013. 山本吉輝さん(フリーランス)後編

51:18
 
シェア
 

Manage episode 316971322 series 3077689
著作 育ちネット多文化CROSS の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。

この番組は、TCK(帰国生)の就職や仕事を選ぶ際のヒント集としてお届けします。元TCK経営者・社会人10年以上の先輩に、日本における「仕事」の選び方や多文化経験の活かし方をお聴きしています。

【本日のゲスト】
フリーランス / 山本 吉輝さん

【オンライン情報】
◇山本吉輝さん 
https://www.linkedin.com/in/yoshiteru-yamamoto-16054b/

【元TCK(Third Culture Kids):山本 吉輝さんのお話(後編)】

“素直になる!素直に自分を出して、それでも不幸であったら、それは居る場所を間違えている。

今回の後編は前編に引き続き、吉輝さんのキャリア変遷を中心にお話いただいています。吉輝さんは、日本でソニー株式会社に就職して社会人をスタートさせます。その後、数多くのキャリアチェンジもされています。

ソニー新入社員時代

【吉輝さんの主なキャリア】
・ソニー株式会社 勤務(社内ベンチャーにも参画)
・音楽事務所 起業(アメリカ・ロサンゼルス)
・株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント 再就職(SONYグループに復帰)
・ ホテル/ツアー事業(ハワイ)参画
・ コンサルタント事業(コミュニケーションを主体とした活動)(フリーランス)

上記が吉輝さんの主なキャリア変遷ですが、今だから解かる自分のモットーも話されています。「コミュニケーションを通じて、人が喜んでくれる、楽しんでくれることが、自分の悦びだ」

PlayStation Producerの吉輝さん

ご自身がコミュ二ケーションをフォーカスしてきた理由として、海外生活を理由に挙げられています。過去の自分がアメリカや日本でもコミュ二ケーションに困ってきたことや、逆に、素直に自分の想いを相手に伝えたことで道が拓けた経験をされています。コミュニケーションとは、話すことのみならず、人間と人間が出逢う上での大切な行為です。吉輝さんの原点(哲学)を披露いただきました。

若いTCKへのメッセージとして、①素直になること ②焦らない ③人と比較しない。この基本3原則もお話いただいています。また、「分かってくれる人は、世界のどこかに必ずいる!」とも仰せです。若いTCKの皆さんに熱い応援メッセージです。是非お楽しみください!

【配信者】
社)育ちネット多文化CROSS
代表・臨床心理士 初田美紀子
https://crossactnet.com

19 つのエピソード