show episodes
 
社会やら文化やら、放課後の部室で話してた「あれってどうなの?」「これってどう思う?」などなど時代も世代も軽く飛び越える雑談を繰り広げる番組。それが「文化系トークラジオ Life」です。他ではちょっと聴けない濃いテーマ、揃ってます。制作:TBSラジオ メールアドレス:life@tbs.co.jp
 
オランダ、シンガポールに拠点を置く編集プロダクション「Livit」の代表・岡徳之と、海外のさまざまな国で暮らすライター陣が、各都市でリアルタイムで生まれているビジネス・カルチャー・テクノロジー・ライフスタイルの新潮流、またその背景にある人びとの新しい価値観を発信します。
 
恋人とつきあっているなかで遭遇する、あんな場面やこんな場面、英語ではなんて言ったらいいの? バイリンガルタレントのセイン カミュさんが、ボランティア通訳者のヒロコさんからの恋愛相談にわかりやすく答えます。文化は違っても、人を好きになる気持ちは世界中どこでも同じ。セインとヒロコといっしょに、想いを伝える英語を学ぼう!
 
PodcastLifeは私たちの生活をホッとさせるような「情報のさざ波」を起こして参ります。お蔭様で、PodcastLifeが只今iTunesのPodcastsメイン画面中央に紹介されています。番組を提供する側として、すこぶる嬉しい限りです。心から感謝申し上げます。また、その他番組も「観光・祭り|PodcastLife」、「熊本弁講座 with English」、「熊本弁vs関西弁 with English」、「CAR DISCOVERY|PodcastLife」、「仁美の部屋」など多くの番組を次々に配信して参り、視聴者の方々に色んな情報をご提供して行ければと考えています。ご支援のほど宜しくお願い致します。・・・WEB総合サイトとして「THE ROSETTA STONE(www.dandl.co.jp)」をご覧いただきますと、より幅広い情報がゲットできますので、是非お立ち寄り下さい。尚、「PodcastLife」に搭載されている画像、音声、テキストにつきましては、個人利用に限りご自由にお使い下さい。
 
関西在住のYAN & KAKUの二人がお送りする、カルチャー・サブカルチャーを全般的に語る番組です。映画やアート・展覧会・アニメ・ゲーム・マンガ・音楽・パフォーマンスなどなど、面白そうな文化的トピックを取り上げておしゃべりします。
 
PODCAST1592(ポッドキャスト肥後國)は、PODCASTLIFE(総合:www.podcastlife.net)の姉妹ポッドキャストとして運営され、熊本県内企業のUP-TO-DATEな情報を提供して参ります。・・・私たちの心をホッとさせるような情報満載のPODCASTINGをご期待下さい。尚、PODCAST1592に搭載されている画像、音声、テキストにつきましては、個人利用に限りご自由にお使い下さい。※綜合サイト「PodcastLife」も宜しくお願いします!!
 
ちょい文化(カル)オヤジの裏話をテーマに『江戸文化(カルチャー)通の老舗主人』が語る珍しい話と番組毎に作る『新和楽』&『祭り情報』、雑学書にもない知的好奇心を満足させるレア話が盛りだくさん。手軽に江戸東京通になれる講座。それが『江戸東京人セミナー2.0』です。番組の中で取り上げた話題を中心にサイトや当番組を取り上げる雑誌等の記事からも情報を入手できます。『江戸東京人セミナー2.0』が提供するメディアミックス型の情報を通じて、より深く、そして身近に“江戸東京”に親しんで頂ければ幸いです。
 
Loading …
show series
 
「SDGs」の重要性が企業だけでなく、「大学」においても増し、無視できないトピックとなりつつあります。そんな中、「大学ランキング」で知られるタイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)が、世界各地の大学のSDGsに関する取り組みを評価し順位づけする「インパクトランキング」の最新版(2021年版)を発表。世界94カ国、1117の大学の中で高評価を得た大学はどこか、またどのような取り組みを行っているのか? その詳細をお伝えします。ぜひ、身のまわりの大学進学を控えた意欲ある高校生にもシェアしてみてください(出演:岡徳之 / リサーチ:細谷元 / 写真:Vasily Koloda on Unsplash)。 この番組ではTwitterでリスナーのみなさんからのご感想&ご意見をお待ちしております。ハ…
 
