954年(昭和29)の作品。 【出演】 ・明智小五郎:中澤まさとも ・庄司巡査部長:内匠靖明 ・佐藤寅雄:出先拓也 ・佐藤美弥子:山川琴美 ・語り:呉圭崇 ※出演者それぞれが自宅で録音した作品です。きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
 枡野がとても忙しかった話や古泉が『鬼滅の刃』を見た話しなどして次回の本を決めました。 このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 11月7日スカイプにて収録 次回の課題図書は堀道広著『おれは短大出』、伊集院光・養老孟司著『世間とズレちゃうのはしょうがない』です。枡野浩一 古泉智浩 による
 
「山里は冬ぞ寂しさまさりける人めも草もかれぬと思へば」(源宗于) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月十日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「秋のうちはあはれ知らせし風の音のはげしさ添ふる冬はきにけり」(藤原教長) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月九日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「昨日こそ秋は暮れしかいつのまに岩間の水の薄凍るらむ」(藤原公実) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月八日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
■今回は中沢健さん最近悩んでいる「あの事」についてです! このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら中沢健・穂積昭雪 による
 
八百屋のお鳩 おや鳩子ばと お鳩が三羽 八百屋の軒で クックと啼いた。 茄子はむらさき キャベツはみどり いちごの赤も つやつやぬれて。 なあにを買おうぞ しィろいお鳩 八百屋の軒で クックと啼いた。 二つの草 ちいさい種は仲よしで、 いつも約束してました。 「ふたりはきっと一しょだよ、 ひろい世界へ出る時は。」 けれどひとりはのぞいても、 ほかのひとりは影もなく。 あとのひとりが出たときは、 さきのひとりは伸びすぎた。 せいたかのっぽのつばめぐさ、 秋の風ふきゃさやさやと、 右に左に、ふりむいて、 もとの友だちさがしてる。 ちいさく咲いた足もとの、 おみこし草を知りもせず。 折り紙遊び あかい、四角な、色紙よ、 これで手品(てづま)を使いましょ。 私の十(とお)のゆびさきで、 まず生まれま…
 
「風の音に秋の夜ふかく寝覚して見果てぬ夢の名残をぞ思ふ」(平忠度) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月七日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「初瀬山けふを限りとながめつつ入相の鐘に秋ぞ暮ぬる」(源実朝) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月六日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「今週の本のソムリエ」大垣書店烏丸三条店田阪公孝「わたしの一冊」「地球の歩き方BOOKS世界244の国と地域」197ケ国と47地域を旅の雑学と共に解説。日々、ニュースで流れるあの国、この国は、いったいどんな国?今、知っておきたい世界の基本的な情報を1冊にまとめました。日本で一番多くの国のガイドブックを作ってきた地球の歩き方にしかできない「旅先
 
「目もかれず見つつ暮さむ白菊の花よりのちの花しなければ」(伊勢大輔) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月五日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
 山本文緒著『自転しながら公転する』、まんきつ著『アル中ワンダーランド』を読みました。古泉の口がマイクに近すぎて音声のバランスを欠いており、失礼しております。 このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 10月24日スカイプにて収録。枡野浩一 古泉智浩 による
 
当時、ドイツ軍の捕虜だった私は脱走して大海原をボートで漂流していた。 そして偶然たどり着いた悪夢のような島で私は気が狂いそうになるほどの恐ろしい体験を…。 クトゥルフ神話の祖として名高いラブクラフトの初期作品。 【朗読】内匠靖明 ※出演者の自宅で録音した朗読作品です。きくドラ~ラジオドラマで聴く。名作文学~ による
 
「ももしきや我が九重の秋の菊こころのままに折て挿頭さむ」(後醍醐院) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月四日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
本日は文化の日 おうちでゆっくりしながら、こちらの番組はいかがでしょう? 声優チャリティー文芸あねもねRのPodcast番組【純喫茶あねもねR】 第106回更新です♪ 文芸あねもねRとは...??? 詳しくはコチラ そして、文芸あねもねR初めてのオンラインイベントの開催が決定いたしました! どなたでも自由に視聴ができますので、ぜひご覧ください♪ 詳しくはコチラ 「わくわくどきどき♪お姉ちゃん」、「あつこのそれわかるわぁ~☆」 それぞれのコーナーへのメールや、感想お待ちしております♪ anemone-r@joqr.net 出演者 マスター : 井上喜久子 田中敦子     店  員 : 黒岩希未代 [更新 11月3日][毎月3日・17日更新]…
 
「ひさかたの雲の上にて見る菊は天つ星とぞあやまたれける」(藤原敏行) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月三日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「霜をまつ籬の菊の宵のまに置きまよふ色は山の端の月」(後鳥羽院宮内卿) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月二日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「心あてに折らばや折らむ初霜の置きまどはせる白菊の花」(凡河内躬恒) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十一月一日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「明石潟うらぢ晴れゆく朝凪に霧に漕ぎいる海人の釣船」(後鳥羽院) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十月三十一日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「薄霧の籬の花の朝じめり秋は夕べと誰か言ひけむ」(藤原清輔) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十月三十日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
「本のソムリエ」大垣書店烏丸三条店田阪公孝「わたしの一冊」「とある日のすごくふしぎ」著/宮崎夏次系SF的な世界観のなか、突拍子もない人々が躍動する傑作短篇集!ささやかな超能力をもつ少女、自作の焼き物を割り続ける陶芸家、消えた妻の弁当を再現する機械を作る男、即身仏になってメルカリで売られたい兄、騎馬戦に命を賭けた少女達とロボット、星をまたにかけ
 
「梓弓いるさの山は秋霧のあたるごとにや色まさるらむ」(源宗于) 令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。 歌詠みメーリングリスト(参加・退会) 投稿『一首一会』(十月二十九日)古典和歌の朗読と解説は令和和歌所の最初に登場しました。令和和歌所 による
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login