第二百三十九話『幸せを与える生き方を選ぶ』-【山形篇】喜劇役者 伴淳三郎-

13:17
 
シェア
 

アーカイブされたシリーズ ("無効なフィード" status)

When? This feed was archived on July 29, 2020 08:42 (7M ago). Last successful fetch was on June 27, 2020 09:33 (8M ago)

Why? 無効なフィード status. サーバーは持続期間に有効なポッドキャストのフィードを取得することができませんでした。

What now? You might be able to find a more up-to-date version using the search function. This series will no longer be checked for updates. If you believe this to be in error, please check if the publisher's feed link below is valid and contact support to request the feed be restored or if you have any other concerns about this.

Manage episode 257230583 series 1271233
著作 TOKYO FM の情報はPlayer FM及びコミュニティによって発見されました。著作権は出版社によって所持されます。そして、番組のオーディオは、その出版社のサーバから直接にストリーミングされます。Player FMで購読ボタンをタップし、更新できて、または他のポッドキャストアプリにフィードのURLを貼り付けます。
「アジャパー」という驚きと困惑を現した流行語の産みの親、バンジュンこと伴淳三郎は、山形県米沢市に生まれました。
「アジャパー」は、伴がたまたま発した山形弁に起因しています。
1951年、昭和26年に公開された松竹京都映画『吃七捕物帖 一番手柄』。
長い下積み生活を送っていた伴がようやくつかんだ役は、用心棒。
伴たち悪役が目明したちに取り囲まれ、一網打尽になるそのとき、彼はこんなアドリブを言ってしまいます。
「一瞬にして、パアでございます」
思わず吹き出すスタッフたち。
監督は、「もっと奇妙な感じでやってみて!」と声をかけます。
伴は、「アジャジャー」と叫びました。
これは、山形弁で老人が驚いたときに発する言葉です。
「もうひとこえ!」と監督に言われ、口をついて出たのが「アジャジャーにしてパアでございます」。
この言葉を短くした「アジャパー」は、あっという間に流行語になり、日本全国、子どもから大人まで口にするようになりました。
先生に叱られて「アジャパー」。会社でミスをして「アジャパー」。
喜劇映画で多くの観客を笑わせる一方、1964年、伴が56歳のときに出演した内田吐夢監督の『飢餓海峡』では、老刑事役をシリアスに熱演。
毎日映画コンクールで助演男優賞を受賞しました。
内田監督に徹底的にしごかれ、罵詈雑言を浴びせられ、憔悴しながらも、伴は山形警察署に足を運び、特別に刑事の取り調べを見学させてもらいました。
まさに、まもなく定年を迎える刑事が犯人に対峙しています。
伴は刑事の、犯人の人生に寄り添う姿に感動を覚え、自分の役柄の意味を知りました。
そして、母の言葉を思い出すのです。
「ひとさまに幸せを与える人間になっておくれ」。
昭和を代表する喜劇役者・伴淳三郎が人生でつかんだ、明日へのyes!とは?

252 つのエピソード