近年はクリエイターがファンから直接収入を得るためのプラットフォームが次々と生まれ、彼らが形成する「クリエイター・エコノミー」という経済圏が大きく成長しています。クリエイターたちはどのような手段で、どうやって収益化をしているのか。その「7つの方法」をご紹介します(出演:山本直子、岡徳之 / 写真:Jenny Ueberberg on Unsplash)。
 
Spotifyが2021年6月17日に提供開始したライブオーディオアプリ「Greenroom」。さっそく、Greenroomでライブ配信を実施し、機能、魅力、操作感、clubhouseとの違い、Spotifyのねらいなどについて語りました。今回はそのライブ配信した音源に編集を加えたものをポッドキャストとしてお届けします(出演:岡徳之、行武温、山本直子 / 写真:Greenroom)。
 
日本でワインといえばフランス、ドイツ、イタリアなどのものが主流ですが、近年はオランダなど北ヨーロッパでもワイン生産が増えてきています。背景にあるのは「気候変動」と「ブドウの品種改良」。気候変動はワイン生産にどのようなインパクトを与えているのでしょうか?ワイン好きのリスナー必聴です(出演:山本直子、岡徳之 / 写真:Maja Petric on Unsplash)。
 
コロナワクチン、日本でも5月、そしてこの6月から接種が加速していると言われています。リスナーさんの中にも、自分の接種がいつになるのか、気になる人もいらっしゃるのではないでしょうか。そうしたタイミングで今回は、アメリカ・ニューヨーク在住の内科専門医で、コロナワクチンに関する疑問に医師が直接回答するSNSチャットボット「コロワくんの相談室」を開発・運営するコロワくんサポーターズ代表の山田悠史さんに、コロナワクチンについてリスナーさんから事前にいただいた質問も交えながらお話を伺いたいと思います(出演:山田悠史、岡徳之 / 写真:Daniel Schludi on Unsplash)。
 
東京オリンピック、来月7月23日から8月8日までの開催を予定していますが、このまま予定どおり開催されるのでしょうか。朝日新聞が5月15~16日に実施した世論調査では「中止すべき」と考える人が43%、「再び延期する」が40%と中止寄りでした。しかしその後、読売新聞社が6月4~6日に実施した調査では「中止すべき」は48%、「開催する」が50%と世論は二分しているようです。では、海外の人びとやメディアはどう考えているのでしょうか。今回は世界9カ国(イギリス・インド・オランダ・カンボジア・シンガポール・スペイン・ニュージーランド・韓国・中国)に在住の日本人の方々に「現地の声」を伝えてもらいます(出演:八木祐里子、見上真生、山本直子、青木有紀子、野間英介、中森有紀、クローディアー真理、原美和子、ポスト…
 
テクノロジーの力で女性の健康、生活の豊かさを高める「フェムテック」の進化が止まりません。男性リスナーにとっては特に新鮮であろう最新の注目プロダクト、フェムテックの盛り上がりの背景、それらは女性だけでなく、そのパートナーとの関係性をどうよりよくしてくれるのか。今回はその動向に詳しい編集者の橋本沙織さんをお招きしてお話しします(出演:橋本沙織、岡徳之 / 写真:Гоар Авдалян on Unsplash)。 今回のゲスト、橋本沙織さんが所属する「MASHING UP」編集部が、2021年6月26日(土)12:30~20:00に、働く女性のウェルビーングを探求する無料のオンラインカンファレンス「Women's Well-being Updates 2021」を開催。 イベント紹介ページはこち…
 
コロナで「お金の使い方」に変化はありましたか? 思うように旅行に行けなくなり、貯蓄が進んでいる手応えのあるリスナーもいるかもしれません。このコロナ禍で、生活パターンの変化や危機感の高まりに伴い、人びとのお金に対する考え方や使い方が大きく変化しています。では、実際にどう変わったのか? 今回は世界最大の消費大国であるアメリカの変化をさまざまな調査結果から見てみましょう(出演:岡徳之 / リサーチ:細谷元 / 写真:Sharon McCutcheon on Unsplash)。
 
