show episodes
 
法学専攻の北京大学生と心理学専攻の大阪大学生が日本語・中国語でテーマを持ち寄って雑談する番組です! Contact us :bilingualchat@126.com Twitter:@bilingualchat YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCBAuRrERqyOYaL1TPJ19d4A
 
オンラインフランス語学校 Ensmeble en Français 提供「A la Cafet'」へようこそ。 この番組は、フランス語を勉強中の方やフランス語に興味があるという方に向けて、フランス語学習を楽しく効率よく続けるための秘訣などを、様々な角度からお伝えする番組です。 オンラインフランス語学校 Ensmeble en Français http://ensemblefr.com/
 
Loading …
show series
 
数字が入った面白い表現 アンサンブルアンフランセ講師のVanessaです。今回はよく使われる機会がある面白い表現「 se mettre sur son trente et un」をご紹介します。「31」という数字が入っていますが、その由来について、二つ説があるそうですので、お話しますね。 新しくなった!無料〈グループレッスン〉紹介 今回は、アンサンブルの大人気イベント、無料グループレッスンが、この2月にリニューアルされましたので、こちらでご紹介いたします。 アンサンブルでは、発音、ディクテ、会話、翻訳、という4種類のグループレッスンを、それぞれ月2回、無料で開講しています。 以前は「ズーム」を使い、最大6名の生徒様にご参加いただいておりましたが、たいへんな人気のため、スケジュールの公開から3…
 
フランス語の「R」「V」「F」を上手く発音するコツ アンサンブルアンフランセ講師のDaisukeです。今回はフランス語が上手く発音できていない理由、その第2弾です。「上手く発音できていない」原因は、主に次の6つに当てはまります。おさらいしておきましょう。 1.日本語にない「曖昧な」音が上手く発音できていない 2.余計な所に母音が入っている 3.Rの発音が上手くできていない 4.V、Fの発音が上手くできていない 5.RとLがごちゃごちゃになっている 6.鼻母音[ɑ̃]が[ɛ̃]になっている 第1弾では、1と2をご紹介しました。気になる人は、第一弾もご覧ください!第2弾の今日は、3、と4、を詳しくご紹介します! Mireille先生をご紹介 今回は、2月22日にデビューされたMireille先生…
 
関係代名詞「ce dont」の使い方 アンサンブルアンフランセ講師のJosephです。前回私が担当したA la Cafet’では関係代名詞「ce qui」について、勉強しましたね。今回は関係代名詞シリーズのしめくくりとして「ce dont」についてお話したいと思います。 Johann先生ご紹介 第2部では1月25日よりアンサンブルでレッスンを開始した、Johann先生について、講師の特徴や魅力をお知らせします! 2014年からフランス語を教えているJohann先生ですが、学生時代は、パリのINALCO、国立東洋言語・文化学院で日本語を専攻したため、たいへん流暢な日本語を話します。 フランス語講師としてはもちろん、日本語の講師としても豊富な経験を持つJohann先生は、ふたつの言語の相違点を熟…
 
bienの色々な使い方 アンサンブルアンフランセ講師のRémyです。今回のフランス語レッスンでは、皆さんがよく知る「bien」のいろいろな使い方をご紹介します。たくさん例文を挙げましたので、覚えてすぐに使ってください。 Naoko先生ご紹介 本日は、1月22日にデビューされた、久しぶりの日本人講師、Naoko先生の魅力をご紹介します!2012年からフランス語を教えているNaoko先生ですが、以前はフランスのパリで 15年近くを過ごし、ファッション業界で働いていたそうです。 そのため、フランス文化やモードにたいへん詳しく、デザイン用語から商談や翻訳まで、ビジネスの様々なシーンに応じたレッスン提供が可能です。日本人学習者にわかりやすい板書と解説を行い、文法・発音・聞き取りなどが、バランス良く入っ…
 
勇気を与えるフランス語のことわざ5つ アンサンブルアンフランセ講師のCyrilです。今回のフランス語レッスンでは、勇気を与えるための諺(ことわざ)を5つ、紹介します。フランス語を学ぶには、かなり勇気が必要だと思います!紹介した諺が今年、フランス語を勉強するモチベーションUPになることを願っています。 Yuriko先生ご紹介 今回は、1月20日に講師デビューされた、Yuriko先生をご紹介いたします!お名前はいかにも、日本人らしい「ユリコ」先生ですが、 フランスに生まれ育った”franco-japonaise”で、フランス語がネイティブの講師です。 Yuriko先生は、明るくハツラツとした雰囲気で元気を与え、なおかつ、穏やかに、辛抱強く、生徒の話に耳を傾けてくれます。日本文化にも精通しているの…
 
