#026 「お金のモノサシでは測れない」ビジネスとカルチャーの融和する社会」ゲスト:大高健志(「MotionGallery」代表)

54:33
 
シェア
 

Manage episode 302810756 series 2984929
著作 MOTION GALLERY の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。

念願の対面での”リアル収録”が実現した「MOTION GALLERY CROSSING」。前回に引き続き、今回もパーソナリティのフリートークをベースに、これまでのトークテーマや特集、さらには番組スタートの経緯を振り返りながら、今後の展望について話しました。

「すごく思い出す話」として長井さんは、物を売るとはどういうことなのか、そのモノが作られた過程=物語を含めて人は買うという「#応援させて!」プロジェクトでのトークを挙げたほか、いとうせいこうさんゲスト回を聴いたお父さんからの嬉しい感想を紹介したことから、武田さんのお母さんからの長井さんへの共感コメントも紹介され、今後は世代を越えて異なる価値観を持つゲストも迎えていきたいという話に。

さらに今回は、MotionGallery代表・大高健志さんを一部ゲストに迎え「MOTION GALLERY CROSSING」立ち上げの経緯についても触れ、近年強まるビジネスとカルチャーとの分離に対して、その融和への一端となるべく「親密さを感じやすい」音声メディアを介して発信していく必要性を感じたことを挙げながら、ビジネスとカルチャーの二項対立における日本と海外の様相も含めトークを繰り広げました。ほかにも番組内では、武田さんが手掛ける、下北沢の旧小田急線の線路跡を再活用・再開発するまちづくりプロジェクト「ボーナストラック」について、大高さんがキュレーターを務める「さいたま国際芸術祭2020」についてなど、コロナ禍で再出発を迎えるリアル・イベントについても盛り沢山に紹介しています。ぜひお聴きください!

「MOTION GALLERY CROSSING」は、編集者の武田俊と演劇モデルの長井短が、日本最大級のクラウドファンディングサイト「MOTION GALLERY」のプロジェクトを紹介しながら、アートやカルチャーにまつわる話題を、ゲストとともに掘り下げていくラジオ番組。東京・九段ハウスの提供でお送りいたします。

<九段ハウス>
https://kudan.house/

<Hot Projects> 
「皆様の熱い思いを届けます!文化・芸術の灯(ともしび)を守ろう!せたがや舞台芸術応援プロジェクト」
https://motion-gallery.net/projects/setagaya-butai

<さいたま国際芸術祭2020>
https://art-sightama.jp

<BONUS TRACK>
https://bonus-track.net

<長井短さん新刊情報!「内緒にしといて」(晶文社)10月26日発売>
https://am-our.com/love/505/recent_post

<ご意見・質問お待ちしてます!>
番組のハッシュタグ #mgcrossing

97 つのエピソード