コロナ禍で人びとの将来に対する不安は増大し、そのリスク意識の高まりから、転職の増加につながる可能性があると見られています。では、コロナ収束後に「人が辞めていく会社 or 惹きつける会社」の境目はどこにあるのでしょうか。海外、主に米国で実施された意識調査の結果を踏まえ、「2つの観点」をご紹介します(出演:岡徳之 / リサーチ:細谷元 / 写真:LinkedIn Sales Solutions on Unsplash)。
 
コロナウイルスの発生から1年半以上が経過し、長期間の自粛生活から「コロナ疲れ」や燃え尽き症候群に陥っている人も少なくないでしょう。そんな中、グーグルは昨年秋から、従業員に向けて「レジリエンス・トレーニング」プログラムを提供しています。「レジリエンス」は、日本語で「回復力」や「再起力」と言い換えられ、コロナのような困難を跳ね返して生き抜く力のことです。グーグル流のコロナ疲れ、燃え尽き症候群対策とはどのようなものでしょうか(出演:岡徳之 / リサーチ:矢羽野晶子 / 写真:Pawel Czerwinski on Unsplash)。
 
「CSO」という肩書き、なんの略だと思いますか? 実は、IKEA、マスターカード、クレディ・スイス、シティバンクなどグローバル企業でも設置されており、今後ますます、その存在感、重要性は増していくと見られています。企業経営だけでなく、個人のキャリア形成の観点からも要注目のCSOに関する動向をお伝えします(出演:岡徳之 / 写真:IKEA)。
 
新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化していたインド。5月初旬には1日あたりの新規感染者数が世界最多の40万人超えを記録しました。最近ではインドとイギリスで見つかった変異株が組み合わさったものがベトナムで発見されました。実際にインドの今の状況はどうなっているのか? インド・デリー在住の日本人夫妻、見上真生さん・すぐりさんにお話を伺ったところ、早くも生まれている驚きの「新しい日常」の姿がありました(出演:見上真生、見上すぐり、岡徳之 / 写真:Naveed Ahmed on Unsplash)
 
精神疾患でパニック状態になった人、自殺企図のある人への対応といった、「警察」か「医療」のどちらとも言えない、その間にこぼれ落ちてしまう通報が存在します。それでもこれまでは主に警察が対応してきましたが、このところ、「第3の選択肢」として警察ではない専門家チームが現場に派遣され、成功する取り組みが北米で広がりを見せています。さて、その画期的な対応とは?(出演:大津陽子、岡徳之 / 写真:Denverite)。
 
コロナ第一波がまもなく日本で猛威を振るおうとしていた2020年初頭、「家族ポッドキャスト」の3つの新番組が奇しくも立て続けに始まりました。瀬戸内海に浮かぶ小さな島に暮らす家族による「男木ラジオ」、オランダと日本で離れて暮らす姉弟による「なあなあ、最近なにしよん?」、海外在住9年目の日本人夫婦による「海外移住家族の夫婦会議」です。偶然にもほぼ同時期に始まったのには、なにか理由があるのではないか。「家族」という単位にまつわる変化が今起こっているのではないかーー。今回は各番組のパーソナリティー3人が集まり、「家族ポッドキャスト」という新潮流についてお話しします(出演:西川伸一、行武温、岡徳之 / 写真:ConvertKit on Unsplash)。…
 
日本におけるプラスチック容器の廃棄量は、アメリカに次ぐ世界第二位。1人当たり、年間32キロに上ります。プラスチックは自然界に一度流出すると、その後半永久的に漂ってしまいます。海洋生物などにとって有害なのはもちろんのこと、それは姿形を変えて、私たち人間の口にも入っていることでしょう。そうしたプラスチックによる負荷を減らすべく、今世界中でプラスチックを置き換える「代替素材」の開発が大きく進歩しています。プラスチックを置き換える素材とは、なにが考えられるでしょうか(出演:岡徳之 / リサーチ:西崎こずえ / 写真:Notpla on Twitter)。
 
「週4日勤務制」、1週間のうち4日間を仕事に充てるということ。実はこのコロナの大流行で、週4日勤務制を取り入れようという企業の機運が高まっています。スペインでは今年のはじめ、週4日勤務制のトライアルプログラムを政府が承認。全国で3年間にわたって行われるこのプログラムに5000万ユーロもの公的資金が投入されます。週4日勤務制が浸透しつつある背景、導入を見据えた先進企業の取り組みをご紹介します(出演:岡徳之 / リサーチ:クローディアー真理 / 写真:Picsea on Unsplash)。
 
