「港」ボードレール(日本語・フランス語) Le Port - Baudelaire ( JP and FR )

 
シェア
 

Manage episode 279298792 series 24334
著作 Kaseumin の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。

This recording was made possible with the support of members at Patreon.

( ボードレール 富永太郎訳  )

港は人生の闘に疲れた魂には快い住家(すみか)である。空の広大無辺、雲 の動揺する建築、海の変りやすい色彩、燈台の煌き、これらのものは眼をば決して 疲らせることなくして、楽しませるに恰好な不可思議な色眼鏡である。調子よく波 に揺られてゐる索具(つなぐ)の一杯ついた船の花車(きやしや)な姿は、魂の中にリズムと美とに対する鑑識を保つのに役立つものである。とりわけ、そこには、出発 したり到着したりする人々や、欲望する力や、旅をしたり金持にならうとする願ひ を未だ失はぬ人々のあらゆる運動を、望楼の上にねそべつたり防波堤の上に頬杖つ いたりしながら眺め、もはや好奇心も野心もなくなつた人間にとつて、一種の神秘 的な貴族的な快楽があるものである。


LE PORT

Un port est un séjour charmant pour une âme fatiguée des luttes de la vie. L’ampleur du ciel, l’architecture mobile des nuages, les colorations changeantes de la mer, le scintillement des phares, sont un prisme merveilleusement propre à amuser les yeux sans jamais les lasser. Les formes élancées des navires, au gréement compliqué, auxquels la houle imprime des oscillations harmonieuses, servent à entretenir dans l’âme le goût du rythme et de la beauté. Et puis, surtout, il y a une sorte de plaisir mystérieux et aristocratique pour celui qui n’a plus ni curiosité ni ambition, à contempler, couché dans le belvédère ou accoudé sur le môle, tous ces mouvements de ceux qui partent et de ceux qui reviennent, de ceux qui ont encore la force de vouloir, le désir de voyager ou de s’enrichir.

https://fr.wikisource.org/wiki/Le_Port

215 つのエピソード