フランス語の発音がうまく出来ない原因6つ アンサンブルアンフランセ講師のDaisukeです。正しい文法と正しい読み方でフランス語を話しているはずなのに、フランス人に通じない、よく聞き返される、見当違いな返事が返ってくる、と言う経験をしたことはないでしょうか?今回は「上手く発音できていない」原因6つのうち、2つを取り上げたいと思います。 Julien先生ご紹介 今回は、1月18日にデビューしたばかりの、Julien先生をご紹介します。パティスリー、ソムリエ、スポーツなど、様々な分野に詳しく話題が豊富なJulien先生は、明るい笑顔が印象的で、柔らかく穏やかな性格なので、とても話しやすい先生です。 基本的にフランス語だけでレッスンを行いますが、生徒のレベルにぴったり合う速度と単語を使って話し、例…
 
se retrouver の教科書にほとんど載っていない意味とは? アンサンブルアンフランセ講師のRudyです。今回ご紹介したい表現は« se retrouver »です。「 待ち合わせる」という意味でご存知かと思いますが、« se retrouver »には、あまり知られていないけれどフランス人がよく使うもう一つの意味があります。教科書にもほとんど載っていませんので、ぜひ、覚えてくださいね。 Adrien先生ご紹介 本日は、2020年の大晦日、12月31日に講師デビューされた、Adrien先生の魅力をお伝えいたします! 日本人とフランス人、両方の血を受け継ぐ”franco-japonaise”として、パリで生まれ育ったAdrien先生は、日仏バインリンガルなうえに英語も話せるため、生徒様の…
 
寒さについてフランス語でいろいろな言い方 アンサンブルアンフランセ講師のVanessaです。今回は「読書の夕べ」というイベントにちなんで、本にまつわるフランス語の表現をご紹介します。 Nicolas先生ご紹介 去年の12月24日、クリスマスイブにデビューされた新人講師、Nicolas先生の魅力をご紹介します! Nicolas先生は、日本語の学習を始めてわずか3年ほどで、とても流暢に話せるレベルに達しただけあり、フランス語を教える時もその類稀な才能を生かして、「痒いところに手が届く」レッスンを行います。また、Nicolas先生は、生徒が望んでいることを察知する能力が非常に長けており、知識や話題が豊富なので、効果的で内容の深いレッスンが魅力です。 人との新しい出会いと交流が大好きで、生徒様とお会…
 
どういう時に使う?身近に使える接続法 アンサンブルアンフランセ講師のHibikiです。今回は苦手意識が強い方も多いと思う「接続法」について、こんな時にも使う一例を挙げてお話したいと思います。 Timothy先生ご紹介 昨年12月18日にデビューされた講師、Timothy先生についてご紹介します。 2016年からフランス語を教えているTimothy先生は、言語をはじめ、様々な分野に興味関心が深いため、豊富に話題を提供することができます。明るい笑顔が印象的で、生徒への思いやりが伝わる、優しく楽しいレッスンが魅力です。 とにかく感情表現が豊かで、ロールプレイを駆使した会話レッスンが得意なため、会話が上達するだけでなく、元気やバイタリティをもらえます。 会話上手になりたい方、ロールプレイのレッスンに…
 
寒さについてフランス語でいろいろな言い方 アンサンブルアンフランセ講師のRemyです。私の故郷レユニオン島ではクリスマスは夏真っ盛りにやってきます。でも、フランスや日本はとても寒いクリスマスです。そこで今回はすぐに使える寒さに関する表現とfroidという言葉を使った表現ご紹介します。 Élodie先生ご紹介 第2部では、12月18日に講師デビューされたばかりのÉlodie先生をご紹介します。語学やピアノなど「教えること」が大好きなÉlodie先生は、生徒様の上達に必要なことや、生徒様が苦手なポイントを瞬時に見抜き、的確な文法説明と発音矯正を、優しく丁寧に行います。絶えず明るい笑顔で、とにかく前向きなので、モチベーションが上がり、レッスン後は確実に理解し、上達した!という手応えを得られます。 …
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login