(26分)塚越健司×阿部千聡(あべこ。元Lifeディレクター)×長谷川裕P(黒幕)。2021年5月30日(日)開催のオンラインイベント「私と社会とエヴァンゲリオン~鈴木謙介×永田夏来×塚越健司」のお知らせです。 https://peatix.com/event/1925029
 
コロナ禍での巣ごもり需要が追い風となり、昨年2020年はNetflixにとって大躍進の年となりました。Business Insider Japanによると、2020年第4四半期の売上高は6億4400万ドル、累計加入者数は世界全体で2億人を突破しました。数ある動画配信会社からNetflixが圧倒的に支持されている理由は、単にコンテンツの数や内容、料金だけに留まらない「多様性」を抜本的に追求してきたことにあります。同社のダイバーシティ戦略と取り組みをご紹介します(出演:岡徳之 / リサーチ:矢羽野晶子 / 写真:CardMapr.nl on Unsplash)。
 
SDGsやESGへの関心が高まり、企業活動においても環境問題への取り組みは本業と不可分の存在となりつつあります。Linkedinでも「Climate Change」「Sustanability」のキーワード検索でヒットする職種が増えており、多くの企業で、環境問題を専門とする人材需要が高まっています。こうした労働市場で起こる変化に、教育も変化を迫られています。環境問題への関心と知見を持つ人材をどう育成していくのか、という課題が生じているのです。この課題に対する先進的な海外の取り組みをご紹介します(出演:岡徳之 / 写真:CDC on Unsplash)。
 
今、あらゆる分野で脱炭素が叫ばれていますが、建設業界も例外ではありません。建物のセメントから出される温室効果ガスは、世界全体の排出量の約8%。温室効果ガス削減は、建設業界の必須課題です。そんな中、イタリア・ボローニャで粘土を原料とした建設プロジェクト「TECLA」が進行しています。完成すれば、世界初の3Dプリントクレイハウスコミュニティとなります。そんなTECLAから、究極のサステイナブル建築を実現する3つのカギを学びます(出演:岡徳之 / リサーチ:矢羽野晶子 / 写真:Iago Corazza)。
 
コロナワクチンをめぐる課題はさまざま。生産、そして、ロジスティックの問題を克服したとして、次に待ち受けるのが「マーケティング」の課題です。「ワクチンには反対」というだけでなく、副作用などへの不安から接種する機会を見送ったり、時期を遅らせたりといったことが考えられるのです。そこで各国政府は、企業などさまざまなプレイヤーの協力を得て、このワクチンマーケティングを推進しています(出演:岡徳之 / 写真:米マクドナルド)。
 
企業における「ダイバーシティ」という言葉には、「女性が活躍できる社内環境」のようなイメージを持つ人も多いかもしれません。しかし最近は、商品やサービスにおいても、多様な人びとの存在を肯定的に受け入れる姿勢が求められています。米ディズニーランドのアトラクション、バービー人形、セサミストリートなど、海外大手ブランドが取り組む「アップデート」をお伝えします(出演:大津陽子、岡徳之 / 写真:amazon.nl)。
 
地球温暖化は、私たちの生活にさまざまな影響を与えますが「海面上昇」もその一つです。イギリス国立海洋学センターによると、地球全体の平均気温が2度上がると、2100年までに海面が90cm上昇するそう。だとすれば、これから数十年の間で、海面上昇によって消滅するかもしれない島や町は、一つや二つでは済まないでしょう。この問題を克服するのではなく、あえて生かし、海と共に生きる選択をし、挑んでいる人たちがいます。そんなナイジェリア発、水上コミュニティプロジェクト「マココ・フローティング・システム」の挑戦をご紹介します(出演:岡徳之 / リサーチ:矢羽野晶子 / 写真:NLÉ)。
 
(8分)書評家・倉本さおりさんの「書評系叩き売りラジオBanana」。今回は「東京に生きる時間を感じる小説3冊(+1)」というテーマで、山内マリコ『あのこは貴族』、雨宮まみ『東京を生きる』、吉田篤弘『おやすみ、東京』、アンナ・ツィマ 『シブヤで目覚めて』を紹介しました。
 
