第二百四十六話『他人と分かち合う』-【愛媛篇】脚本家 早坂暁-

13:15
 
シェア
 

アーカイブされたシリーズ ("無効なフィード" status)

When? This feed was archived on July 29, 2020 08:42 (7M ago). Last successful fetch was on June 27, 2020 09:33 (8M ago)

Why? 無効なフィード status. サーバーは持続期間に有効なポッドキャストのフィードを取得することができませんでした。

What now? You might be able to find a more up-to-date version using the search function. This series will no longer be checked for updates. If you believe this to be in error, please check if the publisher's feed link below is valid and contact support to request the feed be restored or if you have any other concerns about this.

Manage episode 262114405 series 1271233
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
愛媛県松山市出身の脚本家が、3年前、88歳でこの世を去りました。
早坂暁(はやさか・あきら)。
テレビや映画の脚本、舞台の戯曲、ドキュメンタリーに小説、書いた作品は1000本以上と言われています。
ライフスタイルは、極めてシンプル。
敬愛する俳人、種田山頭火のように、ものを持たないことを流儀としました。
劇作家の三谷幸喜は、早坂の『天下御免』という作品を見て、脚本家を目指したとコメントしています。
「笑いを表地にすれば、同じほどの悲しみの裏地を付けなければならない」
そんな思いが、早坂脚本全てに通底しています。
代表作のひとつに、1981年2月からNHKで放送されたテレビドラマ『夢千代日記』があります。
主人公の夢千代は、母親の胎内にいたときに広島で被爆した胎内被爆者。
主演の吉永小百合は、夢千代を演じたことがきっかけで、のちにライフワークとなる原爆の詩の朗読を始めました。
早坂にとって原爆は、人生を通して向き合ったテーマでした。
最愛の妹を被ばくで亡くし、終戦後、焼野原の広島を見たときの衝撃は、生涯、彼の創作の根幹に根差したのです。
もうひとつ、早坂作品をひもとく重要な因子に、お遍路があります。
彼の生家は遍路道に面していて、生まれて最初に聴いた音は、通り過ぎていくお遍路さんの鈴の音だったと言います。
その音は、傷ついた心の音。
その音は、弱きもの、儚きものの音。
終生、平和の大切さを謳い、温かい眼差しで人間を見つめた偉大な脚本家・早坂暁が人生でつかんだ、明日へのyes!とは?

252 つのエピソード