日本は今、ゴールデン・ウィーク。せっかくの休みで旅行に行きたいところですが、今年はコロナの影響で控えている人も多いのでは。日本に限らず、観光産業は今、世界中で大きな経済損失を被っています。感染拡大の抑止が最優先事項ではありますが、そのバランスを取りながら、今後どのように観光を促進していくか。「Go To」だけじゃない、世界中の注目を集める観光促進の手立てを紹介し、そのヒントを探ります(出演:岡徳之 / 写真:Ishan@seefromthesky on Unsplash)。
 
「代替プラスチック」や「代替肉」という言葉は聞いたことがあるでしょう。しかし今、実は「代替シーフード」、その名のとおり、シーフードを使わないシーフードの開発も日進月歩で進んでいるんです。背景には、海洋生物保護と十分なタンパク源の確保という、人類にとって差し迫った問題が・・・。代替シーフードにはどんな食品があるのでしょうか?その最新動向をお伝えします(出演:岡徳之 / 写真:Ocean Hugger Foods on Facebook)。
 
日本で今年解禁になるという「シェア電動キックボード」。持続可能な都市の構築において、自動車の代替手段として注目を集めるマイクロモビリティです。その先進地域であるヨーロッパではシェア電動キックボードの利用が拡大、開発するスタートアップによる大型資金調達も相次いでいます。そうした海外の最新動向を踏まえ、シェア電動キックボードの魅力と課題を深掘りします(出演:大津陽子、岡徳之 / 写真:Voi Scooters on Facebook)。
 
「医療の人種格差問題」をご存知でしょうか。日常生活における人種格差が医療サービスへのアクセスにも影響し、生死の確率を直接的に左右してしまう問題のことです。その一例として、アメリカではコロナウイルスで死亡した黒人は白人に比べて1.4倍多いというデータが出ています。深刻な医療の人種格差問題、解決の糸口はどこにあるでしょうか? 今、AI(人工知能)への期待が高まっていますが、そこにも課題はあるようです(出演:岡徳之 / 写真:Günter Valda on Unsplash)。
 
イギリスのネイチャー誌によると、2020年、コンクリートやガラス、金属、ペットボトル、衣服など人間が製造したものの総重量が、地球上の生物の総重量を超えました。今後も人工物の総重量は増えていく可能性が高いと言わざるを得ません。そんな中、環境意識の高い国々では「捨てる文化からの脱却」とも言えるムーブメントが起こっています。その最新動向と先端事例について、都市にまつわるグッドニュースを届けるポッドキャスト番組「Good News for Cities」のホストである石川由佳子さん、杉田真理子さんにお話を伺います(出演:石川由佳子、杉田真理子、岡徳之)。 「Good News for Cities」について: エクスペリエンスデザイナーの石川由佳子さんと編集者・リサーチャーの杉田真理子さんが「都市」…
 
欧米企業を中心に今、「CMO(チーフ・メディカル・オフィサー)」という新たな肩書きの経営幹部が増えています。社員の健康や安全管理の指揮を執る医療専門家のことですが、具体的にはどのような施策を行っているのか。また、企業がCMO職を設置するねらいはどこにあるのでしょうか。最新の事例をお伝えします(出演:岡徳之 / 写真:Johny Georgiadis on Unsplash)。
 
日本人の「生産性」は他の先進国に比べて低い、どうすれば生産性を高められるか、という議論はもう長い間続けられています。この生産性について、欧米では最近、ユニークな視点が提唱され、物議を呼んでいます。それは、「生産性ツールを使うことは本当に生産性を高めるのか?」というものです。使っているツールが多すぎたり、ツールの使い方を間違えることによる知られざるリスクと、真に生産性を高めるための方策をご紹介します(出演:岡徳之 / 写真:Austin Distel on Unsplash)。
 
2021年4月25日(日)25時半〜TBSラジオで生放送の「シン・TOKYO論~東京イメージの現在」予告編 出演:速水健朗、山本ぽてと、矢野利裕、塚越健司、村山佳奈女、長谷川裕P(黒幕)31分29秒
 
無印良品が昨年、コオロギの粉末が入った「コオロギせんべい」を発売して話題になりました。日本ではまだ「ゲテモノ」扱いの昆虫食ですが、今世界では着々と研究開発が進められており、市場も拡大しているんです。背景には地球温暖化問題と人口増加による食糧問題も・・・。「地球を救う」昆虫食開発の最新動向をお伝えします(出演:岡徳之 / 写真:EatGrub on Facebook)。
 
LINEの一部の情報が中国から閲覧できるようになっていた問題、さらに、Facebookの5億人分もの情報が流出していた問題。ここ最近も「メッセージアプリ」のプライバシー保護を不安視せざるを得ない出来事が相次いでいます。いったい、どのアプリが最もセキュアなんでしょうか? 今世界でユーザーを増やし、「LINE以外の選択肢」となり得る安全かつオルタナティブなアプリをご紹介します(出演:岡徳之 / 写真:Adem AY on Unsplash)。
 
Appleがまもなく、アプリによる個人情報収集を制限すべく、iPhoneなどに搭載されるiOSに「アプリトラッキング透明性(ATT)」機能を追加します。これによってユーザーやアプリ運営企業、広告市場にどのようなインパクトがもたらされるのか。今回はアプリ運営企業の立場から、教育系アプリ開発に携わるODKソリューションズのエンジニア、瀧川陽介さんに解説いただきます(出演:瀧川陽介、岡徳之 / 写真:Youssef Sarhan on Unsplash)。
 
長引くコロナ禍。思うように外出や人との交流ができない中、心身の健康を損なうことが増えたと感じる人もいるでしょう。この難しい状況とうまく付き合っていくため、「セルフケア」をどうアップデートしていくべきか? 今回は植物療法士であり、ハーバルライフスタイリストの村田美沙さんに身近でできる衣食住の工夫を伺います(出演:村田美沙、岡徳之 / 写真:Verseau)。
 
「Uber」などインターネット経由の単発の仕事で形成される「ギグエコノミー」が急速に拡大しています。時間と場所の制約を受けづらいこれからの働き方として、ミレニアル世代を中心に魅力的な選択肢となっています。しかし一方で、このような働き方には大きなリスクも・・・。Uberのドライバーの一部が経済的困窮に追い込まれていることが社会問題として挙がっている国もあります。ギグエコノミーの今後の行方を占います(出演:大津陽子、岡徳之 / 写真:Austin Distel on Unsplash)。
 
コロナ禍でリモートワークが普及する中、欧米の企業では新しい福利厚生の形が生まれています。アプリを使って会社がベビーシッターを派遣したり、オンラインのフィットネスプログラムを社員に提供したり。家に引きこもりがちな社員には散歩を促すためのインセンティブを与えるところも出てきました。新しい働き方に応じた福利厚生の「ニューノーマル」とはどのようなものでしょうか?(出演:山本直子、岡徳之 / 写真:Photo by Standsome Worklifestyle on Unsplash)
 
「AI(人工知能)」が今、あらゆる産業を変えようとしています。「音楽業界」も例外ではありません。AIは音楽の作り方、ひいてはアーティストの働き方をどのように変えるのかーー。その一端を感じさせるプロジェクト「エンタメのブカツ」をソニーが実施しました。どのようなプロジェクトか、それを支えるソニーのAI技術は今後、音楽をどう変えていくのか? SONYブランド戦略部門・岡野詩音さんとR&Dセンターのディスティングイッシュエンジニア・光藤祐基さんにお話を伺います(出演:岡野詩音、光藤祐基、岡徳之 / 写真:Austin Neill on Unsplash)。
 
2050年にはコーヒーが飲めなくなるかもしれない――。何年も前から囁かれている「2050年コーヒー問題」。気候変動に伴う温暖化などが原因で、2050年にはコーヒーの生産量が現在の半分まで落ち込むことが危惧されています。そんな中、“コーヒーの聖地”シアトルから、コーヒー豆を使わないバイオテックコーヒーが誕生しました。コーヒー豆を分子解析して、味も香りも本物のコーヒーそっくりに再現されたバイオテックコーヒーとは、どのようなものでしょうか?(出演:矢羽野晶子、岡徳之 / 出演:Atomo Molecular Coffee on Facebook)
 
Loading …

クイックリファレンスガイド

Google login Twitter login Classic login